日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201708 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201710
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤラナイオの治世 (2013/09/02(月) 06:00:03)

FMM00006660FMM00006661

FMM00006662FMM00006663

 

                  __
                  /    丶         989年、ヤラナイオ1世・ディ・ニューソクデ、ベネヴェント公爵に即位
               ヽ、 、__,ノ  `
.              (●)(●.) ノL|        と同時に、先代のセッコが遺していったネアポリス戦争を多額の賠償金を支払うことで終結させる。
              (_人_)  ⌒ |
                |}r┬‐|     |       __    「親父の敵はいつか必ず討ってやるだろ!」
                '、`⌒ ´   , ト、    _r┘ `ヽ、
             | 、     ,イノ:::`ー‐ー-r'‐、'ヽ `、{  彼は野心家で向上心が強く、父親譲りの勇敢な心を持ち、かつ狂信的なキリスト教徒である。
                `ォニニ二´:::::::::::::::::::::::::{ 、 `   |
                _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,」    |、  
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |、{
            r'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_,./ ノ Y
         /.::::: ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈──::::::::::|
           /::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::|
.          /::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::|
         /::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::|
.        /:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
       /::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈. |::::::::::::::::::::|




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \     さらに節制と財務管理の才能がずば抜けており
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)     内政面でも相当に優秀な人物である。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }      が、一方でお人好しなところがあり、陰謀や策略といった類は好まなかったし、不得手だったようだ。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

 

FMM00006668

妻はカロリング家で、公爵位1つと伯爵位2つをもつイルムガルデ1世で、男系結婚のため彼女の領土はヤラナイオとの子どもに相続される予定である。

ここまでの良縁が組めたのは、やはり先代のセッコが数多くの武功を立てたからだろう。

また、この二人は貴族同士の結婚にしては珍しく相思相愛であったようだ。


カロリング家、地に落ちた威信。

 

FMM00006677

FMM00006672FMM00006673FMM00006674

 


      ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
    /\(゚- ゚;)  /\(゚- ゚;)  /\(゚- ゚;)  /\(゚- ゚;)            実はヤラナイオの即位の一年前に、西フランクで予想外の事態が起きていた。
  <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
                                        
    ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)           西フランク王国家臣であるアンジュー女公爵ブルゴーニュ1世が
      <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
        ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)        西フランク王国6代前国王、偉大なる"大王"カルロマン2世
          <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧     
            ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)     その第四王女だったエルマンガルデの息子、ヤラナイオに王位を譲位することを求めて大反乱を引き起こしたのだ。
              <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
                ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)
                  <l―≪と ) <l―≪と ) <l―≪と ) <l―≪と ) ∧∧
                   ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)
                     <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
                       ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)
                         <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
                           ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)
                             <l―≪と ) ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧‐≪と ∧∧
                               ヽ/(,,/\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;) /\(゚- ゚;)
                                 <l―≪と ) <l―≪と ) <l―≪と ) <l―≪と )
                                   ヽ/(,,_つ ヽ/(,,_つ ヽ/(,,_つ ヽ/(,,_つ




                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____     勿論、野心家のヤラナイオはこの反乱に自らも参加する。
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i   「俺にも王位継承権が一応あることは知ってたが…
                    .| :::::::::::(●).(ー )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /     まさかこんな形でチャンスが巡ってくるとはな。
                   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: / 
                 .| :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /       名門カロリング家の威信も地に落ちたもんだろ。」
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

 

 

 

FMM00006670FMM00006671

現西フランク王ベレンゲル2世。大王カルロマン2世の孫。

見ての通り彼自身は決して無能じゃないどころかむしろ有能。

カルロマン2世の孫らしく武勇に非常に長けているが、あまり人に好かれる性格では無かったのと、

大王カルロマン2世の死後、西フランク王位が最短2年、最長10年と非常に短期の内に何度も入れ替わるという不安定な状況、

詳しく書くと、まずカルロマン2世の死後、ベレンゲル1世の実父であるベレンゲル2世が即位。

しかし2年後に女王イデ1世の反乱軍に敗れ、王位簒奪の後、処刑される。

その10年後、因果応報かそれともベレンゲル1世派閥、あるいはその近縁者の復習か、真相は不明なままだがイデ1世が暗殺。娘のワルプルガ1世が王位を継ぐが、恐らく同じ一派の手によりその6年後にまた暗殺される。

そしてまだ成人していなかったオーギュスト1世が即位するも、6年後にクーデターにより失脚(一連の王位簒奪合戦に巻き込まれた中で唯一の生存者)、首謀者ラウル1世がオーギュストに代わり即位。

が、このラウル1世もまた、2年後に現王のベレンゲル2世にクーデターを起こされ敗北、処刑されている。

つまりベレンゲル2世は父をクーデターによって失い、同じくクーデターで父が失った王位を奪い返したことになる。なんだこの主人公。

あと、カロリング家さん身内でドロドロしすぎです。仁義なさすぎる戦い。


西フランク王位継承戦争

 

FMM00006678

戦争勃発から1年後にヤラナイオ本人が参戦し戦況はごらんの通り。

緑がベレンゲル2世とその一派、赤がヤラナイオとその一派。圧倒的にヤラナイオ派の有利である。

 

FMM00006680

狂信的異端、フーゴももう73歳。戦場には立てそうにない。

しかし異端を信仰することはようやくやめてくれたようだ。

 

 

 

FMM00006681

 

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \   「このクソ大事なときに…」
          (●)(● )    |
          (__人___)    |    実のところ、ヤラナイオはこの王位継承戦争に自ら出兵することはなかった。
              |` ⌒´   u. |
           |        |     いや、本人は当然自ら軍を率いて西フランクまで遠征したかったようだが
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_     同時期にドイツ王国が戦争を始め、ヤラナイオがそのうちの一軍の指揮を任され、本国を離れざるを得なかったためである。
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、   これがこの戦争での、一つ目の誤算。
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

 

FMM00006682

結局、狂信者フーゴじゃないほうのフーゴが率いる2500の軍が出兵。

このフーゴと狂信者フーゴは共に平民で、血の繋がりがあったのかどうかは定かではない。

 

FMM00006683FMM00006684FMM00006685

第二の誤算。ベレンゲル2世派軍の軍が、戦争開始から1年立っているはずなのに未だ強大だったこと。

西フランクに足を踏み入れた直後、フーゴは大軍をみるやいなやすぐにアルプス山脈へ引き返し、地形を味方に付けてこの大軍に立ち向かおうとするが、ベレンゲル2世率いる軍は強大でたちまちのうちに撃破されてしまう。

FMM00006686

第三の誤算はヤラナイオ派の諸侯が所詮は私欲に駆られた烏合の衆で、まともに統率がとれておらず、それぞれベレンゲル2世に各個撃破されるという自体に陥ったことである。

とはいえ、野戦では負け続きでも、ベレンゲル2世派の所領は次々と攻略、占領していたため、この時点ではまだヤラナイオ派の有利であった。

 

 

FMM00006687

さらにこの後、ベレンゲル2世が戦場でまさかの戦死を遂げる。

結果、王位継承を巡る戦争中なのにもかかわらず、息子でまだ4歳のベレンゲル3世が即位。

天才的軍事指揮力を持つベレンゲル2世が死亡したことで、ヤラナイオ派の勝利は確実になった。

 

 

FMM00006688

…と思ったら、第四の誤算、この好機を逃すまいとロンバルド王国までもが王位継承権を求めて西フランクに戦線布告。

しかも8000近い大軍を引き連れて。結果、内戦でただでさえ疲弊していたベレンゲルの軍はあっというまに撃破されてしまった。

 

FMM00006692FMM00006693FMM00006694

 

結果、幼王ベレンゲル3世は泣く泣くロンバルド女王、ペルネッテ1世に西フランク王位を譲位。

同時に、ヤラナイオ1派の敗北もこの時点で事実上決定した。

FMM00006690FMM00006696FMM00006697

西フランク継承戦争、白紙和平で終結。

8年も続いた戦争で事実上の敗北を喫した。

 

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ    「くそっ! せめて俺が直々に兵を率いて
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉    ベレンゲルの軍を叩き、早期決着が出来ていれば…
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /      兵を無駄に損耗しただけで何も得るものがなかっただろ…」
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、   ヤラナイオ1世は才覚はあったが、運はなかった。
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

 

FMM00006695

同時期、セルジューク朝が中央アジアで勃興する。


予想外の結末

 

FMM00006699

しかし西フランク王位継承戦争で狡猾に領土を倍近く拡大したペルネッテ女王に、神の祝福が与えられることはなかった。

同年、ローマ教皇にペルネッテは破門を言い渡され、即座にドイツ王がペルネッテが王位を捨てるよう求めて宣戦布告。

この時点ではまた、大戦争が起こるかのように思われていた。

 

 

FMM00006700FMM00006701

…が、ペルネッテはこの破門がよほどショックだったようで、回線から2年後に急死。

死因はストレスであったとされある。

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\    「楽して領土を拡大しようとするからこうなるんだ!
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|     神罰が下ったに違いないだろ!」
        |     |r┬| }
         |     | | | }      この報告を聞いたヤラナイオは大層気分を良くしたと伝えられている。
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }        不謹慎かもしれないが、ヨーロッパはいつだってこんなもん。
          ヽ    ノ

 

 

 

FMM00006702FMM00006703

彼女は子をもっていなかった(というかその状態で何故西フランク王位をほしがったのか…)ため、死後、西フランク王位はカロリング家の手から離れることに。

999年、ついに欧州からカロリング朝が消滅した。

 

FMM00006706

…かに思われたがカロリング家がこの状況を当然よしとするはずもなく、1002年にはまたも大分裂が起こる。

 

FMM00006709

そしてその後、ロンバルド王国が勢力を拡大。この時点でのロンバルド王国最大版図を達成。

また西フランクでは独自の文化が生まれ―あんだけ戦争ばっかしていてどんな文化が生まれたのかは大いに興味があるが―、フランク人の国、フランスが誕生した。

また、イベリア半島でもカトリックの内部分裂が起こり、そこをイスラム勢力に突かれて、やや領土を失っている。


強大なドイツ王権

 

 

FMM00006707

さて、11世紀に入り、気がついて見ればドイツ王国の王権は最高に強化されていた。

王権が強化されると、家臣からより多く徴兵できるため、単純に戦争の際有利になる他、自国内家臣同士での内戦の禁止(王権5段階中3から適用)など、自分の家臣が力を持ちすぎないようにするよう縛り付けることができる。

特に王権が現状のように最大まで強化されると、自国内どころか対外戦争まで禁じられる。しかも兵は大量に連れてかれ、その維持費まで持たなければいけないため、領邦はますます苦しくなるといった感じ。

ただし、CK2では皇帝、王権と聖職叙任権は、一代に付き一段階しか変更(強化)できないため、王権を強固な状態に持っていくには時間がかかるし、また持って行けたとしてもその状態を維持するのは難しい。

代替わりの際にはよほどの名君でない限り、ほぼ間違いなく何かしらの反乱が続発する。

特に王権の弱体化を求めた反乱や、別人物への王位または皇帝位継承を求めた反乱が成功すると、その時点でその国の王権は一段階弱体化される。

そのため、東フランク王国時代に、早くから選挙制を敷いて、火種にしかならないカロリング家が王位を失い、その結果、東フランクは長い間カロリング家のお家騒動に巻き込まれずに済み、じっくりと王権を強化することが出来た。

一方、西フランクとロンバルド王国は、なかなかカロリング家の支配から抜け出せず、何度も王位簒奪が起こり、成功したため、いつまでたっても王権は弱体なままであった。

     / ̄ ̄ ヽ     この強力すぎる王権は、野心家のこの男にとっても都合がいいものではなかった。
    /      ヽ
   /        ヽ     「我がニューソクデ家が弱体なうちは、王国の適切な権力と軍事力は庇護を求める上で好ましいものだったが
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ       今じゃ王国のために兵を次から次へと消耗させられ、戦費が嵩み、挙げ句対外戦争まで禁じられた。」
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \   
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /





     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_   「この生かさず殺さずの状況で、どうしてニューソクデの永遠の繁栄が達成し得ようか!
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)     自力での勢力圏の拡大は、家臣にとって当然の権利だろJK。
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_   つっても王権弱体化だけを目的に反乱をおこしてもなぁ…
     、    '-/____ヽ  | 
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |   成功したとしても、現王のコンラッドの爺さんの恨みを買うわけだし…
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /     短期的には良くても長期的に見ればとてもいいやり方とはいえんだろ」
  ./  /       /   {

 

FMM00006708FMM00006710

が、この後恐怖王コンラッド1世が78歳で遂に病死。息子のハルトヴィヒ2世が王位を継ぐ。

 

FMM00006713

 

 左詰
         _____
        , ィ         ヽ
     /           丶    「これはチャンスだろ…」
     /              ヽ
     7                i    この報告を受けたヤラナイオはすぐにバイエルン公ミヒャエル1世が正統なドイツ王であるとする派閥に参加する。
     |                !
     i:ヽ、___,´ `、,____,イi 
     ! | |::::::::| |  | |::::::::| | |
    ' ヘ、`ー´ノ   、 `ー´ ノ ,!
    i   ′    |     ヽ   i
    i   ヽ __ノヽ、____ノ   :i
    |    `ー――一'    j
    ハ               /
   _,.....|ヽ           ,ィ,'__
  7::ヽ、i  > .       . イ/ _.i>::>i
  j::::::::::::>、    ̄ ̄,'   /i-、::::::::::::|
 ./:::::::::::::::/:::|',     ノ  / .|:::::i::::::::::ハ、
 ヘ:::::::::::::/::::::! ',   '   ′..|:::::|:::::::::::7',::::>--..、__
 ::ハ::::::::/:::::::::|--ヽ、    ,---j:::::ヘ::::::::7:::ヘ:::::::::::::::::::::::>-、
 :::::::',::/::::::::::::|__     __,i::::::::ヘ:::7::::::::ヘ:::::::::::::::::::::/:::::\
 :::::::::i::::::::::::::::::::::::|    |::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヘ





      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \    「ハルトヴィヒはまだ成人してない14のガキだし、
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)     奴から王位を奪うと企んでるやつは少なからずいると思ってはいたが
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ      まさか王位簒奪の最有力候補がカロリング家のミヒャエルとはな!
.  |         }
.  ヽ        }       この簒奪が成功すれば、たちまちドイツは内乱の連鎖に巻き込まれるはずだろJK!」
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く         要するにミヒャエルに王位を簒奪させ王権を弱体化させ、
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |        さらにその後に確実に起こると予想されるカロリング家伝統のお家争いによって、さらに王権は弱体化すると見込んだわけである。

 


カロリング家によるドイツ王位奪還戦争

FMM00006712

FMM00006714FMM00006715

FMM00006716FMM00006717FMM00006720

FMM00006723

 

-<ニ"ヽ 、                    , -─ー- 、
,::::::::::`゙ヽ:::`ヽ、.  _          /       ヽ   そして1009年、ついに内戦勃発。
::::::::::::::::::::::::::::::\'"::::`ヽ- 、      /         ’
::::::::-ーー:、:::::::::::::\:ヽ:::/:::ヽ、     ヘ、_/         i   ヤラナイオは役5500の大軍を引き連れ出兵。
::::::::,r───‐- 、_:::ヽl:l::::::::.ヘヽ   (( ●)       | 
:::/::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾl:l:::::::::ヽ:l   、(_ )        |    そしてアッツ平原の会戦でハルトヴィヒ派の主力軍と激突。
入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::}  人  `       ,   |
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'ヾ__,-┴ 、     /    |     この戦いに見事勝利し、敵将の一人を捕縛。
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`:::::::::::::::::::ヾ 、 / /  |  
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::`,::.ヽ‐'ー- 、_l      さらにこの追撃戦でさらに敵将一人を討ち取る大戦果を挙げる。
      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::\:::::::::l;;;`li 
        `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ::ヽ〈;;;、h     元々ミヒャエル派の諸侯がハルトヴィヒ派に比べて多かったことと
           `ヽ、::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::,::'::::::::::::::::::::/;;;;;l;l:ヽ、
             `>;、:::::::::l:::::::::::::/:::::::::::::::::::/ ̄`ヽl;::::::l‐ 、   このヤラナイオの奮戦により、この戦争はミヒャエル派の勝利に終わる。
            /;;l::ヽ`ヽ:::::l::::::/::::::::::::::::::::::::〉‐- 、 /::::::l::::::ヽ
            l'"´ l::::::ヽ::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::/;`ヽ//:l::::::/::/::::::〉   「ま、新君主様に多少は恩を売っておかないとな」
              l'";;;;ハ:::::::::ヽ'":::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;/;/:::l:::://::::::::/
           /;;;;;ノ/;;ヘ::::::::::::::::::::_::_:, -‐'";;;;;;;;;;;;;/;;/::::::::/":::/:::`ヽ、
             /::ヾ‐';;;;;;;;;;〉、_ , -‐';l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/:::::/-‐'":::::::

 

 


ターニングポイント

FMM00006718FMM00006721

内戦中、ヤラナイオの妻、バーデン女公爵イルンガルデ1世が病死。

その領土はヤラナイオとの間に出来た長女、ベニルデに引き継がれた。

が、よりにもよってこのベニルデが男系結婚をしており、公爵位1つに伯爵位2つという大きな遺産がその次の代にはニューソクデ家の元から離れるという状況に。

ヤラナイオは慌ててベニルデの夫と、その子の暗殺を企てたと噂されるが事実かどうかは不明である。(そして仮にそうだったとしても失敗している)

FMM00006719

後妻はグリソンス女伯リヒワラ。

才媛ではあったそうだが、コミュニケーション能力に問題を抱えていたようだ。

 

FMM00006726

 

         ♪
          \

       | ̄\  -― 、    ミヒャエル1世の即位を記念して諸侯の間でトーナメントが開かれることになった。
.        \\/ _ノ  、_
          ゙ '   ┃ ┃    先の戦で大手柄を挙げていたヤラナイオは勿論参加。
          | ⊂⊃  ⊂|
          |   (_人) |     優勝候補として回りから大いに期待され、本人もその気になっていたようだ。
          l   └┘ !\/>
        _ ‐ヽ  __ ノ/-く    「ここで優勝すりゃ、ミヒャエル陛下も俺のことをそう軽くは扱えないだろJK」
       (_/ ,へヽ_,.ィヘ〈トイ\
         ./__ /⌒ソ }_i_ニ}}>┤\〉
       |└ 「 7-}_}_‐┬‐}厂
       .(└‐L{_(ノ__.. 〉
        ー―/` ――‐ ヘ
             〈 _∧  __〉
     ( (   「 く_ノ  `ーく__)__
           ∨ ̄     \/




         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !    が、蓋を開けてみればヤラナイオはトーナメントを早々に敗退。
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /    当然他の諸侯からは馬鹿にされ、後ろ指を指されるハメになる。
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {      このことは彼のプライドを大いに傷つけたと言われている。
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|     「じ、実戦と模擬戦は全くの別物だから…(震え声)」
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ

 


ドイツ王権を巡る内戦

 

 

FMM00006727

FMM00006728FMM00006731

1016年、簒奪者ミヒャエルに対し、王権の弱体化を要求した諸侯が兵を挙げる。

先の内乱から10年後のことで、ヤラナイオの狙い通りドイツは内戦の泥沼へと引きずり込まれつつあった。

さらにこの時には、ロンバルド王国を吸収して大国化していたフランスとドイツが激突していたため、フランス軍との衝突を避ければ、反乱軍の圧倒的優位と言っていい状況であった。

 

              / ̄ ̄ \
          _ノ  ヽ、_   \    この内戦に、ヤラナイオは何故か反乱軍側に立って参戦している。
          (●)(● )   |
          (__人_)     |    現王ミヒャエルとの関係はよかったし、わざわざ自らが参加しなくても反乱軍の勝利は確実と言われている状況で、である。
          '、`⌒ ´   U |   
           |          |    ヤラナイオのこの行動には、先のトーナメントでの一件が大きく関係していると推測されている。
           |        {
           ヽr`ー- -=´ <     この内戦で再び武功を挙げ、トーナメントでの失態を帳消しにしたかったのだろう、と。
        /⌒'' ー─,,    \
        /          ィ }     「ここで活躍できなきゃ、王国内での立場はますます弱まるだけだろ…」
       ノ   /       | |
    /   `ヽ i:        | |
   (__.ィ´ヽ,ム、〉i        | |
      / ゝ/ / 7-、
    ヽ/ / / /'Y

 

FMM00006729FMM00006730

FMM00006732FMM00006733

 

FMM00006735FMM00006734

        !        / ̄ ̄\
         i.!        /   \_ ノ           が、しかしヤラナイオの参戦直後、ドイツがフランスと講和する。
       i !        |   ( ●)(●)
.      i !      | U  (__人__).;          結果、反乱軍は全く消耗していないドイツ軍とぶつかることとなった。
      i !        |     ` ⌒´ノ   j|`、.  _
.       i .!       |         }.  .Ⅷ  ̄ V   ヤラナイオは反乱軍諸侯と連携して自軍とあわせて9000超の兵を集めた。
      i .!        ヽ       }  ノi }}    ∧
.       i !      iヾ《{ゝ     ノ-'´  .{{    ∧   そしてカルブ平原で川を挟んでドイツ軍11000と会戦。
      i !  _ゞ ̄フ`《《\    .,イ   rYニⅥ     !
      } {  `x `rー、 .>、< !`ー' !ィ'´.`゙},ニⅦ    !   が、ベネヴェント公爵領軍に比べると他の反乱軍は練度が低く
     ! .7 ,;   'ァ-、_゙ァ‐>、<   ハxxxx`¬Ⅷ     !
..  ''=r‐マ彳_x. `‐xxxxxxx| >、゙<. .λxxxx|. Ⅵ    .〉   さらに渡河戦となったため数で上回るドイツ軍には歯が立たず…
    {Ui/゙7´乂/// Yxx/\ ∧V/xx`ト.xj  Ⅶ  ,.'
    .E}{__|__>' i.x/xxxx.\ ∧V.xxj. リ   Ⅷ ,'     ヤラナイオは最期まで敗走することなく戦い続け、
     圭       |/》、xxxxxx`'∧Vx}     Ⅵ {
    《_》        { `ト、___∧V.      Ⅵ      ドイツ総軍9610対ベネヴェント公爵領単独2510という圧倒的不利の状況で敵左翼の将軍を討ち取るなど
             , '`ト、_{《 || }} ]}/       ゙'
            Y   `|xxx ̄ ̄.x」              獅子奮迅の戦い様を見せるも、結局は敗北する。
           j {    `<xxxxxxx|
          //∧     Vxxxxx{              「くそっ! せめてフランスの連中がドイツ軍を少しでも削ってくれていたら!」
         ////∧      V xxx|
        /''´    `≧   .}.xイ┘
       /i  ___ ,,, X>'´| /シ/
      /ノ /////,V゙ V  }' /
   ‐='´ィ   7///V  |,. '/-‐'
         ////'´.ト/´ /
        }//  /\  , '
        V .ノ二エY
              〉'´ ヽ}
          /   _∧
          `‐=ニ二フ

 

 

 

FMM00006736

↑ドイツ王国軍に各個撃破される反乱軍。このままだと敗戦必至。

反乱軍は最早白紙和平しか希望は残っていない。

 

ツォイリン山の戦い

 

FMM00006737FMM00006738FMM00006740

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....  先の戦いで落ち延びたヤラナイオは、一端本国に帰還。
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:.... 少しの休養のあと、僅かな生き残りと5000の傭兵を雇い再出陣。
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:.... そしてドイツ本土に入ると、自軍よりも数で劣る5260の王国軍を発見し攻撃を開始。
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....  …しかし、敵軍はツォイレン山に籠もり、地の利を生かした戦い方で、数で勝っているはずのベネヴェント公爵領軍を撃破する。
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \       よりにもよって山地で攻撃を仕掛けるという致命的なミスは、やはり先での失態が尾を引いていたのかもしれない。
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \     要するにヤラナイオは焦ってしまったのだ。

 

そしてその後の追撃戦でヤラナイオは逃げ切れず…

 

 

FMM00006741FMM00006742

 

          / ̄ ̄\
        /   _ノ:::::::\    「こんなはずでは…」
.       |    ( ー)(○)
        | u    (__人__)    戦死する。享年49歳であった。
       |.:.:.:.:.:  ` ⌒´ノ
.       |.:.:.:.:.:.:.:     } 
.       ヽ.:.:.:.:.:     }
        ヽ     ノ
       ./.:.:.:.:.:    ヽ
       |.:.:.:.:.:.:.::     |
       |   i      l .|
       |  |      | |
       |  |.:.:.:.:    | |
      (__ソ.:.:.:.:   丿_ソ
        il|   ト-i  |li
        il|   |_|  |il  ガクッ :;:;:;:;
     il/⌒ー   丿  __/il :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    ilヽ_ヾー´ ヽ-イi :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

 

 

FMM00006743

 

そしてヤラナイオ1世の妹、ヤルミ1世が即位する。初の女性君主である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。