日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201911 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 202001
WS001184.jpg

WS001185.jpg


運命のイングランド戦

このチームもスペイン同様全体のチームバランスが非常にいい

…オーウェンの決定力も異常

今大会不調のSNSバックラインの戦術的な修正を試みたものの、

どうしても経験不足は補えきれないでしょう

GL(グループリーグの略)敗退を覚悟しなければならないと考えていいと思います



要注目選手



Michael Owen (マイケル・オーウェン)

WS001186.jpg

WS001187.jpg


小柄な体格ながらも爆発的なスピードを持つ。

ディフェンスラインの裏を驚異的なスピードで脱け出して得意の右足でゴールを決めるのが得意パターンである、

しかしながらFWに必要な他のプレー(ヘディングやエリア内での駆け引きやミドルシュートなど)は凡庸で、

自らのスピードを発揮出来るカウンター以外ではあまり機能しにくいという欠点もある。

しかし、現在は左足も使いこなし、ヘディングも上達している。また、怪我のリハビリ中に上半身を徹底的に鍛え、

フィジカルも向上している。本人も復帰後は別のタイプの選手になったと発言している。

生真面目で物静かな好青年と評されており、デイヴィッド・ベッカムやウェイン・ルーニーとは仲は良いものの好対照である。

(wikipedia)



抜群の決定力を持つ怪物ストライカー

GLのスペイン戦でもハットトリックを記録

彼を抑えることが優先課題ではあるものの、

正直SNSの若いディフェンスラインにそれを要求するのは無理がある

多少の失点は覚悟しなければならない



Frank Lampard (フランク・ランパード)

WS001188.jpg

WS001189.jpg


ほとんど怪我をしない強靭な肉体を持ち、

また心臓が普通の人より一回り大きいためスタミナは誰もが認めるまさに無尽蔵。

彼のプレーは安定感は抜群である。

それに加えて正確無比で力強いミドルシュート、ロングパスを蹴ることができる。

そのキック力を生かして、クラブではFKからも多くの得点を挙げている。

正確に枠内を捉える無回転のミドルシュートは大きな武器となっている。

そして彼はMFであるにも関らず、毎シーズン、コンスタントに2桁得点を挙げるほど。

短いパスはもちろん、特にロングパスのコントロールに長けており、

クラブではプレースキックのほぼ全てを彼に委ねている辺りからも、アシスト能力の高さがうかがえる。

PKにも自信を持ち、吹かすことは皆無に等しい。

代表では、2006 FIFAワールドカップ予選からここ一番でのPK失敗が目立っていたベッカムに代わり、PKキッカーを務めている。

しかしながら、2006年のW杯準々決勝対ポルトガル戦でのPK戦ではポルトガル代表GKリカルドに読まれてしまい、PKを失敗した。

左に蹴ることが多く、その癖をリカルドに読まれてしまっていた。

2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のリヴァプール戦もPK戦となり2番目のキッカーとして蹴った。

そのときも左に蹴り、方向はGKのレイナに読まれていたが決めている。

ちなみにその試合は負けてしまい、チェルシーではランパードが唯一のPK成功者だった。

wikipedia引用



David Becks (べっきゃむさん)

WS001190.jpg

WS001191.jpg


SNSメンバーの一人

正確無比な右足のキックは、得点・アシスト両方に結びつけることが出来る

また、怪我にも非常に強く、今シーズントータルで50試合も出場

10得点10アシストを記録し、11回のマンオブザマッチを受賞

平均評価点は7.56とまさに伝説的な活躍をしたシーズンとなった

今試合は既にGLを突破を決めているため、

主力を温存するという意味なのかベンチスタート

しかしもし途中出場するようなことがあれば、彼は必ず試合から消さなければならない。



Joe Cole (ジョーコール)

WS001192.jpg

WS001193.jpg


天性のパスセンスとテクニックを駆使した小刻みなステップの高速ドリブルが持ち味。

センタリングにも非凡なものをみせ、ラボーナを繰り出す時もある。

イングランドの次代を担う選手、

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督をして「10年に1人の逸材」と言わしめた。

イングランドでは珍しい創造性あふれる選手であり

、同じくテクニシャンであったポール・ガスコインの後継者とも評される。

テクニシャンにありがちな怪我に弱い面を持つ。

ドイツワールドカップ終了後の2006-07シーズンは疲労骨折などでシーズン前半はほとんど出場できなかった。

しかし、回復後は持ち前のドリブルで数多くのチャンスを作り出した。

PS2ゲームのプロエボリューションサッカー(ウイニングイレブン)が得意。

ジョン・テリーが催したチーム内の大会で優勝したという。

wikipedia引用



イングランド戦術考察

WS001194.jpg


オーウェンとルーニー

この2TOPは確かに強烈

しかし中盤の4人の選手も強力で、非常に対応に困るところがある

スペイン戦のように圧倒的な決定力の前に敗北という展開を防ぐためには

FWへのパス供給を完全にカットしなければならない

しかし果たしてそう上手くいくのだろうか…?



前半2分

カウンターから9292が前線でボールを受ける

9292は巧みなステップでタックルに来たキングをかわして裏に抜ける

そして9292、ペナルティーライン上から左足で強烈なシュート!




しかしシュートはジョンテリーに当たってしまった!軌道が逸れる!

それでもシュートは枠を捉えている!キーパー逆を突かれた!




が、しかしロビンソンが辛うじてボールに触り

これをジョンテリーがクリアして得点には至らず



前半9分

TORIが右からのコーナーキックを跳ね返され、そのボールをまた拾う

そしてTORIはゴールとは逆の方向にドリブルしながら、エリア外にマイナス方向へのショートパス

これを待ち構えるはumi_umi!勢いよく右足を振りぬいてシュート!

シュートは見事に枠へ飛んだ!






しかしロビンソン!指先でボールを触るナイスセーブ!

またしてもゴールを阻止されてしまう



前半19分

DekatichiがValeoにボールを預けて裏に一気に走りこむ!

これを見たValeo、素早くボールをダイレクトでDekatichiの前にキラーパス!

見事なワンツーだ!

キーパーと一対一!ロビンソンは飛び出している!

Dekatichi、シュート!




低く抑えられたシュートは見事キーパーの逆を突いた!







ゴオオオオオオオオオル!

先 制 点 !

この後すぐに失点しないように気をつけなければいけません!



前半22分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのTORIはゴールから逃げるようなカーブをかけ、ペナルティースポット付近を狙った!

Kara、勢いよく走りこんで強烈なヘディング!






しかしロビンソンがまたしても立ちはだかる!超反応でボールを枠の外に押し出しクリアー!



前半30分

ペナルティーエリア右角でGreenがダウニングにボールを奪われる

そしてダウニング、すぐさま強烈なミドルシュートを放つ!




しかしYas-Kane、辛うじてボールを弾く!

が、このこぼれたボールをルーニーが素早く詰めて…







ゴオオオオオル!

追いつかれてしまった…



前半33分

オーウェンがInraを背負いながらトラップ

そしてこのトラップの時にそのままターンしながら前を向き一気に抜き去る!

後ろからマケレッティが慌ててチェック!







ファール!PK!

マケレッティがオーウェンのシャツを引っ張ってしまった!

ペナルティーエリアのぎりぎり中…





さぁ、キッカーはアシュリーコール

ボールをペナルティースポットに置いて…




ゴール左角を狙った!





ゴオオオオオオル!

勢いよく蹴られたボールはゴールネットに突き刺さった!



前半45分

Yas-Kaneのロングキックをインターセプトしたダウニング

そしてダウニング、そのまま素早くアーリークロス!

これにオーウェンが走りこんでゴール至近距離から強烈なヘディングシュート!





しかしシュートはキーパーの正面…運よく失点を免れる



ハーフタイム

WS001195.jpg

WS001196.jpg

WS001197.jpg


ど~しても守備が安定しない…

失点は両方とも守備陣のミスによるもの

まぁ若いから仕方ないんだろうけど、ワールドカップまでには安定してもらわないと…

この大会が終わったら戦術の見直しが必要かもしれません

「交代」

調子の悪いGreenに変えてREUSU投入



後半59分

インランドゴール前20mからのフリーキック

キッカーはDekatichi!

ゆっくりとステップして…ゴール右隅を狙う強烈なシュート!

シュートは見事に枠を捉えている!入るか!?






しかしまたしてもロビンソンがセーブ!

…もうやだ



後半66分

ダウニングの左サイドからのファーを狙った低いクロス!

これをInraがクリアしようと必死に足を伸ばす!






しかしボールはクリアしきれずそのままゴールの中へ!




オウンゴーーーーーール…



ボロボロすぎる…



後半76分

9292に変えてToshi投入

Dekatichiに変えてKazu投入



後半79分

べっきゃむさん登場

右サイドでの起用です



後半88分

Toshiが混戦の中、正確なトラップから繋がる強烈なミドルシュートを放つが

鉄壁の砦ロビンソンにまたしても阻まれゴールに繋がらない



試合終了

WS001198.jpg

WS001199.jpg

WS001200.jpg


GL敗退決定

次の記事では今シーズンの各選手のリーグ戦成績の査定+

今回の大会での活躍度を査定させていただきます

その前に私の首が危ないかもしれませんけどね…ハハ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
2007/08/01(水) 16:14:37 べっきゃむ URL #FXbBe/Mw[ 編集]
こんにちはー!
仲良しが多いSNSとの対戦ということで複雑な心境でしたが、私は後半途中から出場しましたw
今回はGKロビンソンが大活躍してくれたおかげでなんとか勝利!
でも…SNSがGL敗退となってしまったので複雑な心境です…
2007/08/01(水) 18:01:07 umi_umi URL #7Eqz1Hfg[ 編集]
久々に枠に行ったのにぃ~~~~v-393
と言うか、枠に行ってビックリですwww

しかし、やっぱり予選グループが悪かったですネv-406
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?