日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201708 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> 201710
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19-20 モンペリエ 大改革 (2010/03/03(水) 06:00:00)
FM009621.jpg

施設がどんどん充実していきます。

FM009622.jpg

1.17Bも持っていきやがって・・・
これのせいで18-19シーズンの収支は赤字になりました。

FM009625.jpg

FM009626.jpg

UEFAクラブ&ネーションランキング発表。

フランスはまたしても上位3ヶ国入りならず。

そしてイタリアが再び4位に転落し、ドイツがスペインさえも抜き去り2位に浮上。

流石にこんだけ長くプレーしていると、各国のパワーバランスが変動しますね。

FM009627.jpg

昨季は赤字だったのにも関わらず、理事会が頑張ってくれたのか予算は昨年と同規模。

FM009628.jpg

昨シーズンファン感謝デーを大量にやったおかげか? モンペリエの人気が上昇中。

FM009630.jpg

フランスU-21代表監督に就任。
ここで結果を残して今度はフランスA代表に就任出来るよう頑張らないと。



獲得選手一覧

>ロマン・チャカ

FM009623.jpg

最初はシャカって読むのかと思ったけど、スイス語ではチャカと発音するそうで。

プレミアからチャンピオンシップに降格したボルトンから975Mで獲得。
そのボルトンではプレミア初挑戦で、チームも降格したにも関わらず10得点を記録。

デカい! 強い! 上手い! けど勇敢さは低い! という面白い選手。

守備もあんまりしないタイプだけど、モンペリエのシステムには馴染んでくれそうなんで期待しています。

レミー・リウ

FM009624.jpg

バイエルンから340Mで獲得。

第三ゴールキーパーとして補強。
何よりフランス人だしフランス人だしフランス人だし・・・

スロドイアン・ストイコビッチ

FM009629.jpg

ルーマニアのU Craiovaというチームから550Mで獲得。

同胞のパジッチと同じくフィジカルお化けタイプのDF。
19歳の時点でこの能力値なら、将来性も十分ということで獲得。

ラレス・コンスタンティネスク

FM009631.jpg

ビジャレアルからボスマンで獲得(実際は契約金が600Mぐらいかかってるけど)したルーマニア産RSB。

RSBとしてなら既に世界でもトップクラスの選手なのでボスマンで獲得出来たのはラッキーといえる。

なんでラファエルがいるのに獲得したのかというと、単純にラファエルの守備能力に前々から不安があったのと、ラファエルをAMRで起用すればより活躍出来るんじゃないかという打算があったから。

とにかくこれでモンペリエの守備陣はさらに強化されますた。

カカ

FM009632.jpg

レアルからボスマンで、半分以上ネタと趣味で獲得。

37歳になったけどスーパーサブとしてならまだまだ活躍出来るよ! たぶん。

マイケル・エッシェン

FM009633.jpg

チェルシーとの契約が切れたところを半分以上ネタ(略で獲得。

いやだってほら、ユーティリティプレイヤーだし、アフリカ人だし、何より守備的MFとしてならまだまだ活躍出来る能力値だし・・・。

ジェイムズ・ロドリゲス

FM009635.jpg

ユベントスの移籍リストに入っていたところを1.02Bで昨季の弱点だった左サイドの強化するために獲得。

サイドの選手ながら得点力もあるようなので大いに期待。

ユーリ・ヴィノクロフ

FM009636.jpg

CSKA モスクワから2.9Bで獲得したロシアの新皇帝。

ベルナンドの後継者として大いに期待&ベルナンドの負担を減らすことも期待。

主な放出選手

ブオナノッテ 1Bでバレンシアへ
ジュルドジェビッチ 3Bでリヴァプールへ
マクグローン 3Bでトッテナムへ
ブランコ 3Bでレアル・マドリーへ

なんか全体的にやたら高値で売れました。
特にブランコは31歳なのに3Bもの値段が・・・これはレアルがアホなのか、それともモンペリエにブランド価値でも付いてきているのか?



7/27

Trophee des Champions
(A) vsLyonnais 0-2 WIN!


アベル・ヘルナンデス 1on1
ジェイムズ・ロドリゲス ワンタッチ


FM009637.jpg

FM009638.jpg

FM009639.jpg

FM009640.jpg


お得意のカウンターサッカーでリヨンを封じ込めた上で快勝し、Trophee des Champions初優勝!

前回はPSGに惜敗していたので、この初優勝は微妙に嬉しかったり。




アレオラがトレーニング中に背中を痛め4週の離脱・・・
第三GK獲得しておいて本当に良かった・・・。




FM009641.jpg

ラファエルが相変わらず狙われているとかそういう話ではなくて、今回問題なのはアブラモビッチ様がラファエルが欲しい!と言っていること。
FMでもちゃんと会長が選手を欲しがったりするんだなぁ・・・と感心する反面、札束攻勢でラファエルを持って行かれやしないかビクビクしております。



8/11

League 1 開幕戦
(H) vsAS Monaco 2-0 WIN!


コナーテ ロング CK

コナーテさん大活躍! な開幕戦。
彼らしい力強いロングシュートやCKからのヘディングで2得点を挙げ快勝。

開幕戦終了後 5位


8/17

League 1 第二節
(A) vsAS Saint-Etienne(7位) 0-2 WIN!


アベル・ヘルナンデス 1on1
カカ ルーズボール


ダビド 全治4週の負傷

カウンターサッカーって素晴らしい! って感じの試合内容。
ひたすら守って相手のミスにつけ込み2得点。
おかげでミララスさんがキレて、ダビドの肋骨をへし折られましたが・・・
まぁ、ストイコビッチとロスがなんとか穴は埋めてくれるでしょう。

第二節終了後 1位


8/24

League 1 第三節
(H) vsLyonnais(A)


FM009642.jpg

さぁ、またカウンターで叩きのめすぞ~っと。
ダビドの欠場がマイナスに働かないことだけはないように祈りたい。

要注意選手

ギジェルメ

FM009643.jpg

ナポリからボスマンで加入。

リヨン伝統の「どう見ても1トップ向きじゃないのに1トップ起用させられている可哀想な選手。」




前半戦・・・

どうもカウンター狙いのサッカーが逆効果何じゃないかな? という試合展開。

というのもリヨンがあまり人数をかけて攻めてこないので、縦にボールを入れてもすぐに囲まれてしまうので攻撃が中々上手く行かない。

勿論リヨンも攻撃は上手くいっていないのだが、この試合はホームなので引き分けではマズい。

というわけで前半40分を回ったあたりでシステムを4-5-1ハイプレスに変更。
さらにハーフタイム中に削られたザウイを下げ、ラファエルを投入。

この戦術変更は見事はまり、後半戦は初っぱなからモンペリエのシュート祭り。

だが相変わらずロリスの牙城は堅く、なかなかボールがゴールラインを割らない。

というかロリスさん、至近距離からのヘディングシュートを楽々キャッチとか、色々おかしいですよ。手に吸盤でも付いてんのか。

後半65分

ヴィノクロフを下げ、コウチーニョを投入。

後半71分

ジェイムズ・ロドリゲスを下げ、カカ様を投入。

頼むカカ! なんとか流れを変えてくれ!


カカ投入後、確かに流れは変わったというかさらにモンペリエのペースにはなった!

しかしロリスのチートセーブラッシュは断行! モンペリエはこの宇宙人を最後まで倒せず! 試合終了!

FM009644.jpg

0-0 DRAW!

ザウイ 全治6日の負傷

くそぅ・・・してやられた!
ラファエルのAMR起用は当たっていたし、後半は最初から最後までモンペリエのペースだったというのに・・・

ちなみにMoMはロリスではなく"ロス"、ダビド離脱の穴埋め作業を見事に完遂。

第三節終了後 1位



FM009645.jpg

ChampionsLeagueGL抽選結果。

今回の箱庭は選手を沢山ロードしたおかげで、長くプレーしてもCLのレベルが下がらないどころか上がっているから困る。
モンペリエと同居したアタランタだって、金持ち会長が就任した影響で普通に強いチームになってるし・・・今季も突破には苦労させられそうです。

え? シティ? 勝てる気がしないよ!



8/31

League 1 第四節
(A) vsFC Metz(14位) 0-2 WIN!


ロス CK
ラファエル CK


ラファエル 全治4週の負傷
コウチーニョ 全治12日の負傷

勝ちはしたけど主審の目が節穴だったせいで大惨事。
あからさまな(実況談)PKを見逃すわ、短時間で2人も削られているのにイエローの一つも出さないわで最悪。
特にラファエルなんかは非常にいい働きをしていたので4週間もの離脱は痛恨・・・。



夏の移籍市場まとめ

世界全体の移籍

FM009646.jpg

FM009647.jpg

今年は選手がよく動きました。
あとはナスリがレアルに4Bで引き抜かれ。
相変わらずレアルのアーセナルスキーっぷりは異常。

大型移籍ランキング

FM009648.jpg

ここ数年は超大金での移籍ってのが減ってきました。

フランスの移籍

FM009649.jpg

FM009650.jpg

モンペリエが"放出"で大暴れ。
あとは相変わらずOMさんが金を使っております。

モンペリエの移籍

FM009651.jpg

今季は移籍金をあまり使わずにいい補強ができました。

あとはリザーブの選手の99%をレンタルで武者修行に送り出しました。



モンペリエメンバーリスト

No.名前良ポジ利き足身長体重年齢コメント
1Carlos KameniGK右のみCMR188 cm86 kg35第二GKとしては優秀すぎるレベル。ただお金大好きっ子なので契約延長交渉が難航中。
18Rémy RiouGK右のみFRA191 cm81 kg32カメニ退団を見据えて獲得。
17Alphonse AréolaGK左のみFRA190 cm91 kg26若きモンペリエの守護神。
21RafaelD RBRA172 cm64 kg29AMRという新しい役割で躍動。高い位置からプレスをかけていくモンペリエのスタイルにピッタリ当てはまる。
2Jordan DelhayeD R左のみFRA188 cm84 kg22ロスやコンスタンティネスクの加入でどんどん立場が微妙に。
22Erik RosD LBEL181 cm77 kg22控えにするにはもったいない実力の持ち主。今季はダビドとスタメン争いか?
20Vadym KovalenkoD L混合UKR171 cm68 kg19新"ウクライナの矢"。
経験を積んで順調に成長中
3Younes KaboulD CFRA191 cm85 kg33もはや信頼は地に落ちた。
チームトップクラスの高給取りなのも問題・・・
38Vadim DemidovD C右のみNOR185 cm72 kg32昨季はベテランとしてチームの堅守を支えましたが、そろそろ衰えが・・・。
24Kfir DavidD C右のみISR181 cm76 kg25新しい挑戦がしたいとか言い出した時期も・・・そろそろ退団か?
4Rareş ConstantinescuD C右のみROU179 cm75 kg24ルーマニアの攻撃的DF。
空中戦に弱いのにベストポジションがDCってのは嘘だろ。
27Slobodan PajicD C右のみSRB186 cm85 kg22昨季カブールからスタメンの座を奪取。
勇敢さが低いのでたまに空中戦での競り方が甘いことが・・・。
5Srdjan StojkovicD CSRB188 cm81 kg19守備力は素晴らしいが足下はてんで駄目な旧タイプのDF。
37Steven N'ZonziDMFRA194 cm74 kg30コナーテとのレギュラー争いも、年齢を重ねることに不利な状況に。
それでも貴重な戦力なので、引退するまで残留してもらいます。
25Karim KonatéDM右のみMLI188 cm81 kg21年々攻撃力が上がっているマリの至宝。
特に右足から放たれるシュートは強烈かつ正確。
6Issam ZaouiM RFRA179 cm74 kg23圧倒的なテクニックを誇るモンペリエの至宝も、最近はマークが厳しくなってきて試合から消えることもしばしば。この時期をどう乗り切るかで彼のサッカー人生は大きく変わります。たぶん。
28Yuriy GrytsayM L左のみUKR180 cm76 kg21昨シーズン末にレギュラーの座を奪取し、長年チームに使えてきたブランコとブオナノッテを追い出したウクライナ人。
ラファエルと同じく前から守備をしてくれるので扱いやすい。プレシーズン中に頭蓋骨骨折の大怪我を負ってしまったため、ここまでまだ公式戦では出番無し。
7Michael EssienM CGHA177 cm88 kg36守備的MFやRBでの控えとして活躍を期待。
16BernardoM CBRA178 cm69 kg29モンペリエのレジェンド。
今シーズンついにセレソンの一員として試合に出場しました。
36Morgan SchneiderlinM C右のみFRA181 cm74 kg29地味ながら堅実。
地味すぎて出番はどんどん減少。
10James RodríguezM CCOL180 cm77 kg28ここまでのパフォーマンスは及第点というか期待以上です。
グライトセイ復帰後は、左サイドの定位置をかけて激しい争いを繰り広げることになりそう。
15Yury VinokurovM C右のみRUS176 cm71 kg21ベルナンドの後継者となりえるか?
ここまではまだフランスのサッカーに馴染めていないのか、期待外れのパフォーマンス。
8KakáAM CBRA186 cm75 kg3737歳になった今でもその技術やメンタルは衰えず。
26Georginio WijnaldumAM CNED173 cm68 kg28昨季はローテーション要員ながら好成績を記録。今季もユーティリティプレイヤーとして活躍を期待。
23CoutinhoAM C右のみBRA174 cm66 kg274-5-1では素晴らしい働きをしますが、4-3-3では試合から消えがち。
実力は申し分ないだけに、これからどう使っていこうか悩んでいます。
90Abel HernándezSTURU185 cm75 kg29彼が真価を発揮するのは4-3-3のカウンターサッカー。
相手のミスを突くのが非常に上手く、一対一の決定力もそれなりに高いので重宝。
9Roman XhakaST右のみSUI193 cm94 kg24長身のストライカー。
まだ馴染めていないのかパフォーマンスは低調。
30Alexandr IvanovST右のみRUS173 cm72 kg18新戦力のチャカが低調なので、昨シーズン以上の出番を与えられるかも。
         




まとめのリーグ表

FM009652.jpg

3強が揃ってこけたのでモンペリエが首位。
今季こそは3強体勢の崩壊ってやつを見られるといいな!

FM009653.jpg

久々にベルナンドさんがアシスト王争いに絡めそう。

あとはロスが高評価点を連続でたたき出しております。

というわけで今回はここまで!

また次回をおたのしみに! それでは。
スポンサーサイト
19-20 モンペリエ (2010/03/04(木) 06:00:00)
9/14

League 1 第五節
(H) vsMarseille(4位)


FM009656.jpg

昨季ダブルを決めたマルセイユとの対戦。
今季も勿論勝たせてもらいます! と言いたいところだったんですが、代表戦でザウイとコンスタンティネスクが負傷し雲行きが怪しく・・・。

というかラファエル、ザウイ、コンスタンティネスクと右サイドの選手が怪我しすぎ。
代わりにグライトセイが帰ってきてくれたのは助かったけど・・・どうなるかな。

要注意選手

ダヴォル・ヴリッチ

FM009657.jpg

今シーズントルコのベシクタシュから強奪したクロアチア人ストライカー。

長身で足下も巧いという嫌なやつですが、ここまでのリーグ戦ではノーゴール。

試合開始

前半戦・・・

モンペリエはいつも通りの守って守ってカウンター。

いつも以上にしっかり守れているのはいいんですが、その代わり攻撃が全く上手く行かない。
やはりザウイの欠場は大きい・・・本来なら彼が単独ドリブルで相手の守備陣を切り裂いてくれるんですが、今日代役で先発しているワイナルドムはゲームメイカーの素質はあっても、サイドから個人技で切り崩すにはスピードが足りない。

前半33分

そうこうしているうちにフェライニがモンペリエの選手と選手の僅かな隙間を通す見事なパス!

ヴリッチ、これに反応してオープンスペースに抜けてアレオラと一対一!




さいごはゴールニアにきれいに決めて今季初GOOOOOOOOOOAL!!



アババばば!やばい、先制されてしまった・・・orz


ハーフタイム

このままだとOMに楽々と逃げ切られるのは目に見えているので、ワイナルドムを下げヴィノクロフを投入し、ベルナンドをAMRに回します。

後半戦・・・

ベルナンドが右サイドに回ったことでモンペリエの攻撃のパターンが増加!

・・・しかしそれでも先制して9人がかりで守るOMの守備は崩せない・・・。


そして後半52分

OMのカウンター!

デ・ロサが左サイドからグラウンダーのクロス!




そしてシラがどフリーで詰めてGOOOOOOOOOOAL!!


\(^o^)/オワタ


ここからモンペリエはさらにジェイムズ・ロドリゲスとアベル・ヘルナンデスを下げ、グライトセイとチャカを投入。

しかし後半84分にベルナンドが長距離FKを決めるのが精一杯にして唯一の反撃・・・

さすがに2点差を追いつくのは厳しかったか・・・試合終了。

FM009658.jpg

1-2 LOSE!

け、怪我人さえいなければこんなことには・・・。

というかせめて先制点を獲られなければもう少し戦いようがあったんだけど・・・アウェーでリベンジするしかないな。

第五節終了後 5位


9/18

UEFA ChampionsLeague GL 第一節
(H) vsManchesterCity


FM009659.jpg

プレミア屈指のチート軍団で今季のChampionsLeague優勝候補筆頭のマンチェスターシティと対戦。
もうね、なんというか面子がすげぇ豪華で泣きそうです・・・。

というかなんでこんだけ選手が揃ってて昨季はGLで敗退したんだw

要注意選手

ミカ・リチャーズ

FM009660.jpg

シリーズを重ねるごとにフィジカルお化けっぷりに拍車がかかる選手。

フレドリク・ニガード

FM009661.jpg

ノルウェーのスーパーディフェンダー。

北欧人らしい素敵フィジカルや一定水準以上の守備能力に加えて、サイドバックを任せられるほどの運動量と攻撃力を兼ねそろえて・・・( ゚д゚)、ペッ

ブルーノ・マンガ

FM009662.jpg

お、お前、いつの間にかこんなところに・・・

モンペリエでは散々だったのに、随分出世したもんだな!

イド・テスフェイェ

FM009663.jpg

サンティティエンヌが生んだスーパーサイドバック。

しゅ、守備陣に穴がねぇ・・・。

ロバート・シモン

FM009664.jpg

ハンガリーのスーパーな守備的MF・・・。

マレク・ハムシク

FM009665.jpg

スロバキアを象徴する攻撃的MF。

32歳になってもまだまだ現役でっす。

アーロン・レノン

FM009666.jpg

流石にスピードは衰えて来ていますが、まだまだ優秀なウイング。

ミラレム・ピヤニッチ

FM009667.jpg

久しぶりの再開。

シティ移籍後は毎年のようにゴール+アシスト=20以上を達成しています。

ルカ・モドリッチ

FM009668.jpg

トッテナムからシティに移籍後、選手としての全盛期を過ごす。
リーグ戦7ゴール11アシストなんて当たり前、一番最盛期には18ゴール20アシストも!

34歳になって衰えもみえますが未だに現役でスタメン。
昨季は2ゴール13アシストを記録・・・化け物め。

マリオ・バロテッリ

FM009669.jpg

インテル時代の11-12シーズンから今まで連続リーグ戦二桁得点を記録しているスーペルマリオ。

もうなんなのこのチーム! 化け物揃いすぎて勝てる気せぇへん。

試合開始

ホームだけど引き分け狙いで。
というか無理に勝ちに行ったら絶対負ける・・・経験値的にも、戦力差的にも。

前半戦・・・

7~9人でブロックを作りしっかり守れているモンペリエ。
シティは両サイドのベテラン2人がスピード不足なのか簡単に封じ込められる。

そして前半26分

右サイドベルナンドのCKから・・・





グライトセイがフリーでボレーシュートだ!!!









しかしこれはレナンが横っ飛びでセーーーーーーーーーーーーブ!

超 反 応 ! ファインセーブ!



な、なん・・・だと?

あ、あれを止めるかぁああああああああああああ!? ふつうぅううううううううううううううう!


そして前半28分

レノンがロスを抜ききらずにファーへピンポイントクロス。


これにモドリッチがドンピシャで走り込んで頭で押し込む!








GOOOOOOOOOOAL!!


あばあばばばっばばば!

や、やられた・・・ほぼ完全に封じ込めていたベテラン2人にっ・・・!


決めるべきところで決めきれず、直後に失点したモンペリエ、その後はいいとこ無しで前半戦終了。

ハーフタイム

前半戦終了直前にコヴァレンコが削られたのでデルイェと交代・・・

さらにシステムを駄目もとで4-5-1に変更。攻め(の姿勢)に転じる。

後半戦・・・

試合は膠着状態のまま時計が進む。

このままだとらちがあかないというか、単純にスタミナが早くも切れてきたので後半60分に選手交代

アベル・ヘルナンデスをイヴァノフ雷帝と、怪我あけのグライトセイをジェイムズ・ロドリゲスとそれぞれ交代。

しかし流れは殆ど変わらず、せいぜいショートカウンターを2、3発食らわせるのが精一杯。

逆にシティには決定的なチャンスを作られ(外してくれましたが)、何も出来ずにそのまま試合終了。

FM009670.jpg

0-1 LOSE!

コヴァレンコ 全治12日の負傷・・・

負けたけど大敗はしなかったので希望はある! と思いたい・・・。
次戦うときは怪我人も帰ってきているだろうし、積極的に攻めてみるのも手か?



9/21

League 1 第六節
(A) vsAS Canners(20位) 0-2 WIN!


ジェイムズ・ロドリゲス 1on1
チャカ CK


流石に昇格組最下位に負けるわけにはいかない。
ザウイも帰ってきたし、これからまた上昇気流に乗らないと。

第六節終了後 3位


9/28

League 1 第七節
(H) vsLe Mans(13位) 1-0 WIN!


コウチーニョ CK

地味ながらしっかり戦って勝利。
昨季とは逆で今季はよくCKが入る・・・。

第七節終了後 3位


10/1

UEFA ChampionsLeague GL 第二節
(A) vsAtalanta


FM009671.jpg

シティには勝てる気しないし、アタランタ戦は確実に2連勝しないと厳しい。
幸いそこまで強いチームでもないみたいだし、選手達がいつも通りのパフォーマンスを見せれば勝てるはず。

要注意選手

アンドレア・コンシーギ

FM009672.jpg

ブッフォン、アメーリア引退後アズーリのゴールを守る守護神。

ユスフ・カン

FM009673.jpg

素敵フィジカルなトルコ産司令塔。

ただし守備は全くしない子なので普通に穴。

ティベイロ・グアレンテ

FM009674.jpg

こっちはイタリアの司令塔。

カンとは違って人並みには守備をしますが、あくまで人並みなのでたぶんカンのフォローまでは出来ないはず。

エットーレ・メンディシーノ

FM009675.jpg

ラツィオ下部組織出身、ガチムチ系ストライカー。

ただしあんまり決定力は無い模様。

グラジィアーノ・マッツォーネ

FM009676.jpg

Cesena出身アタランタ育ちのファンタジスタ系ストライカー。

15~16歳でセリエAデビューし、その後1~2年でレギュラーに定着。
そして21歳でアズーリのメンバー入りし、ブルガリア戦で初出場した神童。

FM009677.jpg

ただし今季はまだノーゴール。
願わくばこの試合でも・・・。

試合開始

前半戦・・・

狙い通りというかなんというか、モンペリエがボールを圧倒的に支配。
さらに次々と決定機を作り出す! これは行けるぞ。


しかしアタランタにはアズーリの守護神、コンシーギがいた!

モンペリエが何度も何度も一対一の作っても、コンシーギが超反応で片っ端からセーブ!
アベル・ヘルナンデスが精密なシュートを撃とうが、コウチーニョがタイミングを外したシュートを撃とうが、ベルナンドが強烈かつ曲げたシュートを撃とうが、ザウイが至近距離からヘディングシュートを撃とうが結果は同じ!

そして攻撃陣が足踏みしているうちに、段々とアタランタがカウンターのルートと方法を見いだし始める。

まず調子を崩したのは久々に先発したダビド!
ビルドアップの場面でボールを持ちすぎてマッツォーネにボールを奪われる大失態!

当然そのままキーパーとの一対一に持ち込まれるも、これはアレオラのスーパーセーブでなんとか難を逃れる。

が、しかし前半20分

今度はコヴァレンコがCertiにボールを奪われカウンター!

そのまま右サイドを突破されクロス!


そしてこのハイボールにアレオラとダビドが被り、アレオラがボールをファーポスト側へ弾いてしまう。




最後にファーポストに待ち構えていたJoseAngelが頭で無人のゴールへボールを押し込んでGOOOOOOOOOOAL!!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

またダビドか!

いや、というよりこれはマズい、マズいぞ、完全なる負けパターンじゃないか・・・。


先制されたモンペリエ、これで意気消沈することは無かったものの、コンシーギの牙城はどうしても破れず。
しかも前半終了間際にカンが負傷退場した代わりにベルナンドも軽傷を負う・・・。

ハーフタイム

と、とりあえずベルナンドを下げてヴィノクロフを投入。

・・・試合の運び方は間違っていないはずだからコンシーギをなんとかしろっ! としか言えん・・・。

後半戦開始

アタランタが後半戦開始と同時に2人選手を交代してカンの分と併せて枠を使い切る。

後半52分

後半戦開始早々ダビドが"また"やらかしたのでパジッチと交代&レギュラー落ち確定。


そしてその後もモンペリエは攻める攻める、シュートも撃ちまくり、尚かつ枠もしっかり捉えている。




が、しかしコンシーギが・・・



もうどうすりゃ決まるの!? ってぐらいスーパーセーブの展覧会。 涙目ってレベルじゃねーぞ。

後半71分

今度はグアレンテをぶち壊して負傷退場に追い込む。
さらにアタランタは既に交代枠を使い切っているのでこれで10対11に。



後半75分

アベル・ヘルナンデス、左サイドに流れてボールを受け、エリア内にシンプルなクロスを上げる。







代わりにエリア内に入っていたグライトセイ、Rinaudoに倒されPK!


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!





そしてこれをザウイが蹴って・・・




GOOOOOOOOOOAL!!



キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

キタ━(゚∀゚)━┥東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━(゚∀゚)━!!!!

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

モンペリエ、ついにコンシーギ金城をぶち抜いた!


よしよしよしよし! よくやった!

このまま逆転を狙うぞ! ってことでアベル・ヘルナンデスをチャカと交代。


カンとグアレンテという二枚看板を破壊され、さらにPKまで獲られてボロボロのアタランタはもうされるがまま。


コンシーギが獅子奮迅の働きを見せなんとか耐え続けるも・・・後半88分

チャカのパスを受けたザウイ、ドリブルでエリア内に進入したその瞬間! Jose Angelにスライディングで思いっきり倒された!





そして主審が本日二度目のPKを宣告!

(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ



これを今度はストイコビッチが蹴って・・・















冷静にゴール右隅へ決めた!


逆転GOOOOOOOOOOAL!!

キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!


FM009678.jpg

1-2 WIN!

劇的な逆転勝ぅうううううううううううう利!

アタランタのキーマン2人をブレイクしたのは申し訳ないと思っているが決して謝らないっ!

しかもシティがオーストリアのSutrm Gurazにスコアレスドローに持ち込まれるという嬉しいニュースも。

・・・今季がモンペリエ編ラストシーズンの予定(今決めた)だったので、この試合に負けたらえらいことでした・・・あーよかった。



10/5

League 1 第八節
(A) vsBordeaux(2位) 0-2 WIN!


コウチーニョ 1on1
ラファエル ヘディング


クリスティアン・グルキュフが監督になってから好調だったボルドーを見事撃破。
OM戦、シティ戦と連敗したときは焦ったけど、これならまだ安心していてもよさそうですね。

第八節終了後 3位


10/19

League 1 第九節
(H) vsFC Sochaux(20位) 3-0 WIN!


コウチーニョ ミドル
ベルナンド リバウンド 1on1


カナリアコンビが最下位を蹴散らし大勝。

FM009682.jpg

そしてついにベルナンドがクラブのリーグ戦最多得点記録を破る。
MFなのに・・・さすがというか、すごすぎというか・・・。

ちなみに以前の記録保持者はリアルでボルドーの監督をしてるローラン・ブラン。
1998W杯優勝メンバーでディフェンダーの選手。
というかディフェンダーの選手なのにクラブ最多得点記録保持者だったのか・・・凄いな。

FM009683.jpg

ちなみにこれがローラン・ブラン現役の時の経歴。
なるほど、こりゃすごいわwFW並に点をとっとる・・・。



まとめのリーグ表

FM009684.jpg

混戦ながら一応は首位。
2連覇を狙いところですが、今季はリーグ戦よりもChampionsLeagueにプライオリティーを置くつもりなので難しいかも。

FM009685.jpg

守備的なサッカーになってから選手ランキングではあんまり目立たなくなりましたね・・・。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに! それでは。
19-20 モンペリエ (2010/03/05(金) 06:00:00)
10/22

UEFA ChampionsLeague GL 第三節
(H) vsSturm Guraz 1-0 WIN!


チャカ ミドル

チャカのナイスミドルで勝利。
これでGL2勝1敗、これなら二年連続決勝T進出も夢じゃない。




FM009686.jpg

ザウイがまた怪我した・・・
いい選手なのには違いないんだけど、こうも故障が多いと戦力として計算出来ない・・・。



10/27

League 1 第十節
(A) vsToulouse(12位) 2-2 DRAW!


ベルナンド PK
コウチーニョ 1on1


ああああああああああああああああああああ
トゥールーズUZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

わけのわからん長距離砲で2失点とかもうね・・・

第十節終了後 暫定3位


10/30

League 1 第十一節
(H) vsLOSC Lille(13位) 3-0 WIN!


チャカ ヘディング×2
コウチーニョ CK


チャカの利き足頭が炸裂!
今季はアベル・ヘルナンデスとチャカで役割が上手く分担出来ていて面白いしやりやすい。

第十一節終了後 暫定2位


11/2

League 1 第十二節
(A) vsUSBCO(18位) 0-3 WIN!


チャカ ヘディング
ベルナンド PK
ラファエル リバウンド


チャカがアベル・ヘルナンデスからスタメンの座を奪取しそうな勢いでゴールを量産中。
やっぱり193cmの長身は武器になるね。

RBからAMRにコンバート? されたラファエルもここまで3ゴール2アシストと好調です。

第十二節終了後 暫定1位


11/6

UEFA ChampionsLeague GL 第四節
(A) vsSturm Guraz 2-3 WIN!


コウチーニョ 1on1 リバウンド
ベルナンド PK


ラファエル 全治3週の負傷

3点リードから2点も返されて焦りまくりでしたが、なんとか逃げ切って勝利。
そしてラファエルが開始3分で負傷退場し3週の離脱・・・。

この時点でシティが既にGL突破、そして残り2試合で勝ち点を1以上稼げばモンペリエも突破が決まります。



11/9

League 1 第十三節
(H) vsAS Nancy(17位) 3-0 WIN!


コウチーニョ リバウンド
ベルナンド ロング&カンツウ
ヴィノクロフ ボレー&ミドル


コウチーニョがいつも通りに抜け目ないゴールを決めたり、ベルナンドがキーパー貫通砲をぶち込んだり、ヴィノクロフが今季初ゴールを決めたり・・・と、ナイスな試合でした。

第十三節終了後 暫定1位


11/26

UEFA ChampionsLeague GL 第五節
(A) vsManchesterCity 0-1 WIN!


ベルナンド PK

完全に引き分け狙いな試合だったんですが、突破を決めているシティが少し面子を落として来てくれたり、序盤でPKをゲットしたおかげでまさかの勝利。

これでモンペリエの二年連続決勝トーナメント進出が決定し、同時にGL首位へ浮上。



11/30

League 1 第十四節
(A) vsRC Lens(8位) 2-1 LOSE!


コウチーニョ ミドル

こっちのシュートはマグネットポストへ飛んでいき、相手には神の裁き(PK)2連発で逆転負け。

さらにこの判定に文句を言ったらゼウス(サッカー協会)から雷撃を食らい次節ベンチに入れなくなりました。ワロス。



まとめのリーグ表

FM009687.jpg

守備力は昨季と同等、攻撃力に至っては昨期以上なのに取りこぼしが多すぎて・・・。
金満OMが二年連続で自爆してくんないかな!

FM009688.jpg

コウチーニョとベルナンドさんが好調。
さすがにもう実在選手より架空選手のほうがランキングを占める割合が多いのかと思ったらそうでも無かった。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに! それでは。



10.3パッチ

少しプレーしてみての感想一覧。

ポルトガルだけど、ユースにまともな架空選手が入るようになったよ!(公式フォーラムより)

↑断言は出来ないけど、新規ゲームでやり直さないと反映されないような気がする・・・?
ただ、新規ゲームで一年回してユース選手の能力値を確認してみたところ、劇的に改善されているように思えました。
特にGKとDFの能力値バランスが良くなったような気がします。

メモリ消費量がそれなりに減少。

リーグエディットで既存のリーグに下部リーグを追加し、尚かつその追加下部リーグを新規ゲーム時に登録していなかった場合、ゲーム開始から二年目以降追加下部リーグで全く試合が行われなくなるバグが修正(されたっぽい)。
ちなみに既存のセーブデータのシーズン途中に10.3パッチを当てた場合に限り、このバグは翌シーズンにならないと修正されません。

↑このバグ修正は地味に嬉しい・・・
リザーブチームが下部リーグに所属しているフランスやスペイン、ドイツ等々では効果絶大です。
これからはガンガン下部リーグエディットファイルを導入していこうかな。

試合中のゲームバランスが素晴らしく改善。今のところ粗は見つからず。

↑フィジカル至高主義からようやく脱却?
フィジカルが弱くてもメンタルとスキルがあれば活躍出来るっぽい。特にオフザボールとポジショニングが大事。
特に頭脳系DFはこの修正の恩恵を受けている感じ。スピードが無いタイプのディフェンダーでも普通に活躍してくれてます。今のところはね。

レンタル移籍放出の際、選手側が断っちゃうことが減った気がするけど試行回数が少ないので信憑性は低い。

活躍してない選手は評価額と同価格でしか売れなくなった。
ただし放出の難易度自体は変わってないので、これは素直に移籍ルーチンが改善されたと見てよさそう。

AIの選手獲得ルーチンもそれなりに改善されたか?
少なくともビッククラブが必要以上に選手を獲得し、飼い殺しする現象は無くなった気がする。
かと言って移籍自体が減ったわけでもなく、余剰戦力は積極的に放出する印象。ただしこれも試行回数が少ないので(略

現世の不景気に右ストレートをかますかのような移籍金スーパーインフレが大きく改善。
活躍していなかったり出場機会が無かったりした選手の移籍金は大幅に下落。
特に無名の若手の移籍金は大きく抑えられている気がする。これで15歳に800Mとか払わずにすむぜ・・・

その代わり選手評価額を上げるのが非常に難しくなった感。
それでも大活躍させれば、ビッククラブがちゃんと大金積んで獲得していってくれるので中小クラブも生き残る道はある。

心なしか選手賃金が抑えられたかも。

選手の成長スピードが上がったような気がする。

スタッフ会議でスタッフが辺境国からダイヤモンドの原石を何故か発掘してくる頻度が大きく現象した気がする。

怪我についてはまだよくわからんですたい。個人的には気にならないレベル。

代表選手選考が大きく改善。今までのクラブチームの活躍を度外視した選手選考というかぶっちゃけ隠しパラ見て決めてるだろ!?って選考はなくなりました。これでベルナンドの悲劇は繰り返されずに(略

スペインリーグの評価点インフレというかひいきが抑えられた気がする。
これでバロンドール争いが少しは面白くなるかな。

細かいけど、クラブと代表を兼任しているときに、選手獲得候補リストのアイコンが代表候補リストに乗っ取られるバグ(?)が修正。

練習中に○○が××に怪我させられましたとか出るようになった。
これにより自チームのクラッシャーが誰なのか一目瞭然に。活躍しないのに怪我ばっかりさせる選手はとっとと売りましょう。


とりあえずの感想はこんなところ。
まだプレー時間が短いので間違っているところもあるかもしれませんが、そこは自分の目で確かめてねってことで。

(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。