日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201907 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201909
国際親善試合 SNS対トルコ (2008/03/21(金) 12:00:00)
クラブから選手の出場時間制限要求

FM000147.jpg


親善試合はよくあることなんですけど、以上の選手の出場時間を45分に制限しろとのこと。
ここで「だが断る」なんてやっちゃうと、次の親善試合から召集を拒否されたりするのでちゃんと守らなければならない。
まぁ元々交代枠ぎりぎりまで使い切って色々な選手を試そうと思っていたので別に問題にはならないんですけど。



SNS出場選手発表

FM000148.jpg

FM000149.jpg


DektichiとKohは若手にチャンスを与えるために今回は未出場。

ベンチ入りメンバーは、

Koh
Papa
Sushived
Toshizou
Donald
Green
Makatun
Anzu
Tamy

の、九人。
昨シーズン終盤からクラブで調子を上げてきたNanamiはコンディション不良のためベンチ入りできず。



要注意選手


ニハト・カフヴェジ

FM000150.jpg


やや小柄ながら、スピードに乗ったドリブル突破、やや遠目からでも積極的に放たれるシュートなど、多くの決定機に絡む敵チームにとっては厄介な選手である。
攻撃的なポジションならばどこでもプレーできるユーティリティーさを持ち合わせている。またフリーキックも得意。

(wikipedia引用)



ハリル・アルトゥントップ

FM000151.jpg


ドイツ出身のトルコ人サッカー選手。ポジションは主にフォワード。
同じくサッカー選手のハミト・アルトゥントップは双子の兄である。

強烈なミドルシュートや、相手ディフェンスラインの裏に抜け出すといった様々なパターンでゴールを狙えるストライカー。
巧みな位置取りで相手ディフェンスを困惑させる。
一度火が付くと貪欲にゴールを狙ってくる、相手にとって厄介な選手である。

(wikipedia引用)



ハミト・アルトゥントップ

FM000152.jpg


ドイツ、ゲルゼンキルヒェン出身のトルコ代表サッカー選手。
ポジションはMF。同じくサッカー選手のハリル・アルトゥントップとは双子である。

強烈なミドルシュートと鋭いドリブル突破が持ち味のサイドハーフ。
積極的で小気味良いプレーを見せるが、ハリル同様にスランプが長いのが欠点。

2007-08シーズンからバイエルン・ミュンヘンへ移籍。
大補強を敢行したバイエルンでバスティアン・シュヴァインシュタイガーからポジションを奪うなど活躍している。

(wikipedia引用)

ハミトは現実ではそれなりに活躍している選手なんですが、
FMではいきなり出てきたKaiyaの台頭によってベンチを温める生活が続いている可愛そうな選手になってしまってます。



エムレ・ベロゾール

FM000153.jpg


171cmと小柄ながら、豊富な運動量と広い視野、卓越したパスセンスを併せ持つゲームメーカー。欧州のビッグクラブにトルコ人選手で最も若くして加入した選手である。

2000年に弱冠20歳でノルウェー戦でトルコ代表デビュー。
2002年の日韓W杯では6試合出場し1ゴールを挙げ、3位の快挙に大きく貢献した。

(wikipedia引用)



トゥンジャイ・シャンル

FM000154.jpg


90分間フルに動き回れるほどのスタミナが特徴で、スペースを見つけるのが上手い選手。2002年から2007年の間、フェネルバフチェの一員として207試合に出場し77ゴールを挙げた。
また、UEFAカップなどの同クラブのヨーロッパでの試合においては29試合に出場し12ゴールと、クラブでの最多得点者となっている。

2007年6月に、イングランドのFAプレミアリーグ所属のミドルスブラFCに移籍することで合意。決定力の高いフォワードとして期待されている。

(wikipedia引用)



試合開始


前半3分

Aurelioがエムレに長いグラウンダーのパスを送る。
エムレはフリーでこれを上手く足元に納めると、ゆっくりと顔を上げてパスコースを探す。

エムレ、ハリルアルティントップに長いスルーパスを放った!

ハリル、M777を振り切ってペナルティーエリア内左に抜ける!角度は厳しいがシュートコースはある!
しかしM777、再び追いつきシュートコースを消す。

ハリルアルティントップ、構わずシュートを放った!

しかしシュートはやはりM777に当たり、こぼれたボールはキーパーの正面へ。
キーパーのReusu、ボールをキャッチ。



前半9分

Umiがボールを持つとエムレベログゾルがすぐに詰めに来る。

しかしUmiはこれを鋭いターンでかわして左のValexにパス!

素晴らしいキープ力です。

Valex、これをトラップした。
さらにシザースでハミトアルティントップとAurelioを揺さぶる。

そしてValex、一瞬開いたハミトとAuelioの間のスペースにパスを通す!

このパスはJyukutyouがトラップ!
そしてツータッチ目でSouliveにパスを送る!

Soulive、ツータッチでPastaにラストパスを送った!

Pasta、裏に抜けてキーパーと一対一!
キーパー飛び出してくる。

そのタイミングを見計らってゴール左隅に低く抑えたシュートを放った!




しかしシュートはポスト直撃…チャンスを潰してしまいます。

と、思ったらこのプレーはオフサイド、Pastaが一瞬早くラインを飛び出してしまっていた。
トルコのフリーキックで試合が再開されます。



前半13分

JyukutyouがAirelioのタックルでボールを奪われるが、Umiがこれを素早くカバーしてボールを拾う。
すぐにエムレがチェックに来る、Umiは冷静に前を向いて…

Souliveの裏のスペースに狙いを定めてロングパスを放った!

しかしこの意表を突いたパスにSouliveが反応できず。
ボールはCBのServetがカットして前を向く。

これをSouliveが素早くタックルしてボールを奪う!

Soulive、体勢を立て直してペナルティーエリア内右45度ほどの位置に抜けた!

そしてすぐに右足を振りぬいた!

強烈なシュートはファーサイドネットを目掛けて一直線!
キーパーこれはもう見送るしかない…







GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Soulive、決めた!代表初ゴールです!
闘志溢れるプレーに観客も大喜び!
これで1-0です!



前半15分

右サイドからのトルコのコーナーキック。
キッカーはハミト・アルティントップ。
ハミトは助走を長めにとって、ボールを勢い良く蹴りこんだ!

キーパーから逃げるような回転のかかったボールは、ニアポストで一人待ち構えていたハリル・アルティントップの頭へ!

マークについていたValex、思い切り跳んで競り合う!

それでもハリルがこの空中戦を制し、ヘディングシュートを放った!

シュートは勢い良くニア目がけて飛んでいく!枠はとらえているぞ…!

このシュートにReusuが反応し、跳びこんで手を伸ばす!

しかし届かない!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!

トルコ、休む間もなく追撃します!
アルティントップ兄弟が同点弾を演出!
私の記憶が正しければSNSはセットプレーでの失点はこれが初めてではないでしょうか?



前半16分

SNS失点直後のキックオフ。
SouliveはバックラインのM777までボールを戻す。
M777はワンタッチでNakatunにボールを送るが、パスコースが無かったのかすぐにボールが戻ってくる。
M777、仕方なく前線へロングボール。
これはCBのServetがヘディングでクリアー。

が、このクリアーの精度が悪い!ボールはPastaの足元へ!
Pasta、すぐにSouliveにボールを渡す。

Soulive、右からバイタルエリア中央に向かってドリブルで仕掛けた!
そしてバイタルエリアまで食い込むとキーパーが少し前に出てきてシュートコースを狭める。
まだ完全にDFを振り切ったわけではない。
しかし狭いシュートコースなら見えている、どうすべきか。

Soulive、迷わずシュートを放った!

ゴール左を狙い、右足のアウトで引っ掛けるように蹴ったシュートはキーパーの手を越える!
そしてボールはすぐに右に曲がり始め、ゴールへと突き進んで行った…





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Soulive、見事に2ゴール目を決めた!素晴らしい!
物凄い技術と冷静さです!あの場面でのシュートならああいう風に蹴らないとゴールにはならなかったでしょう!
これでSNS、再びトルコを突き放し2-1です!



前半21分

右サイドハーフウェイライン付近からのスローイン。
ボールを投げ込まれたSouliveはヘッドで右サイドのライン際にいるKaiyaにボールを落とす。

Kaiya、ドリブルで左サイドバックのBaltaをあっさりと置き去りに!

Kaiya、一気にコーナーフラッグ付近まで持ち込んでクロスを上げた!

グラウンダーのカーブのかかったクロスは走りこんできていたPastaの足元へ!



しかしボールはCBのGokhanが辛うじてエリア外にクリア。

が、さらにこのボールをSouliveが追いついて…

左足でダイレクトでを放った!



しかしシュートは枠を越える、さすがにこれは少し厳しかったか。



前半23分

ペナルテイーアーク左の付け根付近からのトルコのフリーキック。
キッカーはニハト、その後ろにはエムレ、壁は6枚です。

ニハト、少しボールから距離を取る。
壁は近いがそれでもニハトなら枠に飛ばす技術はあるだろう、それは後ろにいるエムレも同じ。

そしてニハトは助走に入った…
ニハトが撃つのかエムレが撃つのか…




ニハト直接狙った!ボールが縦に落ちる強烈なシュート!

キーパーのReusu、これにはもうボールを見送ることしか出来ない!





しかしシュートは惜しくもサイドネット!
枠をとらえていれば確実に入っていました。



ハーフタイム

FM000157.jpg

FM000155.jpg

FM000156.jpg


試合内容はややSNS有利と言った程度。
Souliveの爆発で2-1とリードはしているものの油断は出来ない。
まぁ親善試合なので別に負けても構わんのですけどね。

そして同時に選手交代、一気に6人の選手を替えます。

Nakatun→Papa
Porimasu→Donald
Kaiya→Anzu
Takato→Sushived
Jyukutyou→Tamy
Pasta→Makatun



後半47分

PapaがドリブルでエムレのタックルをかわしてUmiへパス。
Umiは少しボールをキープして今度は右サイドのAnzuにパス。

Anzu、これをトラップして前を向く。

そしてエラシコでマークを幻惑し、浅い位置からクロスを放った!

低めのアーリークロスはエリア内居るMakatunへ!

Makatun、ペナルティーエリア内でマークに付かれながら、足とボールに磁石でもついているのかと思うほどの正確なトラップ!

マークについているGokhan、これでは飛び込めない!

そしてMakatun、ゴール至近距離からグラウンダーのシュートをゴール左隅に思い切り蹴りこんだ!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!

これはもうキーパーもお手上げ!
Makatun、代表初ゴールを決めた!
今シーズンに入ってリーグ戦5戦6ゴールという記録は決してまぐれでは無いことを証明しました!



後半53分

Aurelioがハリル・アルティントップに楔のパスを入れる。
ハリルはこれをトラップしてドリブル、そしてオーバーラップしてきたCBのServetにパス。

Servet、これをダイレクトでBasturkに送った!

Basturk、ドリブルでディフェンスのど真ん中に切り込む!

そしてBasturuk、ペナルティーエリア内に一歩踏み込んで…

シュート!


しかしシュートは枠の遥か横、ミートしませんでした。



後半58分

Umiがエムレベログゾルを引っ張って倒してしまいファール。
センターサークル付近でフリーキックがトルコに与えられる。
キッカーはエムレ…まずは近くに受けに来ていたハミト・アルティントップにパス。
ハミトは前に居るハリルにパス。
ハリルはドリブルでキープした後、ペナルティーアーク内で待ち構えているトゥンジャイにパス。

トゥンジャイ、背中でM777を受けながらBasturkにラストパスを送った!



Basturk、これをダイレクトでシュート!!!



しかしシュートは枠を越えてゴールキック。
いい崩しでしたがゴールには結びつきませんでした。




後半61分

ValexがドリブルでBasturkをかわしてTamyにパス。
そのままValexは左サイドの裏を狙って猛然と走りあがる。
しかしTamyはここでUmiにパス。
UmiはダイレクトでSouliveにパス。

そしてSouliveはこれをトラップしてターンしながらMakatunへ正確なラストパスを放った!

Makatun、ゴールと平行になるようにエリア内で大きくトラップ!これだけでマークを外した!

そして思い切り右足を振りぬいた!

地を這う弾丸シュートはキーパーの正面!



しかしキーパー反応できない!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Makatun、さらに得点を重ねる!
これで4-1!SNSの勢いはとまりません!



後半65分

左サイドからのValexのスローイン。
Valexは近くに受けに来ていたTamyにシンプルにボールを出した。
TamyはダイレクトでUmiにパス。

Umi、完全にフリーで待ち構えているMakatunを見逃さず、得点に直結するスルーパスを放った!

Makatun、誰もマークについておらず完全フリーでエリア内左に抜けた!
キーパー仕方なしに飛び出してくる!

Makatun、ゴールを向いてファーを狙ってシュートを放とうとするが、
キーパーの横にCBのGokhanがさらにコースを狭めようと詰めてきている!

Makatun、キーパーの股を抜くシュートを狙った!



しかしシュートはキーパーのOnur、ナイスセーブで止めます。
このシュートチャンスはGokhanとOnurの見事な連携で潰されてしまいました。
それと同時にMakatunはハットトリックのチャンスを逃します。



後半68分

右サイドからのトルコのコーナーキック。
キッカーのBasturukはニアポストに居るGokhan目がけてボールを蹴りこんだ!

マークに付いているのはValex、今度は負けまいと競り合う!


しかし空中戦を制したのはGokhan!ニア目がけて強烈なヘディングシュート!



しかしシュートは惜しくも枠を外れる…
SNSはコーナーキックの守備をもう一度見直したほうがいいかもしれません。



後半73分

Valexがドリブルでバックラインからボールを持って駆け上がりTamyにパス。
TamyはこれをツータッチでSushivedにボールを送る。
Sushived、ドリブルを開始。
誰もチェックに来ません…

Sushived、一気にコーナーフラッグ付近までドリブルで駆け上がってクロスを蹴りこんだ!


強烈なスピードのクロスボールはニアポストへ!


これにMakatunが走りこんできてヘディングで合わせた!




GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!

Makatun、これでハットトリック達成!
後半からの出場でこれは驚異的!
5-1、SNS圧倒的な実力を見せ付けています!



後半80分

Makatunがエリア外からミドルシュートを放つも相手選手に当たりキーパーにキャッチされる



後半86分

M777が相手のロングボールをカットしてTamyに繋げる。
Tamy、ボールをキープしてトルコの選手を引き付ける…

そしてTamy、右から上がってきたUmiにスルーパス!

Umi、ドリブルで一気に駆け上がる!

そしてゴール右20mの位置からミドルシュートを放った!





しかしシュートは惜しくもサイドネット!ゴールにはなりません。



後半91分

Tamyから入った楔のパスをSouliveがダイレクトでシュートを放つが枠を越える。



試合終了

FM000160.jpg

FM000158.jpg

FM000159.jpg

FM000161.jpg



Basturkが入ってきて一時的にトルコにペースを握られかけましたが、それ以外では完全にSNSのペースで戦えていたと思います。
特にSouliveとMakatunの活躍は目覚しく、これで元々激戦区だったFWのポジション争いがさらに厳しいものとなりそうです。
後、Kohの代役として入ったUmiが代役以上の活躍をしてたのも+です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2008/03/21(金) 17:26:08 umi_umi URL #7Eqz1Hfg[ 編集]
>しかしシュートは惜しくもサイドネット!ゴールにはなりません。
そー言えば、前回のFM・SNS代表から得点が遠かった気がwww
次こそはぁ~~~(>_<)/
2008/03/21(金) 17:40:54 REUSU URL #-[ 編集]
>>umiさん

そういえばそうでしたねw
でも攻守のバランス感覚は恐らくSNS代表の中でもトップクラスですよ!
2008/03/21(金) 18:59:02 Kaiya URL #-[ 編集]
まだまだ監督の苦悩は続く。。。。。

これでシステムにバリエーションもたせたらさらに収集つかなくなると思われ。。。。w
2008/03/22(土) 16:54:50 REUSU URL #-[ 編集]
>>Kaiyaさん

確かにみんな活躍しすぎで困ってますw
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?