日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200802 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200804
SNS代表-始動- (2008/03/10(月) 16:18:41)
2007年7月7日 Leopard SNS代表監督に就任

FM000061.jpg

FM000062.jpg

FM000063.jpg


というわけで、現状のSNSの評価は弱小国というとこからスタート
EURO本選への出場は既に絶望的なため、2010年南アフリカワールドカップへ目標を定めてこれからは戦って行きたいと思います。
ワールドカップ予選が始まるまでは、残りのEURO予選の試合を丸々練習期間として使えるので、そこは大きなアドバンテージと言えるかも。
代表の試合がない期間は各選手の重要な試合を観戦して、活躍具合をチェック。
印象的もしくはスーパーなプレーを見せた選手を優先的に代表に召集する予定。
あとは単純に、実力はあるのだけれど代表ではイマイチ活躍しない…
みたいな選手をクラブでの起用方法を参考にするため視察するときもあるかも。



7月21日  Premiere-Ligapokal準々決勝 シャルケ対カールスルー観戦

というわけで、まず最初にSNSの若手高速ドリブラーAnzuを視察に観戦に来たのはいいけど、肝心のAnzuはベンチスタート。
「ええぃっ!シャルケの監督は何をしている!アルティントップはいい!Anzuを出せ!Anzuを!」
と、一人憤慨。仕方なくAnzuの出番を待つ。
…結局Anzuは最後まで出場することなく、2-0でシャルケの勝利で試合は幕を閉じた。

チクショー!

ちなみに同日行われた、Kaiyaの所属するバイエルン対ブレーメンの試合はPK戦の末ブレーメンが試合を制した。
…SNS選手同士で決勝での対決はまだお預けか。



7月28日 Trophee des Champions リヨン対ソショー

さてさて、今度はDekatichi選手とPorimaru選手が所属するリヨン対ソショーのスーパーカップの試合を観戦。
今回はちゃんと二人ともスタメン出場。
システムは4-4-2でDekatichiはあのベンゼマと2TOP、PorimaruはボドメルとCBコンビを組む(良かったね!)
試合は90分間丸々リヨンのペースで進み、結局1-0で勝利

Porimaruはかなりいい守備をしていたと思う、
マークについたソショーの選手に抜かれることは一度も無く、数少ないソショーのチャンスもタイミングのいいタックルで潰していた。
セットプレーの際には相方のボドメルと共に果敢に攻め上がり、CKからの惜しいヘディングシュートも一本放っていた。

逆にDekatichiは…あまりぱっとしなかった。
というのも、Dekatichiはどちらかというと1.5列目で働く足元の技術に長けた、云わばセカンドトップが本職なのにも関わらず、
延々と裏を狙わされてボールタッチも非常に少なかったため、Dekatichiの得意とするプレーが全く出来なかった。

…まだリヨンに入団したばかりで連携が上手くとれていないのもあるだろうから、これからの活躍に期待する。
システムさえ合えば、活躍する日はそう遠くないだろうから。



8月1日 UEFA Champions League 第二予選 Jerusalem対ザルツブルグ

今週は観戦できる試合が八試合もあって悩んだが、
とりあえず優先度の高い大会順ということでチャンピオンズリーグの第二予選
攻撃的左サイドバックValexの所属するザルツブルグの試合を観戦することに。
Valexは本職の左サイドバックで出場、そしてLCBにはあの宮本もスタメンで出場だ。

試合は3-2でザルツブルグの敗戦。
ひたすら両サイドのスペースを狙うサッカーで退屈ではあったが、アウェーで二点取れたのは大きいのかもしれない。

Valexは恐らく監督の指示だろうが、殆ど攻撃に参加させてもらえず、ひたすら守備に専念する試合となっていた。
その守備自体は無難にこなしていたが、やはり攻撃に殆ど絡めさせてもらえなかったのは少し残念か、
それでも数少ない攻撃参加の場面で、1TOPのFWにドンピシャでクロスを上げていたのはさすがと言える。



8月12日 Supercopa de Espana セビージャ対レアルマドリー

今度はセビージャに所属するTakatoを視察するため、スペインのスーパーカップであるSupercopaを観戦。
…が肝心のTakatoがベンチスタート、ダニエルアウベスが右サイドハーフで起用するならTakato出してよ!

が、前半30分にいきなりTakatoが途中出場。
別に誰が負傷したというわけでもないのだが…ダニエルアウベスを一列下げて、Takatoは右サイドに投入される…うーん、だったら最初からそうしろよと…。

後半からは何故か今度は右センターハーフにポジションを変えられる(右サイドハーフはレナトが…)
正直謎過ぎる采配の連続に戸惑いを隠せない。

最終的に試合は1-2でレアルの勝利
Takatoはなれない右サイドや突然のポジションチェンジに最後までなじめず無難なプレーに終始。
…というより私の目には、ポウルセンに攻撃的にプレーさせてTakatoには守備的にプレーさせてるようにすら見えた。
謎だ・・・謎だぞセビージャの監督!



8月15日 チャンピオンズリーグ第三予選 Debrecen対アヤックス

今度はベテランのKohと技巧派ストライカーのMakatuの所属するアヤックスの試合を観戦。
システムは4-4-2でKohは左ボランチ、Makatunはライトフォワードで出場。

前半23分、Kohがゴールから25mの位置でフリーでミドルシュート!
地を這う正確なシュートは相手ゴール左隅に吸い込まれアヤックスは先制点を奪う。

そしてその2分後、Makatunが右サイドからのグラウンダーのクロスを、エリア内でダイレクトであわせてシュート!
シュートは相手ディフェンダーに当たりゴール!
しかしこのシュートは相手ディフェンダーのオウンゴールの判定、正直Makatunのゴールにしても良かったような…

このまま試合はアヤックスペースで進むと思われたが、後半急に失速
一点を返された上に右サイドバックのOgararuが退場、あわててアヤックスは守備を固めることに…
交代枠まで使い切っていたのでMakatunがボランチをすることになった。

そしてそのまま試合は終了。

Kohはベテランらしい落ち着いたプレーでゲームをコントロールしていた
パスもチーム最多の78本も出しており(次点はハイティンガの48本)、チームの中心選手としてアヤックスには既に欠かせない選手のようだ。

Makatunはまぁ次第点と言ったところ。
相方のフンテラールとの連携は悪くなさそうなので、これからの大量得点に期待。



8月18日

ウェストハム所属のストライカーPastaが絶好調のようだ
既にプレミアリーグが開幕して3試合、Pastaはその3試合で4ゴールと大活躍。
しかも3試合目のアウェーでのマンチェスターユナイテッド戦では2ゴールを上げ、
強豪との試合を引き分けに持ち込むことに貢献している。
この調子なら今度の代表試合でのスタメン第一候補と言ってもいいだろう。



8月26日 プレミアリーグ第四節 チェルシー対マンチェスターシティ

マンCに所属するToshizouを視察するため、イングランドに飛ぶ。
相手はロンドンの強豪ブルースことチェルシー。
今シーズン3試合1アシストと中々の滑り出しを見せているToshizouのドリブルがチェルシー相手に通用するかどうか…見物である。





3-0でチェルシーの圧勝。
マンCは試合で一本もシュートを放てず。
まさにずっとチェルシーのターン!
しかしToshizouは評価点6が並ぶ中で数少ない評価点7を獲得していたので、
Toshizou自体はそこまで悪くはなかったように思われる。
まぁ恐らく守備での貢献が評価されての7だとは思うが…それでもチームのために守れるのはいいことなのでよしとする。



9月2日 リーガエスパニョーラ 第二節 レアルマドリー対エスパニョール

エスパニョールの司令塔、Tamyを視察にスペインへ
システムは4-4-2、右ボランチで先発。
レアル相手に強烈なキラーパスを放つことが出来るのか、期待である。

…しかし前半30分にエスパニョールのCB、Torrejonがプロフェッショナルファールで退場したため数的不利に。
10人になった状況でエスパニョールは4-3-2にシステム変更、Tamyは中央のワンボランチを任されることになる。

そして試合は2-0でレアルの勝利で終了。
エスパニョールはシュートを一本も放てずに完敗。

Tamyは73本中60本通したパスセンスは素晴らしいものがあったが、守備には不満が残った。
彼を生かすには相方に運動量の多い守備的なボランチを配置する必要があるかもしれない。



EURO予選 スロベニア戦 ブルガリア戦 SNSメンバー発表

Sushivedが足首の負傷で招集不能だったのを除き、SNS選手は全て招集

ちなみにスロベニア戦は9月8日、ブルガリア戦は9月12日に行われる予定。

メンバー招集と同時にキャプテンと副キャプテンを任命。
キャプテンはDekatichi 副キャプテンはNakatunに決定した。

さぁ、いよいよSNS代表初試合である。
スポンサーサイト



(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?