日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
200703 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 200704
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/9

ミランからアズーリ期待の星、ジャンマルコ・ジゴーニを獲得!


FM009000.jpg

移籍金は1.025B。
トレヴィーゾユース時代に通算200ゴール以上を決めたという逸材。
父親はユヴェントスなどで活躍したフォワードらしい。

ハムダウィ移籍金の半分以下の金額で早くも穴が埋まった。

ミランで干されていたため、3大リーグでの実績はないが、12-13シーズンにレンタルで所属したスタンダール・リエージュで18試合15ゴール3アシストと驚異的な活躍。
得点力だけでなく、刹那のひらめきによる局面打開力やポストプレー、守備力も備えている万能型ストライカーです。



6/20

今期の目標&移籍予算


FM009001.jpg

増え続ける賃金予算。
あんまり増やしすぎると赤字になりそうで心配ですが、まだスタジアムの最大収容人数の半分しか集客力の無いチームですし、ヨーロッパの舞台で名を売ればまだまだ収益が増える見込みはあります。きっと大丈夫。



7/1

ボスマンでフランス人ストライカー、ヤニス・タフェールを獲得!


FM009002.jpg

リヨンからボスマンで獲得。

リアルリヨンではベンゼマの後継者として活躍中?
スピードがあるのでスーパーサブとしての活躍を期待。
彼と入れ替わりでナイジェリア人STのUzoenyiを放出する予定。

ここまでの放出選手

FM009009_20091220231354.jpg

出場機会の少なさを不満に思っていた選手を一掃。
スタンコビッチは単純に活躍出来ていなかったので放出。
ドログバは残留させようか悩みましたが、最後まで年俸ダウンどころかアップを要求してきたので泣く泣く放出。



7/5

AZの守護神、セルヒオ・ロメロを獲得!


FM009003.jpg

AZの移籍リストに入っていたところを675Mと格安で獲得。

フェリペの代わりは当分獲得しないといいながら、超お買い得商品が見つかったのでついつい獲得。
フェリペ以下の移籍金でフェリペ以上の実力を持ち、尚かつオランダ国籍を持っているありがたい存在。
ひらめきと奇抜さが高いのが気になりますが、それ以外は非常に優秀。
ロメロがフランス語を覚えるまでの一年はフェリペを残留させ、二人をローテションで使っていきながら、来夏にフェリペを高額で放出ってのが青写真です。



7/6

英蘭の獅子、フランク・ランパードを獲得!


FM009004.jpg

チェルシーとの契約が切れたところをフリーで獲得。

ぶっちゃけ趣味100%でとりましたごめんなさい。



7/17

ストーク・シティからユネス・カブールを獲得!


FM009005.jpg

2Bでガラタサライに放出したお笑いDF、Paillotの後釜として975Mで獲得。
長身でバランスのとれたDFですが中盤もオプションで出来ます。セットプレーで得点源にも。


同時にジェノアからヴァディム・デミドフを期限付きで獲得!


FM009006.jpg

期限付き料280Mを払って獲得。買い取りオプション付き。
カブールと似たタイプで中盤もこなせる。
去年一人で中盤をフル回転させてしまったエンゾンジの負担を減らすために獲得。



7/19

バフェタンビ・ゴミスをフリーで獲得!


FM009007.jpg

リヨンとの契約が切れフリーになったところを狙って獲得。
これでST陣は非常に充実しました。


さらにアンドレア・ピルロをフリーで獲得!

FM009008.jpg

これまた趣味ですごめんなさい。
なんか10.2パッチになってから、ベテラン選手はフィジカルだけが一方的に衰えるのではなく、スキルも同時に下がる代わりにフィジカルの衰えがかなり緩やかになった気がする。
おかげでベテランが現実的な感じで長持ちする。いい傾向だ。



8/9

League 1 開幕戦
(A) vsStade de Reims 0-1 WIN!


ゴミス(50)


ゴミスのデビュー戦ゴールで開幕戦完封勝利!
昇格組が相手とはいえ、幸先のいいスタートだ。

開幕戦終了後 4位


8/16

League 1 第二節
(H) vsLe Mans(16位) 1-0 WIN!


マキシ・ロドリゲス(62)

マキシ・ロドリゲス 負傷(72)


頼れるベテラン、マキシ・ロドリゲスのゴールで勝利したものの、露骨に削られ全治6週の重傷・・・
というかFW陣がこの試合決定機外し杉、フェリペは不安定杉。
ゴミスは一対一の状況を作る能力は一流ですが、決定力は二流以下というアルティドールと全く同じタイプでした・・・。

第二節終了後 2位


8/21

EuropaLeague 最終予選 第一節
(A) vsParma


FM009010.jpg

よりによって予選でセリエのチームと対戦かよ・・・
と思ったら、なんとこのパルマ、昨期はセリエBに所属していて、奇跡的にコパ・イタリアで優勝したから今季ELに出場していただけでした。
というわけで戦力は全然たいしたことありません。

要注意選手

ギジェルモ・ブルディッソ

FM009011.jpg

パルマで唯一の大陸クラス。

リアルでローマに所属しているニコラス・ブルディッソは実兄。

試合開始

前半1分

Vossenにあっさりディフェンスラインを破られロメロと一対一!

そしてシュート!!



ロメロ、これにかろうじて触るが、コースを変えきれず!

GOOOOOOOOOOAL!!

なん・・・だと?

まさかの先制を許したモンペリエ、そこから色々戦術調整を図るも全く効果なし&前半も全くいいところなしでハーフタイム突入。

ば・・・馬鹿な!いくらアウェーとはいえこんなところで敗北したらセカンドレグがしんどくなるだろうが!

ということでこのハーフタイム中に軽傷を負ったチョイをブオナノッテと交代。

・・・しかしこれでも流れは変わらない。

後半58分

疲労からか動きのよくないベルナンドを下げ、昨期までセリエAに所属して勝手を知っているピルロと交代。

そして後半60分

ラファエルの絶妙なアーリクロスをPonomarが無理な体勢でクリア!


しかしこれが祟ってボールは自陣エリア内のスペースというとんでもないところへ飛んでいった!




ここにアルティドールが持ち前のスピードと瞬発力で飛び込んでシュート!

GOOOOOOOOOOAL!!


キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!



これも一応ピルロ効果か?


で、調子に乗ったREUSU監督はこの試合空気だったゴミスをイタリア人のジゴーニと交代。

が、この交代は全く効果が無く、残りの時間はパルマの前がかった攻撃をロメロがうまく捌ききって試合終了。

試合結果

FM009012.jpg

1-1 DRAW!

アウェーゴールを奪っての引き分けとはいえ、ぶっちゃけかなりやばかった。
これは第二戦も全く油断出来ないな・・・全く、予選で随分やっかいなところと当たったもんだ┐(´д`)┌



8/24

League 1 第三節
(A) vsBordeaux(14位)


FM009013.jpg

昨季同勝ち点ながらモンペリエを最終節で抜いて4位になりやがったボルドーと対戦。
問題はモンペリエが中三日の試合が続いた影響でコンディションがガタガタなこと・・・

というか今気づいたけど今季親善試合二試合しか組めてないじゃないか!アシマネはなにやってんの!?

要注意選手

ジャン-ルク・ピエリ

FM009014.jpg

ボルドーの左サイドバックが怪我人だらけでスクランブル出場した15歳(!)の若者
マッチアップするブランコさんは、プロの世界の厳しさってやつを教えてやってください。うへへ。

試合開始

前半戦・・・

互いにシュートチャンスをなかなか作れず、同レベルのチームが戦うときにありがちな守備戦になるかと思いきや、徐徐にボルドーがペースをつかみ始める。

そして前半28分

エリア内で足下にパスをもらったカベナギ、軽々マンガをかわしてゴール右隅に流し込むようにシューーート!!





GOOOOOOOOOOAL!!



あばあばばばばばばばっば

マンガお前・・・いくらなんでも簡単にかわされ杉。


で、それからも前半戦はずっとボルドーのターン!

モンペリエは相変わらず2トップが沈黙!
ジゴーニは組み立てと守備面では貢献しているが、肝心のシュートが・・・

逆にゴミスは居たの?ってぐらい消えている。今更だがハムダウィの穴はでかい・・・

そしてスコアは1-0のまま後半戦突入。

後半戦開始直後はボルドーのCK祭りが発動したが、これはフェリペがなんとか処理しきって難を逃れる。

で、このままじゃ流石にまずいんで、後半72分

この試合の評価点が5.7と完全にスランプに陥っているベルナンドをランパードと交代。
さらに空気なゴミスをアルティドールと交代させる。


この交代で流れが変わった!

ランパードが効果的な長短のパスでゲームを作り、アルティドールが屈強なフィジカルを生かして前線の起点となる。


後半80分!

エンゾンジの楔のパスを受けたアルティドール、くるっと反転してエリア内右のスペースにスルーパス!


ここに快足のブランコが走り込んできた!



そしてブランコ、角度は厳しいがサイドネットを狙ってグラウンダーのシュート!!




GOOOOOOOOOOAL!!

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!


ブランコ、決めた!

15歳のピエリ君を置き去りにしてのゴール!よくやった!


この同点ゴールで勢いに乗ったモンペリエは、ジゴーニを下げ俊足のタフェールを投入し逆転を狙う!




・・・が、あと一点と逆転を狙うには時間が足りず・・・試合終了

試合結果

FM009015.jpg

1-1 DRAW!

アウェーだったし引き分け自体に文句はない。
ただ、ベルナンド神が開幕から不調なのと、新ST陣がハムダウィほどの得点力を望めそうにもないのが気がかりだ・・・

第三節終了後 4位


8/28

EuropaLeague 最終予選 第二戦
(H) vsParma


FM009016.jpg

0-0を狙うべきか、それとも純粋に勝利を狙っていくか・・・
2トップのゴミス&アルティドールがどこまで機能するかがこの試合重要になってきます。

試合開始

前半30分

ブオナノッテのワンタッチスルーパスから・・・

アルティドールが左サイドを打ち抜く強烈なシュート!!

GOOOOOOOOOOAL!!

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!


アルティドール、今季初ゴール!
これでモンペリエは大分楽になりました。

先制点を奪ったあと、モンペリエは止めの追加点を狙いにいくが、なかなかこれが上手くいかない。
まぁパルマの攻撃も全く上手く行っていないので、このまま逃げ切れるか・・・





とかなんとか油断してたら後半75分!

セルビアU-21代表での教え子Jovicに、右サイドからの低いクロスをボレーで合わせられGOOOOOOOOOOAL!!

同点に追いつかれる・・・や、ヤヴァイ・・・


これでこのまま逆転されたらアウェーゴール的に考えて終わる!
コンディションも不安だし、90分間でなんとか勝負を決めなければ・・・

というわけで失点の直後、交代枠を一気に使い切って3選手を投入。

チョイを下げてブランコ
ベルナンドを下げてランパード
ゴミスを下げてジゴーニ。


しかしこの交代では流れが変わらず(#゚Д゚)y-~~イライラ

このまま延長戦に持ち込まれるのか・・・と思っていた後半87分

カウンターからジゴーニが前を向いてドリブル!
しかし前にはDFがしっかりマークについていて、尚かつシュートコースも切られている!

これ以上時間をかけられないジゴーニ・・・



一か八か右足でロングシュート!

FM009018.jpg

GOOOOOOOOOOAL!!

うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ


よよよよくやったジゴーニ!!!

これが今季初ゴール!30mのロングシュート!

モンペリエ、再び勝ち越し!後は逃げ切るだけ!

・・・

・・・


・・・


試合結果

FM009017.jpg

2-1 WIN!

嫌がらせの予選突破キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

あーしんどかった・・・来季はもっと楽な相手を頼みますよUEFAさん。

GL抽選会

FM009019.jpg

グループD
アーセナル
パルチザン
モンペリエ
ペトルザルカ


・・・これでも比較的楽な方だということは、ほかのグループをみていただければわかると思います。
プレミアビック4はこの大会に出てくるなよ・・・頼むから(ノ∀`)



8/28

フェリペをディナモ・キエフに1.95Bで放出


不満持ちになってた上にキャプテン。
さらに言うと不満を持つと途端に調子を落とす選手だったんで、これ以上チームにおいておけませんでしたorz



8/31

League 1 第四節
(H) vsOGC Nice(11位) 1-0 WIN!


ベルナンド(49)

皇帝ベルナンド、復活のロングシュートで辛勝。
でもやっぱりST陣の決定力が酷すぎる・・・


というわけでコリンチャスから、アルゼンチン人ST、マティアス・デフェデリコを獲得!

FM009020.jpg

移籍金は2.25B。
今季ブラジルリーグで35試合30得点7アシストを記録していた怪物。
彼がハムダウィの穴を埋めてくれることを今度こそ期待しています。

新加入ST陣はお怒りのようです

FM009021.jpg

新加入ST陣は涙目のようです

FM009022.jpg



冬の移籍市場まとめ

世界全体の移籍

FM009023.jpg

FM009024.jpg

ワールドカップイヤーなのにやたらと地味な印象。

大型移籍ランキング

FM009025.jpg

今回の移籍市場でランキングの変動は起こらず。

フランスの移籍

FM009026.jpg

FM009027.jpg

よくも悪くもモンペリエが主役です。

モンペリエの移籍

FM009028.jpg

毎年選手が大幅に入れ替わるもんだから、組織力がいつまでたっても上がらない。
ヨーロッパの舞台で成功を収めない限り、主力は毎年のように流出し続けるんだろうなぁ・・・



モンペリエメンバー表

名前良ポジ身長体重年齢利き足コメント
Sergio RomeroGKARG191 cm86 kg27前任者のフェリペを越えることが出来るか?
Mladen PralijaGKCRO187 cm82 kg19無難に成長中。
RafaelD RBRA172 cm64 kg24なんかまた最近移籍するかも的なことを言い出した困ったちゃん。
MaxwellD LBRA175 cm73 kg33左のみ今季はLMよりもLBでの起用が増えそう。経験があるからか、パフォーマンスが常に安定している頼れるベテラン。
Daniele LuccheseD LITA177 cm73 kg20移籍したい病発病中ですが、今季はこれ以上選手を入れ替えたくないので強制的に残留。
Roland JuhászD CHUN193 cm79 kg31いいときと悪いときの差が激しい。
Younes KaboulD CFRA191 cm85 kg28怪我で出遅れましたが実力は申し分無い。
Bruno MangaD CGAB186 cm76 kg26右のみたまにやらかしますが、それでもPaillotよりはマシ。
Vadim DemidovD CNOR185 cm72 kg27右のみユーティリティプレイヤーとして活躍中。
Kfir DavidD CISR181 cm76 kg20右のみ20歳なのに一番安定感のあるDF。
Andrea PirloDMITA177 cm68 kg35そのパスセンスと視野の広さは未だに大きな武器。ベルナンドの控えでジョーカー的存在。
Steven N'ZonziDMFRA194 cm74 kg25能力値は大したことないですが、安定感が素晴らしいのと怪我に強いので重宝しています。
Somen TchoyiM RCMR190 cm87 kg31右のみ最近は怪我が増え、フィジカルもわずかに衰え始めましたが、最も信頼している選手の一人なので最後までチームに残します。
Sebastián BlancoM RARG166 cm64 kg26不動の右サイドアタッカーの地位を確立。
Issam ZaouiM RFRA179 cm74 kg18アルジェリアにルーツを持つ天才は現在戦術のスパルタトレーニングを受けています。
BernardoM CBRA178 cm69 kg24昨季まではまさにレジェンドクラスの活躍を見せましたが、今季はマークが厳しくなったせいかスランプ気味。
Maxi RodríguezAM RARG180 cm79 kg33マクスウェル同様頼れるベテラン。
どこで起用しても及第点以上の働きをしてくれます。
Diego BuonanotteAM CARG161 cm60 kg26左のみたま~に出てきて決定的な働きをする気まぐれな天才。
何気に守備面でもしっかり貢献してくれています。
Frank LampardAM CENG184 cm88 kg3636歳ですがまだまだ現役。
後半途中出場でもしっかりと働いてくれます。
Bafetimbi GomisSTFRA184 cm76 kg29決定力さえもう少し身につけば・・・
Matías DefedericoSTARG171 cm69 kg25高額の移籍金に見合う活躍を見せることが出来るか?
Yannis TaferSTFRA180 cm66 kg23左のみザ・微妙。
フランス人なので獲得したというところが大きい。
Gianmarco ZigoniSTITA188 cm79 kg23右のみ才能は申し分ないんですが、どうも扱いが難しい選手。
チームに馴染めば活躍してくれるんでしょうか。
Jozy AltidoreSTUSA185 cm79 kg24ハムダウィが抜けた今、ST陣で唯一計算が立つ選手。
それでも決定力のなさは相変わらず・・・。
        




まとめのリーグ表

FM009029.jpg

3勝1分2位となかなかのスタート。
今年も3強とのCL出場権争いになりそうです。

FM009030.jpg

モンペリエは得点数が少ないため選手成績では地味・・・
ブランコが既に二回MoMを獲得しているのは一応好材料?

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに。それでは。
スポンサーサイト
UEFA U-21 欧州選手権予選 結果

FM009032.jpg

なんと我がセルビアがオランダを押さえて堂々の首位通過。
というかオランダが妙に弱かったってだけなんですけどね・・・w

FM009034.jpg

あとはプレーオフでロシアU-21代表を下せれば晴れて本大会出場となります。

セルビアU-21代表のエース、ジヴァノビッチ

FM009033.jpg

既に年齢は22歳ですが、予選開始時は21歳以下だったので問題なし。

DF能力が素晴らしいだけでなく、足下のテクニックも一流という主にオランダ人に喜ばれそうな選手。
20歳の頃から既にワールドクラスの選手ですが、所属するインテルでの待遇が微妙なので、モンペリエがいつかぶんどってやろうと虎視眈々に狙っている選手でもあります。



9/14

League 1 第五節
(A) vsToulouse(15位) 2-0 LOSE!


この試合に負けたのは審判のせいだ!

ありえない誤審を二つも!
空中戦で押したとかいちゃもんつけてトゥールーズに先制点となるPKを与え、さらにはジゴーニの同点ゴールを空中でぶつかったとか事実を偽造して取り消し!

FM009035.jpg

トップリーグの審判が評価点3なんて初めて見たわ!謝罪と賠償を要求する!

・・・というかトゥールーズと対戦するときはいつもいつも問題が起きるなぁ・・・強制終了したり、露骨に削られてもカードが出なかったり、大誤審連発されたり・・・

こ、こいつらもしかして裏でなにか(略


第五節終了後 4位


9/18

UEFA EuropaLeague GL 第一節
(A) vsPartizan(セルビア) 1-1 DRAW!


マンガ(55)

「流石にパルチザンには勝てるだろう」と思っていたら危うく負けるところだったでござる の巻。

こここここ今回は欧州大会のレベル上がってるのかな?おっかしいなぁ~(棒読

第一節終了後 2位


9/21

League 1 第六節
(H) vsParis Saint-Germen(4位)

FM009036.jpg

いつまで立っても主力が引き抜かれない羨ましいチーム代表PSGと対戦。
ふんまにもう・・・その優秀なFW陣の一人でもこっちによこせと言いたい。

試合開始

前半戦・・・

は、互いにやたら守備的というか中盤でのつぶし合い。
ややPSGが有利に試合を進めるも、決定機は作れず退屈なままハーフタイム。

ハーフタイム

新加入のデフェデリコが全く役に立っていない・・・どうしよう。
というか今夏の補強は外ればかりだなぁ・・・

後半戦・・・

相も変わらず退屈~な試合。

後半66分

このままぼ~っと見ていても仕方がないので選手交代。

ジャンマルコ・ジゴーニをゴミスと、ブオナノッテを怪我から復帰した同胞のマキシ・ロドリゲスと交代。

そして交代直後の後半67分

デフェデリコのスルーパスにゴミスが飛び込んでダイレクトシュート!

これはオチョアが反応して惜しくもゴールならず。

しかしそれでも交代直後にこの試合一番の決定機が訪れたことでチームの士気が上がる。

そしてさらに左サイドからのコーナーキック

ベルナンドが高くて尚かつ速いボールを蹴り込んだ!

ケーヒス、これに飛び込んで頭でクリアしようと試みる!


しかし空振り!


ボールはファーに待ち構えていたロドリゲスの足下へ!



マキシ・ロドリゲス、左足でゴール最短距離のコースを狙ってシュート!


GOOOOOOOOOOAL!!

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!


マキシ・ロドリゲス、復帰戦でゴール!&二試合連続途中出場で得点!

ホンマ、マキシの兄さんは頼りになるでぇ~!


この失点に慌てたPSGは交代枠を使って反撃に出る!

が、今季圧倒的な安定感を誇る守備陣がこれを封殺!

さらには最後の交代枠を使ってベルナンドを下げカブールを投入し徹底的な逃げ切り体制!

これが功を奏し、モンペリエは最後まで落ち着いてゲームをコントロールし、試合終了!

試合結果

FM009037.jpg

1-0 WIN!

兵士よ・・・よくやったー!

あのPSG相手に初めて無失点!そして二度目の勝利!
うはは!どこまでもST陣は頼りにならないが、守備陣の安定感は素晴らしいぞ!

第六節終了後 2位


9/28

League 1 第七節
(A) vsAS Nancy(10位) 1-2 WIN!


マンガ(26)
ゴミス(51)


マンガの致命的なミスで失点したかと思えば、すぐにそのマンガがフリーキックからミスを帳消しに。
と思ったらまた致命的なミスをやらかしたのでハーフタイムにカブールと交代・・・それからは守備が安定しました。

この試合でマンガ君の信頼は地に落ちた!これからのスタメンはカブールだ。

第七節終了後 1位


10/2

UEFA EuropaLeague GL 第二節
(H) vsPetrzalka(4位) 6-1 WIN!


ジゴーニ(26,31)
デミドフ(62)
マキシ・ロドリゲス(68,87)
ザウイ(82)


リーグ戦での鬱憤を晴らすかのようなゴールラッシュ!
ジゴーニ2ゴール!マキシ・ロドリゲスも途中出場で2ゴール!
モンペリエの至宝、ザウイもフル出場でキレキレ&ゴール!

大満足の一戦となりました。

第二節終了後 2位


10/5

League 1 第八節
(H) vsRC Lens(16位) 4-0 WIN!


デフェデリコ(5,24,60)
ゴミス(28)


攻撃陣ついに爆発か!?
デフェデリコがハットトリック&ゴミスが連続ゴール!
今の堅守に爆発力が加わったら・・・今季こそはCL出場権獲得、いけるやもしれん。

第八節終了後 1位


10/8

League 1 第九節
(A) vsFC Nantes(20位) 1-0 LOSE!


そして次の試合で早速やらかしました~
ロメロが不用意に前に出たところを狙われ?ロングシュートを決められ失点。
高いひらめき&奇抜さの弊害がここで出てしまったか・・・orz
そしてFW陣がことごとく決定機を外し敗北。最悪だ・・・



まとめのリーグ表

FM009038.jpg

モンペリエに就任してから初めて単独首位に立ったものの、最下位ナントに痛恨の敗北を喫し2位転落。
せめて誤審で負けたトゥールーズ戦かナント戦のどちらかは勝っておきたかった・・・またOMに優勝されるのはいやだお・・・

FM009039.jpg

今季は選手成績表では空気です。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに。それでは。
14-15 モンペリエ 安定飛行 (2010/01/15(金) 06:00:00)
セルビアU-21の UEFA U-21欧州選手権本戦出場が決定!

FM009040.jpg

トータル4-2でロシアU-21を下しプレーオフ突破。
全体的に対戦相手に恵まれていた予選だった気もしますが、それでも代表チームを率いて予選突破ってのは気分がいいもんです。

FM009041.jpg

プレーオフでのサプライズは、スペインがルーマニアに敗れてまさかの敗退を喫したことと、第一戦をイタリア相手にアウェーで2-1で折り返していたデンマークが、第二戦ホームで0-8と大虐殺され、福祉大国青年たちの心に大きなトラウマを作ったことぐらいでしょうか。

何気にイングランドもトルコに負けていますが、トルコのユース世代って案外優秀ですし、イングランドのフィジカルお化け軍団も優秀っちゃ優秀なんですが、若いうちはメンタルというか戦術理解度が低すぎるので負けても何ら不思議はありません。

ま、とにかくセルビアの青年達よおめでとう!
本戦でも歴史に残る戦いを期待している!



10/19

League 1 第十節
(H) vsAS Monaco(14位) 2-0 WIN!


デフェデリコ(24)
ジゴーニ(90+1)


どうもデフェデリコはゴミスと相性がいいらしい。

先制点を奪ってからは防戦一方な試合でしたが、ロメロの飛び出しがこの試合さえていたおかげで無失点に抑え、後半ロスタイムに途中出場のジゴーニがリーグ戦初ゴールを決めて辛勝。

第十節終了後 2位


10/23

UEFA EuropaLeague GL 第三節
(H) vsArsenal(1位)


FM009042.jpg

負けること前提の試合なのでプレッシャーはありません。
現在の戦力で欧州トップクラスのチームとどこまでやりあえるのか、むしろ楽しみですらあります。

要注意選手

バカリ・サニャ

FM009043.jpg

レアルから一年で帰ってきたおもしろいやつ。

ガエル・クリシー

FM009044.jpg

鉄壁の左サイドバック。
一対一ではまず負けない。

セスク・ファブレガス

FM009045.jpg

ガナーズの象徴。
毎作能力値が変態です。

サミル・ナスリ

FM009046.jpg

ベンゲル退団後はチームの主軸を担います。
ジダンと同じでアルジェリアにルーツをもつ選手です。

クリス・ガディ

FM009047.jpg

OMユース出身の怪物。
タイプ的にはジブリル・シセか?

試合開始

とりあえずナスリとセスクにはタックルを強くして潰しに行く。
まぁ潰しにいってもあっさりかわされそうな気もしますが。

前半戦・・・

予想通りメタメタに攻められますが、1トップのガディに決定力が無いためあんまり怖くはない。
怖くはないが、モンペリエの攻撃も上手くいっていないのでやっぱり劣勢。

というわけで前半戦は何も出来ずに終了。

ハーフタイム

ベルナンド様のパスが22本中6本しかつながっていないという悲惨な状況なので、パスをショート寄りに変更。

後半戦・・・

ベルナンドへの指示変更がきいたのか、それなりにパスが回り始める。

・・・が、後半53分

後半からトップに入ったカルロス・ベラの強引な無茶苦茶ミドルが決まってGOOOOOOOOOOAL!!

・・・調子を上げ始めていたこの時間に失点は痛い・・・

残りの時間、モンペリエは交代枠を使い切って反撃に転じ、二三度決定機を作り出すもゴール前での落ち着きが足らず・・・試合終了。

試合結果

FM009048.jpg

0-1 LOSE!

決定機の数は2-0なのに敗北とはこれいかに?
にしてもやっぱり攻撃が上手くいっていないなぁ・・・
というか昨季までのベルナンド頼みのサッカーがそろそろ限界を迎えているのかもしれん。

第三節終了後 2位


10/26

League 1 第十一節
(A) vsLOSC Lille(8位) 2-0 LOSE!


久々にマンガを起用した結果がこれだよ!
あの野郎、ダビドにオウンゴールを押しつけやがった・・・

第十一節終了後 2位


10/29

League 1 第十二節
(H) vsMarseille(1位)


FM009050.jpg

この直接対決を落とすと後が辛くなるとは言え、こいつら穴がないからなぁ・・・
ルチョ・ゴンザレスも相変わらずの活躍だし、どう攻略していくか・・・

要注意選手

イヴァン・イヴァノフ

FM009051.jpg

最高に言いやすい名前。ハイボールに強いDF。
リアルではCSKAソフィアに所属しています。

試合開始

前半戦・・・

ロメロのロングキックがことごとく相手に渡るので、ボール処理をDFに渡すに変更。

そして前半16分

ラファエルからファーに高いクロスを上げた!

しかしボールは身長僅か161cmであるブオナノッテの頭上に・・・





直後に何故か主審の笛!



P K!


(´・ω`・)エッ?



ブオナノッテと競っていたBocaly、何故かハンドを犯していた!

プギャ━━━━≡≡≡≡≡⊂`⌒m9^Д^)⊃━━━━!!!!!!


これをベルナンドが蹴り・・・




コースをマンダンダに読まれはしたものの、決めた!


GOOOOOOOOOOAL!!


キタ――(゚∀゚)――!!

ものすごくラッキーな形でモンペリエ、先制w


そして先制後、OMは微妙にやる気を出して反撃に転じるもミドルシュートばっかりであんまり怖くは無い。

何度かあったCKも、ロメロが確実にパンチングでクリアしてカウンターに繋げてくれるのでむしろチャンスにすらなっている。


そして後半になっても展開は変わらず、刻々と時間は過ぎ去っていく。

いやーそれにしてもマルセイユ、この試合は低調だなぁ。

特にルチョ・ゴンザレスがこの試合空気なのがありがたい。

後半77分

ベルナンドとブオナノッテを下げ、エンゾンジとマクスウェルを投入し、守備重視の中盤構成に。

・・・

・・・

・・・

試合結果

FM009052.jpg

1-0 WIN!

いやー・・・びっくりするほど動きの無い試合だった。
一応首位攻防戦なんだけどなぁ・・・w

理解不能なハンドでPKを献上してくれたBocalyには感謝してもしきれない。
あれが無ければおそらくこの試合スコアレスドローで終わっていたであろうw

第十二節終了後 1位


11/1

League 1 第十三節
(H) vsUSBCO(7位) 5-1 WIN!


マキシ・ロドリゲス(4,9)
ジゴーニ(13,PK90)
ピルロ(24)


マキシ・ロドリゲス 全治8日の負傷
カブール 全治2週の負傷


マキシ・ロドリゲスの決定力が半端じゃない件について

今季サイドでしか起用してないのに公式戦2(7試合)で6ゴールですよ奥さん。
というかこの試合は・・・

マキシ・ロドリゲス 2ゴール1アシストでMoM
チョイ 一撃必殺キラーパスを2連発2アシスト
ピルロ 強烈ミドルで今季初ゴール


と、先発起用したベテラン勢が揃って活躍した試合でもありました。
ただ・・・

マンガ 軽傷を負ったカブールに代わって後半途中に出場。こなした仕事は試合終了間際にPKを与えただけ。


駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・

第十三節終了後 1位


11/6

UEFA EuropaLeague GL 第四節
(A) vsArsenal(1位)


FM009053.jpg

アーセナルのスタメンはファン・ペルシー、フェルマーレン、ソング以外は前回と同じメンツ。

アウェーだけどGL突破を楽にするために引き分けには持ち込みたいなぁ・・・

試合開始

試合開始~前半3分

ゴミスが二度も一対一のチャンスを外す・・・orz

まったく!ゴミスは本当にまったく!

前半22分

再びゴミスがブランコのロングパスで裏をとってキーパーと一対一!

しかしエリア内でもたついてDFに追いつかれボールを奪われる・・・



ゴミイイイイイイイイイイイイイス(´;ω;`)


こんな感じで前半戦はまさかのずっとモンペリエのターン!

でもゴミス君が素晴らしいミスを次々と見せてくれたおかげで一点も奪えず!

ハーフタイムでジゴーニと変えちゃおうかとも思えたけど、ジゴーニだと今度はシュートまで持って行くのに苦労しそうなのでもう少し様子をみることにする・・・

後半戦・・・

FM009054.jpg

今度は後半から入ったアルビンが立て続けに二本の決定機を外すw

後半56分

いよいよ悪い意味ですら目立たなくなってきたゴミスをジゴーニと交代。

後半64分

ジゴーニのスペースを突いた完璧なスルーパスにベルナンドが走り込んで一対一。


オチは言わずもがな。見事に止められコーナーに逃げられる・・・

後半72分

ブオナノッテを下げ、前節好調だったチョイを投入。

後半82分

そのチョイがぎりぎりエリア内でディアビを倒してPK!

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

これをファン・ペルシーがきっちり決めてGOOOOOOOOOOAL!!

裏目裏目恨み!

試合結果

FM009055.jpg

1-0 LOSE!

ダビド 全治3週の負傷

なんだこの試合www
互いにお笑いプレーが多くてある意味では楽しめたけど・・・酷すぎるw

DF陣に怪我人が続出で軽くピンチですが、意地でもマンガは使わない!

第四節終了後 2位


11/9

League 1 第十四節
(A) vsRennais(16位) 2-0 LOSE!


ラファエル 一発退場(25)

ラファエルがえげつな~~~い高速両足タックルで相手を病院送りにして退場。全てが台無しに。

勘弁してくれ・・・ただでさえDF陣はガタガタなのに・・・orz



まとめのリーグ表

FM009056.jpg

今はまだ優勝争いに絡めている状態。
格下にばかり負けているのが気になるところではありますが・・・
これは格下のチームに気後れするという就任当初からの悪癖で、選手を入れ替えてもなかなか完治しない不治の病だっだりする。

FM009057.jpg

選手ランキングでは空気どころか・・・

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに。それでは。
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。