日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
11/1

シャマフとLeopardが10月の最優秀選手・監督賞を受賞

FM003005.jpg

FM003006.jpg

二ヶ月連続の監督賞受賞は、サンダランドに就任して始めてかも…。



11/3

Barclays English Premier League 第十二節
(A) vsLeicester(18位)


FM003007.jpg

次節はチャンピオンズリーグのインテル戦があるので、この試合は若干メンバーを落としています。
7年ぶりにプレミアリーグに戻ってきたレスターシティですが、
明らかなメンバー不足で早速降格圏に沈んでいるので足をすくわれることはまず無いはず。

試合結果

FM003008.jpg

0-2 WIN!

予想通り楽勝したものの、ファシオが顔面を負傷したため、次節のインテル戦の出場が微妙に…。

第十二節終了後 2位


11/7

UEFA Champions League GroupLeague H 第四節
(H) vsIntel(Italy)


FM003009.jpg

前回の対戦での屈辱はここで晴らす!
というかここで勝たないとグループリーグ突破が怪しくなってくる!
よりによってこの大事な試合でファシオが出場出来ないのは痛手ですが…
彼の代わりはキャプテンのゴンサロ・ロドリゲスに頑張ってもらうとしましょう!

試合開始

前半7分
右サイドアシュリー・ヤングが蹴ったフリーキックはガライにヘッドで返され、
再びボールはアシュリー・ヤングの足下へ。
アシュリー・ヤング、マイナス方向のマドゥーロにパスを出した。
マドゥーロ、ゴールに背を向けるようにボールをトラップ。
そして左のクズマノビッチの足下へパス。
クズマノビッチ、これをワンタッチでエリア内左にフリーで待ち構えていたディエゴ・カペルへパス!
ディエゴ・カペル、ゴールを向いてドリブル!
そして左足を思い切りよく振ってシューーーーーーート!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!!


高速シュートはジュリオセザールの手を逃れてゴール右上隅に突き刺さった!
サンダランド、ディエゴ・カペル久しぶりのゴールで先制!

先制後はインテルのマルティンス・イグアインの高速2トップに手を焼きながらも、オフサイドトラップやLastuvkaのタイミング良い飛び出しでなんとか無失点に抑える。
しかしサンダランドの攻撃も最後のパスが中々合わず、結局1-0で前半戦が終了する。

ハーフタイム
ややサンダランド有利な展開だったけど、前回の対戦の件もあるし、早めに追加点を奪って試合を決定付けたい。
…とはいえインテルのディフェンスは中々に固いし…
やっぱりサイド攻撃中心で地道にチャンスを窺うしかないのかな。
ということで戦術に変更は加えず、そのまま後半戦へ。

そして後半69分!
バベルが放ったミドルシュートはテイラーにブロックされゴールまで届かず!
しかし跳ね返ったボールに、バベルの後方から走り込んできたシャマフが右足ボレーで合わせてシューーーート!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
曲・げ・て・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


ついにきたああああああああああ!追加点!!!
これでサンダランドの勝利はほぼ確実に!!!

そしてこの得点の直後、右サイドのアシュリー・ヤングに代えてディドを投入!
勿論守備固めのための選手交代!色んなポジションが出来るディドはやっぱり使い勝手が良いなぁ。

そしてこの選手交代が見事大当たり!
元々は守備力のあるディドを右サイドに配置して支配力を高めるのが狙いでしたが、
ボールを支配するだけでなく、イウシーニョとの抜群のコンビネーションで積極的に右サイドのスペースに走り込みクロスを供給!
いやはや…これは良いオプションを見つけたかもしれない…

そして後半84分にはディエゴ・カペルに代えてマルキエーゼを、
さらに後半88分にはシャマフに代えてフォーティを投入。

で、その二分後の後半90分
ディドのグラウンダーの素晴らしいロングパスから、投入されたばかりのフォーティがゴールを決め、インテルに止めを刺して試合終了!

FM003010.jpg

3-0 WIN!

よしよし!見事リベンジに成功だ。

FM003011.jpg
FM003012.jpg

リヨンがシュツットガルトに敗れたため、サンダランドが再びグループHの首位に。
次節のシュツットガルト戦に勝利すれば、グループリーグ突破は決まったも同然となります。
あと一息…怪我人増えてきてちょっと辛いけど…頑張れサンダランド!



11/10

Barclays English Premier League 第十三節
(H) vsPortsmouth(11位)


FM003013.jpg

覚醒デフォーの居なくなったポーツマスなんぞ怖くないわっ!
ファシオは間に合わなかったけど、ホームだし大丈夫でしょ!

試合結果

FM003014.jpg

2-0 WIN!

前半戦は完全にサンダランドのペースでしたが、後半はポーツマスに押し込まれる展開が目立ちました。
それでも無失点に抑えられたのはLastuvkaの連続好セーブがあったから…。
うーん、やっぱ正GKはLastuvkaのままでいいのかなぁ…
でもパンチングが多すぎるしなぁ…どうしたものか…。

第十三節終了後 2位


11/24

Barclays English Premier League 第十四節
(A) vsReading(14位)


FM003015.jpg

次節のシュツットガルト戦に備えてメンバーはやや落とし気味です。
…今まで散々選手を削られてきたレディング、苦手としている相手ですが負ける訳にはいきません。
…でもやっぱり怪我させられるぐらいなら引き分けでもいいよ!と、監督としては言いたいところです…。

試合結果

FM003016.jpg

2-1 LOSE!

結果、苦手意識がさらに強まった、と。
まさか27M以上の直接フリーキック決められるとはおもわなんだ…

第十四節終了後 3位


11/27

UEFA Champions League GroupLeague H 第五節
(A) vsStuttgart (Germany)


FM003017.jpg

ぶっちゃけグループHの中で最弱なシュツットガルト。
最終節のリヨン戦の前に決勝トーナメント進出を決めれる可能性は十分にあります。
というわけでこの試合は勝ちに行きます!
今季好調なバベルの活躍にも期待!

試合開始

予想通りアウェーなのに、ボール支配率は圧倒的にサンダランドが上!
シュツットガルトにはミドルシュートすら撃たせません。

そして前半21分!
アシュリー・ヤングがフェイントで選手二人を抜き去ってゴールライン際からクロス!
これにニアポストに立っていたシャマフがヘッドで流してゴオオオオル!サンダランド先制!

うーん、なんかあっさり入っちゃったなぁ…。

先制後もサンダランドは執拗に両サイドからクロスを上げまくる!
しかし前半戦はシュツットガルトの粘りもあり、追加点を奪えず1-0で終了。

そして後半戦始まってすぐの49分!
左サイドマドゥーロのフリーキックを、ファーポストのシャマフがヘディング楽々と決めて二点差!

二点差とした後はまったりとボールを回して時間稼ぎ。
この辺りからシュツットガルトにガンガンシュートを撃たれ始めるも、エリア外からの無理矢理なシュートばかりなので問題なし。
後半83分にケディラにミドルシュートを決められ一点を返されるも、慌てることなく守り抜いて試合終了。

FM003018.jpg

1-2 WIN!


やっぱりシャマフは神でした。
バベルは…単独ドリブル突破で決定的なチャンスシーンを作ってたんですが…
どんな状況でも思いっきりシュートを撃ってしまう悪癖のせいでゴールは挙げられず終いでした。


FM003019.jpg
FM003020.jpg

リヨンがインテルに勝ったため、まだ決勝トーナメント進出は決まっていませんが…
得失点差を考えると、グループリーグ突破は決まったも同然な状況です。( ´ー`)フゥー...
3シーズン連続でえげつないグループにぶち込まれましたが…案外なんとかなるもんなんですね…。



まとめのリーグ表

FM003021.jpg
FM003022.jpg

相変わらずリーグ戦は好調を維持…というか優勝争い中。
ついにチェルシーが復活を遂げましたね!リヴァプールは低迷期に入る一歩手前みたいですけどw
厳しい日程が続く12月を前にして、負傷していた選手が全員戻ってきましたし、これからが本当の勝負です!

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに~!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?