日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200802 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200804
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際親善試合 SNS対チェコ (2008/03/26(水) 12:00:00)
FM000208.jpg


親善試合恒例の出場時間制限要求がまたしても大量に…




FM000211.jpg

FM000212.jpg


今回は4-4-2以外にもオプションとなるシステムを作っておこうということで4-5-1のシステムを採用。
恐らくたったの一試合目では上手くは機能しないとは思いますが…
それでも本番での選択肢を増やしておくことに損は無いはずなので、思い切ってやってみます。

ベンチ入りメンバーは、

Valex
Donald
Koh
Kaiya
Sushived
Takato
Dekatichi
Green
Pasta

の、9名。

(ちなみにチェコのエースロシツキーは、クラブが招集を拒否したのでこの試合には出場しません。)



要注意選手


ペトル・チェフ

FM000213.jpg


試合時間を通しての集中力と安定感が絶賛されている。
堅実かつ冷静な判断を軸にしたセービングを売りとしており、好調・不調の波もあまりみられない。
196cmの長身であるにもかかわらず、抜群の反射神経をもっており、至近距離からのシュートにも鋭い反応を見せる。
試合中に熱くなることはあまりなく、1対1での無駄な飛び出しや、イージーミスもほとんどみられない。
長身を生かしたハイボールの処理にも長けており、クロスボールやコーナーキックの処理も非常に安定している。
ゲーム展開にかかわらず、試合終了まで維持される集中力は素晴らしいものがある。
唯一ともいえる弱点は、キック精度があまり高くないことが挙げられる。

(wikipedia引用)



トマーシュ・ウイファルシ

FM000214.jpg


粘り強いマンマークとパスカットの巧さが持ち味。
その守備技術の高さから、チェコ代表においてはセンターバックとしてプレーするが、所属クラブのフィオレンティーナでは走力や足元の技術を活かし、右サイドバックでプレーする。

(wikipedia引用)



ズデネク・グリゲラ

FM000215.jpg


本職は右サイドながらセンターもこなすことのできる堅実なDF。
スパルタ・プラハ所属時代に頭角を表し、その実力はパベル・ネドベドからも絶賛を受けるほどであった。
当時、ネドベドの所属したユヴェントスを含む多くのクラブチームからの関心を集めたが、獲得に成功したのがエールディヴィジの強豪、アヤックスだった。
移籍直後の2003-2004シーズンには20試合に出場して、見事優勝を果たしている。

(wikipedia引用)



ミラン・バロシュ

FM000216.jpg


スピードのある飛び出しと果敢なドリブル、ペナルティエリア内でのキープ力が魅力。
ボールを持ちすぎるとの批判もあるが、守備意識が高く前線からの積極的にプレスをかけるなど、自身は献身的なプレーを身上としている。

しかし精神的に脆弱で、闘志を前面に出して戦うタイプではないため、1度自信を喪失すると回復するのが非常に難しい。
1人で局面を打開しゴールを決められるようなタイプのストライカーではないため、前線でコンビを組むストライカーとの相性がバロシュのプレーの質を大きく左右する。

(wikipedia引用)



試合開始


前半1分

オーバーラップしてきた右SBのPapaがドリブルで前に持ち込み、右サイドタッチライン沿いに居るAnzuにパス。
Anzuはボールをトラップすると一気に中に切れ込み中央に居るTamyにパス。
Tamy、ワンタッチでJyukutyouにパス。
Jyukutyou、さらにワンタッチでSouliveにパス。
Soulive、これをトラップして…

右サイドのスペースに走りこんでいるAnzuにロブでパスを出した!

Anzu、この見事なパスをコーナーフラッグの近くでトラップして…クロスを上げた!



クロスはゴールニアポスト付近へ!

そこに待ち構えるはNanami!





ゴール至近距離からのヘディングシュート!!







GOAL!!!!!!!!!!!

SNS、あっさり先制しました!
あの距離からのヘディングシュートはさすがのチェフも防ぎきれない!
Nanami、代表ではこれで2ゴール目です!



前半7分

NakatunがJarolimに削られ負傷退場…
代わりにDonaldを投入…



前半11分

ゴール右30mからの間接フリーキック。
キッカーのTamyはワンタッチでJyukutyouにボールを転がす。
Jyukutyou、これをさらにワンタッチでバイタルエリアで構えているNanamiの足元へパス!
Nanami、正確なトラップでボールの動きを止めた…




そしてそのまま体を反転させる勢いに乗せて、右足を振りぬきシュートを放った!!!





強烈なカーブのかかったシュートはゴールネット右角へ、まるで初めから設置されていたレールの上を走るかのように吸い込まれていく!


キーパーのチェフ、このシュートは見送るしかない!








GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!!!


ゴラッソ!Nanami、素晴らしいゴールです!
あのチェフが全く動けないほどの完璧なシュートでした!



前半17分

右サイドコーナーフラッグ付近からのスローイン。
スローワーのPapaは後ろに受けに来ていたTamyにパス。
Tamy、これをダイレクトで縦の短い距離にいるAnzuにパス。
そしてドリブルで中に切れ込んで…


バイタルエリアまでオーバーラップしてきているPorimaruにグラウンダーのパスを送った!

Porimaru、このボールに走りこんで…



そのままダイレクトで右足を振りぬいてシュートを放った!



その次の瞬間には既にボールはゴールネット左角へ突き刺さっていた!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!



Porimaru!まさかのゴールを決めました!
あのチェフがここまでいいように弄ばれています!
SNS恐るべし!
これであっという間に3-0です!



前半34分

SouliveとのワンツーでNanamiがキーパーと一対一になりシュートを放つ。
が、しかしこれはチェフに弾かれる。そしてさらにオフサイド。



前半42分

左サイドからのチェコのスローイン。
スローワーのKadlecは左サイド奥で完全にフリーになっているPlasiにボールを預けた。


そしてPlasil、フリーのままクロスを中に放り込んだ!



Rafata、このクロスボールを背にしながら落下地点へ急ぐ!



そしてなんとか追いつきゴール至近距離からヘディングシュートを放った!!




体勢がさすがに厳しかったのかシュートは枠を越える。



ハーフタイム

FM000217.jpg

FM000218.jpg

FM000219.jpg


試合序盤はチャンスを作りまくってましたが、さすがに3点差になってチェコも4-1-4-1のシステムで、しっかりと守ってカウンターしか狙わなくなったので、前半戦中盤以降は中々チャンスを作れませんでした。
ハーフタイム中に、45分間の出場時間制限が出ている選手を総入れ替えするので、この交代で状況が良いほうに傾くことを期待します。

Porimaruに変えてValex(Donaldとポジションチェンジ)
Anzuに変えてSushived
Nanamiに変えてGreen(Souliveとポジションチェンジ)
Tamyに変えてKaiya



後半50分

Jyukutyouが中盤の密集地帯で単独ドリブルで前に運ぶ!
そして途中でKaiyaにパス。
KaiyaはこれをワンタッチでGreenにパス。
Greenはこれを受けて、さらにJyukutyouを前に走らせるようなスルーパスを放った!



Jyukutyou、チェコの中盤とバックライン間に抜けた!



そしてゴール左30mの位置から…





低弾道のミドルシュートを放った!!





しかしシュートはポストの横…惜しくも外れます。



後半59分

Kaloudaがドリブルで右サイドを突破してクロスを上げる。



そしてそのクロスをエリア内でバロシュがトラップしてチェコに絶好のチャンスが訪れる!!





バロシュ、シュート!!





しかしシュートはコースが甘くReusuがなんとか弾き出すことに成功する。
Reusuのファインセーブです!



後半86分

PapaのパスをチェコのLCBのRozehnalがカット。

しかしすかさずSouliveが強烈なタックルでボールを奪い返す!



そしてSoulive、エリア内ゴール右45度の位置から…




カーブをかけてゴール左隅を狙ってシュート!!!




しかしシュートは惜しくもファーポストを越えていく…。



後半88分

右サイドからのSNSのコーナーキック。キッカーはKaiya。
Kaiyaはキーパーから逃げるようなカーブをかけて速いクロスを上げた!



このボールはエリア内に走りこんできたM777の頭にドンピシャ!


M777、このボールをダイビングヘッドであわせた!!!

シュートはRozehnalに当たった!






しかしボールはそれでも枠を捉えている!






GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!!!!


M777、決めた!これで両CBが1ゴールずつ決めました!
後半は守りに入ったチェコですが、最後の最後で堅城を破られてしまった!



試合終了

FM000220.jpg

FM000221.jpg

FM000222.jpg

FM000223.jpg


4-5-1システムの実験は成功に終わった…と言ってもいいんじゃないでしょうか?
初めて試したシステムなのにも関わらず4-0というスコアは素晴らしいと思います。
まぁ、それでも改善すべき点はまだまだありますが、そこらへんは次戦のクロアチア戦で修正して試してみたいと思います。

…でも、Nakatunがこの試合で手首を骨折して1~2ヶ月の戦線離脱になったのは唯一の誤算でした…
悪質なタックルをしたJarolimに抗議したい気分ですが、このゲームにそんな機能はついていません。
次回作でつけてくれないかなぁ…。



次戦情報

次戦は国際親善試合 SNS対クロアチアです。
試合日は四日後。
スポンサーサイト
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。