日記
FC2ブログ
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200708 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 200710
さてさて、最近延々と絶賛し続けているハーツオブアイアンですが…





やっぱり読者の反応は薄かった

…まぁジャンルがジャンルなだけに仕方ないんですけど

まぁめげずに今回もプレー日記書きます

ただし今回はマルチ(オンライン)プレーの日記です

所詮ブログなんて趣味の範囲ですから!

管理人が何書こうが勝手ニダ!



理解ある参加者達(二名)

まず最初に今回マルチプレーに参加してくれたメンバーの紹介

1レウス
2まけれってぃ
3たかと

3人だけです!文句ありますか?

まけれってぃは数日前から何度かマルチ経験あり
たかとさんは今回初参加・初プレー

俺含めて全員経験が乏しいので

とりあえず今回は3人で協力してAIを倒そうという方針に決定



シナリオ選択

WS001573.jpg


今回のプレーで使用したシナリオは

つい最近発売された拡張パックのアルマゲドンで追加された

アルマゲドンシナリオとアビスシナリオをどちらかということになった

両者ともマルチプレー用にバランス調整されたシナリオで

各勢力の国力が拮抗しているのと

欧州ソビエト(イギリス・オランダ・ベルギー・デンマーク共産連合)

等の架空国家で形成されているの

また、技術開発に関してもどこの国も全て白紙の状態から開始するので

それぞれの国家の強みとなる軍が毎回変わってくるのが特徴

アルマゲドンシナリオとアビスシナリオの違いは

前者は最初から同盟が組まれており

尚且つ戦争が始まっている状態からスタートするが

後者はどこの国も同盟を組んでおらず

最初は完全に平和な状態で開始するので

前半は高度が外交戦が繰り広げられる(はずだった)

とりあえず今回は後者のアビスシナリオでプレーすることになった



陸続きの三国同盟

まず最初に三人がそれぞれ指揮する国家を選択する

基本的にどこの国家を選んでも国力は均衡していることは前述の通りだが、

お互いにすぐに援軍を派遣できるように

陸続きの国家を三つ選ぶこととなった

そしてその結果

レウス:プロイセン(ドイツ)

WS001574.jpg


まけれってぃ:ローマ(イタリア)

WS001575.jpg


たかと:ブルボン(フランス)

WS001576.jpg


をそれぞれ選ぶこととなった



隣国の紹介

WS001564.jpg


↑初期の勢力別色分け地図

中央の灰色がプロイセン(レウス)

初期領土はドイツ・ポーランド・チェコ・オーストリアになっている

左の薄い青?がブルボン(フランスたかと)

初期領土はフランス・スペイン・ポルトガル・北アフリカの左半分

下の緑色がローマ(イタリアまけれってぃ)

初期領土はイタリア・バルカン半島の一部・北アフリカ右半分

そしてちょうどフランスとドイツの間にある

赤色はデンマーク・オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ・イギリス全土から成る欧州ソビエト連合

ドイツの真上にある青色はスウェーデン王国

初期領土はスウェーデン・ノルウェー・フィンランド・エストニア・ラトヴィア・リトアニア

スウェーデン王国量リトアニアの右隣にある薄い赤色はロシア王国

領土はロシアのほぼ全土

ロシア王国の下にある黄色?はコサック連邦

領土はウクライナ・ルーマニア

そしてバルカン半島の南に位置する薄い緑色はオスマン帝国

領土はバルカン半島の一部・トルコ・アフリカ東部



最初のターゲット

シミュレーションゲームの醍醐味は作戦を立てることにある!

という訳で参加者の3人でスカイプで話し合いながら当面の作戦について話し合い

折角初期の状態では戦争ないんだし

三国同盟組んだら、当面は平和主義・外交は不干渉主義で行って

とりあえず技術開発と内政に専念しようぜ!

などと考える者は一人もおらず

とりあえず戦争!軍拡!領土拡張!などという非常に物騒な考えしか三国共になかった

WS001564.jpg


さて、そうなるとまず最初に決めないといけないのは

一体何処を攻めるのか?

ということ

適当に宣戦布告をするということほど愚かなことはなく

ただでさえこのシナリオは戦乱なんですから

相手の同盟状況や国際情勢を読まないと

(国際情勢は正直プレーしているときは架空シナリオだったんでサッパリわからんかったのですが)

世界中から宣戦布告されてオワタ\(^o^)/

なんてことになりかねないんで慎重に相手を選ぶ必要があるんです

とりあえず攻める相手の決定に関しての条件として…

1.できるだけ陸続きな国であること(隣国が望ましい)

2.後々欧州三国同盟にとって軍事力の面で脅威となりうる国

3.資源が取れる土地であること

この三つの条件と照らし合わせて決まった侵略先は…

欧州ソビエト連合

決定理由は…

まず第一に欧州ソビエトはイギリス本土が天然要塞の海に囲まれているため

放っておくとぬくぬくと無傷で内政を整え

ガンガン同盟国と設計図を交換しあって技術開発を進められると

後半になって欧州三国同盟の脅威となる可能性あるのと

欧州ソビエトの領土であるオランダ・ベルギー・ルクセンブルク・デンマークの

工業地帯を奪ってしまえば大きな打撃を与えると同時に

大きな工業力を得ることができることを期待しての決定だった

そしてこの決定を受け

レウス率いるプロイセンとたかと率いるブルボンは

オランダ・ベルギー・デンマーク・ルクセンブルク国境に陸軍を配置

しかし、たかとはイギリス本土に最も近いフランス北海岸の上陸作戦を阻止する為

海岸線に沿って陸軍を配置しなければなかったので

オランダ・ベルギー・デンマーク戦線(以下北大西洋沿岸戦線)に陸軍を総動員するわけにはいかなかった

また、ローマ率いるまけれれも

南バルカン半島を占有するオスマンとのにらみ合いが続いており

オスマンとの国境には陸軍を大量に配備せざるを得なかったので

北大西洋沿岸戦線にまで軍を回す余裕は無かった

そうなると必然的に

特に周辺に脅威となりうる敵国が存在せず※

事実上陸軍の全てを北大西洋沿岸戦線に回すことが出来るレウスプロイセンが

※プロイセンとロシアは協調路線をとっていたので東方の国境に不安はなかった

北大西洋沿岸戦線の勝敗を分ける鍵となった

(実際北大西洋沿岸戦線では大軍を投入できたプロイセンが活躍した

が、指揮官のレウスの詰めの甘さが露呈して

最終的にまけれれローマの陸空軍の援軍を必要とする事態に陥ってしまった)




…疲れたので今回はこの辺で

次回「欧州ソビエト電撃戦」

もしかしたら「スペイン・ポルトガル戦線」も同時に書くかもしれない
スポンサーサイト
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?