日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200807 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200809
07-08 サンダーランド 中盤戦 (2008/08/11(月) 06:00:00)
10/6

リーグ戦 第九節 (H) vsArsenal(2位)

FM001353.jpg

Leopard「正直、引き分けに持ち込める気すらしない…」

アシ「絶望的なまでの戦力差ですね…」

要注意選手

全員

でもあえて選ぶなら

アドリアン・ムトゥ

FM001354.jpg

今夏ロンドンにまさかのカムバックを果たしたムトゥ。
リーグ戦8試合5ゴール2アシストと大暴れしています。

試合開始

チームメンタリティは守備的にしてがっちがちに守り、引き分け狙いで行く。
とはいえこの作戦が上手くいくとはこれっぽっちも思っていませんが…。

前半13分
エブエのクロスにアデバヨール!!ヘディングシュートは見事ゴールネットを揺らしアーセナル先制。

先制はされたものの、意外にサンダランド奮闘。
サンダランドは8人が自陣に戻ってしっかりと守っているので、アーセナルは思い通りにパスを回せない。
その結果、なんとアーセナル相手にポゼッションで上回り、惜しいチャンスを二三度作り出している。

が、それはあくまで「チャンスを作り出した」だけ。
残念ながらゴールには繋がらずそのまま前半戦終了。

前半が予想していたより遥かに良かったので、ハーフタイムには特に戦術変更は指示せずそのまま後半へ。

そして後半52分
Jonesのヘディングでの落としにPricaが反応!
エリア内でボールをフリーでトラップしてシューーーーート!!!



しかしこのシュートはレーマンがナイスセーブ!!惜しい!

もしかしたら同点に追いつけるかも!?
そんな期待を一瞬抱きましたが後半77分、アデバヨールがサンダランドのラインの裏を突いて独走。
最後はキーパーのGordonまでドリブルでかわしてゴーーーール!アーセナル追加点。
あぁ…やっぱりダメだったか・・・。

その後、後半80分・87分に途中出場のAnichebeが惜しいヘディングシュートを放つもゴールとはならず試合終了。

FM001355.jpg

0-2 LOSE!

Leopard「負けはしたものの、チームは確実に成長していると実感できる試合だったな」

アシ「次節こそは勝てる気がしますよね?」

Leopard「なんで疑問系?」

第九節終了後 15位



10/11

怪我から復帰したばかりだった、ベテランのKavanaghが背中の怪我で一ヶ月の離脱。
もう年だからしょうがないのかな…。



10/15

SheffieldにリザーブのStephen Wrightを130M(1億3000万円)で移籍させることが決定。
契約が今年で切れる選手だったので売れてラッキーでした。
Wrightは冬の移籍市場が開く1月に移籍する予定です。



10/20

リーグ戦 第十節 (A) vs Birmingham(16位)

FM001356.jpg

降格候補同士の直接対決!!
勝ち点を稼ぐためにもこの試合は絶対に負けられません。

試合開始

前半八分
珍しくJonesがPricaに素晴らしいスルーパスを放ち、Pricaがこれを冷静にゴール右に流し込んで幸先良く先制!

先制後もサンダランドは効率よくBirminghamを攻め立てる。
しかし前半15分を回ったあたりから、Birminghamの選手達が早くもイライラし始めてイエローカードが乱れ飛ぶ。
そして前半27分、ついにJonesが削られ負傷退場!!
こりゃ荒れた試合になりそうだ…ってことでJonesに代えてAnichebe投入。

選手交代後、そのままスコアは動かず前半戦終了。
そしてなんと、前半戦だけで合計7枚のイエローカードが出るという実に荒れた試合となった。
まぁ7枚中5枚はBirminghamに出されたものなので、向こうが勝手に荒れてるというのが正しいのかもしれませんが…。
前半サンダランドは相手にシュートを二本しか撃たせていないので、特に戦術に変更は加えず後半戦へ。

後半開始直後、Anichebeがスピードでディフェンスを振り切りシュートを放つがこれはキーパーに阻まれる。

その後もEtuhuの強烈なミドルシュートやPricaのヘディングシュートが次々とBirminghamゴールを襲うが、キーパーのDoyleがそれをことごとくセーブする。

後半70分、またしてもAnichebeがディフェンスラインの裏に抜け出して独走したので、今度こそ追加点が入るかと思われたが、結局これもDoyleに阻まれる。

後半77分、今度はEdwardsが削られ負傷退場…いい加減にしろよ…

そして後半84分、McFaddenがエリア内に抜け出しシュート!!
これはなんとかGordonが反応して弾くが、こぼれたボールにO Connorが詰めて同点ゴオオオオオオオル…
散々選手を削りまくっといて得点を喜ばれると非常に腹立つ!!!

あぁ…このまま理不尽に引き分けで終わるのか…また勝ち点を…とあきらめかけた後半90分!
Edwardsに変わって出場したMillerのアーリークロスにPrica!!!!

ゴオオオオオオル!!!

さすがだよPrica!!君が私のエースストライカー!!!

最後はチームメンタリティを超守備的にして逃げ切り!!!

FM001358.jpg

1-2 WIN!!

Leopard「汚い相手に正々堂々と戦っての勝利は気分が良い!」

アシ「とは言え負傷した選手達が心配です…。」

Leopard「なぁに、かえって若手の起用機会が増える」

第十節終了後 15位



10/21

Jones→全治二週間の怪我。
Edwards→全治一ヶ月の怪我…。

Leopard「Birminghamとはもう試合したくない…というかライバルチーム認定だ」

アシ「あまりに酷かったですからねぇ、彼にはスポーツマンシップというものがないのでしょう」



10/28

リーグ戦 第十一節 (H) vsFulham(7位)

FM001359.jpg

Leopard「あのフルハムが7位か、うちも負けてられないな。」

アシ「あの戦力で16得点もしてますよ、うちは監督が無能ですからね、見習わないと。」

Leopard「辛辣な批判!」


要注意選手

マクブライド

FM001360.jpg

とても35歳とは思えないフィジカルの持ち主。
今季6ゴール3アシストと大活躍。

試合開始

前半戦は完全な中盤での潰しあい。
出来るだけ高い位置でボールを奪って、フルハムは素早くFWに、サンダランドはサイドにボールを供給。
が、互いに大したチャンスは作れずスコアレスで前半戦終了。
サンダランドとしては、現在リーグ戦7位相手のフルハムなら引き分けでも上出来ということで、戦術はそのままで後半へ。

と、思ったら後半開始早々にWallaceのトラップミスをDempseyに奪われクロスを上げられる。
これをマクブライドが飛び込んで右足でボレー!ゴーーール…。
こういうミスからの失点はいい加減なくして欲しいなぁ…ただでさえ得点少ないチームなんだから…。

後半53分、今度はChopraが軽傷を負わされたのでYorkと交代。

一点を取ったフルハムは、それから無理な攻撃はせず、守備に人数を割いて守備固め。
おかげでサンダランドは後半、全くチャンスを作れていない。
仕方ないのでチームメンタリティーを攻撃的に戦術変更。
そして前節劇的な決勝ゴールを演出したMillerを右サイドに投入。

…が状況は中々変わらず。チャンスといえばWhiteheadがミドルシュートを後半85分にやっと放ったぐらい。

しかし後半90分!
Nosworthyのスルーパスで右サイドを抜け出したMillerがニアにクロスを上げる!
これをPricaがヘッドで合わせて…

GOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Prica、またしても窮地を救ってくれた!!

このゴールで同点に追いつき試合終了!!!
殆ど敗北を覚悟していただけに嬉しい勝ち点1です!!

FM001361.jpg

1-1 DRAW!!

Leopard「Prica!!Prica!!」

アシ「お互いのチームが依存している選手が得点しましたね。」

Leopard「もうちょっと素直に喜べないの?」

第十一節終了後 15位



11/1

嬉しいボーナス

FM001362.jpg

Le「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」

アシ「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」

Le「これだけあれば相当いい選手獲得できるよ!」

アシ「冬の移籍市場よ首を洗ってマッテイロ」

Le「…(最近アシマネのキャラが壊れてきた…)」



11/4

リーグ戦 第十二節 vsEverton(11位)

FM001363.jpg

主審がニューキャッスル在住の人なんですけど、これはどういうことなんでしょうね。
不利な判定されたら絶対にマスコミに文句垂れてやる。

新星紹介

ワグホーン

FM001364.jpg

初期のユース選手の中で唯一期待できる若手。
能力値的にはまだまだだが、能力値だけでは測れないところがあるのもFMの魅力。
是非ともこの試合で活躍して、不甲斐ないトップチームのFW陣に喝を入れて欲しい。

要注意選手

ケーヒル

FM001365.jpg

豊富な運動量と強烈なタックルが武器。
エバートンのファンに恐らく最も愛されているであろう選手。
彼がいるときといないときではチームのパフォーマンスが全然違ってくる。
逆に言えばそれだけチームは彼に依存しているということにもなるが…。

ヴォーギャン

FM001366.jpg

ウェイン・ルーニー二世とも言われるイングランドで最も期待されている若手。
プレミアリーグ最年少得点記録を保持する。
ちなみに今レンタルでサンダランドに居るAnichebeもエバートンではヴォーギャンと同じぐらい期待されている選手だが、我がチームでは全く結果を残せていない。

試合開始

このチームもいい選手揃ってるんだよなぁ…チーム力の差が激しい。
例え消極的でつまらないと言われてでも、この試合も引き分け狙いで試合を進めます。

前半8分、Yakubuのクロスをヴォーギャンがヘッドで押し込んでエバートン早くも先制。

その後、サンダランドはこれでもかと言うほどエバートンに押し込まれる。
しかし守護神Gordonの活躍もあって、そう簡単にはゴールを割らせない。
期待の若手ワグホーンが上手いこと足元にボールを納めてくれているので、なんとか前線にボールが収まらないという状況は回避できている。

が、前半41分、マニュエルフェルナンデスの地を這うとんでもないミドルシュートがゴール左隅に突き刺さりエバートン追加点。

さすがに若手のワグホーン一人がいくら頑張っても得点は出来ない…。

そしてサンダランド、全くいいところの無いまま前半戦終了。

さすがにエバートンは強い。全くボールが回せないのは当たり前として、最終ラインを高めに取りながらも、全く裏を取らせず全て跳ね返してくるのでシュートが撃てない。
こういうときに足の速いFWがいないと不利なんだよなぁ…。
おかげでサンダランドの前半のシュート数はたったの二本。
しかもPricaが軽傷を負わされたので代わりにJonesを投入することに・・・。

とどめに後半54分、キャプテンのWhiteheadが今日二枚目のイエローで退場…。
Etuhuをアンカーに置き、両サイドを中央に配置した逆三角形の形で中盤を組み、試合の残り時間をしのぎきることに。

…しのぎきれずに後半66分、EtuhuがPKを与える。
これをArtetaがゴール左にキッチリと決めて3点差。

後半78分にEtuhuが送った長めのスルーパスにJonesが反応して、エリア内でキーパーかわし一点を返すが、反撃はそこまで。

FM001367.jpg

3-1 LOSE!

Le「完敗以外の言葉が浮かんでこないが、ワグホーンの活躍は素晴らしかったな」

アシ「確実なポストプレーや、サイドに流れてのクロスなどで唯一チャンスを演出してました。」

第十二節終了後 15位



11/5

Pricaは最大二週間の怪我でした。



11/10

リーグ戦 第十五節 (H) vs Manchester United(2位)

FM001368.jpg

PricaもWhiteheadも居ない状態で、マンUとまともに渡り合える可能性は限りなく低いですが、ドン引きカウンターでなんとか頑張ってみます。

要注意選手

クリスティアーノ・ロナウド

FM001369.jpg

もうこの試合は彼のプレーを楽しむぐらいの気持ちで。

試合開始

前半4分
ロナウドがヘディングでエリア内に落としたボールにテベスが詰めてゴーーール。
試合開始早々守備固め失敗の予感が漂う。

前半14分
アンデルソンがテベスとポジションチェンジしていたルーニーにスルーパス。
ルーニー、これをトラップしてゴール左角に強烈なシュート!
これが見事決まってユナイテッド追加点。

前半34分
Gordonがクリアをミスして、アンデルソンに拾われ無人のゴールにシュートされ3失点目。

後半46分
コーナーキックをヴィディッチがヘディングシュート!ゴール!四失点目。

後半62分
テベスが狭いところを抜け出してゴール右隅に丁寧にシュート!5失点目。

後半67分
Etuhuがコーナーキックをヘッドで押し込み奇跡的に一点を返す。

後半70分
スローインからReidがクロスを上げ、これにStokesが飛び込んでヘディングシュート!そしてゴール!まさかの二点目。

後半72分
このまま勢いづくかと思ったらテベスに直接フリーキックを決められ6失点目。
テベスこの試合ハットトリック。

そして試合終了。

FM001370.jpg

2-6 LOSE!!

Le「あまりにボコボコにされたのでムシャクシャして適当にやった。今では反省している」

アシ「相手はあのユナイテッドですから…仕方ないですよ。」

Le「2ゴール奪えただけもよしとするか…あとは守備の建て直しを…」



まとめのリーグ表

FM001371.jpg

相変わらずの低空飛行(予想通りとも言う)。
とりあえずリーグ一位の失点数をなんとかしなければ…。
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?