日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200707 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200709
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W杯得点王

WS001506.jpg

WS001512.jpg


スペインの神童、フェルナンド・トーレスが7得点を挙げ

2010W杯の得点王となりました

ちなみに得点ランクの3位に

ティエリ・アンリと並んで4得点を挙げた9292とMeteoraが名を連ねています



W杯ベストプレイヤー賞

WS001507.jpg

WS001510.jpg


なんと!SNSの屈強なセンターバック「TAKA」が選ばれました!

おめでとうございます!

そして同賞の3位には同じCBでコンビを組んだM777が選ばれています



レフ・ヤシン賞(最優秀ゴールキーパー)

WS001508.jpg


セネガルのDiouf選手が受賞しました

惜しくもSNSの守護神Keroroは2位!

しかしこの活躍によりKeroroの世界的な評価と

これからの代表での守護神争いでは大きなアドバンテージになることは間違いないでしょう



アシスト王

WS001511.jpg


スペインのビジャ

オーストラリアのウィリアムス

そしてSNSのDekatichi

4アシストを記録して大会アシスト王に輝きました!

おめでとうございます!



W杯ドリームチーム

WS001509.jpg


SNSからは

M777とTAKAの世界最強となったCBコンビ

世界中に名を知らしめる活躍をしたレジスタ、Takato

そしてアシスト王となったDekatichiと

その俊足を生かして数々の強豪国の守備陣を恐怖に陥れたKIKIが選ばれました



次回記事情報

暫くお休みいただくかも…

ちょっとこの頃頑張りすぎて疲れました
スポンサーサイト
3位決定戦結果報告

セネガル2-0ブラジル



試合前情報

WS001490.jpg

WS001491.jpg


グループリーグで対戦した時とはシステムが変わり4-3-3に

そしてスタメンの選手にも若干の変更があるオーストラリアですが

これまで破ってきたスペイン・ブラジルに比べれば大したことのない相手と言い切れます

このブログ始まって以来の優勝を目指して

絶対に勝て!



オーストラリア戦術考察

WS001492.jpg


相手は3TOPを採用している

これは恐らくダイレクトパスやロングボールで

両サイドの裏を狙ってくるという事で間違いないだろう

中盤から上には比較的強力な選手が揃っているオーストラリアだが

守備陣に関してはお粗末としか言えないような面子

こちらが確実にボールを支配し、それをゴールに結びつければ問題ない

ケーヒルとブレッシアーノ・バーンズ・ウィリアムスに注意

それではワールドカップの栄光を目指して……試合開始!



前半四分

右サイドからのオーストラリアのスローイン

ウィリアムス、ケーヒルにショートスローだ

ケーヒル、このスローインをウィリアムスにワンタッチで返した


そしてクロスを放り込んだ!




クロスはニアに走りこんでいるウィルクシャーの足元へ!





ウィルクシャー、トラップ




そして角度の厳しいところからシュート!!!!!




しかしシュートは枠の上



前半6分

SNSゴール前30mからのフリーキック

キッカーのグレラは右サイドをオーバーラップしてきているウィルクシャーにパス!

ウィルクシャー、フリーでトラップ

そしてクロスを放り込んだ!






ニアポストのウィリアムス、マケレッティがインターセプトに失敗してフリーでトラップ!



絶好のチャンス!!!!!!





ウィリアムス、シュート!!!




しかしシュートは精度に欠き運良く枠の上



前半8分

右サイドをウィリアムスがドリブルで突破

そしてクロスを放り込む

が、クロスはマークについていたマケレッティが体を当てえ跳ね返した




しかしウィリアムス、このボールをもう一度拾いニアポストにクロスを放り込んだ!






バーンズ、ヘディングシュート!!!!!!




しかしシュートは枠の横…

どうも押され気味で良くない香りがします…



前半10分

オーストラリアのカウンター

裏を取ったブレッシアーノはREUSUの股間を抜きペナルティーエリア内に切り込んだ!



そしてブレッシアーノ、ゴール左角度60度から低く抑えたシュートを放った!!!!!





しかしシュートはサイドネットです



前半15分

オーストラリアゴール前30mからのフリーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、ボールから距離をとり…

直接狙った!!!!!!!






強烈かつ美しいカーブを描いたシュートはゴールの左角を見事射抜いた!!!!!!!





しかしシュートはパスフィールドが落ち着いてキャッチ!

ナイスセーブです…



前半19分

パスフィールドのロングボールをバーンズがヘッドで右サイドに落とす

そしてこのボールをウィリアムスが拾う

ウィリアムス、一瞬の加速でマークを外す!

そしてやや中に切れ込んでアーリークロスを放り込んだ!









ファーポストにカリーナが走りこんでいる!

TAKA、マークを外された!

ケロロ軍曹、ボールをパンチングでクリアしようと飛び出す!






しかしボールはそのままカリーナに渡ってしまった!!!



カリーナ、飛び出したケロロ軍曹をかわしてシュート!






ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

先制弾を許してしまった!

これでいい加減目を覚ますべきだSNS!



戦術変更

オーストラリアの両ウィングを徹底的に潰し

バックラインを若干上げることに



前半23分

右サイドからのSNSのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、ニアポストを狙ってクロス!

TAKA、このクロスにニアポストから走りこんで…




角度の厳しいところから強烈なヘディングシュート!






ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

GOAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAALLLLLLLLLLLLLLLLL!




決めたあああああああああ!

見事な同点弾!SNS、反撃開始です!



前半35分

オーストラリアの最終ラインからのロングボール

バーンズとM777のスピード対決




バーンズ、M777にクリアされる寸前のところでクロスを放り込んだ!





ボールはTAKAとブレッシアーノの方向へ!

手前でワンバウンド…





ブレッシアーノこのボールをハーフボレーで叩いた!!!








止めた!!!!!

Keroroが指先で弾いてシュートをはじき出しました!

ナイスセーブ!



前半41分

中盤でのワンタッチでの細かいパス回し

そして右サイドでボールを受けたDekatichi

逆サイドに走りこむマケレッティを見つけ豪快なサイドチェンジを試みる!





これが見事に繋がった!!!

マケレッティドリブルで左サイドを突破




そしてクロスを放り込んだ!!!







しかしクロスはオーストラリアのレイジャーがトラップ…





しかしトラップが大きい!

Meteora、このミスに素早く反応しボールを奪った!






左足でシューーーート!





ゴオオオオオオオオオオオオオオオル!



決まった!!!!!逆転弾!

Meteoraが狡猾にミスを突き、ゴールを奪った!

これで2-1!



前半45分

Poriの裏を狙うロングボール

これをキーパーのパスフィールドが飛び出してパンチングでクリア!





しかしこのクリアボールが全く前に飛んでいない!

Valeo、このボールをペナルティーサークルからヘッドで落とした!

Meteora、マークを背負いながらトラップ!





そしてターンしながらマークを外して抜き去った!





Meteora、パスフィールドと一対一!キーパー飛び出した!





シュート!!!!!





しかしパスフィールド弾いた!









この弾いたボールをKIKIが拾う!!!!!!





KIKI、無人のゴールへシュート!!!!








ゴオオオオオオオオオオオオオオオル!



これで3点目!

SNS、調子を取り戻し猛攻を仕掛けて見事に逆転!

そして追加点までも奪い試合をほぼ決定付けた!



ハーフタイム

WS001493.jpg

WS001494.jpg

WS001495.jpg


タイトルはもう既に片手にかかっています!

後45分間!戦い抜けばSNSが栄光を手にすることが出来ます!

後半戦、絶対に気を抜かずにリードを守りきれ!

それさえ出来れば最早勝利は目の前だ!



後半49分

オーストラリアゴール右25mからのフリーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi…右で蹴るか左で蹴るか…

Dekatichi、右足のインフロントでカーブをかけてシュート!






美しい弧を描いたボールはゴール右角に吸い込まれていった…






ゴオオオオオオオオオオオオオル!

パスフィールド、一歩も動けませんでした!

完璧なキック!これで4-1!



後半61分

KIKIに代えてAnzuを投入



後半67分

右サイドからのコーナーキック

DekatichiはまたしてもニアポストのTAKAを狙ってクロスを放り込んだ!







TAKA、ヘディングシュート!!!!!







しかしキーパーのパスフィールド、見事に反応!

ほぼ決まったも同然のシュートを弾き出した!



後半71分

ここまで来てのM777が負傷退場

変わりにInraを投入

そしてMeteoraも交代してNakatunを投入



後半80分

REUSUがディフェンスの頭を超えるロングパス

これをDekatichiが走りこんでトラップしてペナルティーエリア内に侵入

そして角度の厳しいところから右足で強烈なシュートを放った!!!






しかしシュートは惜しくも枠の上



後半89分

相手の不用意なバックパスをAnzuがカット!

ドリブルで一気にキーパーと一対一に持ち込むがシュートを打てない

そのままズルズルとペナルティーエリア右に流れていく




しかしこれは釣りの動きでゴール前にはNakatunが!

Anzu、トドメのクロスを放り込んだ!!!






ゴール至近距離からのヘディングシューーーーーーート!




しかしシュートは枠の上を越えていった

もう少しで得点していました!



試合終了

WS001496.jpg

WS001497.jpg

WS001498.jpg

WS001500.jpg

WS001501.jpg

WS001502.jpg

WS001503.jpg

WS001504.jpg

WS001505.jpg


ついにやりました!!!!

当ブログを開設して六ヶ月…

ついにSNS代表が始めてのタイトルを獲得しました!

正直優勝できるなんて思ってなかったんでコメントが全く思い浮かびません…

と、とにかくおめでとう!SNS!

万歳!!!!!!!!!



次回記事予告

次回の記事はワールドカップのベスト11発表

そして各賞の受賞者の発表を行います
WS001459.jpg

WS001460.jpg


ついに来ました準決勝…

相手はあのブラジル

サッカーを見るものなら誰もが知る最強国に

ワールドカップ準決勝という舞台でSNSが立ち向かいます



要注目選手


ダニエウ・アウベス

WS001461.jpg

WS001462.jpg


ロベルト・カルロスのように右サイドを猛烈なスピードを武器に駆け上がり、クロスを挙げるタイプ。

超攻撃的なプレースタイルで、ディフェンスそっちのけで前線に張っていることすらあるが、

2006年に行われたUEFAスーパーカップではFCバルセロナのロナウジーニョを完封し守備力の高さも見せ付けた。

セビージャでは彼を起点として攻撃が始まることも多い。2006-07シーズンでは11アシストを記録し、アシスト王に輝いた。(ダビド・ビジャも11アシスト)

(wikipedia引用)



マルセロ

WS001463.jpg

WS001464.jpg


強力なシュート、スピードが武器で、積極的にピッチを駆け上がる事からロベルト・カルロスの後継者と目されている。

左利きだが右足でも遜色ないボールを蹴ることができる。

2006年に行われたブラジル対ウェールズの親善試合にて代表デビューし、強力なミドルシュートで代表初ゴールを決めて見せた。

(wikipedia引用)



ロナウジーニョ

WS001465.jpg

WS001466.jpg


所属クラブであるバルセロナでのプレイエリアは主に攻撃的なポジションの中央や左サイドでプレイする。

左サイドを基本としているがポジションはないに等しく試合中によく中央や右に流れたりしている。

かつてパリSGに所属していたときはMFなのかFWなのかわからないようなポジショニングをとっていてそれが論議の的となったこともある。

パリでは監督との確執などから成功とはいえないものだったが出た試合では素晴らしい活躍をしていた。

幼少時代は線の細さを指摘されていたようだが、ブラジル時代のクラブチームの方針で筋力トレーニングを重ねフィジカルの強さも手に入れている。

2005/2006年のUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦(チェルシーVSバルセロナ)では屈強で有名なチェルシーのジョン・テリーのショルダーチャージを弾き飛ばしたこともある。

子供の頃はフットサルをしていて、ナイキ社のCMでは子供の頃の彼のフットサルをする映像が使われている。

大変な負けず嫌いで、遊び(ミニゲームやサッカーのTVゲーム)などでも手を抜かず勝者のメンタリティーも持ち合わせる。

サッカーを楽しむことを忘れないためには笑顔が一番だと述べ、試合中もたびたび笑顔をちらつかせながらプレーしている。

これほど笑顔を絶やさずプレーする選手は、かつてのセレソンの英雄ガリンシャとロナウジーニョをおいて他にいないだろう。

(wikipedia引用)



ロビーニョ

WS001467.jpg

WS001468.jpg


体の線は細いが、「ドリブル・キング」や「フェイント百科事典」等の異名を持つほどの名手で、相手にボールを触らせない。

「ペダラーダ」と呼ばれる高速のまたぎフェイントで相手を幻惑する。最終的にファウルで止められPKを獲得すると言うのも彼のスタイルの1つ。

又、ゴール前では正確なキックで冷静にシュートを叩き込み、得点能力も高い。

サントス時代のペダラーダ8連発は有名である。

ペレが認めた「ペレ2世」である。(ドリブルに関しては、ペレ以上とも) ロビーニョとは「小さなロブソン」と言う意味である。

(wikipedia引用)



アドリアーノ・レイテ・リベイロ (インテルミラノFW)

WS001471.jpg

WS001472.jpg


桁外れの身体能力を持ち、左足から放たれる爆発的なシュートと、時速130kmは出るというFKを武器とする。

すばらしい身体能力を持ちながらも、左足しか使えず、足元の技術や1対1のシュート、ポジショニング、DFとの駆け引きなどのストライカーに必要な技術は高くないためゴールアベレージは低い。

そのため現セレソン監督のドゥンガからは「彼はワールドクラスではない」との判断から召集されていなかった。

少年時代はDFで主に左サイドバックだったという。



アドリアーノ・コレイア・クラロ (セビージャMF)

WS001476.jpg

WS001477.jpg


ブラジルの新鋭左サイドバックで「ロベルト・カルロスの後継者」と目されている。

ブラジルでの経験を積み2003 FIFAワールドユースUAE大会に出場、

ここで存在感を見せつけ2004年にセビージャへ移籍した。

セビージャでは主に左サイドハーフとして出場している。

(wikipedia引用)



アレックス・ロドリゴ 

WS001478.jpg

WS001479.jpg


ボディーバランス、高さ、スピードと3つの要素を兼ね備えており、ヘディングの強さが売り。

強烈なミドルシュートも備え、FKも蹴ることがある。

そのシュートのスピードはもはや、ブラジル代表の先輩・ロベルト・カルロスを凌ぐとも言われている。

PSVでは守備の要だけでなく、攻撃の基点ともなりうる存在でチームの中心となっている。

(wikipedia引用)



ジュリオ・セザール

WS001480.jpg

WS001481.jpg


抜群の安定感を武器に2002年日韓W杯ではゴールキーパーの座をマルコス・ロベルト・シルヴェイラ・レイスと争った。

その後もマルコス、エウレリョ・ゴメス、ロジェリオ・セニらと共に代表に招集され、2006年ドイツW杯に向けて鮮烈なゴールキーパー争いを制した。

現在、最も厳しいリーグと言われるセリエAにおいて一気に才能を開花させることに成功、

インテル・ミラノの正GKの座を掴んだ。また、ブラジル代表でもその活躍が認められ、若き第一GKとして君臨している。

(wikipedia引用)



ブラジル戦術考察

WS001482.jpg


ロナウジーニョ・ロビーニョ・アドリアーノを抑えるのは基本として

マルセロ・ダニエウアウベスのオーバーラップも警戒しなければなりません

まずはレナト・アドリアーノコレイア・エドゥーが並ぶ中盤を潰し

SNSが出来るだけポゼッションすることで、

破壊力のある前線の3枚へのボール供給を出来るだけ抑えます

問題はブラジルの両サイドバックで

果敢なオーバーラップ&クロスorシュートは防ぐのは非常に難しいと言えます

彼らの動きを何処まで制限できるかは

SNSのサイドバックのマケレッティとREUSUが何処まで上手く立ち回れるかに期待

それでは前半戦開始です



前半2分

左サイドからのSNSのスローイン

スローワーのTAKAは左サイドに流れているKIKIにパス!

KIKI、ドリブルでマークを外してタッチライン際からファーポストにクロスを放り込む!






ジュリオセザール飛び出した!





しかしMeteoraのジャンプの方が高い!

ヘディングシュート!






しかしシュートはサイドネット

ジュリオ・セザール、判断ミスを犯しましたが失点には至りません



前半13分

SNSのカウンター

ポスト役のMeteoraがボールを落とす

これをKIKIが走りこんで拾い、ドリブルで仕掛ける!




KIKI、マルセロ・レオナルドをスピードで置き去りに!





KIKI、ペナルティーエリア内に侵入した!


角度は厳しいがキーパーと一対一!





KIKI、ニアポストを狙ってシュート!!!




しかしシュートはキーパーのジュリオセザールが落ち着いてキャッチ



前半21分

ブラジルゴール正面21mからのフリーキック

キッカーはDekatichi

この選手は両足が使える…

壁は右、キッカーの横にはTakato






Dekatichi、直接ファーを狙いシュート!!!






しかしシュートは枠を捉えきれない!

惜しかった!



前半22分

ブラジルゴール40mの距離からのフリーキック

キッカーのTakatoは右サイドに駆け上がっているREUSUにパス!





REUSU、ダイレクトでグラウンダーのクロスを放り込んだ!










ニアポストからMeteoraがフリーで走りこむ!!!!




Meteora、右足で流し込むようにシューーーーーーーート!













しかしシュートはファーポストの真横をかすめていった!

もう少しでゴールでした!!!



前半30分

右サイド後方でダニエウアウベスがボールをキープ

そしてロビーニョにパス

ロビーニョ、右サイドでゴールを背にしながら中央にアーリークロスを放り込んだ!








ロナウジーニョ、トラップでTAKAをかわして抜き去った!!!






Keroroと一対一!








シュート!!!!!!














止めたああああああああ!!!!!!!





絶体絶命のピンチでしたがKeroroが見事にセーブ!失点は免れます!



ハーフタイム

WS001483.jpg

WS001484.jpg

WS001485.jpg


悪くはない展開でした

しかしチャンスを何度か作りながら結局得点に至っていないのは正直不安

全体的に精彩に欠くブラジルですが、彼らには一瞬のひらめきで試合を決める才能があります

早い時間帯で先制点を奪わないと危ないかもしれません

後半途中で秘密兵器9292を出すのはやはりこの試合でも同じになりそうです



後半48分

SNSのクロスをブラジルが跳ね返す

この跳ね返されたボールをTakatoが素早く拾い、右サイドに駆け上がっているREUSUにパス!




REUSU、ファーに居るKIKIを狙いアーリークロス!







KIKI、ペナルティーエリア内で上手くトラップした!!




ジュリオセザール急いで飛び出す!







KIKI、落ち着いてシュート!!!!!






しかしシュートは素早く飛び出したジュリオセザールの好判断に阻まれ

またしても得点には至らず



後半50分

左サイドにロビーニョが流れる

そしてロビーニョ、エドゥーからのパスを受けてドリブルを開始!






マークについていたREUSUを巧みに、そしてあっさりと抜き去った!






ロビーニョ、ニアポストにクロス!!!







ロナウジーニョ、飛び込んだ!!!!!







ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

先制弾を食らってしまった!!!!!!






これはまずい!

急いでSNS選手交代です

Meteoraに代えて秘密兵器9292を投入!



後半60分

Dekatichiに代えてNebira-

KIKIに代えてSushiを投入

意地でも1点を取り返しに行きます



後半77分

中々チャンスを作れないSNS

しかし後半77分ブラジルゴール前25mでフリーキック!

キッカーは途中から入ったSushi…





壁は右…どうするか?






Sushi、迷わず右足を振りぬいた!!!






ゴールに巻き込むようなシュートは見事に枠を捉えている!






ジュリオセザール!シュートに反応して飛んだ!














ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!!!!!!!





決めたあああああああああああああああああ!



20歳のSushi、このプレッシャーのかかる場面で見事に決めた!




正にファンタジスタ!

これで試合は振り出しに戻ります!



後半81分

Keroroのゴールキック

Keroroは左CMFのPoriの足元へ落ちる絶妙なボールを蹴りこんだ!





Pori、誰とも競り合うことなく落ち着いてボールをトラップ





そしてドリブルで一気に仕掛ける!




Pori、サイドラインまで流れタックルに来たダニエウアウベスを抜き去った!





そして左足でファーにクロスを放り込む!!!










フェリペが下がりながらボールに食らいつこうと懸命にジャンプ!






しかしボールの先には9292が!!!!!!









ヘディングシュート!!!











ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

GOAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAL!


ゴラッソオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!


秘密兵器9292!またしても途中出場ながら決定的な仕事を果たした!!!!


信じられない逆転劇!



たった5分!たった5分でSNSがリードを奪います!!!



後半89分

4-2-4のシステムに変更し猛攻を仕掛けるブラジル

しかしSNSのディフェンス陣は決して集中を切らさず攻撃を跳ね返す!




そして後半89分、マケレッティのクリアボールをNebiが拾う

Nebiは素早く前線のSushiに楔のパス!





Sushi、トラップでマークを外した!

そしてドリブルでペナルティーエリア内に切り込む!




ジュリオセザールと一気に一騎打ちに持ち込む!!!!!!!





Sushi、シュート!!!!!!!







しかしシュートはジュリオセザール、なんとか粘って弾き出した!

コーナーキックです



試合終了

WS001486.jpg

WS001487.jpg

WS001488.jpg


やりました!!!!!!!!!!

未だに信じられません、SNSがあのブラジルを撃破!

後半先制点を奪われそのまま逃げ切られそうになったところを

途中交代で出場したばかりのSushiと9292が立て続けにゴール

約5分間の間に試合をひっくり返してそのまま試合終了

本当に劇的な勝利でした!

そしてこれで決勝進出!

こうなったらもう優勝するしかありません!

あと一戦!戦い抜ければSNS、栄光を勝ち取れます!



次戦情報

WS001489.jpg


オーストラリアがセネガルを破り

決勝戦はSNS対オーストラリアで決定しました
WS001440.jpg

WS001441.jpg


さぁ…ついに宿敵スペインとの対戦です

今大会既に7ゴールと得点王レーストップを走るトーレス

そして圧倒的なスピードと決定力を誇るビジャとの2TOPの破壊力は異常なものがあります

彼らを如何にして抑えるか?それが最大の問題です



アンドレス・イニエスタ

WS001442.jpg

WS001443.jpg


卓越したテクニック、キープ力、パスセンスに加え瞬時の判断力もずば抜けており、

どんな強固な守備組織であろうと彼を投入するだけで瞬く間に崩れ去ってしまう。

若さならではのスタミナにも定評があり、ボディバランスが良く体の使い方も巧み。

05/06シーズンからは得点能力も開花した。

中盤の全てのポジション、左右ウインガーとしてもプレイ出来るユーティリティ性も持っている。

後ろを向いた状態から相手を引きつけての素早いターンや一人ワンツーで相手を抜き去り、フリーの選手へ的確に配球する。

全体のバランスを取るという意味でのパス回しはシャビに分があるかもしれないが、

攻撃的なボール回しの起点としては確実にイニエスタの方に軍配が上がるだろう。

また、小柄ながらも相手の重心の位置やボールの転がり方などを一瞬で判断し、

うまく体を使うことで、イーブンボールをほとんど自分のボールにすることができる。

最近は相手がプレッシャーをかけてこないと見るや積極的にドリブルをしかけ、

ゴールへとつながる決定的なラストパスを供給するようになってきた。

ドリブル時はロナウジーニョやCロナウドのように複雑な技を繰り出す事はほとんどないものの、

持ち前の判断力を活かして相手の守備網のわずかな隙間を猛然と駆け抜けていく。

イニエスタの評価として「グァルディオラのパスとミカエル・ラウドルップのドリブルを持つ」といわれる。

グァルディオラはシャビに「じきにお前は俺を引退に追い込むだろうが、

気をつけないと、今度はあの坊や(イニエスタ)がお前を引退に追い込むぞ。」と語っている。

FCバルセロナのチーム内ではシウビーニョと共にいじられ役である。

チームメイトのエトオは常々ジダンを超える選手になると公言して憚らない。

グジョンセンに「あんなに若くてテクニックのある選手は初めてだ!」と賞賛された。

ジョン・カビラに「イエニスタ」と、小倉隆史には「エニスタ」とそれぞれ言い間違えられたことがある。

バルデスに「アンドレシン」とあだ名をつけられる。

(wikipedia引用)



イケル・カシージャス

WS001444.jpg

WS001445.jpg


デビュー当初からハイボールの処理が課題であったが、昨今ではそれもかなり克服してきた。

驚異的な反射神経を生かしたセービングと瞬時の飛び出しは世界最高レベルにある。

安定感も身に付け、弱点は非常に少なくなっており、

決して屈強とはいえないレアル・マドリード守備陣(リーグ中位レベル)の最後方で孤軍奮闘している。

カシージャス個人のファインセーブで失点を免れた事も一度や二度ではなく、

守備が崩壊したときも彼が批判されることは少ない

(本人曰く、それで給料を貰っているのだから、シュートがたくさん飛んで来ることに文句はないとのこと)。

彼がレアルのゴールマウスにいるのといないのでは、天と地の差があると言っても過言ではなく、

現在、ジャンルイジ・ブッフォンやペトル・ツェフらと並び世界最高のゴールキーパーの一人。

(wikipedia引用)



スペイン戦術考察

WS001446.jpg


トーレスとビジャを封じる手はたった一つ

ビセンテ・セスク・シャビアロンソ・イニエスタ…

これらの中盤からのパス供給を封じること

そのために中盤の3枚にNebira- umi_umi Takatoとタックルの上手い選手を揃えた

ひたすら中盤で激しいプレスで相手の自由を奪い

相手がミスをしてマイボールになった瞬間を突き点を奪う

いわゆるショートカウンターでスペインを打ち砕きます

ベスト8の壁を打ち破るべく、いざ出陣!



前半20秒

スペインゴール前22mからのフリーキック

KIKIがプジョルに引っ掛けられていた

キッカーは、ファールを受けたKIKI…

ステップして…直接狙った!






強烈なカーブをかけたシュートはゴール左角を見事に射抜いた!!!!



カシージャス!!!!超反応でボールを弾き出した!!!!




弾いたボールをM777が詰める!




しかしシュートは枠の横…

惜しかった!



前半4分

右サイドに流れているMeteoraを裏に走りこませるためのロングボール

チカがクリアに失敗しそのままMeteoraはサイドを突破

そして中央にいるKIKIに目掛けてシンプルなクロス!




クロスはパブロに当たって軌道が逸れた!

このイレギュラーボールをプジョルがヘッドでなんとかクリア!





このボールをMeteoraがペナルティーエリア内で拾った!

素早く左足を振りぬく!!!!








ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

Meteora、決めたああああああ!

強烈なシュートはニアポストを打ち抜いた!

カシージャス、反応できない!

先制点!!!!!



前半11分

シャビアロンソのフリーキックを左サイドでチカがフリーでトラップ!

そしてチカ、ニアポストに低く抑えた強烈なグラウンダーのクロス!





ビセンテこれをトラップ!



そしてニアポストを狙ってシュート!




ゴオオオオオオオオル


同点に追いつかれた!

しかし試合はまだ始まったばかりだ!まだチャンスはある!



前半14分

右サイドをMeteoraがドリブルで突破

マークについていたパブロを振り切りクロスを放り込む!

しかしクロスはプジョルが跳ね返す





このボールをレウスが拾った!!!




ミドルシュート!!!




カシージャス!指先で触ってセーブ!!!

惜しかった!



前半25分

スペインのコーナーキックを跳ね返してカウンター

KIKIは得意のスピードのあるドリブルでプジョルを振り切った!



カシージャスと一対一!



シューーート!




またしてもカシージャス!止めたああああ!

こいつを破らないことにはスペインには勝てない…!



前半26分

シャビアロンソが2列目でボールを受けた

素早くNebiraーがプレスに行く!



しかしシャビアロンソ、ゴール30mから地点でミドルシュートを放った!!!!




強烈なカーブのかかったシュートは見事に枠を捉えている!




Keroroが止めた!!!

素晴らしい集中力と反射神経です!

なんとかシャビアロンソのスーパーゴールを阻止した!



前半33分

マケレッティの激しいタックルでひたすらイニエスタを潰す!

そして今度はマケレッティ、右サイドに流れたビジャへのパスをインターセプトしてクリア!

KIKI、クリアボールを受けて左サイドを突破!!!

あっさりマークを振り切りフリーでクロスを放り込んだ!





umi_umi、ゴール前まで走りこんで至近距離からヘッドだ!!!!!!




ポスト直撃!!!

これをMeteoraが素早く反応して押し込む!!!!









カシージャス!!!!またお前か!!!

信じられない反応!ボールを弾き出した!!!!




ハーフタイム

WS001447.jpg

WS001448.jpg

WS001449.jpg


非常にいい感じです!

後はカシージャスさえ破れれれば…!

umi_umiがイエローを貰っていて

後半途中で退場!とかなると非常に怖いのでKaraと交代させます

あと一点!あと一点取って逃げれきれれば勝利は見えてくる!



後半46分

Meteoraが楔のボールをトラップ!




そして素早く右足を振りぬき22mのミドルシュートを打ち込んだ!!!





しかしこれもカシージャスが反応!ボールをはじき出しコーナーキック!




後半48分

KIKIが左サイドをドリブルで二人抜き去り見事に突破!

そして中央に切れ込みニアポストに低く抑えたクロス!



Nebira-ゴール至近距離でトラップ!!!!!!



そしてシュート!!!!!!!!







カシーーーーージャス!!!!!

これさえも止めた!



後半49分

マケレッティが軽傷を負ったのでnanami10と交代



後半55分

相手のロングボールをTAKAが跳ね返す

これは相手のキーパーにボールが渡る…

かと思われたが途中でプジョルが慌ててヘッドでクリア!

明らかな判断ミス!クリアしたボールはMeteoraの足元へ!




Meteora、絶好のチャンス!!!!!



シュート!!!!




しかしシュートは枠を捉えきれていない!!!


あと少しでゴールだった!



後半75分

ここで秘密兵器投入!

Meteoraに代えて9292!

試合を決めてくれ!!



後半90分

左サイドからのコーナーキック

キッカーは10

10、ニアポストに立っているTAKA目掛けてクロス!




しかしこれはプジョルが前に走りこんでヘッドでクリア!




が、このクリアボールをValeoが拾った!


Valeo、ペナルティーライン上から左足でミドルシュートを放った!!!








カシージャス…

またしてもシュートを防いだ



延長戦

WS001450.jpg

WS001451.jpg

WS001452.jpg


あともう少し…あともう少しで勝てる…

PK戦には絶対に持ち込みたくない!

相手のGKはカシージャスな上にSNSは今までPK戦に対するいい思い出が殆どない

それまで試合をなんとしても決めてしまいたい!

あと一点だ!なんとか頑張ってくれ!



延長戦前半101分

ビセンテのドリブル突破をなんとかREUSUが阻止

しかしそのこぼれ球をセスクが拾った




なんとセスク、ゴール左45mもあるこの距離からループシュートだ!!!!!





なんとKeroroが僅かに前に出ている!





これはまずい!!!!!







Keroro、なんとか間に合いキャッチしたああああああああ!!!



よく頑張った!そして危なかった…



延長戦後半111分

右サイドタッチライン付近からのSNSのフリーキック

キッカーの10は、マイナス方向へクロスを上げた!





KIKI,ペナルティーエリア内でフリーでトラップ!





絶好のチャンス!!!!






シューーーーーーーート!!!!!!!









しかしまたしてもカシーーーージャス!!!!!



どうやったら奴の守るゴールを破れるのか聞きたい…



延長戦後半115分

セスクに対するプレスが一瞬緩んで余裕が与えてしまう!


セスク、途中出場のBuenoが裏に走りこんでいるのを見つけ、ラストパス!!!





Bueno、ペナルティーエリア左50度から抜けた!





そしてシューーーート!!!







しかしシュートは運良くサイドネットに外れた…



延長戦後半117分

シャビアロンソが右サイドのホアキンにパス

ホアキン、ドリブルでキープ




そして右サイドに走りこむトーレスを見つけ強烈なパス!





トーレス、ペナルティーエリア左角でボールを受けた!






トーレス、迷わず右足を振りぬいた!!!!









しかしシュートは枠を外した!!

ヒヤッとしましたがなんとか無事!



延長戦119分

Nanami10がトーレスの裏に放り込まれたロングボールをクリア!




これが俊足ストライカーのKIKIの前に転がり出た!


KIKI、延長戦後半終了間際だというのに素晴らしいスピードだ!

見事にマーク二人を振り切った!

KIKI、ペナルティーエリアに右サイドからドリブルで進入!



仕上げにノーマークでニアポストにクロスを放り込んだ!





ニアポストには9292とパブロ!

9292、パブロと競り合いヘディングシュートに持ち込む!















ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

GOAAAAAAAAAAAAAAAAALLLLLL!

ゴオオオオオオオルアアアアアアアアアア!






決めた決めた決めた決めた決めたああああああああああああ!


延長戦終了間際に劇的な得点!

恐らくこれが決勝点になるはずだ!!!!!!!

さぁSNS、あと少しでベスト4に進出だ!



試合終了

WS001453.jpg

WS001454.jpg

WS001455.jpg


キタアアアアアアアアアア!

素晴らしい!本当に見事な勝利!

前回のスペイン戦ではブログ史上最悪の敗戦となりましたが

今回のスペイン戦では逆にブログ史上最高の試合を演じて見せました!

ついに悲願のワールドカップベスト4進出です!



次戦情報

WS001457.jpg


ブラジルがPK戦でメキシコを下したため

準決勝でSNSはブラジルと対戦することとなりました

そしてもう一組の準決勝の組み合わせはセネガル対オーストラリアです

ここまできたらもう優勝を狙うしかありません!

次戦、SNS対ブラジル!お楽しみに!
WS001413.jpg

WS001414.jpg


まさか決勝トーナメントで日本と対決できるとは思っていませんでした

SNSのGANTZ選手を初め

高原・大黒・中村俊輔・松井・稲本・梅崎など

海外で活躍する日本人選手が登場しています

(Jリーグの選手は版権の問題で登録されていません)



要注目選手


GANZY

WS001415.jpg

WS001416.jpg


SNSメンバー

日本が誇るトップ下

フィジカルの強さを生かしたパスやドリブルは勿論

ミドルシュートに始まるフィニッシュの上手さも兼ね揃える天才

代表では得点力不足を補うためにFWで起用されている



Naohiro Takahara (高原 直泰)
 
WS001417.jpg

WS001418.jpg


オフザボールの動きに優れた、万能型のフォワード。

ヘディングと90度反転してのシュートが得意。

ウィング的に起用されたこともある。

運動量も多く、ハンブルガーSVで2004-2005シーズンに活躍を見せたのも、

突出したオフザボールの動きに加え、その惜しみない運動量がチーム戦術にマッチしていた側面がある。

ジュビロ磐田時代はベテラン中山雅史とコンビでプレーし、

Jリーグで圧倒的な攻撃力を見せていた。(wikipedia引用)



Daisuke Matsui (松井 大輔)

WS001419.jpg

WS001420.jpg


類い稀なるドリブル、パステクニックを持ち、ポジションもトップ下やサイドハーフだけでなく1.5列目など幅広くこなせる。

ル・マンに渡ってからは主に左サイドハーフで、たまにFWとして出場する。

Jリーグ時代はどちらかと言えばドリブルでの単独突破やテクニックを生かしたキープをメインに据えていたが、

フランスに渡ってからは厳しいコンタクトプレーに対処するため

1タッチ・2タッチでのパスと言ったシンプルかつ正確なプレーをよく披露している。

フランスリーグ2部の選手は技術が無い代わりに、

身体ごとぶつけるというプレーが多いためスタイルを変えざるを得なかったとTVで告白している。

しかしトリッキーなヒールパスなど、アイディアを生かしたプレーも随所に織り交ぜる器用さは決して失っていない。

ル・マンの監督、フレデリク・アンツによれば

「テクニック・スピード・状況判断力に優れ、リスクを負ってでも突破することも出来る、チームを引っ張ってくれる勝負強い男」。

利き足は右だが、左足でのクロスボールやシュートの精度も高い。

(wikipedia引用)



JunichiInamoto (稲本 潤一)

WS001422.jpg

WS001423.jpg


攻撃的ボランチと位置づけられることが多いが、ガラタサライでは一人で中盤の守備を担うなど、守備能力は高い。

特に、激しいタックルや、後ろから相手選手のボールを奪うなど、対人プレーに強く、高いボール奪取能力を持つ。

攻撃面においては、パスを散らすタイプというよりも、

三列目からの効果的な飛び出しなどダイナミックなプレーを特徴とし、ミドルシュートも強力である。

フルハム時代、プレースキックを任されるなど、キック精度も高い。

(wikipedia引用)



Tsukasa Umesaki (梅崎 司)

WS001426.jpg

WS001427.jpg


前線の攻撃的なポジションをこなす。

ボールを持ちすぎる傾向がやはり見えるものの、

単独での突破力と相手DFを振り切ってから繰り出される精度の高いパスは日本の同世代で出色と言えるだろう。

右利きながら左サイドでのプレーを得意とし、左足でのキックの精度も低くはない。

U-20日本代表ではウインガーに近い中盤左サイドに固定され、チームの中核を担っていた。

A代表へのいわゆる「飛び級」選出の事実が示すとおり、スピード、テクニックの高さには疑問の余地がないが、

相手ボールを追いかけるチェイシングなど守備能力には課題がある。

(wikipedia引用)



Shunsuke Nakamura (中村 俊輔)

WS001428.jpg

WS001429.jpg


2列目から攻撃を組み立てることを好み、

左足の正確なボールコントロールで決定的なチャンスを作り出すことができるゲームメーカーであり、正確なロングパスを得意とする。

プレースキックの名手で、鋭い曲がりや急激な落ち、

こぼれ玉に味方を詰めさせることを目的としたキックなど、

直接ゴールを狙うこともゴールをアシストすることも自在である。

(wikipedia引用)

俊輔は2010W杯の今大会でフリーキックで2ゴール上げています



Koji Nakata (中田 浩二)

WS001430.jpg

WS001431.jpg


wikipediaにプレースタイルに関しての記述が無かった上に

管理人も中田浩二選手について自信を持って語れるほど詳しくないので

プレースタイルに対する記述は無しです



日本戦術考察

WS001432.jpg


右サイドバックのHishinuma選手がアルファベット表記なままなのは

何故か所属クラブとの契約が切れており

そのおかげでニックネームが設定できずそのままになっております、ご了承ください

さて本題、

最大の課題はGANZYと高原へのボール供給を断つこと

そのためにはトップ下の松井に自由なプレーをさせないことが第一条件

その役割はボランチのTakatoに任せるとして

それ以上に怖いのは俊輔のセットプレーか

GLでのスウェーデン戦では直接FKを二本決めて3-3の引き分けに持ち込み

この試合結果により日本はGLを突破が決定しました

直接FKはKeroroの判断力に期待して

後は間接FKやCKでのセットプレーからの得点はM777やTAKAに弾き返してもらうよう期待したいですね



前半20分

SNSゴール前30mからのFK

キッカーは勿論俊輔

中村…ボールから少し遠めに距離をとって…

直接狙った!





しかしシュートは壁に当たり枠は捉えきれない




ポゼッションをキープしているのにも関わらずチャンスシーンが全く訪れないので

もう少し中盤でのプレッシングを激しくするように指示



前半28分

M777がクリアしたボールをKIKIがMetreoraに叩いて渡す

そしてMeteoraは一瞬ボールをキープすると今度はValeoにパス!

Valeo、ゴールからは少し遠いが左足で低く抑えたミドルシュートを放った!






しかしシュートは右にきれて行った…



前半39分

KIKIがスピードに乗ったドリブルで一気にゴールへ突き進む

そしてペナルティーエリアに入った瞬間相方のMeteoraにラストパス!



このパスはマークについていた鍋田がクリアー

しかしこのクリアボールをDekatichiがペナルティーライン上で拾った

Dekatichi、迷わず右足を振りぬいた!







強烈なシュートだったがキーパー藤吉にギリギリのところで弾かれる



前半43分

左サイドからのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、キーパー正面の混戦地帯にボールを蹴りこんだ!




ボールはMeteora目掛けて飛んでいく!

Meteora、このボールをヘッドで至近距離から叩き込んだ!








ゴオオオオオオオオオオオル!

先制弾!

引いて守る日本を崩すのに苦労しましたがやっと得点を奪うことに成功!

これでSNS、一気に優位に立ちます!



前半戦終了

WS001433.jpg

WS001434.jpg

WS001435.jpg


前半終了間際になんとかセットプレーで得点を奪ったのは大きい

後半は裏を狙う一発のカウンターとセットプレーに気をつけながら

追加点を狙って行きたいと思います



後半46分

藤吉のゴールキックをPoriがヘッドで落とす

これをValeoが拾いドリブルで少し前進するともう一度ボールをPoriに戻す

Pori、左サイドに流れているKIKIにラストパスだ!

KIKI、ドリブルで一気に持ち込む!

キーパーと一対一!そしてシュート!






しかしシュートはサイドネット…

もう少し角度があればゴールを奪えたかもしれません



後半52分

左サイドエリアからのスローイン

スローワーのマケレッティは得意のロングスローを披露!

これをMeteoraがヘッドで後ろに逸らした!

このボールにオーバーラップしてきたTAKAがトラップしてシュートを放った!





しかしシュートは僅かに枠の上



後半54分

KIKIに変えてSushiを投入



後半57分

TakatoがパスをインターセプトしてValeoに繋ぐ

そしてValeo、マークを背負いながらボールをキープ

そして左サイドからスペースに走りこむSushiに反応してキラーパスを放った!

Sushi、裏に抜けた!

そのままフリーでペナルティーエリア内に進入

そして飛び出してきたキーパをかわしてシュート!







ゴオオオオオオオオオオオル!

決まった!追加点!

途中交代で入ったSushiが冷静にチャンスを物にした!

これで2-0!



後半62分

Poriがパスをカット

そしてボールを受けに下がってきているSushiへ楔のパスを繋げる

Sushi、ボールを受けると鋭くターンして前を向いた!

そしてドリブルを開始!一人二人と選手をかわして一気に裏に抜けた!

Sushi、ディフェンダーを後ろに引き連れながらキーパーと一対一!

狙えるコースは少ないがシュートを放った!






惜しくもシュートは藤吉が弾いてクリアー

もう少しでスーパーゴールの誕生でした



後半64分

あと一枚のイエローで次戦出場停止のマケレッティに変えてNanami10を投入



後半75分

またしてもPoriがMeteoraへ、楔となるパスを中盤から放つ

そしてMeteoraはトラップで上手く前を向いて一気に加速!

マークについていた鍋田をあっさり置き去りにしてディフェンスの裏に抜けた!

Meteora、自ら生み出したキーパーと一対一のチャンス!

ニアポストを狙ってシュート!







しかしシュートはまたしても藤吉がセーブ!

粘りのあるキーパーです



後半76分

疲労の激しいMeteoaraを下げて9292投入



後半81分

Dekatichi、9292、Valeoと続く美しいワンタッチでのパス回し

そして最後にValeoがさらにワンタッチでSushiへボールを送る!

Sushi、このパスをペナルティーライン上から…

反転しながら左足で直接シュート!!!!

マークについていた鍋田、予想外のプレーに棒立ち!








しかしシュートはポストを叩いた!

惜しい!またしてもスーパーゴールを一つ損した!



後半90分

コーナーキックをクリアしたボールをREUSUがさらに跳ね返す

跳ね返したボールはコーナーキックから戻ってきているTAKAの足元へ入った

TAKA、右サイドにいるDekatichiにパス!

Dekatichi、完全にマークが外れている9292を見つけてすぐにパス!




9292、ペナルティーエリア内でフリーでボールをトラップ!

キーパーの藤吉修吾、飛び出した!

9292、落ち着いてニアポストに左足で流しこむようなシュート!









ゴオオオオオオオオオオル!

シュートは飛び出したキーパーの脇を破りネットを揺らした!

これで3-0!



後半93分

左サイドをPoriがドリブルで突破

そしてニアポストを狙ってグラウンダーのクロスを放り込んだ!

クロスの先には9292!

ボールをトラップして…反転しながら左足でシュートを叩き込んだ!








ゴオオオオオオオオオオオオオル!

強烈なシュートはキーパーの正面を破りネットへ突き刺さった!

9292、3分間で2得点!素晴らしい!

そして直後に試合終了の笛が鳴り響いた!



試合終了

WS001436.jpg

WS001437.jpg

WS001438.jpg


圧勝!

そしてMoMは勿論Pori!

数々のチャンスシーンを演出し、今までで最高の出来栄えでした

途中交代で入った9292やSushiも大活躍で、本当に満足な出来と言えます

この勢いに乗って準々決勝も制します!



次戦情報

WS001439.jpg


SNSは…無敵艦隊スペインとの対戦です

ビジャとトーレスの強烈な快速2TOPを如何にして封じるかが鍵になりますね…

そして他のベスト8の進出メンバーを見てみると…

ブラジル 
メキシコ
オーストラリア
ナイジェリア
セネガル
チェコ

なんとオーストラリアがフランスを1-0で下し

メキシコがオランダを2-0で破り

さらにチェコがドイツを2-1で葬り去る波乱が起こりました

こんだけ波乱が起きてるんだから

どうせならスペインも負けてくれればSNSとしては非常に有難かったんですけどね

ますます目が離せない2010年W杯!

果たして優勝する国は何処なのか!?
WS001403.jpg

WS001404.jpg


ガーナがオーストラリアに敗北したので

GL突破の最低条件は、この試合と同時進行で行われるガーナ対スロベニア戦次第になります

ガーナがスロベニアに負ければ自動的にSNSのGL突破が決まり

引き分けなら引き分け以上、勝利なら絶対に勝たなければなりません

ただ、ガーナ対スロベニア戦の結果に関わらずSNSは勝利しておいたほうが良いかもしれません

何故ならグループBの突破チームが既に決まっており

1位通過がフランス 2位通過が日本となっています

つまりはSNSがもし2位で通過してしまうと、

決勝トーナメントでいきなりフランスと戦うことになってしまいます

それは出来れば避けたいので

この試合、SNSは勝ち点3を必ずとらなければなりませんね



オーストラリア戦術考察

WS001405.jpg


オーストラリアとはブログ史上二度目の対戦

フィジカルが非常に強いケーヒルを潰すのは勿論ですが

4-3-3の右ウィングを担当するウィリアムスのスピードも警戒が必要

しかし2010年の今となってはビドゥカもキューウェルもいないため

この二人の選手さえ潰せれば優位に試合を運べるのは間違いない

ただし、カウンターにだけには気をつけること



前半9分

Takatoのパスを受けたKIKI

トラップして自分でスペースを作り…



ゴール前20mからミドルシュートを放った!





しかしシュートはコーが弾いて得点にはならない



前半9分~33分

完全に膠着状態

SNSとしては勝利が絶対の目標なだけにこの状況はあまり宜しくない

出来れば前半のうちに先制点を奪えればいいのだが…



前半36分

M777がKIKIを裏に走りこませるためにバックラインからダイレクトで裏を狙うロングボール

これが見事にKIKIの前に通り絶好のチャンス!




しかしここでミリガンが足を伸ばしてKIKIを倒す!


主審が笛を吹く!PK!




SNSに絶好のチャンスが訪れます

キッカーはPKを受けたKIKI自らが蹴ります

KIKI、ペナルティースポットにボールを置いた

そしてボールから距離をとり助走を開始





KIKI、シュート!!!







ゴオオオオオオオオオオオオオオオル!

決まったああああ!

KIKI、ゴールネットの右隅にしっかりと決めた!

待望の先制点!前半戦で大きなアドバンテージ!



ハーフタイム

WS001406.jpg

WS001407.jpg

WS001408.jpg


前半戦両チームが放ったシュートの合計は僅か4本

しかしスコアは1-0でSNSがリード

後半、本来ならオーストラリアは本気で点を取りに来るのでしょうが

殆どGL突破が決まっているような状況なので、そこまでがむしゃらにはこないでしょう

決勝トーナメントでいきなりフランスと戦うことにはなりますけどね…

SNSは完全に相手の攻撃を封じ込めることに成功していたので

後半もこの調子で行けば確実に勝てます

負傷者や疲れてる選手も特に居ないのでそのまま後半戦へ



後半55分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのDekatichiはキーパーの目の前にクロスを蹴りこんだ!

KIKI、ヘッドで合わせる!






シュートは見事にゴールネットに突き刺さった!



が、これはKIKIのファールの判定

ミリガンを押したと判断されノーゴールに

そしてオーストラリアの俊足サイドアタッカーウィリアムスが負傷退場

これで怖い選手が一人減ってくれました



後半61分

左サイドをKIKIがマケレッティのパスで一気に裏に抜ける

そしてKIKIはタッチライン付近からマイナス方向へ向かうグラウンダーのパスを蹴りこんだ!

このパスをPoriがトラップ

そしてPori、ペナルティーエリア内でフリー!シュート!








シュートは相手に当たって軌道が換わり枠を捉えた!








しかし最後はキーパーのコーがキャッチしてラッキーゴールにはならない



後半77分

相手が4-2-4の4TOPに変更してきたので守備固め

Takatoに変えてNebira-

カードが出ているマケレッティに変えてNanami10



後半78分

相手の裏を狙う放り込みのロングボールをREUSUがクリアー

そしてそのクリアボールがKIKIの前方へ転がり込む

KIKI、ドリブルで左サイドを突破!

そしてタッチライン際からシンプルなクロス!






これにMeteoraが合わせた!ヘディングシュート!






しかしシュートは惜しくも枠の上…

あと少しで得点していました



後半81分

Dekatichiに変えてKaraを投入



後半82分

ケロロ軍曹の蹴りこんだロングボールをケーヒルがヘッドでディフェンスラインに戻…

しかしこのヘッドが精度に著しく欠いている!ボールはそのままKIKIに渡った!

KIKI、突然訪れたキーパーと一対一のチャンス!

ペナルティーエリア内左でフリーだ!

キーパーのコー、一か八か飛び出した!




しかしKIKI、飛び出した瞬間を見極め相方のMeteoraにパス!

Meteora、このパスをフリーでトラップ!

目の前には無人のゴール!

シュート!







ゴオオオオオオオオオオオオル!

ラッキーな追加点!

これで試合は決まったようなものだ!



後半91分

Nebira-が相手のロングボールをクリアー

そしてKIKIがまたしても裏に抜け左サイドからドリブルで切り込んだ!

そしてKIKI、カーブをかけてシュート!










しかしシュートはキーパーのカーが辛うじて触り枠の外へ



後半92分

TAKAが右サイドを駆け上がっているREUSUにパス

REUSU、右サイドの裏に抜けそのままゴール前にパス!

このパスをKaraがトラップ!ゴール目の前で自らスペースを作った!

Kara、後は決めるだけ!

シュート!








ゴオオオオオオオオオル!

3点目!

途中交代で出場したKara!見事に得点!

そしてこのゴールの後すぐに主審の長い笛!

試合終了です!!!

SNS、グループリーグ首位で突破!!



試合終了

WS001409.jpg

WS001410.jpg

WS001411.jpg


実に見事!

予選の時は守備の不安定さや攻撃陣の不調で不安を抱えていたわけですが

最終的にその不安も完全に消え去り

素晴らしいパフォーマンスを本命の場であるワールドカップで発揮してくれています

この調子で行けばSNSのワールドカップの過去最高記録であるベスト8の壁も破れるかもしれません



決勝トーナメント表発表

WS001412.jpg


SNSは日本と対戦になりました

が、この時点でいくつか波乱が発生しています

なんと、アルゼンチン・イングランド・ポルトガルが

グループリーグで姿を消しています…

特にイングランドはべっきゃむさんが代表入りしていただけに非常に残念

その代わりXTRさんが代表入りしているトルコがGLを突破しています
WS001394.jpg

WS001395.jpg


緒戦のガーナ戦で失意の敗北

GL突破の為にはこの試合絶対に勝たなければならない

出来れば大差で、得失点差のポイントを持っておくことは悪いことではない

とにかくなんとしてでも勝て

それしか道はない



スロベニア戦術考察

WS001396.jpg


またもや3-4-1-2のシステム

FMの世界ではこのシステムがブームなのでしょうか?

いい加減別のシステムともやりあってみたいものなんですけどね

とりあえず、フリーにして置くわけにはいかないトップ下のビルサを潰して

両サイドからのアーリークロスも出来るだけ断つよう指示

前半戦で出来れば試合を決めてしまいたい



前半4分

左サイドでKIKIがドリブルキープ

鋭いターンで右CBのクマーと右サイドMFのブレッコの間を向く

そしてKIKIはその間を通すキラーパスを放った!



Valeo、1.5列目から飛び出す!

トラップして裏に抜けた!キーパーと一対一!

落ち着いてシュート!










ゴオオオオオオオオオオオオオオル!

Valeo、決めた!

キャプテンの意地!低く抑えられたシュートは見事にゴールネットへ!

SNS、早くも先制点!



前半13分

左サイドでPoriを基点にした美しいワンタッチでのパス回し

最後に左サイドを駆け上がってきたマケレッティがタッチラインギリギリからグラウンダーのクロス!




これにニアからKIKIが一瞬で飛び出し左足でシュート!









惜しい!

シュートは枠に飛んだがキーパーのペトリッチがパンチングで枠の外に押し出した!



前半30分

Poriがポスト役のMeteoraに楔のパス

そしてMeteoraはマークを背にしながらトラップ

ワンタッチで前を向く

そして二列目から走りこんできているDekatichiにパス!

Dekatichi、ギリギリでトラップ!

裏に抜けてキーパーペトリッチ素早く飛び出した!

両脇にはビルサとアパッチが居てスペースがない!





ここでDekatichiループシューーーーーーート!









ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

スーパーゴールだ!

Dekatich、正にファンタジスタ!

これで2-0!



前半32分

最終ラインのM777のフリーキックで

大きく右サイドに開いていたREUSUがパスを拾う

そしてそのままクロスかと思ったが

なんとレウスはダイレクトでサイドチェンジ!

逆サイドに居るマケレッティ、これをトラップ!

ドリブルで切り込んで…左足で強烈なシュートだ!








キーパーペトリッチ、辛うじて触った!

あと少しでゴールでした…惜しい



前半43分

スロベニアペナルティーボックス右角付近からのフリーキック

キッカーはマケレッティ

クロスは蹴りこまずすぐに右に居るDekatichiにショートパス

Dekatichi、一気に加速してドリブル

そしてプレスが来た瞬間を見計らってTakatoにラストパス!

しかしパスはエルスネルに当たり後方のペナルティーエリア内に逸れる

あまりにも微妙な位置にキーパーのペトリッチ飛び出せない!

これにTakatoが走りこんでボールに追いつく!

ここでペトリッチ飛び出した!

シュート!しかしペトリッチに当たって逸れた!


が、シュートはファーポストに転がりそこにはKIKIが!






KIKI、後は決めるだけ!








ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

3-0!素晴らしい!

GL突破に大きな望み!



前半45分

Poriがマケレッティの上がりを見て絶妙なスルーパス

マケレッティ、またもや絶好の位置でフリーでトラップ

そしてタッチライン際からファーにキーパーから逃げるようなカーブをかけて…

クロスボールを蹴りこんだ!

強烈なカーブのかかったボールはファーに居るMeteoraの頭にドンピシャ!

Meteora、ヘディングシュート!






しかしシュートは下がりながら打ち込んだせいか精度に欠け

枠の横に外れる



前半終了

WS001397.jpg

WS001398.jpg

WS001399.jpg


いやー素晴らしい!

実はこの試合の最初の数分を見て

スロベニアがダイレクトパスやバックラインからのロングパスで

足の速いFWで裏を狙おうという意図が解ったので

前半9分あたりからオフサイドトラップを仕掛けるように指示を出したんです

そうしたらそれが大当たり

前半戦は見事に試合を支配して3-0で折り返すことが出来ました

特に交代もないのでそのまま後半へ行こうと思います



後半開始~後半56分

スロベニアが戦術を変えてきたのか

かなり露骨にロングボールで裏を狙ってくる

しかしそれでもバックライン+Takatoのディフェンスは硬く

的確なラインコントロールで相手を押さえ込む

そしてサイドを突破されてクロスを放り込まれても

ケロロ軍曹が確実に飛び出してボールをキャッチしてくれるので安心



後半57分

Valeoが楔のパスを受け

後方から上がってくるTakatoにパス

そしてTakatoはワンタッチでPoriにパス

Pori、ややサイドに開いているMeteoraにラストパス!

Meteora、ペナルティーボックス左角からドリブルで切り込みシュート!







しかしシュートは僅かに枠を捉えきれずサイドネット



後半62分

相手のロングボールをTAKAがヘディングで跳ね返す

そのボールをPoriがワントラップして前線のKIKIに見事なロングパス!

KIKI、トラップして…今度は中央に走りこんでいるMeteoraにミドルレンジのパス!

これが見事に通った!

Meteora、キーパーと一対一!

そしてシュート!




が惜しくもシュートはペトリッチに阻まれた!

しかし弾いたボールをKIKIが詰めて無人のゴールにシュート!







しかしシュートはアパッチがギリギリのところでクリア!




後半66分

Valeoに変えてKara投入

Poriに変えてTORIを投入



後半71分

スロベニアゴール前24mからのフリーキック

キッカーはDekatichi

壁は右…どう狙うか…

Dekatichi、右足を振りぬいた!

壁の右上を越えたシュートはゴールに向かうカーブを描きゴール右角をしっかりと捉えた!






しかしキーパーのペトリッチがファインセーブ!

シュートをキャッチ!惜しくもゴールならず!



後半83分

Meteoraに変えてNakatunを投入



後半90分

Nakatunが楔を受けてボールキープ

アパッチにタックルを食らいボールが少し足元から離れるが

これを二列目から飛び出したDekatichiが拾う

そしてDekatichiは、ゴール前フリーで走りこんでいるKaraにラストパス!





Kara、ダイレクトでシュートを放った!










ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

4点目!素晴らしい!



試合終了

WS001400.jpg

WS001401.jpg

WS001402.jpg


圧勝!

後半に入ってからはスロベニアが実らない放り込み戦術に傾倒した為

あと2,3点取れても可笑しくない展開でした

いやしかし4-0という数字はグループリーグ突破に向けて本当に大きいアドバンテージです

次戦のオーストラリア戦、他の試合の結果次第ですが引き分け以上で予選突破になる可能性もあります

まぁ最後まで気は抜けません

次戦もこの試合と同等かそれ以上のパフォーマンスを期待しましょう



次戦情報

次戦の相手はオーストラリア

試合日は6月22日火曜日の6日後です
SNS代表最終メンバー

WS001378.jpg


Greenが大会前の2ヶ月の大怪我で招集できず…

Toshiも年齢の関係でフィジカルとスタミナが激減しすぎなので招集できず…

最終メンバー

背番号 選手名

1 ケロロ軍曹
2 REUSU
3 M777
4 TAKA
5 マケレッティ
6 Takato
7 Valeo
8 Meteora
9 Pori
10 Dekatichi
11 KIKI
12 Kara
13 Inra
14 umi_umi
15 Nebira-
16 TORI
17 Sushi
18 9292
19 Anzu
20 Yas-Kane
21 Nakatun
22 Nanami10
23 KAIYA

以上、23名



試合前情報

WS001379.jpg

WS001380.jpg


ついにやって参りました2010年ワールドカップ緒戦

相手はアフリカの曲者ガーナ…

GL突破の為にも絶対に勝利したい戦い

今まで積み上げてきたものを無駄にしないためにも

SNSには全力を出し切って勝負してもらいたいと思います



要注目選手


Michael Essien (マイケル・エッシェン)

WS001381.jpg

WS001382.jpg


無尽蔵のスタミナとスピードを生かし、フィールドを縦横無尽に駆け回る。

時折、身体能力に頼りすぎることもあるが、粘り強いディフェンスが持ち味。

オフェンスも苦手としないが、決定的な得点機が少ないこともあり、シュートの決定率はあまりよくない。

元々DFとしてプレーしていたため、センターバックやサイドバックもこなすことが出来る。

チェルシーではセンターハーフとしての起用が多いが、最近の試合では、サイドバックの出場機会も増えている。

(wikipedia引用)



Asamoah Gyan (アサモア・ギャン)

WS001383.jpg

WS001384.jpg


アフリカナンバーワンとの呼び声も高いガーナ代表ストライカー。

スピード、テクニック、競り合いとどの点に置いても

サミュエル・エトーやディディエ・ドログバ、オバフェミ・マルティンス、アンリ・カマラといった

アフリカでもすでに名の知れたストライカーに見劣りしない。

2006年ドイツW杯アフリカ予選では4得点を挙げるなど大暴れした。

本大会でも得点を挙げている。

FWにも関わらず、ガーナ代表では背番号3をつけている。

特に規定は無いが本来FWは7番以降が多いため珍しい選手といえる。

(wikipedia引用)



Sulley Ali Muntari (サリー・アリ・ムンタリ)

WS001385.jpg

WS001386.jpg


超人的な身体能力を生かしたダイナミックなプレーで、ボールを奪うボランチ。

高いテクニックを持ち豊富な運動量で中盤を駆け回る。

攻撃性能にも優れることから、イタリア国内では

”カカとフランク・ランパードをたしたような選手”と評されている。

(wikipedia引用)



ガーナ戦術考察

WS001387.jpg


ガーナのシステムは3-4-1-2

何故かアサモアギャンをフォワードで使わずに右サイドハーフで起用

これは正直SNSにとっては非常にありがたい

彼の総合的な決定力の高さは正直脅威でしたから

あとはエッシェンとアッピアーにムンタリと

センターラインの4枚には潰し屋が3人もズラリと並ぶ

この3人の激しいプレスをいかにかわすかがSNSの課題になる

逆に言えば中盤のプレスさえなんとかなれば

あまりレベルの高くないガーナのディフェンス陣を切り裂くのはそう難しくないでしょう



前半開始~前半19分

予想通りの中盤での激しい潰しあい

互いにボールが全くFWに渡らない



前半20分

右サイドからのスローイン

REUSUがMeteoraにショートスロー

Meteora、右サイドをドリブルで上がってニアポストにクロス!





しかしクロスはキーパにキャッチされる



前半22分

ガーナのクロスボールをケロロ軍曹がパンチングでクリア

クリアしたボールはMeteoraに渡りMeteoraはボールをキープ

そしてボールを受けに下がってきたKIKIにパス!

KIKI、ボールをトラップして前を向いてドリブルで仕掛ける!

KIKI、アントゥイとメンサーをあっさり抜き去りキーパーと一対一!

そしてシュート!






しかしシュートはオウに弾かれてゴールならず…



前半25分

KIKIがドリブルで左サイドを突破

そしてシンプルにクロスを上げる

しかしクロスボールはメンサーが見事にクリア

このクリアボールをPoriが拾ってPA内に走りこんでいるKIKIにパス!

KIKI、ダイレクトシュート!








しかしシュートはサイドネット



前半34分

相手のロングボールでボアキエがペナルティーエリア内右でフリー

これをマケレッティが後ろから走りこんでボールを奪うおうと試みる!






しかしこれがファール!マケレッティのトリッピングの判定!

主審はペナルティースポットを指差した!PK!




ヤバイヤバイヤバイ…

キッカーはアントゥイ…





ボールを置いて…






シュートを放った!







しかしシュートは枠の上を大きく越えていった!!!!


なんとか失点は免れます!SNS!



前半42分

アサモアギャンが右サイドエリアに蹴りこまれたパスを拾おうと走りこむ

しかしこれはマケレッティが回り込んで見事にクリア

このクリアボールをValeoが拾う

そして左サイドに流れているKIKIにパス

KIKI…マークについているヤクブにドリブルで仕掛ける!

そして華麗にスピードでヤクブを抜き去った!

KIKI、キーパーのオウと一対一!

KIKI、シュート!





しかしシュートはオウが弾いた!




この弾いたボールを詰めれきれずにボールはメンサーにクリアされる



前半43分

右サイドからMeteoraがDekatichiがパス

このパスをDekatichiがワンタッチでValeoにパス

Valeo、このパスをワントラップしてすぐにKIKIにパス!

KIKI、ペナルティーエリア真ん中でフリーでトラップ!

ゴールを向いて…シュート!





しかしシュートはコースが少し甘く、キーパーのオウに阻まれた!



前半46分

右サイドからのSNSのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、ファーポストに大きく浮かせたボールを蹴りこんだ!

これにValeo、マークを振り切り落下地点まで猛スピードで走りこんだ!

そして強烈なヘディングシュート!






越えてしまった!

シュートを低く抑えられなかった!惜しい!



ハーフタイム

WS001388.jpg

WS001389.jpg

WS001390.jpg


再三チャンスを作りながら無得点に終わってしまったのは正直痛い!

後半戦早い時間帯に先制点を取らないとちょっと不安な試合展開

ただ、ガーナは激しいプレッシングの影響でアッピアーがスタミナをかなり消費している模様

ここを上手くつければもっと簡単にガーナのディフェンス人を崩せるかもしれない



後半57分

上手い具合に駆け上がってきたTakatoがバイタルエリアでパスを受ける

そしてミドルシュートを放つがシュートは枠の横に大きく外れる



後半68分

疲れが出てきたKIKIに代えて切り札9292を投入

なんとか点をもぎ取ってくれ!



後半74分

左サイドから途中交代で入ったDramanがアーリクロスを放り込む!

これに合わせるはアサモアギャン!

M777と競り合って、ペナルティーライン上からヘディングシュート!








ゴオオオオオオオル!




うそおおおおおおお!

あんなにゴールから離れた位置からヘッドでゴールって…

やばいやばい…あれだけ押してて負けるとかはご勘弁願いたい…



後半76分

もうこうなったら意地でも点を取りに行かなければ!

Meteoraに代えてSushi

Valeoに代えてAnzu

そしてシステムを3TOPに変更!



後半94分

左サイドからのフリーキック

キッカーのDekatichiはニアポストにボールを蹴りこんだ!

M777、ヘッドで枠を横切るようにボールを押し込む!





しかしシュートはサイドネット…



試合終了

WS001391.jpg

WS001392.jpg

WS001393.jpg


納得がいかなすぎる敗北…

あんな滅茶苦茶なゴール一つで負けるとは…

こうなると残り二試合は両方とも勝たなければ正直グループリーグ突破は難しくなりました…



次戦情報

次戦の相手はスロベニアで

試合日は6月16日の水曜日の4日後です
一番下に懐かしい企画があるので出来れば目を通して置いてください



W杯グループリーグ発表

WS001364.jpg


SNSは ガーナ スロベニア オーストラリア

の比較的楽なグループAに入りました

ちなみにイタリアは残念なことに予選で敗退です…



UEFA EURO2012 予選グループ発表

WS001370.jpg




Nakatun

WS001367.jpg


ポーツマスの若手ストライカーNakatunが

ボスマンルールに基づいて今夏パリサンジェルマンに移籍することが決定



KAIYA

WS001369.jpg


マンチェスターUのウィング選手KAIYAが

Nakatunと同じくボスマンでユベントスに移籍が決定



冬の移籍市場まとめ

WS001376.jpg




W杯のタイトルオッズ&順位予想ゲーム

WS001377.jpg


久しぶりにW杯順位予想ゲームでもやろうかなと

ルール

参加条件:SNSパッチ参加者

ワールドカップの1位・2位・3位・4位の国が何処になるかそれぞれ予想する

例:

レウス

1位 アルゼンチン

2位 スペイン

3位 ブラジル

4位 イングランド

そしてそれぞれ当たった箇所のポイントを

1位予想当たり 5ポイント

2位予想当たり 4ポイント

3位予想当たり 3ポイント

4位予想当たり 2ポイント

予想したチームが4位以内に入ってた 1チームにつき1ポイント

とする

そして最後にポイント合計が見事2ポイント『以上』になった方には

自分の選手の潜在能力(若くない選手の場合は現在の能力も)をアップさせる

参加方法はこの記事に予想をコメントする事

ちなみに当たったポイントが高ければ高いほど能力は上がるので頑張ってください




…相変わらず無理のある企画だね!とは言わないこと



2010年W杯出場国一覧

南アフリカ
アメリカ
アルゼンチン
イラン
イングランド
ウェールズ
ウルグアイ
オーストラリア
オランダ
ガーナ
サウジアラビア
ジャマイカ
スウェーデン
スペイン
セネガル
チェコ
チリ
ドイツ
トルコ
ナイジェリア
パラグアイ
フィンランド
ブラジル
フランス
ブルガリア
ポルトガル
メキシコ
モロッコ
SNS
韓国
日本
WS001352.jpg

WS001353.jpg



負傷者情報

KAIYAが負傷して代表を途中で離脱



前節で予選突破が決まったので、

サブシステムとあまり出場機会を与えられなかった若手選手中心にメンバーを構成

後イエロー一枚で次節出場停止のNebira-とマケレッティはベンチ外

4-3-3の3トップシステムです

見所は勿論両ウィングのドリブル突破

何度も言いますが予選突破が既に決まっているので

リラックスして試合に臨んで結果を残せたらそれでいいかと思います



ロシア戦術考察

WS001354.jpg


相手は前回同様3-4-1-2のシステムを採用

トップ下をumiに潰してもらいましょう

それ以外で特に注意する点は…

やっぱり両サイドからのアーリークロスでしょうか

中盤の3人のプレスが上手くいかないとちょっと危ないかもしれません

そのかわり相手が3バックでこちらが3TOPという相性のいい点もあります

大事なのはポゼッションをキープすること

それさえ出来れば恐らく勝てるでしょう



前半24秒

左サイドでボールを受けたAnzu

ドリブルで仕掛けると見せかけてNanami10にボールを戻す

そして10、ボールを受けると前線へアーリークロス!

Nakatun、裏に抜けてこのクロスをトラップ!

キーパーと一対一…

そしてシュート!






しかしシュートは枠の上



前半7分

Dekatichiの正確な裏を狙った高い弾道のパス

これがAnzuの裏に通りAnzuは左サイドに抜ける

中にはNakatunとsushiの二人の選手が居る!

Anzu、ドリブルで切り込んだ!

そして…シュート!






しかしシュートはアキンフェエフがセーブ!

惜しかった



前半12分

右サイドでsushiがボールを受ける

そして前を向いてドリブルを開始!

Sushi…一人相手をかわしてハーフラインで速度を落としキープ

そこですぐに後ろから猛然と駆け上がってきたGreenにボールを渡す!

Green、ドリブルで右サイドを駆け上がる!

これに慌ててタラノフがタックル!

しかしこれもGreen、あっさりかわす!

Green、かわした直後にまたSushiにボールを戻した

そしてsushi、右サイドエリアにフリーで入り込んで…

ニアに精確なグラウンダーのクロス!

クロスの先にはNakatun!

ボールがワンバウンドしたところを…

ハーフボレーで叩いた!







ゴオオオオオオオオル!

先制!Nakatun代表初ゴール!

SushiとGreenの見事なコンビネーションで右サイドを切り裂いた!



前半30分

左サイドをAnzuがドリブルで突破!

そしてAnzu、ニアポストに走りこむKara目掛けてグラウンダーのクロス!

Kara、ボールが足元に入った!

トラップして…ニアポストを狙ったシュート!







しかしシュートはアキンフェエフがセーブ

あともう少しクロスがKaraの前に出ていれば…



ハーフタイム

WS001355.jpg

WS001356.jpg

WS001357.jpg


いい感じで機能してました

狙い通りに両ウィングがドリブルで突破してくれましたし

umiはちゃんとトップ下を潰してました

そしてDekatichiがボールを長短のパスで散らして

Karaが二列目から飛び出してゴールを狙う

両サイドバックは上下に激しく動き回りサイド攻撃の手助けをする

Nakatunはフィジカルを生かしてボールをキープ

パス能力が高いのも有難く、キープした後ちゃんと裏を通すパスが出せていた

てな感じでとりあえず狙った攻撃と守備は出来ていました

後半はとどめの追加点を奪えれば文句無しですね

特に選手交代もないのでこのまま後半へ行きます



後半67分

後半が始まって22分間、ビックリするほど互いにチャンスが訪れない

そしてその均衡をやっと破ったのはSNS

Nakatunが高い身長を生かしてボールをキープ

そして右にはSushiが裏を狙って駆け上がって居る

しかしNakatunはあえて左サイドの裏を狙ったパスを蹴りこんだ

これが見事に通った!

Anzu、ドリブルで一気に加速してキーパーと一対一!

そしてシュート!



しかしシュートはアキンフェエフが弾く!




この弾いたボールを再びAnzuがシュート!




しかしこのシュートもアキンフェエフの体に当たり止められてしまう



後半68分

10が素晴らしいタックルでアニュコフからボールを一瞬にして奪取

そしてすぐに裏を狙ったロングボールを放り込む

これが一発でNakatunの裏に抜けた!

アキンフェエフ慌てて下がる!

Nakatun、これを狙ってキーパーの頭上を越えるループシュートを狙った!






しかしアキンフェエフなんとか弾いてコーナーキックに逃げる事に成功



後半69分

その直後の右サイドからのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、ニアポストを狙ってクロスを放り込んだ!

これに合わせるはM777!

空中戦に競り勝ちニアに流し込むようなヘディングシュート!






しかしシュートはアキンフェエフ、またしても弾いてコーナーキック



後半70分

そしてさらにコーナーキック

Dekatichiは今度はエリア内の混戦地点にボールを蹴りこんだ

しかしボールは相手にヘッドで跳ね返される!

しかしこの跳ね返されたボールをKaraがエリア外でゴールを背にした状態で拾う

Kara、右サイド後方に居るGreenにパス

Green、これを受けると絶対フリーの状況から左ウィングのAnzuへ50ヤードの超ロングパスを送り込む!

これが見事に通った!




Anzu、ゴールを向いてシュート体勢入った!

アキンフェエフ慌てて飛び出す!




Anzu、右足を振りぬいた!


低く抑えたニアを破るシュート!





ゴオオオオオオオオオオル!

待望の追加点!

Green、またしても得点に絡んだ!

これで2-0!



後半88分

ロシアゴール前28mからのフリーキック

キッカーはDekatichi

壁は右

Dekatichi、あまり時間をかけずにすぐにシュートを打ち込んだ!

ゴールへ巻き込むニアを狙った強烈なシュート!






アキンフェエフ、弾くのが精一杯だ


この弾いたボールをSushiが拾った!

Sushi、ペナルティーエリア内でフリー!

ゴール右の角度の厳しいところだ…

しかしSushi、それでもファーサイドネットを狙ってシュートを打ち込んだ!









ゴオオオオオオオオオル!

3点目!

見事な動きです!

これで3-0!予想以上の出来栄えだ!



後半93分

ビリャレトディノフが終了間際にも関わらず二枚目のイエローを貰ってしまい退場

そしてそのまま試合終了に



試合終了

WS001358.jpg

WS001359.jpg

WS001360.jpg


見事圧勝!

全員評価点8点以上なんて久々に見た気がします

…今まで使っていた4-1-2-1-2システムより機能していた気がします

…ま、まぁワールドカップまでにシステムを練り直せば大丈夫!

…だと思う

オワタ\(^o^)/



次戦情報

恐らくワールドカップ本戦グループリーグ

試合日・対戦相手は未定

WS001343.jpg

WS001344.jpg


Ruis Takatoが一ヶ月の怪我で未招集

DekatichiとPoriの調子が良いため、両方同時起用を試してみることに

Nebira-には中盤のハードワーカーとして相手の攻撃の芽を摘んでもらう

引き分け以上でワールドカップ本戦出場が決まるので頑張りたいところ



ポーランド戦術考察

WS001345.jpg


前回戦ったときに比べて大幅にメンバーが変わっている

それでもやはり一番注意すべき選手はクシュチャクだという事に変わりはない

彼の守るゴールを破るにはより多くのチャンスを作る必要がある

最近攻撃の歯車が上手く噛み合っていないSNSにとっては少し心配だが

大幅に戦術に調整を加えた今試合では復調してくれることを願うしかない



前半14分

右サイドエリアからのSNSのスローイン

ショートスローを受けたのはPori

エリア内を見て…

マイナス方向を狙ったパス!

Green、ペナルティーアーク付近までオーバーラップしてきている

トラップして…ゴール前20mからの距離からミドルシュート!



強烈な弾丸シュートはゴール右角を捉えた!







ゴオオオオオオオオオル!

決めた!Greenの果敢な攻撃参加から得点!



前半24分

Yas-Kaneのゴールキック

Yas-Kaneは9292向かってハイボールを蹴った!

9292、空中戦に圧勝し、後ろにボールを流した

これをDekatichiが拾って裏に抜ける!

Dekatichi、キーパーと一対一!

そしてファーの角を狙ってシュート!






しかしシュートは抑えが効かず枠の上



前半34分

ポーランドゴール前で受けたフリーキック

キッカーのNebira-は右サイドに上がっているREUSUにパス

REUSU、右サイドエリアでフリー

そしてすぐにクロスを放り込む!




このクロスにGreenが合わせた!

シュートは右角に緩やかに飛んでいく!





しかしシュートはクシュチャクがパンチングでクリア

コーナーキックに



ハーフタイム

WS001346.jpg

WS001347.jpg

WS001348.jpg


とりあえず先制点を取れたのは非常に良かった

守備面でも相手のシュートを一本に抑えているというのも素晴らしい

後半はもっと多くのチャンスを作り相手を圧倒することを期待したい

Poriが軽傷を負ったためDekatichiをPoriの位置に配置

変わりにトップ下にはValeoを投入し後半へ



後半45分

Nebira-が相手のボールをカットしそのまま前線へロングボールを放り込む

これを追うのはMeteora

しかしボールはマークに付いていたドゥドカがクリア…

と思いきやドゥドカボールの球筋を見誤りそのままボールは裏に抜ける!

Meteora、ドリブルで持ち込んでクシュチャクと一対一!

クシュチャク飛び出した!

そしてシュート!






しかしシュートは素晴らしいタイミングで飛び出してきたクシュチャクにセーブされる



後半53分

ValeoとKaraがワンツー

そしてKaraは9292が裏に走り出しているのを見てパス

これが見事に通り9292はクシュチャクと一対一!

9292、ゴール左50度から切り込んでシュート!

しかしシュートはキーパーのクシュチャクが弾いた!

この弾いたボールにMeteoraが詰めにかかる!





しかしあと一歩のところでドゥドカにクリアされる



後半59分

混戦でのKaraのMeteoraを狙った見事なショートパス

Meteora、これをトラップだけでマークを外しドリブルでゴール右前まで持ちこむ

そしてMeteora、ゴール右25mの地点から思い切り左足を振り抜いた!

シュートはゴール右角を見事に捉えた!







が、またしてもシュートはクシュチャクがセーブ…

さすがとしか言いようが無い



後半66分

Dekatichiに変わってumi_umi

Meteoraに変わってKIKIを投入



後半71分

相手のパスを9292がカット

そして9292はすぐに右サイドにいるKIKIへパス

KIKI、スピードのあるドリブルで右サイドを突破!

そして右サイドからファーへキーパーから逃げるようなカーブをかけたクロス!

これに合わせるはまたしても9292!ゴール至近距離からヘディングシュート!






ゴオオオオオオオル!

9292、決めた!

待望の追加点!

このゴールでワールドカップは目の前だ!



後半75分

TAKAが負傷退場…

交代枠を使い切っているので、Nebira-をTAKAの位置に配置する



後半92分

Greenのクリアボールを拾った9292

すぐに裏に抜けようと試みているKIKIを狙ったダイレクトパスを叩く!

KIKI、見事に裏に抜けた!

そして最後の砦クシュチャクと再び一対一!

KIKI、落ち着いてシュート!







しかしシュートはまたしてもクシュチャクに阻まれる…



後半94分

試合終了間際にValeoが削られ負傷退場

…嫌がらせもいいところです



試合終了

WS001349.jpg

WS001350.jpg

WS001351.jpg


SNS、ついに予選通過!

いやー長かった…

正直サッカーの面白さで言えば激しく微妙ですが

確実に勝てるチームにはなってきていると思います

ワールドカップでは今度こそSNSの旋風を巻き起こして見せます!

…そのかわり

TAKA・Pori・Valeoが負傷で代表を離脱して試合に出れないと言うハプニングが発生

まぁ三人とも軽傷だから良かったんですけどね



次戦情報

次戦はロシア戦

試合日は10月7日水曜日の4日後です
WS001343.jpg

WS001344.jpg


Greenが負傷して途中離脱



この試合に勝てば予選突破が決まります!

が!相手はあのオランダ…しかし前回圧勝しているので勝てないことは無いはず

ボランチにNebi、トップ下にTakatoと比較的守備的な布陣で挑みます



オランダ戦術考察

WS001345.jpg


まだ懲りてないのかオランダの中盤の4人は超攻撃的

前回同様ファンデルファールトとスナイデルにプレスをかけておけば大丈夫そうです

ただし、カイトとフンテラールの2TOPには注意が必要かも



前半17分

中盤の潰し合いで互いにチャンスが作れない

そして前半17分SNSにチャンスが訪れる

左サイドからのフリーキック

キッカーはマケレッティ

マケレッティは左サイドに流れているKIKIにパス!

KIKI…ドリブルで溜めて…マイナス方向へセンタリング!

これをTakato、ペナルティエリアギリギリ内側でトラップ!

かなり余裕がある…そしてシュート!







しかしシュートは枠を越えてしまった!



前半31分

左サイドからのオランダのフリーキック

キッカーはロッベン

ロッベン、ファーサイドに高く浮かせたクロス!





これにスノが走りこんでヘディングシュート!





ゴオオオオオオオオオル


セットプレーでやられてしまった!

…なんだか悪い流れですね



前半33分

なんかもうトップ下の必要性を感じなくなってきたので

トップ下を一列後方に下げて4-1-3-2システムに変更

WS001346.jpg




前半36分

SNSゴール前35mからのフリーキック

キッカーはスナイデル

スナイデル…勢い良く助走して…直接狙った!


ポスト直撃!


ケロロ軍曹慌てて跳ね返ったボールを飛び込んでキャッチ!

なんとかセーブ…危なかった



前半38分

Karaの絶妙なドリブルキープ

その間にMeteoraが下がりながら中央に走りこむ

これにKaraが反応しMeteoraにパス!

Meteora、ワントラップして…

ゴール前22mからミドルシュート!






しかしシュートはコースが甘くキーパーにキャッチされる



前半44分

右サイドでVioletteがボールを持つ

そしてすぐにドリブルで仕掛ける!

マケレッティ、かわされた!

Violette、そのままペナルティイーエリア内に侵入!

Violette、そしてそのままニアにクロス!





しかしクロスはM777が叩き出し事なきを得ました

いやー…流れが悪い



ハーフタイム

WS001347.jpg

WS001348.jpg

WS001349.jpg


いやー…やばい

非常にまずい

機能していない、何もかもが

とりあえずTakatoを再びトップ下に上げて(それでもポジションは低め)

Meteoraを9292と交代

テンポも遅めにして…

あとはオランダの両ウィングをなんとか試合から消せれば完璧なんだけどれども

まぁそれは難しいでしょうかね

…せめて引き分けには持ち込めるように願って後半戦へ



後半47分

左サイドをマケレッティがドリブルで駆け上がる

そして同じく左サイドに流れていたKIKIにパス

KIKI、ドリブルで中に切り込んでクロス!

ボールはファーサイドに走りこんでいたREUSUへ

REUSU、なんとかトラップしてマイナス方向へ低いパス!

Takato、これを拾い前を向いた!

そしてシュート!



シュートは相手に当たって軌道が逸れた!




しかしシュートはステケレンブルクがしっかりキャッチ

…惜しかった



後半51分

Nebira-に代えてumi_umiを投入

こうなったら是が非でも点を取りに行くしかない



後半60分

右サイドでVioletteがボールをトラップ

そしてすぐにファーサイドにクロスボールを放り込む!

フンテラール、Inraのマークを外して裏に抜けた!

フンテラール、クロスをダイレクトで流し込むように合わせた!








ゴオオオオオオオル


…万事休す



後半63分

相手のパスをInraが素晴らしいタックルでクリア

クリアされたボールは9292へ!

9292トラップでスノをかわした!

そして前を向いて今度はブーラルーズもドリブルでかわしてキーパーと一対一!

キーパーステケレンブルク飛び出してきた!

9292、落ち着いてファーサイドに低く抑えたシュート!








ゴオオオオオオオル!

素晴らしいゴールだ!

望みを繋ぐ一点です!

9292、エースストライカーとして立派な仕事を果たしました!



後半68分

KIKIに代えてSushi投入

…彼のひらめきにちょっとした賭けをしてみます



後半83分

左サイドからのオランダのコーナーキック

キッカーはスナイデル

スナイデル、ファーポストを狙ってクロスを蹴りこんだ!




これにファンニステルローイがヘッドで合わせる!





しかしシュートは枠を外れてゴールキックに

危なかった…



後半86分

右サイドからのコーナーキック

キッカーはPori

Pori…落ち着いてステップして…



ニアポストを狙った!

M777!勢い良くボールに向かって走りこんでマークを外した…


そして思い切り頭で合わせた!









ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオル!

同点ゴオオオオオル!追いついたああああ!

素晴らしい!見事な追い上げだ!

これで2-2!



試合終了

WS001350.jpg

WS001351.jpg

WS001352.jpg


素晴らしい追い上げでなんとか引き分け!

9292の素晴らしい活躍ぶりで助かりました

インテルでなければ普通にスタメンで活躍していても可笑しくない選手です

…でもKIKIや他の足の速い裏を狙うタイプのFWが活躍できないのがとても気がかりです

次の試合でなんとか修正できるといいんですけど…

まぁそれは置いといて、この試合良く頑張った!

この引き分けで予選突破が大分楽にになりました



次戦情報

次の対戦相手はポーランドで

試合日は10月3日土曜日の31日後です


Robert Kazu・TAKE 引退後監督を目指しつつコーチに

WS001317.jpg

WS001318.jpg


SNSのベテラン選手であるKazuとTAKE選手が引退

そして両選手とも引退後すぐにコーチになりました

Ely監督やKiyoshi監督のように、一流クラブの監督となることが目標のようです



bB black

WS001320.jpg


セビージャの期待の新星blackが4億6000万円の移籍金でバルセロナに移籍

セビージャのレジェンド、べっきゃむの指導を受けたblack

才能を開花させるまでもう一息です



Pori Phenol

WS001323.jpg


ポルトの司令塔Poriが21億の移籍金でセリエAのサンプドリアに移籍

得点感覚とパスセンスの両方を持ち合わせたPori

イタリアでもその才能を果たして見せつけることができるのか?



Robert Keishi

WS001324.jpg


Lazioの若き才能KCが靭帯の断裂し8ヶ月の怪我…

早期の回復を祈ります



Andrea Tattooya

WS001326.jpg


ブレシアの攻守万能のレジスタTattooyaが

ブレシアの二部降格が原因でサラゴサに移籍が決定

移籍金は17億7750万円



B KIKI

WS001328.jpg


SNS屈指の俊足ストライカーKIKIが

リヨンからチェルシーに超高額の56億円の移籍金で移籍

代表ではまだ才能を発揮しきれていないが

クラブでの活躍を見ればその才能に疑念の余地は無い

チェルシーでも必ずその決定力を発揮することだろう



夏の移籍市場まとめ

WS001337.jpg

WS001338.jpg




各種ランキング

WS001339.jpg

WS001340.jpg

WS001341.jpg

WS001342.jpg

WS001329.jpg

WS001330.jpg


キャプテンのValeoが怪我のため未招集

そして前回のモルドバ戦に引き続きカタカナ表記はお休みさせていただきます

Takatoのトップ下とREUSUのボランチというシステムを試してはいますが

チーム力の差がありすぎて、上手くいってもあんまり参考にはならないかもしれません



前半8分

SNSの素早いショートパス中心のパス回し

TakatoはKaraにパス

そしてKaraは左サイドに流れているKIKIを見つけ

相手と相手の間を通す見事なパスを送る

そしてKIKI、ドリブルでマークをかわして厳しい角度からファーポストを狙った!





しかしやはり角度が厳しくシュートは枠を外す



前半15分

左サイドからのSNSのコーナーキック

キッカーはDekatichi

ステップして…ニアポストに蹴りこんだ!

207cmの巨漢、TAKA!ヘッドであわせた!






しかしシュートはポスト直撃!

こぼれたボールはそのままモルドバにクリアされる



前半21分

センターサークル付近からのFK

キッカーのM777は左サイドに大きく開いているマケレッティにパス

そしてマケレッティ、フリーで左サイドに走りこんでクロス!

このクロスにKIKIがかろうじて合わせた!ナイスヘッド!






しかしシュートはキーパーが弾きコーナーキックへ

少し威力が足りなかったか…



前半25分

モルドバがラインを下げて完全に引きこもっているので

パスのテンポを落として展開をワイドにしてポゼッションをキープ

そして守備の綻びを突くという戦術に変更



前半34分

左サイドからのSNSのコーナーキック

Dekatichiはニアポストにクロスを上げたが跳ね返される

この跳ね返されたボールをDekatichiが再び拾う

そして間髪入れずに右足でカーブをかけた強烈なシュート!

しかしシュートはキーパーに阻まれる!

この弾かれたボールをKIKIが拾って再びシュート!





しかし余裕が無かったのかシュートはそのまま枠の上!

相手のキーパー覚醒中



前半45分

全くプレスに来ないモルドバに対してSNSは中盤で良いようにパス回し

そして右サイドに走りこんでいるGreenにボールを預ける

Green、余裕のある状態から…ファーにクロス!

このボールをKIKI、ヘッドで合わせる!






しかしヘッドは枠の上!



ハーフタイム

WS001331.jpg

WS001332.jpg

WS001333.jpg


結局、相手の引いたディフェンスを崩せず無得点

しかしFWまで守備参加させるとは…

カウンターのときに前線に誰も居ないから一方的に攻めれるのは良いものの

やはり11人で守られるとなかなかシュートも打てないわけで…

後半、状況が中々打破できないようだったら積極的な選手交代も考えなければなりません



後半46分

モルドバゴール左約30mからのFK

キッカーはKara

Kara…ステップして…

思い切り右足を振りぬいた!

強烈なカーブをかけた強烈な威力のシュート!

シュートはゴールに巻き込むように曲がりながらファーポストの角度へ飛んだ!

キーパーこれは届かない!








しかしシュートはクロスバー直撃!

本当に惜しかった!



後半55分

左サイドからのCK

キッカーはDekatichi

そしてDekatichiはまたしてもニアポストにクロスボールを放り込んだ!

TAKA、このクロスボールに余裕を持って合わせる!

強烈なヘディングシュート!








しかしシュートはまたしてもポスト!

中々ゴールが決まらない…



後半56分

右サイドエリア後方からのSNSのFK

キッカーはDekatichi

Dekatichiはファーポストに走りこむKIKIにあわせてクロスボールを放り込んだ!

KIKI、このボールに追いつきヘディングシュート!







しかしシュートはまたしてもポスト直撃!

なんか呪われてるんじゃなかろうか…



後半57分

後半56分と全く同じ位置からのFK

キッカーはまたもDekatichi

Dekatichi、今度は直接狙った!

ニアポストを狙ったシュートは物凄い勢いで曲がり見事に枠に飛んだ!





しかしシュートは少し高く枠を越えてしまった!



後半62分

いい加減やばいな、ということで選手交代

KIKIに代えて我らが9292

Meteoraとの高身長2TOPで挑みます



後半69分

SNSのフリーキックが弾かれこぼれたボールをREUSUが詰めてミドルシュートを放つ

が、シュートは相手に当たり軌道がそれる

さらにこのボールを9292が拾い角度の厳しいところからシュートを放つ




がしかしこれも外れてゴールキック



後半74分

やばいやばいやばいやばい…

一気に選手交代のカードを切ります

Meteoraに代えてAnzu

Takatoに代えてSushi



後半78分

中盤での懸命なパス回し

Sushi、REUSU、Dekatichiがボールを回す

そして最後にKaraがボールを受けると、マークがずれたおかげかかなりの余裕がある!

Kara、踏み込んで…ミドルシュートを放った!







しかしシュートはキーパーの正面

弾かれてそのままクリアー…



試合終了

WS001334.jpg

WS001335.jpg

WS001336.jpg


これは無い

いやマジでない

ポストに何回当ててるのかと小一時間問い詰めたい

ああああああ勝ち点2ポイント損したあああああ

まぁ全勝してたおかげで余裕あるからいいんですけど…



次戦情報

次戦はオランダ戦

試合日は9月2日水曜日の4日後です

ちなみにこの試合に勝利すると予選突破が決まります
08-09シーズン結果 (2007/08/11(土) 10:00:00)

 表の項目解説


リーグ:


A:Aチーム(1軍) 
B:リザーブ(2軍) 
若手:ユース 
2部:2部リーグ


での出場という意味


当然ながらAチームでの出場が多い方が評価は上がる


出場:出場試合数。( )内の数字は途中出場の回数


得点:ゴール数。キーパーの場合は失点数


アシ:アシスト数。キーパーの場合は無失点試合の数


平均評:全試合の平均評価 スタメン出場が多い場合は平均7.00  


    逆に途中出場が多い場合は平均6.00


総合評: 全てのデーターで判断した総合評価


(個人賞・所属しているリーグレベル・実力に見合った活躍をしているかなど)


E<D<C<B<A<S<ACEの段階式で評価する


この評価が高いほど次のシーズンまでSNS代表でのスタメン出場が優遇される









































































































































































































































































選手名 リーグ 出場 得点 アシ 平均評 前回評 総合評
Yas-Kane A 0 0 0   E E
Keroro 0(1) 0 1 8.00 D E+
REUSU  46 1 1 7.00 B+  B
TAKA   42(6) 1 7.00 B
M777  49 2 7.63 A
Inra 16(6) 4 1 6.50 C
Green 33(3) 6 3 6.89 C+
マケレレ  32(10) 4 7 6.55 C C
umi  14(9) 4 0 6.48 C
Takato  38 3 10 7.68 B ACE
Nebi  A 53(1) 4 7 6.70 D+ C+
Pori

21(5)


4 7.27 C+ B+
TORI  A 13(11) 1 2 6.63 C
Sushi  A 23(14) 8 6.86 C+
Anzu  12(11) 4 6.17 D
KIKI  32(2) 15 2 7.09 A
KAIYA      54(3) 12 9 6.68 D+  C+
Nanami10  A 47 13 5 6.64 D+  C+
Kara  48 21 2 7.19 S
Valeo  42(1) 14 7 7.07 A
Meteora  A 40(1) 20 7.05 A
Dekatichi  38(4) 16 4 7.14 S
Nakatun  0   E + E
9292  17(8) 12 6.72 D+  C+
Toshi  6(7) 5 6.62 C+ C

全体的に評価が前年度よりかなりアップ!


特に守備陣は軒並みUPしています


SNS全体で成長著しかったのはTakatoとMeteora


Takatoはリーガエスパニョーラ最優秀選手賞第二位


MeteoraはセリエA得手王争いで、イブラヒモビッチやデフォー・トニなどのスーパーストライカーと争い


最終的にはトニと並ぶ18得点でリーグ3位の得点数で終了


それでも実力の高さを見せ付けるには十分だったと言えます


Nebira-とToshiはレアルマドリーで活躍


Nebiraはレギュラーとして活躍。レアルのリーグ三制覇に貢献した


そして年齢的にもうすぐ引退も考えられるToshiはチャンピオンズリーグの決勝ManU戦で途中出場


結局得点は決められなかったものの、PK戦の最初のキッカーを任され見事成功


そしてそのままレアルは勢いにのって5人全員がPKを成功


逆にManUはルーニーがミスしてしまいレアルの優勝が決定


ToshiはNebira-と共にビックイヤーを掲げた


みたいな結構感動物?のドラマもありました


 


さぁ来シーズンはワールドカップ!果たして誰がスタメンで夢の舞台で戦うことになるのか!?


 

最近慣れてきたせいか

文章が単調だったり、所どころ手抜きが出てくるようになりました…

今回から気を入れ替えてもう少し文章練ります

すいませんでした





WS001308.jpg

WS001309.jpg


今のSNSなら負けてはいけない相手

必ず勝って予選六連勝を目指したい

出来ればオランダ戦やロシア戦の第二戦の前に予選突破を決めてしまいたい



ハンガリー戦術考察

WS001310.jpg


やはり懸念すべきは両サイドからのアーリークロスか

正直SNSの失点パターンとして一番多いのはアーリクロスからの失点

前回ホームで戦ったときもアーリクロスから見事に失点してしまいました

両サイドの選手を自由にプレーさせないこと

これが今回の試合の最大の目標です



前半4分

SNSの前線からの激しいチェックで相手のボールをバックラインで奪取に成功

そして奪ったボールはAnzuの足元へ

Anzu、ドリブルで一気に加速!

ローデンブッヒャーを抜き去り、フェヘールのスライディングも跳んでかわした!

キーパーと一対一になり、GKフュルップの飛び出した瞬間を狙いファーポストにループ気味のシュート!








が、惜しくもシュートは枠を越える

シュートまでは完璧なプレーでした



前半6分

TORIが得意のドリブルでボールをキープ

そしてTORIはドリブルでハーフラインを越えた

TORI、バックラインの裏を狙っているAnzuにキラーパス!

ハーフライン付近から放たれたパスは見事に裏に抜けた!

Anzu、裏に抜けてトラップ!

そしてゴール左隅を狙ってシュート!







低く抑えられたシュートは惜しくも枠の横!

TORIの見事なアシスト力が光る!



前半9分

ハーフライン自陣側左サイドでマケレッティがボールを拾う

そしてマケレッティ、ドリブルで一気に加速!

ハーフラインを一気に跨ぎ飛び、そのまま50ヤードも遠方に居るMeteoraにアーリクロス!

素晴らしい!見事なクロスだ!

Meteora、裏に抜けた!そしてキーパーと一対一…!

一瞬溜めて…ゴール左隅を狙ってシュート!






しかしシュートはフュルップが好反応を見せ、弾かれてしまった!

マケレッティの見事な攻撃参加&クロス精度でチャンスを演出!



前半11分

ハンガリーペナルティーエリア右角で得たフリーキック

キッカーのマケレッティは陣形が整う前に素早くボールを放り込んだ!

これにMeteoraが勢いよく走りこんでヘディングシュート!







しかしシュートはあらぬ方向へ!



前半20分

ハンガリーのローデンブッヒャーがTORIの裏を狙ったパスをインターセプト

ローデンブッヒャーは落ち着いて左SBのボドールへパス…

しかしこのパスがLCBとLSBの間に転がる完全なパスミス!

これをMeteoraが素早く拾いそのままトップスピードに乗ってバックラインを突破!

そのままペナルティーエリア内に入り込みシュート!










ゴオオオオオオオオオオル!

先制点!

Meteora、決めた!

相手の酷いミスを見逃さず確実に決めました!



前半31分

ケロロ軍曹のダイレクトロングパスをポスト役のMeteoraがヘッドで落とす

このボールをKaraが拾い、素早くバックラインの裏にキラーボールを送り込む!

Anzu、裏に抜けてキーパーと一対一!かなり余裕がある…

そしてニアポストを狙ってシュート!








しかしシュートは僅かに横に逸れサイドネット!

ボール一個分左に逸れてしまった!



前半35分

フェヘールがゴール正面23mでAnzuを倒しファール

フェヘールにはイエローカード!

そしてフリーキック…

キッカーはKara…

相手の陣形が整う前に素早くステップして…

横に居るNebira-にパス!

そしてNebira-、ダイレクトでカーブをかけたミドルシュート!








しかしこれはキーパー正面!弾かれた!



ハーフタイム

WS001311.jpg

WS001312.jpg

WS001313.jpg


ずっとSNSのターン!

ハンガリーのシュートを0に抑え

逆にSNSはやりたい放題

前半戦は内容的には完璧でした

後半に追加点を奪えればもうこの試合は貰ったも同然でしょう



後半57分

ハンガリーゴール右約26m付近からのFK

キッカーはキャプテンValeo

Valeo、ゆっくりステップして…

ニアポストをえぐるようなカーブをかけたシュート!







しかしシュートはニアポストの手前を通過!

そのままラインを割りゴールキック



後半62分

TORIに代えてKAIYA

Meteoraに代えて9292



後半71分

Valeoが怪我はしなかったものの削られたので交代

Nakatunを投入します



後半87分

4-2-4の4TOPシステムに変更してきたハンガリー

左ウィングのLeandroがドリブルでGreenをかわし左サイドを突破

そして最終ライン付近からニアポストにクロスを上げる!

これはちょっと危険だぞ…






しかしケロロ軍曹!勢い良くニアポストに飛び出しパンチングでクリア!

守護神の好判断で失点を免れます!



試合終了

WS001314.jpg

WS001315.jpg

WS001316.jpg


ハンガリーのシュート数0に抑えて見事勝利!

これは素晴らしい!いくら実力差があってもシュート0は中々出来るもんじゃない

SNSの守備陣完全復調と言っても良いんじゃないでしょうか?

4トップにして攻撃を仕掛けてきた後半80分頃から

ひたすら裏を狙うロングボールに少し不安になりそうになるところもあったんですが

ケロロ軍曹を初めとした守備陣が良く粘りなんとか無失点に抑えました

後、久しぶりにスタメン出場したNebira-もかなりいい動きをしていました

彼が機能すると、相手の中央からのスルーパスが殆ど消えて安心できますね

…でもボランチ争いが…

Takato・umi_umi・Nebira-…

これから先誰を起用するか非常に悩みどころです



次戦情報

次戦はモルドバ戦

試合日は8月29日土曜日の87日後です

WS001288.jpg

WS001289.jpg


Dekatichiが全治三ヶ月の大怪我

KIKIも全治2ヶ月の大怪我

というわけで前回と比べて大幅に選手の入れ替えが行われております



要注目選手


Igor Akinfeev (イゴール・アキンフェエフ)

WS001290.jpg

WS001291.jpg


6歳以下は入団できないはずのCSAK傘下のサッカースクールに4歳で入団、

16歳でトップデビューを果たし僅か17歳でクラブのレギュラーとなり、

代表初招集、18歳であった2004年4月のノルウェー戦で代表初キャップを記録した「ロシアの怪物」選手。

4歳時にたった数十分の練習を見たCSKA関係者が即入団を許可したほどの天才的な能力を持っている。

出場機会は与えられなかったもののユーロ2004にも参加、

2005年にはUEFAカップ優勝、ロシア・プレミアリーグ優勝、ロシア・カップ優勝という3冠をゴールマウスで体験した。

2004-2005UEFAスーパーカップではリヴァプールFC相手に3失点を喫したがその存在感を見せつけた。

現在ACミランやアーセナルなど多くの欧州ビッグクラブが獲得を狙っている。

本人が自分の持って生まれた能力に傲ることなく「ハイボールへの飛び出しのタイミングが甘い」と常に自身のプレーの向上に務めている。

(wikipedia引用)



ロシア戦術考察

WS001292.jpg


下手するとロシアはオランダより手強い相手になるかもしれない

ただ、全体的にチームワークの能力が低いので

戦術として全く機能しないようなチームである可能性もある

ただ、予選グループ現状2位という実力を侮ってはいけない

まずはトップ下であるアルシャビンを徹底マークするところから始めようと思う



前半1分

ロシア右サイドエリアからのスローイン

マケレッティは得意のロングスローを中に放り込む!

これに合わせるはMeteora!ヘッドで後ろに流した!

このボールをTAKAがトラップ!そしてシュート!





しかしシュートは枠を捉えきれない



前半3分

Valeoの裏を狙う見事なパス!

これをMeteoraがトラップして前を向く!

そしてMeteora、ペナルティーライン上から左足でファーを狙って流し込むようなシュート!







しかしシュートはアキンフェエフが腕を伸ばして弾き出した!

コースは完璧だったが最後はキーパーに阻まれた!



前半12分

umi_umiのパスを受けたKara

前を向くとそのままドリブルで仕掛ける!

予想外の動きに相手のチェックが遅れる…

Kara、バイタルエリアまで持ち込んで…右足でミドルシュート!





しかしシュートは大きく枠の横に逸れた



前半18分

Kara→Toshi→Valeoと左サイドから右サイドへワンタッチパスで繋いでいく

最後はValeoが後ろから駆け上がってきたPoriへパス!

Poriはパスを受けるとドリブルで持ち込んで…ゴール右20m付近からミドルシュート!






しかしシュートは枠を捉えきれない



前半13分

ジルコフとアンドリーエフがワンツーで前線を駆け上がる

そして最後にジルコフはアンドリーエフにラストパス!

そしてアンドリエーフ、このパスをダイレクトでシュート!





しかしシュートはYas-Kaneがセーブ!失点にはならない



前半30分

Poriが相手のボールをダイレクトでMeteの前のスペースに放り込む

これにMeteが追いついてペナルティーエリア内でボールを持つ

しかし位置は限りなく右サイドエリアに近く、角度が厳しい!

Mete、ゴールを向いた…

そして思い切り…左足を振りぬいた!







光一閃!





ゴオオオオオオオオオオオル!

強烈なシュート!見事なシュート!

アキンフェエフ全く反応できず!

SNS、先制です!



前半45分

Valeoの相手を背負いながらの見事なスルーパス

これがMeteoraの前方に転がりキーパーと一対一!

Meteora、ゴールを平行になるようにボールをコントロール

そして右足でシュート!






しかしシュートはアキンフェエフにセーブされ追加点は奪えず



ハーフタイム

WS001302.jpg

WS001303.jpg

WS001304.jpg


Meteoraのスーパーゴールで先制したものの全く油断できません

後半早い時間帯に追加点を奪わないとちょっと危ないかもしれません

勿論、ディフェンス陣が無失点に抑えてくれればそれに越したことはないんですけどね



後半54分

ロシアゴール前18mのフリーキック

キッカーはumi_umi

しかしボールの横にはValeo・Green・Meteora!

蹴るのか?それともパスか?

umi_umi…ステップして…

Valeoにパス!

そしてすかさずValeo、壁の横を通すシュート!






しかしシュートはアキンフェエフにセーブされ追加点は奪えない!



後半60分

シチェフが左サイドでドリブルキープ

そしてPoriがプレスに来る瞬間を見計らってファーへアーリクロスを放り込む!

これに走りこんでいるのはアンドリーエフ!

ヘディングシュート!





しかしシュートは飛び出したYaskaneに当たり失点には繋がらない



後半64分

Poriに変えてTORIを投入

Toshiに変えてAnzuを投入



後半69分

左サイドからのSNSのコーナーキック

キッカーのTORIはニアに思い切り巻き込むボールを蹴りこんだ!

クロスボールは強烈なカーブを描きながらM777の頭にドンピシャ!

M777、ヘディングシュート!






しかしシュートは惜しくもサイドネット…



後半76分

ハーフライン付近からのフリーキック

キッカーのマケレッティはKaraにシンプルな楔のパスを渡す

Kara、ゴール左45度の位置からゴールに平行になるようにターン

そして右足でデルピエロゾーン風のファーを狙ったカーブをかけた技ありのシュート!









しかしシュートはまたしてもアキンフェエフに止められる…



後半82分

ロシア右サイドエリアからのスローイン

スローワーのマケレッティはバイタルエリアにフリーで待ち構えるumi_umiを見つける

そしてマケレッティ、お得意のロングスローで一発でumi_umiにボールを通す!

umi_umi、これをダイレクトでミドルシュート!







ポスト直撃!惜しかった!



後半94分

時間稼ぎのためにumi_umiに変えてNebira-投入



試合終了

WS001305.jpg

WS001306.jpg

WS001307.jpg


虎の子一点を守りきりなんとか勝利!

これで予選グルー五戦五勝です

守備陣もなんだかんだで安定してきた感があります

このまま調子を上げ続けてワールドカップ本戦に望みたいものです



次戦情報

次戦はハンガリー戦で

試合日は6月3日水曜日の4日後です

どうも、何故かコメントが沢山付く好評だったので続くことになっちゃいました

不思議だね。

メインのFMの記事にはコメント付かないのに

サブのオブリビオンの日記には沢山のコメントが付いたね

不思議だね。



勅命の意味を忘れた



ob.jpg


とりあえず現在の装備

実にみすぼらしいかませ犬感たっぷりの風貌です

前回帝国の電波親父皇帝に

「王座のアミュレットを託す!ジョフリーに会いに行け!」

「帝国を!最後の息子を頼んだああああああ!!!!」

「こ…こうていいいいいいいいいいいいいいいいいい!」

みたいな熱いドラマの後






早速レウスは皇帝の勅命を無視して帝都に寄り道


いやだってめんどくせーっすもんwwww

…こういう子なんです許してやってください

まずは武器屋に寄り、適当に装備を売却

その際に店員の婆さんを口説いてかなり高めに物を買い取ってもらった

「ババァ口説くなんてらくしょーっすよwwww」

…こういう子なんです諦めてください

そんな感じで買い物終了。

夜になるまで適当に待機することに



空き巣ってかっこよくね?



深夜1時。衛兵以外の人間全てが寝静まった頃

お婆さんが経営する武器屋のドアの鍵をピッキングしている一人の男が居た…!




「早くあ~け~よ~!マジ武器欲しいんだけどwっうぇwwww」

言うまでも無くレウスである

あぁこいつもうだめだ

つーかハンドルネームと一緒の名前でプレーするんじゃなかったな

筆者がDQNなのかゲーム内のキャラがDQNなのか良く解らなくなってきた

あれ?どっちもDQNだっけ?あれっ?

…そうこうしているうちに

key.jpg


一本もロックピックを折らずに扉を開けやがった

「フヒヒw楽勝wwww」

馬鹿だけど盗みの技術は一流。

非常に性質が悪い奴です。誰かこいつを捕まえてください

捕まえてもいいけど、刑はどうするかって?

そりゃあ思い切って斬首刑

え?あれ?ちょwww俺じゃないよ?あっちだよあっち!現在進行形で空き巣しているあの男だって!

ちょっまっ…アッーーーーーーー!



忠犬ポチ



badit.jpg


まんまと武器屋に侵入したレウス

躊躇無く現在の通常の手段では買えそうにも無い武器を次々と盗む

そして粗方の物を盗んだ後

「おw二階建てじゃんwwww行ってみようwww」

まだ盗む気である

もうなんかどうしようもない

そして二階の扉の鍵をまたしてもピッキング破ると…

bandit2.jpg


ポチロッサンの犬「グルルルルル…!

なんか番犬が居た

これはマズイ!逃げなければ!

「おwww犬コロwwwマジうぜぇwwwやるか?www」

「オリャ!シュッwwwシュッwww」

バウバウ!



「マジもうどっかいけよ!!!!斬るぞ!?」




ガブッ!











痛い痛い!ごめんなさぃいいいいいいいい!」






鎧を付けて大剣まで装備しているのに犬に負けたああああああ!

なんという情けなさ!所詮はDQNか…

そして犬に噛まれて叫び声を上げると言う失態を犯したせいで

店主のお婆さんが起きてしまう

マズイ!通報されてしまう!早く逃げなければ!

bandit3.jpg





「立ち入り禁止区域に迷い込んだみたいだな」

「悪いが出て行ってもらう、今すぐにだ!」


おばあさあああああああああああああああん!?

こいつの何処が迷子な男に見えるの?ねぇ?

もうこいつ軽く見積もっても20歳は越えてるぜ?

そんな男が迷子?

いやそんなことよりも

人の家の鍵をピッキングで入り込んで品物を盗んでいる男が迷子!?

あなたの目の前で番犬と戦闘している男が迷子ぉおおおおおおお!?

こいつは迷子じゃない!強盗だ!

「あwwwサーセンwwww今すぐ出て行くんでwww」

「あ、マジもう本当サーセンでしたwwww」








何事も無かったように店を出るレウス

お婆さんがボケていたから助かったものの

普通の人だったら今頃普通に牢屋の中です

「この調子なら余裕で盗みまくれるなwwwwww」


……

全く反省していません。本当にありがとうございました




こうして学習能力皆無なレウス君はまた次の店に盗みに入っていくのでした…














20070808154520.jpg



そしてあっさり捕まりました

「oh!私何もシテナイネー!ちょっと鍵を無理やり開けて店の中で散歩してたダケヨー!」

20070808154836.jpg


ここでレウスが取れるコマンドは三つ!

1.「大人しく牢屋に行く」

2.「全力で抵抗する」

3.「罰金を払う」

「勿論2だしwwwwマジ調子のんなこのゴリラwwww」






衛兵「どぅうりゃああああ」


ぐべら!すいませんごめんなさい!許してください!」

…犬に勝てないのに衛兵に勝てる訳なかろうに…

再びコマンド!

1.「牢屋に行く」

3.「罰金を払う」

「仕方ない…牢屋に行くよ…」

「はじめからそうしろ!さっさと来い!」

「サーセン…」

こうしてダメ人間レウスはプレーし始めて1時間もたたないうちに

牢屋入りすることになったのでした

次号!レウス、服役する!




なんか途中で面倒になってのでかなりやっつけ仕事

まぁお遊び記事だし別にいいか



-やっぱり続かない-
WS001277.jpg

WS001278.jpg


Greenとマケレッティが負傷で未招集

そしてケロロ軍曹はコンディション不良

対戦相手のオランダにはまたしてもVioletteがスタメンで出場

しかも2TOPはフンテラールにファンニステルローイと空中戦に強い鬼の2TOP

しかしSNSの2TOPもベテランのToshiと現在セリエA得点ランキング1位のMeteの2TOP

上手く機能したときの破壊力では負けないはずです

相手は強豪国ですが、これからのSNSの将来の為にも勝ちたいところ



オランダ戦術考察

WS001279.jpg


確かに中盤から上は豪華です

しかし中盤の4人を見てみると解りますが…

守備的なMFが一人も居ません

この4人が全員攻撃に参加するならば、カウンターで一発で仕留められますし

逆にこの4人の内の誰かが守備に回ったとしても守備能力は無いので怖くないです

つまりはSNSがしっかりボールをキープ出来ればかなり有利だということ

ただ、やはり注意すべきは相手の個人技…

そこさえなんとかなれば必ず勝てるはずです

そのためにはファンデルファールトとスナイデルに余裕を持ってパスをさせないように仕向けます


前半4分

Poriのファンデルファールトへの素早いチェック

このチェックによりファンデルファールトはやむなくボウマにバックパス

ボウマはブーラルーズに横パス

しかしこのボールをToshiがインターセプト!

ドリブルでブーラルーズを抜き去りGKステケレンブルクと一対一!

Toshi、キーパーをかわしてシュート!








ゴオオオオオオオル!

先制点!

いい感じの滑り出し!



前半4分~27分

恐ろしいほどの中盤の潰しあい

中盤から前線にボールが回らないためシュートシーンが全く生まれない



前半29分

オーバーラップしてきたボウマがVioletteのパスを受ける

そしてボウマはファーサイドに高いアーリークロス!

これにカイトが走りこんでトラップ!そしてシュート!





しかしシュートは枠の上



前半33分

WS001280.jpg


オランダが早くも戦術変更

アンカーを置いた4-3-3システム

恐らくこれで中盤とバックラインの間延びをなんとかしようということなんだろうけれども…

最初からこうなるということぐらい予測しとけばいいのに…

まぁこちらにとっては好都合ですけど



前半33分

Takatoが右サイドでスローインを受けた後

すぐに広い視野で左サイドに強烈なロングパス!

見事なサイドチェンジ!これにNanami10が走りこんでトラップ!

10、フリーでドリブル!そしてそのままペナルティーエリア内に進入!

相手がプレスに来たところでToshiに横パス!

これは決定的だ!

Toshi、ダイレクトシュート!






しかしシュートは惜しくも枠の横



前半45分

右サイドからのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、ニアポスト目掛けて低くて速いクロスを放り込んだ!

ニアポストにはM777、枠を横切るようにヘッド!

シュートは見事に枠に飛んだ!決まったか!?

しかしキーパーステケレンブルク、なんとかパンチング!





が、パンチングしたボールは目の前に立っていたカイトに直撃!






オウンゴオオオオオオオオル!

オウンゴールだが殆どM777の得点!

これで2-0!



ハーフタイム

WS001281.jpg

WS001282.jpg

WS001283.jpg


シュート数

オランダ 2本
SNS 4本

それで0-2

完璧です

相手の強力な中盤を抑えこんでFWへのボール供給を断つ作戦がずばり的中

無失点での2点差というのは本当に大きい

このまま後半も気を抜かずに戦い抜いて欲しいですね



後半45分

Meteoraのポストプレー

その間にToshiはサイドに流れる

それを見逃さずMeteoraはToshiにパス

Toshi、ドリブルで左サイドを突破、そしてクロス!

これに合わせるは再びMeteora!

Meteora、シュート!





しかしシュートは枠を越えてしまった!惜しい!



後半45分

オランダが再び戦術変更

また4-4-2に戻りました

WS001284.jpg




後半45分

相手のバックラインからの中盤へ繋ぐパス

しかし相変わらず間延びしているのでDekatichiがあっさりインターセプト

ある程度ドリブルした後、Poriへパス

そしてPoriは余裕を持って前を向いて22mからのミドルシュート!





低く抑えられたいいシュートだったが惜しくも枠の横



後半71分

膠着気味になってきたので選手交代

Toshi→Anzu
PORI→Sushi
Takato→umi_umi



後半76分

DekatichiがSushiに放ったパスはJanssenに当たり浮いてしまう

しかしこの浮いたボールにもSushiは諦めず執念のヘッドでなんとか前線へパス!

これがバックラインの裏に落ち、素早くAnzuが反応

裏に抜けキーパーと一対一!

Anzu、シュート!









ゴオオオオオオオル!

シュートはゴールネット右角に勢い良く突き刺さった!

途中交代組が見事に得点に絡んだ!



試合終了

WS001285.jpg

WS001286.jpg

WS001287.jpg


完勝!!!!

指示した戦術がここまで片っ端から当たったのは久しぶりです

MoMが評価点9のM777だったのも非常にいい傾向だったと言えます

というより

守備陣の評価点

TAKA 9
Nanami10 8
M777 9
REUSU 7

REUSUを除いて好調

まぁMAGAREUSUも7点なのでギリギリセーフではあるんですけどね

全体的に好調だったんだからもうちょっと頑張ってもらわないと…

…なんか自分で自分を責めてる惨めな気分になってきたのでMAGAREUSU叩きはこの辺にして

兎に角、完璧な勝利でした

こういう試合がこれからずっと続けられるようならば

ワールドカップでのSNSの躍進は夢じゃないと思います



次戦情報

次戦はロシア戦

試合日は5月30日の土曜日 70日後です
WMVP&バロンドール

WS001263.jpg

WS001265.jpg




Tomas Ely 監督就任!

WS001264.jpg


Tomas Ely がセリエAのUdinese監督に就任しました

降格圏から脱出することが最初の課題となるそうです



Roteiro

WS001267.jpg


イングランドの超新星ゴールキーパーRoteiroが

アストンヴィラから21億5000万円の移籍金でチェルシーに移籍

鋭い読みと強靭なフィジカル、そして奇抜なセービングが武器にチェルシーでの正GKの座を狙います



Raynaldo

WS001269.jpg


PSV所属のブラジル人ストライカーRaynaldoが

12億円という移籍金でブレーメンに移籍

新たなるフェノーメノ(怪物)と称される同選手は

爆発的なスピードと決定力でたった一人でゴールを決めてしまう

将来のブラジル代表のエースとなれる才能をもった逸材である。



冬の移籍市場まとめ

WS001270.jpg




Ely監督率いるUdinese順位変動表

WS001271.jpg




Kiyoshi監督率いるFeyenoord順位変動表

WS001272.jpg

さぁさぁやっとオブリビオン日記の更新ですよ

…ネタ調にする予定でしたがハッキリ言って面白いかどうかと聞かれれば…

まぁ、あんまり期待しないで見てくださいねってことです

snap_0000.jpg


キャラクター名:レウス
性別:男
性格:DQN

まず最初に顔や種族のエディットです

海外ゲーなので顔の美的センスが結構アレです

早い話いかつい顔しか出来ないという事です

それでも頑張れば多少はマシなのが出来るらしいですが

自分の場合頑張ってるうちになんだかもうゲシュタルト崩壊一歩手前になりそうになったので

激しく妥協してこんな顔になりました

キャラクターの性別が男だからまだいいですが

女性のキャラクターを作る場合

なんだかもう可哀想な顔が出来上がってしまうかもしれません



牢屋からの人生スタート

まずスタートはいきなり牢屋からです

最初から前科持ちです。ビックリです

しかしレウス君、何故自分が牢屋に入れられているのか全く理解できません

snap_0001.jpg


色々悩んでいるうちに正面のダークエルフの囚人さんが話しかけてきました

「レッドガード(種族の名前)さんよぉ!気分はどうだい!泣いたって喚いたってもうお前はここからは出れはしないんだよ!うんたらかんたら」

それはお前もだろうが。とりあえず表に出ろ

などとイライラしている内に誰がやってきました

「あぁ…私の息子たちは死んでしまったのだろうか…」

「さぁ…報告では襲撃されたとしか…」

「ん?なんでこの牢に囚人が居る?」

「お、おそらく(略)」

そんなこんなど~でもいいやり取りがレウスの目の前で行われた後

snap_0002.jpg


「そこのお前 下がっていろ 邪魔するようだったら容赦無く切るぞ!」

理不尽杉。うぜぇ!

まぁそれでも斬られるのは嫌なので不本意ながら下がることにします

そうすると衛兵と何やら高級そうな服を着た中年男性が牢を開け中に入ってきました

その中年男性はレウスを見るなり

snap_0003.jpg


夢で見たのはそなただったか…



うるせぇよ!てめぇの見た夢なんか知ったことか!何この電波親父!

まぁいくら電波親父とは言え、話しかけられたからには無視する訳にはいきません

そしてとりあえず会話している内に

なんとこの中年男性は帝国の皇帝だということが発覚

そして皇帝は

「謎の侵略者によって私の息子たちが次々と殺されてしまった」

「次は私の番だ」

夢でレウスがこの国を救うということを知った

と言うのです

…ええええええ、大丈夫この皇帝?何かまずい病気でも患ってんじゃないの?

「夢でレウスに国が救われるのを見た!牢屋から出してやるからついてこい!」

などと訳の解らないことを言い出します

レウス「何故私は牢屋に居るのですか?」

と聞くと(これもある意味の解らない質問ですよね。覚えとけよ)

皇帝「それは神が私と会わせるためにそうしたのだろう

実に迷惑な話です。それなんて神様ですか?今から殴りにいくんで名前教えてください

てな感じで電波な会話を終えた後、今度は衛兵がベッドの横の岩を動かし扉を隠し通路を開かせます

そして皇帝は私についてこいと言いながら勝手に先に進みだしました

とりあえず牢屋から出れればレウスは満足なので大人しく従うことにします

衛兵「妙な真似をしたらすぐに斬るからな!」



衛兵の装備

実に立派な兜
実に立派な鎧
実に立派な剣

レウスの装備

実に立派な布の服
実に立派な足枷&手錠
実に立派な

この装備の差で妙な真似する馬鹿は何処にも居ません

居るとしたら自殺志願者ぐらいでしょう

そして付いて言ってる内に何度か皇帝が赤い鎧の男たちに襲撃されたり

何故か途中で「お前はここに居ろ、付いてくるな」と放置プレイを食らったり

なんとか皇帝と合流するため別の通路を通る途中に、気持ち悪いゾンビとかゴブリンとかと戦ったり…

色々ありましたが

ハッキリ言ってレウスには関係ないので飛ばします

snap_0005.jpg


↑実に気持ち悪いゾンビ。未だに直視出来ない

画像がぶれているのは撮影者のレウスがびびりまくっていたせいです



皇帝の勅命



隠し通路を抜けてなんとか「無責任にも無実の市民を途中で置いてきた衛兵と皇帝」

に追いつくことが出来ました

しかし感動の再開とは行かず、出会った途端

衛兵「貴様!どうやってここまで来た!貴様もあいつらの仲間だろう!ぶっ殺してやる!」

もう訳が解りません

つーか最初会ったときから言おうと思ってたんだけど

少し落ち着けよこのゴリラ!

そしてあともう少しでゴリラに斬られそうになった瞬間!

snap_0006.jpg


「いいや、彼は敵ではない」

おお!電波親父が庇ってくれた!

つーか今頃庇うんだったら最初から人を置いていくんじゃねーよ!このアンポンタン!

まぁおかげでゴリラに殺されることもなく、なんとか一緒に外に出られそうに…

と、思ったら

衛兵(ゴリラ)「くそ!罠だ!扉が閉まっている!

衛兵(非ゴリラ)「隣りの通路は開いている、こちらから行くしかあるまい!」

ざまぁ見ろ

な…ナンダッテー!(

つーかその隣りの通路も明らかに罠だろ!怪しい匂いプンプンするよ!

と注意してやろうと思ったら

「皇帝の為にぃいいいいいいいいいいい!」

とか叫びながら隣の通路にも居た襲撃者を倒しに突っ込んで行ってしまいました

ダメだこのゴリラ…早く何とかしないと…!

とりあえずレウスと電波親父はその場を推定IQ50以下のゴリラ衛兵に任せ、小部屋に逃げ込みました

しかしここで皇帝がいきなり

snap_0007.jpg


「私はもうここまでのようだ。そなたは破壊の王ととのしもべと戦わなければならない。この王者のアミュレットをそなたに託そう」

「ジョフリーという人間に会いに行け、彼は私の最後の息子(つまりは次の皇帝)の居場所を知っている!」

snap_0008.jpg


と、言い放った後、皇帝の後ろの隠し扉が開き皇帝は襲撃者に目の前で暗殺されてしまいました

その後慌てて襲撃者と戦闘しなんとか倒すと、ゴリラ衛兵が物凄い勢いで駆けつけてきて

ゴリラ「何てことだ…私の責任だ…私は皇帝を死なせてしまった…」

うんそうだね。9割以上お前の責任だね

まぁゴリラの気持ちを察する暇はこちらには無いのでさっさと訊きたいことは訊いておくことにします

「ジョフリーという人が皇帝の最後の息子の存在を知っているから会いに行けと言われた。」

「さっさとこの場所から抜け出したいからどうやればこの場所から出れるのか教えろ!」

という感じで、問い詰めると

ゴリラ「隠し通路の先にある下水道からこの遺跡から抜け出せる、これは下水道の鍵だ」

と快く教えてくれました

ありがとうゴリラ、今度会うときは貴様が死ぬときだよ。



脱出



こうして下水道の鍵をもらったレウスは

超特急で下水を抜けやっと外に出ることに成功しました

snap_0009.jpg



「皇帝…あんたの敵は 多分 討つぜ!」

-続かない-



WS001255.jpg

WS001256.jpg


ケロロ軍曹が怪我で代表離脱。

相手には悪いですが思いっきり格下なので

引き分け以下は許されません

今回の試合はもっとテンポを上げてスピード感ある攻撃を仕掛けてみようと思います

まぁレベルの差がありすぎて上手くいったとしても参考にはならないかもしれませんが…



モルドバ戦術考察

今回はカタカナ表記つけるの休んでいいですか?

架空選手がいる上に結構時間と労力がいるんです…

次回からはちゃんとつけますのでお許しを…



前半1分

Dekatichiが9292目掛けてハイボールを供給

このボールを9292はヘッドで後ろに逸らす!

ボールはバックラインの裏の広大のスペースに転がった!

これにToshiが素早く走りこむ!キーパーと一対一!

Toshi、キーパーをかわしてシュート!








ゴオオオオオオオオオオル!

9292!ナイスポスト!

よく考えたら空中戦に強いFWってNakatunと9292しかいないんだよなぁ…

彼らはSNSにとってかなり貴重な存在かもしれません



前半6分

相手のアーリークロスがFWのPlasaの足元に入る

そしてPalasaは体勢を整えてシュートを放つ!




しかしシュートはあらぬ方向へ!



前半23分

Dekatichiのパスを受けた9292がサイドからドリブルで切り込む!

そして9292、得意の左足でカーブをかけてシュート!






しかしシュートは枠を外す…



前半25分

Greenがオーバーラップして正確なクロスを放り込み

それがクリアされた直後のスローインでNanami10が切り込んでシュートを放つ

両サイドバックの果敢な攻撃参加でSNSは積極的に攻撃を仕掛ける!



前半35分

今までのSNSでは見られなかった素晴らしいショートパスでの素早いパス回し!

最後はDekatichiがフリーになりミドルシュートを放つも惜しくも枠を越えてしまう



前半40分

Inraが致命的なクリアミス!

ボールはMCのGatkanに渡りアーリクロスを放り込まれる!

Pasla、ヘディングシュート!








ゴオオオオオオオオル!

…仕方ない…



ハーフタイム

WS001257.jpg

WS001258.jpg

WS001259.jpg


Inraが致命的に調子が悪い

ですので後半からはM777を投入

攻撃やパス回し両サイドバックの攻撃参加はかなり良かったので

後半必ず点をもぎ取って勝利を勝ち取りたいところです



後半48分

umi_umiの楔のパスを受けたToshi

直後、ターンしながら9292へ強烈なキラーパス!

これが綺麗に通り9292はキーパーと一対一!

キーパー飛び出す!

9292、左足で強烈なシュート!






ゴオオオオオオオオオオル!

シュートは正面だったが、あれはキーパー止められない!

Toshi、ナイスアシスト!



後半63分

攻撃に変化を加えるため、Valeoに変えてTORI投入

Dekatichiに変えてSushi投入



後半71分

左サイドからのコーナーキック

キッカーの10はニアポスト目がけて蹴りこんだ!

M777、強烈なヘッド!




しかしシュートは精度を欠きそのまま枠を越える



後半81分

TORIがボールをキープ

そしてそのまま横にパスかと思われたが

そのまま切り返してマークを外し一気にバイタルエリアでフリー!

そしてTORI、右足でカーブをかけた強烈なシュート!





しかしこのシュートはキーパーが辛うじて触りゴールにはならない



後半87分

umi_umiが相手選手対して見事なタックルでボール奪取!

そしてumiは楔のパスを9292に預ける

9292はダイレクトで左サイドのKaraにパス

Karaは一瞬溜めて、絶妙な位置に走りこんでいるTORIにラストパス!

TORI、ドリブルしてキーパーと一対一!

シュート!

しかしシュートはキーパーが弾いた!

この弾いたボールに9292が詰めてシュート!






ゴオオオオオオオオル!

ダメ押しの追加点!



後半90分

CBのOleskiがバックラインから55ヤードのロングパス!

このパスはM777がクリアー…

が、M777インターセプトミス!

そのままボールは右サイドのNeguraに!

Negura、キーパーと一対一!シュート!






ゴオオオオオオル!

…だから得点直後はあれほど気をつけろと…



試合終了

WS001260.jpg

WS001261.jpg

WS001262.jpg


相変わらず守備陣のミスからの失点が多すぎ

ただ、ネタキャラだったはずのREUSUがミスをしなかったのはラッキーだった

攻撃は良い。ただ守備が…

まぁなんとか予選グループ首位はキープに成功です



次戦情報

次戦は最大の難関オランダ戦!

試合日は3月21日土曜日の164日後です
WS001244.jpg

WS001245.jpg


負傷者情報

マケレッティ
PORI
Meteora

が負傷で未招集

REUSUもコンディション不良なので招集はしたものの試合には出せる状態じゃありません



要注目選手


Tomasz Kuszczak (トマシュ・クシュチャク)

WS001246.jpg

WS001247.jpg


2006 FIFAワールドカップ前の対コロンビア戦では

相手ゴールキーパーのロングボールを見誤りそのまま失点するというミスを犯すも

イェルジ・ドゥデクを代表落ちに追い込み、

大会後はマンチェスター・ユナイテッドへと移籍と絶頂期にあるゴールキーパー。

スーパーセーブ動画↓

ttp://video.google.com/videoplay?docid=2808876181913737823



ポーランド戦術考察

WS001248.jpg


このチームも中堅国とは言え結構いい選手が揃っています

特に足の速い選手が多いのが特徴

ただ、SNSのバックラインは比較的深めなので

それほど相手のスピードを警戒する必要はないかもしれません

どちらかというと問題はSNS攻撃陣の不調を解消すること

今回からはFWだけでなくMFにも積極的に点を狙いに行くように指示をだしました

その指示が吉と出ることを祈らんばかりです



前半12分

Karaのシンプルな楔のパスを受けたValeo

ボールをトラップすると鋭い切り返しで背負っていたレワンドスキーの股間を抜き前を向く

そしてそのままCBのゼブワコフもスピードで抜き去る!

クシュチャク!慌てて飛び出す!

Valeo、左足で低く抑えた強烈なシュート!








ゴオオオオオオオオル!

決めた!Valeoの見事な個人技だ!

華麗な先制点!



前半21分

イェレンのアーリークロスはファーに走りこんでいるクジノベックの足元へ

しかしこれは明らかにオフサイド、体一個分は出ている




と、思われたが何故か旗は揚がらない!

クジノベック、このチャンスを逃さずサガノブスキーに横パス!

サガノブスキー絶好のチャンス!シュート!








しかしシュートは枠の横

…シュートが下手で助かった



前半36分

パスを受けたサガノブスキーはそのままドリブルでInraを抜き去りシュートを放つ!

このシュートは見事にゴールネットに突き刺さるが判定はノーゴール

パスを受けた時点でのオフサイドの判定



前半42分

ボールをインターセプトしたTAKAはそのまま左サイドに流れているToshiへロングボールを放り込む

そしてToshiはそのボールをトラップするとドリブルで左サイドを前進

そして左足でニアにセンタリングを上げる!

これに合わせるは9292、レワンドスキーと競り合って…ヘディングシュート!







ゴオオオオオオオル!

決めた!2点目です!

カウンターからの得点!



ハーフタイム

WS001249.jpg

WS001250.jpg

WS001251.jpg


恐ろしくシュートの少ない前半戦でした

しかしシュート数は少ないながらSNSはしっかりと2得点を決め

しかも無失点と、有利に試合展開

ただ、満点には程遠いというのが正直な感想

あくまでSNSの目標はワールドカップであって、その目標のためには強豪国とも互角に渡り合えるようでないといけません

前半戦は守備以外はその基準を全く満たせてなかったと言えます

パフォーマンス改善を期待してそのまま後半へ



後半48分

Inraが負傷してピッチを出る

そしてその後のスローイン

ポーランドはそのままスローイン後、すぐにエリア内にクロスボールを放り込んでくる

そしてマークの確認がまだとれていなかったSNSはボールをそのまま相手に通すことを許してしまう

そしてエリア内にいたクジノベックはボールをトラップするとそのままシュート!






ゴオオオオオオル

きったねえええええ!

なんだよ、普通ボールは相手に戻すだろ!



後半50分

左サイドからのスローイン

スローワーのNanami10はすぐ近くにいるTakatoにパス

そしてTakatoはワンタッチで10に戻し見事なワンツーを決める!

10、左サイドからニアに正確なクロスを蹴りこむ!

これに9292が素早く反応!猛然と突っ込みニアからフリーで強烈なヘディングシュート!







ゴオオオオオオオオル!

エースストライカー9292復活!これで2点目!



後半56分

9292のポストプレーからボールはTakatoの元へ

Takatoは2タッチでボールをValeoに渡す

そしてValeoも2タッチで右サイドに走りこむDekatichiに流すようなパスを送る

Dekatichi、このボールをトラップして…

右足でゴールに吸い込まれるようなカーブをかけた30mからの強烈なミドルシュート!

クシュチャク、意表を突かれ反応が遅れる!








ゴオオオオオオル!

スーパーシュートだ!

Dekatichiの見事なロングシュート!

これで4-1!



後半57分

クジノベックのセンタリングはGrennがなんとかコースを切り跳ね返す

しかし跳ね返ったボールがそのままオーバーラップしてきたLSBのシュナウツネルに渡ってしまう

そしてシュナウツネルはフリーで落ち着いてゴール前にアーリクロスを放り込んだ!

ゴール前にはマークが外れて完全フリーのブロゼク!

ブロゼク、後はヘッドで流し込むだけ!








ゴオオオオオル!

2失点目…今回はDFのマークミス…



後半58分

Inraが削られてスタミナがもう殆ど無いのでM777と交代



後半60分

M777のクリアミス

高く上がったボールにあわせて走りこんできたブルクハルトが右足で強烈なシュート!





しかしこのシュートはYaskaneが辛うじて触り難を逃れる



後半64分

Valeoに変えてNakatun投入

Toshiに変えてSushiを投入

FWとしてSushiが機能するどうかのテスト

怪我がちだったNakatunにも経験を積ませる



後半81分

SNSゴールペナルティーボックス右角付近からのフリーキック

キッカーのブルクハルトは素早くゴール前に放り込んだ

これにイェレンがヘッドでゴール前でヘッドで合わせる!







ゴオオオオオオオオオオル!

またしても奇襲にやられた・・・

後はまたマークミス…



試合終了

WS001252.jpg

WS001253.jpg

WS001254.jpg


攻撃陣の奮闘でなんとか勝利

守備陣の不安定さは相変わらず

その代わり攻撃陣は復調の兆候

あとは守備の安定化さえ図れれば完璧なのですが…

次戦のモルドバ戦に期待です



次戦情報

モルドバ戦です

試合日は10月8日の水曜日の4日後です
WS001234.jpg

WS001235.jpg


3バックシステムを試そうと考えていましたが

REUSU・umi_umi・PORIとけが人が相次いだので(いずれも軽傷)

やむなく方向転換

4-1-2-1-2を採用して試合に臨みます

守備に不安があるなら失点以上の得点を奪えば良いという事で

両サイドバックには積極的な攻撃参加を指示

相手はさすがにプスカシュが居たころ程の実力はありませんが

それでもやはりそれなりに実力者を揃えています

まぁでも油断さえしなければ大丈夫でしょう



ハンガリー戦術考察

WS001236.jpg


全体的にそれなりにいい選手は揃ってはいますが

ストライカーに関してはそこまで危険な選手は居ません

総合力でもSNSのほうが圧倒的に上なので

こちらの戦術がちゃんと機能すれば勝てるでしょう

…まぁそこが一番不安なんですけどね



前半4分

ハンガリーゴール正面21mからのFK

キッカーはDekatichi、ボールの横にはTakato

蹴るのはDekatichiか?それともTakatoか?

Dekatichi…ステップして…直接狙った!

ニアを狙ったシュートは壁の上を越える

そして強烈なカーブをかけながらそのままゴール左角へ!









ゴオオオオオオオル!

完璧なシュートだ!これはキーパー止められない!

セットプレーで先制!



前半11分

右サイドからのFK

キッカーはまたしてもDekatichi

Dekatichiはゴールから逃げるようなカーブをかけ、ペナルティーライン付近に居るToshiへパス!

これが見事にToshiの足元に入った!

完全にフリー!

Toshi、シュート!








しかしシュートは枠の上



前半29分

右サイドからのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi…ニアポスト目掛けて勢い良く蹴りこんだ!

ニアポストに待ち構えるはInra!

競り合いに勝ち流し込むようなヘディングシュート!

しかし角度がかなり厳しくシュートはそのままサイドネットに当たる

ゴールキック



前半35分

相手のパスミスをToshiがカット

そしてすぐにKIKIへラストパスを送る

KIKI、ゴール左約22mの地点から強烈なシュート!







しかしシュートは枠を超える



前半47分

左サイドに流れていたトルゲレはボールを受けるとすぐに中を向く

そしてすぐにファーへ低く速い強烈なグラウンダーのクロスを放り込む!

これがマケレッティの裏を通りそのままゾルタンゲラの目の前へ!

ゲラ、トラップして低く抑えたシュート!









ゴオオオオオオオル!

前半終了直前に追いつかれた…



ハーフタイム

WS001237.jpg

WS001238.jpg

WS001239.jpg


あれだけ攻めておきながらセットプレーの1点しか取れなかったのは正直痛い

そして前半終了間際に同点ゴールを食らう…

相変わらず終了間際、ゴール直後の守備陣の油断が直らない

後半は最低2点以上とらないともしかすると危ないかもしれない



後半54分

Takatoが中盤の底から上がりパスコースに困っていたDekatichiをサポート

そしてDekatichiからのボールを受けたTakatoはそのボールをダイレクトで叩く!

これがバックラインの裏を取る見事なキラーパス!

Toshi、このボールをトラップして…シュート!








しかしシュートはまたしても枠の上…



後半62分

Valeoがドリブルでバックラインを突破!

そして一気にキーパーと一対一に持ち込みシュートを放つ!





しかしシュートはまたしても枠の上…

全く点が入らない



後半63分

攻撃に変化をつける為にValeoを下げてドリブラーのTORIを投入



後半65分

右サイドからのコーナーキック

キッカーはDekatichi

Dekatichi、またしてもニアにボールを蹴りこんだ!

Inra、フリーでヘディングシュート!枠を捉えた!

しかしキーパーのキラーイが辛うじて弾く!

この弾いたボールにTORIが詰めてシュート!






しかしこれもキラーイが止める!

…まずい気がしてきた



後半66分

スローインを跳ね返されたボールをすぐに拾ったDekatichiは

まだ前線に残りバイタルエリアでフリーで待ち構えているInraにパス!

そしてInra、正面にいるToshiへ浮かせた見事なパスだ!

Toshi、これをヘッドで打ち込んだ!







ポスト直撃!!!!!

なんでやねん!



後半68分

Karaが左サイドでボールキープ

そしてKaraはキープしている右サイドから上がってくるDekatichiに正確なパスを送る

これをDekatichiがダイレクトで裏に見事なスルーパス!

KIKI、裏に抜けペナルティーエリア内でフリーでトラップ!





しかしここでフスティがKIKIを押し倒した!




PK!




フスティ、プロフェッショナルファールでレッドカード!一発退場!

ハンガリーの選手たちが審判に猛抗議しますが審判取り合わない!

そしてそのまま前半69分、PKへ…

キッカーはToshi

ペナルティースポットにボールを置いて…

勢い良く強烈な右足でのシュート!












ゴオオオオル!ものすごいスピードのシュートだ!

これはキーパーさすがに止められない!

やっと勝ち越し点が入った!



後半76分

ロングスローは相手ディフェンス陣にクリアされる

しかしこのクリアボールをオーバーラップしてきていたGreenが拾い強烈なミドルシュートを放つ!

アウトサイドに変化がかかったシュートは見事枠を捉えた!







しかしこのシュートはキラーイが見事に弾いて得点には至らない



後半91分

左サイドで貰ったFK

キッカーは左SBのマケレッティ

マケレッティ…ゴール近くのファーへ低くカーブのかかったクロスを放り込んだ!

ファーからはKaraが走りこんできている!

Kara、このボールをトラップして至近距離から低く抑えたシュート!





しかしこれをまたキラーイが防ぐ!見事なセーブ!



試合終了

WS001240.jpg

WS001241.jpg

WS001242.jpg

WS001243.jpg


1失点はしたものの、それ以外で危険なシーンというのは皆無でした

攻撃シーンでもInraやGreen・マケレッティなどが積極的に攻撃参加して

上手い具合に相手の守備を混乱に陥れていました

そして彼らが上がった後の穴はTAKAとTakatoが完璧に埋めてました

ただ少し気になるのはFWの決定力不足

KIKIはクラブでは調子がいいのですが代表では何故かイマイチ

Toshiもベテランとしてなんとか点を決めたものの決定的シーンで外すことが多かったのがちょっと気になります

Toshiはベテランとしてチーム全体を纏める貴重な存在なので暫くは様子を見ますが

Toshiの相方を誰にするかが今後の課題ですね

EUROではDekatichiが本職では無いながらセカンドトップとして

素晴らしい得点力とアシストセンスで攻撃陣を牽引してくれましたが

やはり彼は中盤で使いたいので…

これからはKIKI・9292・Meteoraの誰を起用すべきか見極めなければなりません

最悪3人とも駄目だった場合は、KaraやDekatichiをSTとして起用するという事も考えています



次戦情報

次はワールドカップ予選

古巣?のポーランドと対決です

試合日は31日後の10月4日土曜日
TAKE・Kazu代表引退

WS001201.jpg


SNSのベテラン、TAKEとKazuが代表引退を表明しました

…最後の大会で結果を残せなくてすみませんでした

まだ現役で選手は続けるようですが

現役引退後は二人とも監督の道を目指すということを既に表明しています

二人の今後の報告はいずれまた



UEFA EURO 2008 結果報告

1位 イングランド
2位 ドイツ
ベスト4 スウェーデン
ベスト4 フランス


…という訳で、SNSの入っていた死のグループAを突破した二カ国がそのまま優勝と準優勝

これはつまりSNSは優勝候補の塊のグループに放り込まれていたということで…

イングランドとドイツの決勝戦にはべっきゃむさんがスタメンで出場

今大会完全に実力を発揮できていた訳ではないものの

それでも最後までスタメンとして起用され、調子が悪いながらも一流のプレーを見せました

そして見事優勝!おめでとうございます!



UEFA EURO 2008 個人賞受賞者

WS001202.jpg

WS001203.jpg

WS001204.jpg

WS001205.jpg


…という訳で、SNSからの受賞者は

Dekatichi一人が大会ベストチームに選ばれるのみ

…監督の責任ですすみません



夏の移籍市場報告


bB black

WS001232.jpg


ミランに所属していた金の卵、blackが契約切れに伴いフリーでセビージャに移籍

契約切れになるまで放置されたのはミランのストライカー、ロナウドとの仲違いが原因と噂される

セビージャに移籍後はリザーブリーグで出場機会を得ている模様

また、最近は同チームのエースべっきゃむに直接指導をしてもらっている様子で

これからの成長に大きな期待がかかる



Robert Keishi

WS001207.jpg


ミランの新たなるファンタジスタ候補として期待されていたKCだが

出場機会に恵まれずそれを不服として

今シーズン8億2500万円の移籍金でラツィオに移籍することが決定

新天地で汚名返上となるか!?



Mask do Mete

WS001209.jpg


献身的な動きで攻撃だけでなく守備にも貢献するストライカーMeteoraが

9億7500万円の移籍金でローマからパルマに移籍

こちらも出場機会の少なさが移籍を決めた要因となった模様



Nebi Sucre

WS001211.jpg


チェルシーの闘犬、Nebira-が12億5000万円でレアルに移籍

結局最後までイングランドの水に慣れることが出来ず、

本来の実力を発揮する前に移籍が決定

スペインのギャラクティコで闘犬は再起を図る



Cristiano umi

WS001223.jpg


期待の若手としてセルティックからバルセロナに移籍したものの

スペインのサッカーに中々なじめなかった

さらに、同国の先輩選手であるKaraの台頭により出場機会も得られず

結局1シーズンでバルサを去ることになった

移籍先はリヴァプール、移籍金は10億5000万円



MAGA REUSU

WS001225.jpg


PSVで成長を遂げたMAGA REUSUが移籍

移籍金は24億



Johnny Kiyoshi

WS001231.jpg


現役引退後コーチとして働いていたKiyoshiことD-spinが

今夏ついにオランダの名門クラブフェイエノールトで監督業をスタートした

冬の移籍市場での続報を待て!



夏の移籍市場まとめ

WS001226.jpg

WS001227.jpg




色々なランキング

WS001228.jpg

WS001229.jpg

WS001230.jpg




UEFA Best Player賞

WS001217.jpg

WS001218.jpg

WS001219.jpg

WS001220.jpg

WS001221.jpg


MF部門ではなんとVioletteが受賞

おめでたう!



次戦情報

WS001233.jpg


次戦はワールドカップ予選グループ5

のハンガリー戦です
07-08シーズン評価発表 (2007/08/02(木) 12:45:58)

 表の項目解説


リーグ:


A:Aチーム(1軍) 
B:リザーブ(2軍) 
若手:ユース 
2部:2部リーグ


での出場という意味


当然ながらAチームでの出場が多い方が評価は上がる


出場:出場試合数。( )内の数字は途中出場の回数


得点:ゴール数。キーパーの場合は失点数


アシ:アシスト数。キーパーの場合は無失点試合の数


平均評:全試合の平均評価 スタメン出場が多い場合は平均7.00  


    逆に途中出場が多い場合は平均6.00


総合評: 全てのデーターで判断した総合評価


(個人賞・所属しているリーグレベル・実力に見合った活躍をしているかなど)


E<D<C<B<A<S<ACEの段階式で評価する


この評価が高いほど次のシーズンまでSNS代表でのスタメン出場が優遇される





























































































































































































































































































選手名 リーグ 出場 得点 アシ 平均評 前回評 総合評
Yas-Kane A 0 0 0   E
Keroro 2(3) 2 3 7.40 C D
REUSU  36(2) 2 3 7.34 B+
TAKA   20(10) 1 6.70 C
M777  46 2 7.30 B
Inra 37 7 2 7.11 B
Green 17(2) 1 2 6.42 D
マケレレ  29(6) 0 0 6.49 C+ C
umi  7(6) 0 1 6.15 C+  D
Takato  39 0 8 7.08 C B
Nebi  A 16(4) 0 2 6.25 D+ D+
Pori

21(2)


1 6.96 D+ C+
TORI  A 25(13) 3 2 6.42 C+  C
Sushi  A 1(1) 0 7.00 D
Kazu 2(10) 0 6.33 D
Anzu  29(6) 1 5.91 E
KIKI  29(4) 12 1 6.73 D+  C
KAIYA      6(15) 2 6.48 D+
Nanami10  A 39(8) 4 6 6.49 D+
Kara  40(4) 13 4 7.05 ACE  A
Valeo  45(1) 10 6 7.17 S
Meteora  A 3(16) 3 6.47 C
Dekatichi  28(6) 12 2 6.82 B+  B
Nakatun  0(2) 6.50 E+
TAKE  9(1) 3 6.80 C
9292  11(13) 5 6.17 B+  D+
Toshi  9(2) 6.91 C+

全体的に活躍度が前年に比べて落ちた選手が多かったです


そんな中でもValeoやKaraはなんとか調子を維持できていました


特にKaraはバルセロナに移籍してまだ1年目で


開幕当初は中々調子が上がらなかったものの、


最終的にはスタメンの座を見事に確保していました


<hr size="1">
次回予定


SNS代表の今後の目指すサッカーについて(意見があったらコメントお願いします)


夏の移籍市場報告


(今回から移籍した選手はニュース画面じゃなくて移籍した時点での能力を公開します)

WS001184.jpg

WS001185.jpg


運命のイングランド戦

このチームもスペイン同様全体のチームバランスが非常にいい

…オーウェンの決定力も異常

今大会不調のSNSバックラインの戦術的な修正を試みたものの、

どうしても経験不足は補えきれないでしょう

GL(グループリーグの略)敗退を覚悟しなければならないと考えていいと思います



要注目選手



Michael Owen (マイケル・オーウェン)

WS001186.jpg

WS001187.jpg


小柄な体格ながらも爆発的なスピードを持つ。

ディフェンスラインの裏を驚異的なスピードで脱け出して得意の右足でゴールを決めるのが得意パターンである、

しかしながらFWに必要な他のプレー(ヘディングやエリア内での駆け引きやミドルシュートなど)は凡庸で、

自らのスピードを発揮出来るカウンター以外ではあまり機能しにくいという欠点もある。

しかし、現在は左足も使いこなし、ヘディングも上達している。また、怪我のリハビリ中に上半身を徹底的に鍛え、

フィジカルも向上している。本人も復帰後は別のタイプの選手になったと発言している。

生真面目で物静かな好青年と評されており、デイヴィッド・ベッカムやウェイン・ルーニーとは仲は良いものの好対照である。

(wikipedia)



抜群の決定力を持つ怪物ストライカー

GLのスペイン戦でもハットトリックを記録

彼を抑えることが優先課題ではあるものの、

正直SNSの若いディフェンスラインにそれを要求するのは無理がある

多少の失点は覚悟しなければならない



Frank Lampard (フランク・ランパード)

WS001188.jpg

WS001189.jpg


ほとんど怪我をしない強靭な肉体を持ち、

また心臓が普通の人より一回り大きいためスタミナは誰もが認めるまさに無尽蔵。

彼のプレーは安定感は抜群である。

それに加えて正確無比で力強いミドルシュート、ロングパスを蹴ることができる。

そのキック力を生かして、クラブではFKからも多くの得点を挙げている。

正確に枠内を捉える無回転のミドルシュートは大きな武器となっている。

そして彼はMFであるにも関らず、毎シーズン、コンスタントに2桁得点を挙げるほど。

短いパスはもちろん、特にロングパスのコントロールに長けており、

クラブではプレースキックのほぼ全てを彼に委ねている辺りからも、アシスト能力の高さがうかがえる。

PKにも自信を持ち、吹かすことは皆無に等しい。

代表では、2006 FIFAワールドカップ予選からここ一番でのPK失敗が目立っていたベッカムに代わり、PKキッカーを務めている。

しかしながら、2006年のW杯準々決勝対ポルトガル戦でのPK戦ではポルトガル代表GKリカルドに読まれてしまい、PKを失敗した。

左に蹴ることが多く、その癖をリカルドに読まれてしまっていた。

2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のリヴァプール戦もPK戦となり2番目のキッカーとして蹴った。

そのときも左に蹴り、方向はGKのレイナに読まれていたが決めている。

ちなみにその試合は負けてしまい、チェルシーではランパードが唯一のPK成功者だった。

wikipedia引用



David Becks (べっきゃむさん)

WS001190.jpg

WS001191.jpg


SNSメンバーの一人

正確無比な右足のキックは、得点・アシスト両方に結びつけることが出来る

また、怪我にも非常に強く、今シーズントータルで50試合も出場

10得点10アシストを記録し、11回のマンオブザマッチを受賞

平均評価点は7.56とまさに伝説的な活躍をしたシーズンとなった

今試合は既にGLを突破を決めているため、

主力を温存するという意味なのかベンチスタート

しかしもし途中出場するようなことがあれば、彼は必ず試合から消さなければならない。



Joe Cole (ジョーコール)

WS001192.jpg

WS001193.jpg


天性のパスセンスとテクニックを駆使した小刻みなステップの高速ドリブルが持ち味。

センタリングにも非凡なものをみせ、ラボーナを繰り出す時もある。

イングランドの次代を担う選手、

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督をして「10年に1人の逸材」と言わしめた。

イングランドでは珍しい創造性あふれる選手であり

、同じくテクニシャンであったポール・ガスコインの後継者とも評される。

テクニシャンにありがちな怪我に弱い面を持つ。

ドイツワールドカップ終了後の2006-07シーズンは疲労骨折などでシーズン前半はほとんど出場できなかった。

しかし、回復後は持ち前のドリブルで数多くのチャンスを作り出した。

PS2ゲームのプロエボリューションサッカー(ウイニングイレブン)が得意。

ジョン・テリーが催したチーム内の大会で優勝したという。

wikipedia引用



イングランド戦術考察

WS001194.jpg


オーウェンとルーニー

この2TOPは確かに強烈

しかし中盤の4人の選手も強力で、非常に対応に困るところがある

スペイン戦のように圧倒的な決定力の前に敗北という展開を防ぐためには

FWへのパス供給を完全にカットしなければならない

しかし果たしてそう上手くいくのだろうか…?



前半2分

カウンターから9292が前線でボールを受ける

9292は巧みなステップでタックルに来たキングをかわして裏に抜ける

そして9292、ペナルティーライン上から左足で強烈なシュート!




しかしシュートはジョンテリーに当たってしまった!軌道が逸れる!

それでもシュートは枠を捉えている!キーパー逆を突かれた!




が、しかしロビンソンが辛うじてボールに触り

これをジョンテリーがクリアして得点には至らず



前半9分

TORIが右からのコーナーキックを跳ね返され、そのボールをまた拾う

そしてTORIはゴールとは逆の方向にドリブルしながら、エリア外にマイナス方向へのショートパス

これを待ち構えるはumi_umi!勢いよく右足を振りぬいてシュート!

シュートは見事に枠へ飛んだ!






しかしロビンソン!指先でボールを触るナイスセーブ!

またしてもゴールを阻止されてしまう



前半19分

DekatichiがValeoにボールを預けて裏に一気に走りこむ!

これを見たValeo、素早くボールをダイレクトでDekatichiの前にキラーパス!

見事なワンツーだ!

キーパーと一対一!ロビンソンは飛び出している!

Dekatichi、シュート!




低く抑えられたシュートは見事キーパーの逆を突いた!







ゴオオオオオオオオオル!

先 制 点 !

この後すぐに失点しないように気をつけなければいけません!



前半22分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのTORIはゴールから逃げるようなカーブをかけ、ペナルティースポット付近を狙った!

Kara、勢いよく走りこんで強烈なヘディング!






しかしロビンソンがまたしても立ちはだかる!超反応でボールを枠の外に押し出しクリアー!



前半30分

ペナルティーエリア右角でGreenがダウニングにボールを奪われる

そしてダウニング、すぐさま強烈なミドルシュートを放つ!




しかしYas-Kane、辛うじてボールを弾く!

が、このこぼれたボールをルーニーが素早く詰めて…







ゴオオオオオル!

追いつかれてしまった…



前半33分

オーウェンがInraを背負いながらトラップ

そしてこのトラップの時にそのままターンしながら前を向き一気に抜き去る!

後ろからマケレッティが慌ててチェック!







ファール!PK!

マケレッティがオーウェンのシャツを引っ張ってしまった!

ペナルティーエリアのぎりぎり中…





さぁ、キッカーはアシュリーコール

ボールをペナルティースポットに置いて…




ゴール左角を狙った!





ゴオオオオオオル!

勢いよく蹴られたボールはゴールネットに突き刺さった!



前半45分

Yas-Kaneのロングキックをインターセプトしたダウニング

そしてダウニング、そのまま素早くアーリークロス!

これにオーウェンが走りこんでゴール至近距離から強烈なヘディングシュート!





しかしシュートはキーパーの正面…運よく失点を免れる



ハーフタイム

WS001195.jpg

WS001196.jpg

WS001197.jpg


ど~しても守備が安定しない…

失点は両方とも守備陣のミスによるもの

まぁ若いから仕方ないんだろうけど、ワールドカップまでには安定してもらわないと…

この大会が終わったら戦術の見直しが必要かもしれません

「交代」

調子の悪いGreenに変えてREUSU投入



後半59分

インランドゴール前20mからのフリーキック

キッカーはDekatichi!

ゆっくりとステップして…ゴール右隅を狙う強烈なシュート!

シュートは見事に枠を捉えている!入るか!?






しかしまたしてもロビンソンがセーブ!

…もうやだ



後半66分

ダウニングの左サイドからのファーを狙った低いクロス!

これをInraがクリアしようと必死に足を伸ばす!






しかしボールはクリアしきれずそのままゴールの中へ!




オウンゴーーーーーール…



ボロボロすぎる…



後半76分

9292に変えてToshi投入

Dekatichiに変えてKazu投入



後半79分

べっきゃむさん登場

右サイドでの起用です



後半88分

Toshiが混戦の中、正確なトラップから繋がる強烈なミドルシュートを放つが

鉄壁の砦ロビンソンにまたしても阻まれゴールに繋がらない



試合終了

WS001198.jpg

WS001199.jpg

WS001200.jpg


GL敗退決定

次の記事では今シーズンの各選手のリーグ戦成績の査定+

今回の大会での活躍度を査定させていただきます

その前に私の首が危ないかもしれませんけどね…ハハ
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。