日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201710 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201712
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バルデリックの治世 (2013/09/06(金) 06:00:00)

FMM00006840FMM00006841FMM00006843FMM00006844

 

 

             __
            /:::::::::::\      「どうも」
          /:::/⌒Y⌒ \
          |::::/ ( ●)(●)     バルデリック1世即位。
          |::::>   (__人__) 
             |     ` ⌒´ノ     デキルオに引き続き彼もまた成人前に即位したため、
              |         }
              ヽ        }      約8年間、摂政に政治を任せるが、特に問題無く親政開始。
            ヽ     ノ
            _,,ゝ    (,_
          /´  `ー-一´`


        __
       /:::::::::::\    …あまり優秀な人物ではなかった故に生かされていたという説もあるが。
     /::::/ ⌒ Y \
     |:::::/ミィ赱、i .i_r赱    「えっ?」
.     |:::>::::⌒ (__人__)
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

 

またバルデリックはイタリア人ではなくオランダ人であることも付け加えておく。

何故イングランド人じゃないのかは不明。先代か先々代の後継人がオランダ人だったのかもしれない。

 

 

FMM00006842

 

また彼はブリテンのイングランド王国に伯爵領を一つ持っており、これでベネヴェント公爵領はイタリア、フランス、イングランドに領土を持つ、飛び地公爵領となった。

飛び地になってると管理が大変だが、その代わり一気に滅ぼされる可能性は減るので一長一短である。

 

FMM00006845

 

また、この頃になるとまたもドイツの王権が最大になっている。

カロリング家は戦争と荒廃は必ず生み出すが、一方で流石に優秀な人物が多いため、内戦が起きてもしばしば勝ってしまう影響もあるだろう。

 


ニューソクデ家の宿命

 

 

FMM00006846FMM00006847FMM00006848

バルデリックは成人前から婚約していた同い年のヘイケ女伯と結婚するが、既に鬱病を患っていた彼女は、結婚後体調を崩し一年経たずに病死。

 

FMM00006850

そして後妻のシフィールド?と婚約するが、彼女は同性愛者であったが、なんやかんやで第一子で長女のヤルミを生む。

 

FMM00006853FMM00006854

             __
          , --────-- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             …そしてその直後にバルデリック、病死。享年25。
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\          「えっ」
    ./:::::::::::::/     ───    ──\
   /:::::::::::::/                  \        そして生後数ヶ月の娘、ヤルミ2世が即位する。
   |:::::::::::::::\    //:::::::::丶\  ://::::丶丶
   |:::::::::::::::::::|   | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |      結局バルデリックの業績は、ブリテンの伯爵領を相続した時点で終わっていたことになる。
   |:::::::::::::::::::|     \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|.:::::::::::::::::|         ,/    |      \       「なにそれひどい」
    |::::::::::::/           |     |     |
    |:::::::/             |     |     |        相変わらずこの家系は子に恵まれない…
    .|:/            \__/\__/
    |.                   ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                           )
      丶                         l
      \                     )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

 


欧州情勢

FMM00006851FMM00006852

左が各国領土、右が支配している王朝一覧。

結局またロンバルド王国はフランスに吸収され、イタリアとフランス本国の間とブルターニュ半島にブルグンド王国が成立するというややこしい状況。

また、ドイツはニューソクデ家も関わった反乱によってカロリング朝が復活しているが、フランス及びブルグンド王国は別王朝が支配している。

ビザンツでは恐らく現在内乱祭りの真っ最中。イベリア半島はレコンキスタ完遂間近。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。