日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
12/29

Barclays English PremierLeague 第二十節
(A) vsManchesterCity(8位)


FM003049.jpg

相変わらずびみょ~な順位をうろついてるシティ。
でも面子は揃ってるので油断は禁物。

要注意選手

アントン・ファーディナンド

FM003050.jpg

アンドレ=ピエール・ギニャク

FM003051.jpg

FMではやたら評価の高いFW。
実際に期待されている選手なのかな?
調べても情報が出てこなかったんでアレなんですが、なんとな~く過大評価されているような気が…w

試合開始

前半12分
カスティージョにドリブルで二人かわされ、エリア内への進入をあっさり許す。
そしてカスティージョ、最後は冷静にボールをゴール右下隅に蹴り込んでゴオオオオルorz

こ…ここまであっさりドリブルで守備陣が切り裂かれたのは今季初めてだ…

しかし前半24分!
クズマノビッチの打ち込んだくさびのパスをシャマフが受けて…
そのままゴールを背にしたままバベルに一撃必殺のキラーパス!!

バベル、キーパーと一対一!そして右足でシューーーート!!!




GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
(゚∀゚)キタコレ!!


同点弾!!!バベルがゴール左下隅に決めた!!
シャマフな見事なパスがゴールを演出!!

そしてこの後、ギニャクとカスティージョの足下にあまりにも易々とパスが通ってるのが気になったので、
ファシオとジュルーに厳しいマークを指示。

しかし前半40分
エラーノ直接フリーキックが、壁のシャマフに当たってゴオオオオルorz
これがシャマフのオウンゴール扱いになってるもんだから、さらに質が悪い…

そして2-1の一点ビハインドでハーフタイム

ボールは支配しているけど、攻撃がさっぱり上手く行っていない。
ちょっとゆっくり組み立てすぎなのかも…ってことで攻撃のテンポをかなり速めにして後半戦へ。

しかし後半60分
スローインからエラーノにあっさりパスが通り、エラーノが得意の右足でギニャクに正確なスルーパス。
これをギニャクがゴール左隅に流し込んで止めの3点目…orz

FM2008はなぁ…スローインからゴール生まれすぎなんだよ…
次回作での改善を激しく希望します…。

それでも後半戦、サンダランドは決定的なチャンスを何度も作り出します…が、
エースのシャマフがこの試合絶不調だったのと、シティのGKオチョアに神が舞い降りたのが重なって、一度もチャンスを物に出来ず…試合終了。

FM003052.jpg

3-1 LOSE

久しぶりの敗戦…
これからはシティの2トップ+エラーノは極悪、ということを絶対忘れないようにしよう…

第二十節終了後 2位


1/1 冬の移籍市場開幕

レアルから天才DF、オスカー・ロビラをフリーで獲得!

FM003053.jpg
FM003054.jpg

ゴンサロ・ロドリゲスを越える才能の持ち主らしいですが、何故かレアルは移籍金0で売ってくれました。
頭脳派タイプのDFですが、このままのフィジカルだとちょっと厳しいんで、さらなる成長に期待しています。


Barclays English PremierLeague 第二十一節
(H) vsEverton(14位)


FM003055.jpg

…フォーメーションを見る限りでは、明らかにどん引きカウンターを狙っているエバートンと対戦。
まぁでも…ホームだから大丈夫なはず!嫌な予感はするけどね!


試合結果

FM003056.jpg

3-2 WIN!

あ…危なかったぁあああああ!
2失点はそれぞれジュルーとファシオの軽率なミスから。
特にファシオがやらかした、エリア内での横パスをそのままヴォーギャンにカットされてゴーーール!
ってのは酷かった…。
でも崩されてたわけじゃないし、大丈夫!
もし二試合連続でこんなミスしたとしたら、さすがにスタメンから外すけどね!

第二十一節終了後 2位


1/5

FA Cup 3ラウンド
(H) vsEverton


FM003057.jpg

はい、二戦連続でのエヴァートン戦です。
しかもまたホームです!FAカップって、ホームで試合するとチケット収入が凄いことになるんですよね!嬉しい!
スターティングメンバーは…若干落とし気味ですが、エヴァートン相手ならこれでも十分勝てるでしょう。

試合結果

FM003058.jpg

2-1 WIN!

ディドが直接フリーキックとミドルシュートを決めて勝利。
そして同時にディドに対する監督の評価が著しく上昇!
よくよく考えてみると、サンダランドで直接フリーキック決められるのってディドぐらいしか居ない気がする…。



1/13

Barclays English PremierLeague 第二十二節
(A) vsNorwich(8位)


FM003059.jpg

開幕前のメディア予想19位だったノーウィッチですが、現在8位と大健闘中。
元サンダランドの左サイドバックであるウォーレスの放出先でもあります。

試合結果

FM003060.jpg

0-2 WIN!

シャマフとバトゥザンがゴールを決めて難なく勝利!
そして次節は今季二度目のタイン・ウェア・ダービーです…。

第二十二節終了後 2位


1/19 タイン・ウェア・ダービー

Barclays English PremierLeague 第二十三節
(H) vsNewcastle(8位)


FM003062.jpg

さぁさぁやってきました!今季二度目のタイン・ウェア・ダービー!
前回はまさかの敗戦を喫しているだけに、ホームで戦う今戦はなにがなんでも勝たなければ!

高齢化の激しいニューカッスルの弱点は、ボール奪取力の低いダブルセントラル。
チアゴはタックルが10しかないし、ソウザはもっと酷い一桁の9。
これならフラミニとクズマノビッチがプレスをかわしながらゆっくりとボールを回せるはず。

目標は3点差以上の勝利!いざ尋常に勝負!

要注意選手

デイビッド・ベントリー

FM003063.jpg

世代交代に失敗し不調なニューカッスルの中で6ゴール5アシストと唯一好調。
しかし、現在ユベントスから2.95Bのオファーを受けていて今にも引き抜かれそうな気配が…。

試合開始

予想通り中盤のプレスが緩く、シャマフとフォーティに楽々パスが入りますが、
肝心のシュートがニューカッスルの新キーパー、エニュヤマの好セーブ阻まれ続け中々ゴールとならない…。

しかし前半37分!
フラミニの強烈なロングスルーパスに、左サイドからミテアがエリア内に走り込みフリーでボールをトラップ。
そして最後は左足を振り抜いてシューーーーーーート!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
(゚∀゚)キタコレ!!


エリア内左、角度の厳しいところから放たれたシュートはゴール右サイドネットに突き刺さった!
サンダランド、散々エニュヤマに邪魔されましたがようやく先制!

そして前半戦のゴールはこの一点に留まりハーフタイム。

まだ一点差なので、チームには「励ます」チームトークを選択。
戦術は弄らずそのまま後半戦へ。

そして後半54分
ミテアがやや浅い位置から左足で上げたクロスを、シャマフがヘッドで合わせた!
このヘディングは威力は無かったものの、前に出たエニュヤマの頭上をループ状に越えた!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


サンダランド、エースシャマフのゴオオオオオオル!
これで二点差!!前半戦シュートを一本しか撃ててなかったニューカッスルにとっては、かなりのダメージなはず!

後半58分
クズマノビッチがオーウェンに軽傷を負わせる。
…勝ってるんだから、荒れた試合にはしないでね…。

後半62分
右サイド、ドレンテが蹴ったボールはキーパー正面のファシオの頭上へ!
ファシオ、軽傷を負っているオーウェンに楽々と競り勝ってヘディングシューーーーーート!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

サンダランド、これで目標の3点差は達成!
でもこれならまだまだ点は奪えそう!最後まで攻撃の手を緩めるな!


さらに後半67分!
今度は左サイド、アーロン・レノンによるコーナーキック。
レノン、今度はニアポストのフォーティを狙ってボールを蹴った!
フォーティ、13cmも身長差があるヘイティンガに競り勝ってヘディングシューーーーート!
そして当然、ゴオオオオオオオオオオル!4点目!!(゚∀゚)

さらにさらに後半77分!
シャマフに代わって出場していたバトゥザンが放った、約27mのロングシュートがゴール右上隅に決まった!5点差!!
これが最後の一撃!
サンダランド、永遠のライバルであるニューカッスルを見事ボコボコにして試合終了!

FM003064.jpg

5-0 タイン・ウェア・ダービー勝利!!

クラブの歴史に残る大勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

サンダランドに就任してから、ニューカッスル相手に5点差をつけたのは勿論これが初めて!
サポーターも大喜び!いやー、今季アウェーで負けてた分余計に気分が良い!
今頃キーガンはニューカッスルサポーターに滅茶苦茶言われてるんだろうなぁ…( ´,_ゝ`)

第二十三節終了後 1位


1/20

レアル・マドリードがバトゥザンに超高額オファー!!

FM003065.jpg

最初は34億のオファーだったんですけど、レアルなら50億ぐらい払えるだろ!って吹っ掛けたら
狙い通り50億のオファーを提示してきて、サンダランド理事会が介入し一発OK!

将来超有望株だったんですが、
今季の活躍は微妙だし、フォーティとの諍い問題もあったから、上手く売れて良かったです。

…ただ、バトゥザンの代役探しは今すぐ始めないとまずいかも…



1/24

バトゥザン、レアルへの移籍が正式に決定

FM003066.jpg

ボスマンで獲った選手だったんで、50億円まるまる大儲けです。
さて…後任には誰を獲ろうか…。



1/26

シュツットガルトから、アレックス・ティシェイラを獲得!

FM003067.jpg
FM003068.jpg

レンタルでの獲得です。
今シーズン残りの試合で使ってみて、戦術に合わなかったらシュツットガルトに所有権を返して、来季戻ってくるサイヴェに期待すればいいし、
活躍すれば完全移籍で獲得すればいいかなぁ、と。



1/26

FA Cup 4ラウンド
(H) vsBlackburn


FM003069.jpg

早速ティシェイラをスタメンで起用。

そして二戦連続中堅のチームとホームでFACupを戦えるとは…今季は運が(・∀・)イイネ!!

試合結果

FM003070.jpg

2-1 WIN!

ティシェイラが早速アシストを決めて逆転勝利!
ボールの受け方が上手いので、1.5列目でシャマフの相棒としてプレーさせると面白いかも。



1/30

Barclays English PremierLeague 第二十四節
(A) vsColchester(19位)


FM003071.jpg

1月最後の試合は完全格下のコルチェスター。
いつもよりゆっくりボールを回して、引いてくるであろう相手守備陣を崩してからの得点を狙います。

試合結果

FM003072.jpg

2-2 DRAW!

圧倒的優位に試合を進めていたのに、シャマフが珍しくチャンスを大量浪費し、ドレンテがヘディングをミスして失点。
そして試合の最後の最後でミドルシュートがジュルーに当たって同点に…
あばばばばば
こういうことがあるからサッカーって怖いのよね…



1/31

ブラジルのゴイアスから器用なディフェンダー、レナンを獲得。

FM003073.jpg

伸びてくれたらいいな~ぐらいの気持ちで獲得した。期待はしていない。



冬の移籍市場まとめ

イングランドのクラブが関わった移籍

FM003074.jpg

ニューカッスルが唯一の得点源、フンテラールをインテルに放出…馬鹿すぎる。

世界全体の移籍

FM003075.jpg

世界全体で見ても、バトゥザンの50億は今冬トップの数字。
いやー美味しい取引が出来ました!
ありがとう!レアル!

サンダランドの移籍まとめ

FM003076.jpg

今季は初めて選手獲得の移籍金合計が、選手放出の移籍金合計を下回りました。
おかげでクラブの財務状態は大変良好!
余ったお金を使ってのスタジアム拡張もお願いしておきました!



冬の移籍市場を終えてのチームデータ

名前ポジション年齢コメント
ラシュツブカGKCZE30なんだかんだで守護神。緩いシュートでもパンチングしちゃうのは多めに見てね!
マルクッチGKITA18ラシュツブカの調子が良いので出番無し。
ゴンサロ・ロドリゲスSW, D CARG28ファシオとジュルーにスタメンの座を奪われる。でも出たら出たで活躍するので扱いに困る…。
ファシオSW, D C, DMARG25サンダランドの守備力向上に大きく貢献。セットプレーからの得点も。
マルキエーゼD LC, WB LITA27貴重なサブメンバー…でしたが、最近出場時間の少なさに不満を持ち始めてます。
ジュルーD CSUI25ファシオとのセンターバックコンビは相性抜群。今やチームに欠かせない存在に。
エヴァンスD CNIR24チームに忠誠を誓う第四CB。但し出番は殆ど無い。
マドゥーロD C, DMNED27戦術にあっさり馴染んで2ゴール6アシストの大活躍。セットプレーのキッカーも務めます。
イウシーニョD/WB R, DM, M RCBRA26最近インテルが狙い始めていて、そろそろ引き抜かれそうな気が…代役探しを始めなければ…。
ドレンテD/WB/AM LNED25だんだんプレッシャーに強くなってきたかも。
フラミニDMFRA28マドゥーロの加入で出場機会が若干減少。でも重要な存在なのには変わりない。
ディドDM, M RCFRA29直接FKの精度はチーム1。中盤セントラルだけでなく右サイドの無難にこなせます。
クズマノビッチM RCSRB24思ったよりもゴール数・アシスト数共に伸びないが、両サイドにバランス良くボールを散らしてくれるので貢献度は高い。
ディエゴ・カペルAM RLESP24マンネリ現象か?どうも今季は調子が悪い。リーグ戦で未だに2アシストしか決めていません…。
アーロン・レノンAM RENG25相変わらず高速ドリブルからのクロスは正確且つ強烈。ユベントスが獲得を狙いはじめたので、契約更改を検討中。
アシュリー・ヤングAM RLENG27アーロン・レノンの控えのつもりで獲得しましたが、いざ使ってみればリーグ戦9試合1ゴール7アシストの大活躍。やっぱり両足が使えるってのは武器になりますね。
ティシェイラAM RLC.F CBRA23バトゥザンの後釜としてシュツットガルトからレンタルで加入。1.5列目でのプレーを得意とし、デビュー戦でいきなりアシストを決めました。
ミテアAM LROM27ドリブル突破の数はチーム1。リーグ戦で2ゴール5アシストと、安定した活躍を見せています。
バベルAM LC, F CNED25フォーティの負傷離脱中にシャマフの相棒を務め、8ゴール3アシストを記録。アルシャビンと同じく、意外性のあるプレーを見せてくれるので気に入っています。
シャマフSTMAR28昨季と比べるとペースは落ちるものの、24試合15ゴールと相変わらず得点を量産。4シーズン連続20ゴール以上まで、あと5ゴールとなりました。
フォーティSTITA24驚異的な回復力でチームに戻ってきた長身ストライカー。1月に入って調子を上げてきており、現在8ゴールを決めています。
     




まとめのリーグ表

FM003078.jpg
FM003079.jpg

今季は過去最高の勢いで勝ち点を重ねているはずなんですが…アーセナルがそれ以上の勢いで勝っているため、追い抜いて差をつけることができません。
そしてサイヴェがユナイテッド戦で2ゴールを挙げる活躍を見せ、現在18ゴールの得点ランキング4位となっています。
来季戻ってくるのが楽しみですね!

と言うわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
Gignacは
2008/10/14(火) 11:42:44 暁 空也 URL #-[ 編集]
カタカナだとジニャックですね。

こんな記事があります。

一方、今季のリーグアンにおけるもう1人の発見、ロリアンのFWジニャックは21歳になったばかり。彼を一躍有名にしたのは第4節、ナント戦での快挙だった。2004年にロリアン(当時2部)でキャリアをスタートしたジニャックにとって、ナント戦は初めての1部での先発出場。ところが開始2分、ナントDFチェットにユニホームをつかまれてFKのチャンスを得ると、いきなりこれを直接ゴール右上に決めて観客の度肝を抜く。続いて15分には右サイドからスルーパスに反応して抜け出し、GKストイコビッチのファンブルを誘う鋭いグラウンダーのシュートで2点目。さらに27分には左サイドからペナルティーエリア内に侵入し、切り返しでチェットを翻弄(ほんろう)してループ気味のシュートを放ち、前半のうちにハットトリックを達成してしまったのである。

「あれは誰なんだ」と話題になるのも当然だった。なぜなら、ジニャックは昨季ポー(3部)に期限付きで移籍していたのだ。これまた、3部から1部へとダイレクトにジャンプしたリベリーと同じルートである。「3部と1部ではテクニック的にもフィジカル的にも、ものすごく差があるね。天と地ほどの違いがある」と、ジニャック自身も認める。「僕は直接3部から1部に来たから、ちょっと心配していた」のだという。だが1部でも臆することなく、遠目から思い切りよく打ってくる強烈で正確なシュートや、相手DFの裏をかくポジショニングの良さを武器にデビューしたジニャックを興味深く見守っていたのは、ドメネク監督その人だった。

「彼のプレーにはインテリジェンスを感じる。どんなふうに進化するのか見たいね」というフランス代表監督は、パリ・サンジェルマンとの開幕戦で途中出場したジニャックがDFジェペスの一瞬のすきを突き、まんまとボールを奪い取ってサイフィのゴールをお膳立てしたのを良く覚えており、それ以来ずっと注目していたのだという。「あのナント戦のハットトリックで、彼は(その才能を)裏付けてみせたね……」

ほかでもない代表監督からのお褒めの言葉だったが、「代表を狙えるのでは」と周りが盛り上がっても、ジニャックのモットーは「考え過ぎないこと」であるらしい。『Football.fr』のインタビューに答えたジニャックは、3部のポーでの経験が自分を大きく成長させてくれたと考えている。

「ポーでは監督もチームメートも僕を信頼してくれて、プレーにおいてもすごく成長できたと思う。以前は、ボールを持ったらちょっと震えてしまっていた。ミスをするのが怖かったんだ」

ロリアンに戻ってくるときは「考え過ぎず、自分にできることをやろうと決めていた」というジニャック。伸び伸びとしたプレーはロリアンで開花し、先週行われた対ナント戦でも右サイドからの折り返しをボレーでたたき込み、自身7得点目を挙げた。この試合はフランス代表スタッフも視察に訪れていたのだが、ここでもジニャックは「考え過ぎない」ことにしたようで、「代表で今やっているFWの人たちと、比べられるような時期じゃない」とテレビカメラに向かって話したのだった。

長文失礼。
2008/10/14(火) 20:19:17 REUSU URL #-[ 編集]
>>暁さん

なるほどなるほど…ジニャックでしたか。フランス語は難しいw
どうやらかなりの潜在能力を秘めた若手みたいですね。
今季のリーグ1得点ランキングでも、ベンゼマに次ぐ2位の得点数みたいですし。
これからも注目してみようかなw貴重な情報ありがとうございました!

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?