日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201708 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201710
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫉妬とちっぽけな野心

          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,    アレクサンド・アンデルセン元帥、ただいま参上致しました。
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ   して、早速ですがオプーナ様、相談とは?
        ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,
        彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ
           i// , .          ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
           _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
      /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \



           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \   おう!来たか。
        /  ::\:::/::  \   いやな、オレが公爵に即位してから来年で10年になるだろう?
      /  .<●>::::::<●>  \ 
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l




       ィ斗示ャ、ュイ彡ヘ,_
     =≧トkキ刈イリY/ィイミキ、   ・・・そういえばそうでしたな。
    xミk`ゞ'゙゛イ"'''´´彡ィ=≧'    いやはや、時の流れというのは存外早い。
. /'7'7 {≧           =kム
/ / ノ }ミx ___,  、__ i≦ミ    私にとっては昨日のことのように思われますが。
 i メ---k,_.γ⌒ヽ γ⌒ヽ_ゝミ′
 | i /⌒´ー{i   リ^{    }i´〈. }
   \_丿 i.゙ ==ィ′ ゙ ==彳 /丿
      ノ.、  、__,    ト、.ノ゙ミ
 ヽ   /;, i ,ィ===y、 ヽ !:〈
  }  .i   ゙;;,. ´ `ニ´ ` ;;丿: ヽ
  .'  |   ヾ';:::,,,,,,,,,,;;:ィ´: : .  〉-.、
__メ、    ゙、"゙゙゙''´: : '  ////ハ
/7ヽ::::::}     ,ハ: :   _,イ//////入_
////7'′  ,イ///〉: : .r'7/////////,イ\
////    /////∧: : .|//////// /////7ヽ
///    ////////77´//////./////////ハ
//    /////////{i|///// ////////////∧
/    /////////{i|////.///////////////∧




        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)  先代から我が家に仕えてくれているお前には感謝しているよ。
       /  ̄  ̄ \    ( i )))  
     /  ::\:::/::  \   / /  だがな、この9年・・・
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/   あまりにも・・・あまりにもなにもなさ過ぎた!
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /




         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'      と、仰りますと?
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..     "':::;;;'''""     i''
            "l,::..:...          ...:::l
             l:::...::.. -‐ - ""''' ..:.::/l
             'lヽ、.:::...  ""   ...::::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::




          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ    オレはな、常々思っていたのだ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \   何故・・・何故!
  / /   /::\::::::/::\  \ \  帝国のゲルマン系公爵領の中で我がブランデンブルグだけが
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )  3プロヴィンス(県)しか領土を与えられていないのかと!
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /




         ,イ
         / |            ━┓¨
     ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ       ━┛
      ゙l   / ̄\    ゙、       ━┓¨
     .j´  |    |     (.        ━┛
      {.   \_/     /      ━┓¨
      )    |       ,l~    ━┛
       /  ̄  ̄ \      おかしいではないか!
     /  ::\:::/::  \     ボヘミア公やスワビア公など10近いプロヴィンスを支配しているのだぞ?
    /  <●>::::::<●>   \
    |    (__人__)     |    特に問題も起こさず帝国の臣下として使えてきたのにあんまりではないか?
    \    ` ⌒´    /




               / ̄\
                 |    |
               \_/
              __|___
            / :::\::::::/\      というわけで、だ。
           / < ●>:::::<●>\     オレの築いてきたコネをフル活用し
         /     (__人__) u  \    帝国内の適当な公爵領のプロヴィンスの領有権をでっち上げて欲しい。
          |  u.    ` ⌒´    |
           \,,     :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  場合によっては賄賂や脅迫を用いてもかまわん。
           /⌒ヽ(^う   権 利 書   (,,)
            `ァー─イ             .|    ただ相手は選べよ?
           /     |_____________|    さすがにボヘミア等の大公爵に喧嘩を売ればただじゃすまんからな・・・
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ




从         ヽ /          ミ,',',',',',','刈
メメ ,ィ '二 ヽ 、    l l   ,ィ'ニ二こ入 ヽ!,',',',',','N
刈〃 ´,ィ ´`ーこュ,.八 ,,〃,ィ',ニ,'ヽ、  .ヽ!,',',',',刈        なりません
   /      ヽ ,r==t、/ /´ e `ヽヽ  ヘ,',',',','IV
 r==l        lィl⌒ト l 廴___ノ l==t!,',',',','ト`
./   ハ        / l  l .ヽ 、.,_   ノ  l,',',','从
    ヽ ____ノ l l__l l `ー弋く"     l,',ィ1'`
          l / l  ヽ .l    ヽヽ   Y,r1|
メ         l/  l  .ヽl     ヽ \ミ l/ .l !
刈        、.  !   >       ヽ ヽj メ/
.l刈         ` - - '      ,ィ1 ヽ l //
..l刈:, 弋ー--- ────一 ' "´ レ'  ,;刈//
. 川  ヽ-┼十十十十十─十 ナメ  川ノ!
`ヽ川   `ー------------‐一’  川メl/
 l ヽ川 ` ー -- ─── -- 一 '´. i川/ l
 l  .弌川              川川メ" .l
 l.  ___守川川川川川川川川川メ--、  l
, - '´  `:弌川川川川川川川メ   x ` '-、
      l `下川川川川刈メ"  /      ` '-、




       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \ ( ;;;;(   なにっ!?
    /   _ノ ,、ヽ、_\) ;;;;)   何故だ!
  /   ;;;(○)::::::(○/;;/    お前とて武闘派の先代に仕えていたのだから少しは領土的野心を持っ・・・
  |    :;:, (__人__) l;;,´|
  \.  ∩  |++++━・/
,,.....イ ヽ .|| `ー‐´ /-、.
:   | 'f「| |^ト、__ ノ .| ヽ i
    | |:. ::  ! }__)\,|  i |
    >.ヽ  ,イハ  |   ||




         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'      領土的野心なら確かに私も持ち合わせておりますよ。
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,     ただし、領土を手に入れるにも手段は選ばねばなりません。
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/      いくらオプーナ様の人脈が広く強いものだといっても・・・
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..     "':::;;;'''""     i''
            "l,::..:...          ...:::l
             l:::...::.. -‐ - ""''' ..:.::/l
             'lヽ、.:::...  ""   ...::::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::




            zミ=ミ:ー、_
          ≧`ヾミ`ー=ミ`ヽjV!_,    偽りの領有権を作り出しての領土拡大など・・・
          7ミミミミミミミミヘヽi |ノソ,
          }:..ヾ≧=イ`ヾミソj,ノ从≦   ましてや賄賂や脅迫などを用いてそのようなものを得てどうしようと言うのですか
          /.::/る}彡゙    _  f、!`゙
      _,へ:::::ム  `゙ 、 r ヘ\ゝヽ    そんなことをしたら我が家の名声は地に墜ちます
   ,. :' : : : {i : :'.:::::::7, ;,    乂 ハ ∨ }、
<. : : : : : : : : : : :.\ム, ; ,  ゝ-.、ヾ ヽ '.|
. : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ\; ;,ゞ==ハ.    |
: : : : : : : : : : : : : :、 : : ハ:::.\; ; , ;/_!   ー、_
\ : : : : : : : : : : : :.\ : :}::::r-z=}:ム ´f:´: ̄: .\
: : :ヽ : : : : : : : : : : : : : :ノ.:::ゝイ::ノ: . ゝ}: o : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : :}}:::::::::::::〈: : : : : .\: o : : : : : :.\
: : : : : ー: : : : : : : : : : :||::::::::::::::::}: : : : : :. \: : : : : : : : :`ヽ
: : : : : :` : : : : : : : : : : :!!:::::::::::::: | : : : : : : : : :.\: : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : .:::::||::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : :` : : : : : : : : : : `ー、
: : : : : : : : : : : : : : .::::::::!!::::::::::::::::!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :j
::.: : : : : : : : : : : : :.:::::::::||::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ




          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ       う・・・ぐ・・・それは確かに・・・
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \     だがなアンデルセン・・・
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./      >なので・・・
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /




、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ     我が国の北部に不敬にも住み着く
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ     異 教 徒 か ら 領 土 を 開 放 し ま し ょ う
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡,.     |  ギュピーン
Y´ ̄ヽー-.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ.      `Y´
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/        |
j,:`リ    ト、_____`二,'
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\




                     |\
                     |  |  / ̄\
                     |  |- |    |
                     |  |  \_/
           _____|/
         /  ::\:::/::  \
        /  .<●>::::::<●>  \
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /




            / ̄\
              |    |
            \_/
              |
               / ̄ ̄\
            |___○__|
             ¶  |  ¶
             ( ゚∀゚)/
             /  /
            〈  (
            ∫ヽ__)
           __U U__
         /  ::\:::/::  \          WHAT?
        /  .<●>::::::<●>  \
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /




FM020127.jpg

FM020128.jpg

FM020129.jpg




         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \       いやいやいやちょっと待て
      /  u   ノ  .\      北部の異教徒ってお前、ロムヴァ教を進行する小国群のことをいっているんだろう?
    /      u <●>:::::::\
    |         (__人__)|     あそこは駄目だよ、いくら小国だからと言っても我が領と5分の規模ではないか
     \    u   .` ⌒/      狙うならもっと堅実なところをだな・・・
     /       __|___
    |   l..   /l´Opoona  `l
    ヽ  丶-.,/  |______Phone__|
    /`ー、_ノ /      /




         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \      そ、それにいくら異教徒だからって、いきなり戦争ふっかけたら悪いし?
      /  u   ノ  .\      なにより奪ったあとの統治だって大変なんだぞ?
    /      u <●>:::::::\     無理やり改宗させるのにも時間と金がかかるわけで・・・
    |         (__人__)|
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




                        、、、、、、   , , ,
                   ミヾヾヾヾソ///彡ゞ    そのようなことは些細な問題です
                     三/゙゙゙゙゙゙゙゙ ー """"7ミ    たしかに軍事力は互角ですが、
                    ミ/∠`ヽ   /ニ ミ}ミ    奇襲と傭兵を用いれば必ず勝てます。これは絶対です。
                       _}i{ === }={ =人 }ツ
                   Y  lゝ __ .ノ:| ゝ `Y´'l ヽ    それにオプーナ様・・・
                  ,  l   く└:.、 \ 、! }
                     ゝ l_ ノ  ヽ'    ヽ|ノ
                    、彡 r─‐っ  ミ
                    ヽ,イ  ̄ ̄ ヾ イ
                     | \」」」」」/ |
                   r─┴┐: ::::: ;: -‐┴┐
                     _」:.:.:.:.:.:.:|  Y___」ヽ ____
                 __ ...:.:.:「lゝ---/ ̄¨:.:.:.:.:.:./:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        _ ....:´ :.:.:.:.:.: \l l:\:.:.{:.:.:.:.:.:〕-‐:.:.´://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ー─:.、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l l\:ヽ|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:,
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` :.:.:.:.:.:.:.:. l l:.:.:.ヽ|:.:.:.:.:.|‐:.´:.//´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:l l ̄¨:|:.:.:.:.:.|:.:.: //:.:.:.:.:.:.:.´:.: /: //.:.:.:.:.:.:.:.:.:,




           ヽ
              j ,イ v1 /
    ね    気   ∨// レ/ // ノ
               トv'////∠/      異 教 徒 は 人 間 じ ゃ ね ぇ よ !
   え    に    :| i l //く三三三ニ
               |// j^゛"ヾ;二二ニ=     情けなどはなからかける必要はない!
   よ    入    :レ"´     \ヽ<´
              |         くヽ
  !!    ら     |    ___ ',
              .  i / ./ __ ヽ
            /  i !l// / ヾ、
            ハ  i l レl// ◎ ノノ }
              ∧ヽr' l {/ム===''´∠
\__  ___/::::..` `// _rr' ̄ ̄ ̄ヽ.
;!:::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::: 〈/ / {{o  ー、 }}
i{  \_rr' ̄ ̄ ̄ ̄ヾ,__V/ヾニニニニニ〃
ヽヽ_,; (。{{      c} }7 ̄く   ゞ、_ \ ヽ!
 >>-、¨ヽニニニニニニソ    ヽ i   __\ |
/::::/:::::::',: : . .      l     /   ,ィ7l`;
::::/:::::::::::|ヽ; : ; ,    ` -― ' -' ¨,イ/ ; :
::7:::::::::::::|::: \: : . ;    ,-―'´  +'// ; : :
/:::::::::::::::|::::.. i\: ; ; , ::::::::::::::::::ヽ;::....l  \, ,:  二二二二´ , ; : :ノ
:::::::::::::::::::::::\ ',   ヽ:;;: ; ; ; : . , ;; ; : :; ; ;/三
:::::::::::::::::::::::::::::\三三三三三三三三三三三




             / ̄\
             |     |                  |     | |     |
             \_/                   |     | |    |    ナマいってすんませんでした
            / ⌒`"|⌒`ヽ                 |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                   |     | |     |
          /,//::         \             |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ          | ,     | |    |
       /  /、:::::...           /ヽ_ \          |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )         ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"        _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                                'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}




     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈     わかっていただければいいのです
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |     それでは早速開戦の準備にとりかかりますがよろしいですね?
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \




    ,r''"""ヽ
    i    :::::!
     ヽ,__;;;;;r'
       _亅__
   ,r' ̄   `ヽ,   ああうん・・・もう好きにしていいよ・・・
  ,r'-一、 ` ―‐、ヽ,  だけどオレは戦場には絶対にでないからな・・・
,r' T辷iフ    f'辷jァ ヽ,
i    (_;;人_;;)    :::;!
`ヽ__  `'二'´  ___;;;;r'
,r´   ̄  ̄ ̄  ̄  `ヽ,





ポメラニア侵攻

が、しかし戦争準備中の一年後1067年に思わぬ自体に直面する

FM020137.jpg

なんと狙っていたポメラニアに対し神聖ローマ帝国が先に宣戦布告。
さらに、それに乗じてデンマーク王国も参戦する。

FM020144.jpg

          メ ⌒ ヾ
        メ / ̄\ヾ メ ⌒ヾ 
       / / |    | | l / ̄\ヾ  
       l |  \_/  |    | | l  
         メ _|_ _ ヾ、 \_/ノノ
       メ / u 。 `ー、/  ノノ   ヽ           このままではまずいと、準備途中ながらオプーナもデンマークに続いて宣戦布告。
      / // ゚ 。 ⌒ 。 ゚ u \ヾ     つ
     / //u ゚ <●> u ゚`ヽ。i ノ     わ
    l | | 。 ゚,r(__人__)<●> /     ぁぁ
     ヾ .! //「エェェ、 ) ゚ u/ ノ     あぁ
     // rヽ ir- r 、//。゚/ く      ああ
   ノ メ/  ヽ`ニ' ィ―' ヽヽヾ      ぁあ



幸いなことに何故かデンマーク王国が早々にポメラニアと和平を結んだのと、ポメラニア軍はローマ帝国によって壊滅させられていたため、ブランデンブルグ軍は特に苦労することなく勝利し、スウプスクのプロヴィンスを獲得する。

FM020144.jpg

ポメラニア王国はそれからまもなくして、さらに便乗参戦してきたポーランドに最後の領土を奪われ滅亡。

       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/    こうしてポメラニアをまるまる自らの領土とする計画は中途半端な結果となった。
        |
     /  ̄ ̄ ̄\    が、実際のところ、これはむしろいい結果であった。
   /;    . . : : : :\   
 / ∪   . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\




          / ̄\
          |     |      というのも、最初は互角と思われていたポメラニアはかなり強力な軍隊を擁しており
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \   当初の計画通りにブランデンブルグが単独でポメラニアと戦争をしたところで勝ち目は万に一つもなかったのだ。
  / /   /::\::::::/::\  \ \
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )  このことからブランデンブルグは現状ではまだまだ弱小勢力であることを痛切に自覚する。
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /




そういうわけでブランデンブルグはこの戦争後、すぐに方針を転換。
しばらくは自国の内政及び軍事力強化に専念することになる

ちなみにこの間にオプーナに双子の男子が誕生している。



苦難のオプーナ

・・・が、1072年、ブランデンブルグ西に位置するザクセン大公国と南のマイセン大公国がブランデンブルグ領アンハルトの領有権を主張し突如宣戦布告。

ザクセンとマイセンはそれぞれブランデンブルグの二倍以上の戦力を有していたため、ブランデンブルグ全軍による奇襲でクセンの小隊を壊滅させた程度の抵抗しか出来ず、その後そのブランデンブルグ全軍ザクセン軍に全滅させられたためやむを得ず降伏。

FM020149.jpg

※アンハルトはマイセンの領土になりました。

この敗戦は元々臆病な性格だったオプーナにとって痛恨であった。




     /ヽ
     | |
    .ヽ/
  .  _|__ ;
  ; /::ノ:::::ヽ:: `   
 , /<●>::<●>
 ;, |\(__人_)/    
;  ノ | `⌒´、\ ,
 ./    / > ) :
(_ニニ> |  (/ ;
;  |   | ;
'  \ヽ/ / :
,  //\\ .
;  し’ '` し’ ;





FM020151.jpg

FM020152.jpg

敗戦後、オプーナは敗戦のショックによるストレスと戦いながら、いつの間にか増えに増えた子供の間で、ただでさえそんなに大きくない領土を分け合うような事態を予め避けるために、相続法を田分け分割(領土を子供の間で平等に分け合う)から選挙制に移行させる。

この移行はオプーナの人徳のおかげで何事もなく行われる。

・・・そしてこれがオプーナの公爵としての最後の仕事でもあった。



ローター・ウド・オプーナ2世、逝く

FM020153.jpg

                   , ' ' ´ ` :,
      / ̄\        ;'       `,
        |    |        ;  .:,';' .,:';  :,'   敗戦の屈辱と、いつ強国がまた攻め入ってくるかという恐怖におびえ続けたオプーナは、
      \_/       ,:  ´   ´ ,;
        |        _ ;:   `'  ; '     選挙制移行の後、みるみる弱って行く。
     /  ̄u  ̄\     '  ;,',','  ,;'
   /!l|!::\:::/::  \   ; ´´ , :'         
  /  .(一)::::::(一)  \ ,'   , ' '
  |  u (__人__)゚ 。   ,, '
  \    ` ⌒´    /
                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                 d⌒) ./| _ノ  __ノ


FM020154.jpg

そして1091年5月27日、オプーナ2世、逝去。



ローター・ウド・やらない夫・3世

FM020155.jpg

FM020156.jpg

そして同日、シュターデン家(以下オプーナ家)オプーナの4男 やらない夫、ブランデンブルグ公爵に即位!

            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
           | (__人__)  ;;;;;;;;il
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;



まとめ

予定では最初の会話形式でやろうと思っていたけど無理。台詞考えるの苦手だし時間かかるしで心が折れた。
何よりどんどん世代交代が行われるこのゲームでそんなことやってられん。

オプーナの治世では結局領土の大きさは±ゼロ(やや-)に終わりましたが、次代のやらない夫ではどうなるか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。