日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201704 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201706
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/15

欧州クラブランキング発表


FM004772.jpg

パレルモは12位上昇し22位に。
1位は変わらずアーセナル。



6/24

株主配当金の支払い


FM004775.jpg

3.1Bも持って行かれた!



6/29

パレルモシーズン&史上ベストイレブン発表


FM004776.jpg

FM004778.jpg



SerieA 今季のテレビ放映権料

FM004779.jpg

昨季は2.4Bだったから…800Mも増加!



今季の目標&移籍予算

FM004781.jpg

目標:タイトルに挑戦
移籍予算:18.8B
賃金予算:10.8B


…年々凄い勢いで予算が増えて行ってる気がする…w
どうやら我が箱庭ではイタリア限定のバブルが起きているようです。


裕福クラブランキング発表

FM004783.jpg

1位は相変わらずレアル・マドリード。
パレルモは18位から16位に上昇。
デンマークの実業家に買収されて金満化したユベントスは、インテルを抜いて5位にランクイン。



7/1 夏の移籍市場開幕

パレルモ、バルセロナからガイ・アスリンを260Mで獲得!

FM004784.jpg

利き足混合のイスラエル人ウインガー。
まだまだ伸びるとの報告があったので、バルセロナの移籍リストに載っているところを獲得。


「スーペル・マリオ」ことマリオ・バロテッリを、インテルから1.12Bで獲得!

FM004785.jpg

経歴

ガーナ移民の息子としてパレルモで生まれ、3歳のときにブレシア近郊のバロテッリ家に養子として迎えられる。2008年8月12日の彼の18歳の誕生日にイタリア市民権を獲得。これを受けて早速カジラギ率いるイタリアU-23代表に招集された。将来のイタリア代表入りを目指しており、ガーナ代表の招集を断っている。

プレースタイル

天性のスピードとフィジカルを備え、近未来のドログバと言われる。またプレースキックの精度が高くコーナーキック、フリーキックを任される事が多い。年齢からは考えられない程ゴール前で冷静であるが、ラフプレーが多く精神面での成長が課題である。

wikipedia引用



なんと彼、パレルモ生まれなんです(獲得してから気がついた)!
FMでも地元出身の選手は、ファンに愛されやすい…とかいう話を聞いたことがあるんですけど、どうなんでしょうね?

ジャンプ力が「11」とやや低めですが、身長は188cmなので1トップでも起用出来るんじゃないかな~?と、期待しています。


ベルギーのアンデルヒトからスペイン人ストライカー、ハビエル・ナバーロをボスマンで獲得!

FM004786.jpg

セビージャの下部組織出身、アンデルヒト育ちという異色の経歴の持ち主。
なんと17歳の時点で既に「ワンダーボーイ」の肩書きを手に入れていました。
スピードとテクニックに優れ、さらに両足を使えるので上手く育てれば将来は超大物ストライカーになるかも…。


夏の移籍市場開幕直後のパレルモの移籍まとめ

FM004790.jpg

ハビ・ガルシア、ミッリャッチョ、フォレスティエリ、イアクインタ等が放出or退団。



7/9

チアゴ・シルバ、腰の爆弾が…


FM004791.jpg

チアゴ・シルバが腰をやられて六ヶ月の負傷離脱!
いや、専門医に任せれば2ヶ月程度で済んだんですけど…癖になられても困るので…
ああもう!これでポグレブニャクとチアゴ・シルバの主力二人を、長期間負傷で欠くことになるのか…辛い。



7/18

チェルシーからジョン・オビ・ミケルを4.3Bの移籍金で獲得!


FM004793.jpg

プレースタイル

ドリブル、セットプレーのキックの正確性、絶妙のスルーパスと非の打ち所のないまさに「天才」。しかし、若干カードをもらいやすく精神面の成長が課題である。未完成の選手で、中盤の底としては守備力が足りず、及第点には及ばないが、10代の頃から身につけていた持前のセンスと知性でパリSGに移籍したクロード・マケレレの果たしていた役割を十分こなしチェルシーの堅守に貢献している。 無尽蔵のスタミナと強靭なフィジカルを武器に、毎試合成長している。 最近では、レギュラーに定着しており、欠かせない選手として重宝されている。

エピソード・アラカルト

2003年にフィンランドで行われたFIFA U-17ワールドカップに出場した際、ユニフォームに"MICHAEL"のスペルが"MIKEL"と間違ってプリントされていた。それを気に入ったらしく、それからはミケルという名前を登録名としている。

2006-07シーズンにチェルシーがFAカップで優勝したが、誤って優勝カップを落として傷をつけてしまった。



wikipedia引用


折角お金に余裕があるんだし…ってことで、大枚叩いて獲得しちゃいました!
リアルで大好きな選手の一人。彼のキープ力は本当に貴重です。



7/23

ローマから森本 貴幸を3.4Bで獲得!


FM004795.jpg

FM004796.jpg

我がブログ史上初の実在日本人選手獲得?
今季はストライカーとしてよりも、ウイングでどんどん起用していく予定。



7/28

マルキーニョス、6Bの大金と引き替えにミュンヘンへ!

FM004797.jpg

さすがに今季は金を使いすぎた…ということで、人気銘柄のマルキーニョスを放出。
でもまさか6Bもの移籍金がつくとは思ってもみませんでした。



8/13

アムラバトを1.8Bでチェルシーに放出。



8/26

Supercopa de Italia TIM 決勝
(H) vsA.C.Milan


FM004799.jpg

マルキーニョスとフォレスティエリという二人のトップ下を放出したので、今季は4-3-3をメインにして戦います。
これが今季初の公式戦!相手はミランと新システムをテストするには絶好!
サクッと勝って気持ちよく開幕を迎えましょう!

要注意選手

ステファン・ラドゥ

FM004800.jpg

今季ラツィオから2.25Bの移籍金で引き抜いたキヴ二世。
両足が使えるのは良いんですが、CBとしては空中戦に弱すぎるかな…?

ジェレミー・マテュー

FM004801.jpg

今季ニースからボスマンで加入。
スピードはそれほど無いですが、戦術理解度が高く、プレースキッカーとしても優秀。

カカ

FM004802.jpg

リアルでシティーにガチで移籍しそうな気配が…
シティーに行くぐらいならチェルシーに来てくれ!

いや、シティーに行ったら行ったで面白いっちゃ面白いんですけどね。

パト

FM004803.jpg

リアルで最近キレキレなので紹介。
我が箱庭では、昨季19ゴール10アシストを記録。

試合結果

FM004804.jpg

2-0 パレルモ Supercopa de Italia TIM 優勝!

この試合でデビューしたバロテッリがいきなりドッピエッタを達成し快勝!

FM004805.jpg

賞金400Mを獲得。
結構な額貰えるんですね、この大会って。

FM004806.jpg



8/29

ウェストブロムウィッチからラファエル・ファン・デルファールトを獲得!


FM004807.jpg

移籍金は1.6B。
中盤のローテーション要員として獲得。



8/30

UEFAChampionsLeague GroupStage 抽選会


FM004808.jpg

グループB
マンチェスター・ユナイテッド
パレルモ
ヴォルフスブルグ
ラピード・ウィーン


マンチェスター・ユナイテッドと、前季ブンデスリーガ王者のヴォルフスブルグと同居。



夏の移籍市場まとめ

世界全体の移籍

FM004809.jpg
FM004810.jpg

イタリアの移籍

FM004811.jpg
FM004813.jpg

ユベントス、暴走開始!
もう獲るわ獲るわ大乱獲!
今夏の移籍市場だけで25Bも移籍金を使っています…250億円て…シティ並みじゃないか…。

パレルモの移籍

FM004812.jpg

今季もパレルモは選手を大幅入れ替えしましたが、収支自体は黒字をキープ。



パレルモチームリスト

名前ポジション年齢コメント
ファビアンスキGKPOL27何気にアメリアよりいい成績を残してると噂のGK。
アメリアGKITA30不動の正守護神。アシマネはアメリアの能力に不満を持っているようですが無視。
ワシントンD LC, M LENG19アシュリー・コールの再来。
これから十年は左サイドバックの補強は必要ないかも。
コッセンティーノD CITA23優秀なバックアッパー。
パレルモの下部組織育ちなので、チャンピオンズリーグのクラブ育成選手枠も埋めてくれます。
エンリケ・アドリアーノD CBRA25最近になって安定感が増してきた印象。
怪我がちなチアゴ・シルバを追い抜くことが出来るか?
チアゴ・シルバD CBRA27腰の爆弾が爆発し、数ヶ月の離脱中…。
ガブリロD CCRO22チーム不動のセンターバック。
ザンパリーニ会長お気に入りの選手でもあります。
レマD C, DM, M CITA19ザネッティの後釜。
ボルゾーニの指導を受けて大きく成長。
今季は出番が増えるか?
ホセ・サエルD/WB RESP19まさかここまで伸びるとは思わなかった…
バスクが生んだスーパーサイドバック。
攻撃だけでなく守備もしっかりこなせる選手です。
足首のねんざで負傷離脱中。
ルシアーノ・ロブレスD/WB R, DM, M RCESP18本職はサイドバックですが、中盤の方がその攻撃性能を生かせるような気も…
昨季は総合で4アシストを記録。
カッサーニD/WB RL, M RITA29突如現れた天才サイドバック、ホセ・サエルに定位置を奪われましたが、その安定感と両サイドをこなせる器用さは貴重。
ミケルDM, M CNGA25監督の趣味で獲得した選手。
何気に空中戦に強い。
ボルゾーニDM, M CITA23中盤不動のフィルター。
今季は4-3-3のアンカーを務めます。
ルッソットAM RCITA24監督お気に入りの選手。
昨季はSerieA2ゴール9アシストを記録。
ジョビンコとの定位置争いは非常にハイレベルです。
アスリンAM RLCISR21利き足混合がどこまで生きてくるか?
途中出場の切り札として使えば面白いかも。
森本 貴幸AM RL, STJPN24ローマから加入した日本代表のエース。
その高いテクニックを生かし、サイドで暴れ回ってほしい。
バロテッリAM RL, STITA22デビュー戦でドッピエッタを記録したスーペル・マリオ。
明らかに得点力はパロスキ以上。期待しています。
ジョビンコAM LC, F CITA25昨季総合8ゴール15アシストを記録した万能アタッカー。
プレースキッカーとしても優秀。
パロスキAM L, STITA22伸び悩むフェノーメノ。
キーパーをかわすプレースタイルを覚えさせたのがかえって不味かったのか、決定力ががた落ち。
デフールAM CBEL24加入1年目で4ゴール10アシストを記録した司令塔。
ファン・デル・ファールトAM/F CNED29デフールの控えとして獲得。
レアル・マドリード在籍以降の移籍先では、ことごとく干されていましたが…果たしてパレルモで復活することは出来るのでしょうか?
ポグレブニャクSTRUS28昨季のSerieA得点王ですが、終盤戦に足を骨折。
現在リハビリ中で復帰は10月中旬の予定。
ハビエル・ナバーロSTESP1817歳で既に肩書きがワンダーボーイだった天才児。
これからの成長に大きく期待。
     




まとめ

というわけで次回、12-13シーズン開幕!
開幕戦の相手は昨シーズン激しい優勝争いを繰り広げた強敵、インテルです!
スポンサーサイト
12-13 パレルモ (2009/01/20(火) 06:00:00)
9/1

Lega Calcio SerieA TIM 開幕戦
(H) vsInter


FM004814.jpg

開幕戦でいきなり前季最大の強敵だったインテルと対戦。
システムは相変わらず4-3-3のままなので、イブラヒモビッチに厳しいマーク&エンリケ・アドリアーノのマーク方法をマンマークに変更してから試合に臨みたいと思います。

要注意選手

ダビド・ルイス

FM004815.jpg

アトレティコから2.35Bで加入(パレルモもチアゴ・シルバの後釜候補として争奪戦に参加しましたが敗れる。)リアルではベンフィカに在籍。
ディフェンダーに必要な能力が揃っていて、攻撃面でも貢献できる良い選手です。

試合結果

FM004816.jpg

1-0 WIN!

ジュリオ・セザルのトラップミスを見逃さなかったバロテッリがタックルで奪って決めてくれたおかげで運良く勝利。
が、後半82分にミケル君が二枚目のイエローを食らって退場(でも何故かMoM)。
これで次節のローマ戦は出場停止に…。

開幕戦終了後 5位


9/5

チアゴ・シルバ、練習を再開!


FM004817.jpg

腰痛で六ヶ月は離脱する予定だったチアゴ・シルバが、僅か二ヶ月で戦線復帰!(゚д゚)
なんという回復力…というかパレルモのフィジカルコーチ陣が優秀なのか?
あー…夏の移籍市場中にディフェンダー補強しなくて良かったー…



9/9


森本がオマーン戦で膝を故障し約一ヶ月の戦線離脱になる模様。



9/14

ポグレブニャクが軽い練習を再開!


FM004818.jpg

足の骨折で長い間チームから離れていたポグレブニャクが軽い練習を再開しました。
3週間後には本格的に復帰できる模様。



9/15

Lega Calcio SerieA TIM 第二節
(H) vsRoma(12位)


FM004819.jpg

お金はあるのに何故かあまり補強をしないローマと対戦。
この試合ではスピード不足のリーセを突くために、右ウィングにはジョビンコではなくルッソットを起用。
出場停止のミケルの代役にはファン・デル・ファールトを起用して試合開始。

要注意選手

アクイラーニ

FM004820.jpg

いつの間にかローマのキャプテンになっていたので紹介。
今までのプレー経験から言うと、大抵デ・ロッシがキャプテンになっているか、アクイラーニがどこかのクラブに高額で放出されるかだったので驚き。

昨季は総合6ゴール8アシストを記録。

試合結果

FM004821.jpg

2-0 WIN!

バロテッリがベテランキーパーのドニを楽々とかわし、公式戦3試合連続ゴールを決めて先制!
さらに後半80分、アスリンのクロスをデフールがヘッドで押し込み追加点!
で、快勝!でも何故かMoMは相手GKのドニでした!

第二節終了後 4位


9/18

UEFAChampionsLeague GroupB 第一節
(A) vsRapid Wien(オーストリア)


FM004822.jpg

チャンピオンズリーグですが相手は明らかな格下なので、控え中心メンバーで臨みます。
トップには神童、ハビエル・ナバーロを起用。

要注意選手

バラダウィッチ

FM004823.jpg

モーリッツ

FM004824.jpg

共に19歳の無名架空選手ですが、評価額が460M・550Mとやけに高い。
もしかしたら才能ある若手かも…ってことで早速スカウトを飛ばしておきました。

試合結果

FM004825.jpg

0-3 WIN!

ジョビンコ・カッサーニ・ボルゾーニのゴールで楽勝…したのは良かったんですが、ガブリロが軽傷を負い3週間の離脱…。
しまった、どうせなら彼もこの試合休ませておくべきだったか…。

ちなみにバラダウィッチとモーリッツはそれなりの選手でしたが、獲得の予定はありません。

その他の試合結果

FM004826.jpg

FM004827.jpg

同グループのユナイテッドはヴォルフスブルグをしっかりボコボコにしていました。さすが。



9/20

チアゴ・シルバを新キャプテンに任命

ミッリャッチョが退団してから新キャプテンを任命するのを忘れていた…
休暇イベントが起きないバグのせいかわかりませんが、1年に1度のキャプテン任命イベントが起きなくて気づかなかった…。
ということでチアゴ・シルバを新キャプテンに任命!
任命後のチームメイトの反応は良好で、とりあえずは成功した模様。



9/23

Lega Calcio SerieA TIM 第三節
(A) vsTorino(20位)


FM004828.jpg

パレルモの傘下クラブで、伸び悩んでいるファウスト・ロッシの武者修業先であるトリノと対戦。
現在最下位ですし戦力差もかなりあるんで、よっぽどのことが無い限り勝てるとは思いますが油断せずに行きます。

要注意選手

イアクインタ

FM004829.jpg

契約満了と共に放出した後、いつの間にかトリノと契約していた模様。
しかも背番号「10」を貰ってるし…期待されてる…のか?

試合結果

FM004830.jpg

0-2 WIN!

エンリケ・アドリアーノがコーナーキックでドッピエッタを達成し快勝。
イアクインタも微妙に怖い存在だったんですが、ヘディングを必ず枠に当てる悪癖が未だに治っていませんでした…w

第三節終了後 1位


9/26

Lega Calcio SerieA TIM 第四節
(A) vsLecce(15位)


FM004832.jpg

なんだかんだで毎年SerieAに残留しているレッチェと対戦。
そんなに良い選手が揃っているわけじゃないんですけど…頑張ってるなぁ。
この試合、レマをアンカーでスタメンで起用します。
それなりに成長した今ならそこそこの仕事をやってくれるはず…。

試合結果

FM004833.jpg

0-2 WIN!

スーペル・マリオがまたドッピエッタを達成し快勝。
早くもチームと戦術に馴染み量産体制に入っています。
こうなってくると、復帰間近のポグレブニャクの扱いに困ってくるなぁ…どうしよ…。

第四節終了後 1位


9/29

Lega Calcio SerieA TIM 第五節
(H) vsParma(13位)


FM004834.jpg

レッチェと同じく、戦力は全く上がってないけど一応はSerieAに残留し続けているパルマと対戦。
この試合、相変わらず不調なパロスキに代わって森本を今季初めて先発で起用!期待に応えてね!

試合結果

FM004835.jpg

2-0 WIN!

ボルゾーニとデフールの中盤の要二人がゴールを奪い勝利。
バロテッリは惜しくもポストに阻まれゴールならず。
森本はパロスキよりチームプレーが上手かった印象で、何度か使っていくうちに少しずつ活躍し出すかもしれない。



まとめのリーグ表 開幕5連勝達成!

FM004836.jpg

ここまで公式戦無失点全勝!
やっぱアンカーを置くと守備が安定しますね…
まぁこの無失点記録も、次のマンチェスター・ユナイテッド戦で終わりそうですがw

今季はインテル・ミラン・ローマ・フィオレンティーナ・そして超大型補強を展開したユベントス…の強豪5チーム全てがスタートダッシュに失敗。
これが後々になって効いてくる…と今から(勝手に)期待しておきますw

FM004837.jpg

開幕から5戦を終えて、新加入のバロテッリが4ゴールを挙げ得点王ランキングトップタイ!
ポグレブニャクの穴を埋める見事な活躍でチームを支えています。

平均評価点ランキングでは覚醒した?エンリケ・アドリアーノが現在トップ。
そのうちチアゴ・シル、エンリケ・アドリアーノ、ガブリロの3バックでも試してみようかしら…。

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!それでは!

12-13 パレルモ 快進撃 (2009/01/21(水) 06:00:00)
10/3

UEFAChampionsLeague GroupB 第二節
(H) vsManchesterUnited(イングランド二位)


FM004839.jpg

FM004840.jpg

グループBの難敵、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。
スタメンを見る限り、ゲームスタート時と殆ど面子が変わっていませんね。
ベルバトフは今季チェルシーにボスマンで移籍したみたいですが…

要注意選手

リオ・ファーディナンド

FM004842.jpg

もうすぐ34歳になりますがまだまだ現役。
ちなみに相棒のビディッチはこの試合怪我で欠場です。

エブラ

FM004843.jpg

世界最高レベルの攻撃サイドバック。
ホセ・サエルとのやり合いは今から楽しみです。

クリスティアーノ・ロナウド

FM004844.jpg

説明不要の怪物。
昨季はリーグ戦13ゴール7アシストを記録。

キャリック

FM004845.jpg

中盤のバランサーですが、ここ数年は調子を落とし気味。

アンデルソン

FM004846.jpg

FMの攻撃的セントラルハーフとしては最高級クラスじゃないでしょうか?
攻撃だけでなく守備もきちんとこなせるのが素敵。

ナニ

FM004847.jpg

昨季はリーグ戦1ゴール13アシスト。総合で3ゴール22アシストを記録。
ロナウド並みとは言わなくても、彼も十分にモンスターです…。

ルーニー

FM004848.jpg

昨季のリーグ戦22ゴール16アシスト。総合で29ゴール18アシストを記録…。
なんでこんな化け物ばかりなの?勝てる気しなくなってきた…

テベス

FM004849.jpg

昨季のリーグ戦21ゴール14アシスト。総合で33ゴール16アシスト…。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
もう、好きにしてくれ…こんだけ化け物揃ってりゃ、確かに補強の必要は無いわな…。


と、とりあえず最大の脅威であるロナウドとナニのサイドアタックを封じるために、ホセ・サエルとワシントンのマーク方法をマンマークに変更。
エブラのオーバーラップは…ルッソットが何とか食い止めてくれるでしょう…多分。

試合結果

FM004850.jpg

2-0 WIN!

ワシントンとホセ・サエルのマンマークが予想以上に上手く行き、クリスティアーノ・ロナウドとナニが完全に沈黙。
パレルモはカウンターからミケルが2ゴールを挙げ見事、というかまさかの完封勝利!
これでパレルモは連続無失点記録を「7」に伸ばしました。

この出来すぎた結果の代償として、右サイドのルッソットが試合中に靱帯を痛め一ヶ月の離脱です。
けどまぁ、サイドは人材が豊富なのでなんとかなるでしょう。

その他の試合結果

FM004851.jpg

FM004853.jpg

ソショーがバルセロナに引き分けたり、コペンハーゲンがフィオレンティーナに勝利したり…



10/5

ポグレブニャクがフルトレーニングを開始!復帰間近!


FM004854.jpg

5ヶ月ぶりにポグレブニャクがフルトレーニングを再開!
コンディションが整い次第、先発で起用しようと思います。(゚∀゚)



10/7

Lega Calcio SerieA TIM 第六節
(A) vsFrosinone(20位)


FM004855.jpg

昇格組で、トップチームに選手が16人しか居ない最下位のフロシノーネと対戦。
ファビアンスキ等控え選手が出場機会の少なさに不満を持ち始めていたので丁度良かった!
ってことでこの試合は控え中心メンバーで臨みます。
連続無失点記録が途絶えてしまうかもしれませんが…勝てればいいや、ってことで。

試合結果

FM004856.jpg

1-3 WIN!

森本の今季初ゴールで先制。
後半67分にコーナーキックから、今季初失点で同点にされたものの、後半89分と後半97分にルシアーノ・ロブレスと復帰したばかりのポグレブニャクが立て続けにゴールを奪い勝利!

第六節終了後 1位


10/13

パレルモが誇るサイドバックコンビが揃ってA代表デビューを飾る。


FM004857.jpg

FM004858.jpg

FM004859.jpg

ホセ・サエルとワシントンがワールドカップ予選で同時にA代表デビュー。
しかもワシントンはデビュー戦でゴールまで決めちゃってます( ゚д゚)ポカーン

さらに大怪我から復帰したばかりのポグレブニャクが、同じくワールドカップ予選のラトビア戦でハットトリックを記録…凄すぎる。

が、しかし肝心のイタリア代表組はスウェーデンに0-2で惨敗。
スタメン出場したパロスキは評価点5.7と最悪…代表でもスランプなのね…。



10/20

Lega Calcio SerieA TIM 第七節
(A) vsLivorno(18位)


FM004860.jpg

この試合、大胆にもウィングを置かない3トップに挑戦!
ポグレブニャク、バロテッリ、パロスキと(機能するならば)理想的な攻撃陣を一気に投入!
あと、パロスキさんはそろそろ結果を残していただかないと…色々と問題が…

試合結果

FM004861.jpg

0-2 WIN!

選手能力のごり押しでなんとか勝利&森本が二試合連続ゴール。
が、パロスキが削られ一ヶ月の負傷離脱…。
戦術は機能していたとは言い難いので、まだまだ調整が必要そう…。

第七節終了後 1位


10/24

UEFAChampionsLeague GroupB 第三節
(A) vsWolfsburg(ドイツ8位)


FM004862.jpg

FM004863.jpg

昨シーズンのブンデスリーガ王者であるヴォルフスブルグと対戦。
ぱっと戦力を見た限りではそれほど強く無いので普通に勝てるはず…

要注意選手

トム・シェーファー

FM004864.jpg

17歳のドイツ人架空ゴールキーパー。
要注意というか弱点。
恐らく自クラブ育成選手枠の問題で登録せざるを得なかった選手。

リカルド・ファティ

FM004865.jpg

能力値自体はそれほどでも無いのですが、192cmの巨体を生かした空中戦とフィジカルの強さが怖い。
それでも188cmのミケル君ならきっと抑えてくれるとは思いますが…。

長谷部 誠

FM004866.jpg

ヴォルフスブルグの日本人バランサー。
彼がいるからわざわざ森本を先発で起用しました。
日本人選手対決が見たくて…。

ミゲル・エンジェル・メディナ

FM004867.jpg

エクアドルの架空左サイドアタッカー。
超高速ドリブルと高精度のクロスが武器。
ただし戦術理解度はそれほど高くない模様。

ラファエル・ソビス

FM004868.jpg

中東から帰ってきた男。
昨季はリーグ戦7ゴール8アシストを記録。

試合結果

FM004869.jpg

1-2 WIN!

正直、マンチェスター・ユナイテッドより手強かった…
右サイドバックのリカルド・コスタの退場と、バロテッリ30mのスーパーバナナシュートによるゴールに助けられなんとか勝利。

…その代わり負傷から帰ってきたばかりのルッソットが、今度はひざを痛めて再び一ヶ月の離脱…。

まとめのグループリーグ表

FM004870.jpg

FM004871.jpg

FM004872.jpg



10/28

Lega Calcio SerieA TIM 第八節
(H) vsSampdoria(10位)


FM004873.jpg

フォーティが一人で頑張っているサンプドリアと対戦。
この試合はトップにポグレブニャクをスタメンで起用。
いやでもホント、バロテッリとの兼ね合いはどうしよう…

試合結果

FM004874.jpg

フォーティに好き放題やられ1ゴールを許しましたが、カッサーニとポグレブニャクの大砲ミドルで2得点を挙げ辛勝。
やっぱり大怪我した後でも関係無しに、ポグレブニャクは起用すればゴールをきっちり決めてくれるんだよなぁ…
こうなったら本格的にバロテッリとの共存の道を探ってみるか…?
いやでも今のままでも十分上手く行ってるしなぁ…公式戦全勝だし…
う~~~~~む、どうしたもんか…

第八節終了後 1位


10/31 シチリア・ダービー

Lega Calcio SerieA TIM 第九節
(H) vsCatania(14位)


FM004877.jpg

絶好調のパレルモとは対照的に、降格圏争いをしている宿敵?カターニャと対戦。
この試合で、バロテッリ、ポグレブニャク、ジョビンコの3トップを試してみることにします。

試合結果

FM004878.jpg

0-0 DRAW!

で、無意味なチャレンジのおかげで連勝記録が止まったのであります。
…ダービーで試して良いシステムじゃ無かったな…
結論「素直にローテーションしましょう」



まとめのリーグ表

FM004879.jpg

9試合8勝1分と絶好調!
2位のミラン、インテルとは既に「7」の勝ち点差をつけて独走態勢に入っています。
…ホント、カターニャ戦で変なことしなきゃ良かった…。

で、今季250億円もの移籍金を使って大補強したユベントスは現在12位m9(^Д^)プギャー
早くアギーレをクビにしないと、いつまでたっても復活出来ない気がする…。

FM004880.jpg

得点王ランキングでは皇帝アドリアーノがトップ。
バロテッリはアホな監督のせいで調子が落ちて4ゴールのまま。


というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!それでは!
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。