日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201906 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201908
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合前情報

FM000078.jpg
FM000077.jpg


SNSのシステムは前回に同じく4-4-2。
スタメンには少し変更を加え、左SMFにToshizou、右SMFにAnzu、左SBにValex、右SBにNakatunを起用。
ベンチ入りメンバーは

Papa
Umi
Tamy
Takato
Kaiya
Makatun
Soulive

の七人。



要注意選手


ディミタール・ベルバトフ

FM000079.jpg


188cmと長身ながら狡猾にゴールを奪うプレースタイルからついた愛称は「天使の顔を持つ悪魔」。
素晴らしいテクニックとスピードに優れ、得点センスにも非凡な才能を見せる。
[wikipedia引用]



マルティン・ペトロフ

FM000080.jpg


高速ドリブルと正確なキックやパスセンスを持つウィンガー。
高い得点能力を買われて、センターフォワードでの出場もある。
強烈なフリーキックも得意。
[wikipedia引用]



ヴァレリ・ボジノフ

FM000081.jpg


母親は元ブルガリア代表のバスケットボール選手で、義父は元ブルガリア代表のDFというスポーツ一家で育ち、幼少をマルタで過ごした。
それほど体格に恵まれているわけではないが、高い身体能力を持ち、ディフェンスに屈しない強さとしなやかさを持っている。
スピードもあり、パスやシュートセンスにも優れ、センターフォワードとしてもセカンドトップとしても機能し、1.5列目からの飛び出しは相手を恐怖に陥れる。
[wikipedia引用]



お知らせ

今までは相手チームの選手全員にカタカナ表記していましたが、
国によっては「これなんて読むの?」みたいな名前が一杯あったり、
マイナーすぎて情報が全く無さ過ぎて名前の読み方に困ったり…などと色々大変だったので、今回からは要注意選手だけカタカナ表記することにしました。
あ、ブラジルとかイタリア等の強豪国と試合するときは全員カタカナ表記するのでご安心を。



敵戦術考察

ブルガリアのシステムで注意しなければならないところと言ったら、やはり前線のベルバトフ、M・ペトロフ、ボジノフの三人だろうか。
特に左ウィングのM・ペトロフはスピードがあるウィングなので、右SBのNakatunがどこまで彼を抑えれるかが問題。
もし、ペトロフのスピードについていけないようであればNakatunを下げてスピードのあるPapaを投入、もしくはValexとポジションを入れ替えることも考えなければいけないかもしれない。



試合開始


前半6分

S・PetrovがValexのヘディングによるパスをカット。
そしてすぐに右サイドのポジノフにボールを送る。
ボジノフはこれをワンタッチでベルバトフにパス。
ベルバトフ、ハーフウェイラインとペナルティエリアのラインの中間の位置でゴールを背に向けてボールキープ。
ベルバトフにはPorimaruとJyukutyouがチェックに行く。

ベルバトフ、二列目からPorimaruがチェックに行った後のスペースを狙って飛び出してきたS・Petrovにスルーパス!

これが繋がった!しかしペナルティーエリア内まで持ち込むには少しスピード不足か。

S・Petrov、ゴールから20m程離れたところからミドルシュート!



しかしこのシュートはキーパー正面。
Reusuが正面にボールを落とし、それをValexがクリアして難を逃れる。



前半9分

左サイドからのSNSのKohによるコーナーキック。

Kohは素早くニアポストに低くて早いボールを蹴りこんだ!

Porimaru、マークを弾き飛ばして強烈なヘディングシュート!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!

アウェーで先制!

Kohの正確なキックでまたしてもゴールが生まれた!
そしてPorimaruがスロベニア戦に引き続き代表2ゴール目を挙げました!



前半20分

Georgievが単独ドリブルでボールをバイタルエリアまで持ち込む。

その瞬間を見計らってベルバトフがスペースに飛び込む!

しかしGeorgievはパスではなくシュートを選択!

低く抑えたシュートは枠を大きく左に逸れていく。



前半22分

M・ペトロフが左サイドでボールを受けるが、Nakatunを突破することは出来ない。
仕方なく切り返してGeorgievにパス。
Georgievはドリブルでタメを作り、味方の上がりを待つ。
Georgievはオーバーラップしてきた左サイドバックVenkovにパス。
Venkovは左サイドハーフウェイライン付近で一度ボールを止める。

そしてVenkov、SNSペナルティーエリア内で待ち構えるベルバトフへアーリークロス!
真っ直ぐボールはベルバトフの頭上へ!

ベルバトフ、「フリー」でヘディングシュート!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!!!!

ブルガリア、早くも試合を振り出しに戻します!

PorimaruとM777の連携ミス!
Porimaruが後ろのカバーに入るためにベルバトフのマークを外したが、
さっきまでマークについていたはずのM777もマークを外してしまっていて、再びマークするのが間に合わなかった…



前半25分

ブルガリアのカウンターアタック。
Georgievがボールを左サイドのM・ペトロフに展開。
M・ペトロフはドリブルで中に切り込みNakatunとKohを引き付けてベルバトフにパス。
ベルバトフ、トラップで前を向いた!

そしてベルバトフ、ゴール正面30mからのミドルシュートを放った!

しかしシュートはM777に当たり軌道が逸れる…

が!これで逆を突かれたReusu、全く動けない!
一度ディフェンダーに当たったはずのシュートは殆ど球威を落としていない!

ボールはそのままゴール左隅に吸い込まれていった!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!!!

ブルガリア、逆転!

ベルバトフ、3分間で2ゴール!
天使の顔を持つ悪魔にSNSのゴールネットは引き裂かれた!




ヤバイ。マジでやばい
ポゼッションでは38:62と圧勝してるのになんだこれは。
ベルバトフを侮っていた、出来るだけ彼へのパス供給を断たねば。



前半31分

PastaがCBのIlievにスラィディングタックルを決め、ボールを奪う。
そしてPastaは二列目から上がってくるJyukutyouにバックパス。
Jyukutyouはドリブルで上がる、そしてGeorgievがプレスに来たのを見計らいDekatichiにパス!

Dekatichi、ワントラップして低く抑えたシュートを放った!

しかしシュートはゴール左をかすめて行った…。



前半40分

右ウィングのボジノフがサイドチェンジのボールを受ける。
ボジノフは右SBのAngelovにパスを渡す。
Angelovはドリブルで中へ入り込むそぶりを見せ、ボジノフにパス。
ボジノフ、中央に居るベルバトフへグラウダーの長いパスを送る。
ベルバトフ、ゴール右22mの位置ででボールをトラップする。

ベルバトフ、ここからシュートを撃ってきた!

強烈な弾丸シュート!

しかしこのシュートはなんとかReusuが反応、ハットトリックとはならず。



ハーフタイム

FM000082.jpg

FM000083.jpg

FM000084.jpg


なんてこった、ベルバトフ恐るべし。
支配率では圧倒していてもチャンスの数では負けている。
相変わらず攻撃が上手くかみ合わない、変化が必要だ。
Toshizouを右サイドに変えて、Anzuを交代してTakatoを投入。
Jyukutyouを下げてUmiを投入して、劣勢挽回を図る。



後半47分

左サイドからのコーナーキック。
キッカーはKoh。
ニアポストにはPorimaruが居る…。

Koh、ニアポスト目掛けて速いボールを蹴りこんだ!

Porimaru、跳ぶ体勢に入る!

が、届かないと判断したのか、あきらめてボールを見送る。

そしてボールはPorimaruの頭上を越えて一つ後ろのM777の頭へ!

M777、スタンディングヘッドでシュート!!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!!!!!!!

同点!

SNSはまたしてもセットプレーで得点!
Kohのキック精度は世界一ぃいいいいいいいいいいいい!

得点者はCBのM777!これが代表初ゴール!

SNS、追いついた!逆襲開始です!



後半54分

左サイドからのブルガリアのスローイン。
ボールを受けたベルバトフは二列目から飛び出してきたGeorgievにパス。
Georgievはプレスに来たKohをかわして、ボジノフへキラーパスを放つ!

ボジノフ、エリア内でフリーだ!

Reusu、あわてて飛び出す!


ボジノフ、シュート!

しかしシュートはReusuが辛うじて止める!

が、こぼれたボールがまたしてもボジノフへこぼれる!

万事休す!ボジノフは落ち着いてボールをゴールへ蹴りこんだ!



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!

ボジノフ、決めた!
ブルガリア、またしてもSNSを突き放します!
圧倒的な攻撃力、ブルガリア!



後半66分

ブルガリア左サイド奥からのスローイン。
スローワーのValexは左ペナルティーエリアライン上にポジション取りしているPastaにパス。
Pastaはマイナス方向のペナルティーアーク左付近でフリーになっているUmiを見つけパスを出す!

Umi、バイタルエリアでフリー!
ドリブルで持ち込んで…低く抑えたシュートを放った!


しかしシュートは惜しくも枠の横。



後半71分

Dekatichiに変えてMakatunを投入。



後半75分

右サイドからのNakatunのスローイン。
Nakatunは縦に居るToshizouにパスを出した。
Toshizouはディフェンダーを背負いながら縦へドリブル突破を試みようともしたが、
あきらめて二列目で待ち構えているKohにパス。
Kohはワンタッチでバイタルエリア中央で待ち構えるUmiにパス。
Umiはトラップして体を揺らすフェイント。

そしてUmi、ペナルティーエリア内で待ち構えるMakatunに正確なパスを放った!

これが見事に通る!

Makatun、これをトラップしてターン…

そしてシュート!!!!

しかしシュートはCBのIlievに弾かれる!
ボールはペナルティーエリア内左側へ転がる…

そこへTakatoが走りこんできた!

Takato、左足でシュート!!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

決まったああああああああああああああああああああああああ!
またしても同点!物凄い打ち合いだ!
Takato、よく展開を読んで詰めていた!

ブルガリアの選手たちがオフサイドを主張して線審に詰め寄っている!
しかし判定は覆らない!
リプレイを見る限りでは審判の判断は正しいように思えます。



後半80分

右サイド40mからのブルガリアのフリーキック。
キッカーのAngelov、ゴール前にシンプルにボールを蹴りこんだ!

しかしボールはPorimaruが冷静にヘッドでクリアー…

が、しかしクリアしたボールはペナルティーライン上で待ち構えていたYankovの足元へ。

Yankov、すかさずミドルシュート!



しかしシュートはReusuが難なくキャッチ、難を逃れます。



後半84分

Yankovがドリブルで前に仕掛ける。
そしてYankov、ペナルティーエリア内に居る途中交代で入ったFWのGenkovにパス。

Genkov、トラップしてすぐさまシュート!

しかしシュートはキーパーの正面!

は、弾いた!?

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!

ブルガリア、三度逆転!
Reusu、凄いシュートに反応できなかったのかただのミスなのか…
いずれにしてもSNSにとっては痛い時間帯に痛い失点です!



試合終了

FM000087.jpg

FM000085.jpg

FM000086.jpg


物凄いシーソーゲームだった。
結局、最後までSNSは攻撃が噛み合わず。
途中出場で出たUmiとTakatoが少しは流れを変えてくれたが、最終的には競り負けてしまった。
次の試合までにシステムについてじっくり考え直さないと…
なんか前作に比べて代表の連携値が結構シビアになった気がします。
前作は最初から結構連携取れてたんですけど、2008は0からのスタートって感じが…w
まぁこっちのほうが面白くていいんですけどね、2007は最初から上手く行き過ぎてたんで。

「MoMが何故かキーパーのReusuなのは秘密。」

FM000088.jpg




次の試合予定

次の試合の相手はベラルーシです。
試合日は31日後なので、それまでにじっくりと対策を練りたいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2008/03/13(木) 22:29:20 突撃希望 URL #-[ 編集]
うちの子を先発で使ってればな…
まぁドンマイな、監督。次は左サイドに彼を先発で使おうな、な、なっ?
2008/03/13(木) 23:34:04 指揮官解任希望 URL #-[ 編集]
FWの彼を先発で使っていれば…。
相手DFを利用してのTakatoへのパスは芸術そのものでしたね。
2008/03/14(金) 14:15:20 REUSU URL #-[ 編集]
>>突撃

最近クラブでも少しずつ使われ始めているので、このままの調子で行けばあるいは…


>>指揮官解任希望

彼は後半出場して一度もパスしていないという事実をお忘れなくw
2008/03/14(金) 18:55:11 塾長 URL #fQnC4EDU[ 編集]
前半のデータ見る限りは地味ぃぃぃ~な感じ…パス数・成功率はまずまずなのかな??しかし守備に問題ありなのか???
もっと熱くなれJukutyou!!次回を期待してる!!GOOOOOOOAL!!!に絡んでくれ!!ファイトJukutyou!!
2008/03/15(土) 13:27:05 REUSU URL #-[ 編集]
>>塾長閣下

クラブではトップ下で抜群の決定力を見せ付けてるんですけどねぇ…w
CMFにはまだ慣れないのか、それとも代表のサッカーにまだ慣れないのか…
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。