日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200807 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200809
2/3

リーグ戦 第二十五節 (A) vsWigan(19位)

FM001417.jpg

二戦連続で降格圏のチームとの対戦。
同節にウェストハムがレディングに負けたので、ここで勝てば降格圏との勝ち点差が7に広がる。
是非とも勝ちたいところだが、アウェーなので油断は禁物だ。

試合開始

…なんかウィガンのスタジアム縦にやたら長いな…戦い難いぞ…
と思ってたら前半36分に左サイドのKoumasからのクロスにHeskeyがヘッドで合わせて先制される。

その後のウィガンは早くもドン引き開始。
縦に早いサンダランドにこのスタジアムの長さは辛い。
アルシャヴィンにボールが入っても二列目の飛び出しが間に合わない。

このままシュートを撃てずに前半終了か…?
と思ったら後半44分、Pricaがゴールラインギリギリでボールを拾ったところを倒されてPK。
これをHigginbothamがきっちり決めてラッキーな同点弾。

そしてハーフタイム。
こうなったら相手をもっと自陣内に攻めさせよう。
ピッチが長いということは、それだけ相手陣内に攻め入ったら守備に帰るのに時間がかかるということだ。
というわけでチームメンタリティーを守備的にして、カウンターアタックにチェックを入れる。
あとはクロスカウンター対策に、守備に残る選手も増やして後半戦へ。

後半…狙い通りの展開にはなっているがゴールは中々生まれない。
というか右サイドバックのNosworthyが相変わらずの不安定なプレー。
トラップした瞬間ボールを奪われる…なんてことを二回も繰り返しおった…。

後半53分 De Rosairoが単独ドリブルでサンダランド守備網を切り裂きシュート!!
これはGordonが何とかセーブ…危ない危ない。

後半78分
アルシャヴィンのフリーキック。
アルシャヴィン、大きなカーブをかけて直接狙った!!

このシュートがバーの角に直撃!!

跳ね返ったボールにEvansが走りこんでボレーシュート!!

…しかしシュートは枠を越える…(´・ω・`)

その後、二三度決定的なチャンスを迎えるもシュートが枠に飛ばず…試合終了。

FM001418.jpg

1-1 DRAW

勝ち点3を逃してしまいました…
Pricaが試合途中で軽傷を負わされたのが痛かった…。

第二十五節終了後 15位



2/9

リーグ戦 第二十六節 (A) vsReading(7位)

FM001419.jpg

今季7位と調子のいいレディングと対戦。
ただ、レディングは出場停止や負傷者の関係で、この試合8人もの選手を欠いて試合をしなければならないのでチャンスかも。
まぁサンダランドもEtuhuとHigginbothamが累積警告で出場停止なので、条件はあまり変わりませんが…。

試合開始

前半14分、DoyleのシュートがEvansに当たって軌道が急激に変わる。
が、ギリギリの所でGordonが反応してキャッチ。危なかった…((((;゚Д゚))))

…いい加減サンダーランドの戦術も対策され始めているのか、得点の可能性を感じるチャンスが全く生まれない。

そして前半終了間際の42分にEdwardsがヘディングミスしたボールをBikeyがカットしてドリブル。
最後は豪快なミドルを決められ失点…。

さらにその4分後、またしてもBikeyのミドルシュートが炸裂!一気に二失点…

意気消沈のハーフタイム。
「結局のところミドルシュートでしか点を取られていない。だから気にするな!」
とチームを励まし後半戦へ。

後半53分
…Nosworthyが両足タックルで相手を負傷させ一発退場!

もうお前(・∀・)カエレ!!

仕方ないのでEdwardsを一列下げて試合再開。
右サイドはがら空きのままですが、そこはEdwardsの運動量に期待しようという滅茶苦茶な戦術。

しかしその後頑張りだしたのは左サイドのRichardson。
単独ドリブルで左サイドを何度も突破しクロスを供給する。
それに何度もPricaが頭で合わせるが、ゴールに飛ばない。

後半87分にようやくRihcardsonのニアへのクロスをトラップしたアルシャヴィンが、冷静にゴール右隅にボールを流し込んで1点を返すが、時既に遅し。

FM001420.jpg

2-1 LOSE!

この試合は珍しくPricaがシュートを外しまくってました。
馬鹿な行為で退場したNosworthyには二週間分の罰金をを命じ、Nosworthyも素直に応じました。

第二十六節終了後15位 降格圏との勝ち点差「5」



2/23 タイン・ウェア・ダービー

リーグ戦第二十七節 (H) vsNewcastle(7位)

FM001421.jpg

さぁいよいよリベンジの時がやってきました!
…とは言えチーム力に大分差があるんで、苦戦必須ですが…
それでもサポーターのためにも無様な姿は見せられない!全力で行きます!

試合開始

前半7分、Pricaがニアへのコーナーキックをトラップしてシュート!
しかしこれをギブンが信じられない反応を見せて防ぎます。

でたよでたよ!早速でましたよ!ニューカッスルお得意のギブン戦術が!

前半17分、右サイドを突破したデ・グズマンのクロスにAmeobiがヘディングで合わせる!!
これがポストを直撃してゴールラインを割り、ゴールキック。

運は我らにあり!…危なかったよ!

前半30分
アルシャヴィンのコーナーキックにキーパー正面のHigginbothamがヘディングで押し込む!!
これが見事決まった!ゴオオオオオオル!!!!サンダランド先制!!

前半40分
アルシャヴィンが鋭い切り返しで前を向いてドリブル。
そしてPricaに一撃必殺のキラーパスを放った!
Prica、エリア内に飛び出してギブンと一対一!
そしてゴール右隅を狙ってシューーーーート!!!

しかしまたしてもギブン!

シュートを片手で弾いてディフェンスがそれをクリアします。

ギブン…怪我しろ!!

そして前半戦終了

予想外なことに前半戦はサンダランドが圧倒的にいいチャンスを作り出していました。
後半もこの調子であの守備をキーパーに任せることしか出来ない連中を叩き潰せ!!

後半戦

さすがに連中も目が覚めたのか、点を取り返そうと必死に攻め立てる。
しかし我がサンダランドの守備陣はこれを次々と跳ね返し、素早くPricaやアルシャヴィンにボールを繋げる。

後半70分

期待の若手ワグホーンをPricaに代えて出場させ、この素晴らしい雰囲気を十分に味わってもらう。

後半75分
Etuhuがマルティンスを削って負傷退場させる。
よくやった!!


後半80分を回ったところでチームメンタリティを守備的に、サイドバックの攻撃参加を控えめにする。

後半90分になりロスタイムが表示される…
なんとロスタイムは7分!!!

あいつら…審判を買収しやがったか!卑怯者め!!

しかしチームはそんな卑怯な真似に負けることなく、最後まで集中を切らさずに守りきり試合終了。

FM001422.jpg

1-0 タイン・ウェア・ダービー勝利!!


いやっふうううう!
いやー、あれだけの戦力差を覆したってのを含めて、それ以上に前節の敗戦の屈辱を晴らせたのが嬉しい!
ニューカッスルの連中は、サンダランドサポーターの声援に押しつぶされたかのように動きが鈍かったですね!ご愁傷様!

ちなみにワグホーンは、一本右サイドのスペースへ素晴らしいパスを通しましたが、チャンスには結びつきませんでした。

第二十七節終了後 14位 降格圏との(暫定)勝ち点差「7」



2/25

トッテナムの監督ファンデ・ラモス氏が解任されました。
トッテナムは現在サンダランドの一個下の15位です。
…まぁさすがにこの時期にこの順位じゃあ解任されても仕方ないか…。



3/1

「ワンダーボーイ」Evans、2月の若手最優秀選手賞に輝く

FM001423.jpg

いつの間にそんな成長を…
駄目もとでマンUに獲得交渉を打診してみることにします。



リーグ戦 第二十八節 (A) vsArsenal(2位)

FM001424.jpg

アーセナルは完全に二軍で来てますね、それでも勝てる気がしないんですがw

要注目若手

ジュルー

FM001427.jpg

コートジボワール生まれのスイス国籍。
リアルでアーセナルファンの友人曰く「センデロスより( ・∀・)イイ!!」とのこと

デニウソン

FM001425.jpg

リアルではここ最近物凄い成長を見せていると噂の選手。
フラミニを抜けた穴を埋める役割は彼がやることになるんでしょうか?

ウォルコット

FM001426.jpg

07-08シーズン チャピオンズリーグ準決勝 リヴァプール戦で見せたプレーは衝撃的でした。
いや、その前から凄い選手だってのはわかってましたが、まさかあれほどとは…

試合開始

前半戦、互いにチャンスが中々作れないまま時間がすぎます。

そして前半21分、最初にチャンスを作ったのはサンダランドの皇帝アルシャヴィン。
Harteのパスを左サイドライン際で受けたアルシャヴィンは、ドリブルでまずホイトを抜き去ります。
今度はゴールライン際の手前から中に切れ込み始め、ジュルーと戻ってきたホイトに挟まれますが、アルシャヴィンはいとも簡単にこの二人の間を突破!
最後にゴール右隅を狙ってカーブをかけたシュート!!!
しかしこれはキーパーのアルムニアが上手く読んでキャッチします。

アルシャヴィン凄すぎ…FMであんなスイスイ、ドリブルで抜いていくの久しぶりにみた…。

このプレーでやる気に火がついたのか、前半27分
デニウソンがWhiteheadのプレスをドリブルで軽々とかわしてドリブルでバイタルエリアまでノープレッシャーのまま前進。
最後はウォルコットに絶妙なスルーパスを送り、これをウォルコットが冷静にゴール右隅に流し込んでゴール!先制されます。

Whiteheadがあんな簡単にプレスかわされるのも久しぶりにみた…
って、なんかサンダランドの選手が副審に文句を言っている。
どうやらオフサイドの疑惑があったみたい。
リプレイを見てみると…たしかにこりゃオフサイドだ。パスの出た瞬間、ウォルコットの半身が出てる。
まぁ元々勝てる見込みは薄い試合だったからいいか。それでも後で協会にはちゃんと文句を言うけどさ。

前半44分、Pricaがディフェンスラインの裏を取ってアルムニアと一対一になりシュートを撃つが止められる。

うーん…どうもPrica調子を落としてきてるなぁ…。

そしてハーフタイム。
アウェーでアーセナル相手にやれることはやれてるので文句は無い。
ハーフタイム中にワグホーンと並んで期待の若手、StokesをPricaに代えて投入してみることにする。

後半47分
後半開始から投入されたムトゥが、浅い位置からクロスを上げ、これがエリア内ニアのエドゥアルドの足元にピタリ。
エドゥアルドは落ち着いて反転してシュート!
これがゴール右に決まってゴール!アーセナル追加点。

ちょ、後半からムトゥ入れてくるとか…不意打ちっすか!ベンゲルさん!

さらにその一分後
アルムニアの蹴ったロングボールにウォルコットが反応してラインの裏に抜け出して独走。
最後は右サイドから中に切れ込んで、マイナス方向のデニウソンにパス。
デニウソンはこれをダイレクトシュートでボールをゴール左隅にしっかりと蹴りこんでゴール!3点目。

あっという間に3点差をつけられてしまったサンダランドは、その後攻め手に欠いてシュートを撃てない。

後半72分、敗戦処理としてワグホーンとKavanaghを投入。

…そのまま特に衝撃もないまま試合終了。

FM001428.jpg

3-0 LOSE!

サンダランドがやったサッカーはそんなに悪くなかったと思うけど、タレント力の差で負けた感じだから仕方ない。



まとめのリーグ表 残り十試合!

FM001429.jpg

開幕当初はどうなることやらと焦りましたが、今は安定して安全圏をキープ。
特にアルシャヴィンが加入してからは3勝1分3敗と好調。
終盤戦に入ってPricaがゴールから遠ざかり始めたのが気になりますが、まぁなんとかなるでしょう。

FM001430.jpg

ウェストハム・ダービー・バーミンガム・トッテナム・フルハムと、降格争いしているチームが残り試合の半分を占めています。
…こりゃ気を抜いたら一気に降格圏まで転落!なんてこともありえそうですね…。
まだまだ気は抜けないようです。
ではではまた次回!
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?