日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201907 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201909
ナポリ日記 第四回 (2009/10/22(木) 06:00:00)
11/7

Serie A 第十一節
(H) vsUdinese(4位)


FM008279.jpg

個の力ではなく、格ポジションがそれぞれ活躍して勝ち点を重ねて現在4位と好調のウディネーゼと対戦。

FM008280.jpg

その中でもこのダゴスティーノには注意が必要。
チガリーニをやや守備的にした感じのレジスタです。

試合結果

FM008281.jpg

3-0 WIN!

ナポリの最大の弱点だった守備陣が今季最高の出来を披露。

FM008282.jpg

が、逆に攻撃陣が試合開始から終盤まで、ウディネーゼ守護神ハンダノビッチの牙城をなかなか破れず苦戦。

FM008283.jpg

FM008284.jpg

が、しかし、後半74分にクアリアレッラに代わって入った頼れるスーパーサブ、デニスが82分にゴールを挙げたことを皮切りにナポリの攻撃陣が爆発!
ハムシクのスルーパスからラベッシが冷静にゴールを決め、さらにそのハムシクが単独ドリブルでフェリペを軽々とかわし強引にゴール!
試合最後の十分間で一挙3ゴールを決め、難敵ウディネーゼを見事に下しました!

第十一節終了後 暫定9位


11/11

Serie A 第十二節
(H) vsJuventus(4位)


FM008285.jpg

第三の山場、ユベントス戦!

FM008286.jpg

FM008287.jpg

主将で今季絶好調だったデル・ピエロは怪我で不在ですが、それでも2トップはアマウリとトレゼゲなわけで・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

FM008288.jpg

トレクアルティスタのジエゴもキレキレですし、ナポリ同様、前戦のトライアングルをどう黙らせるかが重要になってきそうです。

というかそのジエゴ、リアルでの活躍でFMでの評価が少し変わった?
スキル面がさらに極悪になっている・・・バランスが17ってのも厄介だ。
久々に先発起用したガルガーノがどれだけ頑張ってくれるかな・・・。

試合開始

何故かゾラが試合を観戦しに来ている(;´∀`)

試合開始~前半10分

ユーベはナポリ同様縦に縦にと速い攻撃。
が、その精度には雲泥の差が・・・ボールをクリアしてもフェリペ・メロやポウルセンにカットされるし・・・。

んで、こっちのクアリアレッラやラベッシへのパスは、ファビオ・カンナバーロとレグロッターリエ流石の予知能力で楽々とカットしやがる・・・でも芸術的だからゆる(ry

で、後半15分

ジエゴのコーナーキックをファーポストのキエッリーニがガルガーノに楽々競り勝ちヘディングシュート!

これがバーに当たって・・・


GOOOOOOOOOOAL!!

あばばばばば!

ここまで上手く守れてはいたけど・・・ジエゴのピンポイントコーナーキックラッシュは凌げなかったorz


さらに前半19分

トレゼゲのなんてことのないミドルシュートを、ディ・サンクティスがキャッチミス!
これをアマウリが素早く詰めてGOOOOOOOOOOAL!!

・・・orzorzorz

こういう凡ミスが一番痛いよ・・・頼むよディ・サンクティス・・・。


早くも2点リードしたユーベ、攻撃の手を緩め、より深く守りカウンターで止めの3点目を狙い始める。

謀られた余裕からナポリは少しずつチャンスを作り出す・・・

が、流石はユーベの守備陣。抑えるところは抑えている。
スピードでは圧倒しているはずのラベッシが楽々と押さえ込まれ、ハムシクのミドルシュートはブッフォンがあっさりとキャッチし、チガリーニの際どいパスもそのブッフォンの完璧な飛び出しで阻止される。

・・・この状況を打破するには一人の圧倒的な個人技が必要か・・・。

そして前半26分

チガリーニ、プレッシャーがかからないのでドリブルで少しずつボールを持って上がる。
そしてクアリアレッラに楔のパスを打ち込んだ。

クアリアレッラ、ペナルティーエリア右外でボールをトラップ。
そして反転してゴールを向き・・・




すぐに右足を振り抜き25m離れた位置から強烈なミドルシュートを放った!!




地を這う弾丸のようなシュートはゴール右隅に一直線!





しかしブッフォン、これに反応!なんとかボールを触った!






が、しかしボールを枠外に押し出せない!



GOOOOOOOOOOAL!!


キタ━(゚∀゚)━┥東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━(゚∀゚)━!!!!


あのブッフォンですら弾けない熾烈なシューーーート!!!

ナポリ、なんとか一点を返した!反撃開始となるか?



一点を返されたユベントスは再び攻勢に転じるが、最初ほどのキレはない。
逆にナポリはクアリアレッラとラベッシが息を吹き返し、次々とチャンスを作り出す。
が、そのチャンスは全てブッフォンによって潰される・・・流石だ。

ハーフタイム

FM008289.jpg

序盤に不運な形で2失点したのは痛かったけど、まだチャンスはあるぞ!
とりあえずこのハーフタイムで、カードを貰っているガルガーノをエジミウソンと交代して・・・
あとは後半、ひたすら時を待とう。ユーベが3点目のために前がかりなっている今なら十分点は取れるはずだ。

後半戦開始

後半戦開始~60分

ユベントスは必死になって攻めてくるが全く崩せてはいない。
しかしこちらのカウンターも簡単に跳ね返されているので、結局戦況は代わらないまま・・・。

後半67分

ラベッシを下げてスーパーサブのデニスを投入!

・・・後半79分

WBRのZunigaが疲れていたのでCampagnaroと交代。


そして後半81分・・・

ディ・サンクティスのゴールキックをモリナーロがヘッドでクリア!
しかしこれがフェリペ・メロに直撃し、ボールは右サイドの広大のスペースに転々と転がる。

そしてそこに投入されたばかりのCampagnaroが全力で走り込む!!

慌ててキエッリーニが止めにいく!

が、これが仇となりクアリアレッラの前方には広大なスペースが!
Campgnaro、それを見逃さず、クアリアレッラに完璧なグラウンダーのパスを送った!



クアリアレッラ、エリア内右でフリー!





そしてシューーーート!は撃たずに、エリア内中央のデニスへ横パス!





デニス、これをダイレクトで冷静にゴール左隅へシューッ!!!






GOOOOOOOOOOAL!!




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!


ナポリ、同点!!!


ふぅははー!狙い通り!

みたかユベントス!奢って2点リードを守り損ね、欲を張って3点目を狙った結果がこれだよ!




そしてナポリ、同点のまま見事に守り抜き、試合終了!

試合結果

FM008290.jpg

2-2 DRAW!

GiantKillingとはならなかったものの、戦術的狙い通りに引き分けに持ち込めたので大満足!

FM008291.jpg

主将のパオロ・カンナバーロも顔面を負傷(全治10日)しながら最後までプレーし、チーム全体を勇気づけてくれました。

第十節終了後 10位


11/13

あばんすとらっしゅ!


FM008292.jpg

スーパーサブのデニスが練習中に靭帯を断裂し、全治9~10ヶ月だそうです・・・orz
今作は試合中の怪我は大幅に減ったけど、代わりに大怪我したときはがっつり行くなぁ・・・
FM2009のときは全治9~10ヶ月の怪我なんてみたことなかったのにつД`)



11/22

Serie A 第十三節
(A) vsChievo(18位)


FM008293.jpg

久々に楽そうな相手と対戦。
特に怖い選手も居ないし、相当酷いヘマをしない限りは勝てるでしょう。

試合結果

FM008294.jpg

格下キラーのラベッシが2ゴールを挙げ快勝。
このレベルの相手ならドリブルでスイスイ抜いていきますね、彼は。

第十三節終了後 8位


11/28

Serie A 第十四節
(H) vsCagliari(13位)


FM008295.jpg

目指すは二連勝。

試合結果

FM008296.jpg

3-2 WIN!

FM008297.jpg

FM008298.jpg

キックオフの16秒後にカリアリのエースストライカーのジェダにゴールを決められ、クアリアレッラのゴールで追いつくもすぐにコンティの30mの芸術的ロングシュートで勝ち越される。

が、この試合好調だったハムシクの素晴らしいゲームメイクでラベッシがゴールを決め前半のうちに追いつくと、後半ロスタイムにオフサイドっぽいクアリアレッラのゴールでなんとか逆転に成功し勝利。

結局何が言いたいかというと・・・カリアリこわい。

FM008299.jpg

そして試合後、REUSUの采配でナポリの得点力爆発!とかニュースになってました。
ぶっちゃけ私の采配が云々というより、今回のバージョンが点を取りやすい仕様なだけだと思います(私はこっちのほうが好きだけどw)。

ついでに言うなら、得点力だけじゃなく、失点力も爆発しています。メディア涙目。

第十四節終了後 7位


12/6

Serie A 第十五節
(A) vsBari(10位)


FM008300.jpg

昇格組なのに10位と妙に頑張ってるバーリと対戦。

FM008301.jpg

バーリのキープレイヤーはこの↑バレット。
現在6ゴール6アシストの大活躍中。

が、しかしこちらもヴィエラとマッジオが負傷から帰ってきたしなんとかなるでしょ(・∀・)ニヤニヤ

試合結果

FM008302.jpg

0-3 LOSE!

バーリ強すぎワロチwww
な~んにもできなかった・・・
というか、そろそろラベッシ、クアリアレッラ、ハムシクのカウンターアタック対策を練られてきているのかもしれない。



まとめのリーグ表

FM008303.jpg

FM008304.jpg

フィオレンティーナが未だ降格圏って・・・

そして相変わらず大爆発か大爆死かの二択の戦い方しか出来ないナポリ。
次回はいよいよ最終回だが果たしてどこまで順位を上げられるか?

というわけで今回はここまでです。
12/13

Serie A 第十六節
(H) vsSiena(11位)


FM008305.jpg

ディ・サンクティスは練習中に軽傷を負いこの試合は欠場。
そしてヴィエラとチガリーニのポジションを一列ズラしてみました。
どうもチガリーニはもう少し低いポジションでプレーさせてあげたほうが活躍するようなので・・・。

試合結果

FM008306.jpg

4-1 WIN!

天候が土砂降りだったおかげで、裏を狙う長いパスが都合のいい位置でピタッと止まりまくり!
おかげで楽々ゴールを量産させていただきました。
・・・その代わり水を含んだピッチのせいで選手達の披露が半端無かったですけど。

FM008307.jpg

試合してて気づいたんですけど、アンドラーデっていつのまにやらシエナに移籍していたんですね。
いい選手なのにユーベに移籍してからの彼は本当不幸続きでしたよねぇ・・・シエナでなんとか復活してもらいたいもんです。

第十六節終了後 8位


12/20

Serie A 第十七節
(H) vsCatania(7位)


FM008308.jpg

森本の所属するカターニャと対戦。

FM008309.jpg

その森本は相変わらず評価が高い。今のところ12(2)試合出場中。
でもゴールは3つしか決めていない・・・。

FM008310.jpg

どっちかというとこわいのは相方のマスカラのほう。現在11ゴール4アシストと爆発中。

FM008311.jpg

さらに言うとトレクアルティスタのアジル・ラムジもこわい。2ゴール7アシスト。
結局、このチームも前戦のトライアングルが強烈だってことです。

試合結果

FM008312.jpg

1-1 DRAW!

序盤にミドルシュート耐性のないGKのせいで失点したのは痛かったですが、38分にハムシクが同点弾を決めてからは延々と攻めていました。
が、結局カターニャDF陣の粘りと、GKのスーパーセーブの連打で決定打は与えられず引き分け。



まとめ

FM008313.jpg

FM008314.jpg

これでデモで出来る試合は全て消化。
サンプドリアとローマは1月に試合が組まれていたので対戦出来ず・・・カサ坊のいないサンプドリアはともかく、ローマとは対戦したかったなぁ・・・残念。

最終的に3バック縛りのナポリの成績は、メディア予想の12を4つ上回る8位となったわけですが、「失点数以外は」満足できる数字だと思います。うん・・・失点数以外はね。

FM008315.jpg

選手成績では、ラベッシ、クアリアレッラ、ハムシク(とチガリーニ)の3人が目立っている感じ。
実質、崩しはこの4人がメインだったから当然っちゃ当然ですね。

特にラベッシとクアリアレッラの2トップはリーグ屈指の破壊力。
・・・肝心なところで外すメンタルの弱ささえ克服出来ればもっとスコアは稼げたんじゃないかなと思います。

アシストではハムシクとチガリーニの"6"がチームトップ。
ハムシクは2トップから近い距離のスルーパス、チガリーニは中盤底からのロングパスでアシスト数を伸ばしました。



戦術の最終(?)稿&反省とか感想とか

FM008316.jpg

FM008317.jpg


GK

役割 Sweeper Keeper 
スタンス Defend


ここはもうGKの事情に合わせてご自由に設定してください。

SW

役割 Sweeper
スタンス Defend


最後までSWには拘って色々試してみましたが、正直ゾーンで守るなら3バックは全員DCでしたほうが安定すると思いました。
SWに設定しておくと積極的に飛び出してガンガンスペースを作ってくれます・・・
SWを任せる選手が優秀ならこんなことは無いのかもしれませんが、少なくともP・カンナバーロやエジミウソンレベルではメリットよりもデメリットのほうが多かったです。

DC

役割 Central Defender
スタンス Defend


DCの設定は二枚とも一緒。
Stopperに設定するのは自殺行為だと身を以て体感。

WBR/L

役割 Wing Back
スタンス Attack


WBが優秀だとクロスからの得点がもっと増えるかも。
FM2010はちゃんとサイド、ウイングバックが守ってくれるので助かります。

DMC

役割 Deep Lying Playmaker
スタンス Support


ここにはレジスタタイプの選手を置いてプレーメイカーに指定。
カウンターの起点になってもらいます。

MC

役割 Ball Winning Midfielder
スタンス Defend


守備的で運動量の多いMFを配置してボールを奪ってもらい、チガリーニやハムシクにボールを渡して貰います。

AMC

役割 Attacking Midfielder
スタンス Support


ここは選手によって色々設定を弄ってみるべき。
私の場合は得点:アシスト=3:7ぐらいを意識して設定してみると上手くいきました。

ST

役割 Poacher
スタンス Attack


ポーチャーはドリブルが得意でスピードのある選手に任せるのがお勧め。
ただ、初期設定だとスルーパスが"まれに"に設定されているので、sometimesに設定しておくと選手によっては効果的かも。

ST

役割 Deep Lying Forward
スタンス Attack


色々状況に合わせてやってくれる頭脳タイプのFWがベスト。


チーム全体の方針

引いて守って高速カウンター。攻撃は選手の個人技頼み。

前戦の三枚は選手のタイプによって色々弄る必要がありますが、スピードがそれなりにあれば誰を置いても機能するので弄りやすいと思います。
3バックは素直に3CBにしたほうが安全です。

深く引いて守るので、中盤の底にはレジスタタイプの選手が必須。

さらにサイド攻撃も完全に両WB頼みなので守備力は妥協してある程度攻撃力のある選手を置かないと、守備が堅い相手と当たったときに手詰まりになりやすいです。


・・・とまぁ17試合プレーした時点での感想は以上です。
正直、守備面はまだまだ穴だらけなので、もし読者の皆様が採用して使ってみるときは、チーム状況に合わせてご自分で色々と弄る必要があると思います。
ただ、攻撃面に関してはそれなりに完成している(少なくともナポリでは)ので、個人技での突破からのゴール燃えな方や、レジスタのスーパーパススキーには十分満足できるものとなっていると思います。
というか、それぐらいしかセールスポイントがありません。この戦術(;´∀`)



あ、あと最後に一つ・・・

コーチはちゃんと限界ギリギリまで雇っておきましょう!
じゃないと「どうせデモ日記だから・・・」なんて4人しか雇わなかった結果、デニスやマッジオを練習中の怪我で失った私のようになりますのでつД`)



ここまで書ききって気がついた重大なミス

選手の9割以上に厳しいマークが指示されているorz

もしかしなくても守備が安定しなかった最大の原因ってこれなんじゃ・・・
い・・・今までの苦労って一体・・・orzorz
【Jクラブ担当者募集】

http://fm2010j.wiki.fc2.com/

Jつくではクラブデータを担当してくれる方を募集しています!

協力してくださる方はJつくwikiの掲示板に書き込みをお願い致します。

J各チームのサポーターの皆様による、さらなるデータ精度向上にご協力お願い致します。




私も故郷のロアッソ熊本のデーターでくらい貢献出来れば・・・
くっそ!来季こそはJリーグちゃんと見るぞ!
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?