日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200704 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200706
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WS000614.jpg

WS000615.jpg


KIKIが予想より早く負傷は完治したものの

コンディションが整っていないのでNakatunをKIKIの位置に投入

ここまでフランスやトルコなど、

明らかに格上なチームに勝ち続けて来ているスコットランド

その試合を両方リプレイなどを見て研究してみましたが

ややカウンター気味のサイドアタックを基本としたサッカーが基本戦術の模様

カウンターサッカーはパスの起点になりやすい選手が必ず出てくるので

その起点となる選手を見極めて潰せばイングランド戦のように必ず試合を優位に運べるはず

目指すは決勝進出!



要注意選手


Shaun Maloney(ショーン・マロニー)

WS000616.jpg

WS000617.jpg


セルティックではヘンリク・ラーションの後継者とも呼ばれているストライカー候補。

柔らかいタッチから繰り出されるスピードあるドリブルが最大の武器。

2007年1月末、アストン・ヴィラに移籍した(契約期間は3年半)。

―wikipedia引用

FMではテクニック・ドリブル・パス・一対一での決定力が高い厄介な選手

フランス戦やトルコ戦では左サイドハーフでプレイしており

ドリブルから切り込んでのシュートで得点していた

3バックを採用しているSNSにとってはこのタイプの選手は厄介極まりないため対策を色々練っていたのだが

今試合はFWのポジションで先発出場してくるという予想外の起用

幸いフィジカルはあまり強いほうではないためタイトマーキングを指示しておけば恐らく試合からは消せるだろう

…左サイドハーフで出場してくれなくて本当によかった



Darren Fletcher(ダレン・フレッチャー)

WS000618.jpg

WS000619.jpg


マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身。

2003-04シーズンにトップチームにデビューした。

右足の精度の高いロングパスやプレースタイルがデビッド・ベッカムと似ていることから後継者と言われ、サイドハーフで起用されていたが、

縦への突破力に欠けるため翌2004-05シーズン途中からセンターハーフにコンバートされブレイク。

衰えが見えつつあったポール・スコールズやロイ・キーンを脅かす存在に成長した。

―wikipedia引用

スコットランドの司令塔として中盤でパスを捌く

トルコ戦やフランス戦ではセンターハーフで使われてパスを上手く散らしていたのにも関わらず

何故か今試合では右サイドハーフで出場

ドリブルやオフザボールの質ははっきり言っていい訳ではないので

積極的にプレスをかけてボールを奪いに行くように指示

…正直スコットランドの意図が読めない



Archie Campbell (アーチー・キャンベル)

WS000620.jpg

WS000621.jpg


一応レンジャースのユースチームに06-07シーズンからいる選手

架空か実在かいまいち解らない

しかも資料が全く無いのであまり細かい説明は出来ない

オフザボールの質の高さとファーストタッチの上手さ一対一での決定力の高いゴールへの嗅覚で勝負するタイプの選手

08-09シーズンにポーツマスに移籍してから毎シーズン二桁得点を記録している



前半5分

シンプルなボールを足元で受け取ったTORI

ボールを切り返し前を向きドリブルで仕掛ける!

相手選手が一人二人とチェックに来るが華麗にかわしキーパーと一対一!

キーパー飛び出してくる!シュート!

しかしシュートはキーパーに当たって反れ、コーナーキック



前半9分

ゴール前ペナルティーアーク右付け根当たりからのスコットランドのフリーキック

キッカーはO'Neill

O'Neill…ステップを踏んで…ゴールへ巻き込むようなシュート!

ケロロ軍曹慌てて飛ぶ!

しかしシュートは枠を外れ失点には繋がらない



前半23分

マケレッティのスルーパスを受けたNakatunは

すぐに中央へグラウンダーのクロスを上げる

しかしこれに合わせる選手が中央におらずそのままラインを割る



前半34分

またもやマケレッティのロングパスを受けたNakatunは相手を一人フェイントでかわす

そして前に広く開いたスペースを見つけ低弾道のミドルシュート!

いいコースに飛んでいる!キーパー反応が遅れた!

入るか…

しかしシュートは僅かにバーの横



前半38分

Anzuのトラップミスをマロニーが掻っ攫いそのまま左サイドに切れ込みセンタリング!

これにフレッチャーが走りこんで合わせる!

しかししっかりとマークに付かれていたせいかヘディングの精度に欠け

シュートはポストの遥かに上



前半43分

今度はマケレッティが相手のトラップ際を狙いボールを掻っ攫う

そして中央手前でフリーになっているNakatunにフライスルーパス!

Nakatun…ワンバウンドしたところを叩き右足でハーフボレー!

しかしシュートは唸りを上げながらポストを越えていく



ハーフタイム

WS000623.jpg

WS000624.jpg

WS000625.jpg


どちらもそこまで多くのチャンスシーンは作れなかった印象

マロニーやフレッチャーは上手く押さえ込んでいるものの

逆にこちらもあまり攻撃が機能していない印象を受けた

後半に入ってもこの状態が続くようであれば早めの修正が必要になるだろう



後半50分

Takatoのキラーボールが9292の前方のスペースへ!

9292!一気に裏へ走りこむ!

そして中央奥へフリーで待ち構えるNakatunを狙ってセンタリング!

しかしこれを惜しくもキーパーにキャッチされてしまう



後半54分

マケレッティのハーフライン手前からのカーブを描いた美しいロングパス!

これがバックラインとキーパーの間に上手く落ち9292がこれを拾う

そして9292、ペナルティーエリア左隅からゴールを狙い左足を振りぬいた!いいコースのシュート!

しかし惜しくもシュートはキーパーに阻まれる



後半57分

Meteoraが負傷退場させられる

中々点が入らない嫌な流れを断ち切るためにも代わりには怪我から復帰したベテランのValeoを投入

そして疲れが見え始めているAnzuに変えてKAIYAを投入する



後半62分

ゴール前20メートルペナルティーアーク左からのREUSUのフリーキック

そろそろ得点を取りたい時間帯なだけに会場は緊張に包まれる

そしてREUSU…落ち着いてステップして…直接狙った!

しかしシュートは下を叩きすぎたのかポストを遥かに越える



後半80分

左サイドからのスコットランドのコーナーキック

フレッチャーが蹴ったクロスボールは緩やかな起動を描きながらO'neillの頭へ!

O'Neillヘディングシュート!

しかしシュートはポストを越えて助かる



90分終了

WS000626.jpg

WS000627.jpg

WS000628.jpg

WS000629.jpg


まさかの延長戦突入

SNSにはPK戦でのいい思い出があまり無いのでそれまでに決着を付けたい所だが

スコットランドがまたしてもフォーメーションチェンジ

完全に守りに入ってしまっている

こちらはまだ一枚カードが残っているが

あらゆる事態に対処するために最後のカードは延長戦ハーフタイムまでとっておくことにする



延長戦91分

スコットランドゴール前45mからのフリーキック

キッカーのREUSUは直接は狙わず後ろにボールを下げる

そしてこのボールをTAKAはダイレクトでゴール前にアーリクロス!

このボールにNakatunが食いつきヘディングシュート!

いいコースに飛んだ!

しかしシュートはキーパーに阻止されまたしても得点にはならない



延長戦92分

TORIがこぼれ球をカーブをかけながらゴール前20mからシュート!

が、カーブが逆にかかりすぎてシュートはキーパーの正面



延長戦95分

SNSのゴール前でスコットランドが細かいパス回し

そしてディフェンスラインが崩れかけたところでゴール前25mから

ブラウンがカーブをかけたミドルシュートを放つ!

ゴール左角を狙ったいいコースだ…ケロロ軍曹飛ぶ!届くか!?

…ナイスセーブ!辛うじて指先で触った!



延長戦105分

今度は9292が負傷!

ナンテコッタイ…ピンチだ…

9292の位置にはコンディションが整っていないKIKIを強引に投入

あー…なんだか暗雲が…



延長戦ハーフタイム

…90分終了時点でカードを切らなくて正解だった…

危ない危ない…でもやっぱり9292が退場させられた上にMeteoraまで汚させられたのは痛い、痛すぎる

なんとか残り15分で点を取ってほしいものですが…厳しいでしょうか



延長戦105分

マケレッティのドリブルからの切り込み&センタリング

これに走りこんで無理やり合わせたKIKI

が、やはり厳しかったのかシュートは枠の上を遥かにこえてしまう



延長戦119分

KAIYAがドリブルで二人かわしペナルティーエリアに侵入し

クロスを上げるもキーパーにキャッチされてしまう



PK戦

やっちゃったぜ☆

…PK戦かぁあああああああああ

あばば…やってられん…

とりあえずキッカー順

1番 Takato
2番 Valeo
3番 KIKI
4番 TAKA
5番 Nakatu-n
6番 TORI
7番 KAIYA
8番 M777
9番 マケレッティ
10番 REUSU
11番 ケロロ軍曹

…もうこうなったら祈るしかない…



一人目 0-0



Wilson VS ケロロ軍曹

Wilson…軽くステップして…

コースを狙ってやわらかく蹴った!







ゴール…!

ケロロ軍曹飛ぶことができない!

Nakatun VS ゴードン

何故かNakatun順番無視

これで外したら…

さぁNakatun…ゆっくりと時間をかけて…


シュート!!!






ゴオオオル!ボールはゴールの左角に丁寧に収まった!



二人目 1-1



McFadden VS ケロロ軍曹

McFadden…冷静に時間をかけて焦らす…

場の空気が静まる…

そしてMcFadden…シュート!






McFadden意表をついて真ん中に蹴った!!!!






止めたああああああああああああああああああ!

ケロロ軍曹読んでいました!スコットランドPK失敗!



KIKI VS ゴードン

さぁKIKI…ここで決めれば優位に立てます…

KIKI!精神を集中させて助走体勢に入った!

KIKI!シュート!







ゴオオオオオオル!KIKI!決めた!

ボールはゴール左角へ吸い込まれていった!



三人目 2-1 SNSリード



Brown VS ケロロ軍曹

延長戦で強烈なミドルシュートを放ったもののケロロ軍曹に阻まれたブラウン…

ここでリベンジを決めるのか…?

Brown…ケロロ軍曹を睨みながら…助走に入る…




シュート!!!




ゴール…!

ケロロ軍曹逆をつかれてしまった!

シュートはゴール左角へ!



Takato VS ゴードン

さぁTakato…決める事ができるか…

Takato…早いステップから…



シュート!!!






止められてしまったあああああ

Takato!コースが甘かった!ゴードンに止められる!



4人目 2-2 



フレッチャー VS ケロロ軍曹

フレッチャー…現在同点…

ゆっくりと走りこみ…シュート!




ゴール…

ケロロ軍曹逆を突かれた!シュートはゴール右隅へ…




Valeo VS ゴードン

WCのウルグアイ戦ではPKを外してしまったValeo

ここでその汚名返上を果たすことが出来るのか…

Valeo…ステップして…シュート!







止められたぁああああ

Valeo!コースが甘い!ゴードンにまたしても阻まれた!

SNSピンチ!



5人目 2-3 スコットランドリーチ



フレッチャーS(FW) VS ケロロ軍曹

なんということでしょう…これを止めなければSNS敗北が確定します

お願い!止めて!ケロロ軍曹!貴方ならできる!




シュートが放たれた!




ゴール…

なんということでしょう…SNSまたもやPK戦で散りました

準決勝で敗退です…







スポンサーサイト

下にベルギー戦とオランダ戦のレポートあるので見逃さないように注意してください



Pablo Sushimar

sushi1.jpg

sushi2.jpg


そのまんまアイマールをイメージ

当たりは弱いがテクニックは一級品



TAKE

take1.jpg

take2.jpg


超俊足左ウィング

年齢が年齢なのでフィジカルが衰えた後は

メンタルの成長次第では活躍できるかも



PORI

pori1.jpg

pori2.jpg


中々使ってみると面白そうな選手

当たりはあまり強くないもののそれを上回るメンタル&スキルが映える
VURU VOLTAGE監督 

アスレティック・ビルバオ監督鬼軍曹たかと氏のコメントに対して~

記者(以下、記)「鬼軍曹として知られるたかと監督があなたの采配に対してコメントをしましたが―」

VOLTAGE(以下、電気)「みたいだね」

記「たかと監督はいとこであるRuis Takato選手をボランチで起用したあなたの采配を賞賛しています」

電気「光栄に思うよ」

記「逆に引き分けに終わったセルビア戦では逆に
  何故選手をポジションチェンジさせなかったのかと批判とも取れるコメントもありましたが―」

電気「マークに付かれていた選手をポジションチェンジする必要があの時点では無かったと判断したから指示を出さなかっただけの話だよ
   確かにセルビアの守備は堅く賞賛に値するものだったが
   逆に攻撃面ではそれほど恐れる必要の無いチームだった
   オランダ戦での得失点差という大きなアドバンテージもあった訳だから無理して勝ちに行く必要は無いと判断した
   彼と違って私は控えめな采配をするほうだからね(苦笑」

記「たかと軍曹曰く『私がSNSEUROを指揮したら必ず優勝させる自信がある」
  と自信たっぷりに語っていましたがその件に関してはどうお思いでしょうか?」

電気「彼は私にプレッシャーをかけたいんじゃないかな(笑)
   と言うのは冗談として
   彼なら本当に優勝させる実力は十分あると思うよ
   ただ、クラブチームとナショナルチームの監督では勝手が違うということもあるからね
   その辺りは実際に彼が代表チームの監督になってみないとわからないと思う
   それに、国際だ表試合―特にEUROやワールドカップのような大きな大会では運も絡んでくる
   相手のチームより圧倒的にいいサッカーをしたのに負けてしまった優勝候補のチームを私は今までに沢山見てきた
   だから、今回の大会の最終的な結果がどうであれ
   マスコミの諸君やサポータには試合の内容を見てチームの評価をしてもらいたい」

記「最後の質問です。ズバリイングランド戦の勝算は?」

電気「イングランドは今大会過小評価されているが
   実力は優勝候補であるフランスやオランダより遥かに高いと考えている
   特に『Becks』…べっきゃむには注意が必要だ
   兄譲りのあの正確な右足は正しく脅威だ
   途中から出場するような事があるならば我々は彼に対して細心の注意を払う必要がある」



試合前情報

WS000588.jpg

WS000589.jpg


この試合が今大会最大の山場になるかもしれない

それだけ強力なチーム

攻守双方に優秀な選手が揃っており

またイングランド長年の弱点だったGKのポジションにはリヴァプールの守護神Roteiroや

アーセナルの天才GKCollins(コリンズ)と、実に充実している

またディフェンスラインには円熟期に入りメンタル面でも成長した

キャプテンのジョンテリー(31)やアシュリーコール(31)を軸にした要塞を築いている

また中盤にはアーロンレノン・オーウェンハーグリーブス・キャリックと構成力の高い選手が多く

FWにはデフォーやルーニーともはや死角無しな布陣である

さらに控えにもジェラードやべっきゃむ・Roteiro・リオ・ファーディナンドと

流れを変える事が出来る選手も多く抱えているのも特徴

SNSEUROが勝つためには如何に確実に先制点を取り試合の主導権を握るかにかかっている

イングランドのFW陣…特にルーニーはどちらかと言うとパスセンスに優れるセカンドトップタイプな上に

デフォーも確実な決定力を持っている訳ではないので

一点先制して逃げ切るのも一つの方法

ただ、そう簡単に攻撃を防げるような相手なのも事実

この試合は如何に相手より多く得点を取れるかで勝敗が分かれるだろう



要注意選手


Chris Collins (クリス・コリンズ)

WS000592.jpg

WS000593.jpg


フルハムユース出身アーセナル育ちの天才ゴールキーパー(架空)

21歳という若さながら非常に高いレベルのスキルとメンタリティーを持ち合わせる

特にポジショニングのセンスは世界でもトップレベル

リヴァプールの守護神Roteiroを差し置いてのスタメン



Roteiro

WS000594.jpg

WS000595.jpg


名門リヴァプールの守護神を務めるゴールキーパー

プレースタイルは同じクラブの先輩であるデュデクのプレースタイルに基づいている

またそれと同時にレイナの愛弟子でもあり

両者の長所を十二分に吸収して確実に成長

今シーズンからついにレギュラーを勝ち取る

デュデク譲りの奇抜なセービングとレイナの冷静さの双方を持ち合わせ

特にPK戦には滅法強いらしい



John Terry(ジョン テリー)

WS000590.jpg

WS000591.jpg


チェルシーユースの生え抜き

空中戦の強さに定評があり、インターセプトも巧

前線へのパスも上手く足元の技術は高い

セットプレー時には前線に上がり得意のヘディングシュートや

FWコンバートを騒がれたこともあるシュートセンスで得点も十分に期待できると言う珍しいタイプのディフェンダー

弱点という弱点が少なく非常に信頼できるCB

強いていうならば動き出しの遅さという点だが

チェルシーのような深いディフェンスラインを構えるチームにとってはその弱点はあまり大した問題ではない

強烈なキャプテンシーを持ち合わせ

チェルシーでは24歳からキャプテンを務める

現在は代表でもベッカムの代わりとして

同じキャプテン候補であったジェラードを差し置いてキャプテンに選ばれている



David Becks (べっきゃむ)

WS000596.jpg

WS000597.jpg


昨シーズンまでは途中出場の試合が多かったものの

今シーズンからついにスタメンを確保

それと同時に非常に高いパフォーマンスを見せつけ

兄譲りの正確な右足のキックで今シーズンリーガエスパニョーラのアシスト王に輝いた

代表では控え扱いなものの

途中出場でピッチに立つような事があれば真っ先に警戒しなければならない選手であることに変わりは無い



Michael Carrick

WS000598.jpg

WS000599.jpg


イングランド期待の司令塔

視野が広く非常に広範囲にパスを出す事が出来る

また、年齢にそぐわない冷静さを持ち合わせ

メンタル面とスキル面双方で高い評価を受けている

というのがリアルでのキャリックの話ですがFMでもその評価は変わらず

イングランド2012のキープレイヤーであり、

彼を経由して攻撃が展開されることが非常に多い

という訳で彼には自由にプレーさせないよう指示を出しておく事にしています



Wayne Roony (ウェイン・ルーニー)

WS000600.jpg

WS000601.jpg


パス、シュート、ドリブル、フリーキック、ボールコントロール、視野の広さなど攻撃に関するありとあらゆる能力を高いレベルで併せ持つ万能型。

ゲームメイクからフィニッシュまでをひとりでこなせる反面エゴイスティックな部分はあまり見られず、DFを自分に引き付けてフリーの味方へアシストする能力にも長けている。

フォワードだが少し下がり目の位置を得意とする。

少々太めに映るが、抜群の突破力とバランス感覚を持つ。

ルーズボールも諦めず追い続けるゴールへの貪欲さが持ち味であり、ノっている時は手がつけられず「小型戦車」の異名を持つ。

また相手DFを交わさなくともコースを見つけて中短距離からゴールを決めるプレーも魅力の一つである。

守備意識も高く積極的なプレスやタックルを無難にこなす。すでにイングランド代表でも絶対的な存在となっているストライカーである。

反面、非常に気性が荒いことでも知られる。

危険なファウルや審判への激しい抗議などで局面を選ばずカードを受けてしまうことが多い。

これらは精神面の未熟さに起因しているため今後の改善が期待されているが、

上記のプレイスタイルが与える印象として、

サッカーに対する高いモチベーション、真剣さを持っているが故の過ちであると擁護する意見も少なくない。(wikipedia引用)

という評価通り非常に万能で才能溢れる選手

FMでプレミアリーグでプレーしているときに彼と対峙するような事があれば

必ずマークなどを付けて試合から消すように動くように指示するのですが

大抵忘れた頃に豪快なミドルシュートやドリブル突破で撃沈することが多いです

という訳でイングランドで恐らく最も危険な選手

最大の防御策はルーニーにボールを渡さないこと

そのためにキャリックからのボール供給を完全に絶つこと

これがこの試合非常に重要になってくると思います

願わくばその才能を発揮することの無きよう…



前半2分

ケロロ軍曹のゴールキックからTakato→TORI→Meteoraとワンタッチパスで綺麗に繋ぎMeteoraが裏に抜ける!

そしてMeteora体勢を整えて…ペナルティーエリア左からシュート!

強烈!しかし惜しくもシュートは枠の上



前半5分

ルーニーのキャリックへのバックパスをTORIがカット

そしてTORIは9292の足元へすぐにショートパス!

9292!ワントラップ後25mから体勢の厳しい状態でミドルシュート!

強烈なシュートはディフェンダーの間を割りゴール左角へ一直線!

コリンズ懸命に手を伸ばす!辛うじて当たった!

しかし軌道があまり変わらない!ボールはそのままバー直撃…

ゴオオオオオオオル!決まったあああ!

9292素晴らしいシュート!天才ゴールキーパーコリンズも防げない強烈なシュート!

ルーニー・キャリックを封じてのカウンター!狙い通り!

ルーニーはTakatoがハンドをしたと猛抗議!

しかし主審は取り合わずゴールは認められます!



前半26分

KIKIがなんと負傷で退場…

Nakatunを変わりに前線に投入

活躍を期待する



前半33分

35mからのSNSのフリーキック

キッカーはREUSU

REUSU…落ち着いたステップから…直接狙った!

いいコースだ!コリンズ身構える!

しかしシュートは浮いて枠の上



ハーフタイム

WS000602.jpg

WS000603.jpg

WS000604.jpg


9292GJ!!!!

完全に狙い通りの試合運び

ルーニーキャリックを完全に抑え、イングランドのシュートは僅か1

パスもいい形で回っていてこのまま行けば確実に勝てる展開

問題は後半に入ってからのイングランドのスーパーサブを投入しての戦術変更後の対応

これさえちゃんと凌げばこの試合は勝てる!

ただ唯一の誤算はKIKIの負傷…

大事に至らなければいいですが…



後半50分

イングランドが両サイドハーフをガンガン上げてきてサイドを突かれやすくなってきたので

ポーランド両サイドハーフに必ず守備時は後ろに下がるよう指示を出す



後半65分

左サイドからSNSのコーナーキック

キッカーのAnzuはファーサイドにいる巨人Nakatunにクロスを上げる

しかしNakatunにはジョン・テリーがマークについておりヘディングでクリアされる

しかしこのクリアボールをTAKAが拾う

そしてTAKAはゴール前右45度ペナルティーライン上にいる9292にパス

9292はこのパスを受けて前を向き、左足を思いっきり振りぬいた!

強烈な弾丸!ボールはニアへゴールへまきながら飛んでいく!

コリンズ全く反応できない!

ゴオオオオオオオオオル!GOOOOOOOOOAL!

す・ば・ら・し・い!

9292!素晴らしい左足!この大会で彼の評価は跳ね上がった!

実況「9292!自分のやり方は変えません!」

実況「9292!ピッチ上で答えを出しました!」



前半75分

イングランドゴール前35mからのフリーキック

キッカーのレウスはまたもや直接ねらった!

しかしシュートは壁に当たりボールの軌道が変わる!

しかしキーパーコリンズはしっかりと読みきりボールをキャッチする



後半76分

完全に封じられたキャリックに変わり…

べっきゃむ 登 場

右サイドではなくパサーとしてセンターハーフで出場



後半87分

9292のポストプレー

9292は相手を背負いながら左サイドにフライスルーパス!

これをマケレッティがトラップして低弾道のセンタリング!

Nakatun!猛烈に走りこんで右足で押し込む!決定的!

しかしキーパーコリンズに阻まれる!

しかしこのこぼれ球を…

9292が左足で詰めてごっつぁんゴオオオオオオオオル!

9292ぃいいいいいハットトリックううううううう!

9292!この出来なら大会得点王も狙えます!

素晴らしい活躍!



後半89分

べっきゃむの20mからのミドルシュートがTAKAに当たり起動が反れる

これをルーニーがゴール前至近距離で拾い強烈なハーフボレー!

しかしケロロ軍曹!かろうじて弾き失点を防ぐ!



試合終了

WS000605.jpg

WS000606.jpg

WS000607.jpg


いやー終わってみれば完勝!

キープレイヤーのルーニーとキャリックを完全に試合から消し去り

こちらは数少ないチャンスを9292が神がかり的な活躍で見事ハットトリック!

気になるKIKIの怪我は全治六日

決勝にギリギリでれるかな?という程度の怪我ですが…やはり痛い



次戦情報

WS000609.jpg


準決勝の組み合わせが決まりました

ポーランド対スコットランド

ロシア対フランス

スコットランドなら勝ち目は十分にあるんじゃないでしょうか?

イングランドと言う鬼門を越えたということで優勝と言う可能性は十分にありえる話になってきました

このまま勢いに乗って目指すは優勝!激しく期待です!
WS000564.jpg


2戦目を終了してグループリーグ突破を決めているのは

唯一全三試合を消化しているグループBのロシアとウェールズだけ

優勝候補のフランスとオランダは最後の試合の結果如何ではグループリーグ敗退の可能性も十二分にある状態

逆にSNSEUROを含むロシアやルーマニア等の実力的には中程度の国の躍進が目立つ

最後の一戦を終えてグループリーグ突破を決める国は何処になるのだろうか?今から期待である



な~んて気楽な事が書けるのもオランダ戦での7-0の勝利の時の得失点差というアドバンテージのおかげで

SNSEUROのグループリーグ突破がほぼ決まってるからなんですけどね



試合前情報

WS000565.jpg

WS000566.jpg


前回のセルビア戦でのKIKIと9292の疲労が著しいので今試合はベンチスタート

Meteoraのポジションをフォワードに上げて

9292の位置にはNakatunを投入

そして空いたAMFの位置にTakatoを配置し

さらに空いたDMFの位置にumi_umiを投入

ベルギーは引いて守ってのカウンター狙いなので

大量失点するということも無ければ負けることもそうそうないだろう

と、思うので気楽にやっちゃってください



要注意選手

Vincent Kompany(バンサン・コンパニ)

WS000567.jpg

WS000568.jpg


ベルギーサッカー、そして世界のサッカーの将来までも担うとまで言われるディフェンダー。

天才的なボールテクニック、明らかに体格の違う選手にも当たり負けしないフィジカルを持ち合わせており、

その姿はリオ・ファーディナンドを彷彿とさせる。

2004年にはベルギー年間最優秀選手に選ばれた。

弱冠17歳でデビューした代表でもアンソニー・ヴァンデン・ボーアと共に主力となりつつある。(wikipedia引用)

リアルで今シーズンから同国の先輩CBのファンブイテンの抜けた穴を埋める逸材としてHSVでプレーしています



Anthony Vanden Borre (アントニー・ヴァンデン・ボーレ)

WS000569.jpg

WS000570.jpg


抜群の身体能力を持つベルギー代表。

現在はサイドバックをやっているが、センターバックやボランチもできるベルギー期待の新星。

フィジカルは抜群でスタミナも十分とまさに非の打ち所がない。

アンデルレヒトでも代表でもすでに不動の地位を築いている。

インテルミラノが既に獲得の意思を表明しているが本人は全く移籍の意志がないようだ。(wikipedia引用)


ポジション適正が広くフィジカル能力もwikipediaの説明通りやたら高いので厄介な選手になりそうです

今日の試合では右サイドバックでプレーする模様



前半30分

両者中盤での潰しあいで全くシュートチャンスが訪れない

しかしついに前半30分にその均衡が破られる

左サイドに放り込まれたボールに追いついたNakatunが

ゆっくりと中央を見て狙いを定めてセンタリング!

そしてMeteora!マークについているコンパニに競り勝ちヘディングシュート!

キーパー逆を突かれる!

ゴオオオオオオル!先制!強烈なヘディングシュート!

…しかしこれはファール!Meteoraがコンパニを押していたとの判定!ノーゴール!



前半32分

M777がビルドアップの場面でGill Swerts(スェルツ)がM777のパスを読みパスをカット!

そしてドリブルでゴール前に向かって前進!

M777慌ててタックル!しかしスェルツはこれをかわし30mの距離からミドルシュート!

ゴールに向かって曲がるいいシュートだ!

ケロロ軍曹予想外のシュートに反応が遅れる!

ケロロ軍曹ボールに飛び込む!

が、届かない!

ゴオオオオオオル!敵ながら素晴らしいシュート!

30mのミドルシュート!スェルツ決めた!

WS000571.jpg

WS000572.jpg




前半39分

Anzu十八番のドリブルでのボールキープ

Anzuはプレスに来た相手選手をかわすと中央にアーリークロス!

これに合わせるのは巨人Nakatun!

Nakatun!マークについているコンパニとの空中戦をあっさり制しペナルティーライン上からヘディングシュート!

シュートは枠を捉えている!

しかしシュートはキーパーに弾かれる



前半42分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのAnzuは混戦状態のキーパーの前方に巻き込むようなクロス!

これに合わせるのはマケレッティ!かろうじて空中戦に競り勝ち至近距離からヘディングシュート!

しかしシュートは枠の横



ハーフタイム

WS000573.jpg

WS000574.jpg

WS000575.jpg


TORIが軽傷を負っている為KAIYAを変わりに投入することにする

試合には負けているが

負けたとしても得失点差でグループリーグ突破は確実なので

ベルギーには悪いけれども最後までマッタリいかせてもらう事にする



後半48分

KAIYAが相手のビルドアップの場面でのパスをカットに成功!

KAIYAは機敏にタックルをかわすとドリブルでペナルティーエリアに一直線!

スピードに乗ったKAIYAはペナルティーライン上にいたCBまでもかわすとキーパーと一対一!

そして低く抑えたシュート!

が、しかし惜しくもシュートは枠の横に反れる



後半57分

右サイドペナルティーエリア隅からのフリーキック

キッカーのREUSUは狙いを定めふんわりとしたボールを中央へ放り込む!

これに走りこみながら高く飛び上がったAnzuが叩きつけるようなヘディングシュート!強烈!

が、シュートは枠の横

ゴールキック



後半61分

WS000576.jpg


ベルギーが得失点差をさらに得るためにフォーメーションを4-3-3に変更

これは逆にSNSEUROにとってはチャンスかもしれない



後半63分

相手を背負う形でボールを受けたAnzu

そしてAnzuは足の裏で反転すると一気に加速!

マークを振り切りスラィディンをも跳んでかわしペナルティーエリア内にフリーで進入!

キーパー慌てて飛び出してくる!Anzuは角度のないところから落ち着いてシュート!

しかしやはり角度がきつくキーパーに阻まれ得点にはならない



後半72分

フリーキックから左サイド奥に抜けたマケレッティはコーナーフラッグ付近からセンタリング!

これに合わせようとニアからMeteoraが走りこむが惜しくも届かない

しかしボールの軌道は枠を捉えている!キーパー慌ててボールに触る!

そしてボールをクリアー、ラッキーゴールならず



後半82分

ベルギーの攻撃

サイドチェンジで大きく振られディフェンダーのマークが大きくずれる

そしてスルーパスを巧みに二本通されDembeleはケロロ軍曹と一対一に!

そしてシュート!

しかしケロロ軍曹は適切なポジショニングと反応でゴールを割らせない



後半91分

Nakatunの当たってそれたセンタリングをKAIYAがペナルティーアークでゴールを背にしながらボールを拾う

二人にマークされていたKAIYA、ドリブル突破は不可能

しかしKAIYAは左サイドからペナルティーエリアに猛然と走りこんでくるマケレッティに左足でスルーパスを放つ

これがベルギーディフェンダーの間を割る素晴らしいパス!

マケレッティはこのチャンスを逃さずこれをトラップし

角度のややきつい所からペナルティーエリア内でフリーでシュート!

キーパー飛ぶも届かない!ボールはファーの角へ!

ゴオオオオオオオル!同点!KAIYAの素晴らしい視野とマケレッティの素晴らしい走りこみ!

後半91分で同点ゴール!追いついた!



試合終了

WS000577.jpg

WS000578.jpg

WS000579.jpg


最後の同点ゴールは実に見事だった

あのゴールはマケレッティの豊富な運動量の賜物と言えると思います

あとどうもこのフォーメーションは引いて守る相手には弱い傾向にありますね

だから逆に引いて守らず勝負してくる強豪相手のほうがやりやすいのかもしれません

引いて守ってくる相手に対抗するためのフォーメーションもユーロが終わり次第

今度はワールドカップに向けて作らなければならない気がします



EURO2012グループリーグ結果発表!

WS000580.jpg

WS000581.jpg


オランダ・ドイツ・スペインがグループリーグで敗退するという番狂わせ

予選を突破したチームは 

SNSEURO
セルビア
ロシア
イングランド
ルーマニア
トルコ
スコットランド
フランス

となりました

さてさて…気になるSNSEUROの準決勝の相手は…

イングランド

あーナイナイ

ないわー

な い わ -



えーという訳で次の試合の情報です

対戦相手はイングランド 試合日は6月21日水曜日です
WS000554.jpg

WS000555.jpg


この試合に勝てば早々とグループリーグ突破が決まります

相手はスタンコビッチ率いるセルビア

今大会では「堅守速攻」を売りに

ポルトガルと同じグループに入りながらも首位で予選を突破してきた言わばダークホース的な存在

そう言えば2004年EUROを制したギリシャも堅守をベースに数々の強豪を打ち砕いたチームであった

…SNSEUROが簡単に完封されることはまず考えられないが

前回のオランダ戦で大勝しただけに

選手が油断していないとも限らないので

気を引き締めて試合に臨みたい



要注意選手

Dejan Stanković(デヤン・スタンコビッチ)

WS000556.jpg

WS000557.jpg


セルビアが生んだ天才プレイヤー

ドリブル・パス・シュート全てに非凡な才能を持ち

中盤なら殆どの位置でプレーできるユーティアリティー性も持ち合わせる

どちらかといえばファンタジスタ気質な選手なのだが

プレースタイルは全く逆で運動量が多く守備も積極的にするため

あまりファンタジスタとは見られないのが一般的である

幅広いポジションで活躍でき・随所で魅せ・チームのために働く

これほど監督からして有難い選手は居ないだろう

管理人が好きな選手の一人



前半2分

激しいプレスを掻い潜りTORIが9292へスルーパス

そのパスをなんとか受け取った9292はドリブルでペナルティーエリアに進入を試みる

しかしペナルティーエリア左隅まで進入したところで選択肢が無くなり強烈な左足でのシュート!

しかしシュートは読まれていたのかキーパーに弾かれクリアされる



前半12分

スタンコビッチがミドルシュートを放つもケロロ軍曹が落ち着いてキャッチ



前半30分

ペナルティーライン上でボールを受けたKIKI

しかしぴったりとマークされており仕方なくシュート!

が、やはり無理があったのかシュートは枠の上を越える



前半37分

右サイドエリア手前からのフリーキック

キッカーはレウス

十八番の中央へ正確なピンポイントクロス!

これに合わせるのは…KIKI!ヘディングシュート!

しかしシュートは枠を捉えきれない



ハーフタイム

WS000558.jpg

WS000559.jpg

WS000560.jpg


いや…あの…

セルビア強いんですけど

いや、攻撃面では別段怖さは感じないんですが

守備堅すぎ、異常、変態

ガッチガッチにマークされているおかげでKIKIと9292の疲労が著しい

この調子だと後半50~60分ぐらいにどちらか交代する必要があるかもしれない



後半46分

左サイド奥でのスローイン

左サイドコーナーフラッグ付近でボールを受けたKIKIが

切り返しでマークを振り払い二列目から走りこんでくるMeteoraへスルーパス

Meteoraは足元に吸い付くようなトラップでゴールを向くと

左足でニアのコースを狙った低いシュート!

しかしシュートはサイドネットに吸い込まれる



後半54分

激しいマークで一気にスタミナを消費してしまったKIKIを下げてNakatunを投入

彼の高さは大きな武器、そしてなんとかこの堅牢を崩してもらいたい!



後半66分

左サイドに流れていたNakatunは同じくペナルティーエリア左に流れてきていた9292の足元へパス

9292はペナルティーライン上でボールを受けた後マーカーの逆を突きそのまま強烈なミドルシュート!

しかしシュートは惜しくも枠の上



後半72分

右サイドエリア手前からのフリーキック

キッカーのREUSUはペナルティーアーク付近にいるTakatoの足元へパス

Takatoはトラップで相手をかわしそのままミドルシュート!

しかしシュートは枠の遥かに横



試合終了

WS000561.jpg

WS000562.jpg

WS000563.jpg


うーん引き分けた…ちょっとグループリーグ突破が厳しく…

と思ったらオランダもベルギーに引き分けてた

恐らくSNSEUROがボコボコにしたせいでチーム崩壊しちゃったんだろうな、南無阿弥陀仏

いやでもこれでグループリーグ突破はほぼ確実になりました

仮に次のベルギーとの試合に負けても0-7とか0-8とか世紀末的な数字で敗北しない限りは得失点差で2位以上はほぼ確定ですからね

あーでもオランダがセルビアに圧勝した場合は…?

あーでもやっぱりそれでも無理だな、OKこれでグループリーグ突破は確実だぜ兄貴

いやでもしかし、セルビアは本当に今大会のダークホースかもしれません

守備陣の組織力が半端じゃなかったです

SNSEUROの攻撃陣があそこまで封じ込められるなんて本当に稀ですからね

願わくば決勝トーナメントでも当たらないことを祈る



次戦情報

次の試合はベルギー戦で6月19日火曜日19時45分キックオフで3日後です

えーやっとオランダ戦です

ここまで更新に手間取った理由は…

ス タ メ ン 選 び

結局EURO本選でのメインシステムは一番機能していたSNSJAPAN時代からの

3-1-2-2-2で行くことにしたんですが

そうなるとスタメン選びに悩む悩む

特にボランチ選びは苦渋の選択と言ってもいいほどで

こりゃなんかしら選考の基準を考えないと決めれないなということになり

今度はその選考基準を何にするか?ということに非常に悩み始めたわけですよ

今シーズンのクラブでの活躍?それとも実力重視?それとも今までの代表での貢献度?あああああああ!!!!

みたいな感じで悩みまくりました

そして数日間悩みぬいて決まったスタメン選考基準は…

「EURO予選での実績重視」

ということに決まりました

というより決めました

決まらないので決めました



試合前情報

WS000540.jpg

WS000541.jpg


選考に選考を重ねた結果今試合のスタメンはこのようになりました

この起用に文句がある方はTakato選手の父親のようにSNSの日記などで批判していただいても結構です

こちらも監督としてそれなりの対応をさせてもらいます

…できれば批判はリアルサッカーに近い形でやってくださいね

素で文句言われるとマイハートがブレークしちゃうんで…

(Valeo選手は2週間の怪我で準決勝~決勝まで試合に出れません)

試合オッズは

ポーランド勝利 5倍

引き分け 3.5倍

オランダ勝利 1.57倍(本命)

…さすがに優勝候補との戦いは厳しい…



注目選手

Bols Violette
WS000542.jpg


トッテナムへの移籍が成功に終わりすべり込みで代表に選ばれた苦労人

今試合はベンチスタートだがもし出場するようなことがあれば

当ブログ始まって以来のSNSメンバー同士での対戦がついに実現する

投入されるとしたら恐らく左ウィング若しくは右ウィングになる可能性が非常に高い



前半1分

右サイドタッチライン付近からの遠距離フリーキック

キッカーはREUSU…お得意のピンポイントクロスを放り込んだ!

ファーに上がったボールはAnzuのヘディングの射程範囲内!

Anzu、走りこんで…強烈なヘディングシュート!

キーパー弾く!

…が、しかしボールはゴールの中へ!

ゴオオオオオオル!先制!優勝候補オランダから先制点!

SNSEURO歓喜!非常に喜んでいる!





が!しかしこれは認められない!なんと主審Anzuのファールと判定!フリーキック!

…SNSEURO奇跡の先制点は幻へ…



前半13分

オランダの司令塔ファンデルファールトを基点とした早いパス回しでボールは一気に前線へ!

ファンペルシーはTAKAをかわしドリブルで一気に裏へ抜けた!

そしてファンペルシーケロロ軍曹と一対一になりシュート!

しかしシュートは枠の上

ケロロ軍曹ホッと胸を撫で下ろす



前半23分

左サイドからのマケレッティのスローイン

ボールを受けたMeteoraはプレッシャーから逃げるようにマケレッティにボールをリターン

そしてマケレッティこのボールをダイレクトで45ヤードのロングパス!

「なんというパス…」という実況の言葉通りため息の出る素晴らしいパス!

9292、しっかり拾ってペナルティーエリア左に侵入!お得意のコース!

9292!飛び出しているキーパーの背中の裏を通す低弾道の強烈なシュート!

キーパー背後を突かれ阻止できない!ボールはゴールネットに一直線!

ゴオオオオオル!決めた!素晴らしいパス&シュート!

9292代表通産40点目!



前半26分

右サイド中盤でフリーでボールをキープしたAnzuは中央奥へお得意のアーリクロス!

これに素早く反応したKIKIが裏へ抜けボールがワンバウンドしたところを右足であわせるハーフボレー!

しかしこれをキーパーのファインセーブで阻まれてしまう

しかしこのチャンスを逃さんと重戦車9292がこぼれ球を押しこむ!

オランダのディフェンスカバーが出来ていない!

ゴオオオオル!

9292またもや決めた!執念のごっつぁんゴール!

カッコイイ言い方なんだかカッコワルイ言い方なんだかわからないけど

とりあえず執念のごっつぁんゴール!

前半で優勝候補オランダに二点差!



前半32分

WS000543.jpg


前半で2点差を付けられて焦り始めたのかオランダはシステムを3TOPにチェンジ

左サイドのロッベンを軸にしたカウンターサッカーを展開

そして前半32分左サイドに放り込まれたロングボールを拾ったロッベンが中央へ低弾道のセンタリング!

しかしこれをTakatoが華麗にインターセプト!

そして冷静にそのままシンプルにREUSUに繋ぐ!

そのボールをREUSUバックラインの裏へロングボール!カウンターをカウンター!

これに追いついたのはまたもや9292

ペナルティーエリア右隅でドリブルで進入した9292はぴったりとマークにつかれていたため

中央に走りこんでいるKIKIへラストパス!

しかしこれをマークしているディフェンダーに読まれてボールが足に当たり軌道が反れる

このボールにいち早く反応したKIKIはスピードでディフェンスを振り切りボールに向かいダッシュ!

しかしこれに負けじとオランダのゴールキーパーも一気に飛び出す!

が、スピードでは明らかにKIKIに分があった!

KIKIはボールに一歩の差で追いつきそのままキーパーをかわしてシュート!

ボールは無人のゴールへ!

GOOOOOOOOOOL!3点目!

素晴らしい!素晴らしい出来です!前半で既に優勝候補オランダに3-0!



ハーフタイム

WS000545.jpg

WS000546.jpg

WS000547.jpg


圧倒的

な試合展開で前半を折り返したわけですが…

いやはや素晴らしい!この一言に尽きる

特に両サイドハーフから繰り出される素晴らしいアーリークロスは攻撃の起点になっていました

そして9292も不調から立ち直り前半で早くもオランダ相手に2得点

KIKIもトップスピードを生かした動きでオランダのディフェンス陣を混乱させ1得点と大活躍

Takatoは攻撃面では目立った活躍はないものの

アンカーとして確実に相手の攻撃の目は潰せていました

フランスで言うならばマケレレのような役割をきっちりとこなせていましたね

兎にも角にもシステム的にはしっかり機能していたのでこのまま後半へ!



後半48分

カウンターから左サイドに流れていたKIKIがドリブルでサイドを突破

そして中へ切り込みつつ1.5列目から飛び出してくるMeteoraへスルーパス

パス自体は相手選手に当たり軌道がややずれたもののしっかりとMeteoraの足元へ収まりそのままドリブルでペナルティーエリアに侵入を試みる

しかしこれにたまらずオランダのディフェンスがファール覚悟でMeteoraを手で押す!

しかしMeteoraは全く体勢を崩すことなくそのままペナルティーエリア内に侵入

これに慌てて飛び出すオランダのゴールキーパー!

Meteoraは落ち着いて左足を振りぬく!

しかしシュートは惜しくも飛び出したキーパーの肩に当たりそのままクリアーされる



後半55分

SNSEUROゴール前30mからのフリーキック

キッカーのスナイデルは左サイドに大きく開いているロッベンにパス

これに慌ててREUSUがチェックに行くがロッベンはすぐさま中央へグラウンダーのクロスを上げる

そして中央へいたファンペルシーは見事にTAKAのマークを外し至近距離からダイレクトシュート!

しかしシュートはケロロ軍曹の正面!

ケロロ軍曹はかろうじてボールをはじいてそのままサイドにクリアーする



後半56分

ファンペルシーが右サイドからペナルティーエリア内に切り込んでいるカイトにワンタッチで浮かせた素晴らしいパス!

これをカイトがふんわりとした軌道のゴール右角を捕らえた素晴らしいシュートで合わせる!

しかしこれを読んでいたケロロ軍曹は素晴らしい反応でボールをパンチング!ゴールを割らせない



後半57分

オランダのコーナーキックをクリアしたボールをAnzuが自陣左サイドで拾う

そしてAnzuはドリブルを開始!

Anzuは60m以上ドリブルした後相手CBのタックルをかわしペナルティーエリアに切り込みシュート!

しかしシュートはキーパーに弾かれゴールにはならない



後半60分

オランダはファンデルファールトに変えて脅威のストライカーフンテラールを投入しフォーメーションを4-4-2に変更

なんだか焦ってるのが手に取るようにわかりますね

WS000549.jpg




後半62分

KIKIがボールを前線で受け取るも厳しいマークで身動きがとれない

しかしKIKIはすぐ隣にいる9292へショートパス!

そしてKIKI前線へ一気に走りぬける!

9292はそれを狙ってワンツーパス!KIKI非常に狭いスペースから裏へ抜けた!

そしてKIKIキーパーと一対一になりシュート!

しかしシュートはキーパーに弾かれ惜しくも得点にはならない



後半64分

WS000550.jpg


疲れ始めている選手を次の試合に備え交代させておく事に決定

KIKI→Nakatun

TORI→umi_umi

Anzu→KAIYA

そしてTakatoをTORIの位置へポジションチェンジさせ

umi_umiはボランチへ配置



後半65分

右サイドからのスローイン

スローインするのはKAIYA

KAIYAはペナルティーエリアから徐々に下がってきているNakatun目掛けてロングスロー!

Nakatunはマークを外しフリーでペナルティーライン上でボールをダイレクトでゴール右隅に流し込むようなシュート!

いいコースにボールが転がる!キーパー意表を疲れたのか反応が遅れて…

GOOOOOOOOL!Nakatun!技ありのゴール!4点目!もう誰にも止められない!



後半71分

中央でドリブルしていたKAIYAのボールがカットされかけるが

転がったボールをumi_umiが拾い視野から繰り出すダイレクトロングパスをペナルティーエリア右に放り込む!

これを9292が拾いドリブルでペナルティーエリア内に進入すると

あまり角度のないペナルティーエリア右約50度の位置から

ゴールを向いて左足を振りぬく!

強烈な弾丸シュート!ボールは唸りを上げながらキーパーに襲い掛かる!

ゴオオオオル!キーパー反応できない!素晴らしい弾丸シュート!

アドリアーノも真っ青の強烈な左足!これで9292ハットトリック!



後半87分

ポーランド右サイドに放り込まれたボールに追いついたのは無尽蔵のスタミナを持つカイト!

カイトはM777の執拗なマークを振り切り中央へセンタリング!

これに合わせるのは今日の試合途中出場のフンテラール!

フンテラール…ワンバウンドしたボールをあわせたハーフボレー!強烈!

しかしケロロ軍曹指先でかろうじて触る好セーブ!SNSEUROの堅陣を崩させない!



後半88分

右サイドを得意のドリブルで支配していたKAIYAは

オフサイドラインぎりぎりに張り付くNakatun目掛けてアーリークロス!

これを待ってましたといわんばかりに巨人Nakatunはクロスボールに飛び出しヘディングシュート!

高い打点から放たれた正確なヘディングシュートは飛び出したキーパーの頭上を越えて…

ゴオオオオオオオオル!6点目!SNSEURO!新たなる伝説!

優勝候補のオランダに6-0!



後半93分

右サイドを相変わらずいいように弄んでいたKAIYA

後半終了間際に最後のクロス!

これをまたしても確実に狙っていたNakatun!

こんどはボールを足元で捌きペナルティーエリアやや左からニアへ正確な置きに行くシュート!

キーパー逆を突かれてそして最早集中も出来ておらず…

ゴオオオオオオル!7点目!Nakatun途中出場ながらハットトリック!

これでダブルハットトリック達成!素晴らしい!



試合終了

WS000551.jpg

WS000552.jpg

WS000553.jpg


マンオブザマッチは文句無しで9292!

EUROの緒戦は幸先が良すぎると言ってもいいほどの素晴らしいものでした!

オランダはこちらの3バックというシステムの弱点であるサイド攻撃を重点において攻撃をしてきましたが

SNSEUROの三人のCBはそれでも余裕で対応できていたため

結果としてSNSEUROの支配率が上回り前半に2得点を食らって重症を負い

それで焦りカウンター3トップに変更してカウンターサッカーにしようと試みるも逆にカウンターのカウンターを食らい墓穴を掘り

そしてやけくそになったのかフンテラールを後半投入し2トップに変更

だからといって強固なディフェンスラインを崩せるわけでもなくそのままさらに失点を重ね棺桶へ

という感じでした

正直3トップというかサイドからのセンタリングを使って攻撃するつもりなら

中央のFWはカイトかフンテラールにすべきだったと思いますね

ファンペルシーじゃやはり高さが足りなかったと思います

もしかするとあまり足は速くない3バックの裏を取ろうとしてのファンペルシー起用だったのかもしれませんが

それでも基本的にSNSEUROのバックラインは深め&アンカーが一人いるので全く関係なかったですし…

正直この試合はオランダの指揮官の采配ミスにも助けられた感じもします

まぁそれでもその相手の戦術的なミスの恩恵を最大限に利用して7得点を上げたSNSEUROの攻撃陣には素晴らしかったですね

優勝候補を徹底的に叩きのめしたことで一気に波に乗ってこのままいい所まで行きたいところです!



次戦情報

次の試合はセルビア戦で6月16日土曜日の5日後です
EURO開幕前情報 (2007/05/25(金) 20:36:48)
WS000532.jpg


EURO2012優勝国予想 オッズ

フランス 3.5倍

オランダ 3.5倍

スペイン 6.0倍

ドイツ  6.0倍

イングランド 8.5倍

トルコ 19.0倍

ポーランド 34倍


という訳で優勝候補はオランダ・フランスみたいです

…優勝候補と同じグループとか…もうね



2012EURO出場予定SNSメンバー



オランダ

Violette
WS000533.jpg


トッテナムへの移籍が大成功に終わり

そのおかげか最終メンバーにも滑り込みで選考された

ただし、オランダの両ウィングのスタメンはロッベンとカイトとなっているため

恐らくVioletteのポジションは控えという位置づけになるだろう

オランダはSNSEUROの緒戦の相手なので

もしかしたら互いに対峙する機会が与えられるかもしれない



イングランド



Roteiro
WS000535.jpg


リヴァプールの正ゴールキーパーの座を今シーズンやっと奪取に成功する

リーグ戦には25試合出場 18失点 無失点試合12

と大活躍

リヴァプールの11-12シーズンでのプレミアリーグ最小失点での優勝に貢献した

その功績が認められイングランド代表に招集されるが

イングランド代表正GKの座にはChris Collinsというアーセナルユース上がりの天才ゴールキーパーが居座っており

Roteiroはその控えという屈辱的な扱いを受けている

WS000536.jpg




べっきゃむ

WS000534.jpg


ベッカムの弟(という設定)

作シーズンからついにセビージャでの定位置を確保

兄譲りの正確な右足のキックでアシストを量産した

そして今シーズンリーグ戦35試合に出場したべっきゃむは

7得点11アシストを記録するという大活躍

さらにべっきゃむは同シーズンのリーガエスパニョーラアシスト王に輝いている

しかし代表では両サイドハーフにはドリブラーを起用する監督の方針の影響で控えでの登録となっている




そんなこんなでとりあえず今回のEURO2012にはポーランド以外の国のSNSメンバーで三人出場しています



次回予告

前回報告通り優勝候補のオランダ戦

Violette選手が出場するのか期待です
EUG.jpg

EUGR.jpg


ついにEUROのグループリーグが発表されました!

グループA オランダ セルビア ベルギー ポーランド

グループB アイルランド イングランド ウェールズ ロシア

グループC ギリシャ ドイツ トルコ ルーマニア

グループD スコットランド スペイン ハンガリー フランス

となりました



ま た オ ラ ン ダ か !

またあの化け物攻撃陣と対峙せにゃならんの?

もうね、本当いい加減勘弁していただきたい

最近またVioletteが代表に戻ってきてるし

ユース上がりのオランダ人有望ストライカーがまた出てきてるしでやってられません

まぁその代わり守備陣はボロボロなんですけどね。

イタリアとポルトガルは予選で敗退しました。アリエン

特にイタリアはKC選手と赤鬼選手が代表入りしてた為

もし、ユーロの本選で当たるようなことがあれば始めての(?)

SNSメンバー同士の対決も十分にありえただけに非常に残念です



2014年ワールドカップ予選リーグ発表

WCQ.jpg

WCQR.jpg


えーと全部のグループを乗せるのは無理なのでそこは画像で確認してください

とりあえずSNSEUROが入ってるグループだけ発表

グループ4 ドイツ デンマーク ポーランド スロバキア アイスランド アゼルバイジャン アンドラ

まぁなんとか突破できるかな?というぐらいのレベルのグループに入りましたね

ドイツとデンマークは確かに警戒すべき相手ですが勝てない相手ではないですし…

それよりもアイスランドとの対戦のほうが楽しみかもしれません

アイスランド自体は確かにお世辞にも強豪国とは言えないものの

SNSメンバーのRyu-genbu君がトップ下でスタメンを張っている国であります

グジョンセンはまだ代表メンバーに選ばれてるのかな?ちょっと気になります



バロンドール&ワールドMVP

rubenWMVP.jpg

rubenba.jpg

rubenpro.jpg


Marco Ruben(マルコ・ルベン)がバロンドールとワールドMVP(WMVP)共に受賞

正直この能力でよく受賞したなというのが本音ですが

まぁ何が起こるかわからないのもまたサッカーなんでしょうね



冬の移籍市場報告


CHAL

WS000521.jpg


ボスマンでリヴァプールからセビージャに移籍

移籍日は7月1日



Tamy

WS000522.jpg


未だ花咲かぬ未完の大器

09-10シーズンにナポリからセルティックに活躍の場を移すも

スコットランドでは最後まで才能を発揮するには至らず

今冬パリサンジェルマンに新天地を求めて移籍

パリサンジェルマンのセンターハーフのXTRとのコンビプレーに早くも期待がかかっている



KC

WS000523.jpg


十分すぎる才能がありながらローマのシステムでは才能を発揮できず

スタメンを外されかけていたところをセビージャに12億5000万円で拾われる

果たしてスペインでは彼の才能が光ることはあるのか?

セビージャのファンタジスタべっきゃむとの共演にサポーターは期待をかけている



マケレッティ

WS000524.jpg


アーセナル不動のサイドバックマケレッティが27億という高額でバルセロナに電撃移籍

アーセナル側ではやや苦しんだ時期もあったが安定した成績を残しており

この移籍に対して疑問を感じているアーセナルサポーターも少なくないようだ

バルセロナの監督である元ミラン監督であるアンチェロッティは

サイドを果敢に駆け上がる攻撃的なサイドバックを必要とするシステムを多用する為

無尽蔵のスタミナと攻撃力を誇るマケレッティは正に理想の選手だったに違いない



Violette

WS000529.jpg


オランダの左ウィングであるVioletteが今冬またもや移籍

昨シーズンアトレティコからインテルに移籍した同選手

インテルでは何故かセンターハーフで起用される日々が続いたおかげで作シーズンは散々な結果に終わった

しかも今シーズンになってからは出場機会にも恵まれないという仕打ちを受けた為

移籍が代名詞のVioletteは早くもインテルからの移籍を決意

以前半年間だけ滞在していたことのあるイングランドのトッテナムに9億円で移籍した

これでセルタ→ベティス→マンU→アトレティコ→インテル→トッテナム

とほぼ毎年のように移籍している訳だが

いい加減ゆっくりと腰を落ち着けるチームにめぐり合ってもらいたいものである

まぁいいネタにはなるが



赤鬼

WS000530.jpg


08-09シーズンにブレシアから5億円の移籍金でパレルモに移籍して以来

パレルモの不動のエースとして活躍していた赤鬼が今移籍市場で

「このクラブで出来ることは全て成し遂げた新しい挑戦がしたい」

と、驚きの発言

この有名選手の驚愕移籍宣言を欧州のビッククラブが見逃すはずが無く

ブレーメン・リヴァプール・ユベントスなどのチームで熾烈な獲得競争が展開

結果32億という高額の移籍金を提示したブレーメンの元に移籍することとなり騒動は終結した

が、しかしパレルモ側はイタリア代表にも選ばれているスター選手をいきなり失ってしまい

しかも未だその穴が埋められずに居る為シーズン後半戦の影響が心配さている



冬の移籍市場まとめ

WS000531.jpg


チェルシーがドルトムントのヌリ・サヒンを67億で獲得したのがダントツでトップ

それ以外は大体30億円以下で移籍は収まっている

今回の移籍市場ではSNSメンバーが4人もランクインするという快挙があり

これはSNSメンバーの黄金時代が始まる前兆なのかもしれない



次戦情報

次戦はついにユーロ本選!

緒戦の相手はなんとオランダ…

試合日は6月11日月曜日です



この頃モチベーションが下降気味なのでブログ執筆のペースが落ちるかもしれません…
WS000503.jpg

WS000504.jpg


試合前の欠場選手情報

Takato→クラブ側が招集拒否

KAIYA→靭帯損傷が完治していない

TORI→頭部の裂傷で欠場

マケレッティ→そけい筋分裂で全治一ヶ月

とまぁものの見事にサイドアタッカーが壊滅状態な訳ですが

右サイドにValeoを無理やり配置することで今回はなんとかごまかすことにします

SNSJAPAN時代にアジアカップ準決勝で苦汁を味あわさせられた相手なので

ここでその恨みをキッチリ返しておきたいところ

ちなみにこの親善試合が終わったら後はもうEURO本選に向かって一直線となります


要注意選手

David Williams(デイヴィッド・ウイリアムズ)

WS000505.jpg


足が異常に早い高速ストライカー

決定力も高いので注意が必要…

しかし逆に冷静さは低いのでGKとの一対一の攻防は弱いという微妙な選手

まぁそれでもあまり足の速い選手がバックラインにいないSNSにとって脅威なのには違いないので警戒しなければなりません



前半6分

9292がペナルティーエリア左にドリブルで進入

そして中央にいるKIKIにセンタリングを上げるがこれは跳ね返される

しかし跳ね返されたこのボールをumi_umiがヘディングでまたペナルティーエリア内にボールを送り返す

このボールを足元で受けたKIKIは振り向きざまに低く抑えたシュート!

キーパー飛び出している!届かない!

ゴオオオオオル!早くも先制!



前半16分

ケロロ軍曹のゴールキックを9292がヘディングで前線にボールを落とす

これをKIKIが加速しながらボールを拾いそのままドリブルでキーパーと一対一の場面に持ち込む!

キーパー飛び出している!

KIKIはファーに蹴りこんだ!

しかしキーパーナイスセーブ!さらにこぼれ球がNakatuの足元へ!

これをNakatunさらにシュート!

が、しかしこれもまたキーパーに止められ得点にはならない



前半38分

右サイドからのコーナーキック

キッカーのAnzuはニアポストに待ち構える9292目掛けてクロスを上げる!

9292ディフェンダーと競りながら厳しい角度からヘディングシュート!

ゴオオオオオル!!

久しぶりのコーナーからの得点!9292決めた!



前半42分

SNSEUROのゴール前の混戦からボールがペナルティアークに転がりそれをオーストラリアがダイレクトでミドルシュート!

しかしケロロ軍曹が辛うじて防ぎ失点はなんとか免れる



前半46分

前半終了直前のケロロ軍曹のゴールキック

このボールをヘディングで前線になんとか落とそうとMeteoraが競りに行く

しかしここで事件発生

オーストラリアのVincenzo Grella(ビンチェンツォ・グレッラ)

WS000506.jpg


がMeteoraの顔面にエルボー!

これにはSNSのメンバーも審判に猛抗議!

そして主審のRio Shibamura(柴村 リオ 日本人なので恐らく架空の審判)は

グレッラを呼び寄せそしてレッドカードを提示!

国際親善試合で一発退場!



ハーフタイム

WS000507.jpg

WS000508.jpg

WS000509.jpg


あまり動きが無かった前半戦でしたがそれでも二点リードしている為全く文句はありません

さすがに神前試合でいきなり顔面にエルボー食らった時は焦りましたが…w

フォワードのKIKIと9292で一点ずつ得点している点はEURO本選に向けてプラスになると言えるでしょう

特に疲れてる選手もいないためそのまま後半戦へ!



後半47分

右サイドからのSNSのコーナーキック

キッカーは何故かKIKI

KIKIはファーに走りこんでいるTAKAにボールを上げた!

TAKA!ノーマーク!そしてヘディングシュート!

しかしシュートはキーパーの正面…



後半69分

バックラインからショートパス中心にボールを前線に運んでいくSNS

ハーフライン上でボールを受けたumi_umiは

フリーでボールを受けに来ているNakatunにボールを渡す

Nakatunはワントラップで前を向くとまだ距離のある位置からミドルシュート!

が、しかし威力が無い…うまくボールを捉えきれなかったか?

しかし枠は捉えている…

なんとオーストラリアキーパー集中していない!慌ててジャンプするも間に合あわずゴオオオオル!

Nakatunの意表をついたシュートが得点に直結!見事に3点目!



後半75分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのAnzuはファーに巻き込むようなボールを蹴りこむ

これをTAKAがフリーでトラップしてシュート!

しかしシュートはサイドネットに吸い込まれる



後半80分

オーストラリアが右サイドにロングボールを放り込むもumi_umiが上手くインターセプト!

すぐに左サイドの奥にボールを放り込む!

ディフェンスに挟まれながらもこれをトラップしたKIKIはフェイントでディフェンスを一人かわしそのままセンタリング

このセンタリングに合わせるのは9292!キーパーとセンターバックに挟まれながらも空中戦に競り勝ちライトニングヘッド!

ゴオオオオオオオオル!9292二点目!さすがは重戦車!



後半91分

Nakatunとのワンツーで裏に抜けたKIKI

ドリブルでサイドからペナルティーエリアに切り込むとそのまま角度45度の位置からシュート!

しかしこれはキーパー正面、さすがにセーブ

って、あれ?

ゴオオオオオル!

キーパーJames Langley(架空)正面に飛んできたボールを殆どトンネルに近い形でこぼしてしまい得点!

WS000510.jpg


別に能力低いキーパーじゃないんですけどね…何故だろう?

あ、もしかしてボルトンに所属しているから昨シーズン同じチームにいたKIKIを気遣ってわざとトンネル!?

はは!愛いやつめ!くるしゅうないぞ!

いやいやいやいや…




WS000511.jpg

WS000512.jpg

WS000513.jpg


えーなんだかんだと色々ありましたが結局圧勝

オーストラリアにレッドカードが出たあたりからおかしくはなってましたが

それ以上にキーパー酷かったですねやっぱり

あの能力値で正面のシュートトンネルはないと思います…

ちなみにMoMは久しぶりにKIKIが受賞

2ゴール1アシストと大車輪の活躍でした

まぁ今日の試合はチームがよく動けてたんで、全体的に評価が高いですね



次戦情報

まだ不明

続報を待て!








久しぶりの動画です!

今回は「ちょっとだけ」編集のほう頑張りました

内容の方は…ドリブルがメインですね…ごり押し?ともいえるような気もします

最後に次回作のために出来ればコメントをいただければありがたいです

よろしくお願いします!
WS000492.jpg

WS000493.jpg


KAIYAが靭帯損傷で一ヶ月の怪我

umi_umiがコンディション不良

Valeoもコンディション不良

yas-kaneもコンディション不良だけどそろそろ経験積ませないとやばいのでスタメンで強行出場

フォーメーションはSNSジャパン時代の3-3-2-2を採用

Nakatunをトップ下に無理やりコンバートしてみて機能するかどうかテストしてみることにする

予選突破は決まってる上に相手は物凄く格下なので

怪我さえ無ければそれでいいかな~というぐらいの試合

まぁ親善試合感覚でやっておきましょう



前半15分

Nakatunのロングパスから9292がバックラインの裏を突き

そのまま左足で流し込むような形でボレーシュート!

しかしここで笛が鳴り響きオフサイドの判定



前半22分

Anzuの鋭いクロスをゴールキーパーが跳ね返すと

今度はTORIがそのボールを拾いペナルティーエリア内でフリーに!

そしてTORIは足を振りぬいて強烈なシュート!

しかしシュートは枠を捉えきれず得点には結びつかない



前半38分

右サイドでAnzuがドリブルですき放題暴れた後中央へアーリークロス

これを9292がバックラインの裏へ飛び出しつつボールに頭を合わせてヘディングシュート!

しかしシュートは枠を超えていく

実況曰く「9292は大分試合運びに自身がなさそうです」



前半44分

MAGAREUSUはバックパスをダイレクトで前線へロングパス!

これが絶妙なパスとなりKIKIがボールを拾うために一気に加速!ディフェンダーを振り切る

そしてゴールキーパーとの一対一の攻防も相手ゴールキーパーの逆を突きシュート!

ゴオオオオオオル!先制!

MAGAREUSUのアシスト!そしてまたもやKIKI得点!



ハーフタイム

WS000494.jpg

WS000495.jpg

WS000496.jpg


ボール支配率66%

被シュート数0

パス成功率80%

ヘディング成功率100%

と、完全に遊んでますねポーランド

もう一点取ってますし後半もこのまま適当に遊んであげちゃってください



後半58分

マケレッティがドリブルで左サイドを突破して二度センタリングを上げる

しかし両方とも相手CBに跳ね返され得点にはならない



後半64分

相手をCBを背負いながらもドリブルで華麗に抜き去ったTORIは

ドリブルで抜いたことで生じたスペースに9292を発見しパスを出す

9292ペナルティーエリア内ゴール正面でフリー!

9292ダイレクトシュート!

しかしシュートはポストの横を通過する

実況「9292全然自身がなさそうです」

実況「TORI!メディアの注目を楽しんでいるようです!」

…どうした9292!SNSJAPAN時代はあんなに活躍してたじゃない!

やっぱりランスから中々移籍させてもらえないのが原因なのか?



後半64分

ゴール前40mからTORIがドリブル開始

正面に待ち構えるディフェンダーもあっさりドリブルで抜き去りそのままペナルティーエリア内に侵入そしてシュート!

しかしシュートはキーパーに惜しくもセーブされてしまう



後半66分

相手ゴールキーパーのフリーキックをMAGAREUSUがダイレクトでクリアー!

これがただのクリアーかと思われたが実は前線へのロングボール!

9292がこのボールに機敏に反応し裏へ抜ける

そしてキーパーと一対一!キーパー飛び出して来ている!

9292迷わず左足を振りぬいてシュート!

強烈な弾丸シュートは唸りをあげながらゴールネットへ吸い込まれていく!

ゴオオオオル!9292!決めた!

久しぶりの弾丸シュートをゴォルネットに叩き込んだ!



後半89分

TAKAの狙い定めた前線へのロングパス

この奇襲に焦ったのか相手CBがクリアーミス!

ボールはペナルティエリア内に待ち構える9292の足元へ!

これを9292キッチリと決めてごっつぁんゴール!

実況「これは嬉しいでしょう9292」

実況「自分のプレーで答えを出しました!」



試合終了

WS000497.jpg

WS000498.jpg

WS000499.jpg


まぁ無難に勝てましたね



新企画?選手個人個人の評価

試合に出場した選手一人一人に

自分なりのコメントと評価(10段階)を書いていこうかな?という行き当たりばったりな企画です

GK yas-kane 評価?

シュートうたれてないので評価しようが無い

ただこの試合経験を生かして精神面と技術面双方の成長に関して大きなアドバンテージになってくれることを期待

RCB MAGAREUSU 評価8

なんだかんだでこの試合2アシスト

後は直接フリーキックの精度を安定させてもらえれば文句なし

CB TAKA 評価10

一度もシュートをうたせなかった事は十分評価に値する

最後は1アシストも記録して文句なしの満点

LCB M777 評価8

攻撃面での活躍は特に無かったものの

持ち前の安定したディフェンスを見せてくれた

DMC Takato 評価7

60本のパスのうち56本のパスを成功させたのは素晴らしい

けれども得点の場面では全く顔を出せてなかったのが残念

RSF Anzu 評価 7

チームの調子の上がらなかった前半に唯一輝いていた選手

ただ逆に後半は存在が消えていたのは減点

LSF マケレッティ 評価7

前後半共に無難な活躍

ドリブル突破やパスで活躍

ただ、クロスの精度に欠いてしまったのは残念だった

RAMF TORI 評価9

このフォーメーションのトップ下としては完璧な働き

サイドハーフでは中々持ち前のファンタスティックなプレーは魅せれなかったが

トップ下でついに才能を開花

ドリブルからラストパスまで全て完璧だった

後はシュート精度を求めたいところだが、さすがにそこまで求めるのは酷かも

LAMF Nakatun 評価6

電柱。

無難にボールをキープする役割は果たしたものの持ち前のパスセンスは発揮できず

RFW 9292 評価8

この試合でやっと復活の糸口を掴みかける

二点目はラッキーゴールだったが

一点目は彼らしさがよくでていた素晴らしいシュートだった

ユーロが始まるまでに完全な復活を期待

LFW KIKI 評価8

相変わらずの安定した決定力を見せ付けてくれた

裏に抜ける動きも抜群で、このシステムと非常に相性がいいのかもしれない



次戦情報

…ここまで書いてみたのはいいんですが結構この新企画大変ですね

気が向いたときだけ書くことにします…疲れるんで

さてさてユーロが始まる前に調整や最終選考の意味も含めて

ウェールズとオーストラリアに親善試合を申し込んでいたのですが

この試合が終わっていきなりウェールズ側が

「ごめんチェコと試合日かぶっちゃったからキャンセルさせて♪」

と、自分で親善試合を申し込んでいながらいきなりキャンセルするという素晴らしいドタキャン術を披露

おかげで親善試合の相手がオーストラリアだけになってしまいました…

I☆YA☆GA☆RA☆SE☆

さてさて気になるオーストラリア戦の日程は

11月12日土曜日(31日後)です
まず最初に怪我人情報

Valeo ウィルス感染で招集見送り

yas-kane 頬骨の骨折で招集見送り

umi_umi 怪我明けでコンディション不良の為スウェーデン戦は恐らく出場厳しい

Nakatun 同じく怪我明け 

とまぁまたもや怪我人が過多で大変な状態な訳ですが…予選突破は決まってるのでまったりやります



試合前情報

WS000482.jpg

WS000483.jpg


フォーメーションはSNSJAPAN時代の3-3-2-2システム

左サイドハーフは試験的にマケレッティを配置

また、トップ下をTORIにやらせてみるという試み

さらにフォワードは9292とAnzuというまたもやテスト的な組み合わせ

…まぁ消化試合ですから

どうせなら色々試しておこうって訳です



前半1分

ゴール前40mからのフリーキック

キッカーはレウス…得意な位置だ

そしてレウス直接狙った!

威力のあるシュート!キーパー逆をとられた!

しかしシュートは枠の上…そう上手くはいかない



前半2分

Takatoのワントラップからの素晴らしいパスでTORIがバイタルエリア内でフリーに!

そしてTORIはプレスに来たディフェンダーをドリブルでかわしミドルシュート!

しかしシュートは惜しくも枠をはずす



前半3分

右サイドをドリブルで突破されかけるもKAIYAのタックルで見事にボール奪取

KAIYAはすぐにTORIにボールを預ける

そしてTORIはフェイントで相手を惑わしながら9292へパス

これを9292がダイレクトではたいてAnzuが一気に裏に抜ける!

Anzuペナルティーエリア右45度でキーパーと一対一!臆せずシュート!

しかしシュートは惜しくも枠の上



前半17分

SNSEUROのゴール前20mからのフリーキック

キッカーはスウェーデンのキャプテンLinderoth

Linderothは小細工無しに直接狙った!

しかしケロロ軍曹パンチングで楽々クリアーに成功!ゴールは割らせない



前半20分

Takatoのパスが跳ね返されカウンターアタックを食らってしまうも

ケロロ軍曹が一対一の攻防を制しゴールを死守する



前半27分

Fernerudの素晴らしいスルーパスでイブラヒモビッチが裏を取りそのまま独走!

そしてケロロ軍曹と一対一の状況にドリブルで持ち込む!

そしてイブラヒモビッチ迷わずゴール右隅を狙ってシュート!

しかしこのシュートをケロロ軍曹が見事にセーブ!

今日のケロロ軍曹は当たっています!



後半31分

Takatoの素晴らしいロングパスがスウェーデンのディフェンスラインの死角を捉える!

このボールに反応していたAnzuがボールを拾いドリブルでそのままペナルティーエリアに持ち込む!

そしてキーパーと一対一!

Anzuはキーパーの足元を抜くようにニアを狙ってシュート!

しかしシュートは惜しくもキーパーに阻まれてしまう



前半47分

TORIがドリブルで軽々と相手ディフェンダーをかわしてそのまま右サイドに流れる

そしてTORIはニアサイドにフリーで走りこんでいる9292を見つけてすぐに低いクロスを放り込む!

これを9292がトラップ!そして落ち着いてコースを定めてシュート!

しかしシュートはサイドネットに吸い込まれてしまう



ハーフタイム

WS000484.jpg

WS000485.jpg

WS000486.jpg


TORIが予想を大きく上回る素晴らしい働きを見せてくれて満足な前半戦

両サイドハーフがちょっと前に走りこみすぎているせいでボールを受け取れていないので

もう少し低めの位置でボールを受けるように指示

それ以外のポジションは特に問題が無いと言っていいほど動きは良かったので手は加えずそのまま後半戦へ



後半50分

マケレッテイのドリブルからのパスで左サイドを抜けたAnzuが、

中央にセンタリングを上げようと試みるも相手選手に阻まれてしまう



後半52分

TORIはドリブルで二人をかわし自らの力でバイタルエリアでフリーになる

そしてTORIは目の前に捉えたゴールを狙いミドルシュート!

しかしシュートは惜しくもキーパーに阻まれてしまう



後半64分

相手が放り込んだクロスがTAKAに当たりそれがうまい具合に跳ねて

ディフェンスラインの裏に落ちてしまう

これを拾ってRosenbergがシュートを放つがケロロ軍曹がなんとか止めて
失点は免れる



後半70分

9292に疲れが見え始めたのでNakatunと交代

同じくAnzuもKIKIと交代



後半82分

マケレッティの素晴らしいアーリークロスでNakatunがペナルティーエリア内でGKと一対一になる

しかしNakatunは慌てたのかシュートにもたついてしまいディフェンスにボールを奪われクリアされてしまう



後半91分

KAIYAのドリブルからの素晴らしいスルーパスでNakatunが裏に抜ける

そして角度の厳しい位置からゴールに体を向けてすぐさまシュート!

しかしシュートは枠の遥かに上



試合終了

WS000487.jpg

WS000488.jpg

WS000489.jpg


マンオブザマッチは久しぶりにTAKAが受賞

全体的に上手く機能していたのではないでしょうか?

残念ながらゴールは生まれませんでしたが、それでも十分合格点は出せる展開だったと思います

TORIがトップ下の才能があると判明しただけでも今回の試合は十分な意味を持ったと思います

さて次戦はEURO予選最終節フェロー諸島戦で

試合日は10月12日水曜日(四日後)です
負傷者情報

WS000472.jpg


今度はumi_umiが負傷離脱…

こうなるともうTakatoの1ボランチしか選択肢がありませんね



試合前情報

WS000473.jpg

WS000474.jpg


散々悩んだ末フォーメーションは4-1-2-2-1に決定

1TOPのフォワードはKIKIに決定

最近KIKIも点が取れていないので今試合での活躍を期待

ユーロの予選自体はとりあえず2位以上は決定しているので

できれば安全に本選までいける1位通過を目指して今試合も勝ちに行きたいと思います



要注意選手

Gergely Ujfalusi (ゲルゲイ・ウィファルシ)

WS000475.jpg


08-09シーズンにハンガリーのMTKというチームでキャリアをスタートさせたストライカー(ユース選手として自動生成された架空選手です)

MTKでは18歳という若さにも関わらずトップチームのレギュラー選手として活躍

国内リーグ戦に27試合出場し19ゴール3アシストを記録する

この神童に最初に目を付けたのはブルガリアの強豪クラブレフスキ・ソフィア

翌シーズンにフリーでウィファルシを獲得

最初は誰も国外に移籍してきたばかりの若者になど注目しなかった

が、この神童は本物だった

19歳なったばかりという若さで

しかも始めての国外でのリーグ戦という非常に苦難に満ちた状況であったにも関わらず

リーグ戦27試合16ゴール5アシストという信じられない活躍を披露

カップ戦も含めると34試合20ゴール6アシストにもなるという信じられない成績を収めたのである

この数年に一度の逸材についにビッククラブが獲得に動く

そのクラブとはスペインの強豪バルセロナ

1億1000万円と才能にから考えるとかなり安価な価格でウィファルシを獲得する

ちなみに同シーズン終了後20歳で初代表を飾っている(対ポルトガル)

が、これだけでは彼は終わらなかった

10-11シーズンにはバルサからセリエAのカリアリにレンタル移籍

ストライカー泣かせのSerieAでの活躍はさすがに厳しいだろうと予想された

しかしウィファルシはそれでもリーグ戦32試合に出場し11ゴール1アシストを記録したのである

あのセリエAで!今までとは遥かにレベルの違うリーグでコンスタントに二桁得点を叩き出し

ウィファルシの評価はここでさらに高騰

この世代を代表する若手選手筆頭に上げられている

今シーズンはプレミアのトッテナムに期限付き移籍している

ちなみに四日前に行われたハンガリー対フェロー諸島戦ではハットトリックを記録している




…なんか架空選手を説明するだけなのに無駄に長い文章になってしまいました…

すんません!もうやりませんから許してください!

…ただこのゲームって不思議なことにユース入団から育て上げた若手選手には非常に愛着がわいてしまうんですよね…



前半7分

相手のカウンター狙いのロングボールにディフェンスラインがオフサイドトラップで対抗

しかし失敗してしまいボールはペナルティーエリアの右に転がり込む

これをウィファルシが拾う

そしてゴールの方向へターンしカーブをかけたシュート!

しかしこれはサイドネットに外れる



前半9分

ゴール左40mからのフリーキック

キッカーのレウスは助走を付けて…シュート!

勢いのあるシュート!

しかしコントロールが出来ておらず枠を外す



前半22分

右サイドエリアからのフリーキック

キッカーのレウスはゴールの前に単純なクロスを放り込んだ!

このボールをゴールに叩き込もうとせんが為にMeteora勢いよく跳んだ!そしてヘディングシュート!

しかしこれはキーパーに阻まれる!

が、その阻まれたボールをさらにヘディングで押し込む!

信じられない!これもキーパーセーブ!

それでもMeteora諦めずにこぼれ球を右足であわせてシュート!





ゴオオオオオオオル!Meteora、決めた!

まさしく執念のゴール!すばらしい!



前半35分

マケレッティがダイレクトに放り込んだ前線へのクリアーがKIKIの目の前に転がる

そしてKIKIはスピードに乗りながらボールを拾いドリブルを開始

KIKIは相当マークされているらしく二人がかりでマークされている

しかしKIKIはその状況に臆せず一人マークをかわすと

ゴール左22mぐらいの距離からミドルシュート!

コースを狙ったシュートだ!ボールはゴール左隅に!

しかしボールは惜しくもサイドネットに吸い込まれゴールキックに



ハーフタイム

WS000476.jpg

WS000477.jpg

WS000478.jpg


シュートは結構うてたものの支配率は51%とイマイチ

トップ下をもう少し下がり目に指定してもっとパスの起点になってもらうように指示を出すことにする

ウィファルシは最初のシュートにはヒヤッとしたものの

それ以外では完全に抑えていたので問題無し

そしてこのままの面子で後半戦へ!



後半61分

右サイドのスペースを狙ったロングパスに反応したValeo

完全にフリーで抜け出した為マークが外れておりそのままグラウンダーのセンタリングを中央へ送り込む!

これに反応したKIKIがマークを振り切って抜け出し右足でボレーシュート!

これをキーパーに阻まれるもこぼれ球をさらに押し込しんで…

ゴールゴールゴール!KIKI!決めた!

これで勝利はほぼ確定か?



後半75分

KIKIが軽傷を負わされた為大事をとって9292と交代

さらにyas-kaneに経験を積ませる為ケロロ軍曹と交代



試合終了

WS000479.jpg

WS000480.jpg

WS000481.jpg


EURO予選首位通過決定!

結局6戦6勝で予選は余裕でしたね

残りの予選の二試合はyas-kaneやKAIYAなどの若手を積極的に起用して経験を積ませたいと思います

次戦はスウェーデン戦で試合日は10月8日の土曜日(31日後)です
2012年EURO予選~スイス戦~ (2007/05/15(火) 07:00:30)
WS000463.jpg

WS000464.jpg


今回マケレッティがついに戻ってくるという事で初めて4バックシステムを採用

イングランド風のシンプルな4-4-2です

右FWのNakatunにはセカンドトップの役割をやってもらいます

ちなみに9292はギリギリ出場は出来るものの食中毒の為コンディション不良です…

左サイドハーフにはやっと負傷から復活したTORIを起用

そして問題の右サイドバックにはREUSUを無理やりコンバート

…正直機能するかどうかは微妙なので、攻撃参加は控えめにするよう指示

その代わりマケレッティの入る左サイドバックには積極的な攻撃参加を期待!



前半8分

レウスがプレスに行ったことで生まれたスペースに相手がスルーパス!

これがペナルティーエリア内で完璧にフリーな状態でスイスのFWのDoujinに通ってしまう

そしてDoujin落ち着いてシュート!ファーを狙った!

しかしケロロ軍曹がこれを落ち着いて見極めキャッチ!

なんとか失点は免れる



前半開始~22分

全く攻撃の形が作れていない

相手がかなり引いて守ってきているのが原因なんですが

Takatoやumi_umiがボールを持ってもまずパスコースが無い

そうなると仕方無しにサイドハーフやバックラインにボールを預けることになるのですが

両サイドハーフのKAIYAとTORIのドリブルで状況を打破しようと試みるも

引ききったディフェンス陣を崩すには至らず結局

苦し紛れのアーリークロスを放り込むことになるのですがこれも通らない

完全に手詰まりな状態、ハーフタイムまで様子を見ますが

ハーフタイムになっても状況が変わらないようだったらある程度手は打たないといけませんね



前半28分

umi_umiが左サイドのTORIにシンプルなパスでボールを預ける

これをTORIがダイレクトで中央にいるTakatoに浮かせたミドルパス

さらにTakatoがダイレクトでパスをKIKIの足元へ

これをKIKIがトラップで相手を一人かわしNakatunへラストパス!

Nakatunニアへ蹴りこんだ…!

ゴオオオオル!

見事先制!細かいパス回しからの得点!



前半38分

左サイドからのコーナーキック

キッカーのKAIYAはキーパーと競り合っているNakatun目掛けてクロス!

これをNakatunがゴールを背にして大きくトラップ

そしてこのトラップしたボールをTakatoが走りこんでシュート!

しかしシュートはキーパーに阻まれる



前半42分

右サイドからのコーナーキック

キッカーのTORIはファーに待ち構えるM777目掛けて直線的なボールを放り込む!

M777加速してマークを振り切った!そしてヘディングシュート!

しかしシュートは枠の上に飛び得点にはならない!



ハーフタイム

WS000465.jpg

WS000466.jpg

WS000467.jpg


とりあえず先制点は運良く奪えたものの安心できる展開ではなかったので

後半から中盤の選手に対する指示を変更

両サイドハーフのKAIYAとTORIには極力前線に走りこむ回数を減らしてもらい

低い位置でボールを受けてドリブルで勝負してもらうよう指示

逆にセンターハーフのTakatoとumi_umiには

積極的に前線に走りこみトップの選手に近い位置からラストパスを供給してもらうよう指示

これで孤立していたFWとラインが出来ればある程度は攻撃面は改善されるでしょう

たぶんだけどね



後半47分

NakatunがMotaに削られ負傷退場させられる

ナンテコッタイ…予定外だ…

Nakatunのポジションの変わりには9292・Meteora・Valeoが居ますが

9292はコンディション不良・Valeoは年齢によるフィジカルの衰えが問題になるので

とりあえずここは無難にMeteoraを投入することに決定!



後半53分

スイスのフリーキックをM777がヘディングでクリア

これを拾ったKAIYAがさらに前線に大きくクリア

スイスのバックラインが攻撃参加していて不在の為やむなくスイスのゴールキーパーがペナルティーエリア外に飛び出してトラップ

しかしこのトラップが若干大きい!これを見逃さずKIKIがタックル!

そしてボールを掻っ攫い無人のゴールに蹴りこもうとシュートモーションに入る

しかし置いていかれていたキーパーが後ろから上手いタックルでボールを失う!

が、そのこぼれ球にMeteoraが走りこみ…キーパーより先にシュート!

ゴオオオル!ラッキーな得点!



後半58分

ポーランドゴール右20mからのスイスのフリーキック

キッカーはBellon

ボールを置いて…すぐさま直接狙った!

ゴールへ向かうカーブがかかったシュート!

しかしこれをケロロ軍曹が辛うじてセーブしクリアー!



後半72分

ポーランドの右サイドのスペースを狙ったスルーパス

しかしこれをMAGAREUSUがしっかりとタックルでボールを奪う

そしてすかさず前線に走りこんでいるTakatoにシンプルなパスをつなぐ

そしてTakatoはダイレクトですぐ前を走っているMeteoraの前のスペースへスルーパス!

Meteoraフリーで独走!そのままペナルティーエリアに侵入しゴールキーパーと一対一!

そして左足を振りぬいてシュート!

しかしシュートは勢いよく枠の上を通過してしまう



後半87分

KIKIがドリブルであっさり相手DFを置き去りに!

そしてキーパーと1対1の状況でそのままシュート!

しかしキーパーの好セーブでフィニッシュは阻まれる



試合終了

WS000468.jpg

WS000469.jpg

WS000470.jpg


運良く勝てたと言ったところでしょうか?

かといって本当ならば負けていたという試合でも無かったですね

内容的には引き分けが妥当でした

結局最後までこれといった攻撃の形が作れなかったのは痛かったですね



負傷者情報

WS000471.jpg


四日後にあるハンガリー戦には間に合わず欠場が確定

9292の食中毒の治療次第ではKIKIの1TOPでの試合も頭に入れておかなければなりませんね

と言うわけで次戦はハンガリー戦

試合日は9月7日(水)の四日後です
Tomas Ely 引退

WS000451.jpg


生涯成績 54試合 22得点 3MoM

ローマでは最後まで定位置確保ならず…

移籍すれば活躍する可能性は十二分にあっただけに残念

ちなみに現在はSerieBのRevennaというチームのアシスタントマネージャーをやっています



ロビーニョ

WS000452.jpg


「もうこのクラブでは全てのことを成し遂げた」と語っていたロビーニョがついにミランに移籍

その移籍金額なんと85億!

…1000万円ぐらい分けてください



キエッリーニ

WS000453.jpg


インテル所属のインテル左サイドバックキエッリーニをバルセロナが64億円で獲得

…なんか去年の夏から移籍金の金額が段々可笑しくなってるような…気のせい?



フンテラール

WS000454.jpg


昨シーズン32試合19ゴール1アシスト6MoM 

平均評価7.97

という化け物じみた活躍をしたフンテラールがついに移籍

移籍先はマンU

移籍金額は60億円

いやいやいやいやいやいやぁああああ



KAIYA

WS000456.jpg


マンUではスーパサブとしてしか出番を与えられなかったKAIYAがついに移籍を決意

移籍先はマンUと同じくサイドアタッカーの豊富なバレンシア

移籍金額はなんと52億円!

これまでのSNSメンバー最高移籍金額記録保持者Takatoの37億5000万円を大きく上回る金額です

バレンシアでの更なる成長を期待しましょう



KIKI

WS000457.jpg


不遇のリヨンからボルトンに移籍1シーズン目にしていきなりプレミアにフィット

リーグ戦で33試合15ゴールという活躍を見せたKIKIが早くも移籍

移籍先はプレミアの4強の一つマンチェスターユナイテッド

移籍金額は19億5000万円

恐らくフィジカルが衰えてきたオーウェンの後釜としての獲得だと思われるが

マンUはKIKI以外にもフンテラールを獲得している為

KIKI・ルーニー・フンテラール・オーウェン

という非常に豪華なレギュラー争いが行われることになるだろう



移籍市場まとめ

WS000458.jpg

WS000459.jpg


なんか2・3シーズン前までは10億円以上の移籍がすごい!という時代だったのに

ここ最近は30億円以上の移籍がゴロゴロありすぎですね…

大型クラブがどんどん金持ちになっているということでしょうか?



【新企画】裕福クラブランキング

WS000460.jpg


バルセロナが1320億円でぶっちぎりのトップ

2位は何故かアーセナルで930億円…買収でもあったのかな?

3位はチェルシーで696億

4位はマンU681億円と

2~4位はプレミア勢が並びます

5位・6位にローマとインテルが続き

7位がなんとレアル

金使いすぎて陥落しまくりってとこなんでしょうかね

ちなみにアーセナルはAチームに限りますがイングランド人一人だけです

チェルシーは4人 マンUは6人 リヴァプールは5人…

…イングランド大丈夫なのか?w

ちなみにアーセナルのたった一人のイングランド人は

Chris Collins というフルハムのユース上がりの架空選手なんですが

これが20歳にして異常な能力(ポジションはGK)

今や世界を代表するGKのケロロ軍曹とあまり変わらないんじゃないか?というぐらいの化け物↓

WS000462.jpg


…これは将来のイングランド代表正GKで確定だなぁ…



次戦情報

さて次戦はスイス戦

マケレッティが返ってくる為フォーメーションは4バックを試験的に採用

ただ、4-4-2になるのか4-5-1になるのかは未だに不明のまま

続報を待て
WS000440.jpg

WS000441.jpg


スタメン・フォーメーション共に前回と同じ

ただ、Nakatunに関してのみ指示を若干調整

指示の内容は

下がってボールを受けること

ボールを受けたらショートパスでつなぐこと

ということを指示してみました

彼のパスセンスを最大限に生かすためにSTに近い動きをしてもらおうと言う訳です

まぁこれでだめなら…9292投入を考えますけどね…

相手の実力を考えると3点以上は取って勝ちたいですね



前半1分

オーバーラップしてきたTAKAがKIKIへスルーパス

ペナルティーエリアに抜けたKIKIはキーパーをかわそうと一気に加速!そしてシュート!

しかしキーパーかろうじてセーブ!しかしボールはペナルティエリアにこぼれたまま!

これをNakatunが猛然と走りこむ!

そして見事に詰めて先制ゴール!



前半10分

NakatunがポストプレーでREUSUにバックパス

そしてレウスがダイレクトで右サイドのスペースにロングボール!

これをKAIYAが拾って右サイドを突破!そしてクロス!

ボールはペナルティーラインにいたMeteoraへ!

Meteoraトラップして…ミドルシュート!

しかしシュートは惜しくも枠の上



前半20分

左サイドでボールをもったAnzuが

逆サイドからペナルティーエリアに走りこむKAIYAに大胆なアーリークロス!

これが綺麗な弧を描く素晴らしいクロス!

KAIYAはワントラップしてゴール左隅に流し込むシュート!

キーパー届かない!ゴオオオオオオオル!

KAIYA!代表初ゴール!

WS000443.jpg




前半30分

ゴール正面40mからのREUSUのフリーキック

レウスは助走して…なんと直接狙った!

シュートは二枚の壁をすり抜けゴール左角に一直線!

キーパー慌てて飛ぶも全く届かない!ゴオオオオオオオル!

なんというロングフリーキック…ジュニーニョ?

いやしかし便利な飛び道具だ…本当に

WS000444.jpg




ハーフタイム

WS000445.jpg

WS000446.jpg

WS000447.jpg


とりあえず前半だけで目標達成

Nakatunを起点にしたパスを出させるという目論見が見事的中

しかし相手のレベルはかなり低いので

もっとレベルの高い相手と対戦したときに通用するかどうかは微妙



後半65分

KAIYAのドリブルキープからのアーリークロス

そのクロスにKIKIがヘディングであわせるが枠を捉えきれない



後半81分

umi_umiのシンプルなスルーパス

相手のマークがぐちゃぐちゃだったおかげであっさり通る

このチャンスを見逃さずKIKIはシュートをニアに流し込み4点目



後半87分

右サイドからのコーナーキック

キッカーのKAIYAはゴールから逃げるようなボールを中央に蹴りこむ

これに合わせるのはM777!ディフェンダーを弾き飛ばし強烈なヘディングシュート!

キーパーの正面!

しかし反応できない!

ゴオオオオオオル!5点目!

久しぶりにコーナーキックから得点をとった気がする…



後半89分

右サイド奥からのスローイン

KAIYAはボールをとりにきたMeteoraにシンプルにボールを渡す

そしてMeteoraすぐにKAIYAにボールを戻す

KAIYAはターンしながらニアに角度のキツイセンタリング!

ボールの軌道上にNakatun!ボールに少し触れるようなヘディングシュートで僅かに軌道を変える

これにキーパーが対応できずゴオオオル!6点目!



後半92分

ハーフウェイライン左からのフリーキック

キッカーはM777…シンプルにゴールエリアにボールを放り込んだ

そしてNakatunボールに競り勝ちヘディングシュート!

キーパー集中できていない!ゴオオオオル!

Nakatunハットトリック!



試合終了

WS000448.jpg

WS000449.jpg

WS000450.jpg


えーまぁ当然といっちゃ当然と言える圧勝でした

Nakatunはハットトリックを決めたものの、やはり格が下の相手なのであまり参考にはならず

まぁそれでもプラスではありますけどね

KAIYAの初ゴールやREUSUのロングフリーキック等中々面白いゴールも見られたので

この試合の内容に関しては素直に合格をあげたいです




次戦はスイス戦で試合日は9月3日(土)の91日後です

ちなみにマケレッティがこの試合で復帰予定
WS000427.jpg

WS000428.jpg


フォーメーションとスタメン自体は前回の予告通り

この試合でNakatunが活躍できれば9292とのレギュラー争いが激化することは間違いないですね

SNSメンバーが増えた以上スタメンは実力主義でいきます

結果がでなければすぐにスタメンは外されることを覚悟しておいてください

戦いは既に始まっています…



ポジション争い激戦区

FW

KIKI 9292 Nakatun (Meteora)

KIKIは今のところは全く心配がないが、問題はこの調子を維持できるかどうか

9292とNakatunは事実上の一騎打ち

現状のクラブでの待遇を考えると9292がやや不利だが

アデバヨールとの不仲説が浮上しているNakatunもこのままアーセナルで好条件のままプレイできるとは限らない

夏の移籍市場で9292が理想のクラブに移籍することができたならば立場は簡単に逆転してしまうだろう

Meteoraは採用するシステム次第で状況が変わる

トップ下が1枚ならばベテランのキャプテンであるValeoのほうがポジション争いが有利

しかしMeteoraはトップ下同様FWの才能もあるので

トップ下が確保できなくてもFWでプレイすることもできる

ちなみにValeoは恐らくユーロが恐らく年齢的に最後の大会になると思われるので

ユーロ以降はトップ下はMeteoraで安泰であることは間違いない

ただ、ユーロが終わったあともトップ下を採用したシステムを使うかどうかは定かではない




MF部門

トップ下

Valeo Meteora

採用するシステムによって大きく状況が変わるが

今回と同じようにトップ下が1枚の場合を前提に話を進めると

チーム全体を引っ張るカリスマ性を考えるとやはりまだValeoは外せない

しかしMeteoraの能力もメンタリティーを差し引けばValeoに負けず劣らずな実力の持ち主

特に決定力やミドルシュートの技術に関してはValeoより1枚も2枚も上手

また、次期キャプテン候補にケロロ軍曹が育ってきているのでValeoが絶対安泰とも言い切れない

現段階ではどちらが勝ち残るかは予測不可能なポジションである



サイドアタッカー

Anzu TORI KAIYA

今のところはAnzuが頭一つ抜けている

強力なドリブル突破も確かに魅力

しかしそれ以上に魅力なのはその正確なクロス

サイドの奥から上げるクロスは勿論

ペナルティーエリア手前から上げるクロス精度も抜群

9292がSNSJAPAN時代活躍できたのは相棒の正確なクロス供給があったからとも言える

となるとTORIとKAIYAの一騎打ちになるわけだが

現在の実力を考えるとTORIのほうがやや有利

確かにTORIはAnzuほど目立ちはしないものの、しっかりと自分の仕事をこなし

ビハインドの状況での活躍は目を見張るものがある

逆にKAIYAは確かにポテンシャルは一流且つスキルではTORIより上手なのは間違いない

しかしやはり若さと経験不足のせいか代表試合などでのプレッシャーのかかる試合ではあまり真価を発揮できていない

やはり経験の差というものは大きい…が、しかし

TORIは負傷に非常に弱いと言ってもいい傾向にあり

今シーズンも度重なる怪我の影響で先発での試合出場は8試合に留まっている(今試合もインフルエンザで欠場)

この隙をKAIYAがついて経験を積み精神的に大成することができたならば

ポジション争いはKAIYAに軍票が上がるだろう



ボランチ

umi_umi Takato (MAGA REUSU)

このポジションも採用するシステムで大きく揺れ動く

今試合と同様のボランチ二枚のシステムならばumi_umiとTakatoの2歩ランチでほぼ間違いない

しかしSNSJAPAN時代の様な1ボランチシステムになった場合はumi_umiとTakatoの一騎打ち

どっちもほぼ実力に差はない為如何にコンスタントに結果を残せるかの勝負になります

オプションにMAGA REUSUもいますが実力的には下回るのでサブ扱いでの出場になります…でたとしてもね



DF

TAKA M777 MAGA REUSU マケレッティ

3バック採用ならばまず間違いなく中央の二人はTAKAとM777のコンビで当確

人材が足りてない右サイドバックですがMAGA REUSUができないこともない為無理やりコンバートして右に配置

そして左サイドバックにはマケレッティという形になると思います

ここが人数が少なくて一番安全なポジションかもしれませんね…



GK

ケロロ軍曹 yas-kane


経験・実力共に現時点ではやはりケロロ軍曹がファーストチョイス

yas-kaneは虎視眈々とレギュラーの座を狙うことしか今現在はできないかと思います

ただ、4年の時を経て彼らの立場が変わるか変わらないか?と言えばそこは誰にも予想できない訳ですが…



要注意選手

Zoltan Gera

WS000429.jpg


拾いポジション適正と利き足が両方という点が非常に魅力的なプレイヤー

パスセンスにも優れておりハンガリーの司令塔としての役割を担う

ただ、最近は年齢の関係でフィジカルに問題を抱え始めており

そこを突けば簡単に無力化できる可能性も大いにあります



前半10分

右サイドからREUSUのフリーキック

REUSUは逆サイドのペナルティーエリア内にいるAnzu目掛けてボールを蹴りこんだ!

やや弾道が低かったせいかDFにクリアされ…

と思ったらディフェンスの連携ミスでボールがそのままAnzuに通る

Anzu慌ててトラップ!そしてシュート!

しかし角度がきつく余裕が無かったせいかシュートは大きく枠をはずれる



前半18分

やや下がり目の位置でボールをうけたNakatunはそのまま前を向いてすぐさまミドルシュート!

が、コースはよかったものの威力がなくキーパーにセーブされる



前半20分

ケロロ軍曹のゴールキック

ボールはumi_umiへ

umi_umiヘッドでボールを前へ運ぶ

このボールが上手いことKIKIの前に落ちる

KIKIはそのままトップスピードに乗りDFを振り切りキーパーと一対一

しかしフィニッシュの精度に欠きシュートは大きく枠の上



前半28分

umi_umiが左サイドのスペースにロングパスを送り込む

これに反応したAnzuが左サイドを突破!そしてセンタリング

しかしクロスボールは相手選手にあたり再びサイドエリアにボールが舞い戻る

これをKIKIがバックラインギリギリのところで切り返しセンタリング!

ボールはファーに走りこんでいるKAIYAの元へ!

KAIYAはそのまま走りながら右足を振りぬきダイレクトボレー!

素晴らしいシュートだ!キーパー飛ぶも届かない!

しかしシュートはバーを叩きクリアー!惜しかった!



前半32分

Takatoのシンプルなパスを受けたNakatun

二人のディフェンダーを背負いながらもペナルティーエリアで前を向きシュート!

しかしシュートは枠を捉えきれずそのままゴールキックへ



前半36分

ハーフウェイラインからM777がTakatoへロングパスを供給

これをTakatoがダイレクトで流すような素晴らしいスルーパスをNakatunに送り込む

Nakatunは相手より一歩先に裏へ抜けた!

ニアへ流し込むようなシュート!

キーパーポジショニングが悪く届かない!

ゴオオオル!Nakatun!代表初ゴール!

Takatoの華麗なアシストからの得点!



前半38分

Takatoが右サイドのスペースに走りこんでいるKAIYAに素晴らしいロングパス!

そしてKAIYAドリブルでサイド奥まで走りこみファーへセンタリング!

KIKIがボールに追いつきさらにセンタリング!

これをNakatunが頭で合わせる!

しかしシュートはキーパーの正面



ハーフタイム

WS000432.jpg

WS000433.jpg

WS000434.jpg


今日の試合はどっちかって言うとSNSEUROになってから参入した新メンバーのほうが目立ってますね

特にKAIYAの動きが前に比べて大分良くなっています

要所要所でTakatoとumi_umiが素晴らしいパスを供給していたので

センターハーフを起点とした攻撃はしっかりと機能していると言ってもいいんじゃないでしょうか?

特に怪我人とかも居ないのでそのまま後半へ



後半52分

NakatunがヘッドでボールをTakatoに落とす

そしてTakatoがふんわりとしたパスをKIKIにつなぐ

これをKIKIがヘディングでMeteoraの足元へ落とし

Meoteoraミドルシュート!いいコースだ!

キーパーなんとかパンチングでクリア!

惜しい!素晴らしい連携を見せました!



後半62分

右サイドを突破したKAIYAはオーバーラップしてきていたM777にパス

いきなりのオーバーラップに相手ディフェンスのマークが付ききれて折らずフリー!

そしてM777ゴール前20mからミドルシュート!

しかしシュートは枠の上



後半72分

左サイド50mからのフリーキック

REUSUはゴールへ真っ直ぐボールを放り込んだ!

このボールにumi_umiが走りこんでヘディングシュート!

しかしコントロールができずに枠を外す



選手交代

Nakatun→9292

どうも試合が膠着状態になりがちだったので交代



後半80分

左サイドからのハンガリーのコーナーキック

ファーに蹴りこまれたボールはumi_umiが冷静に対処して前線にクリアー

これをKIKIが走りこみながら拾いそのままドリブルで左サイド奥まで駆け上がる!

そしてKIKIセンタリング!

中央には9292と相手CBの二人のみ!

9292!猛烈に走りこんでヘディングシュート!

キーパー逆を突かれた!…入るか…

ゴオオオオル!決まった!

9292!交代後10分もたたずに得点!仕事をキッチリこなす男!



試合終了

WS000436.jpg

WS000435.jpg

WS000437.jpg

WS000438.jpg


Takatoが見事にマンオブザマッチを受賞

完全にTakatoとumi_umiの両センターハーフで試合をコントロールしてましたね

umi_umiは守備寄りでTakatoは攻撃寄りって具合にうまく連携が取れてました

問題はストライカーのスタメン争い

Nakatunが一点とったもののそれ以外にこれと言ってインパクトを残せなかったというのが正直な感想

まぁそれでもまだ代表初試合なので仕方ないと言ったら仕方ないですかね

逆に9292は少ない時間でしっかり結果を残している訳ですが…

うーん余計にスタメン選びに悩む…

KAIYAはあともう一息と言ったところでしょうか?

今までは守備的なポジションに位置取っていたせいで攻撃に中々絡めずに居ましたが

今回の試合では素晴らしいボレーシュートを放ったり

サイドのスペースに走りこんだりする動きが増えましたからね

後は得意のドリブル突破をもっと見せてくれるようになったら完璧ですね



次戦情報

次戦はフェロー諸島が相手で試合日は6月4日(土)で70日後です
WS000416.jpg


マケレッティ全治三ヶ月の大怪我

しかも国際代表試合での出場停止が何故か8月まで延長されるという嫌がらせ

まさに踏んだり蹴ったり…




WS000417.jpg


フンテラールがワールドMVPを受賞

今シーズンはリーグ戦とチャンピオンズリーグの両方で大量得点を重ねており

リーグ戦では28試合19ゴール チャンピオンズリーグでは8試合10ゴールをあげている

また所属チームのアヤックスもチャンピオンズリーグベスト8まで現在も勝ち残っており

エールディビッジの名門復活か!?とファンや一部の報道関係者を沸かせている




WS000418.jpg


ワールドMVPが妥当な選手に渡ったものとするならば

逆にバロンドールは意外な選手に贈られることとなった

アーセナル所属のストライカー・アデバヨール

確かに今シーズンの活躍は素晴らしいものがあるが

バロンドール受賞予想者がダビドビジャと予想されていただけに余計驚きを隠せなかった




WS000419.jpg


マケレッティに引き続き今度はValeoが負傷離脱

しかも3ヶ月の大怪我

これで次戦のハンガリー戦のスタメンでの出場はほぼ絶望的となっており

主力を数多く欠いて戦わなければならないポーランドのVOLTAGE監督は頭を悩ませている




WS000420.jpg


フンテラールがさらにFIFAベストプレイヤーイヤーに選出される




WS000422.jpg


イングランドの新星ゴールキーパーRoteiroが3ヶ月の大怪我に見舞われる

今年22歳になる彼はまだクラブでの定位置を確保できておらず

夏の移籍市場での移籍も視野を入れているとの報道がなされたが

今回の負傷によって移籍するチャンスがぐっと減ってしまったのは言うまでもない




WS000423.jpg


M777が34億5000万円という大金でユベントスに移籍する

2・3シーズン前数々のビッククラブからのオファーをクラブへの忠誠心から一蹴したという過去を持つ彼だが

この度自らのレベルアップの為にセリエAへの移籍を決意した

このスター選手の移籍にクラブの経営陣に対するフォンの怒りが爆発することになったという話もあながち嘘ではないだろう

何せ今シーズンの冬に国外へ移籍したのにも関わらず既にチームにフィットしてきている感があり

既にユベントスの将来のエースとしてスタメンの座を確保している



冬の移籍市場まとめ

WS000425.jpg


ファンペルシーが55億でレアルマドリーに移籍

そしてM777が高額移籍順で1月の移籍第2位に輝くことになった

それ以外にもミランのアンドレアピルロがチェルシーに移籍するなど非常に興味深い移籍の多い月となった



アデバヨール、Nakatunを批判

WS000426.jpg


アーセナルのバロンドール受賞者アデバヨールが同チームの若手巨人ストライカーNakatunを名指しで批判した模様

二人の仲は既に修復不可能な域まで迫っており

アーセンベンゲル監督は今年の夏の移籍市場でどちらかを手放さなければならなければなくなるだろう

今を輝くスター選手をとるのか、将来を約束されたダイヤの原石をとるのか

ベンゲル監督の決断は如何に?



次戦情報

ケロロ軍曹と新人ゴールキーパーyas-kaneが怪我で出場見送りになった為

別のゴールキーパーで代用することが決定された

またVOLTAGE監督は記者会見で

「最近の9292の調子の悪さを考えると彼を今先発で使うことは少し問題がある」

と発言しており、SNSのエースストライカー9292のスタメン落ちが予想されている

9292は今シーズン7試合先発出場(12試合途中出場)でわずか5ゴールしかあげておらず

代表でも最近得点力が著しく低下してきている為、各方面から批判を受けていた

一説によると彼のスランプの原因はクラブとの仲違いにあるとされており

9292が「もっと大きなクラブでプレーしたい」と発言したことからクラブとの決裂がほぼ決定的になったせいとだと思われている

尚、9292の代わりにはNakatunが入るだろうと予想されている

予想フォーメーションはスウェーデン戦で採用された3-4-1-2システム

以下予想メンバー

GK Tomasz Kuszczak
CB REUSU
CB TAKA
CB M777
MC Takato
MC umi_umi
AMR KAIYA
AMC Metera
AML Anzu
CF Nakatun
CF KIKI
EURO2012予選~スイス戦~ (2007/05/10(木) 10:00:00)
試合前情報

WS000407.jpg

WS000408.jpg


umi_umiが突き指でこの試合出れない&マケレッティも出場停止がこの試合まで解けないので、結構な人材難に

フォーメーションはSNSJAPAN時代の3-1-2-2-2を採用

キーポジのボランチにはTakatoを投入

そして左サイドハーフはKAIYA右サイドハーフはAnzuという形

それ以外は今までとほぼ一緒、Takatoの活躍に期待



要注意選手

Da Mota

WS000409.jpg


両足が使えるパサー

高い判断力を生かした司令塔としてスイスの中盤を支える

彼さえ試合から消せればスイスの攻撃は機能しなくなるだろう



前半20秒

キックオフと同時にKIKIがドリブルで前進

一気にボールをバイタルエリアまで持ち込むとミドルシュート!

しかしシュートは相手に当たり跳ね返る

そのボールをAnzuが拾いさらにアーリークロス!

このボールがまたも相手選手に当たるが

今度はボールはペナルティーエリア内のKIKIの足元へ

KIKIワントラップして…シュート!

ゴオオオオオオル!KIKI!二試合連続ゴーール!

シュートはゴール左角に突き刺さった!



前半15分

右サイドからのスイスのスローインをValeoがヘディングミス!

ボールがDa Motaにバイタルエリアでフリーで渡りピンチに

Da Motaはミドルシュートを選択!ボールは枠を捉えた!

しかしケロロ軍曹難なくキャッチ



前半40分

右サイドからのコーナーキックを得る

そして中央へ高い弾道のクロスを入れるもクリアされる



ハーフタイム

WS000410.jpg

WS000411.jpg


全くと言っていいほど動きが無かった前半戦でした

だからこそ開始早々KIKIがラッキーともいえる形で先制点を奪えたのは

落ち着いて試合を運ぶ意味でも非常に良かったといえます

後半もこのままのスコアでも別に構わないので、是非勝ってほしいところ



後半51分

右サイドからのスローイン

スローインを受けたValeoはフリーになっているAnzuの足元へシンプルなパス

これを受けたAnzuが正確なクロスを中央に放り込む

そして9292ヘディングシュート!いいコースだ!

が、シュートは残念ながら枠を捉えきれずゴールキック



後半59分

Anzuのドリブル突破からのセンタリングは惜しくもクリアされる

しかしこのボールをTakatoが拾う

Takatoは周りを見渡しフリーなMeteoraにシンプルなショートパス

Meteora…ドリブルで前を向いて30mもあろうかと言う位置から左足を降りぬいた!

強烈!且つカーブがかかったシュートだ!

ボールは唸りをあげながらゴールの左隅へ吸い込まれていった!

ゴオオオオオオル!Meteoraの素晴らしいミドルシュートで追加点!

強烈なミドル!これはキーパー止められない!



後半67分

Takatoがワンタッチで正確なキラーパスをKIKIの前方のスペースに放り込む!

キーパー一気に飛び出す!

KIKI慌ててシュート!

しかしシュートは枠の上

キーパーの飛び出しのタイミングが良かったですね…惜しい



後半76分

WS000412.jpg


Takatoが相手を背負いながら無理やり前線に放り込むような形でクリアー

これが上手い具合に裏のスペースにボールが落ちる

これをKIKIが掻っ攫い右50度の位置からペナルティーエリアにフリーでドリブルで切り込む

キーパーと一対一!角度は厳しいが近距離からシュート!

ゴオオオル!シュートはファーの隅を射抜いた!

KIKI!二試合で5ゴール!見事な復活!



試合終了

WS000413.jpg

WS000414.jpg

WS000415.jpg


実況「後半のスイスははっきり言ってダメでした」

…酷いこと言うなぁ…

マンオブザマッチは恐ろしく久しぶりのREUSU

タックル成功4回中3回パスカット9回というのが評価されたんでしょうか?

最近彼もミスが減ってきて中々ネタを書く機会がなくなってきましたね

まぁチームとしてはいい傾向なんでしょうが…

KIKI選手の復活は嬉しいことですが9292がどうも奮いませんね

次戦あたりでのどでかいゴールを期待したいものです

あと、Meteoraのミドルは本当に見事でした

これからコンスタントにあんな感じでミドルシュートを決めてもらえればレギュラーは不動なんですが…難しいですかね

次戦ハンガリー戦で試合日は3月26日(164日後)なんですが…

あまりにも日程が空きすぎなんで恐らく親善試合をはさむと思います

と、思ったら親善試合挟める日が一日も無かった…

ということで試合日は164日後で決定!…長いなぁ
えーまず出場停止の選手と負傷している選手がいるため報告

マケレッティ→累積警告で出場停止

Nakatun→肩の脱臼で招集見送り

TORI→腰の怪我で二ヶ月負傷離脱から戻ってきたばかりで、一応招集はしたもののスタメンは厳しい

…4バックを試そうと思ってたのにいきなりこれですよ

以上の事を踏まえて作ったフォーメーション&スタメン発表&試合前情報

WS000396.jpg

WS000397.jpg

WS000398.jpg


3-4-1-2の攻撃的フォーメーション

GK ケロロ軍曹
CB MAGAREUSU
CB TAKA
CB M777
CMF umi_umi
CMF たかと
LAM Anzu
RAM KAIYA
AMF Valeo
FW 9292
FW KIKI

MeteoraとValeoのスタメン選考に非常に悩んだけれども

最終的にキャプテンValeoをスタメン起用することに決定

とは言ってもこの試合はとりあえずという意味なので

これから先スタメンは毎試合コロコロ変えます

そして最終的にどーいうフォーメーションで行くのか、誰をスタメンで行くのか決めます

…よーするに既にスタメン争いは始まってるわけですコワイコワイ

さて、このフォーメーションを機能させる為のキーポジションですが

やはりSNSジャパン時代の3-1-2-2-2とは違って

両サイドハーフがウィングに近いといっていいほど高い位置取りなので

2枚に増えたボランチのたかととumi_umiがちゃんと敵の攻撃を防げるかにかかっています

ここが機能しないと恐らく全てが機能しません

また、攻撃面では両ウィングの動きも非常に重要です

特に右ウィングのKAIYAには高い自由度を与えているので

彼がドリブルでディフェンスラインを切り裂けるかに全てがかかっています

バックラインはもう既に四年も組んでいる不動の三人なので問題ないでしょう

…しかし緒戦からスウェーデンとは…運が悪い

もう少し楽な相手でテストしてから予選に挑みたかった…



要注意選手

ズラタン・イブラヒモビッチ

WS000399.jpg


彼を抑えられるかどうかで試合が決まると言ってもいいほど危険な選手

足元の技術に優れフィジカルにも恵まれしかも背の高さを生かしたポストプレーもできる

ポストプレーを阻止させようとTAKAをマンマークに付けようにもスピードで負けるので恐らく危険だろうし

常にプレスをかけたとしてもやはりフィジカルの問題でボールを奪うのは難しいと言える

バックラインとボランチの5人できちんと連携をとりながらボールを奪わないと恐らくいいように遊ばれてしまうだろう

ただしシュート精度に関してだけはそれほど良くはないので、突破されたらあとはケロロ軍曹頼みにするのもありである



前半2分

相手のパスを左ウィングのAnzuがインターセプト!

そしてボールをすぐさまKIKIへ渡す

KIKIはドリブルで一気にトップスピードに!

そのままペナルティーエリアまで40mドリブルで直進したKIKI

立ちはだかる相手CBの股間を抜いてGKと一対一!

キーパー飛び出してきた!しかしKIKIニアサイドの低めを狙ってシュート!

ゴオオオオオオオルァ!KIKI久しぶりのゴオオル!

スタメン争いを一歩リード!



前半10分

相手GKのクリアーをumi_umiがダイレクトで前線のスペースへパス!

そしてスペースに飛び込んだKIKI!左45度からダイレクトボレーシュート!

強烈なシュートだ!

ゴオオオオル!!!ボールはゴール右角に突き刺さった!キーパー成す術無し!

KIKI大爆発!ワールドカップでの不調が嘘のようだ!



前半14分

右サイドを突破したKAIYAのセンタリングをキーパーがパンチングでクリアー!

さらにそのクリアボールをumi_umiが飛び出してミドルシュート!

しかしボールは枠の横



前半20分

M777が相手が放り込んできたロングボールをダイレクトで左サイドのスペースに送り返す

これを拾った今日絶好調のKIKIが持ち前のスピードで裏に抜けてセンタリング!

中央で待ち構える9292マークを外してヘディングシュート!

しかしシュートは惜しくもバー直撃!

そしてそのままこぼれたボールをクリアされる



前半21分

M777のロングボールをAnzuがトラップ

そしてすぐさま中央奥へアーリークロス!

9292一気に裏に抜けた!そして左足をボールにあわせて押し込む!

しかしボールは枠の遥か右…

どうもKIKI選手が調子がいいときは9292が光らないなぁ…逆も然りだけど…

今度Nakatunが戻ってきたら彼も試してみよう



前半23分

KAIYAのヘディングミスからカウンターを食らう

スウェーデンの放り込んだロングボールはイブラヒモビッチの足元へ!

イブラヒモビッチダイレクトシュート!

しかしケロロ軍曹パンチングでクリア!



前半30分

相手のロングパスを追っていたREUSUがヘディングを空振り!

このミスに付け込みイブラヒモビッチが一気にバックライン突破!ケロロ軍曹と一対一に!

そしてイブラヒモビッチ思いっきりシュート!

しかしシュートはケロロ軍曹に阻まれこぼれ球をM777がクリアーしてゴール死守に成功

…REUSU…タックルが下手な分、インターセプト等で相手の攻撃の芽を摘むのが最近上手くなってきて

ミス自体も最近減ってきてたのに…やっぱりこういう場面には弱い…

REUSU「サーセンwww」



前半42分

左サイド奥からのスローイン

スローインを受けたKIKIはダイレクトでやや後ろに位置をとっていたAnzuにパス

そしてAnzuはワントラップした後中央へセンタリング!

これを9292がフリーでヘディング!

…しかしまたもバー直撃!クリアされる



ハーフタイム

WS000400.jpg

WS000401.jpg


上出来な前半戦!欲を言えばあと1点ぐらいは欲しかった

スウェーデンは正直イブラヒモビッチさえ抑えてしまえば怖くないですね

そのイブラヒモビッチにシュートシーンを与えてしまう場面もありましたがシュート精度に欠いているのでケロロ軍曹が止めてくれましたし…

やはり彼はスピードのあるFWを相方にして

自身は少し下がり目のST的な役割をしたほうがもっといい働きができると思います

まぁこちらが勝てればそれでいいんで、スウェーデンの事情なんかしったこっちゃないですけど…



後半54分

左サイドからやや無理のあるアーリクロスを上げられる

これは難なくクリアかと思われたがスウェーデンFWのToviosenが無理やりシュート!

これが枠に飛びケロロ軍曹慌ててパンチング

が、このこぼれ球をイブラヒモビッチが絶妙な位置取りでつめてゴール…

流れを変えるために調子の悪い9292を交代させてMeteoraを投入

彼のミドルシュートはかなりの武器になるので期待したい



後半60分

スローインからKIKIがすぐに中央へセンタリング

これをMeteoraがDFと競ってヘディング!

しかしボールは僅かに枠の上



後半61分

左サイドに放り込まれたロングボールに機敏に反応したAnzuが中央へそのままセンタリング!

そしてMeteora猛突進しながらダイビングヘッド!

シュートはネットを揺らしゴオオオオオル!

…が、しかし審判の笛!Meteoraのファール!相手DFを押したと言う判定!幻のゴールに…



後半65分

ケロロ軍曹のゴールキックをTakatoがヘディングで落とす

これがValeoの足元に落ち、Valeoはそのまま右足ではたくようにMeteoraにラストパス!一瞬にしてキーパーと一対一!

Meteora左足でシュート!ニアを狙った!

しかしシュートはサイドネットへ!



後半77分

相手のロングボールに反応してM777が飛び出すがヘディングミスを犯してしまう

そしてボールを得たKennedy Bakirciogluが信じられないほど長く美しいスルーパス!

WS000402.jpg


裏を一瞬にして取ったRosenbergはケロロ軍曹と一騎打ち!そしてシュート!

しかしシュートはケロロ軍曹のナイスセーブで弾かれる!

が、こぼれ球が左サイドハーフのHysenの足元にこぼれそのまま押し込まれてゴール…

なんてこったい…追いつかれるとは…



後半82分

低い位置でボールを受けたTakatoはすぐにValeoにボールを預ける

そしてValeoもワンタッチで30mの綺麗なロングパスを通す

そしてやや中めに位置取りしていたKAIYAはさらにワンタッチでボールをバックラインの裏へ通す!素晴らしい!

このチャンスを逃すまいとKIKIが一瞬にしてボールを受け取り20mからフリーでゴール右隅に流し込むようなシュート!

キーパー飛ぶもコースがよく届かずGOAL!GOAL!GOAL!GOAL!GOOOOOOAL!

素晴らしい!これでまたも逆転!

このまま逃げ切る為にAnzuとKAIYAを下げてポーランド人両サイドバックを投入

そしてそのまま5バックへフォーメーションチェンジ!勝ちに行きます!



後半89分

左サイドハーフライン付近からのスローイン

スローワーに自ら近づいてボールを受けたTakatoは前を見て左サイドライン沿いにいるKIKIを発見

そしてそのまま50mのロングパスを放り込む!

これが通った!KIKIは一気に中に切り込む!

そしてそのままシュート!

かと思われたが中に走りこんできているMeteoraにパス!

そしてMeteoraトラップでディフェンスをかわしてファーポストに左足で流し込むようにシュート!

キーパー飛び込む!しかし届かない!…

ゴオオオル!決まった!これで4-2!



試合終了

WS000403.jpg

WS000404.jpg


いやはやKIKI選手一人に助けられた形!と言いたいところですが

どっちかというとパス回しを確実にする事ができた中盤の活躍も素晴らしい物でした!

Takatoは攻撃面では殆ど消えていたものの、最後にデカイアシストをしましたし守備面でも要所要所でちゃんとボールを奪えてました

KAIYAもドリブル突破は見られなかったものの

美しいワンタッチパスで2-2と追いつかれた場面で勢いを取り戻す素晴らしいアシストを披露できましたね

9292は運がなかったと言わざるを得ないですねぇ…なんたってバー直撃二本ですから

まぁとにかく緒戦にしては満足できる結果でした!次戦にも期待!

ちなみに次戦もまたEURO予選で相手はスイス

試合日は四日後の10月13日水曜日です

あ…ちなみにEURO予選の各グループ表はこんなかんじです↓

EURO2012GL
KIKI

WS000386.jpg


KIKI選手がボルトンに12億5000万円で移籍!

Lyonでの不遇時代からやっとこさ開放された感じですね

これからの活躍&成長に大きく期待です



Meteora

WS000387.jpg


セビージャからミランに10億7500万円で移籍

今シーズン19試合12ゴールとついに実力を発揮し始めたMeteora

その活躍にすぐに目をつけたミランに自らの意思で移籍

ケロロ軍曹との共演なるか?



Valeo

バイエルンからローマにレンタル移籍

…正直理解に苦しみます、Valeo選手本人も納得いかない様子

32歳とは言え、まだまだ一線級の能力を有してますし

バイエルン自体がこの頃選手が不足気味なのに…

うーん…まぁローマでの活躍を期待しましょう



bB balck

WS000394.jpg


画像取り忘れましたすんません

チェルシーのアシュリーコールと選手交換でミランからチェルシーに移籍!

これでチェルシーにはumi_umi・REUSU・bBと三人のSNSメンバーが終結したことになりますね

なんという金満クラブ…

そして移籍後初スタメンでプレミアリーグに出場

そしてなんとその試合でハットトリックを達成!

彼はまだ19歳…新たな怪物の誕生の予感です



Violette

WS000391.jpg


10億円でアトレティコからインテルに移籍

セルタ→ベティス→マンU→アトレティコ→インテル

と、恐らくSNSメンバー一の移籍人間

彼が一番輝いていたのはベティス時代では華麗な技からの得点とアシストの両方で活躍していた

しかしイングランドの強豪マンチェスターユナイテッドに移籍してからはチームと共に低迷

結局半年でアトレティコに移籍し、マンチェスターユナイテッドも結果として9位に終わった

しかし今度はアトレティコで再び才能を開花させ11試合出場して素晴らしいパフォーマンスを見せた

今度彼が挑むのはセリエA…活躍に期待です



クリスティアーノ・ロナウド

WS000388.jpg

WS000395.jpg


84億円

という反則価格でチェルシーに移籍

これでマンUにはウィングはKAIYA選手とAnzu選手のみに…

うーん二人にとってはそれがいいのかもしれないけど、果たしてチーム的には…?



まとめ

WS000392.jpg

WS000393.jpg


ワールドカップイヤーだからか大型移籍が頻発しましたね

10億円以上の移籍なんて普通な状態でした

特に活発な動きを見せたのはインテルとチェルシー

…結局金か!?



SNSEURO

色々考えた末ポーランドになりました

そして新しくSNSEUROに入ったメンバーは

たかと・マケレッティ・KAIYA・Nakatunとかなり増えた訳なのですが

…正直スタメン選びとフォーメーション選考にかなり迷ってます

しかももうすぐEUROの予選が始まりますし…

しかも相手はスウェーデン…ズラタンイブラヒモビッチが怖すぎる

…まぁなんとかなるでしょう!
えーとりあえず重要なお知らせは一番最後に書こうと思うので

まず最初はワールドカップの結果から報告します

準々決勝

アルゼンチン 4-1 スペイン
goal Messi (63,90) Maxi Rodriguez (86,90)
  Joaqin (18)

フランス 1-0 ウルグアイ
goal Diego Lugano オウンゴール (90)

クロアチア 1-1 ウクライナ
3PK4
goal Ivan Klasnic (30)
   Rusian Fomin (60)

カメルーン 2-1 トルコ
goal Meyong Ze (46) Samuel Eto'o (64)
   Tevifik Kose (51)

強豪同士のアルゼンチン対スペインはアルゼンチンの圧勝

特にメッシの活躍がすばらしかった

また日本をPK戦で破ったウルグアイは

フランスと後半終了間際まで同点だったのにも関わらずオウンゴールで自滅

…日本戦で出来れば自滅してほしかった…

今大会のダークホース同士ともいえる対決のクロアチア対ウクライナはPK戦でウクライナの勝利

特に特筆するほど面白い試合でもないので感想は割合

実力はそれなりに持ち合わせているトルコ対カメルーンの対決は

カメルーンのエトーの単独ドリブルから決勝弾が生まれカメルーンの勝利

…相変わらずエトーで持っているチームだ



準決勝

アルゼンチン 0-0 フランス
      
PK戦   4-3

ウクライナ 1-0 カメルーン
goal Rusian Fomin (84)

優勝候補同士の戦いはアルゼンチンがPK戦でフランスを下す形で幕を下ろした

またウクライナ対カメルーン戦

試合前予想ではカメルーンが多少有利との予想だったがウクライナのFomminのゴールでカメルーンを下す

これにより決勝はフランス対ウクライナという非常に異端な組み合わせとなった



3位決定戦

フランス 4-1 カメルーン
goal Henry (71,107) Florent Sinama-Pongolle (92,112)
   Meyong Ze (35)

予想通りともいえるフランスの圧勝

つーかFlorent Sinama-Pongolleって何?長いんだよ!

名前打ち込むこっちの身にもなれよ!

日本代表を見習え!REUSUとかケロロ軍曹とか覚えやすくかつうちやすい名前ばっかりだぞ!



決勝

アルゼンチン 0-0 ウクライナ 
PK戦     4-2

アルゼンチン優勝!

なんと言うかここまで燃えない決勝カードも珍しいですが

とりあえずはおめでとう!アルゼンチン!がんばったウクライナ!

この野郎!覚えとけよウルグアイ!

な2010年ワールドカップ南アフリカ大会でした



選手成績

得点王

ティエリ アンリ 7得点

アシスト王

マルティンス カンビアッソ ビセンテ他4名 

3アシスト

平均評価点王

9292&Anzu

8.25

うおおおおすごい!ベスト16で敗退したことで逆に高評価が維持できましたね…



ワールドカップ順位予想大会結果発表!

とりあえずピンポイントで順位を当ててる人があまりに居なかったので

とりあえず予想した四カ国の内順位が当たって無くてもアルゼンチン・ウルグアイ・フランス・カメルーンが入っていれば1ポイントにする事にしました

逆に1位をピンポイントで当てれば5点
  2位は4点
  3位は3点
  4位は2点

とそれぞれピンポイントで当てた場合のポイントを1ポイント上乗せしました、ご了承下さい

という訳で結果発表

KAIYA 2ポイント
KIKI 1ポイント
ケロロ 0ポイント
TAKA 1ポイント
CHAL 1ポイント
たかと 1ポイント
Nakatun 5ポイント
umi_umi 1ポイント
(敬称略)

あれあれ?なんかあれ?

3位!KIKI TAKA CHAL たかと umi_umi

2位!KAIYA

1位!Nakatun

…ほとんどの人が入賞しちゃいましたね

というよりケロロ軍曹以外は…

まぁ何はともあれ皆さんおめでとうございます!

あとはこちらで責任をもって潜在能力をアップさせていただきます



重要なお知らせ

このたび私SNSジャパンの監督は日本代表を辞任する事になりました

理由は

1、日本代表はライセンスの問題か何故かバグが多い
(雇ったスタッフの能力が見れない、世界ランク順位変動表が見れない等)

2、ワールドカップ以外の大会に正直魅力がない
(本当の日本人の能力だったらアジアカップもやってて面白いんでしょうが、世界クラスばかりのSNSジャパンではアジアカップやってても正直面白くないし燃えない)

という訳で2010年ワールドカップ終了を持ちまして…

ユーロッパの何処か無名の国に移籍する事にしました 

選ぶ基準は 

1, 強豪国ではない

2, 有名選手がいない

3, スタジアムがちゃんとある

というのを基準にこちらで勝手に選んでおきたいと思います

ちなみにSNSジャパンに所属していた11人のSNSメンバーは問答無用でそのSNSヨーロッパ!に移民してもらい

そのSNSヨーロッパの代表として今度はユーロやワールドカップを戦ってもらいます

あと、今回の移民を機会に

たかとさん・マケレッティ・NakatunさんもSNSヨーロッパに移民する事が既に決定しています

ここでお知らせです

今回を機会にSNSヨーロッパに移民したいと言う方を募集します

SNSヨーロッパに移民するメリットとして

1、当ブログで活躍して出番が増える機会が大いに増える

2、あれ?なんか他にあるかな?

というわけで、自分が指揮する代表の選手になるわけですから

今までのSNSジャパンのSNSメンバー同様記事での出現回数が大いに増えます

その代わりデメリットとして

1、ワールドクラスの人たちがわんさか増える訳だからレギュラー争いが厳しくなりまくる

2、1の理由でスタメン落ちしたとしても、落ち込まない。
  また「管理人は自分の事を嫌ってるんじゃないか?」とか思わない。
  つーか思わないで!お願い!落ち込むから!

という事があります

上記の事を踏まえてSNSEURO!に移民したい方はブログのコメント欄に

1、名前欄にSNS内での自分の名前

2、SNSメンバーパッチで作った自分の選手の選手名

を書いてコメントしてください

即刻SNSEUROに移民させてもらいます

ちなみにこの移民キャンペーンは

ゲーム内での1年を区切りに終了させていただきます。ご了承下さい

と言うわけで沢山のご応募をお待ちしております



WS000375.jpg


こんな時期にMAGAREUSUが23億円でチェルシーに移籍

…せめてワールドカップ終わってからにしろよ…



第二ラウンド結果

WS000376.jpg


メキシコ 0-1 アルゼンチン
goal アルゼンチン Tevez (36)

スペイン 2-1 ナイジェリア
goal スペイン Sergio Ramos (75) Javier Arizmendi (120)
 ナイジェリア Ikechukwu Uche (35)

フランス 4-1 中国
goal フランス Henry (1,53) Malouda (30) Vieira (33)
   中国   Dong Fangzhuo (86)

日本 VS ウルグアイ

イタリア 1-1 クロアチア 
PK 4-5
goal イタリア Massimo Bonanni (7)
   クロアチア Klasnic (15)

ウクライナ 2-1 ドイツ
goal ウクライナ Rusian Fomin (14,32)
   ドイツ   Klose (64)

カメルーン 2-1 ポルトガル
goal カメルーン Thomas Job (29) Samuel Eto'o (98)
   ポルトガル オウンゴール Geremi (72)


アメリカ 1-2 トルコ
goal アメリカ Eddie Johnson (27)
   トルコ  Ayhan Omar (8) Tevfik Kose (20)



試合前情報

WS000377.jpg

WS000378.jpg


ウルグアイはミランとほぼ同じの4-1-2-1-2システムを採用

しかしミランに比べてタレント能力は大きく下回るので100%システムが機能しているかと言えば微妙

サイドのスペースが弱点になりそうなので日本の両ウィングの活躍に期待したい



要注意選手

カルロス・ディオゴ

WS000379.jpg


センターフォワードとゴールキーパー以外の全てのポジションをこなすことができる脅威のユーティリティ性が魅力。

好不調の並が激しいのが欠点であるが、

好調時はウルグアイ代表において40近いキャップ数を誇るだけのプレーを見せる。

マドリードにおいては「ロベルト・カルロスの後継者」との呼び声は高いが、

攻撃力においては彼と同格、守備力においては数段上との評価を受けている。(wikipedia引用)

…FM内では何故か右サイドバックと守備的MFしか出来ないんですけどね

まぁそれでも能力はかなり高いので注意しなければなりません

右サイドバックってことはTORI選手とのマッチアップになるんでしょうかね…楽しみです



試合開始


前半1分

左サイドからのコーナーキック

キッカーはTORI

TORIは長身CBTAKAに目掛けて蹴りこんだ!

TAKA余裕のあるヘディング!

しかしボールは枠の上



前半2分

TORIの左サイドからのスルーパスで裏に抜けた9292

キーパーとの一対一の状況で左足を振りぬいた!

しかしボールは枠を捉えきれずゴールキック



前半20分

Anzuの上げたマイナス方向へのセンタリングはumi_umiの足元へ

そしてumi_umi前を見てミドルシュート!

ボールは相手選手に当たり軌道が変わる

キーパー反応できない…ポスト直撃!

このこぼれ球をKIKIが押し込む!しかしキーパーに弾かれクリアー!

またしても得点ならず…



前半34分

相手の裏を狙ったロングボールはTAKAの後方のスペースへ!

そこを一気に突いたフォルランは一気に加速しケロロ軍曹と一対一!

そしてフォルランシュート!

しかしシュートは枠の遥か上

…危なかった



前半39分

右サイド奥からのフリーキック

キッカーはREUSU

REUSUは弾道の高いセンタリングを上げる

これにあわせるのはMeteora!キーパーと競り合う!

しかしキーパー一枚上手!パンチングでクリア

が、これをAnzuが拾いミドルシュート!枠は捉えている!

しかしこれもキーパーがパンチングでクリア…

化け物か!って思ってたらキーパービエラじゃん…納得

WS000380.jpg




ハーフタイム

WS000381.jpg

WS000382.jpg


ビエラ一人にやられた感のある前半戦でした…

このままゴールが割れないまま後半カウンター一発に

日本が沈むというシチュエーションだけは避けたい所…

早く先制点とってくれ!日本!



後半50分

右サイドからの日本のコーナーキックはあっさりクリアされる



後半67分

ウルグアイのAlbin選手の目の前に広大なスペース!

そしてパスは選択せずにミドルシュート!

しかし全く枠を捉えきれない



後半86分

Anzuのドリブル突破から中央へ弾道の低いセンタリング

これがValeoの足元に!

そしてValeoディフェンスをターンのみで華麗にかわしシュート!

しかしシュートは僅かに枠の上…惜しい



90分終了

WS000383.jpg

WS000384.jpg


えっと…このままPK戦にもつれ込むのは平均年齢低いSNSジャパンにとっちゃ致命的なんですけど…

お願いだから後一点とってええええ!控えいないからサブ投入できないしいいい!



延長戦ハーフタイム

…いやいやいやいや…だぁーかぁーらぁー!

なんでこんなに膠着状態なの!頼むから点とって!300円あげるから点とってえええ!



延長戦119分

ゴール前30mからのフリーキック

チキンなレウスはペナルティーアーク付近でフリーになっているAnzuにパス

そしてAnzuカーブをかけたミドルシュート!

しかしまたもやビエラに阻まれキャッチされる



PK戦

あーあーやっちまったよ…

マジでか…マジなのか…

とりあえずPK蹴る順番を指定

1番 Meteora
2番 9292
3番 KIKI
4番 Anzu
5番 Valeo
6番 umi_umi
7番 TORI
8番 TAKA
9番 M777
10番 ケロロ軍曹
11番 REUSU

最近プレッシャーの弱さを克服してきた感のあるREUSUだけれども

それでもやっぱり不安だらけなのでケロロ軍曹より蹴る順番は下

そして1番と5番には個人的にメンタル面では非常に信頼している二人を配置

…あとはケロロ軍曹の神セーブに期待するしかない…



一人目

日本先攻 Meteora VS ビエラ

ドクン…ドクン…怖いよ怖いよ…





うぎゃあああああとめられたああああああああああああ!!!!

あばばっばばばっばああああ!!!1!!!




ウルグアイ後攻 Gargano VS ケロロ軍曹

Gargano助走に入る…

そしてシュート!

ああああケロロ軍曹逆を突かれた!






うひょおおおおおおおケロロ軍曹止めた!止めた!止めたああああ!

さすがジーダの後釜としてミランに迎え入れられただけある!すばらしい!



二人目

日本 9292 VS ビエラ

代表では絶好調にも関わらずクラブでは不遇の時を過ごしひたすらクラブを転々とする9292

しかしその不遇の状況のおかげで逆にメンタル面は鍛えられたと9292は語る

さぁ9292助走に入った…

9292ファーポスト目掛けて蹴った!






…クロスバー直撃…



がしかし入った!入ったぁああ!跳ね返ってボールはゴールの中へ!




ウルグアイ Reguiero VS ケロロ軍曹

さぁ…31歳のベテラン左ウィングReguiero…

ペナルティースポットにボールを置いて距離をとる

ケロロ軍曹集中している

Reguiero助走に入った…シュート!




ゴオオオオル!ケロロ軍曹逆を突かれた



三人目

日本 KIKI VS ビエラ

リヨンではローテーション要因とは言え結果は確実に残してるKIKI

最近は課題だった調子の波も落ち着いてきてコンスタントに活躍してきている

さぁKIKI助走に入った…シュート!





ぎゃああああああああああああああああああああ!

シュートはど真ん中!ビエラ止めた…!




ウルグアイ Estoyanoff VS ケロロ軍曹

27歳のバレンシア所属の右ウィング

今年の7月1日付けでパレルモに移籍することが既に決定している

ここで決められると日本ピンチ…

ケロロ軍曹止めることができるか…?

さぁEstoyaoff助走に入った…

シュート!

 




止めた!止めた!止めたぁあああ!

シュートはど真ん中!ケロロ軍曹キッチリセーブ!



4人目

日本 Anzu VS ビエラ

今季からあのマンチェスターユナイテッドに移籍して21試合に出場したAnzu

今年22歳になる彼はその若い年齢とはとても釣り合わないすばらしい熟達振りを見せている

さぁ日本の右ウィング…Anzuゆっくりとボールを置いた

そしてやや距離をとって助走開始…

そしてシュート!






GOAL!GOAL!GOAL!

Anzu!プレッシャーをものともせずキーパーの逆を突き左角にシュートを決めた!




ウルグアイ Albin VS ケロロ軍曹

23歳の左ウィング

来シーズンからはリヴォルノでプレーする予定

さぁAlbinすぐに助走開始だ…




シュート!ど真ん中!


しかしケロロ軍曹反応できない!ゴオオオオル!



5人目

日本 Valeo VS ビエラ

日本の精神的支柱Valeo

今年で32歳になる彼はバイエルンの代名詞的存在として常にすばらしい活躍を毎シーズン残してきた

そのメンタリティーは若手の多い日本代表にとって常にプラスであり得た

さぁValeo時間をかける…

そしてボールを置いた…

Valeoゆっくりと助走開始だ…

スタジアムに緊張が走る





Valeoシュート!







止められてしまったああああ!

ビエラ…隅に蹴られたボールも難なくセーブ…





ウルグアイ Sanchez VS ケロロ軍曹

あああああああもう止めて!

止めて!説明不要だから止めてケロロ軍曹ううううう!


Sanchezシュート!





ゴオオオル…

まさか・・・こんなところで…


日本ベスト16で敗退 

グループリーグ表

日本以外のグループの全日程が既に終了しており

グループG以外は既にグループリーグ突破している国が決定しています

グループA アルゼンチン イタリア

グループB クロアチア メキシコ (ブラジル敗退)

グループC(死) ドイツ ナイジェリア (イングランド敗退)

グループD スペイン ウクライナ

グループE ポルトガル 中国 (スウェーデン敗退)

グループF フランス カメルーン

グループH(死) アメリカ ウルグアイ (チェコ敗退)

グループリーグ終了の時点で既に

ブラジル・イングランド・スウェーデン・チェコの4つの強豪が敗退

この4ヶ国の中で一番のサプライズと言えばやはりブラジルでしょうか

ダニエルアウベス・フェリペ・ナルド・マルセロ・デニウソンと

大会1・2位を争う強力な守備陣を揃え

攻撃陣には

アドリアーノ・ロナウジーニョ・フレッヂ・ロビーニョ・アンデルソン・ダニエルカルバーリョetc

というこれでもか!というぐらい豪華すぎる攻撃陣(カカは未招集)

これだけの選手をそろえておきながらグループリーグ敗退

ブラジル本国では暴動が起きてもおかしくないですね…



試合前情報

WS000352.jpg

WS000353.jpg


オランダは伝統の3TOPではなくシンプルな4-4-2を採用

正直3TOPでこられたら3バックを採用しているSNSジャパンにとっては非常に厳しい事になりかねなかったのである意味ラッキー

しかも司令塔ファンデルファールトが怪我で欠場してくれている

驚異的な威力を持つ攻撃に比べて守備はお世辞にも強固とは言えないので

試合自体は純粋な得点力の勝負になると思います

3試合連続ですが日本の攻撃陣の奮闘に期待!

ちなみに引き分け以上で予選突破です

…ちなみにオランダに敗北して尚且つトルコが勝利すると予選敗退です…



要注意選手

アルイェン・ロッベン

WS000354.jpg


チェルシーに所属する現代を代表する快速ウィンガー

切れ味鋭い高速ドリブルとトップスピードからでも精度の落ちない正確なクロスが武器

リアルではドリブルのバリエーションが少ないという弱点を最近見抜かれて来ており

ドリブルで二人三人と突破していく場面はあまり見られなくなった

また、ドリブラーには付き物の怪我に弱く

シーズン途中怪我で度々離脱する事がある

シュートセンスにも優れており、切り込んでからのシュートは彼の得意な得点パターンである

また本人も将来的にはフォワードでプレイしたいと語っている



ロビン・ファン・ペルシー

WS000355.jpg


ベルカンプ二世として将来を渇望されているオランダの新星

本職はフォワード、しかし両ウィングとトップ下も同様にこなす事が出来ユーティアリティー性も高い

トラップの上手さは勿論シュート精度も非常に高い

また、正確且つ強烈なフリーキックも兼ね揃えている為攻撃面に関してはほぼ死角がない

ただピッチの外ではかなりの問題児で過去に何度か警察にお世話になっている



デュディク・カイト

WS000356.jpg


高さ・スピード・足元の技術の三つの能力が高い万能型のストライカー

またサブポジションとして左ウィングをこなす事ができる

FWというポジションにしては考えられない驚異的な運動量を誇り

そのおかげで2TOPの場合相方を選ばず高いパフォーマンスを維持出来る

レウスが好きな選手の一人



ヤン・フンテラール

WS000357.jpg


PSVのユース育ちのフォワード

左右両足で強烈なシュートがうてる上に空中戦にも強い

オランダ代表初招集初試合でいきなりゴールを挙げるというメンタルの強さも武器

リアルでは既に海外のビッククラブへの移籍が噂されており

本人も移籍したいとの意思を既に表明している



試合開始



前半3分

Meteoraが空中戦で競り勝ちボールをValeoの足元へ落とす

そしてValeoがこれをダイレクトで浮かせて9292へパス

これをさらに9292がヘディングでKIKIに落とすと

KIKIはワンバウンドしたところを強烈なカーブをかけたボレーシュート!

シュートは完全に枠を捉えている!

…がしかし老兵ファンデルサールの好セーブで得点にはならない

WS000359.jpg




前半7分

右サイドからAnzuのスローイン

スローインはumi_umiの足元へ転がる

これをumi_umiがダイレクトでAnzuにリターン

このパスがやや精度を欠きオランダ左サイドバックとAnzuの間にボールが転がる

しかしAnzuはこの状況を逆に武器にしてドリブルで相手左サイドバックをかわし中央へセンタリング!

ボールの先には9292が待ち構えている

しかし9292には空中戦に強いブーラルーズがきっちりマーク

WS000358.jpg


しかし重戦車9292のジャンプはブーラルーズの頭一つ勝りそのままヘディングシュート!

威力はそこまでないが枠は捉えている!入るか…

ゴオオオオオオル!決まった!日本においしい先制弾!



前半20分

左サイドからの日本のコーナーキックはあさっりクリアされる



前半27分

左サイドからのオランダのフリーキック

ゴールから離れるようなボールを放り込んだ!

なんとブーラールーズにマークがついていない!

ブーラールーズのヘディングシュート!…バー直撃!

ケロロ軍曹慌てて飛び込んでセーブに成功

危ない…



前半33分

KIKIが後ろにボールを戻す

このボールをValeoが素早いターンで相手をかわしAnzuへボールを渡す

Anzuは若干中へドリブルで切り込んで左足でアーリークロス!

ボールは絶妙な位置へ!しかし受け手の9292のトラップが大きい!

しかしそれでもやや角度のキツイところから9292はシュート!

が、シュートはサイドネットに吸い込まれる



前半37分

ゴール前左40mからのオランダのフリーキック

キッカーはペナルティーエリアの左でフリーになっているロッベンを見つけてパス

しかしこれはAnzuのまいた餌

待ってましたといわんばかりにAnzuはボールをカットするとそのままドリブルで前にボールを運ぶ

そしてルックアップすると前線には9292とKIKI、そしてオランダのディフェンスは2枚だけという絶好の状況

Anzuは少しドリブルでボールを運んだ後右サイドのスペースにロングパス

これをKIKIが拾い右サイドを独走!そしてセンタリング

中にはフリーで待ち構える9292!そしてヘディング…

ゴオオオオオオル!二点目!予選突破をより決定付ける追加点!

Anzu大活躍!



前半40分

ゴール前40mで日本のフリーキック

MAGAREUSUはオランダのディフェンスラインが整う前に奇襲のクイックリスタート

これをTORIがしっかりと受け止め逆サイドから中へ飛び込もうとしているAnzuにアーリークロス

これをAnzuがダイビングヘッド!

しかしボールは枠の上を飛んでいく



ハーフタイム

WS000360.jpg

WS000361.jpg

WS000362.jpg


嬉しい誤算!前半で2点リード!

攻撃陣の活躍がかなり目立っていましたが

それはつまり日本のディフェンス陣が確実にボールを跳ね返しているという事にもなります

つまり前半は攻撃陣も守備陣もしっかりと機能してたわけですね!

ちなみに同時刻開始のトルコ対パラグアイの試合はなんとパラグアイが1点リード

もしこのままのスコアで行った場合グループリーグを突破するのは日本とパラグアイになります

うーん…パラグアイ…もしかしてダークホース?日本にも引き分けたし…



後半46分

MAGAREUSUのパスミスをフンテラールがカット

フンテラールはドリブル突破を開始

TAKAとの一対一も華麗なフェイントでかわしケロロ軍曹と一対一!

しかしフンテラールの位置はペナルティーエリア内の右50度

が、それでもフンテラール臆せず強烈な低弾道シュート!

シュートはファーの隅を捉えた!入ったか…?

しかしケロロ軍曹超人的な反応でパンチングでクリア!



後半49分

9292はKIKIへシンプルなパスを出す

これをディフェンスを背負いながらKIKIはValeoにボールを戻す

そしてValeoは右サイドから中へ切り込むAnzuを見つけ正確なスルーパス!

Anzu独走!そして中へ走りこんできたKIKIへ短いパス!

そしてKIKIキーパーと一対一になりシュート!

しかしシュートは枠の上



後半64分

Anzuがロッベンをお得意のダイヤモンドカッターで負傷退場させる

二試合連続で相手主力選手を葬りさるとは…恐るべし



後半66分

MAGAREUSUのふんわりとしたロングパスはKIKIの前のスペースへ

KIKIはディフェンダーを置き去りにして一気にトップスピードに!

そしてKIKI角度のないところからシュート!

しかしシュートは枠の横



後半80分

MAGAREUSUのフリーキックを9292がヘディングで後ろへ落とす

これをumi_umiがフリーで走りこんでミドルシュート!

シュートはゆる~いカーブを描きながらゴールへ!

しかし威力に乏しかったためファンデルサールにキャッチされる



後半90分

umi_umiがマークが外れている9292の前のスペースにフライスルーパス

そして一気にスペースに抜けた9292はシュート体勢に…

しかしクロンカンプに後ろからクロンカンプにタックルされボールを奪われる

ここでホイッスルが鳴り響き主審がPKを宣告!

クロンカンプにはイエローカード!

キッカーはMeteora…

百戦錬磨のゴールキーパーファンデルサールとの一騎打ち…

Meteora助走を始めた…

Meteora左足を思いっきり振りぬきゴール右角へシュート!

キーパー飛ぶも全く間に合わずゴオオオオル!

物凄い弾丸PK!あれは止められない!



試合終了

WS000363.jpg

WS000365.jpg

WS000366.jpg


日本すばらしい勝利でグループリーグ突破決定!!!

ちなみに気になるトルコ対パラグアイですが…

なんと後半90分の土壇場でトルコに同点ゴールが生まれトルコがグループリーグ突破を果たしました!

MoMは2得点を挙げた9292

しかし個人的にはすばらしい動きでオランダのディフェンス陣を翻弄し続けたAnzuにMoMを贈りたいですね

ドリブルからクロスの精度さらに今回の試合では守備でも多大な貢献をしていました

いやしかし、予選突破できてよかったです

最悪のシナリオを考えた場合オランダに負けて予選敗退の可能性も十二分にあったわけですから

試合前は正直ガクブルものでした

いやーしかし良かった良かった!

どっちかって言うとSNSジャパンは強敵相手のほうがいい動きするのかもしれませんね



トーナメント表発表!

WS000367.jpg


日本の相手はウルグアイ!

この相手なら勝てる可能性は十二分にあります…が!

問題は次のラウンドの相手…

なんとフランスか中国…

中国が勝ちあがってくることはまず考えられないのでほぼ100%フランスと当たる事になるのでしょう

フランスはアンリがまだまだ現役トレゼゲも現役ヴィエラも現役

しかもリベリーがピークともいえる時期な上有望な新人もゴロゴロと…

ああああきっつつうう!



グループリーグを終えた時点での選手成績

得点王ランキング

WS000368.jpg

WS000371.jpg


なんと9292が4得点でランキングをルーニーと並んでトップに!

しかもイングランドは既にグループリーグ敗退しているので

日本のこれからの成績次第ではもしかすると…もしかするぞ!

アシスト王ランキング

WS000369.jpg


AnzuとTORI選手が2アシストでランキング2位(同)

トップはナイジェリアのサニー選手(CH)の3アシスト

WS000370.jpg




平均評価点ランキング

WS000372.jpg


平均評価8.67で9292が1位!

ちなみに2位は8.33のティエリアンリ・アパム・Anzuの三人

でもやっぱり大会が進めばアンリが頭一つ抜けてくるんだろうなぁ…

32歳の割りにフィジカル面も含めてまだ能力滅茶苦茶高いし…

WS000373.jpg




次戦情報

次戦ウルグアイ戦は4日後の6月29日火曜日です

がんばれ日本!
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。