日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200812 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200902
9/2

UEFAChampionsLeague選手登録


…デフールが前所属クラブのリエージュで、EuropeLeagueの予選に登録されていたため、今季のCLには出場出来ないことが判明orz
でもまぁ…仕方無い、か…。



9/4

Lega Calcio SerieA TIM 開幕戦
(A) vsParma


FM004448.jpg

開幕戦ですが、三日後のミラン戦に備えて主力は温存します。
相手は資金難でろくに補強の出来ていないパルマ、油断しなければ勝てる相手でしょう。
デビューするポグレブニャクには最大限の活躍を期待しています。

試合結果

FM004449.jpg

1-2 WIN!

またしてもコーナーキックから先制されたものの、ジョビンコと新加入のポグレブニャクのゴールで逆転勝利。
幸い、試合中に軽傷を負ったチアゴ・シルバも何とも無かったようですし、中々良いスタートを切ることが出来ました。
…問題は次節のミラン戦か…。

開幕戦終了後 3位


9/4

シーズンチケット最終売り上げ


FM004450.jpg

昨季の最終売り上げ:22057枚
今季の最終売り上げ:26783枚


昨季に比べて4500枚以上も売り上げが伸びました!
チャンピオンズリーグに初出場したことで、クラブ人気が上がってきてるのかな?



9/7

Lega Calcio SerieA TIM 第二節
(A) vsA.C.Milan(4位)


FM004451.jpg


試合オッズ
ミラン:2.00 引き分け:3.25 パレルモ:3.25


というわけで、戦前の予想では、開幕戦ホームでユベントスを1-0で破り、勢いに乗っているミランが若干有利と見られている模様。
が、ミランはその目出度い開幕戦で、ディフェンダー陣の中で唯一スピードのあるコロッチーニを負傷で失っているので、スピードスターのパロスキにとってはラッキーだったかも。
ミランは他にもボネーラ、ザンブロッタ、カカ、パトが負傷でこの試合欠場。開幕早々に満身創痍?
逆にパレルモは開幕戦主力を休めたおかげで、このビッグゲームにベストメンバーで臨めます。
この差が結果にどう影響するのか…見物です。

要注意選手

パペ・ディアカテ

FM004452.jpg

今夏パレルモにも逆オファーがあり、獲得寸前まで交渉が進んでいた選手。
(デフールの獲得に成功したので、結局交渉は白紙になりましたが…)
正確なロングフィードが放て、フィジカルが強く、戦術理解度も高い素晴らしい選手ですが、空中戦にはあまり強く無いのが弱点…かな。

ピルロ

FM004454.jpg

昨季は12ゴール15アシストを記録…第二の全盛期を謳歌している真っ最中の選手。
が、監督がるアンチェロッティからファン・バステンに代わり、ポジションも攻撃だけでなく献身的な守備も要求されるセントラルハーフに代わったので、昨季までのような活躍を果たして今季も続けられるかは疑問。
…でもやっぱり対戦相手にとっては怖い選手です。

ヂオゴ

FM004455.jpg

今夏オリンピアコスから4.8Bと超高額の移籍金で加入。
能力値は低く見えますが、オリンピアコスでは2年連続で20ゴール以上を記録しており、実績は十分。油断なりません。

リサンドロ・ロペス

FM004457.jpg

昨季は13ゴールを記録。
現在のミランでは最高の点取り屋で、昨季の最終節の一戦でも、何度もディフェンスラインの裏を取っていたので要注意です。

フンテラール

FM004458.jpg

リアルではレアルへの移籍が決まりましたが、我が箱庭ではミランへ5.6Bで加入。
パレルモも前々から狙っていた選手だったんですが、本人に「パレルモなんて田舎クラブなんか行きたくない!」と言われてしまったので獲得を断念無念。

ちなみにこの試合は開幕戦に引き続きベンチスタート!
何のために5.6Bも払って獲得したんだか…ファン・バステンのアホおおおお!

試合開始

リサンドロ・ロペスを警戒し、いつもよりディフェンスラインを深くしてから試合開始。

前半8分
バルザレッティのクロスをネスタが鮮やかにカットして前線にロングボールを蹴る。

…エンリケ・アドリアーノ、ヂオゴのマークを見事に外してしまっている!
(#^ω^)ビキビキ

ヂオゴ、難なくフリーでゴールまでドリブルで独走!


そしてアメリア、一か八か飛び出した!
同時にヂオゴもシューーーーーーーーート!





アメリア、これに何とか反応して弾いた!ファインセーブ!
グッッッジョブ!
…やっぱりエンリケ・アドリアーノはチアゴ・シルバに比べると安定感が足りない…
くそっ!開幕戦でチアゴ・シルバが削られさえしなければこんなことには…
でもまぁ、今のところチーム全体では上手く守れているし、大丈夫なはず…

と思ったら前半12分
ミゲル・ベローゾの長いグラウンダーのパスをトラップしたヂオゴ、すぐに体勢を整えて…


ゴールから30mは離れた所から思い切りよくシュートを撃ってきた!!

でもこれはさすがに決まらない…



と思ったらバー直撃!!!

………


((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この試合、リサンドロ・ロペスより調子に乗って来ているヂオゴの方が危険かもしれない…

さらに前半14分
またしてもミゲル・ベローゾの縦パスから、ジオゴがあっさりオフサイドを破り独走…( 」゚Д゚)」オーイ!
そしてそのままアメリアと1対1…



ジオゴ、右足でゴール右サイドネットを狙ってシューーーート!





しかしアメリア、またしてもこのシュートを弾いた!スーパーセーブ!
(゚∀゚)神のヨカーン




…残念でした、弾いたボールがゴール真正面のピルロの足下に…\(^o^)/オワタ


ピルロ、無人のゴールをインサイドでしっかり狙ってシューーーート!







ポスト直撃!!!




うおおおおおおおおい!これはついてる!完全に幸運に助けられた!
…が、それにしてもエンリケ・アドリアーノとガブリロはあっさり最終ラインを抜かれすぎ!このままじゃいつ失点しても可笑しくない!
ということで、両者のメンタリティをさらに守備的に…これで改善されればいいんだけど…

そして前半18分
デフールの楔のパスを下がりながら上手く受けたパロスキ、一旦カッサーニまでボールを戻す。
そしてその隙にルッソットが、ネスタがパロスキに引き寄せられて出来たスペースに飛び込む!

カッサーニ、その瞬間を見逃さず、スペースへ40m以上の強烈な縦パスを放った!


上手く相手の隙を突き、さらに最高のパスを受け取ったルッソット、あっさりアッビアーティと1対1!
そして右足でシューーーーーーーーート!






しかしアッビアーティ、アメリアに負けず劣らずの好反応でこれを弾き出しコーナーに逃れた!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

(´・ω・)9 このやろう
そういえば前もこいつの好セーブに阻まれ続けてスコアレスドローに持ち込まれたことがあったな…
ある意味、年寄りだらけのミランディフェンス陣より、アッビアーティ要塞のほうが厄介かもしれん。

で、試合はこんな感じで開始直後から激しい撃ち合いに…
そして段々と中盤のつぶし合いも激しくなり…

前半32分
司令塔、フォレスティエリが軽傷を負う…
ただの軽傷ではなく、コンディションの悪化が激しいので、ハーフタイム中に交代しなければならないかも…。

で、中盤のつぶし合いが最高に激しくなったあたりから試合が完全に膠着。
そのまま動きは無く、前半戦終了に。

ハーフタイム
まず早速フォレスティエリをマルキーニョスと交代。
なんとか無失点で乗り切ったものの、前半戦は明らかにミランに押されていた。
特にガブリロとエンリケ・アドリアーノのメンタリティを調整するまでは酷かった…
後半戦もこの流れが劇的に変わるとはとても思えないので、なんとかミランの猛攻を防ぎつつ、カウンター一発で先制点を奪う…のが唯一の策か。
…後半戦開始。

で、後半戦開始早々…またしてもベローゾのパスからロジーナにエリア内フリーでシュートを撃たれピンチに。
最後はなんとかアメリア神が防いでくれたものの…
やっぱりこのままじゃまずいということで、少なくともベローゾやピルロにはプレッシャーがかかるように、チーム全体のプレスをやや積極的に変更。

そして後半47分
右サイドライン際でルッソットがパスを受け…そのまま縦にグラウンダーの長いパスを出す。
パロスキ、スピードを生かしてそのパスに追いつき右サイドを独走!
そしてゴールライン際から中に切れ込んで…マイナス方向にパスを出した。


デフール、これをダイレクトシューーーーーーート!


弾丸シュートはミランゴール左を強襲!




アッビアーティ、これを何とかゴールラインの外に出そうと腕を伸ばしボールに当てた!




しかし弾ききることが出来ない!







バー直撃!!


ああああああ惜しいいいいいいいいいいいい!
あと数センチ内側に跳ね返ってたら入ってたよ!
デフールのデビュー戦ゴールは惜しくも決まらずか…。

で、プレスを積極的にしたのが当たったのか、この後もパレルモはチャンスこそ中々作れないもののボールを支配。
この調子ならもしかすると…

と思っていたら、後半60分

ピルロのコーナーキックからリサンドロ・ロペスにあっさり…

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!


…( ゚д゚)、ペッ

どーーーーしてこうもコーナーキックの対応が駄目なのかね?君たちは!
いっそ、セットプレーのディフェンスをマンマークからゾーンに変えてみようかな…。

で、後半66分
このまま行くとどう見ても負けそうだったので、思い切ってシステムを変更。
アムラバトをポグレブニャクと交代し、マルキーニョスを左サイドへ。
そしてポグレブニャクをトップに置いてパロスキと2トップを組ませ、システムを4-4-2に変更。
…これが上手く行くかどうかはわかりません。はっきり言って賭です。
が、このまま何もしないよりは百倍マシかな…なんて。

後半71分
ルッソットがロナウジーニョに軽傷を負わされたのでジョビンコと交代


…した直後にパロスキが負傷退場!
交代枠もう使い切ってるぞボケ!これで10対11かよ!
卑怯者共め!そこまでして勝ちたいか!

などと騒いでも仕方が無いので、パロスキを病院に送り、4-4-1のポグレブニャクの1トップでなんとか頑張って貰うことにする…。

しかし、数的不利になった後何故かパレルモの動きが良くなり、次々と決定機を作り出す!

後半77分
数的不利の中、右サイドに流れていたポグレブニャクが、デフールの相手の間と間を切り裂くパスで中央に飛び込むことに成功!
そしてそのままアッビアーティと1対1に!


シューーーーーーーーート!




アッビアーティセーーーーブ!


後半80分
ジョビンコが上げたクロスボールがこぼれてきたところを…


エリア外で待ち構えていたボルゾーニがダイレクトで叩きシュート!!


バー直撃!





が、こんな感じで、ことごとくシュートがポストやアッビアーティ要塞に阻まれ、追いつくこと適わず…試合終了。

試合結果

FM004459.jpg

1-0 LOSE!

幸い負傷離脱者はゼロ。
しかし…


北部一の卑怯者、ミランめ!今度あったら覚えてろよ!ボコボコにしてくれる!




...


(´;ω;`)ブワッ

こ、こんなに悔しい敗戦は久しぶりだ…orz

第二節終了後 8位


9/10

UEFAChampionsLeagueタイトルオッズ

FM004460.jpg

アーセナル 8.50
バルセロナ 9.00
レアルマドリード 10.00
インテル 11.00
チェルシー 12.00
リヴァプール 12.00


パレルモ 19.00

19倍なら案外良い線行ってるのか?
とは言っても優勝は厳しいだろうなぁ…ベスト4が限界か。



9/17

Lega Calcio SerieA TIM 第三節
(H) vsLecce(3位)


FM004461.jpg

三日後にチャンピオンズリーグの初戦が控えているので、この試合では主力を休ませます。
そしてこの試合出ファビアンスキがデビューです。

要注意選手

アンリ・サイヴェ

FM004462.jpg

サンダーランド編では少しの間お世話になった選手。今夏ボルドーからボスマンでレッチェに加入。
両利きで決定力が高く突破力もある…というのが前作での印象。

試合結果

FM004463.jpg

4-1 WIN!

ポグレブニャクが早くもドッピエッタを達成し、久しぶりの圧勝!
…が、またしてもコーナーキックから失点…orz
そしてさらにホセ・サエルが靱帯を損傷し、一ヶ月の離脱です。

第三節終了後 5位


9/20

UEFAChampionsLeague GroupC 第一節
(H) vsHSV(ドイツ10位)


FM004464.jpg

現在オリッチ、チアゴ・ネヴェスという二大エースを負傷で欠いているハンブルガーと対戦。
2位争いの相手と戦うには絶好のタイミング!叩きのめして自信喪失させてしまいましょう。

要注意選手

フランク・ロスト

FM004465.jpg

38歳でまだこの能力!
健康さ20が効いているのか…?

ザッカルド

FM004466.jpg

シリーズを重ねる毎に評価が下がっているディフェンダー。
リアルでヴォルフスブルグに移籍したときは驚きました。

マタイセン

FM004467.jpg

アレックス・シルバ

FM004468.jpg

でかくて強い!如何にもドイツ人が好みそうなブラジル人CB。
足は速いほうでは無いので、パロスキにあっさり打っ千切られるのを期待しています。

フローリアン・ペリエ

FM004469.jpg

アルジェリアの架空選手。
テクニックとフィジカルで勝負するHSVのアンカー。

ダリオ・コンカ

FM004470.jpg

ペトリッチ

FM004471.jpg

試合開始

パロスキがルッソットとのコンビネーションで右サイドをあっさり突破!
そしてキーパーから逃げる、大きなカーブをかけてファーにクロスを上げた!


そしてそこにアムラバトがフリーで走り込み…
利き足の右でボレーシュート!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!



低く抑えられたボレーシュートはゴール左に突き刺さった!あっさり先制!
ベテランGK、フランク・ロストもこれはノーチャンス!

前半14分
左サイドライン際でアムラバトがボールを受けるが、ヤロリムとペリエに囲まれてしまう。

しかしアムラバト、鋭いフェイントであっさり二人を抜き去りピッチ中央を向いた!

そして右足でエリア内中央を狙ってアーリクロス!





パロスキ、一瞬のスピードでアレックス・シルバのマークをあっさり外した!
そして最後はフランク・ロストの目の前フリーでヘディングシューーート!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


パロスキ、アムラバトの「お返し」から追加点を挙げた!
パレルモ、あっという間に2点差!圧倒的!

が、さすがに2点差を付けてからはHSVも完全に守りに入ってしまい、チャンスシーンが激減。
とはいえ、殆ど攻撃を捨てて守りに入ってしまっているので、パレルモが失点する気配は全く無く時間が進む。

そして前半45分
右サイド、フォレスティエリによるコーナーキック。
フォレスティエリはゴール正面にシンプルなボールを上げた!



そしてチアゴ・シルバ、キーパーの正面でフリーになりヘディングシューーーート!!







バー直撃!!


(・д・)チッ
止めの3点目は奪えなかったか…残念。

ハーフタイム

前半戦はパレルモが圧倒的に攻め続け終了。
これなら特に戦術は弄らず、そのまま後半戦に入っても勝てるでしょう。
というわけで…後半戦開始。

後半開始早々…
なんと負傷しているはずのオリッチが、チュポ・モティングに代わって登場。
これは計算外!ちょっと不味いかな…
と思ったら、コンディションが69と最悪!これなら放って置いても大丈夫だな。うん。

後半58分
アムラバトが軽傷を負わされたので、ファウスト・ロッシと交代。

で、後半戦…
相変わらずHSVは自陣に籠もり、カウンターからペトリッチが無理矢理なロング・ミドルシュートを撃つ…ぐらいしかハイライトシーンが流れない。
これなら本当に放っておいても勝てそうだ。

後半69分
ミッリャッチョをエクダルと交代。







本当に最後の最後までハンブルガーは戦い方を変えず、後半戦は両者共に適当にミドルシュートを撃ち合い、試合終了!

試合結果

FM004472.jpg

2-0 WIN!

実に退屈な試合でした。楽に勝てたから別にいいけど!

その他の試合結果

FM004475.jpg

FM004476.jpg

インテル、バイエルンに惜敗。
フィオレンティーナ、予選で卑怯者ミランを破ったパナシナイコスに引き分ける。

…というわけで、パレルモがイタリア勢で唯一、第一戦で勝利を収めました。



9/25

Lega Calcio SerieA TIM 第四節
(H) vsSiena(3位)


FM004477.jpg

スタートダッシュに成功したシエナと対戦。
戦力差は圧倒的なので、普通に戦えれば勝てる相手でしょう。

要注意選手

ダルコ・ストゥルナ

FM004478.jpg

スロベニア産スーパーゴールキーパー。
アメリアの後釜として獲得しようか考え中の選手です。

メルベリ

FM004479.jpg

今夏ユベントスから90Mで獲得。
既に34歳と高齢ですが、まだまだトップレベルのリーグで戦える能力値ではあります。

試合結果

FM004481.jpg

2-0 WIN!

またしてもポグレブニャクがゴールを決め勝利!
期待はしていましたが、予想以上のペースで得点を重ねていますね…ビックリです。

第四節終了後 4位


9/28

Lega Calcio SerieA TIM 第五節
(A) vsReggina(18位)


FM004482.jpg

昇格組で資金難、そして何より選手数が全然足りていないレッジーナと対戦。
一応シチリア島のクラブでダービーなはずなんですが、カターニャとのシチリア・ダービーが凄すぎるせいか、それとも歴史的背景からか、あるいはその両方かはわかりませんが、レッジーナはそれほどライバル視してない模様。
なんで、三日後のウディネーゼ戦に備え、この試合は主力を少しでも休ませるために、出来るだけ早い時間に試合を決めてしまおうと思います。

試合結果

FM004483.jpg

0-3 WIN!

そして狙い通り圧勝!
…パロスキが決定機を何度も外していましたが…それでも3点取れたんだから凄い!と、前向きに考えることに…しない

早速試合後、パロスキに「もっとコースを狙ってシュートを撃ってくれ!」と要求。
パロスキの返答は…


「だが断る!」


…orz

じゃ、じゃあ攻めてシュートシーンを増やすために、もっと積極的にオフサイドを破るプレーを見せてくれ!
と頼んだら

「うん、(・∀・)イイヨイイヨー」

…あれ?もしかしてプレースタイルの取得って、選手によってやってくれる項目とやってくれない項目があるのかな…?研究の余地あり?


あ、ちなみにこの試合で17歳123日のルシアーノ・ロブレスがデビューしました。

FM004486.jpg
FM004487.jpg

もちろんこれはチーム最年少記録です。



まとめのリーグ表

FM004484.jpg
FM004485.jpg

第二節でミランに屈辱的敗戦を喫しましたが、それ以外は全勝で3位と中々の好スタートを切りました。
その他の上位陣は、フィオレンティーナ・ミラン・インテルと、相変わらずの顔ぶれ。
そしてユーベとローマが低迷しているのも相変わらず…

得点王争いでは新戦力のポグレブニャクが4ゴールを挙げトップ!
2.5Bもかけて獲得した甲斐がありました…ようやくコンスタントに点の獲れるストライカーがパレルモに…

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!それでは!
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?