日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200910 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200912
攻撃的な選手がちゃんと点を取る。

若干取りすぎな気もしなくはないが、それでも2009のような状態よりははるかにマシ。

逆に守備戦術の構築は難しい

無失点で抑えるのむずすぎワロタw

マッチエンジンの改善で選手の個性が良く出るようになった

フィジカルが無くてもテクニックやフットボールIQが高ければバリバリ活躍してくれます。

他クラブからの監督就任のオファーがかなり増えた

経歴自動で初めても、トップリーグでそれなりの成績(降格候補チームを残留に導くなど)を収めれば、再就職先には困らない。
というかよく考えるとそこらへん、2009が異常すぎたような気もするw
今回は無名クラブでの指揮から初めて、クラブを転々としながら監督としての名声を高めていくプレー、なんてのも楽しめそう。

その代わりクビが飛ぶときはあっさり飛ぶ

これは就任したクラブの会長の我慢強さによるかもしれませんが、強豪チームを率いて中位以下に低迷しようもんなら問答無用でクビを切られます。
2009みたいに名門クラブを低迷させている監督がダラダラと指揮を執り続ける・・・なんてことは減ったかな、と。

今回は財務管理が大変です

金がないところは本当に金がない。
FM2009のときのように控えの選手をAIチームに高額で売りつけるといったような錬金術が難しくなったのも決して無関係ではないと思う。
でもおかげでAIクラブの個性が良く出るようになったので、個人的にはこっちのほうが面白いと思う。
ローマなんか1~2年で主力を片っ端から引き抜かれるし、レアルとかシティとかあの辺に金満クラブは堂々と金の暴力を(略

AIチームの選手補強が少しだけ賢くなった?

例えば主力選手をメガクラブに高額で売りつけた後、その移籍金でしっかり後釜や新たな主力となりうる選手を数名獲得したり・・・
なんというか、移籍金の使い方が上手になった気がします。


以上、現時点での感想でした。



監督日記

ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハに就任。残留を目指す

とにかく金がなかったので、フリーのアンドラーデ等、低価格で最小限の選手補強戦略を展開。

ホッフェンハイムをぶっ潰したりして、派手さはないが安定した戦いぶりで余裕の残留

二年目、デコやボイド等有力選手をボスマンで獲得し、さらに主力のアランゴをミランに売った金で大量補強する。


が、しかし選手を大量に入れかえ過ぎた影響で組織が崩壊。特に守備陣は酷いもんで毎試合失点を重ね続ける。

チームの不調に引きずられるようにST陣も不発弾だらけに、特にボイドの師匠化は酷すぎた。

デコが一人で点を取り~のアシストし~ので頑張るも、守備が酷いので勝ち点1すら手に入らない。

1月の時点で8位と低迷していたシャルケの監督マガトが解任され、直後にレウスの元に監督就任のオファーが来る。小一時間ほど悩んだが、最終的には自チームの残留を信じてこのオファーは蹴ることに。

しかし現実は非常である、3月1日、とうとう6連敗を喫し残留が絶望的になったので責任を取って辞任する。

3月7日、10位と低迷する昨季5位フィオレンティーナのプランデッリ監督が解任!そしてまた直後にレウスの元にオファーが!快諾し就任。

シーズン途中の就任で、チームの掌握に苦労し、試合にも勝てない日々が続く。
が、しかし理事会は「今季の残りは来季に向けての準備期間と捉えている。だから心配しないでヨロシ」と言ってくれた。なんて素晴らしい!

最終節にミランをアウェーで下しリーグ戦11で終了←いまココ!


えーまぁなんというか、順調に楽しんでおりますw
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?