日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201907 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201909

11/13

DonovanをBurnleyに期限付き移籍をさせる。
期間は3ヶ月ですが、恐らく後で移籍期間延長交渉を持ち込まれるんじゃないかなと睨んでいます。

 


 


11/25

リーグ戦 第十四節 (A) vsBolton(13位)

FM001372.jpg

中盤の潰し屋Etuhuが累積警告で出場停止のため、怪我から復帰したKavanaghを先発起用。
左サイドバックには久しぶりにHarteを起用した。

要注意選手

ノーラン

FM001373.jpg

イングランド人らしい運動量豊富な攻撃的なセントラルハーフ。
が、やや守備が荒く、カードを貰うこともしばしばである。

試合開始

試合開始からサンダランドはボルトンのフィジカルを重視した攻撃に苦しめられ、
一度バーに当たるシュートを撃ち込まれるなどギリギリのところでなんとか攻撃を凌いでいる。

が、BoltonのDaviesが前半八分に負傷退場してから、徐々に流れがサンダランドに傾き始める。

そして迎えた前半20分、
Whiteheadからの素晴らしい縦パスをPricaがトラップしてドリブルで中に切れ込みシュート!!!
ボールはゴール右隅に!ゴーーーーーーール!!!先制!!

と思ったら前半30分にGordonがハイボールの対応を誤り、Helgusonにヘディングで決められ同点。

Boltonはその9分後、今度はノーランまでもが負傷退場。
…試合後何か言われても文句は言えないな…。

そしてそのままスコアは変わらずハーフタイム。
アウェーなので引き分けに持ち込めればいいということで、ややチームメンタリティを守備的に動かして後半へ。

後半55分、相手のフリーキックのロングボールをNosworthyが自陣エリア内にクリア!
これにHelgusonがボレーで合わせてBolton逆転…。

さらにその三分後、またPricaが負傷退場…
変わりにワグホーンを投入。

その後さらにRichardsonを投入したりして流れを変えようと必死に反抗しましたが、
結局Boltonにガッチリ守りきられて敗北。

FM001374.jpg

2-1 LOSE!!

それにしてもいらんミスからの失点が多いなぁ…
FWだけじゃなくディフェンスの補強も必要かもしれない…。


第十四節終了後 17位

 


 


11/28

FM001375.jpg

アルシャヴィンを1.5B円で獲得決定!!

最初は1.9Bも要求されたんですが、吹っかけられすぎだったんで1.5B固定で再オファー。
そうしたらゼニトの理事会が介入して、あっさりオファーを受諾してくれました。 
これで前線の迫力不足も少しは解消されるはず…!

 


 


12/2

リーグ戦 第十五節 (H) vsBlackburn(10位)
FM001376.jpg

ホームなので、引き分け以上を狙います。

要注意選手

サンタクルス

FM001377.jpg

高身長で足元も上手いという、対戦相手としては非常に嫌なタイプのFW。
イケメンで女性のファンも多いらしい。奥さんも美女。

試合開始

前半8分、Whiteheadの直接フリーキックは右角の良いコースに飛んだがFriedelにセーブされる。

前半18分
左サイドをドリブルで突破したペデルセンのクロスをDerbyshireがヘディングシュート!!
しかしこれはGordonが弾いた!ナイスセーブ!

前半22分
ペデルセンの直接フリーキックがクロスバーを叩いて大きく跳ね返る…危なかった。

そして前半36分
WhiteheadのニアへのクロスをJonesがトラップ!
そして切り替えしてシュート!!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

サンダランド、先制点!!

前半戦はこのJonesのゴールのみで終了。
相変わらずクロスボールの対応が安定しないが、この試合はクロス以外でそこまで危ないシーンは作られていないので良しとする。
今季は先制点を奪っても、同点に追いつかれるケースが多いので、後半はやや守備的に試合を進めることにする。

後半54分
ブラックバーンのDerbyshireがスルーパスに反応してエリア内に抜け、シューーーート!
これが決まってブラックバーン同点!!!
かと思われたが、このプレーはオフサイドの判定。
サンタクルスは主審に文句言ってたけど、妥当な判定だと思う。

その後はサンダランドが守備的に試合を進めてるだけあって、なかなか互いにチャンスシーンが生まれず時間だけが過ぎていく。

後半80分を過ぎたところで、サンダランドは交代枠をゆっくりと使ってさらに時間稼ぎ。

さらにロスタイム4分になった時点で二枚のカードを切り、チームメンタリティを超守備的・時間稼ぎをMAXにして試合終了。

FM001378.jpg

1-0 WIN!!

Le「ワンチャンスをモノにして久しぶりの勝利だ!!」

アシ「今回はディフェンス陣が良く頑張ってくれました。無失点試合も久しぶりなんじゃないですか?」

Le「はっきり言って全然面白くないサッカーだけどな。それでも勝つためには仕方ない」

第十五節終了後 17位

 


 


12/3

アシ「FA Cupの最初の対戦相手が決まりました。聞きますか?」

Le「頼む」

FM001379.jpg

アシ「マンチェスた…」

Le「陰謀だ!絶対陰謀だ!謝罪と賠償を(略)

 


 


12/8

リーグ戦 十六節 (A) vsWest Ham(18位)

FM001380.jpg

降格圏内ギリギリのWestHamと、降格圏外ギリギリサンダランドの勝ち点差は現在「4」
ここで勝ってその差を「7」にすることが出来れば、この先のリーグ戦が随分楽になります。
とは言え、アウェーなので、まずは負けないことが第一ですけどね。

要注意選手

アシュトン

FM001381.jpg

リアルではたまにすごいゴールを決める…ぐらいのストライカーですが、FMではやたらと評価高いんで注意が必要。

試合開始

前半戦12分
Jonesがニアへのコーナーキックをトラップしてエリア内で横パス。
これをトラップしたPrica、なんともう一度横パス。
そしてRichardson、このパスをダイレクトでシュート!!!

キャッチされる。

さっさと撃たないからそうなるんだよ!!!

結局前半戦サンダランドのチャンスはこのシュート一本のみ…勿体無い。

後半になってもサンダランドはチャンスを生み出せない。
対照的にWestHamはガンガンシュートを撃ってくる…。
このままでは失点は時間の問題なので様々な対策を打つが上手くいかない。

後半79分、Millerがロングボールで右サイドに抜け出しニアにクロスを上げる。
これにPricaが飛び込んでヘディンシュートを放つが抑えが利かず枠の上。
あぁ…これが後半最後のチャンスかな…

と思ったら後半90分、
Anichebeがヘディングをからぶったアントンファーディナンドの裏に抜け出してキーパーと一対一!
そしてAnichebe、体勢を整えて…シューーーート!!!




キーパー真正面!!!


わたしはAnichebeのしゅーとが、きーぱーのしょうめんいがいにとんだところをみたことがないな、とおもいました。
れうす

そして試合はそのままスコアレスで終了。

FM001383.jpg

0-0 DRAW!

Le「今日ほどFWの決定力不足を呪った日は無い」

アシ「冬の移籍市場が待ち遠しいですね…」

第十六節終了後 17位

 


 


12/16

リーグ戦 第十七節 (A) vsTottenham(10位)

FM001384.jpg

現実同様に低迷してますが、メンバーは一流。
今回も今までどおりに守備的戦って引き分け狙いでいきます。

要注意選手

ロビー・キーン

FM001385.jpg

リアルではリヴァプールに移籍。一体ベニテスはどういう風に彼を使うんでしょうか?興味があります。
現実ではトッテナムはベルバトフが好調でしたが、今回のFMではロビーキーンのほうが好調。
15試合11得点2アシストを決めています。

試合開始

予想通りいうかなんというか、試合開始から押されまくり。
途中、レノンのシュートミスにも助けられてなんとか無失点に抑ている。

しかし前半28分、唯一の得点減Pricaが負傷退場…代わりにはワグホーンを投入したが代わりが務まるかは疑問。

前半44分、レノンがドリブルで突破し中に切れ込む!
そして中央でフリーだったベルバトフに横パス!
ベルバトフ、この絶好のボールをハーフボレー!!!

このシュートは横に大きく外れてゴールキック…。

なんかベルバトフが今季不調なのが良くわかるシュートでした…

さらに前半45分、ロビーキーンがエリア内に抜け出しキーパーと一対一!
そしてシューーート!!!!

しかしGordon、この至近距離からのシュートを弾いた!

ロビーキーン、こぼれ球に追いつきもう一度押し込む!



Gordon!!!これもセーブ!!!ボールをクリアー!!!

Gordon…さすがだよ。

そして前半戦も同時に終了。
正直全く何も出来ておらず、無失点ですんでいるのが奇跡のような前半戦でした。
後半戦はもっと守備にかける人数を増やすよう指示。
もう、スコアレスドローしか道はない…

しかし後半に入ってチームの動きが見違えるように変わる。
チームトークの「相手はあのスパーズだし仕方ないよ(共感する)」が効いたのだろうか?
特にワグホーンの動きとJonesの動きが良くなっている。
Jonesの相手ゴールを背にしながら確実にボールを繋げるポストプレーに、ワグホーンがドリブルでしかけたりミドルシュートを放ったりして積極的にゴールを狙う。
単純な攻撃ではあるが、前半戦攻撃パターンが殆ど無いと言ってよかったサンダーランドにとってはこれは非常に大きい。

そして後半55分、歴史的瞬間が訪れる。
Millerの楔のパスをJonesがトラップして横にドリブル。
そしてペナルティーアークの頂上からエリア内に向かって完璧なパス!
これにワグホーンが反応!トラップして…シューーート!!!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

ワグホーン!!弱冠17歳にして世界最高峰のプレミアリーグで初ゴール!!!

そしてすかさずチームメンタリティをさらに守備的に。
いくら後半動きがよくなったからと言って、あのトッテナムが先制されたのにいつまでも黙っているとは思えない。
むしろこれからが本番。死ぬ気で点を取りに来るであろうトッテナムの攻撃を跳ね返し続けなければならないのだから。

そしてこの采配が見事当たった…のかはわからないが、それからトッテナムはセットプレー以外でチャンスを作れずに時間が過ぎていく…

が、後半86分
そのセットプレー、コーナーキックからHuttonがヘディングでポストを叩いて入るシュートを決められて同点に追いつかれる。
まぁセットプレーは失点するときはするからなぁ…仕方ない。
むしろ最後まであきらめなかったトッテナムを褒めるべきか…。

FM001386.jpg

1-1 DRAW

Le「終了間際に追いつかれてしまったのは残念だが、トッテナム相手に引き分けは十分満足できる結果だ!」

アシ「ワグホーンというヤングスターも生まれましたしね」

Le「彼は実に素晴らしい!見ていて楽しいプレーをするからな!このまま順調に成長すれば、将来は間違いなくプレミアリーグを代表するストライカーになれるだろう」

十七節終了後 17位

 


 


12/26

リーグ戦 第18節 (H) vsPortsmouth(8位)

FM001387.jpg

Anichebeに久しぶりのチャンスを与える。
いい加減にキーパーの正面にシュート撃つのをやめてゴールを決めて欲しい…。

試合開始

前節のトッテナム戦はなんだったのかというほど攻撃が上手くいかない…
とは言えPortsmouthもカウンターからミドルばかり狙ってくるのでそれほど怖くは無い。

そしてそのままチャンスを作れずスコアレスで前半終了。
最近こんなのばっかな気がするが、失点して負けてるわけではないので(・ε・)キニシナイ!!
…少しリスキーだが、中盤の選手のパススタイルをショートに設定。
ホームなので、じっくり回してチャンスをうかがうことにする。

そして後半戦開始。

どうやらショートパス主体の戦術変更は当たったようで、

後半50分、Jonesが開始早々ラインの裏に抜け出し独走!


そしてキーパーと一対一になり、シューーーート!!


しかしシュートはキーパーに弾かれコーナーキック…。

JonesもAnichebe並に一対一を外すのをすっかり忘れてました…。

その5分後、Jonesがまたしても裏に飛び出し、シュートを放ちますがこれもセーブされます。

…その後試合はダラダラと進み、惜しいシーンも何もないまま試合終了。

FM001389.jpg

0-0 DRAW!!

Le「まぁPortsmouthは一応格上だし、ドローに持ち込めただけよしとしよう」

アシ「しかしAnichebeは相変わらず空気でしたね。今回はお得意の真正面シュートすら見れませんでした。」

Le「彼の獲得に関してサポーターが怒ってるみたいだが…正直すまんかったなと思ってる

アシ (´-`).。oO(・・・・・・・・・)

18節終了後 15位

 


 


12/26

リーグ戦 十九節 (A) vsDerby(16位)

FM001390.jpg

あまりに控えFW達が不甲斐ないので、新星ワグホーンをスタメン起用。
…本当は若い選手をあまりしょっちゅうリーグ戦に出したくないんですけどね、負担になるから。

試合開始

前半19分、ワグホーンがコーナーキックをヘディングで押し込み先制!
いやいやいや…本当にワグホーンは大物かもしれない。

さらにその6分後、ワグホーンがドリブルで一人で最終ラインを突破してシュート!
これはキーパーに阻まれるが、あともう少しいいコースにシュートが飛んでいればゴールだった。

前半34分、相手CBのクリアボールをEdwardsがカット。
そのままドリブルでエリア内に切れ込んで…角度の無いところから強烈なシュート!!!
これが対角線上のゴール左角に見事に突き刺さり2点目!!!

そして前半終了。
いやー、二点リードで後半戦に挑めるのって始めてじゃないかな?
相手に2本しかシュートを撃たせてないし…
ということで特に戦術に変更は加えずに後半へ

ところが後半56分、ぐちゃぐちゃな最終ラインの隙を突かれてMillerがエリア内に飛び出しシュート!
これがゴール左に決まって一転を返される。
一番ラインを乱していたWallaceが必死にオフサイドを抗議するが、お前が残っていたせいでオンサイドだったんだよ!ってことで勿論判定は覆らず。

この後、一点差に縮められたサンダランドは焦りながらもしっかりと守備を固め、後半殆どチャンスを作れないながらにも守り抜いて勝利!

FM001391.jpg

2-1 WIN!

アシ「相変わらずチャンスシーンが少なくてつまらない試合でしたね」

Le「それが我々のサッカーだ。タレントが居ないなら居ないなりに戦わなければならないのだから仕方が無い。」

 


 


まとめのリーグ表

FM001392.jpg
FM001393.jpg

前半戦を終えて降格圏からは5ポイントの差はありますが、まだ安心できるほどの差ではありません。
とは言え、前半戦終盤からサンダランドは調子を上げて来ていますし、
冬の移籍市場ではアルシャヴィンもチームに加わりますから、後半戦はもう少し楽になるかもしれませんね。
ということで、今回はこの辺で!また次回!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2008/08/13(水) 16:20:45 すし URL #-[ 編集]
すげぇ楽しみな俺ガイル・・・・!
ワグホーンに期待^-^
2008/08/13(水) 16:51:02 REUSU URL #-[ 編集]
>>すしさん

ありがとうございま~す!
こういうコメントを頂くと、プレー日記書くのが一層に楽しくなるから不思議ですw
ワグホーンには私も期待しています。アニチェベが使えなかっただけに…
でも五輪ではゴール決めてましたね、彼。なんか複雑ですw
2008/08/13(水) 20:39:48 オヤジ URL #-[ 編集]
アルシャビンとか贅沢すぎると思います!
ところでうちの子…あ、いませんかそうですかすいませんはい
2008/08/14(木) 11:50:30 REUSU URL #-[ 編集]
>>オヤジ

プレミアレベルになると金も入りますけど、選手もそれなりの獲得しないと辛い・・・
SNSパッチは一体どういう形式で再開しようか悩んでますw
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?