日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
19-20 モンペリエ (2010/03/04(木) 06:00:00)
9/14

League 1 第五節
(H) vsMarseille(4位)


FM009656.jpg

昨季ダブルを決めたマルセイユとの対戦。
今季も勿論勝たせてもらいます! と言いたいところだったんですが、代表戦でザウイとコンスタンティネスクが負傷し雲行きが怪しく・・・。

というかラファエル、ザウイ、コンスタンティネスクと右サイドの選手が怪我しすぎ。
代わりにグライトセイが帰ってきてくれたのは助かったけど・・・どうなるかな。

要注意選手

ダヴォル・ヴリッチ

FM009657.jpg

今シーズントルコのベシクタシュから強奪したクロアチア人ストライカー。

長身で足下も巧いという嫌なやつですが、ここまでのリーグ戦ではノーゴール。

試合開始

前半戦・・・

モンペリエはいつも通りの守って守ってカウンター。

いつも以上にしっかり守れているのはいいんですが、その代わり攻撃が全く上手く行かない。
やはりザウイの欠場は大きい・・・本来なら彼が単独ドリブルで相手の守備陣を切り裂いてくれるんですが、今日代役で先発しているワイナルドムはゲームメイカーの素質はあっても、サイドから個人技で切り崩すにはスピードが足りない。

前半33分

そうこうしているうちにフェライニがモンペリエの選手と選手の僅かな隙間を通す見事なパス!

ヴリッチ、これに反応してオープンスペースに抜けてアレオラと一対一!




さいごはゴールニアにきれいに決めて今季初GOOOOOOOOOOAL!!



アババばば!やばい、先制されてしまった・・・orz


ハーフタイム

このままだとOMに楽々と逃げ切られるのは目に見えているので、ワイナルドムを下げヴィノクロフを投入し、ベルナンドをAMRに回します。

後半戦・・・

ベルナンドが右サイドに回ったことでモンペリエの攻撃のパターンが増加!

・・・しかしそれでも先制して9人がかりで守るOMの守備は崩せない・・・。


そして後半52分

OMのカウンター!

デ・ロサが左サイドからグラウンダーのクロス!




そしてシラがどフリーで詰めてGOOOOOOOOOOAL!!


\(^o^)/オワタ


ここからモンペリエはさらにジェイムズ・ロドリゲスとアベル・ヘルナンデスを下げ、グライトセイとチャカを投入。

しかし後半84分にベルナンドが長距離FKを決めるのが精一杯にして唯一の反撃・・・

さすがに2点差を追いつくのは厳しかったか・・・試合終了。

FM009658.jpg

1-2 LOSE!

け、怪我人さえいなければこんなことには・・・。

というかせめて先制点を獲られなければもう少し戦いようがあったんだけど・・・アウェーでリベンジするしかないな。

第五節終了後 5位


9/18

UEFA ChampionsLeague GL 第一節
(H) vsManchesterCity


FM009659.jpg

プレミア屈指のチート軍団で今季のChampionsLeague優勝候補筆頭のマンチェスターシティと対戦。
もうね、なんというか面子がすげぇ豪華で泣きそうです・・・。

というかなんでこんだけ選手が揃ってて昨季はGLで敗退したんだw

要注意選手

ミカ・リチャーズ

FM009660.jpg

シリーズを重ねるごとにフィジカルお化けっぷりに拍車がかかる選手。

フレドリク・ニガード

FM009661.jpg

ノルウェーのスーパーディフェンダー。

北欧人らしい素敵フィジカルや一定水準以上の守備能力に加えて、サイドバックを任せられるほどの運動量と攻撃力を兼ねそろえて・・・( ゚д゚)、ペッ

ブルーノ・マンガ

FM009662.jpg

お、お前、いつの間にかこんなところに・・・

モンペリエでは散々だったのに、随分出世したもんだな!

イド・テスフェイェ

FM009663.jpg

サンティティエンヌが生んだスーパーサイドバック。

しゅ、守備陣に穴がねぇ・・・。

ロバート・シモン

FM009664.jpg

ハンガリーのスーパーな守備的MF・・・。

マレク・ハムシク

FM009665.jpg

スロバキアを象徴する攻撃的MF。

32歳になってもまだまだ現役でっす。

アーロン・レノン

FM009666.jpg

流石にスピードは衰えて来ていますが、まだまだ優秀なウイング。

ミラレム・ピヤニッチ

FM009667.jpg

久しぶりの再開。

シティ移籍後は毎年のようにゴール+アシスト=20以上を達成しています。

ルカ・モドリッチ

FM009668.jpg

トッテナムからシティに移籍後、選手としての全盛期を過ごす。
リーグ戦7ゴール11アシストなんて当たり前、一番最盛期には18ゴール20アシストも!

34歳になって衰えもみえますが未だに現役でスタメン。
昨季は2ゴール13アシストを記録・・・化け物め。

マリオ・バロテッリ

FM009669.jpg

インテル時代の11-12シーズンから今まで連続リーグ戦二桁得点を記録しているスーペルマリオ。

もうなんなのこのチーム! 化け物揃いすぎて勝てる気せぇへん。

試合開始

ホームだけど引き分け狙いで。
というか無理に勝ちに行ったら絶対負ける・・・経験値的にも、戦力差的にも。

前半戦・・・

7~9人でブロックを作りしっかり守れているモンペリエ。
シティは両サイドのベテラン2人がスピード不足なのか簡単に封じ込められる。

そして前半26分

右サイドベルナンドのCKから・・・





グライトセイがフリーでボレーシュートだ!!!









しかしこれはレナンが横っ飛びでセーーーーーーーーーーーーブ!

超 反 応 ! ファインセーブ!



な、なん・・・だと?

あ、あれを止めるかぁああああああああああああ!? ふつうぅううううううううううううううう!


そして前半28分

レノンがロスを抜ききらずにファーへピンポイントクロス。


これにモドリッチがドンピシャで走り込んで頭で押し込む!








GOOOOOOOOOOAL!!


あばあばばばっばばば!

や、やられた・・・ほぼ完全に封じ込めていたベテラン2人にっ・・・!


決めるべきところで決めきれず、直後に失点したモンペリエ、その後はいいとこ無しで前半戦終了。

ハーフタイム

前半戦終了直前にコヴァレンコが削られたのでデルイェと交代・・・

さらにシステムを駄目もとで4-5-1に変更。攻め(の姿勢)に転じる。

後半戦・・・

試合は膠着状態のまま時計が進む。

このままだとらちがあかないというか、単純にスタミナが早くも切れてきたので後半60分に選手交代

アベル・ヘルナンデスをイヴァノフ雷帝と、怪我あけのグライトセイをジェイムズ・ロドリゲスとそれぞれ交代。

しかし流れは殆ど変わらず、せいぜいショートカウンターを2、3発食らわせるのが精一杯。

逆にシティには決定的なチャンスを作られ(外してくれましたが)、何も出来ずにそのまま試合終了。

FM009670.jpg

0-1 LOSE!

コヴァレンコ 全治12日の負傷・・・

負けたけど大敗はしなかったので希望はある! と思いたい・・・。
次戦うときは怪我人も帰ってきているだろうし、積極的に攻めてみるのも手か?



9/21

League 1 第六節
(A) vsAS Canners(20位) 0-2 WIN!


ジェイムズ・ロドリゲス 1on1
チャカ CK


流石に昇格組最下位に負けるわけにはいかない。
ザウイも帰ってきたし、これからまた上昇気流に乗らないと。

第六節終了後 3位


9/28

League 1 第七節
(H) vsLe Mans(13位) 1-0 WIN!


コウチーニョ CK

地味ながらしっかり戦って勝利。
昨季とは逆で今季はよくCKが入る・・・。

第七節終了後 3位


10/1

UEFA ChampionsLeague GL 第二節
(A) vsAtalanta


FM009671.jpg

シティには勝てる気しないし、アタランタ戦は確実に2連勝しないと厳しい。
幸いそこまで強いチームでもないみたいだし、選手達がいつも通りのパフォーマンスを見せれば勝てるはず。

要注意選手

アンドレア・コンシーギ

FM009672.jpg

ブッフォン、アメーリア引退後アズーリのゴールを守る守護神。

ユスフ・カン

FM009673.jpg

素敵フィジカルなトルコ産司令塔。

ただし守備は全くしない子なので普通に穴。

ティベイロ・グアレンテ

FM009674.jpg

こっちはイタリアの司令塔。

カンとは違って人並みには守備をしますが、あくまで人並みなのでたぶんカンのフォローまでは出来ないはず。

エットーレ・メンディシーノ

FM009675.jpg

ラツィオ下部組織出身、ガチムチ系ストライカー。

ただしあんまり決定力は無い模様。

グラジィアーノ・マッツォーネ

FM009676.jpg

Cesena出身アタランタ育ちのファンタジスタ系ストライカー。

15~16歳でセリエAデビューし、その後1~2年でレギュラーに定着。
そして21歳でアズーリのメンバー入りし、ブルガリア戦で初出場した神童。

FM009677.jpg

ただし今季はまだノーゴール。
願わくばこの試合でも・・・。

試合開始

前半戦・・・

狙い通りというかなんというか、モンペリエがボールを圧倒的に支配。
さらに次々と決定機を作り出す! これは行けるぞ。


しかしアタランタにはアズーリの守護神、コンシーギがいた!

モンペリエが何度も何度も一対一の作っても、コンシーギが超反応で片っ端からセーブ!
アベル・ヘルナンデスが精密なシュートを撃とうが、コウチーニョがタイミングを外したシュートを撃とうが、ベルナンドが強烈かつ曲げたシュートを撃とうが、ザウイが至近距離からヘディングシュートを撃とうが結果は同じ!

そして攻撃陣が足踏みしているうちに、段々とアタランタがカウンターのルートと方法を見いだし始める。

まず調子を崩したのは久々に先発したダビド!
ビルドアップの場面でボールを持ちすぎてマッツォーネにボールを奪われる大失態!

当然そのままキーパーとの一対一に持ち込まれるも、これはアレオラのスーパーセーブでなんとか難を逃れる。

が、しかし前半20分

今度はコヴァレンコがCertiにボールを奪われカウンター!

そのまま右サイドを突破されクロス!


そしてこのハイボールにアレオラとダビドが被り、アレオラがボールをファーポスト側へ弾いてしまう。




最後にファーポストに待ち構えていたJoseAngelが頭で無人のゴールへボールを押し込んでGOOOOOOOOOOAL!!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

またダビドか!

いや、というよりこれはマズい、マズいぞ、完全なる負けパターンじゃないか・・・。


先制されたモンペリエ、これで意気消沈することは無かったものの、コンシーギの牙城はどうしても破れず。
しかも前半終了間際にカンが負傷退場した代わりにベルナンドも軽傷を負う・・・。

ハーフタイム

と、とりあえずベルナンドを下げてヴィノクロフを投入。

・・・試合の運び方は間違っていないはずだからコンシーギをなんとかしろっ! としか言えん・・・。

後半戦開始

アタランタが後半戦開始と同時に2人選手を交代してカンの分と併せて枠を使い切る。

後半52分

後半戦開始早々ダビドが"また"やらかしたのでパジッチと交代&レギュラー落ち確定。


そしてその後もモンペリエは攻める攻める、シュートも撃ちまくり、尚かつ枠もしっかり捉えている。




が、しかしコンシーギが・・・



もうどうすりゃ決まるの!? ってぐらいスーパーセーブの展覧会。 涙目ってレベルじゃねーぞ。

後半71分

今度はグアレンテをぶち壊して負傷退場に追い込む。
さらにアタランタは既に交代枠を使い切っているのでこれで10対11に。



後半75分

アベル・ヘルナンデス、左サイドに流れてボールを受け、エリア内にシンプルなクロスを上げる。







代わりにエリア内に入っていたグライトセイ、Rinaudoに倒されPK!


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!





そしてこれをザウイが蹴って・・・




GOOOOOOOOOOAL!!



キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

キタ━(゚∀゚)━┥東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━(゚∀゚)━!!!!

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

モンペリエ、ついにコンシーギ金城をぶち抜いた!


よしよしよしよし! よくやった!

このまま逆転を狙うぞ! ってことでアベル・ヘルナンデスをチャカと交代。


カンとグアレンテという二枚看板を破壊され、さらにPKまで獲られてボロボロのアタランタはもうされるがまま。


コンシーギが獅子奮迅の働きを見せなんとか耐え続けるも・・・後半88分

チャカのパスを受けたザウイ、ドリブルでエリア内に進入したその瞬間! Jose Angelにスライディングで思いっきり倒された!





そして主審が本日二度目のPKを宣告!

(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ



これを今度はストイコビッチが蹴って・・・















冷静にゴール右隅へ決めた!


逆転GOOOOOOOOOOAL!!

キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!


FM009678.jpg

1-2 WIN!

劇的な逆転勝ぅうううううううううううう利!

アタランタのキーマン2人をブレイクしたのは申し訳ないと思っているが決して謝らないっ!

しかもシティがオーストリアのSutrm Gurazにスコアレスドローに持ち込まれるという嬉しいニュースも。

・・・今季がモンペリエ編ラストシーズンの予定(今決めた)だったので、この試合に負けたらえらいことでした・・・あーよかった。



10/5

League 1 第八節
(A) vsBordeaux(2位) 0-2 WIN!


コウチーニョ 1on1
ラファエル ヘディング


クリスティアン・グルキュフが監督になってから好調だったボルドーを見事撃破。
OM戦、シティ戦と連敗したときは焦ったけど、これならまだ安心していてもよさそうですね。

第八節終了後 3位


10/19

League 1 第九節
(H) vsFC Sochaux(20位) 3-0 WIN!


コウチーニョ ミドル
ベルナンド リバウンド 1on1


カナリアコンビが最下位を蹴散らし大勝。

FM009682.jpg

そしてついにベルナンドがクラブのリーグ戦最多得点記録を破る。
MFなのに・・・さすがというか、すごすぎというか・・・。

ちなみに以前の記録保持者はリアルでボルドーの監督をしてるローラン・ブラン。
1998W杯優勝メンバーでディフェンダーの選手。
というかディフェンダーの選手なのにクラブ最多得点記録保持者だったのか・・・凄いな。

FM009683.jpg

ちなみにこれがローラン・ブラン現役の時の経歴。
なるほど、こりゃすごいわwFW並に点をとっとる・・・。



まとめのリーグ表

FM009684.jpg

混戦ながら一応は首位。
2連覇を狙いところですが、今季はリーグ戦よりもChampionsLeagueにプライオリティーを置くつもりなので難しいかも。

FM009685.jpg

守備的なサッカーになってから選手ランキングではあんまり目立たなくなりましたね・・・。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに! それでは。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?