日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
10/1

9月の月刊最優秀監督賞を受賞


FM002970.jpg

もの凄い久しぶりに受賞。
チェルシー戦は今季のベストゲームになりうる出来でした。



10/2

UEFA Champions League GroupLeague H 第二節
(A) vsOlympique Lyonnais (France)


FM002971.jpg

昨季はついにリーグ1王者の座をパリ・サンジェルマンに譲ることになってしまったリヨンと対戦。
ベンゼマは未だにリヨンのシンボルとして残留していますが、昨季終盤に足の骨折という大怪我を負ってしまい、
少なくともチャンピオンズリーグのグループステージは全試合欠場する模様です。
…で、メンバーを見てみると…
全体的に高齢化が進んで、かなり弱くなっちゃってる感じがします。
特にディフェンスラインの弱体化は深刻っぽい…中盤は鬼だけど。

要注意選手

レナン・ブリト・ソアレス

FM002972.jpg

リアルではブラジル五輪代表で、北京オリンピックにも出場。
今夏?バレンシアに移籍しました。

ルイゾン

FM002973.jpg

ベンフィカから1.02Bで移籍後は、リヨンのディフェンスリーダーとして活躍していますが、
年齢の影響か、かなりスピードが落ちてきています。

リカルド・クアレスマ

FM002974.jpg

今夏トッテナムからボスマンで移籍。

ジェレミー・トゥララン

FM002975.jpg

一時期は獲得を狙ってましたが…移籍金が高すぎました。

キム・シェルストレーム

FM002976.jpg


ファビオ・クアリアレッラ

FM002977.jpg

フィジカルと勇敢さが低いので、強いタックルで潰しておきます。

試合開始

クアリアレッラに厳しいマーク&強いタックルを指示して試合開始。

試合開始後…完全にサンダランドのペース。
アウェーなのにも関わらず完全にホームのノリでボールを回せています。

そして前半11分
ドレンテとのコンビネーションで左サイドを突破したミテア!
中を見て…クロスを上げた!!

シャマフ、鋭くゴールとは逆に動きマークを外した!!


そして強烈なヘディングシューーーーーート!!!







しかしこれはレナンが弾いてキャッチ!!ファインセーブ!!
…なんという反応…

その後もサンダランドは両サイドのクロスを中心にチャンスを作り出すが、レナンの好セーブもあって中々ゴールを割れず。
逆にリヨンもエリア外から無理矢理ミドルシュートを撃つぐらいしかチャンスを作れず…。

そのまま0-0で退屈な前半戦が終了。

リヨンのシュートは7(2)、サンダランドは3(3)。
うーん、アウェーでの戦いだからこれぐらいで丁度いいのかな。
出来れば後半早い時間で1点を取って安心させて欲しいけど…0-0でも別に構わない。
ということで特に戦術に変更は加えず、そのまま後半戦へ!

…後半戦も前半と全く変わりのない展開。
互いに点の入る気のしないまま、時間だけが過ぎていきます。

で、後半68分
疲れが見えるシャマフとアシュリー・ヤングを、それぞれバベルとアーロン・レノンに交代。

そして後半75分!
右サイドからアーロンが蹴ったフリーキックを、バトゥザンがヘッドで落として…


バベルがボレーで合わせた!!強烈なシュートはゴール右隅を捉えている!!






しかしレナン、またしても超反応でこれを弾いてキャッチ!!!

うがあああああああああああああ!なんだよこいつううううう!

…獲得を狙ってみてもいいかもなぁ…

後半85分
ミテアが左サイドを単独ドリブルで突破!
そしてゴールライン際までボールを運んで…ニアへクロスを上げた!!

バトゥザン、マークについていたルイゾンがサイドに釣り出されていたので、これを完全フリーでトラップ!
キーパーのレナン、これにはさすがに飛び出せない!!
絶好のチャンス!!!バトゥザン、シューーーーーーーート!!!








ゴール右ポスト直撃!!

( ゚д゚)
( ゚д゚ )
( ゚д゚)
( ゚д゚ )

ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!


…後半88分
バベルが削られて負傷退場…

ガッデム!!!!


FM002978.jpg

0-0 DRAW

まぁ…こんな試合もあるよね…?
バベルも全治六日の軽傷で済んだみたいだし、良しとしましょうか。

レナンのレートは9でした…なんという…

FM002979.jpg
FM002980.jpg

他のグループも含めて特に波乱は無し。



10/6

Barclays English Premier League 第八節
(H) vsBolton(7位)


FM002981.jpg

久々のホームで試合。
シャマフがそろそろゴールを決めてくれると、また得点が増えるような気がするんですけど…。

要注意選手

ガビラン

FM002982.jpg

バレンシア

FM002983.jpg

試合結果

FM002984.jpg

2-0 WIN!

シャマフの2ゴールで何の問題もなく楽勝!
ちなみに1点目はファシオの最終ラインからのロングフィードによるものからでした。

第八節終了後 暫定3位


10/7

フォーティが怪我から復帰!!
予定だと3~4ヶ月はかかるはずだったんですが…
なんと二ヶ月で完治してしまいました!サンダランドフィジカルコーチ陣の有能さに拍手!



10/10

Barclays English Premier League 第九節
(H) vsNorwich(9位)


FM002985.jpg

フォーティはこの試合ベンチスタート。
試合途中に投入して、少しずつ試合に慣らしていこうと思います。

試合結果

FM002986.jpg

3-0 WIN!

フォーティが復帰戦でいきなりゴーール!さすが!
フォーティが戻ってきたことで、自慢の得点力もそろそろ戻ってくるはず!

第九節終了後 1位


10/20

Barclays English Premier League 第十節
(A) vsManchesterUnited(5位)


FM002987.jpg

前監督がイングランド代表監督として引き抜かれたので、後任にあのライカールトが就任!
が、無理矢理4-3-3を浸透させようとしてスタートダッシュに失敗。
というか…トップにルーニーやテベスって無理があると思いますよ、ライカールトさん…。

要注意選手

クリスティアーノ・ロナウド

FM002988.jpg

現在9試合7ゴールと、不調な攻撃陣を一人で支えています。
逆に言えば彼さえ抑えることが出来れば後は怖くない…はず。

試合開始

テベスに厳しいマークを指示して試合開始。

前半9分
右サイドアーロン・レノンのクロスに、
ファーのフォーティがヴィディッチのマークを外してダイビングヘッドで合わせる!!


しかしシュートは大きく吹かしてしまい枠の上…惜しかった。

このシュート以降は…お互いに全くチャンスが訪れず…
というのも両サイドを突破してクロスを上げても、ファーディナンドとヴィディッチがことごとく跳ね返すのでシュートが撃てず…
逆にユナイテッドは完全にテベスと両ウィングを抑えられているので、二列目からのミドルシュートぐらいしかチャンスが無し。

結局0-0で前半戦を終えハーフタイムに。

互いのシュートは
ユナイテッド5(1) サンダランド2(0)

…アウェーだからこれでも良いっちゃ良いんだけど…
アーセナル戦のときみたいに、セットプレーの一発でやられてしまいそうな気もする…
両サイドは何度かドリブルで突破してクロスも上げられていたので、
フォーテイかシャマフがヴィディッチやファーディナンドを出し抜いて、ヘッドで決めてくれることを期待するしかないかなぁ…

そして後半62分
ドレンテの素晴らしいパスミスで右サイドをロナウドにあっさり突破され、クロスを上げられる。
これをテベスがニアでトラップ!
あぁー…絶好のチャンスだ…

テベス、これをゴール左下隅に流し込むようにシューーーーーート!

そしてゴオオオオルorz

うわあああ!
またちょっとミスから失点かよおおおおお!

後半71分
こうなったらパワープレーだ!ってことで…
疲れていたフォーティに代えてバトゥザン、
クズマノビッチに代えてセットプレーを蹴るのが上手いマドゥーロを投入。




そして後半82分!
左サイド、マドゥーロによるコーナーキック。
マドゥーロ、高いボールをファー目掛けて蹴った!




これをファシオがファーディナンドと競り合って…ヘディングシューーーート!!!








GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!


同点弾!!!!
ファシオが見事に決めた!!!!!

よっしゃ!後は逃げ切り…でいいよ!アウェーだし、勝ち点1を貰っておこう!

そして後半92分にバトゥザンが削られ負傷退場するも、
これでかえって時間が稼ぐことが出来、そのままロスタイム6分逃げ切って試合終了!


FM002989.jpg

1-1 DRAW!

とりあえず、ファシオは神ってことで!
守備は上手いし、セットプレーで点は取れるし…

そして今季はビック4戦、合計でまだ2失点しかしてません。
これは正直凄い!今までなら考えられない数字です。
…昨季なんかアーセナルに3点とか4点とか取られてたもんなぁ…

この守備の堅さが終盤まで持続すれば、
今季は何かしらのタイトルを勝ち取ることができるかもしれません…

そして試合終盤で負傷してしまったバトゥザンは、手首の骨折で一ヶ月ほどの離脱となるようです。
なんかフォーティと入れ替わるような形で負傷してしまいましたね(´・ω・)カワイソス

第十節終了後 3位


10/23

UEFA Champions League GroupLeague H 第三節
(A) vsIntel (Italy)


FM002990.jpg

これで3シーズン連続の対戦となります(苦笑
どうやらインテルはイブラヒモビッチがまた足首を骨折した模様で、
残りのグループリーグの試合は全て欠場することになっています。

…実はイブラヒモビッチ、最近になって「レアルマドリーに行きたい!」
とか言い出していて、今夏放出されるのでは?という話もあったんですが、結局残留していました。

そしてインテルは現在セリエAで10位と低迷。
そろそろグラント監督の首が危うく…。

要注意選手

デ・シルベストリ

FM002991.jpg

ラツィオが生んだ天才右サイドバック。
彼が居ればこれから10年はイタリア代表は右サイドバックに困ることはないだろう、とまで言われています。
実際FMでも非常に優秀…( ゚д゚)ホスィ…

ゴンサロ・イグアイン

FM002992.jpg

10-11シーズンに4.65Bという破格の移籍金でアーセナルに入団したにも関わらず、
殆どまともに使ってもらうことなく、僅か1年半でインテルに移籍…というちょっと可哀想なキャリアを歩んでいます。
インテルに移籍後はそこそこの活躍を見せている模様…

試合開始

アドリアーノに厳しいマーク&右足しか使わせないように指示。
後はイグアインにも厳しいマークを指示して試合開始。

試合開始後、アドリアーノとマルティンスに対応するために、
ファシオとジュルーのポジションを入れ替え…

そして前半11分!
右サイド35mからのアシュリー・ヤングのフリーキック。
インテル、何故か壁が1枚も無い!
アシュリー・ヤング、ニアにグラウンダーの鋭いパスを送った!
バベル、これをトラップして…

飛び出したキーパーまでもかわして無人のゴールへシューーーーーート!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


サンダランド、インテルの連携ミス?を突いて先制!
こんなこともあるんだなぁ…FMって

そして先制後はファシオとジュルーが高い集中力を見せ、ありとあらゆるインテルの攻撃を跳ね返し続けチャンスを与えない。
…が、逆にサンダランドもセットプレー以外でチャンスが作れず…

ハーフタイム

う~~~~~~ん、守備は本当調子が良いんだけど攻撃がなぁ…
特にシャマフが空気気味…どうしたんだろう…
このレベルの相手だと、両サイドからのクロスも簡単に跳ね返されるし…
まぁでも1点リードしてるわけだし、後半は無理をしないで1点を守りきって勝つのが無難かな。

そして後半70分!
マドゥーロの縦パスにバベルが反応してシュート!
これはキーパーのアルフォンソが見事に反応しましたが、ボールはこぼれてしまった!
これにディエゴ・カペルが走り込んでシューーーーーート!!



しかしシュートは枠の左に大きく外れた…
オイオイ…それは決めとけよ…



…後半81分
イグアインがエリア内でジュルーに倒されてPKの判定!!
(゚Д゚ )ハァ?
いやいやいや…ちょっと待てよ…どうみても体当たってすらいなかったぞ…?ダイブだろ!
そしてサンダランドの選手達は当然猛抗議!
実況も「疑問が残る判定です!」「本当に反則を取るほどなのか」
と言っています…。
で、このPKをガライがしっかり決めて同点ゴオオオオオル…(#^ω^)ビキビキ

ま…まぁまだ同点!まだ同点だよ!まだ大丈夫だよ!

って思ってたら…後半82分
ファシオのジュルーへの横パスをイグアインにカットされてイグアイン、一気にキーパーと一対一!
イグアイン、ゴールを向いて…右足でシューーーーーート!
Lastuvka、これを弾いた!!!


そしてこのこぼれたボールに…アドリアーーーーーーーーノ!!!!!




逆転GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



(゚д゚)バーカ




FM002993.jpg

2-1 LOSE!


FM002994.jpg
FM002995.jpg

お~~~い!やっぱり誤審かよ!!

試合を台無しにしやがって!この無能審判が!!!!
(ノД`)シクシク

FM002998.jpg
FM002999.jpg

この敗戦でサンダランドは3位に転落…
でも残りの3試合のうち二試合はホームだし、まだ挽回は可能なはず…。



10/28

Barclays English Premier League 第十一節
(H) vsLiverpool(13位)


FM003000.jpg

何故か今季も低迷しているリヴァプールと対戦。

…インテル戦での悪夢を早く忘れ去るためにもこの試合は勝たなければ…。

試合開始

前半戦、サンダランドはボールを圧倒的に支配し攻め続けるものの、
中々シュートが撃てずに時間が淡々と過ぎていく。

しかし前半40分
アーロン・レノンの見事なグラウンダーのアーリクロスに、シャマフが走り込んでトラップ!
最後は飛び出したカーソンの脇を破る、グラウンダーのシューーーート!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


サンダランド、先制!シャマフが久しぶりに決めた!!
これで一気に楽になるぞ!

と思ったら前半45分
ギャンがヘディングで落としたボールにトーレスが走り込んでシュート!
これがゴール左サイドネットに決まって同点ゴオオオオル…orz
こんなあっさり同点にされるなんて・・・
というかドレンテ!お前、完全にトーレスとボールの間に体入れてたのに、なんであっさりシュート撃たれてるの?

で、スコアは1-1となってハーフタイム
なんとも評価し難い前半戦でした…。
うーん…失点は明らかにドレンテのミスだったし…
かといってサンダランドがもう一点取れるかどうかは微妙な展開…
とりあえず後半戦、もう少し展開を見て状況に合わせてフォーティなどを投入して行こうかと思います。

そして後半47分!
シャマフが足下で受けたボールをそのまま縦に流して、ペナルティーライン上でバベルがボールをトラップ!
そしてバベル、素早く右足を振り抜いて弾丸シューーーーーーート!!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!



もの凄いスピードのシュートはゴール右上隅に決まった!
さすがのカーソンもあれは止められまい…。

さらに後半56分!
フリーキックからクズマノビッチの足下へのパスを受けたシャマフ、バベルにボールを当てて前に走り込む!
バベル、これを少し溜めて…ボールをシャマフに戻した!
シャマフ、ボールを受けてすぐにシュートを放った!!

丁寧に蹴ったボールはゴール左下隅に真っ直ぐ伸びていく!!

カーソン、これに反応して飛ぶが…届かない!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

(゚∀゚)キタコレ!!

シャマフ、25m離れた位置から決めた!さすがのシュート技術!
これでサンダランド二点リード!だいぶ楽になりました。

その後、リヴァプールは両セントラルを押し上げて、二列目から積極的にシュートを放って来たり、
それによった得たコーナーで何度かヘディングでシュートを放つも、Lastuvkaやディフェンス陣が危なげなく対処しきって試合終了。

FM003001.jpg

3-1 WIN!

やっぱホームでは強い!リヴァプール相手に難なく快勝!!
今季は今までと違って、チャンピオンズリーグより国内リーグのほうが調子が良いなぁ…。

そして残念なことに、この試合削られて軽傷を負ってしまっていたアーロン・レノンが、
足首の捻挫と診断され約一ヶ月の離脱となりました…。
この間にアシュリー・ヤングがどれだけ活躍出来ますかね…?




まとめのリーグ表

FM003002.jpg
FM003003.jpg

チャンピオンズリーグでは、審判買収を疑いたくなるような誤審のおかげでまさかの逆転負けを食らいましたが、国内リーグでは絶好調。
前半戦のビック4との直接対決もリヴァプール戦で終えて、2勝1分1敗という成績。
そしてこの4試合での合計失点は僅か「3」!
明らかに守備は昨シーズンに比べて堅牢なものになっているのがわかります。

攻撃もシャマフとバベルが相変わらず好調ですし…
怪我明けのフォーティのコンディションが戻ってくれば、もっと点が取れるようになってくるはず!


チャンピオンズリーグまとめ

FM002998.jpg
FM002999.jpg
FM003004.jpg

こっちでもバベルとシャマフが好調です…チームは勝ててないですけど。




というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!
11/1

シャマフとLeopardが10月の最優秀選手・監督賞を受賞

FM003005.jpg

FM003006.jpg

二ヶ月連続の監督賞受賞は、サンダランドに就任して始めてかも…。



11/3

Barclays English Premier League 第十二節
(A) vsLeicester(18位)


FM003007.jpg

次節はチャンピオンズリーグのインテル戦があるので、この試合は若干メンバーを落としています。
7年ぶりにプレミアリーグに戻ってきたレスターシティですが、
明らかなメンバー不足で早速降格圏に沈んでいるので足をすくわれることはまず無いはず。

試合結果

FM003008.jpg

0-2 WIN!

予想通り楽勝したものの、ファシオが顔面を負傷したため、次節のインテル戦の出場が微妙に…。

第十二節終了後 2位


11/7

UEFA Champions League GroupLeague H 第四節
(H) vsIntel(Italy)


FM003009.jpg

前回の対戦での屈辱はここで晴らす!
というかここで勝たないとグループリーグ突破が怪しくなってくる!
よりによってこの大事な試合でファシオが出場出来ないのは痛手ですが…
彼の代わりはキャプテンのゴンサロ・ロドリゲスに頑張ってもらうとしましょう!

試合開始

前半7分
右サイドアシュリー・ヤングが蹴ったフリーキックはガライにヘッドで返され、
再びボールはアシュリー・ヤングの足下へ。
アシュリー・ヤング、マイナス方向のマドゥーロにパスを出した。
マドゥーロ、ゴールに背を向けるようにボールをトラップ。
そして左のクズマノビッチの足下へパス。
クズマノビッチ、これをワンタッチでエリア内左にフリーで待ち構えていたディエゴ・カペルへパス!
ディエゴ・カペル、ゴールを向いてドリブル!
そして左足を思い切りよく振ってシューーーーーーート!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!


高速シュートはジュリオセザールの手を逃れてゴール右上隅に突き刺さった!
サンダランド、ディエゴ・カペル久しぶりのゴールで先制!

先制後はインテルのマルティンス・イグアインの高速2トップに手を焼きながらも、オフサイドトラップやLastuvkaのタイミング良い飛び出しでなんとか無失点に抑える。
しかしサンダランドの攻撃も最後のパスが中々合わず、結局1-0で前半戦が終了する。

ハーフタイム
ややサンダランド有利な展開だったけど、前回の対戦の件もあるし、早めに追加点を奪って試合を決定付けたい。
…とはいえインテルのディフェンスは中々に固いし…
やっぱりサイド攻撃中心で地道にチャンスを窺うしかないのかな。
ということで戦術に変更は加えず、そのまま後半戦へ。

そして後半69分!
バベルが放ったミドルシュートはテイラーにブロックされゴールまで届かず!
しかし跳ね返ったボールに、バベルの後方から走り込んできたシャマフが右足ボレーで合わせてシューーーート!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
曲・げ・て・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


ついにきたああああああああああ!追加点!!!
これでサンダランドの勝利はほぼ確実に!!!

そしてこの得点の直後、右サイドのアシュリー・ヤングに代えてディドを投入!
勿論守備固めのための選手交代!色んなポジションが出来るディドはやっぱり使い勝手が良いなぁ。

そしてこの選手交代が見事大当たり!
元々は守備力のあるディドを右サイドに配置して支配力を高めるのが狙いでしたが、
ボールを支配するだけでなく、イウシーニョとの抜群のコンビネーションで積極的に右サイドのスペースに走り込みクロスを供給!
いやはや…これは良いオプションを見つけたかもしれない…

そして後半84分にはディエゴ・カペルに代えてマルキエーゼを、
さらに後半88分にはシャマフに代えてフォーティを投入。

で、その二分後の後半90分
ディドのグラウンダーの素晴らしいロングパスから、投入されたばかりのフォーティがゴールを決め、インテルに止めを刺して試合終了!

FM003010.jpg

3-0 WIN!

よしよし!見事リベンジに成功だ。

FM003011.jpg
FM003012.jpg

リヨンがシュツットガルトに敗れたため、サンダランドが再びグループHの首位に。
次節のシュツットガルト戦に勝利すれば、グループリーグ突破は決まったも同然となります。
あと一息…怪我人増えてきてちょっと辛いけど…頑張れサンダランド!



11/10

Barclays English Premier League 第十三節
(H) vsPortsmouth(11位)


FM003013.jpg

覚醒デフォーの居なくなったポーツマスなんぞ怖くないわっ!
ファシオは間に合わなかったけど、ホームだし大丈夫でしょ!

試合結果

FM003014.jpg

2-0 WIN!

前半戦は完全にサンダランドのペースでしたが、後半はポーツマスに押し込まれる展開が目立ちました。
それでも無失点に抑えられたのはLastuvkaの連続好セーブがあったから…。
うーん、やっぱ正GKはLastuvkaのままでいいのかなぁ…
でもパンチングが多すぎるしなぁ…どうしたものか…。

第十三節終了後 2位


11/24

Barclays English Premier League 第十四節
(A) vsReading(14位)


FM003015.jpg

次節のシュツットガルト戦に備えてメンバーはやや落とし気味です。
…今まで散々選手を削られてきたレディング、苦手としている相手ですが負ける訳にはいきません。
…でもやっぱり怪我させられるぐらいなら引き分けでもいいよ!と、監督としては言いたいところです…。

試合結果

FM003016.jpg

2-1 LOSE!

結果、苦手意識がさらに強まった、と。
まさか27M以上の直接フリーキック決められるとはおもわなんだ…

第十四節終了後 3位


11/27

UEFA Champions League GroupLeague H 第五節
(A) vsStuttgart (Germany)


FM003017.jpg

ぶっちゃけグループHの中で最弱なシュツットガルト。
最終節のリヨン戦の前に決勝トーナメント進出を決めれる可能性は十分にあります。
というわけでこの試合は勝ちに行きます!
今季好調なバベルの活躍にも期待!

試合開始

予想通りアウェーなのに、ボール支配率は圧倒的にサンダランドが上!
シュツットガルトにはミドルシュートすら撃たせません。

そして前半21分!
アシュリー・ヤングがフェイントで選手二人を抜き去ってゴールライン際からクロス!
これにニアポストに立っていたシャマフがヘッドで流してゴオオオオル!サンダランド先制!

うーん、なんかあっさり入っちゃったなぁ…。

先制後もサンダランドは執拗に両サイドからクロスを上げまくる!
しかし前半戦はシュツットガルトの粘りもあり、追加点を奪えず1-0で終了。

そして後半戦始まってすぐの49分!
左サイドマドゥーロのフリーキックを、ファーポストのシャマフがヘディング楽々と決めて二点差!

二点差とした後はまったりとボールを回して時間稼ぎ。
この辺りからシュツットガルトにガンガンシュートを撃たれ始めるも、エリア外からの無理矢理なシュートばかりなので問題なし。
後半83分にケディラにミドルシュートを決められ一点を返されるも、慌てることなく守り抜いて試合終了。

FM003018.jpg

1-2 WIN!


やっぱりシャマフは神でした。
バベルは…単独ドリブル突破で決定的なチャンスシーンを作ってたんですが…
どんな状況でも思いっきりシュートを撃ってしまう悪癖のせいでゴールは挙げられず終いでした。


FM003019.jpg
FM003020.jpg

リヨンがインテルに勝ったため、まだ決勝トーナメント進出は決まっていませんが…
得失点差を考えると、グループリーグ突破は決まったも同然な状況です。( ´ー`)フゥー...
3シーズン連続でえげつないグループにぶち込まれましたが…案外なんとかなるもんなんですね…。



まとめのリーグ表

FM003021.jpg
FM003022.jpg

相変わらずリーグ戦は好調を維持…というか優勝争い中。
ついにチェルシーが復活を遂げましたね!リヴァプールは低迷期に入る一歩手前みたいですけどw
厳しい日程が続く12月を前にして、負傷していた選手が全員戻ってきましたし、これからが本当の勝負です!

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに~!
ra-men.jpg










12/1

Barclays English Premier League 第十五節
(A) vsBlackburn(18位)


FM003023.jpg

レディング戦で落とした勝ち点をここで取り返さないと…
やっぱり一度降格しちゃうと弱体化は免れないんだなぁ…
昔はブラックバーン強かったのに…(´Д⊂

要注目選手

サンタクルス

FM003024.jpg

チームが二部に降格した際に、一部リーグのチームから引き抜きのオファーが大量に舞い込んだにも関わらず、全てのオファーを蹴って残留した忠義の士。
31歳になったけど能力値はまだまだ現役!注意しないと。

試合結果

FM003025.jpg

0-1 WIN!

なんとか勝ちましたが…アウェーでの戦い方をもっと考えないとまずいですね。
負けても引き分けても可笑しくない試合内容でした…。

ボルトンにレンタル移籍中のサイヴェが…

FM003026.jpg
FM003027.jpg

アウェーのシティ戦で一試合4得点を挙げる大活躍!!
これで彼は今季11試合10ゴール3アシスト!完全に才能が開花してます。
来シーズンはいよいよサンダランドで戦ってもらうことになりそうです!

第十五節終了後 2位


12/8

Barclays English Premier League 第十六節
(A) vsFulham(15位)


FM003028.jpg

クズマノビッチはこの試合累積警告で出場停止。
次節はチャンピオンズリーグですが、もう殆どグループリーグ突破は決まっているのでメンバーは落としてません。

試合結果

FM003029.jpg

コーナーからバトゥザンが決めた一点を守りきって勝利。
今季は守備が安定してるから、こういう試合でも勝ち点を拾えるので助かります。

第十六節終了後 2位


12/12

UEFA ChampionsLeague GroupLeague H 最終節
(H) vsOlympique Lyonnais (France)


FM003030.jpg

3位インテルとの勝ち点差が「3」、得失点差が「7」も開いているので、既にグループリーグ突破は決まったも同然の状況。

というわけでこの試合も結果のみご報告します。


要注意選手

カリム・ベンゼマ

FM003031.jpg

5ヶ月の負傷離脱から帰ってきたフランスのニューエース。
未だリヨンのシンボルとして活躍中…なんですが、最近は金満ローマに狙われていて移籍しそうな気配が…
能力値的にはチアゴ・ルイスと似ているのに、チアゴ・ルイスはどうしてあんなにもダメなんでしょうねぇ…。

試合結果

FM003032.jpg

3-0 WIN!

やっぱりホームではTUEEEEEEEEEEEE!!!
フランスの強豪リヨンを全く寄せ付けず3点差で圧勝!

FM003033.jpg
FM003034.jpg
FM003035.jpg

そして3シーズン連続の決勝トーナメント進出が決定!!
インテルは…またしてもグループリーグ敗退…w
なんかイブラがまた負傷で二ヶ月の長期離脱みたいですよ!
ここ最近の離脱期間を合計すると…なんと9ヶ月も戦列を離れてることになります。
もう終わった選手になりつつあるのかもしれませんね…。

得点王争いでは、現在シャマフがトップタイの9ゴール!
このままサンダランドが勝ち進むことが出来れば、もっとゴール数は伸びるでしょう。



12/15

Barclays English PremierLeague 第十七節
(H) vsMiddlesbrough(14位)


FM003037.jpg

毎度毎度妙に高い攻撃力で苦しませてくるミドルスブラですが、ホームでは負けるどころか引き分けたことすらないので大丈夫でしょう。

試合結果

FM003038.jpg

3-1 WIN!

フォーティ・シャマフ・マドゥーロがゴールを挙げて勝利。
怪我が明けてから暫くの間どうも調子が悪かったフォーティでしたが、ここに来てようやく調子を取り戻してきたようです。

第十七節終了後 2位


12/21

UEFA ChampionsLeague 決勝トーナメント第二ラウンド抽選会

FM003039.jpg

フェネルバフチェキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これでついにベスト16の壁をぶち破れるのか!?
テンションも上がってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



12/12

BarclaysEnglishPremierLeague 第十八節
(H) vsTottenham(14位)


FM003040.jpg

マッチレポートを書き上げたと同時に、マウスの戻るボタンを押してしまった!腹立つ!
もう一度書き直す気力はないので、この試合も結果報告だけで…



昨季大躍進してチャンピオンズリーグ出場権をしたかと思えば、今季は14位と大低迷…相変わらずよくわからないチームです。

要注意選手

ガブリエル・アグボンラホー

FM003041.jpg

スコットランド、セルティックでの武者修行を終えてついにプレミアに帰ってきた!
チート級のスピードは健在なので注意が必要です。

フランク・リベリー

FM003042.jpg

昨冬の移籍市場で、何を勘違いしたのかわかりませんがトッテナムに移籍してきてしまった新皇帝。
大方の予想通り、この移籍は大失敗に終わります。
いや…リベリー自身は活躍してるんですけどね、肝心のチームが…。

試合結果

FM003043.jpg

2-0 WIN!

なんというか…
ベルバトフに厳しいマークをつけて抑えちゃえば、あとはどうとでもなるチームのままでしたw

まるで進歩していない…(AA略

これだけタレント揃ってりゃ、もっと行けるはずだと思うんだけどなぁ…
あぁ、それでも結果が残せないのが我が箱庭のトッテナムでしたね。すみません。

第十八節終了後 2位


12/26

Barclays English PremierLeague 第十九節
(A) vsWigan(19位)


FM003044.jpg

現在9分9敗とリーグの折り返し地点を目前にして、未だ勝利を挙げられていないウィガンと対戦。
例の縦長スタジアムでの試合ですが…瀕死同然な今のウィガンなら問題無く勝てる…よね

試合結果

FM003045.jpg

3-0 WIN!

縦長スタジアム対策として展開の幅とテンポを出来るだけ狭く・遅くしてみたら、これが見事に嵌って3点差の完封大勝!
縦に長い分、選手の密度が少なくなりやすいのか、中盤の選手が余裕を持ってドリブルで前にボールを運んでいたのが印象的でした。



まとめのリーグ表 前半戦終了


FM003046.jpg
FM003047.jpg
FM003048.jpg

15勝1分3敗 2位(メディア予想5位)
得点35(リーグ5位)
失点11(リーグ2位) 
得失点差24(リーグ2位タイ)


守備が安定したおかげか?恐らく過去最高の出来!
この調子なら2シーズンぶりの優勝も狙えちゃうかもしれませんね。

そしてライバルのニューカッスルは…トッテナムと共に低迷しております…が、
そんな最悪のチーム状態だったにも関わらず、アウェーとはいえダービーで敗北してしまったのは、今更ながら悔しいです…。
しか~し!この悔しさは無敵のホームで晴らす!晴らしてみせるとも!

で、次は選手データー。
注目の得点王争いは、ジラルディーノとアデバヨールが17ゴールでトップ。
次にコルチェスターのスロベニア人ストライカー、ティム・マタヴスが16ゴールで2位。
そして3位は…ボルトンにレンタル移籍中のアンリ・サイヴェ…15ゴール。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

何?どうしちゃったの本当?うちのシャマフより点取ってるじゃないの!
しかもボルトンはボルトンで現在リーグ戦4位とか…もうね。
サイヴェ君、本当、来季は頼みますよ!期待してますから!
間違ってもボルトンに完全移籍したい!とか言わないでね!お願い!


…というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!では!








(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?