日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200704
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤルオ二世の治世 (2013/09/14(土) 00:31:56)

FMM00006910FMM00006911

 

     ____
   /      \     ベネヴェント公十代目ヤルオ二世即位。
  /  ─    ─\    イングランド一の軍人である父エルフワードの指導を受けており
/    (●)  (●) \   彼自身もそれなりの軍才を持っている。
|       (__人__)    |   また、ヤルオ1世と同じく人当たりも良く、熱心なキリスト教信者だったようだ。
./     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |     「勉強は嫌いだけどね」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 

FMM00006912FMM00006913

 

                /  ̄ ̄ \      が、実際は同じく父の指導を受けた5歳下の弟エルフワードのほうが優秀だったようで
               /ノ  ヽ__   \     しかもこの弟が自らの野心を隠そうともしていなかったため
             /(―)  (― )   \    後にヤルオは懐柔策としてこの弟に男爵領を与えている。
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/     「いや実際アイツは軍神レベルの天才だし…
              /         ヽ       アイツ一人ならなんとでもなるけど
             ./ l   ,/  /   i        調子づいた他の諸侯がアイツを神輿に掲げて反乱をおこさないともかぎらんし…
             (_)   (__ ノ     l         それに戦争になれば間違いなく役に立つしからなぁ…」
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ

 

FMM00006914

父、エルフワード1世。

いつの間にやら伯爵領1つを失っている。

しかしもう64と相当な高齢なので、これ以上領土を失うことはないと思われる。

 


アマルフィ共和国への復讐

 

FMM00006943

緑色がアマルフィ共和国領。

           _-─―─- 、._         「母上の汚名はそそいであげたいけど
         ,-"´     ゝ   \         あいつらいつの間にやら領土を馬鹿みたいに広げてるし
        /              ヽ        しかも商業共和国で金はあるから大量の傭兵が雇える。
         /       ::::/::::::::\::ヽ       そしてまがりなりにも独立国だから君主に足を引っ張られることもない。
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ       とてもじゃないが現状じゃ手を出せん相手だお…
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l       最近は周辺の大国の政情も安定してきてるし
       ` 、        (__人_)  .;/        なんとかヤルオの代で領土を広げておきたいところだけど…」
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

ということでアマルフィ征服は見送られる。

 

FMM00006944

               ____
  _______/      \__        ちなみにこの頃ヤルオはドイツ国王主催のトーナメントで3位に入賞している。
  _/_//__//  ─  ―  \| |
  :::::::::::::::::::::::::::/   (●) (●)   \|l⌒l二二)   「弟には負けたけどね」
  ::::::::::::::::::::::::::|      (__人__)     |`'''|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ` ⌒´    _/ /        弟より優れる兄などいない。
          │            /
           │           |
          │            |

 

 


北方からの侵略者

 

 

 

FMM00006948FMM00006946FMM00006947

      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓         ┏┳┓
┏━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┓       ┃┃┃
┗━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏╋┳┳┓ ┃┃┃
    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃┃┃┃┃ ┗┻┛
┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┣┻┛┃ ┏┳┓
┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┛ ┗┻┛
    ――――∧_∧
  _____( ´Д`)
    ―――==○====○=====X二>    ――――∧_∧                          1103年スカンディナヴィアを統一したヴァイキングの王国スウェーデンが
     __/ (__)            _____( ´Д`)         
   ―――(__)                ―――==○====○=====X二>                  オーディンに捧げる大いなる聖戦として突如ドイツ王国に侵略を開始。
                                 __/ (__)
                          ―――(__)   ――――∧_∧                 彼らの要求はドイツ王国の全面降伏及びその全領土。
          ∧∧                      _____( ´Д` )
           (#゚Д゚)                       ―――==○====○=====X二>          この恐るべき異教徒の侵略にキリスト教国は動揺する。
<二X=======と/:::::::]つ    ――――∧_∧          __/ (__)
           /;;;;;;;;i;ゝ   _____( ´Д`)       ―――(__)                       彼らの侵略は数百年前から断続的に続いてはいたが、そのどれもが小規模で略奪目的だった。
         (_/`J      ―――==○====○=====X二>    ――――∧_∧                しかし今回はノルマン教を改革し、スカンディナヴィアを統一した影響か、
                    __/ (__)            _____( ´Д`)                 はじめて全軍全力での、それもドイツの広大な領土全てを求めての侵攻である。
                  ―――(__)                ―――==○====○=====X二>         キリスト教国が浮き足立つのも仕方のないことであった。
    ――――∧_∧                            __/ (__)                 
  _____( ´Д`)                          ―――(__)
    ―――==○====○=====X二>
     __/ (__)
   ―――(__)




         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)            この知らせを聞いた敬虔深いキリスト教徒のヤルオは激怒。
      (             )  )            
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ              「おのれ野蛮なヴァイキング共め!
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、          ヤルオが直々に成敗してやるお!」
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!         すぐにヴァイキング討伐の準備に入る。
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

 

 

 

FMM00006949FMM00006950FMM00006951FMM00006952

 

  ∧_∧     .・,'∧_∧;,.     ∧_∧     が、しかしこの戦争は意外にもすぐに終わった。
  (´・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・`)     異教徒からの侵略に対し、ローマ教皇テレスフォルス2世がキリスト教国の団結を要請。
  (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)     そしてドイツ側にローマ教皇自らと、イングランド王国までもが参戦しパワーバランスが一気に崩壊。
  /   ) ババババ |   | ババババ (   \     ヴァイキングの大軍はあっという間にボコボコにされて、僅か1年でドイツから撤退し戦争は終結した。
 ( / ̄∪       ∪ ̄ ∪       ∪ ̄\ )




      / ̄ ̄ ̄\      「かっこつけてあんな張り切るんじゃなかった…
   γ⌒)      (⌒ヽ      死ぬほど恥ずかしい…」
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )     こうしてヤルオ2世は1世1代の見せ場を失う。
  \ ヽ (__人__)   / /

FMM00006956FMM00006954FMM00006955FMM00006957

そして1105年。父エルフワード1世が73の長寿を全うし神の元へ。死因は自然死。

ヤルオにはイングランドとスコットランドの緩衝地点にある領土二つが相続された。

 


FMM00006961FMM00006962

その3年後、ヤルオ2世も亡くなる。享年52。父と同じく自然死であった。

そして息子のヤルオ3世が即位。またも摂政政治か…

 


欧州情勢

 

 

FMM00006958FMM00006959FMM00006960

レコンキスタどころか北アフリカまで征服したイベリア半島ではカンタブリア朝スペイン帝国が成立。

史実のスペイン帝国は1516年成立なため400年も成立が早い。どういうことなの…

そして教皇のブルガリア防波堤大作戦が成功し、セルジュークの侵攻が止まり、ビザンツは相変わらずの復活中。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。