日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201908 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201910
2/1

Lega Calcio SerieA TIM 第二十一節
(A) vsLecce(10位)


FM004612.jpg

現在十位と奮闘しているレッチェと対戦。
一月ではかな~り勝ち点を落としたので、二月で出来るだけ稼がないと…
そしてこの試合、好調ファビアンスキをスタメンで起用。

試合結果

FM004613.jpg

0-2 WIN!

ポグレブニャクの1ゴール1アシストの活躍で勝利!でもMoMはルッソット。
…フォレスティエリはまたしても大した活躍が出来ず…戦術調整したほうが良いのかな…

第二十一節終了後 2位


2/5

Lega Calcio SerieA TIM 第二十二節
(H) vsParma(17位)


FM004614.jpg

パロスキの古巣で残留争いをしているパルマと対戦。
…前回の対戦では地味に苦戦したから油断は禁物です。

試合結果

FM004615.jpg

2-0 WIN!

パロスキのシュートの外しっぷりは最早伝説クラスだと思う(それでも1ゴールは決めたけど)。
そんな試合でした…。

第二十二節終了後 2位


2/15

代表戦でワシントンとファウスト・ロッシが負傷!
ワシントン、二週間の離脱!
ファウスト・ロッシ、足首のねんざで約二ヶ月の離脱!工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
ガッデム!これだから代表招集は嫌なんだ!



2/19

Lega Calcio SerieA TIM 第二十三節
(A) vsUdinese(9位)


FM004616.jpg

3-2の激戦の末、ホームでなんとか打ち破ったウディネーゼとの対戦。
この試合、クアリアレッラ砲は何故かベンチにすら入っていません。

パレルモは、パロスキへの戦術指示を少し弄ってから試合開始。
これで少しは決定力が上がればいいけど…。

試合結果

FM004617.jpg

0-0 DRAW!

枠内シュートを9本止められてスコアレスドロー…
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
MoMはウディネーゼGKのハンダノビッチ

FM004618.jpg

流石にこれは納得いかないぞ!次回パッチで修正を(ry

第二十三節終了後 2位


2/22

Lega Calcio SerieA TIM 第二十四節
(A) vsSiena(12位)


FM004619.jpg

現在首位インテルとの勝ち点差は「7」。
冗談抜きでこれ以上のミスは許されない!
残りの試合全部勝つつもりでやっていかないと、スクデット獲得なんて夢のまた夢だ!
この試合ポグレブニャクをトップに、パロスキを左サイドに起用。
さらにハビ・ガルシアをSerieAで初めてスタメン起用して試合開始。

試合結果

FM004620.jpg

2-3 WIN!

パロスキとポグレブニャクが1ゴールずつ決め、最後はコーナーからエンリケ・アドリアーノが決勝点を挙げなんとか勝利。
パロスキの左サイド起用は大当たりでしたが(それでも無人のゴールへのシュートを外してましたけど)…
シエナ相手に2失点はさすがにいただけない…トップ下の対応を軽くみた監督である私の采配が悪いんですけど…w

で、もっと「いただけない」情報

ボルゾーニが負傷で一ヶ月の離脱!Σ(゚д゚lll)

もうすぐチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが始まるのに!
なんという最悪なタイミング!デフールはチャンピオンズリーグでられないし…ああああああ!

第二十四節終了後 2位


2/25

Lega Calcio SerieA TIM 第二十五節
(H) vsReggina(20位)


FM004621.jpg

四日後はUEFAChampionsLeague、レバークーゼン戦なので思いっきりメンバーを落とします。
正直、スクデット獲得は半分諦めてる!というわけで引き分けまでなら許す!頑張ってちょ~だい。

試合結果

FM004622.jpg

0-0 DRAW!

そして本当に引き分けるんだから笑えない

シュート数の多さに対してゴール数が少なすぎるだろ…常識的に考えて…
これで首位インテルとの勝ち点差は「9」。いよいよスクデット獲得が絶望的に。

第二十五節終了後2位


2/29

UEFAChampionsLeague 決勝トーナメント第2ラウンド 第1戦
(A) vsLeverkusen(ドイツ4位)


FM004623.jpg

3シーズン連続でブンデスリーガ3位以上の成績を収め、09/10シーズンのチャンピオンズリーグでは準決勝にまで進出したシルバーコレクター。
毎年安定した成績を残している難敵ではありますが、昨季ベスト16で当たったバルサよりは何倍もマシ。
スクデット獲得が絶望的になった今だからこそ、チャンピオンズリーグでは出来るだけ上を目指したい!
中盤のフィルターであるボルゾーニが負傷で欠場なのは痛いですが、チアゴ・シルバならきっとなんとかしてくれるはず…。

要注意選手

レネ・アドラー

FM004624.jpg

現ドイツ代表正守護神。
GKで評価額5.4Bは驚異的。
…スーパーセーブの連打だけはご勘弁願いたい。

ゴンサロ・カストロ

FM004625.jpg

アレクサンドレ・ソング

FM004626.jpg

10-11シーズンにアーセナルから750Mの移籍金で加入。
ボランチとしては優秀ですが、CBとしては空中戦に弱いのが弱点か。

ルーカス・シンキービッツ

FM004627.jpg

ダニエル・シュワーブ

FM004628.jpg

アルトゥロ・ビダル

FM004629.jpg

チリ産中盤のクラッシャー兼カードコレクター。
前作ではチート級の能力値でしたが、今作ではかなり抑えめになったっぽい。

マレク・ブガル

FM004630.jpg

スロバキア産架空セントラルミッドフィルダー。
現在ブンデスリーガで10ゴールを記録中。
スロバキア代表でも、EURO予選で同グループだった「元同国」チェコを抑え、ハムシクと共に母国を本戦に導いた。

ネルツ・オアナ

FM004631.jpg

ルーマニア産架空選手。
既に世界最高レベルのレジスタで、今季2ゴール7アシストを記録中。
ボールキープ力が高いだけでなく、スピードもあるので非常に厄介。

レナト・アウグスト

FM004632.jpg

ジーコ二世として有名なブラジル人MF。
高いテクニックを持ち、両足が使える優秀なMF。
…が、今季はブガナとオアルという東欧の二人の天才に出番を奪われ、今季はまだリーグ戦5試合しか出場していない。
それでも1ゴール3アシストを記録しているから凄いっちゃ凄いんですが…なんか勿体ない。

リチャード・スクタ・パス

FM004633.jpg

パトリック・ヘルメス

FM004634.jpg

試合開始

ブガナ、オアル、レナト・アウグストという脅威の3センターを防ぐためにマルキーニョスのポジションを一列下げてから試合開始!

FM004635.jpg

前半2分
コーナーからのガブリロのヘディングシュートを、アドラーが楽々と弾く…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

前半10分
オアナ、ハーフウェイラインとゴールラインの間でボールをドリブルでキープ…
そしてオアナ、最前線のヘルメスへグラウンダーのロングスルーパスを放った!

ヘルメス、前を向いてドリブルを開始!
しかしカバーに入ったパロスキに追いつかれた!



ヘルメス、一か八かゴール右から30m以上は離れた位置からロングシュートを放った!!!






ボールはゴール左ポストを叩いて大きく跳ね返った!惜しい!
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



あああああ危ない!!!

前半23分
左サイドでスローインを受けたヘルメス、ワンタッチでボールをシュワーブに戻す。
シュワーブ、これをさらにダイレクトでグラウンダーのアーリクロスを放り込んだ!



スクタ・パス、オフサイドトラップを破りフリーでクロスをトラップ!
キーパーのアメリア、慌てて飛び出す!
スクタ・パス、これを冷静にかわして…角度は厳しいが無人のゴールへシューーーーーーート!!






しかしこれは大きく枠を外れた!
実況「レバークーゼン、本当に惜しいチャンスでした」
……だから危ないって……

ここまではパレルモ、完全に劣勢。

しかし前半31分!
ビルドアップの場面でゴンサロ・カストロがもたついているのを見逃さなかったルシアーノ・ロブレスが、物凄いスピードでスライディングタックルを決める!
そしてこぼれたボールをパロスキが素早くカット!
パロスキ、すぐに右足でポグレブニャクにスルーパスを放った!




ポグレブニャク、オフサイドを破り完全にアドラーと1対1!
アドラー、突然のピンチで飛び出しが間に合わない!
ポグレブニャク、余裕を持って左足でゴール右隅へシューーーーーーート!!






アドラー、このシュートを横っ飛びでセーーーーーーーブ!!


工エエェェ(´д`)ェェエエ工

さすが評価額5.4Bの男…ありえねぇ…
シュートのコースは完璧だったのに…
な~んか今から既に嫌な予感がするなぁ…

そして前半40分
ルシアーノ・ロブレス、パロスキからのパスをバイタルエリアの手前でトラップしキープ。
そしてその間にマルキーニョスが二列目からエリア内へ飛び込む!
ルシアーノ・ロブレス、その瞬間を狙ってマルキーニョスにスルーパス!

マルキーニョス、パスをトラップしてゴールを向いた!時間はたっぷりあるぞ!

そしてマルキーニョス、ニアへグラウンダーのシューーーーーーート!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!



マルキーニョス、冷静に決めた!!
狙っていファーをソングがコースを切っていたのを見て、すぐにニアに狙いを切り替えたのが当たりました!
パレルモ、劣勢の中でまさかの先制弾!
17歳のスペイン人MF、ルシアーノ・ロブレスの見事なアシストです!



ハーフタイム
前半戦、何度か危険な場面があったものの、終了間際にマルキーニョスが貴重なアウェーゴールを奪ってくれたので後半戦は落ち着いて戦えます。
とはいえやっぱりアウェーはアウェーなので、後半戦は無理して追加点を狙わずカウンター狙いで。
守備的な戦い方ですが、確実に勝ち抜くためにはこれがベストなやり方のはず。
というわけで…後半戦開始。

後半58分
オアナ、左サイドからエリア内に飛び込んできたヘルメスを狙って完璧なスルーパス!
ヘルメス、これを確実にトラップして…アメリアと1対1!余裕があるぞ!


そしてヘルメス、ゴール右上隅を狙ってシューーーーーーート!!


見事に宇宙開発!!
(゚∀゚)

この試合完全に不発弾なレバークーゼンFW陣のシュートを上手く(運良く)かわし、試合は狙い通り膠着状態に。

後半75分
この試合空気なパロスキとルッソットを下げて、アムラバトとジョビンコと交代。

後半82分
相変わらずスランプなポグレブニャクをイアクインタと交代。

後半84分
ヘルメスがバイタルエリアでフリーになりシュートを放つも、ボールはアメリアの正面に飛ぶ。








パレルモ、最後まで集中を切らさず守り逃げ切った!試合終了!

試合結果

FM004636.jpg

0-1 WIN!

狙い通りに一点を守り切って勝利。
実況に「内容はお粗末」と酷評されましたが、勝てればそれで良い!
MoMは攻守両面で貢献したマルキーニョスが獲得。
後はホームで戦う第二戦で致命的なミスさえしなければ…。

その他の試合結果

FM004637.jpg

フィオレンティーナがホームでチェルシーに完封負けし、インテルもアウェーでバレンシアに惜敗したため、イタリア勢で勝利したのはパレルモのみ。
そして中村俊介が所属するセルティックが、ホームでリヴァプールを2-0で下すという波乱も起こりました。



まとめのリーグ表

FM004638.jpg

未だにインテルは無敗…失点7って絶対おかしいだろ…
後半戦に入り失速したパレルモはチャンピオンズリーグ出場権獲得は間違いないものの、3位ミランとの勝ち点差が3、4位フィオレンティーナとの差は5に縮まりました…orz

FM004639.jpg

最近不調のポグレブニャクが相変わらずゴールランキング一位。
平均評価点でも相変わらずガブリロが一位。

…というわけで今回はここまで。
また次回をお楽しみに!スクデットは諦めるよ!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
2009/01/15(木) 08:38:58 名無しさん URL #fQE70zoc[ 編集]
毎日楽しく読ませてもらっています。
画像をふんだんに載せているので、とても見やすいです。
2009/01/16(金) 11:33:54 REUSU URL #Bxr8KdQY[ 編集]
>>名無し様

>>毎日楽しく読ませてもらっています。

ありがとうございます!
これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

>>画像をふんだんに載せているので、とても見やすいです。

文章力が無いので、その分画像の多さでカバーしているつもりですw
が、そろそろ画像アップロードの限界が迫ってきているような気が…w
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?