日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
3/2

マンUにEvansの完全移籍交渉を断られる。
そりゃそうか…



3/8

リーグ戦 第二十九節 (H) vsBirmingham(17位)

FM001431.jpg

ホームで降格圏争いの相手と勝負。
勿論勝ちに行きます。

要注意選手

クシュチャク

FM001432.jpg

実は冬の移籍市場中ユナイテッドから
「2億円で買わない?」と逆オファー。
正直2億円なんて値段で大安売りするような選手じゃあないと思うんですけどね…。
まぁでもラッキーと思ってオファーを受け、控えGKとしての契約条件もクシュチャクに提示したんですが…
結局Birminghamにレンタルで獲得されちゃいました。残念。

試合開始

前半18分、アルシャヴィンが相手ゴール正面でドリブルしてるところを倒されてFK。
ゴール正面約25mと狙うには絶好の位置。
これを蹴るのは倒されたアルシャヴィン…。
ボールから二三歩距離を取って…壁の外を回り込むようなカーブをかけてゴール右角を狙ってシュート!
シュートは若干壁に当たって軌道が逸れて…ゴール右隅に決まった!ゴーーール!!先制!
さすがはアルシャヴィン、今日も大活躍!

前半21分、アルシャヴィンがWhiteheadからのパスをトラップして前を向いて…すぐに前へスルーパス!
Prica、ディフェンスをスピードで振り切って、完璧なパスをトラップ。
そしてエリア内に入ったところでシューーート!!
しかしこのシュートはクシュチャクが反応!弾いたボールを混戦の中バーミンガムのディフェンダーが必死のクリア!

Prica最近駄目だなぁ…アルシャヴィンのパスを生かしきれてない。
疲れが溜まってるんだろうか…。

そしてその後もサンダランドのペースで試合は進み、バーミンガムには無謀な一本のミドルシュートだけ撃たせて前半戦終了。
うん、このレベルの相手なら安心して試合を運べるようになってきたな…いい感じだ。
あとはPricaがゴールを決めるだけかな。


後半58分
Whiteheadの縦パスをアルシャヴィンが上手くトラップして相手と相手の間を通すパスをPricaに送った。
Prica、ボールをトラップ。そしてその前方には広大なシュートコースが!!!
Prica、迷わずシュート!!!

しかしこのシュートはクシュチャクが指先で辛うじて触った!!

Prica、またしても決めきれませんでした。


その一分後にアルシャヴィンが軽傷を負う。
無理して試合に出し続けて怪我が悪化するとマズいのですぐにStokesと交代。


その後十分置きぐらいにチャンスが訪れるが、ことごとくPricaが外す。
そしてそのPricaも後半82分に軽傷を負ったのでワグホーンと交代。

そして後半84分、Richardsonが単独で左サイドをドリブル突破してファーにクロスボールを上げる。
ボールの先にはピッチに入ったばかりのワグホーン!!!
完全にマークを外している!落ち着いて狙って…
キーパーのクシュチャクが大きく右に動いたのを見て、その逆を突く左にヘディングシュート!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

クシュチャク、ワグホーンの狙い通り一歩も動けずにヘディングシュートはゴール左に見事に決まった!
ワグホーン、ピッチに投入された直後に決めて監督の期待に答えた!

ワグホーンSUGEEEEEEEEEE!!
まだまだ能力値的には低いんだけどなぁ…こりゃマジで化けるかも。

で、このゴールでやる気を失ったBirminghamは、それからは何も出来ずに試合終了。

FM001433.jpg

2-0 WIN!

最近本当にチーム状態がいいなぁ。

第二十九節終了後13位 降格圏との暫定勝ち点差「9」



3/15

リーグ戦 第三十節 (A) vsFulham(14位)

FM001434.jpg

順位が一個下のフルハムとの対戦。
アウェーだが、最低でも引き分けには持ち込みたい。

試合開始

前半9分
Bardsleyが右サイドの奥のスペースにロブでパスを送る。
Edwards、マークを振りきりこのパスをトラップ。そしてニアにクロスを上げた!
アルシャヴィン、このクロスをトラップ!
そしてオール右隅にグラウンダーのシュート!!!
しかしこのシュートはキーパーのNemiがファインセーブ!


あああああ!絶対決まったと思ったのに…


前半19分、キーパーのロングキックからJohnsonが裏に抜け出し独走。
最後にキーパーのGordonまでもかわしてゴーール。

…Johnsonの足の速さを褒めるべきか、油断していたディフェンス陣を咎めるべきか…

前半21分、アルシャヴィンの左サイドからの間接フリーキックをPricaがニアポストでトラップ。
反転して…Etuhuに横パス!
Etuhu、これをトラップしてから落ち着いてシューーート!!!
しかしシュートは跳ね返ってキーパーの正面に飛んでキャッチされる。

…だからさっさと撃てと。

前半30分、Pricaが相手を背負いながらパスを受け、横のアルシャヴィンにボールを流す。
アルシャヴィン、ボールをノーマークでトラップして…エリアギリギリのところからゴール右隅を低く狙ってシューーート!!!
しかしシュートは惜しくも枠の横に外れる。

今日はやたらシュートが枠に飛ばないなぁ…

そして前半戦終了。
うーん…形は出来てるのにシュートが決まらない。これじゃ勝てる試合も勝てないぞ…。
とりあえずチームには「まだ一点差だ!十分に返せる点差だぞ!あきらめるな!(この試合は勝てる)」と伝える。
後半の出来次第ではPricaをJonesと交代することも考えておこう。

後半56分
PricaがテクニックでAndreasenのスライディングをかわして前を向き、グラウンダーの30mのパスをペナルティーエリアに放った。
これにアルシャヴィンが飛び込んでトラップ!
エリア外左からエリア内ど真ん中に鋭く入り込んで…ゴール左隅に強烈なシューーーート!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

グッジョブ!
アルシャヴィン、プレミアリーグこれで3得点目の同点弾!
Pricaがゴールを決めれない代わりにアシストでチームに貢献した!素晴らしい!

後半65分
Pricaが相手ディフェンスラインのパスをカットして独走するも、早い段階でシュートを撃ちすぎてキーパーに止められる。
暫くゴールがないから焦ってるのかな…

と思ったらその直後の66分
BouazzaがJohnsonとのワンツーであっさり裏に抜け出してシュート。
これもあっさりと決まってフルハム再びリード。
ああああもう!なんであっちはあんなに苦労も無くゴール決めるんだよ!

後半75分
フルハムの右サイドハーフ、Dempsyが本日二度目のイエローカードで退場。
こりゃ追いつくチャンスか?ってことでJones投入。

…が、8人が完全に引いて守ってるフルハムを中々崩せない。
そのまま時間だけが過ぎていく…ロスタイムは四分…。
そして後半93分に最後のチャンスがやってくる。

JonesがEdwardsの楔のパスをしっかりとトラップして、Whiteheadにバックパス。
Whitehead、Jonesの後方にいたEtuhuにツータッチでパスを出した。
Etuhu、Jonesの裏への走りこみに相手が釣られてディフェンスラインを下げたことで出来たスペースを利用してドリブル。
そしてEtuhu、ゴール正面やや右約22mの位置から一か八かミドルシュート!!

シュートはディフェンスのKallioに当たった!!
そして急激にコースを変えたボールはゴール右隅にワンバウンドして飛び込んだ!

ゴールゴルゴルゴルゴルゴーーール!

キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

同点弾だ!!!!
Etuhu、サンダランドを救う幸運を乗せたシュート!!!
後半93分50秒のゴール!!!
監督大興奮!サンダランドはキーパーのGordonまで飛び出してEtuhuを祝福しています!
実況「(ハーフタイムに)監督に何を言われたにしろ、効果抜群のようです。」
どうやらチームトークが効いていた模様。

そして同時に試合終了の笛!

FM001435.jpg

2-2 DRAW!

いやぁついつい興奮して、Etuhuのゴールが決まったときにガッツポーズをしてしまいました(苦笑
それにしてもPricaは最近シュートをよく外しますね…
今日は1本アシストしたからまだいいものの、このままでは…

第三十節終了後 13位 降格圏との暫定勝ち点差「7」



3/16

ウェストハム、監督のデル・ボスケを解任

FM001436.jpg

え、ウェストハムの監督ってデルボスケになってたのか…全然気づかなかったorz。
と思ったら12月25日に来たばっかなんですね。
ってことは三ヶ月足らずで解任!?決断早すぎやしないか?
私が監督やってたら2ヶ月もしないうちに解任されたかもw
サンダーランドの理事会は気の長い方々ばかりで助かりました…。



3/21

Fulopが移籍要求

FM001437.jpg

折角チームがいい雰囲気になってきているときに…
さっさと売却先探して黙らせよう。



3/22

リーグ戦 第三十一節 (H) vsEverton(11位)

FM001438.jpg

三試合連続で同じメンバーでスタメンを固定。
うーん、あまりいい傾向じゃないけど、落とせない試合が続いてるからなぁ…。
Pricaはこの試合でも点を取れなかったら次の試合ではスタメンから外すかもしれません。

試合開始

試合24分、Pricaがヘッドでボールをエリア内に落とす。
これにアルシャヴィンが走りこんでボレーシュート!!

しかしシュートは大きく枠を外します。

大チャンスだったけど…走りながらのボレーだから仕方ないか…。

前半30分、Edwardsが負傷退場!!
ああああ!この時期にEdwards長期離脱は勘弁!!!
代わりにはReidを投入…。

そしてそのまま試合は動かずハーフタイム。
前半戦はサンダランドはシュート七本、エバートンはシュート3本撃ってますが、枠に飛んだのはサンダランドの一本のみ。
エバートンも我々と同じように決定力不足に悩んでいるようです。
戦術は特にいじらずそのまま後半へ。

後半59分、Etuhuがアルシャヴィンの足元にパス。
アルシャヴィン、これをエリア内に向けて大きくボールをトラップ。
そしてPricaにスルーパスを送る。
Prica、エリア内右でボールをトラップするがシュートコースがない。
ターンして…Reidにバックパス。
Reid、エリア内右45度からフリーでグラウンダーのシュート!!!

しかしシュートは右サイドネット…ゴールキックです。

なんかやたら難しいパス回ししてるな…開幕当初なら考えられない動きだ。

後半70分、膠着した状況を打開するためにPricaに代えてJones投入。

…がやっぱり状況は変わらない。
どうもエヴァートンはこっちのキープレイヤー、アルシャーヴィンを厳しくマークしていてボールを受けさせないようにしている。
それでもアルシャーヴィンは1.5列目ぐらいまで下がるように指示してるから、そう簡単には潰せないはずだと思ってたけど…
って思ったら、アルシャーヴィンにマークについているのはGardnerという、体は弱いけどスピードと加速力が16ずつあるスピードタイプのディフェンダーだった。
あー、こりゃ完全にアルシャヴィン対策だわ…。

しかし後半88分
エヴァートン陣側右サイド奥からのBardsleyによるスローイン。
Bardsleyはエリア内のアルシャーヴィンに長いボールを放り込んだ。
アルシャヴィン、これをトラップ。

しかしHibbertに倒された!!!これがファール!!PK!!!

(゚∀゚)キタコレ!!

エバートンの選手達は猛抗議しますが審判は取り合わない!

そしてこの大事なPKを蹴るのはCBのHigginbotham!

ゆっくりと走りこんで…ゴール右隅にシュート!!


ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオル!!

キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!決勝点同然の先制弾!!!

勿論その後は残り一枚の交代枠を使って時間を稼ぎをして試合終了!

FM001439.jpg

1-0 WIN!!

いやー…逆にやられたら絶対にキレてた自信のある勝利でした。
最後のPKは多分、誤審ではないとは思いますが、なんだかラッキーとも思えるPKでした。
まぁそれでもエバートンに勝てたのは非常に大きいので、素直に喜んどくとします。
正直、残り十試合の時点の計画では、エバートンには引き分ければ上出来ぐらいのつもりでしたから…w

第三十一節終了後 13位 降格圏暫定勝ち点差「10」



3/16

Edwardsは3週間の負傷でした…。



3/26

Harteが練習中に負傷…3週間の怪我。
ひ…左サイドバックがいない…冬の移籍市場の目標獲得失敗がここで響くとは…。



3/28

Fulopを150MでBurnley(イングランド二部)に移籍させることが決定。



3/30

リーグ戦 第三十二節 (A) vsManchesterUnited(1位)

FM001441.jpg

試合前にファーガソン監督に褒められた(n‘∀‘)η

FM001442.jpg

チェルシーファンの身からすればライバルチームの監督だけど、偉大な監督には変わりないので「ファーガソンを尊敬している」と返答しておきました。

予想フォーメーション

FM001444.jpg

Evansはユナイテッドからのレンタル時の規約でこの試合起用できず。
Bardsleyを左サイドバックで起用して、右サイドバックには久しぶりにNosworthyを起用。
Edwardsの居ない右サイドには22歳のLeadbitterを起用する。

試合開始

前半11分、ビディッチがニアへのコーナーキックに頭で合わせて先制。
前半13分、ルーニーがロングスローをトラップして反転。そしてシュート!これが見事にゴール右隅に決まってあっという間に二点差。

あぁ…このまままたボコられるのかなと思ったら前半16分、
Nosworthyの上げたクロスをエリア中央のWhiteheadがヘディングでボールを落とし、これをアルシャヴィンがボレーシュート!
さすがのファンデルサールもこのシュートには反応できずにゴール!!一点を返す。

が、前半25分、Eagelsのパスで裏に抜けたルーニーがゴール左隅にボールを流し込んでまた二点差。

前半43分、ルーニーの絶妙なスルーパスから右サイドのロナウドがエリア内飛び出してシュート!
これがゴール左サイドネットに決まって4点目…止められる気がしない…。

このゴールで前半のユナイテッドのゴールショーは終了し、ハーフタイム。
とりあえず前半は右サイドのLeedbitterが頑張っていた以外は最悪でした。
というかもうルーニーとかロナウドの個人技が止められない。
だからといって前半で4失点してしまってるのはあれなんですけど…ある意味仕方ないのかな。
ハーフタイムではチームに同情だけしといて特に指示は与えずに後半戦へ。

後半開始後、サンダランドは何度かチャンスを作り出しますが相変わらずゴールには結びつかず。
後半70分を回ったところで、次節に備えるためにキープレイヤーのアルシャヴィン・Whitehead・Etuhuをベンチに下げる。
そしてその後さらにユナイテッドからの猛攻を受けますが、なんとか耐えきり4-1で試合は終了。

FM001445.jpg

4-1 LOSE!

まぁ敗北は予想通りですけど、もう少し失点は抑えられたんじゃないかなぁ…。
Evansが起用できないのが痛かったのかもしれません。

第三十二節終了後 13位 降格圏との暫定勝ち点差「7」



3/2

Evansが二ヶ月連続でプレミアリーグ月刊最優秀若手選手賞を受賞。

FM001446.jpg

そしてEvansがサンダランドサポーターに対して感謝の言葉を発表。
どうやら彼はサンダランドのことを第二の故郷と感じているようです。
…なんとかして完全移籍で獲得したいなぁ…。



4/6

リーグ戦 第三十三節 (H) vsBolton(12位)

FM001447.jpg

リーグ戦ではサンダランドの一個上の12位。
前回のアウェーでの対戦では2-1と惜しくも敗れているので、ホームで戦うこの試合は是非とも勝ちたい。

右サイドバックには久しぶりにMcshaneを起用。
エリア内でプレーすることの多いセンターバックじゃないので、そうそう簡単にPKを与えることはないはず。

試合開始

前半4分
アルシャビンのニアへのコーナーキックをPricaがフリーでシュート。
しかしこれはキーパーのヤースケライネンが素晴らしい反応を見せ、これをセーブする。

Prica…最近本当に駄目だなぁ…かといって代わりに点を取ってくれるFWなんていないし…。

前半11分
McshaneのロングパスをPricaがヘッドでEtuhuに落とす。
EtuhuこれをワンタッチでPricaの前方のスペースへスルーパス。
この意表を突いたパスにPricaは上手く反応してマークを外しキーパーと一対一。
Prica、キーパーが前に出てるのを見て、ループシュートを選択した!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

サンダランド、早くも先制!!!そしてPrica、久しぶりの得点!!!

キタキタキタ!!!ようやくPrica復活だ!!

前半28分
Leedbitterが右サイドライン際をドリブルで抜け出しクロス!
このクロスにニアのPricaが飛び込んでヘディング!!!

シュートは枠を越えてゴールキック。

Leedbitter前節のユナイテッド戦に引き続いていいプレーを見せるなぁ…
もしかすると彼は右サイドが天職かもしれない。
Edwardsとはまた違った突破を見せてくれる。クロスの精度もLeedbitterのほうが良いしね。

しかし前半42分、Cahillの放ったミドルシュートがディフェンスに当たって不運な同点ゴールとなる。

そして前半終了間際に追いつかれて嫌な感じのままハーフタイム。
チームトークで「あきらめるな!男たちよ!(この試合は勝てる)」と鼓舞して後半へ。

後半、サンダランドは沈んだまま。
全くチャンスを作り出せず、ボルトンの猛攻で自陣に押し込まれ続けるが、守護神のGordonが最後の最後のところで失点を防いでくれている。

しかし後半77分、そんなサンダランドに大チャンスが訪れる!
カウンターアタックからPricaがLeedbitterとのワンツーでマークを外して中盤からドリブルで独走!
さいごはキーパーと一対一!ゆっくり狙って…シューーーート!


しかしヤースケライネンがこれに反応して弾いてセーブ!!

Prica!!!もういい加減にしろよ!!何度外せば気が済むんだよ!

そして最悪なことに、このシーンでゴールを決められなかったことが試合結果に大きく影響してしまった。

後半88分、間接フリーキックをDavisがヘディングで落とす。
しかし、このなんてことのないボールをHigginbothamがトラップミス。
最後にこれを途中出場のTaylorが奪い去って逆転ゴーーーール…。

FM001448.jpg

1-2 LOSE!

…もうPricaはスタメンから外そうかな。



まとめのリーグ表 残り五試合!

FM001448.jpg

ダービーがしぶとい…早く残留確定してくれ。

FM001450.jpg

残り5試合の相手…
うーん…ウェストハムとダービーとトッテナムと降格争いまっただ中の三チームと対戦が残ってるのか…
嫌だなぁ、本当に最後まで気が抜けないじゃないか…。
まぁ最後の五試合の中にビック4との対決が含まれてないだけ、まだいいのかもしれませんw

ということで次回はついにプレミアリーグ07-08シーズンの終結です!
果たしてサンダランドは残留することが出来るのか!?お楽しみに!





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?