日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201710 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201712
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11-12 エンポリ 正念場! (2012/06/28(木) 06:00:00)

10月5日 セリエB 第八節

FMM0000070

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \       戦術:当たって砕けろ
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

 


    __
   /ノ ヽ\      現状だと勝てる気しねぇよなぁ・・・
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |     弱点のサイドの守備の戦術調整はしてはみたが・・・
. |        |
  |        |      カウンターが上手く決まるかどうかが鍵だ
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

 


       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \    アウェーだから引き分けでも可ですけど・・・
    /   (ー)  (ー)  \
    |      __´ _      |   それすらちょいと厳しいかもしれませんね。
    \        ̄    /
    ノ           \

 

 

FMM0000071FMM0000072FMM0000073

 

 

できる夫「要注意選手はこの三人です。」

できる夫「Luciは左サイドの選手ながらここまで3G3A、さらに2トップのコッラーディが5G、ベターニンが6Gと強烈です」

やる夫「まだこっちに来たばかりで、相手選手の実力が量りきれないのが辛いお・・・」

 

試合開始

セリエらしくお互いの長所をつぶし合うガチガチの試合展開。

引き分けでも構わないエンポリとしてはありがたい流れであったが、前半25分

右サイドピッコロが上げたアーリクロスにフリーでLuciが走り込んできて楽々シュート!

 

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!・・・・

 

エンポリついに失点。しかもこれがこの試合最初のシュート。

やる夫「前半25分でようやくシュートが見られるとかさすがイタリアだお!」

やらない夫「コメントするところが少ない試合だからってそれは流石に強引だろ・・・」

しかし失点後もエンポリは集中を切らさず守備を続ける。

後半戦に入り、エンポリの堅いディフェンスに対して打つ手がなくなり始めたリヴォルノは、だんだんとエンポリにカウンターを食らう機会が増えていく。

 

そして前半85分

リヴァウドが起点になりカウンター発動!

この試合途中出場のゼ・エドゥアルドが二列目から飛び出し、そこにドンぴしゃのスルーパス!

キーパー飛び出した!

 

そしてエドゥアルド、飛び出し倒れ込んだキーパーの脇を狙ってシュート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!

エンポリ、追いついた!同点!

 



                  .,,_  _,,=-、
                  '、  ̄_  _.,! __ / ̄ ̄\.r-,.  _    r -、
                 _/  _!」 .└ 、( / ノ  \ \└, !、 .ヽ  ヽ  丿
                (.     ┌-'( |  (●)(●) | r'  r.、''  r' ./
                 ゛,フ .,.  |   . |  (__人__)  |, ヽ   | .l  '、ヽ、      これがエンポリのフットボールだ!
               ,,-.'  , 〈.|  |  i' |   ` ⌒´  ノ {,_ノ ヽ  nnm
             、_ニ-一''~ ヽ   |  .  |         }',     }   ) /ノ     
                    ヽ__,/   .  ヽ        } ',''''''''''''″ (  ノ
                       /´  ヽ     ノ  `\    i |
                     / /ヽ           ノ\ \   | |
                    / /  |         |  \ \ | |     ____
                    ,..u´/     i          i    \`u. .|    :/::::::::::::::::\:
    / ̄ ̄ ̄\    / ミノ         )         (       ヘミ. \ :/ ⌒三 ⌒::::::\
   / ─    ─ \ / /`´       /  、     ,  \      `i'\ /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 /  (●)  (●)  \/   /⌒ヽ、'   /ヽ___ノ \  \   ノ  :|      __´___::::::::::::::::::|
 |    (__人__)    |   / /⌒l | /          \  ヽ 〈   | \      `ー'´::::::::::::/:
 \    ` ⌒´    /ー' /   | |)               (  /  )   ̄ ̄         ヽ
  i' | ゝ            γ      ノ Ll、           l /  ノ              /ヽ |
  | ヽ⌒           ヽ____|__)__r⌒l  l⌒i__,..!-'一´           /   \\
  ゝ.ノ/\________________|   |______,. -―――――‐イ      cl_l_iゝ

FMM0000074

できる夫「狙い通りの試合展開でした!」

やらない夫「やっぱり守備陣はセリエBでもトップクラスだということが証明されたな」

やる夫「攻撃はCabella、リヴァウド、タヴァーノに依存しているけど、元々そういう方向で戦術を組み立てたわけだし、気にしないことにするお」

 


5試合消化

FMM0000075

::::::... ..丶
:::::::.... ...\   驚きの安定感の無さ・・・
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \  格上格下には勝てるのに対同格の勝率が異常に悪いお
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ  サノゴが覚醒した(復帰後3ゴール)と思ったら今度はタヴァーノがスランプになるし・・・
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

 


   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \    なんなんだろうな、これ
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)   内容は悪くないし、ほとんどが惜敗ではあるんだが・・・
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }    選手層的に現状3トップ稼働はリスクが大きすぎるし、どうしたもんだか・・・
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 


            ___
        /      \    昇格プレーオフに参加するには少なくとも6位以上に入らないといけまんし・・・
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \  そろそろ何連勝かして、上位に安定して食い込めるようになっておきたいんですが・・・
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \


11月5日 セリエB 第十四節

 
 

FMM0000076

FMM0000077 FMM0000078FMM0000081FMM0000079

できる夫「現在3位のペスカーラとの対戦です」

やる夫「格上相手にはやたらと強いのがうちの強みだお! リヴォルノ戦と同じく勝ち点1以上を狙っていくお!」

できる夫「ですが、Pescaraはリヴォルノと違い守備陣が超優秀な上に・・・」

 

FMM0000080

できる夫「リアルでピルロの後継者と言われ、ユベントスが10番を用意して待っているとも言われる逸材、マルコ・ヴェラッティがいます・・・」

やらない夫「典型的なレジスタタイプの選手だが・・・うちのリバウドさんには守備をさせない方針だし、

試合展開によってはリバウドを早めに下げてゼ・エドゥアルドに善戦からヴェラッティにプレスをかけてもらうつもりだろ」

やる夫「正直選手の質はリヴォルノよりも遙かに高い気がするお・・・」

 

試合開始

 

やたらと守備の堅いペスカーラにエンポリの攻撃陣は完全に沈黙。

しかしエンポリ守備陣も負けじと踏ん張る。

が、ヴェラッティが時折超ロングのスルーパスをずばっと決めたり、押し込まれる展開にありがちなペスカーラのCKラッシュが恐ろしい。

そして前半20分、CKの流れから、エリア内右端よりヴェラッティの強烈なシュートがエンポリゴールを襲う。

これはキーパーがなんとか弾いたものの、こぼれ球をすぐに詰められGOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!

エンポリ、為す術なく失点。

やる夫「マジなんなんだおあいつ・・・セリエBじゃチート級だお・・・」

失点後、ようやくエンポリはリヴァウドを起点にした攻撃でペスカーラ守備陣を崩し始める。

が、それ以上の頻度でペスカーラが危険な攻撃を仕掛けてくるのでエンポリは劣勢のまま0-1で後半戦へ。

後半戦、リヴァウドがスタミナ切れを起こしていたので60分に仕方なく交代。これでエンポリは攻撃の起点を失う。

ペスカーラは攻撃の手を緩めつつも、ヴェラッティがえげつないプレースキックを連発。

後半88分にはとうとうヴェラッティのCKから失点。完敗を喫する。

FMM0000088

やる夫「これはもう仕方がないお・・・」

やらない夫「ヴェラッティ一人にしてやられた感じだろ・・・」

できる夫「あそこまで見事にパスをビシバシ通されるとどうしようもありませんね・・・プレスはかかっていたはずなのですが・・・」

 


まとめ

FMM0000089 FMM0000090

とうとう10位に交代してしまった・・・

理事会が最近明らかに不機嫌になってきており、このままでは解任ありうる。

まさかの初解任エンドか!?まぁ、今回のプレーからは登録リーグ数を増やしまくったので放浪プレーもありっちゃありなんですが・・・

また選手表作るのはしんどいでしかし。

というわけで今回はこれまでです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。