日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
18-19 モンペリエ 初の大舞台 (2010/02/28(日) 06:00:00)
2/16

League 1 第二十四節
(A) vsToulouse(5位) 0-1 WIN!


コウチーニョ ロング

コウチーニョお得意の長距離ショットが決勝点となり、にっくきトゥールズに勝利。
ただ、三日後にはユベントス戦があるというのに、トゥールーズが相手だったからメンバーを落とせなかったという嫌がらせ・・・( ゚д゚)ハッ!

も、もしかして、こ、こいつら、例え負けてでもモンペリエに的確な嫌がらせを(ry

第二十四節終了後 1位


2/19

UEFA ChampionsLeague 決勝トーナメント第2ラウンド 第一戦
(H) vsJuventus


FM009572.jpg

FM009573.jpg

この試合でモンペリエでの500戦目を迎えます。
相手は"同期"のフェラーラ率いるユベントス! 相手にはとって不足はない!

FM009584.jpg

要注意選手

ミロスラフ・ネメク

FM009574.jpg

ブッフォン引退後のユーベはまず間違いなくGKが穴になるのが通例。

・・・だったんですが、今回のプレーではその法則は当てはまらなかったようです。

チェコのCeske Budejoviceでキャリアをスタートさせたネメクは、トッテナムを経た後、名門ユベントスに移籍。
そしてイタリアの地で修行を積む間にイタリア国籍を取得し、今ではアズーリに招集されるほどの名ゴールキーパーに成長しました。

ソクラティス・パパスタソプーロス

FM009575.jpg

ギリシャが生んだ天才ディフェンダー。
この試合では右サイドバックで先発。

ジョルジオ・キエッリーニ

FM009576.jpg

34歳になった今でもまだまだ現役。
というか健康さ20でDFだから、恐らく相当長くの間プレーを続けるものと思われる。

ロレンゾ・アリアウド

FM009577.jpg

ユーベ下部組織出身、つまりは生え抜きのディフェンダー。

実は一時期モンペリエが獲得寸前まで行ったことがある選手。
もしかするとあの時彼を獲得出来ていれば、モンペリエはもっと早く出世出来ていたのかもしれない・・・。

マルセロ

FM009578.jpg

30歳近くなると大抵レアルから移籍する子。

相変わらず守備面ではアレだけど、攻撃面では素敵。

クラウディオ・マルキージオ

FM009579.jpg

彼もまたユーベの下部組織出身の生え抜き。

攻守にバランスの取れたMFで、どこに行っても重宝されるタイプの選手。

ステファン・エル・シャーラウィ

FM009580.jpg

エジプトにルーツを持つ?サイドアタッカー。

イタリア人としては珍しいサイドから単独で勝負出来るタイプの選手。

ただしあんまり守備はしないタイプ。

ダニエル・パレホ

FM009581.jpg

リアルでもそこそこ有名なレアル下部組織出身の司令塔。

パス能力全般がチートな選手で、特に創造性と判断力が色々おかしい。

ただ、彼もあんまり守備をしないタイプなのでそこを突ければ・・・

フッキ

FM009582.jpg

32歳になっても前々衰えないブラジルの新皇帝。

ここまでのリーグ戦では22試合19ゴールだってさ! 化け物め!

ラズヴァン・シオアルカ

FM009583.jpg

シオアルカよりチオアルカのほうが正しい読みのような気がするけど、当ブログは外国人名の読み方が適当なのが売りなので気にしない( ー`дー´)キリッ

それに塩あるか? ってなんかいいじゃない! 家庭的で。

彼もまた超スピードフィジカル型のストライカー。
リーグ戦では24試合21ゴール・・・だと?

要するにフッキとの相性抜群というわけですね、わかりたくありません。

試合開始

前半戦・・・

ホームアドバンテージを活かし、ボール支配権はモンペリエが握っている形。
・・・が、相手は試合巧者イタリアの名門ユベントス、的確なカウンターで強烈なシュートを見舞って来るので油断が出来ない・・・。


前半14分

CKからデミドフのヘディングシュートがゴールライン上でクリアされる。

・・・今シーズンCKから前々点が入ってない気がする・・・そろそろ修正が必要か?


モンペリエ、一応は攻めているがユーベのカウンターの機会の方が圧倒的に多い。
というかフッキとシオアルカのシュートが強烈過ぎて怖いってレベルじゃねーぞ!

しかし前半30分を回ったあたりから、どういうわけかカウンターを食らうことも無くモンペリエが一方的にボールを支配する時間が続く。

この確変タイム中に点が取れなければ、どのみちモンペリエに勝ち目はない! 根性見せろお前ら!

・・・が、いくら根性を見せたところで・・・ユーベの守備が堅すぎる。

というか最終ラインが屈強な奴らで構成されている上に、GKはGKで優秀なもんだからまずシュートまで行けない。

しかしそれでもめげずに何度もモンペリエは相手陣内へアタック!

そして前半41分

執拗なアタックにより集中を切らしてしまったのか、キエッリーニとアリアウドがアベル・ヘルナンデスのマークを一瞬離してしまった!

その瞬間を見逃さなかったコウチーニョ、ワンタッチでアベル・ヘルナンデスにキラーパス!



アベル・ヘルナンデス、ボールをトラップして・・・





左足でゴール右隅へ流し込むようにシューーーーート!!!














GOOOOOOOOOOAL!!



キタ─ ̄─_─ ̄─(゚∀゚)─ ̄─_─ ̄─!!!!



モンペリエ、先制!!!!!

決めたのはエースのアベル・ヘルナンデス!!

さ す が 地味だけどしっかり仕事をする男!


このゴールのおかげでなんとかモンペリエは一点リードで試合を折り返す。

そして後半戦、先制されて火が付いたユベントスが猛反撃に出る!

しかしそれぐらいのことは既にお見通し! システムを4-3-3カウンターにして対応。

アンカーを配置するこのシステムなら、トップ下のパレホを黙らせることだって可能なはずだ。


しかし後半53分・・・

コヴァレンコが攻めているときにとんでもないパスミス!

これがよりによって前を向いているカルロス・エドゥアルドに渡る。

そしてカルロス・エドゥアルド、カウンターのチャンスをしっかり活かして前方のスペースへパス。

これをさらにデミドフが致命的なインターセプトミスしてシオアルカが独走。

最後はシオアルカがカメニの一対一を冷静に制してGOOOOOOOOOOAL!!


・・・ガッデム! 致命打2連発で失点か・・・4-3-3自体は機能していたんだがなぁ・・・。

これでいよいよ厳しくなるかと思われたが、後半62分

ラファエルのパスを受けたコウチーニョ、狭いところへ無理矢理浮かせたパスを出した!

ザウイ、エリア内に入ったところでこのパスを胸で受けたが、すぐにアリアウドに詰められた!


しかしザウイ、これを胸でボールをコントロールしながら往なして・・・




逆足の左足で対角線上に強烈なハーフボレーシュート!!

FM009585.jpg


GOOOOOOOOOOAL!!




キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!


Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!

我らが至宝ザウイ! とんでもないスーパーシュートを叩き込んだ!

これでモンペリエ、再び勝ち越し!

このまま逃げ切るためにすぐにベルナンドとコウチーニョを下げ、コナーテとシュネイデルランを投入!

テクニシャン揃いの相手の中盤を抑えるためにも、プレスの質だけは最後まで落とすわけにはいかん!







そしてこの交代策は見事? にはまり、以降のユベントスの攻撃をシャットアウト!

そのまま楽々逃げ切り試合終了!

FM009586.jpg

2-1 WIN!

ユベントス戦まさかの勝利! キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

やっぱり守備が安定してるっていいね! 強豪相手でも落ち着いて采配が振るえるよ。

あとは敵地の第二戦をカウンターサッカーで上手いこと乗り切れれば・・・。



2/23

League 1 第二十五節
(H) vsLOSC Lille(10位) 0-3 LOSE!


ホームでまさかの大敗。
ユベントス戦での番狂わせで気を緩めたのか・・・?

とにかくこの敗戦は痛い。
特に格下のリールに3失点ってのが・・・。

てかこの試合、今シーズン3度目のファン感謝デーだったのに! お前ら何やってのさ!?

第二十五節終了後 1位


3/2

League 1 第二十六節
(A) vsFC Isters(12位) 0-0 DRAW!


FUCK YOU・・・
ぶち殺すぞ・・・ゴミめら・・・!

決定機外し杉、気緩み杉、いい加減に汁。

それ以上に二本もゴールを取り消した評価点5の審判! お前なんてやめちまえ! チクショー!

第二十六節終了後 暫定1位


3/6

League 1 第二十七節
(H) vsBordeaux(9位) 3-1 WIN!


ブランコ 1on1×2
アベル・ヘルナンデス ヘディング


久々にブランコが仕事をして、久々の勝利。
こっからまたチームを上昇気流に乗せて行かねば・・・。

第二十七節終了後 1位


3/9

Coupe de France
(A) vsLyonnais 1-1 PK5-4 LOSE!


ワイナルドム CK

三日後にCLが控えているので完全控えメンバーで試合に臨みましたが、思いの外健闘。
PK戦となると相手の守護神はあの"伝説的なゴールキーパー"ロリスですから、分が悪いのは仕方がない。



3/12

UEFA ChampionsLeague 決勝トーナメント第2ラウンド 第二戦
(A) vsJuventus


FM009587.jpg

とりあえずは引き分け狙いで。
出来れば先制点をとってアウェーゴールで並んでおきたい。

試合開始

試合開始直後、ベルナンドがネメクと一対一になりシュートを放つも阻まれる。

さらにブランコが詰めてシュート! 決定的!







何故か倒れているネメクに再びボールをぶつける (#^ω^)ビキビキ


もう駄目だわ、ブランコ・・・
昨季が全盛期だったのかな、来季は大幅な減俸に応じない限りは放出路線だ。

で、その後ユベントスは先制点をとるために必死の攻撃。

縦に早い攻撃を繰り返すので比較的守りやすくはあるんですが、フッキとシオアルカのフィジカルはどうしても抑えきれず度々被弾。

しかし無理のある体勢からのシュートが殆どなので、アレオラのセーブがするか、枠外に飛んでいくかでとりあえずは守れている。

あとはユベントスがもたついている間に先制点を奪えれば完璧なんですが・・・





FM009588.jpg


しかしイタリアの名門はそう甘くなかった!

前半44分、パレホの長距離直接FKが炸裂!orz

これでユベントスはアウェーゴールを含めてリード・・・やばいなぁ。


一点・・・一転して追う立場になったモンペリエ、ハーフタイムの間にブランコをブオナノッテと交代。

さらに戦術も攻撃的な4-5-1ハイプレスに変更! 一気に攻めに転じる。




・・・が、全く効果無し。
というか4-3-3の時のほうがまだ機能していた感があったので4-3-3にシステムを戻し、さらに後半69分アベル・ヘルナンデスを下げマクグローンを投入。


さらに後半75分、ベルナンドをワイナルドムと交代・・・頼むから点を取ってくれ・・・







後半90分 

ブオナノッテの直接FK!






・・・はゴール枠外・・・



後半90+2分


ラファエルのミドルシュート!




・・・はネメクがキャッチ・・・試合終了orz

FM009589.jpg

1-0 ベスト16で敗退!

なんというかこう・・・経験の差を見せつけられた感がすごい。

あと一点さえ取れていればこんなことには・・・凹むなぁ。



3/17

League 1 第二十八節
(H) vsAS Saint-Etienne(10位) 1-1 DRAW!


ブランコ ミドル

デミドフ&グライトセイ 全治12日の負傷

うがあああああああああ! 勝てNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

カップ戦も全部敗退してしまったし、せめてLeague 1のタイトルぐらいは獲らねばならんというのに・・・



まとめのリーグ表

FM009590.jpg

残り10試合でこの順位なら決して悪くは無いんだけど、PSG&OMとの直接対決がまだ残ってるんですよねぇええええ!

OMかPSGのどちらかが勝手に自滅してくれないかしら。

FM009591.jpg

今季は本当に選手成績では空気。
ベルナンド様も例年に比べるとイマイチ・・・ですし。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに。それでは。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?