日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201908 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201910
UEFA EURO2012 スタメン発表 (2008/07/17(木) 21:53:01)
よくよく考えたらサムネイルサイズより、元の画像のサイズを気にするべきだった。
最近ディスプレイを22型ワイドに変えたんですけど、FMって画面が大きくなればなるほど余白が増えるんですよね…
ということで今回元の画像サイズ修正してみました、これで少しは見やすくなった…かな?
というか、出来れば前回の戦術講座の公開前に気づきたかった…あれじゃ見難いよ…
ということで前回の初心者講座の画像だけでも近いうちに直しておきます。

GK Reusu

FM001011.jpg

RSB Nakatun

FM001013.jpg

RCB M777

FM001014.jpg

LCB Porimaru

FM001015.jpg

LSB Valex

FM001016.jpg






DMF Umi

FM001017.jpg

RSMF Kaiya

FM001018.jpg

LSMF Takato

FM001019.jpg

AMF Anzu

FM001020.jpg






RFW Soulive

FM001021.jpg

LFW Makatun

FM001022.jpg








サブ1 Leyder (GK)

FM001023.jpg

サブ2 Hartert (GK)

FM001024.jpg

サブ3 McDonald

FM001025.jpg

サブ4 Papa

FM001027.jpg

サブ5 Tamy

FM001026.jpg

サブ6 Jyukutyou

FM001028.jpg

サブ7 Sushived

FM001029.jpg

サブ8 Toshizou

FM001030.jpg

サブ9 Green

FM001031.jpg

サブ10 Nanami

FM001032.jpg

サブ11 Dekatichi

FM001033.jpg

サブ12 Pasta

FM001034.jpg





各ポジション考察

GK

スタメン起用に耐えうるキーパーがReusuしかいないので彼で確定。
第二・第三ゴールキーパーのLeyderとHartertは、とてもじゃないがEUROのような大きな大会で通用する能力じゃないため、もしReusuが負傷してしまうと一気に失点率が上がる恐れがある。
なのでReusuには唯一無二の守護神として、完全かつ安全な体調管理が求められる。

R・LSB

EURO予選終盤でのPapaの猛アピールで、誰をスタメンにするか迷ったポジションの一つ。
が、Papaはまだ守備に不安なところがあるので、今回は2010W杯に引き続きNakatunとValexで行くことにした。

R・LCB

ここはM777とPorimaruでいくことに。
が、Donaldも十分な実力を持っているため、大会中のPorimaruとM777の調子次第では、代わりにDonaldをスタメンに押し上げる可能性も十分にある。

DMF

ここはUmiとTamyで、どちらをスタメンにするか非常に迷った。
守備力ではUmiが勝り、攻撃力や展開力ではTamyが勝る…。
結局、アンカーに最も大事な守備力を優先してUmiを緒戦ではスタメンで起用することになったが、他のポジション同様、大会中の出来次第ではTamyがスタメンの座を奪う可能性もある。

RSMF

Kaiyaか、それともToshizouか…。
Toshizouは予選第十節の報復行為の退場により、3試合の出場停止命令を受けており、EUROの第一節には出場出来ない。
が、予選の中盤の活躍が素晴らしかったのもまた事実であり、6・7・8節では合計8アシストも決めている。
一方のKaiyaも予選で最終節を決めているのと同時に、クラブデーターではSNSメンバートップの14アシストを決めており非常に調子が良い。
…結局、ここも他のポジション同様、大会中の調子次第でスタメンが入れ替わることになりそうだ。

LSMF

結局最後まで適任者が出てこなかったポジション。
Takatoは局面打開力には優れるが周りと絡めず孤立することが多く、
Sushivedは周りと上手く合わせられるものの、決定的なシーンを作り出すことが出来ない。
最悪、右にKaiyaを置いて左にToshizouを置くというプランも考えてはいるが…。

CAMF

スピードとテクニックのAnzuと、フィジカルとテクニックのJyukutyouのポジション争いは結局決着がつかず。
タイプが違うこの二人を相手によって使い分けると言うのが現在のプラン。
ギリシャ戦とイタリア戦ではAnzuを、ドイツ戦では予選で劇的な決勝ゴールを叩き込んだJyukutyouを起用するのが今のところの予定。

R・LFW

予選で安定した活躍を見せたSouliveは不動。
が、相方のLFWが激戦区。
元エースのPastaの復調、高身長ストライカーNanamiの急成長、安定感と勝負強さが売りのMakatun、スピードに乗ったドリブル突破からゴールを奪うGreen…
とりあえず基本は予選で長くSouliveとコンビを組んだMakatunに任せて、状況や相手によって残りの三選手を使い分けるというのが基本形になりそうです。



次回予告

…なんか殆ど「相手によって使い分ける」とか「調子次第で」とかそんなんばっかですが、これって代表監督としてどうなんでしょう?





まぁいいか、考えたら負けな気がするし。
さて次回は遂にEURO開幕!
緒戦の相手はEURO2004覇者のギリシャです。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?