日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200710 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200712
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1938年1月

高十「政策スライダーを中央計画経済に振り当てました」

零鵜巣「それだけ?」

高十「それだけです」



1938年3月

1938年 3月 2日 0:00 : ソ連は将校の大粛清が始まるにおいて “裏切り者に粛清を!” を選択したとのことです。

WS001697.jpg


高十「ソ連で大粛清がありました」

高十「これにより、ソ連の大佐以上の高級将校の65%が逮捕、処刑されています」

零鵜巣「…そんな事で軍がまともに機能するのか?」

高十「まず、無理でしょう」

零鵜巣「…」



オーストリア併合

WS001699.jpg


1938年 3月 12日 0:00 : ドイツはオーストリア併合において “アンシュルスを強く迫る” を選択したとのことです。
1938年 3月 12日 0:00 : オーストリアはオーストリア併合において “大ドイツ帝国の一部となる(ゲーム終了)” を選択したとのことです。
1938年 3月 12日 0:00 : イギリスで “戦時体制への移行” が発生。
1938年 3月 12日 0:00 : フランスで “戦時体制への移行” が発生。
1938年 3月 12日 0:00 : ドイツで “オーストリア併合―大ドイツの誕生” が発生。
1938年 3月 12日 0:00 : ドイツがオーストリアを併合。


高十「オーストリアが、我が国の友好国であるドイツに併合されました」

零鵜巣「着々と力をつけてきているな」



1938年7月-8月

1938年 7月 24日 0:00 : IJN 大和の配置準備完了。
1938年 8月 2日 0:00 : IJN 武蔵の配置準備完了。


零鵜巣「戦艦キター!」

零鵜巣「そうだ!艦名を大和ではなく『零鵜巣』にしよう!」

高十「むやみやたらに死亡フラグは立てないほうがいいですよ、乗員の士気も下がりそうな名前ですし」

零鵜巣「…そこまでいわなくても…」

WS001702.jpg


零鵜巣「早速我が零艦隊に配備だ」



張鼓峰事件

WS001704.jpg

WS001705.jpg


1938年 8月 16日 0:00 : 我が国に “張鼓峰事件(ハサン湖事件)” が発生した。

高十「…国境線での軍事衝突です」

零鵜巣「ソ連め…」



1939年1月

高十「独裁制へ1ポイント振りました」



1939年2月

1939年 2月 2日 0:00 : IJN 天城の配置準備完了。
1939年 2月 2日 0:00 : IJN 蒼龍 の配置準備完了。


高十「改良型空母『天城(あまぎ)』と『蒼龍(そうりゅう)』が完成しました」

高十「両艦共に私が率いる第十艦隊に配備となります」

WS001709.jpg




1939年3月

チェコ併合・スロバキア独立

WS001710.jpg


1939年 3月 15日 0:00 : ドイツはチェコスロヴァキアの終焉において “スロヴァキアにティソ政権を擁立する” を選択したとのことです。
1939年 3月 15日 0:00 : スロヴァキアの人々がチェコスロヴァキアからの独立を宣言。
1939年 3月 15日 0:00 : イギリスで “戦時体制への移行” が発生。
1939年 3月 15日 0:00 : フランスで “戦時体制への移行” が発生。
1939年 3月 15日 0:00 : ドイツがチェコスロヴァキアを併合。
1939年 3月 15日 0:00 : ドイツがスロヴァキアを属国化。
1939年 3月 15日 0:00 : ハンガリーで “チェコスロヴァキアの終焉 ― ハンガリーにルテニアを割譲” が発生。


高十「チェコがドイツに併合され、スロヴァキアがドイツの傀儡政権として独立しました」

零鵜巣「ドイツはイベントで領土が広がるから羨ましいなぁ…」

高十「同時に仏・英が少しずつ戦時体制に移行してきています」

零鵜巣「完全に本気が出せるころには、もう手遅れになってるだろうけどな」



メーメル要求-合意-

WS001711.jpg


1939年 3月 24日 0:00 : ドイツはメーメルの割譲要求において “メーメルの割譲を要求する” を選択したとのことです。
1939年 3月 24日 0:00 : リトアニアはドイツのメーメル要求において “ドイツにメーメルを割譲” を選択したとのことです。
1939年 3月 24日 0:00 : ドイツで “メーメルの割譲要求 ― リトアニアが合意した!” が発生。


高十「さらに領土拡張です」



伊がアルバニアに宣戦布告!

WS001712.jpg


1939年 3月 26日 0:00 : イタリアはアルバニア併合において “ゾグ国王に最後通牒を突きつける” を選択したとのことです。
1939年 3月 26日 0:00 : アルバニアはイタリアの最後通牒において “断固拒否!” を選択したとのことです。
1939年 3月 26日 0:00 : イタリアはアルバニア併合 ― ゾグ国王の拒否において “宣戦布告” を選択したとのことです。
1939年 3月 26日 0:00 : イタリアがアルバニアに対して宣戦を布告。


高十「イタリアがアルバニアに宣戦布告しました…」

零鵜巣「頼むから大人しくしててくれ…」



1939年6月

ノモンハン事変

WS001713.jpg


高十「またしても国境問題でソ連と軍事衝突しました」

零鵜巣「オラ、もう我慢できねぇ!ソ連なんてぶっ潰してやる!」

WS001714.jpg


1939年 6月 12日 0:00 : 我々はノモンハン事変において “この戦いは我々の敗北だ” と選択した。
1939年 6月 12日 0:00 : 我が国はソ連と不可侵条約を締結。


零鵜巣「な ん で や ね ん!」

高十「今、ソ連と全面戦争する余裕がないからです、終わり」

零鵜巣「そんな軟弱な精神だか」

高十「ハァ…くだらない精神論を持ち出しますか…」

高十「いいですか?我々は近い将来連合国と戦争になります」

零鵜巣「それがどうした」

高十「アメリカとも戦争になります」

零鵜巣「それが何か?」

高十「連合・米国・共産、この三大勢力を!同時に!敵に回して!勝てるわけがないんだよ!ボケナス!」

零鵜巣「ごめんなさいでした…」



あとがき?

対話形式にすると文章が少なくなって楽ですけど、内容が薄くなりますね。
というより文章力がないからそうなってるだけで、
対話形式が問題なわけではない!ってのが正しいですけど
さて、次回はついに欧州で大戦が勃発します
…上手く文章化できるかどうかが心配ですがなんとか頑張りたいと思います


スポンサーサイト
1936年10月

日中戦争が僅か4ヶ月という短期間で勝利することができたということは、
次なる戦いへの準備期間も長くなるということである。
近い将来米英という強大な敵と戦うこととなる我が国にとっては、これは大きな収穫だ。

高十「与えられた時間を有効に使えなければ、我が国に勝利はない」

ということで、まずは工業力の増強から始めることとした

WS001684.jpg




1937年1月

零鵜巣「今年も政策スライダーを動かす季節がやってまいりました」

零鵜巣「早速、常備軍へスライドさせたいと思います」

ポチッ

高十「タカ派へ1ポイント振りました」

零鵜巣「ほあああああああああああああああああ!?

零鵜巣「おまっおまおまっ…!」

高十「…常備軍に動かすと確かに強くはなります」

高十「が、そのかわりユニットの生産期間が延びます」

高十「我が国のような艦船をそれなりに建造せざるを得ない国にとっては、常備軍は向いてないんです」

零鵜巣「あれ?でも一年目は常備軍に割り当ててなかったっけ?」

高十「それは筆者の無知計画性の無さのせいです」

…orz


1937年 1月 16日 0:00 : 呉海軍工廠が「超大型戦艦」を開発。

零鵜巣「戦艦!戦艦!

WS001688.jpg


零鵜巣「建造!建造!

WS001688-2.jpg


零鵜巣「wktk!(ワクワクテカテカ)」

高十「…同時に改良型空母の技術開発も開始しました」

WS001687.jpg


零鵜巣「チッ

高十「何か?」

零鵜巣「いえ、何も」



1937年3月

WS001689.jpg


高十「ドイツと防共協定を結びました」

零鵜巣「イタリアは!?イタリアは!?」

高十「…調停してます」

零鵜巣「アッー!



1937年6月

WS001692.jpg


1937年 6月 19日 0:00 : スペイン(共和派)がスペイン(国粋派)を併合。

零鵜巣「あーアッー…」



1937年8月

1937-07-07 : 1937年 8月 8日 0:00 : 1 工業力が東京で完成。
1937-07-07 : 1937年 8月 8日 0:00 : 1 工業力が新潟で完成。
1937-07-08 : 1937年 8月 9日 0:00 : 1 工業力が名古屋で完成。
1937-07-10 : 1937年 8月 11日 0:00 : 1 工業力が福島で完成。


高十「工場の第一波が完成しました」

零鵜巣「大変結構!」


1937-07-15 : 1937年 8月 16日 0:00 : 呉海軍工廠が「改良型空母」を開発。

高十「やっと次世代空母の技術開発が終わったので、空母の建造を開始します」

WS001694.jpg

WS001695.jpg


零鵜巣「空母は死んだ!!何故か!?

高十「勝手に殺さないでください」

零鵜巣「俺の中では既に空母は死んでいるのだよ高十君」

高十「とっても…寒いです…」

零鵜巣「寒い時代だとは思わんか…」

高十「…」

零鵜巣「…」



あとがき?

古い灯油使ったら、ファンヒーター壊れた
寒いです
いっそ殺して





1936年6月

WS001659.jpg


1936-05-24 : 1936年 6月 25日 6:00 : 我が軍がフーチョウで敵軍と交戦。
1936-05-24 : 1936年 6月 25日 6:00 : 我が軍がチンタオで敵軍と交戦。
1936-05-24 : 1936年 6月 25日 6:00 : 我が軍がシャンハイで敵軍と交戦。


6月24日の国民党への戦線布告を皮切りに
我が大日本帝國は海軍基地・航空基地無力化を目標に
チンタオ・シャンハイ・フーチョウへ大規模な同時上陸作戦を開始。

この上陸作戦には

永野大将率いる第二艦隊(チンタオ上陸作戦担当)
WS001647.jpg

零鵜巣元帥率いる零艦隊(シャンハイ上陸作戦担当)
WS001646.jpg

高十元帥率いる第十艦隊(フーチョウ上陸作戦担当)
WS001645.jpg


という三つの主力艦隊が参加している。
…が、

1936-05-26 : 1936年 6月 27日 8:00 : 我が軍がチンタオで中国(国民党)軍と交戦し敗北。

早速チンタオへの第一波上陸作戦が失敗したとの報告が…
仕方ないので一度状況を立て直すように指示

1936-05-26 : 1936年 6月 27日 17:00 : 第6兵団がシャンハイで上陸を完了
1936-05-27 : 1936年 6月 28日 3:00 : 日本東部軍がフーチョウで上陸を完了。

チンタオ上陸には失敗したが、シャンハイ・フーチョウには見事上陸成功
本国で待機している残りの師団も続けざまに輸送し、上陸後は南北に前進し海岸線を封鎖
国民党を内陸への完全封鎖を目指して部隊を展開する

1936-05-26 : 1936年 6月 27日 23:00 : 我が軍の艦隊がハンチョウ湾で敵艦隊と交戦。

ちなみに上陸作戦中に高十元帥率いる第十艦隊と国民党海軍との海戦が勃発している。

WS001660.jpg


しかし圧倒的な戦力・技術力の差から、
国民党海軍は空母の艦載機による長距離攻撃で一方的に攻撃を受けることとなり
被害の出ない内に慌てて最寄の海軍基地へ撤退した
敵艦を沈めることこそできなかったが、これは我が海軍の完全勝利といっても過言ではないだろう。
結局、国民党は終戦まで我が帝國海軍には太刀打ちできずじまいであった。



1936年7月

1936年 7月 2日 1:00 : 中国(国民党)は工場を内陸に疎開させるにおいて “その必要はない” を選択したとのことです。

WS001661.jpg


正直のこの国民党の決定は日本にとってありがたいことこの上無かった
この決定により国民党の大半の工場地帯は日本の占領下のままとなり
50近くあった国民党のICは半分近くまで落ち込むこととなる


1936-06-04 : 1936年 7月 5日 10:00 : 関東軍司令部がチンタオで上陸を完了。
1936-06-04 : 1936年 7月 5日 10:00 : 帝国陸軍第4軍団がチンタオで上陸を完了。


チンタオへの上陸作戦は一回目こそ失敗したが見事二回目は成功し
シャンハイやフーチョウ上陸成功から一週間遅れての作戦成功となった


1936-06-06 : 1936年 7月 7日 1:00 : アメリカ合衆国はピットマン法 ― 中国支援において “本法案を可決する” を選択したとのことです。
1936-06-06 : 1936年 7月 7日 1:00 : 中国(国民党)はピットマン法 ― アメリカの中国支援において “これで我々の兵力は大幅に増強されるだろう” を選択したとのことです。
1936-06-06 : 1936年 7月 7日 1:00 : アメリカ合衆国で “ピットマン法 ― アメリカの中国支援” が発生。

WS001662.jpg


アメリカが国民党へ大規模な物資援助を開始した模様。
が、その程度の援助で戦局がひっくり返るとは思えないので気にしない

WS001664.jpg


7月下旬、ついに国民党の内陸への完全封鎖に成功
以後はひたすら西進するだけである



スペイン内戦

1936-06-17 : 1936年 7月 18日 0:00 : スペイン(共和派)で “スペイン内戦” が発生。
1936-06-17 : 1936年 7月 18日 0:00 : スペイン(国粋派)の人々がスペイン(共和派)からの独立を宣言。
1936-06-17 : 1936年 7月 18日 0:00 : スペイン(共和派)がスペイン(国粋派)に対して宣戦を布告。
1936-06-17 : 1936年 7月 18日 0:00 : スペイン(共和派)で “スペイン内戦” が発生。


スペインで国粋派と共和派に分かれて内戦が勃発した模様
ソ連が共和派を援助し、ドイツとイタリアが国粋派を援助する方針
イギリス・フランスは非介入。
(SS撮り忘れました…すんません)



1936年8月

小規模な包囲殲滅を繰り返しつつひたすら西進!
順調すぎて他に報告することは別に…じゃなかった特に無いです



1936年8月

WS001671.jpg


国民党の領土の大半を掌握することに成功!
もうここまでくれば勝利は間近!
…何故か中国共産党(画像オレンジ色)が火事場泥棒的に領土を広げているのが気になりますが…



1936年10月

WS001676.jpg


1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 中国(国民党)は巨龍、滅ぶにおいて “日本に慈悲の心があることを祈ろう…” を選択したとのことです。

ついに国民党が降伏!
6月24日に開戦したので僅か4ヶ月での決着となった

さて問題となるのが中国の戦後処理
中国全土を併合すれば日本のICの大量増加が見込めるが
その代わり中国全土でのパルチザン(反乱軍)ラッシュが発動する
これを抑えるには守備隊を生産して中国に配備すればいいのだが
如何せん配備すべき領土が広い!この糞広い領土分守備隊を生産する余裕は
この先連合国と戦争することになる予定の日本にはない!

と言うわけで中国に傀儡政権を樹立させて独立させることとする
これによってICの増加は少なくなるが、産出資源の半分を日本に送ってくれるのと
大量の歩兵を同盟国として戦争に参加させてくれるので非常においしいのである

WS001673.jpg


WS001675.jpg


1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 我々は中国の運命において “従順な傀儡政権を中国に樹立する” と選択した。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 中国(国民党)が我が国の領土になった!
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : シャンシーが我が国の領土になった!
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 広西軍閥が我が国の領土になった!
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : シーベイサンマが我が国の領土になった!
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : ユンナンが我が国の領土になった!
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 我が国に “日本がアジアの地図を塗り替える” が発生した。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 我が国に “中国に勝利した!” が発生した。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 中国(国民党)の人々が日本からの独立を宣言。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 我が国に “中国の支配権を獲得” が発生した。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 日本が中国(国民党)を属国化。
1936-09-11 : 1936年 10月 12日 0:00 : 中国(国民党)で “中国:日本の駒” が発生。


…何故か中国内の中国共産党を除く他の勢力まで傘下に入ることに
共同戦線を張った広西軍閥はともかく他の勢力はどう説得したんだろう…?
まぁ、おいしいからいいけど



あとがき?

あれ?今回対話形式一回もなくね?
1936年1月1日

零鵜巣元帥が日本海軍総司令官に就任
宇井高十元帥が総合参謀総長に就任

WS001639.jpg

WS001640.jpg


外交スライダーは常備軍に振り当て、「超大型戦艦」を含む5つの研究を開始

resize0004.jpg


高十「どうしても戦艦を作るんですか…?」

零鵜巣「作る!何がなんでも作る!」

高十「空母と戦闘することになれば、艦載機を使った圧倒的な長距離攻撃で反撃も何も出来ずにボッコボコに沈められる運命にあってもですか?」

零鵜巣「それぐらいで大和は沈まんよ!!!主砲が届かないなら届く距離まで突っ込めばいいじゃない!」

高十「…」

零鵜巣「戦艦燃え!

高十(ダメだこいつ早くなんとかしないと…)



無資源国家日本

WS001644.jpg


ご存知の通り日本は資源に非常に恵まれていない国です。
なので貿易協定で資源が余るほど産出され、
尚且つ良心的なレートで貿易してくれる国と資源取引をして不足分を賄います。
日本の場合はアメリカ・ソ連・ドイツ・オランダ・ベルギーなどがいい取引先です。

今回のプレーの場合アメリカとは最終的に戦争することになりますが
そのときまでは出来るだけその豊富な資源を頂戴することとしましょう

ちなみに日本提供できるような資源が何もないので、物資を提供することで他国から資源を輸入します
物資はIC(工業力)を振り当てることで生産できるので
資源が無い国でも工業力さえあればなんとかなるんです。



策謀

高十「ふぅ…終わった」
零鵜巣「何してたんすかwww高十www元wwww帥」
高十「読み難いから草生やすな」
零鵜巣「サーセン」
高十「…広西軍閥に独立保障を懸けてました掛けてました」

resize0006.jpg

(カーソルの合わせてあるところの色全部が広西軍閥の領土)

零鵜巣「マオミン…可愛いお名前!中華娘萌え!」
高十「…」
高十「後は中国国民党にも独立保障を掛けておきました」

resize0007.jpg

(カーソルを合わせているところの色全てが中国国民党の領土)

零鵜巣「カンチョー!wwwwなつかs
高十「黙ってろ
零鵜巣「ごめんなさいでした(´・ω・`)」
高十「…諜報部員の報告によると今年の6月から7月までの間に広西軍閥と国民党が戦争する可能性が高いそうです」
零鵜巣「つまり、戦争が始まったらその独立保障を大義名分に中国国民党に戦線布告する…と?」
高十「その通りです。独立保障という盾があれば国民不満度も上がらないので」
零鵜巣「ふむ」
高十「それに直接の同盟関係ではないとは言え、結果的には我が軍と広西軍閥で国民党に二正面作戦を強いることが出来ます」
高十「そうすればかなり早期に中国大陸を征服することが出来るでしょう」
零鵜巣「お主も悪よのうwww悪よのうwww」
高十「帰れ
零鵜巣「生まれてきてごめんなさい」



戦争に向けての軍事力の強化

対中国戦に向けて…というかこれからも日本軍の主力になり続けるであろう歩兵+砲兵旅団を生産

WS001677.jpg


零鵜巣と高十を閣僚変更した際に生じた国民不満度2.00%が消滅次第駆逐艦を7×2生産
(ちなみに駆逐館の完成時期はSS取り忘れてて、慌ててセーブデーターロードして無理やり捏造取り直したので実際のプレーデータとは完成予定日にズレがあります。)

WS001678.jpg




イベント

WS001652.jpg


二・二六事件が起こる
ここでは「クーデターを鎮圧する」を選択

WS001654.jpg


1936年 5月 24日 2:00 : シャムが我が国と満州との軍事同盟に参加。
これによりイベントが発生。シャムが日本の属国となりました
シャムは不足がちな希少資源や鉄鋼を日本に送ってくれるので非常にありがたい存在。
後々に行うインド攻略にも役に立つので、日本プレーでは同盟しといて損は無いです。



そしてついに…

resize0014.jpg


1936-05-22 : 1936年 6月 23日 0:00 : 広西軍閥が中国(国民党)に対して宣戦を布告。
1936-05-22 : 1936年 6月 23日 0:00 : シーベイサンマは中国(国民党)の側に立って広西軍閥に宣戦を布告


ついに広西軍閥が国民党に戦線布告した!
この機会をずっと待ち続けてきていた日本は翌日0時国民党に戦線布告

1936-05-23 : 1936年 6月 24日 0:00 : 日本が中国(国民党)に対して宣戦を布告。
1936-05-23 : 1936年 6月 24日 0:00 : 満州は日本の側に立って中国(国民党)に宣戦を布告。
1936-05-23 : 1936年 6月 24日 0:00 : シャムは日本 と 満州の側に立って中国(国民党)に宣戦を布告。
1936-05-23 : 1936年 6月 24日 0:00 : シーベイサンマは中国(国民党)の側に立って日本, 満州 と シャムに宣戦を布告。


日中戦争の始まりである!

WS001658.jpg




あとがき?

いやーやっぱこの手のゲームのプレー日記は難しいですね
本当なら日中戦争まで書き終えるつもりだったんですが
あまりにも時間かかりすぎて断念orz
慣れてないから時間がかかるのは勿論なんですが
構想もどうしようか非常に悩みまくり
結果、書き始めるのが遅れて更新が遅れるという惨事に…
そして悩みまくったわりには、他のゲームのプレー日記と構想はあまり変わってない現実!
実際にHoIのプレー日記を書いてるとわかりますが
某wikiでプレー日記(実は正式名称は別にあるんですけど)を書いてる人達は本当に凄いと思います
面白い。とにかく面白い。
文才・語彙力が無い自分にとってはうらやましいほど面白い文章を書く人が一杯いますし
あの辺りの歴史の知識に関しても、まだまだかじった程度しか知らない「にわか」な自分には太刀打ちできないほどの知識を持っている人が沢山います
その豊富な知識を面白く、時には可笑しく文章に表しているのもまた凄い
いつの日かあのwikiに自分も作品を投稿してみたいなとも思いますが
まだまだその日が来るのは遠そうです
少なくとも文章力や語彙力の無さをネタでごまかしている現状では無理でしょうね…

というわけで次回に続く
ブログのデザインを変更しました!
前々から横幅の広いデザインを探してたんですけど中々無くて…
というわけで心機一転これからも宜しくお願いします



またしても問題発生

前回の記事「いきなり問題発生」に付いたコメントに

>>日本とソ連はマスクデータの友好度が低いので、
>>基本的に同盟を組むのは不可能だと思います。
>>どうしてもというならacceptallでできますが。

という名無し様からのありがたいご助言がありました。ありがとうございます!
「acceptall」ってのはチートコマンドのことです。
要するにチートしなきゃソ連との同盟は無理ってこと!YEAH!
え?それぐらい前もって調べとけって?
HAHA!これは失礼!ちょっと私初心者なもんで!これから気をつけるんで勘弁な!HAHAHA!

いや…本当すみませんでした…
え?いや…別に…そういうわけじゃなくて…沢尻エリカでもなくて…
これからは気をつけます…

と、いうわけでまたしても方針変更です
「第二次世界大戦シナリオ日本プレーでソ連と同盟してアメリカと戦う!」
から
「第二次世界大戦シナリオ日本プレーでドイツと同盟してアメリカと戦う!」
に変更です。すいませんでした
いきなり問題発生 (2007/11/10(土) 15:34:23)
HoIのゲームの特性上、どうしてもプレー日記の文章が硬くなって
(この手のゲームが好きな人以外は)読みにくくなるので
打開策として所々ネタ風味の対話形式をはさむ予定なので、その登場人物(二人)を紹介
(ネタ風味といっても、管理人のギャグセンスがとっても微妙なので面白いとは限りません!念のため)



登場人物紹介

零鵜巣(れうす)

大日本帝国海軍元帥
無能。ボケ担当
大艦巨砲主義は男の浪漫!ということで戦艦大好きな男
モデルは当ブログの管理人
やっぱりキャラのいじりやすさや自虐ネタのやりやすさなら本人登場かな、と。

宇井 高十(読み方は各自お任せ)

大日本帝国海軍元帥
非常に有能な軍人。ツッコミ担当
絶対空母主義者
モデルは某管理人(本人了承済み)
モデルは某管理人だが、別に本人の思想や正確をそのままコピーした訳では決してないので誤解の無いように
単純に当ブログ管理人のレウスを登場させるだけでは寂しかったのと
登場人物がレウスだけだと対話が成立しないので出演要請をしただけだったりする
「だったら架空のキャラクター登場させればよくね?」とかいうツッコミがありそうだが
そこは…あれだよ、元々はこのブログ内輪で盛り上がってたし?みたいな



第三次世界大戦から第二次世界大戦へ

高十「零鵜巣さん、一つ質問が」

零鵜巣「なんすかw」

高十「今度のブログの記事、ドゥームズデイシナリオ(第三次世界大戦)でやるんですよね?」

零鵜巣「そうっすよw」

高十「しかもなんか読者の皆様に投票してもらってプレー方針決めるとか?」

零鵜巣「そうっすよw」

高十「アンケート結果はご存知で?」

零鵜巣「別のゲームやってたんで知らないっすwwwサーセンwww」

高十「…ソ連と組んで連合国と戦争が4票、完全独立して中立を守る!が2票の計6票です」

零鵜巣「6票…さすがは不人気ネタ…」

高十「まぁそれはいいとしてですね、実際プレーを始めてみるとわかるんですけど…ドゥームズデイの日本は完っ全な民主主義なんですよ」

零鵜巣「なんか問題あんの?」

高十「…同盟を組むべき相手のソ連は共産です、つまり政体が違いすぎるんです。」

零鵜巣「政体が違うと問題あんの?」

高十「最初の目標であるソ連との同盟ができません

零鵜巣「( ゚д゚ )」
零鵜巣「せ…政体が違うんなら政体スライダーを動かせばいいじゃない」

高十「政体スライダーは一年に1目盛りしか動かせません。しかも…」

ソ連の政体スライダー
WS001633.jpg

日本の政体スライダー
WS001634.jpg


高十「日本の政体をソ連の政体に近づけるには…」

民主的を独裁的へ目一杯!
政治的左派へ少々!
開放社会から閉鎖社会へ目一杯!
自由経済から中央計画経済へ目一杯!


高十「…動かさなければなりません。政体変更イベントとかを無視して、単純計算で考えれば30年近く待たねばならないんです」

零鵜巣「待てばいいじゃない」

高十「アホですか?30年も待ったら第三次世界大戦どころかもうゲームも終了しとるんじゃ!ボケが!」

高十「しかも開戦直後に日本は連合軍に入ってるから同盟を脱退しようにも戦争中は同盟を脱退できない仕様なので脱退できません

零鵜巣「ち…チートを使えばいいじゃない!

高十「その手がありましたか!さすがですね!」

零鵜巣「さすがでしょ?ほめてほめて!」

高十「はっはっは!こやつめ…!」

零鵜巣「はっはっは!」

高十「では次の問題点についてですが…」

零鵜巣「まだあんの!?」

高十「…アメリカと戦争するには絶対に海軍が必要です…その海軍が…」

resize0003.jpg

↓クリックで拡大します(こっちのほうが見やすいかも)
WS001629.jpg


高十「ない」

零鵜巣「( Д ) ゜ ゜スポポーン」

零鵜巣「な…ないなら作ればいいじゃない!」

高十「…日本のゲーム開始時点の工業力です」

WS001630-1.jpg


高十「これも0」

零鵜巣「…」

高十「まぁこれは数十日で元に戻るんですが…それでも60程度しかない」

高十「消費財生産に使うICを引いて生産に使えるICは実質40程度」

高十「戦艦と空母は一つにつき10ICもかかるうえに生産期間が1年弱程度もかかります」

高十「つまり、まともな海軍が出来上がってるころには恐らく戦争は終わってます。おわかり?」

零鵜巣「要するにこのシナリオでソ連と同盟してアメリカと戦うのは無理…と」

高十「その通り」

零鵜巣「おーまいっがっ」




…というわけで第三次世界大戦シナリオから第二次世界大戦シナリオに変更です。申し訳ありませんでした

でもちゃんと日本つかってソ連と同盟組んでアメリカと戦うつもりなんでそこは大丈夫ですよ!

…管理人の腕がアレなんで勝てるかどうかは別として…ですが
~プロローグ~

WS001623.jpg

WS001624.jpg


1945年5月8日、連合国はドイツの降伏条件を受け入れ、
ドイツは民主主義と共産主義という二つの対立する政治体制によって分割統治され、
ヨーロッパにおける第二次世界大戦は終結した。
日本の命運は広島と長崎への原爆投下とともに尽き、
1945年9月2日、日本政府は降伏文書に調印する。
しかしそれは次なる戦争への布石でしかなかった
終戦後、戦前から対立していた民主主義国家と共産主義国家による東西の対立が激化
東西国境での軍事的衝突を繰り返した後
この挑発に対しソ連は10月2日、ついに西側諸国に戦線布告、進撃を開始した…



…こう書くと難しいように見えますがなんのことはない

第二次世界大戦終結直後に戦勝国の中で仲間割れが起きて内部分裂
そのまま東西に分かれて一気に第三次世界大戦へ!


これだけの話なんで、あまり難しく考えないでください



第一回のプレー国家はやっぱり○○

やっぱり最初だし…ということで日本でプレーすることに決定
このシナリオは終戦直後から始まるので本来なら日本はアメリカの占領下のままなんですが
そこはちょいちょいっといじって、日本を独立させてプレー開始させることとします。



世界は第三次世界大戦の真っ只中!

中欧

WS001626.jpg


中東

WS001628.jpg


東亜

WS001627.jpg


この三大戦域で連合国と共産国が激しく戦火を交えている中
日本はドサクサにまぎれてアメリカから独立することを目論見ます…

いきなりですがここで読者様の投票をお願いします

第三次世界大戦の混乱に乗じて日本は独立することとなるわけですが
独立後、日本はアメリカの属国として独立すべきでしょうか?
それとも完全にアメリカから独立して東側のソ連と共に連合国と戦うべきでしょうか?
それともどちらにも属さずひたすら中立を守り続けるべきでしょうか?

それぞれの選択のメリットとデメリットを挙げていくと…

アメリカへの属国化のメリット

資源が全くない日本へアメリカが安定した資源を供給してくれる

アメリカへの属国化のデメリット

アメリカの「属国」として第三次世界大戦に否応なく参戦しなければならない

アメリカからの完全独立のメリット

政治体制や同盟の縛りが無くなるのでソ連に寝返り連合国と戦ったり、
さっさとソ連と講和して連合国との同盟から脱退して中立を守るなどある程度自由が効く

アメリカからの完全独立のデメリット

ソ連と同盟を結ばない場合深刻な資源不足に陥る可能性がある

中立を守ることに対するメリット

ゲームオーバーになる可能性は極めて低い

中立を守ることに対するデメリット

深刻な資源不足に陥るので、専守防衛のための軍隊すら配備できなくなる可能性もアリ

以上のことを考慮したうえで投票してください
別に難しく考えなくてもOKです。
「なんとなくこれでいいや~」みたいな軽いノリでも全然OKです
選択肢次第では即滅亡の可能性もありますがそれはそれでネタになるので気にせず投票してください
とにかく投票してください


投票ボックスへのリンク




最近全く更新していなかったブログの管理人ですどうもこんばんは。
正直ネタ切れだったんですよ!
FM2008日本語版が出るまですることねーんじゃねーか?ってぐらいネタ切れだったんですよ!
でもやっぱりなんか書きたい!
けどネタがないから書きようがない…
このジレンマとここ数週間戦っていました
でもついに!ついに!ネタがひらめきました!

題材はハーツオブアイアン!

えー!!??また戦争ゲー?

とか言わない!ぶっ飛ばすぞ!
こっちだって色々苦労して考えたんだ!異論は認めない!
大体0から1を生み出す才能の欠片もない私がどれだけ…



管理人が暴走しています暫くお待ちください



…失礼しました、話を戻します
題材はハーツオブアイアンですがただのプレー日記にはしません
ちょっとした工夫を入れるつもりです
その工夫とは毎回記事の終わりに
「これから筆者にゲーム内でどういう選択をしてほしいか?」
というような感じの投票ボックスを入れます
その投票ボックスに読者の皆様に投票していただいて
一番票が多かった項目の行動を管理人が選んでプレーを続行するという形にします
…例えば


1.日本でプレー開始
2.ある程度ゲームを進める
3.記事を書き終える
4.これから管理人にゲーム内でどういう行動をとってほしいか?

A.対米戦に向けて準備する
B.連合軍に入って枢軸国と戦争する
C.とりあえず何もせず、連合対枢軸で有利になったほうに付いて漁夫の利を得る
D.永世中立国を目指す

といった感じの投票ボックスを設置して読者による投票を募る

一番投票の多かった選択肢を選んでゲームを続ける

5.2に戻る…

という用に読者主体でプレー日記を続けていき、どこまでゲーム内で生き残れるか?
そういう企画です
投票はハーツオブアイアンやあの辺りの世界史に詳しくなくても投票可です
むしろその場のノリで投票しちゃってください
レウス自体このゲームそんなに上手くないので
選択肢次第ではあっさりゲームオーバーとか普通にありえますが
それはそれでネタになるのでじゃんじゃん投票しちゃってください

…こんな感じの企画なんですがどうでしょうか?
例の如く、何時まで続くかはわかりませんが
普通のプレー日記より面白いんじゃないかと思うので…
まっ、とにかく初めて見なきゃわかんないですよね!
とりあえず第一弾の記事を明日か明後日までにアップしたいと思います



コメントに対する返信に関して

今までブログの記事に対するコメントは殆ど返せてなかったですが
これからは出来るだけ返信を書こうと思います
…当たり前のことなんですけどね。

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。