日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200806 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200808
FM001133.jpg
FM001135.jpg
FM001134.jpg


出場停止のPorimaruの代わりにDonaldをスタメン起用。
…オランダは前回対戦(2-4でSNSが勝利)したときよりメンバーが充実していて穴がないですね。
アシスタントマネージャーの報告では、「オランダは守備的な4-4-2でカウンターを狙ってくるチーム」だとのことです。

ファンバステン…それでいいのか…?

オランダがカウンター中心のサッカーって…国民に怒られるよ!!
でもそのサッカーで準決勝まで勝ち進んだってのも、ある意味皮肉なもんだ

クライフが絶対文句言ってるだろうなぁ…

ベンチ入りメンバーは、

Leyder
Hartert
Papa
Tamy
Jyukutyou
Toshizou
Sushived
Pasta
Nanami
Dekatichi
Green

の11名。



要注意選手


ステケレンブルフ

FM001136.jpg

近年ではオランダ代表にも名を連ねるようになったアヤックスの守護神。
攻撃的なアヤックスの後衛には絶対に欠くことの出来ないゴール前のディフェンスリーダー。
俊敏性に優れてるわけではないが、絶妙な動き出しで11人目のフィールドプレーヤーとしても貢献する。

20歳でトップデビューと、ゴールキーパーとしては早くから注目を浴びており、代表デビュー戦となったリヒテンシュタイン戦では完封の活躍を見せるなど輝かしい功績を残している。

身長が高く、足下のプレーが上手いことからオランダ史上最高の守護神と評されるエドウィン・ファン・デル・サールと比較されることが多く「ファン・デル・サールⅡ世」の異名をとる。しかし最近は伸び悩みを見せ、評価を下げている。

(wikipedia引用)



ゲーム内では伸び悩むどころか伸びきってるようです。
が、成績を見る限り、1シーズン毎に好不調を繰り返していることから、安定感はなさそう。



マドゥーロ

FM001137.jpg

本職はCMFですが、オランダで唯一人材が不足しがちのCBでプレー。
パスの精度が高いので、最終ラインからの一本のパスでSNSの高めの最終ラインの裏を突かれないようにしないと…。



エマヌエルソン

FM001138.jpg

2004-05シーズンにアヤックスの下部組織からにトップチームに昇格し、翌2005-06シーズンにはレギュラーを獲得した若手左サイドバック。
左サイドハーフでもプレーできる。フォワードであるアルバロ・レコバを崇拝しているだけあり、プレースタイルは超攻撃的で彼のサイド突破は爽快感がある。

wikiepedia引用


EURO開幕当初はスタメンだったが、グループリーグ第三節にドレンテにポジションを奪われたが、
そのドレンテが準々決勝で負傷したため、また出番が回って来たという忙しい選手。



デ・グズマン

FM001139.jpg



スナイデル

FM001140.jpg

恐らくカウンター型オランダの司令塔を任されているであろう選手。
両足が使えるので非常に厄介。
前回の対戦ではエリア外からループシュートを決められている。



ロッベン

FM001141.jpg



リフテルス

FM001142.jpg





フンテラール

FM001143.jpg

今大会まだノーゴール。
もしかしたら電柱として使われてるのかもしれない。



ファンペルシー

FM001144.jpg



ファン・デル・ファールト

FM001145.jpg



バベル

FM001146.jpg

ファンデルファールトとバベルはベンチスタートですが、正直ベンチに置くには勿体無い能力の持ち主。
でも、彼らをベンチに置いても大丈夫なほど、今のオランダには選手が揃っているんですよね…。
特にバベルは選手が疲れたころに投入されると非常に嫌なタイプの選手です。



試合開始


アシスタントマネージャーの報告どおり、オランダはラインを押し上げてプレッシャーをかけ、すぐに前線に蹴りこんでくるショートカウンター戦法。
単調な攻撃ではあるが、前線の駒が飛車角クラスなので普通に怖い。
特にロッベンには左サイドからどんどんドリブルで切り込まれて、何度も危険なシーンを作られている
が、逆にオランダの守備はそこまで堅いわけではなさそうなので、前半の立ち上がり十分の間だけで、得点が大量に入る激しい試合になる臭いを感じた。



前半0分

Soulive、ボールを触ってMakatunにボールを転がし試合開始です。
Makatun、ボールを一旦Nakatunまで下げた。
Nakatun、前を向いてKaiyaの足元にパスを出した。
Kaiya、ボールをトラップしてAnzuへ横パス。

Anzu、これをワンタッチで右サイド奥へ浮かせたパスを蹴りこんだ!!

パスの先にはオーバーラップしていたNakatunが!!

Nakatun、ドリブルに中に切れ込んでKaiyaにパス。






Kaiya、これをダイレクトでカーブをかけたミドルシュート!!!




シュートは大きく曲がってゴール右隅を見事に捉えている!!





ステケレンブルフ、なんとかシュートを弾いた!!!



ブーラルーズ、落ち着いてボールをクリアします。

ステケレンブルフ、試合開始直後のピンチでしたが、よく集中してシュートを弾きました!ナイスセーブ!



前半9分

Kaiyaの間接フリーキックをAnzuがトラップしてシュートするが、ステケレンブルフの正面に飛びキャッチされる。



前半12分

右サイド、NakatunによるスローインをSouliveがトラップ。
そしてすぐにエリア内にクロスを送る。
しかしクロスはブーラルーズに当たりエリアの外に跳ね返る。






Anzu、このボールに走りこんでダイレクトボレー!!






しかしシュートはミートせず、ステケレンブルフの正面に飛んだ!

ステケレンブルフ、難なくシュートをキャッチします。



前半15分


右サイド、Nakatunによるフリーキック。
Nakatun、相手の意表を突いてすぐにニアへグラウンダーのパスを送った。

Donald、これをフリーでトラップ!




そしてゴール右隅にグラウンダーのシュート!!!








ステケレンブルフ、横っ飛びで弾いた!!

エマヌエルソン、ボールを左サイドにクリアーします。

ステケレンブルフ、またしても素晴らしい反応を見せました!!今日は当たっています!



前半21分

右サイド、スナイデルによるコーナーキック。
スナイデル、エリアのかなり手前にゴールから逃げるようなカーブをかけてクロスを上げた!






リフテルス、Valexのマークを外して飛び込んだ!ヘディングシュート!!!!






しかしシュートは抑えが利かず枠の上!!
あと数センチ下に飛んでいれば…



前半24分

右サイドタッチライン際、ハイティンガがドリブルでボールキープ。
ハイティンガ、Takatoのプレスをかわし一旦中のデ・グズマンにパスを出した。
デ・グズマン、ワンタッチして右サイドの奥のスペースへスルーパス!

リフテルス、Valexとのスピード勝負に勝ち、右サイドを抜け出した!!

ワントラップして…グラウンダーのクロス!!



しかしクロスはValexが投げ出した足に当たりマイナス方向へ逸れた!




デ・グズマン、エリア内右に飛び込んでダイレクトでシュート!!!








しかしグラウンダーのシュートは外れて右サイドネット。
ゴールキックになります。



前半38分

ステケレンブルフのフンテラールを狙ったゴールキックはDonaldがヘディングで跳ね返す。
スナイデル、このボールをさらにヘディングで落とそうとジャンプするが、
ボールは頭をかすってコースが変わりMakatuの方向へ飛んだ。

Makatun、このボールをトラップすると同時にマドゥーロの股間を抜いた!!

Makatun、そのままドリブルで前に運んで…




オランダゴール左25度25mの位置から右足でシュートを狙った!!!





シュートはブーラルーズに当たって少し跳ね上がった!




ステケレンブルフ、急にコースが変わったシュートに食らい付き、なんとか弾いた!!









しかしこの弾いたボールにさらにMakatunが詰める!!









Makatun、そのままキーパーをかわしてシュート!!!








GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!



Makatun!素晴らしい個人技でゴールを奪い取った!!
マドゥーロは何が起きたのかわからないといった表情をしています!
SNS、見事先制!Makatunが決めました!前半38分のゴールです!



前半44分

SNSゴール正面やや右29mからのスナイデルによるフリーキック。

スナイデル、壁と壁の間を狙って直接シュートを狙った!!


シュートは壁に当たって少しコースが変わった!








ボールそのままゴール右隅へ!!







GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Reusu、動けませんでした!

オランダ、あっという間に同点!!
キャプテンスナイデルの見事なシュートがネットを揺らし試合を振り出しに戻しました!



後半45分

Kaiya、ドリブルで前にボールを運んでSouliveに横パス。
しかしこれはスナイデルがカット!
スナイデル、すぐにボールをエマヌエルソンにバックパス。
エマヌエルソン、少しためてボールをスナイデルに戻した。
スナイデル、ツータッチしてからファンペルシーの足元にボールを出す。
ファンペルシー、ボールを左サイドのロッベンに預けた。
ロッベン、少し中に切れ込んでからスナイデルにバックパス。
スナイデル、もう一度ファンペルシーの足元にパスを出した。
ファンペルシー、ツータッチでボールをスナイデルに戻す。
スナイデル、ボールを止めてキープ。

そしてM777がプレスに来た瞬間、ボールを浮かせてM777の頭越しにファンペルシーへパスを送った!!


ファンペルシー、この芸術的なパスをエリア内フリーでトラップ!

Reusu、タイミングよく飛び出した!!!



しかしファンペルシー、ボールを左に蹴りだしてあっさりReusuをかわした!!




そして仕上げに無人のゴールへシュート!!!





Nakatun、スライディングで無理やりシュートの軌道を変えようと試みる!!




しかしシュートは跳ね上がっただけでコースは変わらず…






GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!




オランダ、一気に逆転!!!


スナイデル、2分間で2ゴールを生み出しました!!!
そしてファンペルシー、キャプテンの完璧なパスを生かしきって、この大会3ゴール目!!



ハーフタイム

FM001147.jpg
FM001148.jpg
FM001149.jpg

完全に自陣に押し込まれているとはいえ、そこまで危険なシュートを撃たせてはいなかったが、
スナイデルが突如覚醒して前半終了間際に一気に2点を決められ逆転される…試合展開としては最悪。

チェコ戦で大活躍したTakatoとValexはさすがに警戒されているのか、徹底マークされて上手く動けていない。
そして相変わらずキレが戻らないエースSoulive…

こうなったらTakatoにはフリーロールを指示して自由に動き回ってもらう。

とにかくこのままでは不味い。SNSが新システムに変わってから始めての大苦戦かもしれない。
後半の状況次第では3枚の交代枠を使い切るのも躊躇わないつもりだ。



後半戦開始


後半48分

リフテルス、ステケレンブルフのロングボールをヘッドでフンテラールに落とす。
しかしこれはUmiが鮮やかにインターセプト。
Umi、Takatoへ浮かせたボールを蹴りこむ。
Takato、これをヘディングでValexに繋げた。
Valex、得意の高速ドリブルで左サイドを一気に突破!

そしてゴールライン際からクロスを上げた!!



Makatun、このクロスにダイビングヘッドで合わせた!!!









しかしこのシュートはステケレンブルフが倒れながらもなんとか弾いた!

スナイデル、急いで外に蹴りだします!

ステケレンブルフ、失点後も安定したセーブを見せます!



後半50分

ピッチ中央やや右、SNSゴールから約50mほど離れた位置からのデ・グズマンによるフリーキック。
デ・グズマン、ファーのリフテルスを狙った高いボールを上げた!
しかしこれはKaiyaがヘディングで跳ね返す!
Makatun、これをさらに前線へクリアー。
マドゥーロ、ハーフウェイライン手前でこのボールをトラップ。
そしてハイティンガに横パス。

ハイティンガ、これをダイレクトで左サイドのロッベンにロングパスを出した!

ロッベン、このパスをトラップ。
そしてドリブルでKaiyaをかわして…

まだ浅い位置からニアを狙った低いクロスを蹴りこんだ!

ファンペルシー、マークを外してボールをトラップ。



そして左足を思い切り振り抜き、強烈なシュートをゴール右隅に撃ち込んだ!










GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!





ファンペルシー、この試合二点目!!!
そして3-1!SNS、これで2点差となりました!!!



後半52分


ロッベンの左サイドからのフリーキック。
ロッベン、ニアに低いボールを蹴りこんだ。
しかしこれはNakatunが見事にカット。

そしてすぐに前線へロングボールを蹴りこんだ!

Soulive、高すぎるオランダディフェンスラインの裏を取り独走!

エリア右45度から中に進入!



そしてステケレンブルフまでもかわしてシュート!!!





エマヌエルソン!!体を投げだしてシュートをブロック!!!




Soulive、またしても決めきれませんでした!

コーナーキックになります。



後半53分

Nakatunが全くロッベンのスピードについていけていないので、Nakatunに代えてPapaを投入。



後半58分

イタリア戦に続く二度目の奇跡を!
Souliveに代えてPastaを投入。



後半67分

らしくないプレーの続くAnzuにかえてJyukutyou投入。
同時にチームメンタリティをより攻撃的に。



後半69分

右サイド、SNSのKaiyaによるコーナーキック。
Kaiya、エリア内にシンプルなボールを上げた!




しかしこれはスナイデルがヘッドでクリア。
Donald、エリアの外でこれをトラップ。
そしてドリブルでボールをキープして…Valexに一旦ボールを下げた。
Valex、最後尾からドリブルで少しずつ上がって…Kaiyaの足元にパス。



Kaiya、ゴール右45度30m弱の距離から左足で無理やりシュート!!!






しかしさすがに無茶でした!シュートはエマヌエルソンに当たってエリア内に転がります。










Pasta、これにいち早く反応して左足でグラウンダーのシュート!!










GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!



Pasta!!!!思わぬ形でゴールを決めました!
ステケレンブルフ、完全に油断していました!
これで3-2!SNS、一点差まで詰めます!まだ試合はわかりません!



後半84分

SNSゴール正面左27mからのスナイデルによるフリーキック。



スナイデル、右足を迷わず振り抜いてシュートを放った!!!




シュートは壁を越えてゴールに巻き込むように飛んでいく!!








しかしシュートは惜しくも枠の横をかすめていきました!!




SNSのゴールキックです。



後半75分

あからさまな時間稼ぎをオランダが始める
ラインを下げて後方で延々とパス回し…あああああ!
イライラするうううううう!



後半90分

ロスタイムは4分
でもオランダの鬱陶しい鳥かご戦法で全くチャンスが作れない!
チームメンタリティを総攻撃に変更!これでなんとかしてくれ!




後半92分

オランダ陣右サイド奥、ハイティンガによるスローイン。
ハイティンガ、縦のファンペルシーにロングスロー!
ファンペルシー、トラップしてゆっくりフンテラールの足元にパス。
フンテラール、ツータッチで右後方のアンラバトにパスを出した。
アンラバト、マドゥーロに横パス。
マドゥーロ、スナイデルに横パス。
スナイデル、ボールを止めて切り返しながらキープ。
しかし猛然とJyukutyouがプレスに来たのであわててロッベンに横パス!

Kaiya、このパスをカット!!!

そしてすぐにPastaの足元にパス!

Pasta、ボールを大きく蹴りだし、スピードでドンクを抜き去った!!!

Pasta、エリア内右に抜ける!
しかしゴールとは70度近い角度がある!!!



Pasta、それでも右足でコントロールされたグラウンダーのシュートをゴール左サイドネットを狙って放った!!!




ステケレンブルフ、このシュートを見送る!!













しかしボールはそのまま真っ直ぐ左ポストのギリギリ内側へ!!!








GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!
GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!
GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!



Pastaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!

信じられない!SNS、残り試合時間二分のところで追いついた!!!!!
オランダサポーターが静まり返っています!
逆にSNSサポーター狂喜乱舞!!!
スタジアムが揺れています!!!

後半ロスタイム2分!SNS、追いつきました!!
スコアは3-3!SNS!!同点です!!!



延長戦突入

FM001150.jpg
FM001151.jpg
FM001152.jpg

Pasta!Pasta!Pasta!

素晴らしい!!!まさかの同点弾!!
これはオランダにとってもショックのはず!
この勢いに駆って延長戦で決着をつける!PK戦には持ち込ませない!

後半で交代枠を使い切ってるので選手交代はなしのまま延長戦へ。



延長戦前半開始


延長戦前半95分

右サイドハーフウェイライン手前、Papaによるフリーキック。
Papa、シンプルにUmiへグラウンダーのパスを出した。
Umi、これをワンタッチでPapaへリターン。
Papa、ハーフウェイラインを越えたあたりでボールをトラップ。
そしてここからドリブルを開始!
疲労からか、誰もPapaのスピードについていけない!

Papa、そのまま右サイドゴールラインギリギリまでボールを運んでクロス!!!







そしてニアにPastaが飛び込んできた!!ヘディングシュート!!!!






しかしこれはステケレンブルフが紙一重のところで弾いてコーナー!!!


Pasta、惜しくもハットトリックとはなりませんでした。



延長戦ハーフタイム

延長戦に入って、さすがにオランダの選手は疲れてきているのか、PapaやValexの高速ドリブルに全くついていけていない。
疲労困憊のオランダに残り15分の間で決定打を与えることは十分可能なはず。



延長戦後半108分

Reusu、フリーキックを蹴ります。
Reusu、Pastaを狙ってロングキック。
しかしこれはフラールがヘディングで跳ね返した。
ロッベン、このボールを拾おうと走りこむ。
が、その前にKaiyaが足を伸ばして無理やりPastaにボールを出した!

しかしハイティンガ、このパスをカット。すぐにフラールへバックパス。


ハイティンガ、バックパスが弱い!!!

フラール、ボールをトラップ。


しかしPastaがすぐに詰め寄って、ボールを奪い去り独走!!!


Pasta、同点弾を決めたときと全く同じ位置に抜け出した!!






そして同じように左サイドネットに狙いを定めてシュート!!








決まった!GOOOOOOAL!!!




Pasta、ハットトリックと同時にSNSに勝ち越し点をもたらした!!!
オランダ、完全に足が止まっています!!最早万事休すか!?



延長戦後半109分

このまま逃げ切る!
チームメンタリティーを守備的に。



延長戦後半119分

右サイド、Papaによるスローイン。
Papa、縦のKaiyaの足元にボールを投げた。
Kaiya、ボールをトラップしてすぐにMakatunの足元へパスを出した。
Makatun、ドンクを背負いながらボールをトラップ。
そしてマイナス方向にボールを蹴りだして…Jyukutyouにバックパス。
Jyukutyou、これをツータッチで、オランダディフェンスライン中央に走りこんでいるTakatoの足元にパスを出した。
Takato、オランダゴール正面28の位置でボールを止めて…





右足を振り抜いてゴールを狙った!!!!



シュートは勢いはないが、ゴール左角をしっかり射抜いている!!!



ステケレンブルフ、なんとか飛び込む!!!




しかし届かない!!!







GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!

Takato、駄目押しの5点目!!!!
オランダ、これで本当にお終いでしょう!
3-5!!!!SNS、5点目です!!!



試合終了

FM001153.jpg
FM001154.jpg
FM001155.jpg
FM001156.jpg

SNS、まさかの決勝進出!!

いやいや…2点差がついた時にはさすがにもうダメかと思いましたが…
Pastaが一人で試合をひっくり返してしまいました。もうレジェンド級の活躍といって良いと思います。
目標はベスト4進出でしたが、その目標を越えまさかの決勝戦進出。
正直な話、開幕前にはもう少し楽に勝ち進めるかと思っていたら、まさかのFW陣の不調で予想外の苦戦の連続。
それでもここまで来れたのは選手交代や戦術調整を駆使してきたおかげだと思っていましたが、
今日の試合は選手個人個人の力に助けられたところが大きいですね。
延長戦120分を戦い抜いた影響が決勝に出ないか心配ですが、もうここまで来たらあとはやることをやるだけですね。

決勝戦でのSNSの活躍をご期待ください。



選手各種データー

FM001157.jpg
FM001158.jpg



決勝トーナメント表

FM001159.jpg

決勝戦の相手はポルトガル。
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?