日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201706 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201708
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/17

ベルナンド、スイスのバーゼルに移籍


FM004411.jpg

結局最後の最後まで伸びてくれなかったベルナンドをバーゼルに500Mで放出。
でも放出した直後、ベルナンドからこんな↑メッセージが…
な、なんだろうこの罪悪感…とりあえず…ご、ごめんね!



6/19

株主配当金の支払い


FM004412.jpg

2.55Bも持って行かれた…
まぁ、それでも黒字なんだけど

パレルモ、新たなキットスポンサー契約を発表

FM004413.jpg

ここ数シーズンで少しは人気も知名度も上がっただろうし、きっと良いスポンサーを連れてくるだろうと思ったら…
今まで通り年間1B収入のスポンサーでした!チクショー!



6/25

先に放出先を決めておいて良かった


FM004414.jpg

チアゴ・シルバがメディアを通してボスコ・ヤンコビッチを批判。
まぁ確かにヤンコビッチ君はプロフェッショナルでは無かったし…ねぇ。
今年一月の段階で、ヤンコビッチをアーセナルに放出することを決めておいて良かったかも。



6/29

チーム最優秀選手

シーズン終了毎にパレルモファンが選ぶチーム最優秀選手。
今年はパロスキ・フォレスティエリ・ガブリロ辺りが選ばれるだろうなぁ…って思っていたら…

FM004417.jpg

何故かカッサーニが選出。
でも確かに安定した活躍で、平均評価点も7.25と高かったから…納得の結果?

今シーズンのSerieA、テレビ放映権料

FM004418.jpg

いつも通り2.4Bを獲得。

今シーズンの目標&予算

FM004419.jpg


目標:チャンピオンズリーグ出場権獲得
移籍予算:10.5B
賃金予算:9.1B


…誰だよ!イタリア南部は北部に比べて貧乏だって言った奴!(私です)
こんなにお金あってもどうせ使い切れないよ!無いよりはマシだけど!



7/1 夏の移籍市場開幕

裕福クラブランキング発表


FM004424.jpg

パレルモは28位から18位に上昇。
…イタリア南部は現在バブルです!

パレルモ、PSVからアムラバトを獲得!

FM004426.jpg

PSVから僅か700Mで獲得。
モロッコにルーツを持つオランダ代表MF。
リアルでプレーを見て気になっていた選手なので獲得出来て嬉しかったり。
マルキーニョスと同じく、中盤から上のポジションなら何処でもこなせるので、ローテーション要員として期待しています。

パレルモ、アーセナルからファビアンスキを獲得!

FM004427.jpg

第二GKのベン・フォスターが退団したので、アーセナルから僅か240Mで獲得。
給料が90Mとかなり安く、能力もそこそこ高い理想的な第二GKです。

パレルモ、ゼニトからロシア人ストライカー、パベル・ポグレブニャクを獲得!

FM004428.jpg

ゼニトから2.5Bの高額で獲得。
パロスキ以外にも点が獲れるストライカーが欲しい!ということで獲得。リアルでもお気に入りの選手です。
屈強で空中戦に強く、さらに運動量が豊富で、パロスキとの相性も良さそう。

移籍市場開幕直後の移籍まとめ


FM004430.jpg

アムラバト・ファビアンスキ・ポグレブニャク以外にも、エヴァートンのバクスターや一年前から共同保有していた、ビエリ二世のランダッツォ等を獲得。
彼らの紹介は、成長してトップチームデビューするときにやらせていただこうと思います。
勿論、期待通りに成長しなければ、紹介されることもなく…(略

放出選手

ストゥーリッジ→ポーツマス 1.12B
ベン・フォスター→マンチェスター・シティ 500M
シェアー→レッチェ 975M

今年も「育てて売る」で、儲けさせてもらいました。
そろそろプラティニ会長から「いい加減にしとけよ」と怒られそうな気もしますが(・ε・)キニシナイ!!



7/11

パレルモ、マンチェスター・シティから、ブライアン・ワシントンを獲得!


FM004431.jpg

移籍金は1.25B。
シティ産の架空選手で、ポジションは左サイドバック。
そして18歳で既にこの能力値!勝手に「アシュリー・コールの再来」と呼んでいます。
(実際にチェルシーがアシュリー・コールの後釜として狙っていた)
今季からトップチームでガンガン起用していくつもりです。
同じく18歳のスペイン人サイドバック、ホセ・サエルとの同時起用が楽しみでしょうがない。



7/16

ベルギーのスタンダール・リエージュからスティーヴン・デフールを獲得!


FM004434.jpg

FM004435.jpg

移籍金は今季最高の2.75B!
リアルでも数年前からちょくちょく話題になっていて、最近さらに知名度が上がってきているベルギーの新星。
戦術理解度が高く、積極的で、運動量が豊富なMF!ボルゾーニの相棒として理想的!
昔からFMで一度は獲得してみたいと思っていた選手なので嬉しい!
これで今年の補強も終わりかな?



7/17

ドス・サントスをバルセロナに2.5Bで放出。
突破力があって良い選手だったんですが、肝心のゴール・アシストが全く伸びなかったので…能力値は伸びていたんですけどね。



8/28

今年もパレルモはチャンピオンズリーグ予選免除で、8月は公式戦が一切無く暇。
一気に時間が進みます。

FM004439.jpg

ユベントスに4.3Bの移籍金で加入したばかりのジエゴが、いきなり足を骨折して五ヶ月の長期離脱。
…アンドラーデの二の舞になることだけは避けてね…。



8/31

UEFAChampionsLeague最終予選で○○○がまさかの…


FM004440.jpg

信じられないことが起きました。
なんと、ミランがギリシャのパナシナイコスに破れ舞台から消えました。
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
…なんかどんどんセリエの格が下がって行ってる気がする…。

CL出場権料を獲得

FM004441.jpg

今年もCLの本戦に出場するだけで700Mも賞金を貰えました。
(゚д゚)ウマー

UEFAChampionsLeagueGroupStage 抽選会!

FM004442.jpg

グループC

セビージャ
パレルモ
ハンブルガーSV
フェイエノールト


よっしゃ!今年はかなり楽なグループに入れたぞ!
逆にインテルは…かなりきついグループに入れられたっぽいなぁ…
バイエルンとマンチェスター・シティと同居って…ご愁傷様です。



夏の移籍市場まとめ

世界全体の移籍

FM004443.jpg

FM004444.jpg

バルサがユーベのバレットを8.9Bで獲得したり、レアルがカッサーノを5.1Bで買い戻したり…等々、大型移籍が多いシーズンになりました。

イタリアの移籍

FM004445.jpg

ミランはファン・バステンのコネで、フンテラールやディオゴを獲得したのに予選で敗退したんですねm9(^Д^)プギャー
というか今年はインテル・ミラン・ユーベ・ローマの4強がやたら頑張って補強しちゃってますね…
フィオレンティーナにスクデットを獲られたのがそんなに悔しかったんでしょうか?

あれ?てか、今気づいたんですけど…

森本がローマに移籍している…

SUGEEEEEEEEEEEEEEEE!大出世じゃないか!
おめでとう、森本!同じ日本人として応援しているよ!

パレルモの移籍まとめ

FM004446.jpg

選手獲得:8.1B
選手放出:10B


今年も選手を大きく入れ替えましたが、一応、収支は黒字。



パレルモのメンバー表

名前ポジション年齢コメント
ファビアンスキGKPOL26僅か一年で退団したベン・フォスターの後釜として獲得。
第二GKとしては非常に優秀。
アメリアGKITA29毎年少しずつ平均評価点を上げている守護神。
あと数年はこのチームで頑張ってもらいます。
ワシントンD LC, M LENG18アシュリー・コールの再来。
攻守万能で運動量豊富、スピードもあります。
バルザレッティとのローテーションで、積極的に起用し育てるつもりです。
コッセンティーノD CITA22最終ラインならどこでもこなせるユーティリティプレイヤー。安定したパフォーマンスも魅力。
エンリケ・アドリアーノD CBRA24ガブリロの加入で第三CBに格下げ。
それでも優秀なディフェンダーなので、出場機会はちゃんと与えるつもりです。
チアゴ・シルバD CBRA26インテルが一生懸命引き抜こうとしているディフェンスリーダーも、気づいたらもう26歳。
ディフェンダー陣の中では一番の安定感の持ち主。
ガブリロD CCRO21クロアチアの怪人。
21歳と若いのでたま~にミスをしますが、彼の守備能力と超人的な身体能力を考えれば、それぐらい大した問題じゃありません。
今夏、レアルやインテル・ミラン等のメガクラブから引き抜き工作がありましたが、「パレルモを愛している!移籍は絶対にない!」と言い放ち、メガクラブの誘いをシャットアウト!高い忠誠心を見せ、監督の評価がさらに上がったとか。
バルザレッティD/WB RLITA29安定感がありシーズン通しての運動量は恐らくチーム1のサイドバック。
今季は新人ワシントンとのローテーションで起用してく予定。
ホセ・サエルD/WB RESP18ここ1・2年で物凄い成長を見せる、バスク地方出身のサイドバック。
パレルモ第二の黄金世代の中心選手となり得る逸材です。
ルシアーノ・ロブレスD/WB R, DM, M RCESP17ラシンからボスマンで加入。
右サイドバックからボランチまでこなせるユーティリティプレイヤー。
彼もホセ・サエルと同様、トップチームで起用して経験を積ませれば一気に伸びそうなにおいがするので期待しています。
カッサーニD/WB RL, M RITA28昨季のパレルモ最優秀選手。
今季はバルザレッティと同様、ホセ・サエルとのローテーションで起用していく予定です。
アススDM, M RCMAR27中盤のバックアッパー。
今季はさらに出番が減ると思われる。
ミッリャッチョDM, M CITA30パレルモのキャプテン。
守備能力は高いんですが、積極性が低いのが…
デフールが加入したので、今季はローテーション要員として頑張ってもらいます。
ボルゾーニDM, M CITA22不可欠な中盤のフィルター。
彼が居ないと一気に守備力が落ちます。
ちなみに昨季は3ゴール3アシストと、それなりの攻撃力も持ち合わせています。
ルッソットAM RCITA23チーム1のドリブラー。
獲得する前はスカウトに「これ以上伸びないよ」と言われ居ましたが、トップチームで活躍させている内にさらなる成長に成功。
マルキーニョスAM RLC, F CBRA21冬の移籍市場に加入。
昨季は16試合4ゴール4アシストとまずまずの活躍。
もしかするとアシスト能力はフォレスティエリ以上かも。
アムラバトAM RLC, F CNED24PSVから700Mで加入。
彼もルッソット同様、スタッフにはあまり期待されていない選手。
でも個人的には、もう少し伸びる選手なような気が…。
ファウスト・ロッシAM LITA20地味~に成長を続けている左サイドのアタッカー。
途中出場でも結果を残すので重宝しています。
ジョビンコAM LC, F CITA24昨季は5ゴール6アシストの活躍。
微妙に得点力が高いのは、こぼれ球を詰めるのが非常に上手いから。
エクダルAM CSWE22相変わらず微妙な選手。
でもパス自体は超一流。
デフールAM CBEL23サッカーセンスの塊みたいな選手。
微妙に守備力と判断力が低いですが、そこはトレーニングメニューで矯正していこうと思います。
フォレスティエリAM/F CITA21昨季は10ゴール6アシストを記録。
・・・が、相変わらず良いときと悪いときの差が激しい。
安定感さえ身につけば、超一流の選手になれると思うんですけど・・・。
イアクインタF CITA31昨季は完全に期待外れ。だけど好きな選手。
今季は第三FWとして頑張って貰う予定。
ポグレブニャクSTRUS27今夏ゼニトから加入した大型ST。
パロスキ同様運動量豊富なので、2トップを組ませてみても面白いかも。
パロスキSTITA21フェノーメノ。
昨季はSerieA、20ゴール13アシストと才能が完全に開花。
後は1対1の決定力をもう少しだけ上げるだけ…。
     




まとめ

昨季まではCL出場権「争い」が限界でしたが、今年こそはスクデット「争い」に絡んでみせる!
チャンピオンズリーグは…ベスト8進出を目標に…。

というわけで次回、11-12シーズン開幕!
開幕戦の相手はパルマ!そしてその三日後にはミラン戦が…!
スポンサーサイト
9/2

UEFAChampionsLeague選手登録


…デフールが前所属クラブのリエージュで、EuropeLeagueの予選に登録されていたため、今季のCLには出場出来ないことが判明orz
でもまぁ…仕方無い、か…。



9/4

Lega Calcio SerieA TIM 開幕戦
(A) vsParma


FM004448.jpg

開幕戦ですが、三日後のミラン戦に備えて主力は温存します。
相手は資金難でろくに補強の出来ていないパルマ、油断しなければ勝てる相手でしょう。
デビューするポグレブニャクには最大限の活躍を期待しています。

試合結果

FM004449.jpg

1-2 WIN!

またしてもコーナーキックから先制されたものの、ジョビンコと新加入のポグレブニャクのゴールで逆転勝利。
幸い、試合中に軽傷を負ったチアゴ・シルバも何とも無かったようですし、中々良いスタートを切ることが出来ました。
…問題は次節のミラン戦か…。

開幕戦終了後 3位


9/4

シーズンチケット最終売り上げ


FM004450.jpg

昨季の最終売り上げ:22057枚
今季の最終売り上げ:26783枚


昨季に比べて4500枚以上も売り上げが伸びました!
チャンピオンズリーグに初出場したことで、クラブ人気が上がってきてるのかな?



9/7

Lega Calcio SerieA TIM 第二節
(A) vsA.C.Milan(4位)


FM004451.jpg


試合オッズ
ミラン:2.00 引き分け:3.25 パレルモ:3.25


というわけで、戦前の予想では、開幕戦ホームでユベントスを1-0で破り、勢いに乗っているミランが若干有利と見られている模様。
が、ミランはその目出度い開幕戦で、ディフェンダー陣の中で唯一スピードのあるコロッチーニを負傷で失っているので、スピードスターのパロスキにとってはラッキーだったかも。
ミランは他にもボネーラ、ザンブロッタ、カカ、パトが負傷でこの試合欠場。開幕早々に満身創痍?
逆にパレルモは開幕戦主力を休めたおかげで、このビッグゲームにベストメンバーで臨めます。
この差が結果にどう影響するのか…見物です。

要注意選手

パペ・ディアカテ

FM004452.jpg

今夏パレルモにも逆オファーがあり、獲得寸前まで交渉が進んでいた選手。
(デフールの獲得に成功したので、結局交渉は白紙になりましたが…)
正確なロングフィードが放て、フィジカルが強く、戦術理解度も高い素晴らしい選手ですが、空中戦にはあまり強く無いのが弱点…かな。

ピルロ

FM004454.jpg

昨季は12ゴール15アシストを記録…第二の全盛期を謳歌している真っ最中の選手。
が、監督がるアンチェロッティからファン・バステンに代わり、ポジションも攻撃だけでなく献身的な守備も要求されるセントラルハーフに代わったので、昨季までのような活躍を果たして今季も続けられるかは疑問。
…でもやっぱり対戦相手にとっては怖い選手です。

ヂオゴ

FM004455.jpg

今夏オリンピアコスから4.8Bと超高額の移籍金で加入。
能力値は低く見えますが、オリンピアコスでは2年連続で20ゴール以上を記録しており、実績は十分。油断なりません。

リサンドロ・ロペス

FM004457.jpg

昨季は13ゴールを記録。
現在のミランでは最高の点取り屋で、昨季の最終節の一戦でも、何度もディフェンスラインの裏を取っていたので要注意です。

フンテラール

FM004458.jpg

リアルではレアルへの移籍が決まりましたが、我が箱庭ではミランへ5.6Bで加入。
パレルモも前々から狙っていた選手だったんですが、本人に「パレルモなんて田舎クラブなんか行きたくない!」と言われてしまったので獲得を断念無念。

ちなみにこの試合は開幕戦に引き続きベンチスタート!
何のために5.6Bも払って獲得したんだか…ファン・バステンのアホおおおお!

試合開始

リサンドロ・ロペスを警戒し、いつもよりディフェンスラインを深くしてから試合開始。

前半8分
バルザレッティのクロスをネスタが鮮やかにカットして前線にロングボールを蹴る。

…エンリケ・アドリアーノ、ヂオゴのマークを見事に外してしまっている!
(#^ω^)ビキビキ

ヂオゴ、難なくフリーでゴールまでドリブルで独走!


そしてアメリア、一か八か飛び出した!
同時にヂオゴもシューーーーーーーーート!





アメリア、これに何とか反応して弾いた!ファインセーブ!
グッッッジョブ!
…やっぱりエンリケ・アドリアーノはチアゴ・シルバに比べると安定感が足りない…
くそっ!開幕戦でチアゴ・シルバが削られさえしなければこんなことには…
でもまぁ、今のところチーム全体では上手く守れているし、大丈夫なはず…

と思ったら前半12分
ミゲル・ベローゾの長いグラウンダーのパスをトラップしたヂオゴ、すぐに体勢を整えて…


ゴールから30mは離れた所から思い切りよくシュートを撃ってきた!!

でもこれはさすがに決まらない…



と思ったらバー直撃!!!

………


((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この試合、リサンドロ・ロペスより調子に乗って来ているヂオゴの方が危険かもしれない…

さらに前半14分
またしてもミゲル・ベローゾの縦パスから、ジオゴがあっさりオフサイドを破り独走…( 」゚Д゚)」オーイ!
そしてそのままアメリアと1対1…



ジオゴ、右足でゴール右サイドネットを狙ってシューーーート!





しかしアメリア、またしてもこのシュートを弾いた!スーパーセーブ!
(゚∀゚)神のヨカーン




…残念でした、弾いたボールがゴール真正面のピルロの足下に…\(^o^)/オワタ


ピルロ、無人のゴールをインサイドでしっかり狙ってシューーーート!







ポスト直撃!!!




うおおおおおおおおい!これはついてる!完全に幸運に助けられた!
…が、それにしてもエンリケ・アドリアーノとガブリロはあっさり最終ラインを抜かれすぎ!このままじゃいつ失点しても可笑しくない!
ということで、両者のメンタリティをさらに守備的に…これで改善されればいいんだけど…

そして前半18分
デフールの楔のパスを下がりながら上手く受けたパロスキ、一旦カッサーニまでボールを戻す。
そしてその隙にルッソットが、ネスタがパロスキに引き寄せられて出来たスペースに飛び込む!

カッサーニ、その瞬間を見逃さず、スペースへ40m以上の強烈な縦パスを放った!


上手く相手の隙を突き、さらに最高のパスを受け取ったルッソット、あっさりアッビアーティと1対1!
そして右足でシューーーーーーーーート!






しかしアッビアーティ、アメリアに負けず劣らずの好反応でこれを弾き出しコーナーに逃れた!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

(´・ω・)9 このやろう
そういえば前もこいつの好セーブに阻まれ続けてスコアレスドローに持ち込まれたことがあったな…
ある意味、年寄りだらけのミランディフェンス陣より、アッビアーティ要塞のほうが厄介かもしれん。

で、試合はこんな感じで開始直後から激しい撃ち合いに…
そして段々と中盤のつぶし合いも激しくなり…

前半32分
司令塔、フォレスティエリが軽傷を負う…
ただの軽傷ではなく、コンディションの悪化が激しいので、ハーフタイム中に交代しなければならないかも…。

で、中盤のつぶし合いが最高に激しくなったあたりから試合が完全に膠着。
そのまま動きは無く、前半戦終了に。

ハーフタイム
まず早速フォレスティエリをマルキーニョスと交代。
なんとか無失点で乗り切ったものの、前半戦は明らかにミランに押されていた。
特にガブリロとエンリケ・アドリアーノのメンタリティを調整するまでは酷かった…
後半戦もこの流れが劇的に変わるとはとても思えないので、なんとかミランの猛攻を防ぎつつ、カウンター一発で先制点を奪う…のが唯一の策か。
…後半戦開始。

で、後半戦開始早々…またしてもベローゾのパスからロジーナにエリア内フリーでシュートを撃たれピンチに。
最後はなんとかアメリア神が防いでくれたものの…
やっぱりこのままじゃまずいということで、少なくともベローゾやピルロにはプレッシャーがかかるように、チーム全体のプレスをやや積極的に変更。

そして後半47分
右サイドライン際でルッソットがパスを受け…そのまま縦にグラウンダーの長いパスを出す。
パロスキ、スピードを生かしてそのパスに追いつき右サイドを独走!
そしてゴールライン際から中に切れ込んで…マイナス方向にパスを出した。


デフール、これをダイレクトシューーーーーーート!


弾丸シュートはミランゴール左を強襲!




アッビアーティ、これを何とかゴールラインの外に出そうと腕を伸ばしボールに当てた!




しかし弾ききることが出来ない!







バー直撃!!


ああああああ惜しいいいいいいいいいいいい!
あと数センチ内側に跳ね返ってたら入ってたよ!
デフールのデビュー戦ゴールは惜しくも決まらずか…。

で、プレスを積極的にしたのが当たったのか、この後もパレルモはチャンスこそ中々作れないもののボールを支配。
この調子ならもしかすると…

と思っていたら、後半60分

ピルロのコーナーキックからリサンドロ・ロペスにあっさり…

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!


…( ゚д゚)、ペッ

どーーーーしてこうもコーナーキックの対応が駄目なのかね?君たちは!
いっそ、セットプレーのディフェンスをマンマークからゾーンに変えてみようかな…。

で、後半66分
このまま行くとどう見ても負けそうだったので、思い切ってシステムを変更。
アムラバトをポグレブニャクと交代し、マルキーニョスを左サイドへ。
そしてポグレブニャクをトップに置いてパロスキと2トップを組ませ、システムを4-4-2に変更。
…これが上手く行くかどうかはわかりません。はっきり言って賭です。
が、このまま何もしないよりは百倍マシかな…なんて。

後半71分
ルッソットがロナウジーニョに軽傷を負わされたのでジョビンコと交代


…した直後にパロスキが負傷退場!
交代枠もう使い切ってるぞボケ!これで10対11かよ!
卑怯者共め!そこまでして勝ちたいか!

などと騒いでも仕方が無いので、パロスキを病院に送り、4-4-1のポグレブニャクの1トップでなんとか頑張って貰うことにする…。

しかし、数的不利になった後何故かパレルモの動きが良くなり、次々と決定機を作り出す!

後半77分
数的不利の中、右サイドに流れていたポグレブニャクが、デフールの相手の間と間を切り裂くパスで中央に飛び込むことに成功!
そしてそのままアッビアーティと1対1に!


シューーーーーーーーート!




アッビアーティセーーーーブ!


後半80分
ジョビンコが上げたクロスボールがこぼれてきたところを…


エリア外で待ち構えていたボルゾーニがダイレクトで叩きシュート!!


バー直撃!





が、こんな感じで、ことごとくシュートがポストやアッビアーティ要塞に阻まれ、追いつくこと適わず…試合終了。

試合結果

FM004459.jpg

1-0 LOSE!

幸い負傷離脱者はゼロ。
しかし…


北部一の卑怯者、ミランめ!今度あったら覚えてろよ!ボコボコにしてくれる!




...


(´;ω;`)ブワッ

こ、こんなに悔しい敗戦は久しぶりだ…orz

第二節終了後 8位


9/10

UEFAChampionsLeagueタイトルオッズ

FM004460.jpg

アーセナル 8.50
バルセロナ 9.00
レアルマドリード 10.00
インテル 11.00
チェルシー 12.00
リヴァプール 12.00


パレルモ 19.00

19倍なら案外良い線行ってるのか?
とは言っても優勝は厳しいだろうなぁ…ベスト4が限界か。



9/17

Lega Calcio SerieA TIM 第三節
(H) vsLecce(3位)


FM004461.jpg

三日後にチャンピオンズリーグの初戦が控えているので、この試合では主力を休ませます。
そしてこの試合出ファビアンスキがデビューです。

要注意選手

アンリ・サイヴェ

FM004462.jpg

サンダーランド編では少しの間お世話になった選手。今夏ボルドーからボスマンでレッチェに加入。
両利きで決定力が高く突破力もある…というのが前作での印象。

試合結果

FM004463.jpg

4-1 WIN!

ポグレブニャクが早くもドッピエッタを達成し、久しぶりの圧勝!
…が、またしてもコーナーキックから失点…orz
そしてさらにホセ・サエルが靱帯を損傷し、一ヶ月の離脱です。

第三節終了後 5位


9/20

UEFAChampionsLeague GroupC 第一節
(H) vsHSV(ドイツ10位)


FM004464.jpg

現在オリッチ、チアゴ・ネヴェスという二大エースを負傷で欠いているハンブルガーと対戦。
2位争いの相手と戦うには絶好のタイミング!叩きのめして自信喪失させてしまいましょう。

要注意選手

フランク・ロスト

FM004465.jpg

38歳でまだこの能力!
健康さ20が効いているのか…?

ザッカルド

FM004466.jpg

シリーズを重ねる毎に評価が下がっているディフェンダー。
リアルでヴォルフスブルグに移籍したときは驚きました。

マタイセン

FM004467.jpg

アレックス・シルバ

FM004468.jpg

でかくて強い!如何にもドイツ人が好みそうなブラジル人CB。
足は速いほうでは無いので、パロスキにあっさり打っ千切られるのを期待しています。

フローリアン・ペリエ

FM004469.jpg

アルジェリアの架空選手。
テクニックとフィジカルで勝負するHSVのアンカー。

ダリオ・コンカ

FM004470.jpg

ペトリッチ

FM004471.jpg

試合開始

パロスキがルッソットとのコンビネーションで右サイドをあっさり突破!
そしてキーパーから逃げる、大きなカーブをかけてファーにクロスを上げた!


そしてそこにアムラバトがフリーで走り込み…
利き足の右でボレーシュート!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!



低く抑えられたボレーシュートはゴール左に突き刺さった!あっさり先制!
ベテランGK、フランク・ロストもこれはノーチャンス!

前半14分
左サイドライン際でアムラバトがボールを受けるが、ヤロリムとペリエに囲まれてしまう。

しかしアムラバト、鋭いフェイントであっさり二人を抜き去りピッチ中央を向いた!

そして右足でエリア内中央を狙ってアーリクロス!





パロスキ、一瞬のスピードでアレックス・シルバのマークをあっさり外した!
そして最後はフランク・ロストの目の前フリーでヘディングシューーート!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


パロスキ、アムラバトの「お返し」から追加点を挙げた!
パレルモ、あっという間に2点差!圧倒的!

が、さすがに2点差を付けてからはHSVも完全に守りに入ってしまい、チャンスシーンが激減。
とはいえ、殆ど攻撃を捨てて守りに入ってしまっているので、パレルモが失点する気配は全く無く時間が進む。

そして前半45分
右サイド、フォレスティエリによるコーナーキック。
フォレスティエリはゴール正面にシンプルなボールを上げた!



そしてチアゴ・シルバ、キーパーの正面でフリーになりヘディングシューーーート!!







バー直撃!!


(・д・)チッ
止めの3点目は奪えなかったか…残念。

ハーフタイム

前半戦はパレルモが圧倒的に攻め続け終了。
これなら特に戦術は弄らず、そのまま後半戦に入っても勝てるでしょう。
というわけで…後半戦開始。

後半開始早々…
なんと負傷しているはずのオリッチが、チュポ・モティングに代わって登場。
これは計算外!ちょっと不味いかな…
と思ったら、コンディションが69と最悪!これなら放って置いても大丈夫だな。うん。

後半58分
アムラバトが軽傷を負わされたので、ファウスト・ロッシと交代。

で、後半戦…
相変わらずHSVは自陣に籠もり、カウンターからペトリッチが無理矢理なロング・ミドルシュートを撃つ…ぐらいしかハイライトシーンが流れない。
これなら本当に放っておいても勝てそうだ。

後半69分
ミッリャッチョをエクダルと交代。







本当に最後の最後までハンブルガーは戦い方を変えず、後半戦は両者共に適当にミドルシュートを撃ち合い、試合終了!

試合結果

FM004472.jpg

2-0 WIN!

実に退屈な試合でした。楽に勝てたから別にいいけど!

その他の試合結果

FM004475.jpg

FM004476.jpg

インテル、バイエルンに惜敗。
フィオレンティーナ、予選で卑怯者ミランを破ったパナシナイコスに引き分ける。

…というわけで、パレルモがイタリア勢で唯一、第一戦で勝利を収めました。



9/25

Lega Calcio SerieA TIM 第四節
(H) vsSiena(3位)


FM004477.jpg

スタートダッシュに成功したシエナと対戦。
戦力差は圧倒的なので、普通に戦えれば勝てる相手でしょう。

要注意選手

ダルコ・ストゥルナ

FM004478.jpg

スロベニア産スーパーゴールキーパー。
アメリアの後釜として獲得しようか考え中の選手です。

メルベリ

FM004479.jpg

今夏ユベントスから90Mで獲得。
既に34歳と高齢ですが、まだまだトップレベルのリーグで戦える能力値ではあります。

試合結果

FM004481.jpg

2-0 WIN!

またしてもポグレブニャクがゴールを決め勝利!
期待はしていましたが、予想以上のペースで得点を重ねていますね…ビックリです。

第四節終了後 4位


9/28

Lega Calcio SerieA TIM 第五節
(A) vsReggina(18位)


FM004482.jpg

昇格組で資金難、そして何より選手数が全然足りていないレッジーナと対戦。
一応シチリア島のクラブでダービーなはずなんですが、カターニャとのシチリア・ダービーが凄すぎるせいか、それとも歴史的背景からか、あるいはその両方かはわかりませんが、レッジーナはそれほどライバル視してない模様。
なんで、三日後のウディネーゼ戦に備え、この試合は主力を少しでも休ませるために、出来るだけ早い時間に試合を決めてしまおうと思います。

試合結果

FM004483.jpg

0-3 WIN!

そして狙い通り圧勝!
…パロスキが決定機を何度も外していましたが…それでも3点取れたんだから凄い!と、前向きに考えることに…しない

早速試合後、パロスキに「もっとコースを狙ってシュートを撃ってくれ!」と要求。
パロスキの返答は…


「だが断る!」


…orz

じゃ、じゃあ攻めてシュートシーンを増やすために、もっと積極的にオフサイドを破るプレーを見せてくれ!
と頼んだら

「うん、(・∀・)イイヨイイヨー」

…あれ?もしかしてプレースタイルの取得って、選手によってやってくれる項目とやってくれない項目があるのかな…?研究の余地あり?


あ、ちなみにこの試合で17歳123日のルシアーノ・ロブレスがデビューしました。

FM004486.jpg
FM004487.jpg

もちろんこれはチーム最年少記録です。



まとめのリーグ表

FM004484.jpg
FM004485.jpg

第二節でミランに屈辱的敗戦を喫しましたが、それ以外は全勝で3位と中々の好スタートを切りました。
その他の上位陣は、フィオレンティーナ・ミラン・インテルと、相変わらずの顔ぶれ。
そしてユーベとローマが低迷しているのも相変わらず…

得点王争いでは新戦力のポグレブニャクが4ゴールを挙げトップ!
2.5Bもかけて獲得した甲斐がありました…ようやくコンスタントに点の獲れるストライカーがパレルモに…

というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!それでは!
11-12 パレルモ 波に乗る? (2009/01/10(土) 06:00:00)
10/1

Lega Calcio SerieA TIM 第六節
(H) vsUdinese(9位)


FM004488.jpg

ディフェンスリーダーのユベントスに放出して、これでようやく守備が緩くなるかと期待していたけど、よく考えたらバルザーリとサパタが残っているから関係無かった…そんなウディネーゼと対戦。
通算成績2勝5敗と苦手な相手ですが、脅威のクアリアレッラ砲が故障中で、33歳になったディ・ナターレもフィジカルが衰え始め怖さがなくなったので、ポグレブニャクという信頼できる得点源を得た今なら楽に勝てる…かも。

要注意選手

ムンタリ

FM004489.jpg

いつの間にか(昨冬)インテルから復帰していた潰し屋。
両足が使え、大砲持ちでもあるので注意。

フェデリコ・ラウリト

FM004490.jpg

今夏の獲得候補の一人だったアルゼンチンの若手ストライカー。
フィジカル万能で決定力が高く、運動量も豊富。
現在SerieA3ゴール2アシストと順調に大活躍中な選手。
右足しか使えないので、シュートを撃つときは出来るだけ左足を使わせるように指示を出しておきます。

試合結果

FM004491.jpg

3-2 WIN!

先制点を許した後、ファウスト・ロッシの1ゴール1アシスト活躍で逆転に成功。
しかし後半開始早々に追いつかれた後は一進一退の攻防が続きましたが…後半77分、途中出場のパロスキがウディネーゼGK、ハンダノビッチのパスをカットしてそのままシュート!ゴール!これが決勝点になりパレルモ勝利!
と、なんとも言えない微妙な結末に…w

後、この試合でまた新たに若手がデビューしました。

FM004492.jpg

18歳のイタリア人MF、マッテオ・レマです。
今夏にユベントスから獲得した選手で、ザネッティの後釜と言われています。
攻守のバランスが良いので、上手く育てれば将来貴重な戦力となってくれる…かも。

第六節終了後 2位


10/5

UEFAChampionsLeague GroupC 第二節
(A) vsSevilla(スペイン2位)


FM004493.jpg

昨季圧倒的な強さでリーガを制したセビージャと対戦。
システムは恐らくカウンターとサイドアタック重視の4-4-2を採用。
不気味な相手ですが、楽にグループリーグを通過したいのなら倒さなければならない相手です…全力でやらせていただきます。

要注意選手

…ごめんなさい、正直舐めてました…
まさかこんなに良い選手が揃ってるなんて…昨季のリーガ優勝はマグレじゃないみたいですね。

ゴードン

FM004494.jpg

サンダーランド編では少しの間お世話になったスコットランドの守護神。
今夏セビージャに加入し、それなりの活躍を見せているようです。

コンコ

FM004495.jpg

ファシオ

FM004496.jpg

サンダーランド編末期ではお世話になりました。
195cmの長身生かし空中戦では無敵でスピードもあります。
攻撃センスもかなり良い物を持っており、ボランチからセントラルハーフまでこなせるユーティリティプレイヤー。

ルシオ

FM004497.jpg

なんで彼がこんなところに居るの…?
33歳なのにこのフィジカルは正直チートだと思います…。

アドリアーノ・コレイア

FM004498.jpg

アルベルト・サパテル

FM004499.jpg

強靱な肉体を生かし、広い範囲でボールを刈り取るボランチ。
パスも上手く、攻撃でも貢献できます。
パレルモのボルゾーニと同じタイプ。

ナイジェル・デ・ヨング

FM004500.jpg

サパテルと同じタイプの選手。
…デ・ヨングとサパテルのダブルボランチって、相当堅そうですね…。

ヘスス・ナバス

FM004501.jpg

プレッシャーに弱いサイドアタッカー。
彼とディエゴ・カペルのドリブルを如何にして止めるかが、対セビージャ戦の最重要課題。

ディエゴ・カペル

FM004502.jpg

サンダーランド編中盤でお世話になりました。
物凄いスピードで一気に縦に突破してくるので厄介ですが、その代わり視野は狭い。

アルナ・コネ

FM004503.jpg

ルイス・ファビアーノ

FM004504.jpg

両足が使えるブラジル人ストライカー。
ぱっと身の能力は低いですが、両足を使えるだけあって決定力は非常に高いので注意。

カヌーテ

FM004505.jpg

3シーズン連続でリーグ戦20ゴール以上を記録しているスーパーストライカー。
てっきりこの試合はスタメンで使ってくるかと思っていましたが…
何故かスタメンはコンコとファビアーノの2トップでした。

マルアン・フェライニ

FM004506.jpg

リアルでエヴァートンに移籍してから、一気に知名度を上げたベルギー人MF。
194cmの巨体を生かしたプレーは迫力満点!特にゴール前での存在感は…。
カヌーテ同様、なんでこの試合スタメンで使ってこなかったんだろうと思ったら、サパテルとデ・ヨングが居るからなんですね…なんという贅沢なボランチ陣…。

セバスティアン・スキラッチ

FM004507.jpg

なんで貴方がこんなところに居るの?その2
でも前作に比べると若干能力落ちたかな…?
まぁ、それでも優秀だけど。

試合開始

この試合、サイドを制する物が試合を制す!
カウンターからのディエゴ・カペルとヘスス・ナバスのドリブル突破を食い止め、逆にこちらはシステム上、サイドバックとの1対1の状況になりやすい、アムラバトとルッソットがサイド突破を図る!
逆に中央は…ルシオ、ファシオ、サパテル(フェライニ)、デ・ヨングと、お化けフィジカル4人組が「大」要塞を築いているので突破は難しいかな、と。
事実、昨季のセビージャはリーグ最小の19失点で優勝を決めていますし…。
(ちなみに、昨季のSerieA最少失点はインテルの「17」です。)

というわけで、ヘスス・ナバスとディエゴ・カペルに厳しいマーク&常にプレスするよう指示して試合開始!

前半8分
フォレスティエリ、ボルゾーニの縦パスから一気に縦に抜け出しキーパーと1対1!


そしてシューーーーーーーーート!



しかしフォレスティエリ、抜け出した後、すぐにルシオとファシオに挟まれたため、シュートを正確に撃つことが出来ず!キーパー正面!
…足が速すぎる…なんだあのCB二枚…

前半12分
アルナ・コネ、カウンターから下がってボールを受けて…一気に縦へ長いパスを出した!


そしてルイス・ファビアーノ、オフサイドを破りアメリアと1対1になるまで一直線にドリブル!

アメリア、一か八か飛び出した!

シューーーーーーーーート!








しかしこのシュートはアメリアの正面!
アメリア、難なく弾いて難を逃れました!ナイスセーブ!
…危ない…やっぱりセビージャは堅守速攻型か…。


試合開始後、両者共にチャンスを作り出した後は一進一退の攻防が続きます。
…それにしても…コーナーキックで全然点を取れる気がしない…
いつもなら194cmの超人ガブリロがキーパーにすら競り勝って決めてくれるんですが、セビージャにはルシオとファシオが居ますし…

前半23分
ディエゴ・カペルとポジションチェンジして左サイドに流れていたヘスス・ナバス、ドリブルであっさり縦に突破!
そして左足でグラウンダーのクロスを上げた!




アルナ・コネ、エンリケ・アドリアーノのマークを外し、フリーで走り込んで来た!Σ( ゚∀)ゲッ!!
そしてゴール至近距離から右足インサイドで押し込むようにシューーーーーーート








アメリア、セーーーーーーーーーブ!

足下に飛んできたシュートを見事に当てて防ぎました!(゚∀゚)神のヨカーン
…セビージャやっぱり強いよ…カウンターが怖すぎる。

パレルモはフォレスティエリやパロスキに必死にボールを当てて、なんとか起点を作ろうとするも(サイドを使えって指示してるんだけどなぁ…)、ことごとくサパテルとデ・ヨングのタックルに潰される。
が、逆にセビージャの攻撃はボルゾーニとミッリャッチョが上手く潰してくれて居るんですが…

しかし前半25分
中盤のつぶし合いでこぼれてきたボールを拾ったミッリャッチョ、前を向いて…


一気にパロスキまで浮かせたミドルパスを送った!




パロスキ、ディフェンダーの背後を取り、この素晴らしいパスをトラップ!
そしてキーパーのゴードンと1対1!大チャンス!+(0゚・∀・) + ワクテカ +





パロスキ、右足でゴール右を狙ってシューーーーーーート!






ゴードン、これを横っ飛びで弾いた!ナイスセーーーブ!


…(#^ω^)ビキビキ

やっぱりパロスキの決定力はアテにならないかも…orz

前半30分
セビージャのアルナ・コネが負傷退場!(゚∀゚)
そしてカヌーテと交代!Σ(゚д゚lll)

怪我させたチームが言うのも何ですが…正直カヌーテの方が嫌なんですけど…

がしかし前半戦の間はカヌーテ効果が見られることはなく、そのままスコアレスでハーフタイムに突入!

ハーフタイム
とりあえず…フォレスティエリとパロスキがビックリするぐらいあっさり潰されているので…
ここは思い切って二人にフリーロールを指示してみようと思います!ギャンブルですけど!
これでなんとかデ・ヨングとサパテルの巨大包囲網をかいくぐれれば…勝機はある、はず。
あぁ両サイドの突破?デ・ヨングとサパテルの守備範囲が広すぎて無理でした

というわけで…後半戦開始!

で…後半戦…両者共に次々と選手が負傷。

後半47分
サパテルが体を痛めコンディション悪化。

後半48分
アドリアーノ・コレイアが体を痛めコンディション悪化。

後半51分
ヘスス・ナバスが軽傷を負う。

後半54分
アムラバトが体を痛めコンディション悪化。

…何この削り合い!
大怪我させる・することだけは避けてよ!お願いだから!

…で、削り合いで負傷の方向ばかり入ってくる割りに、互いに全然チャンスシーンが訪れない…
まぁパレルモはアウェーだから、このままスコアレスドローでも別に構わないんですけど。

後半63分
コンディションが悪化していたアムラバトをマルキーニョスと交代。
…それと同時にミッリャッチョが軽傷を負う。

後半66分
ミッリャッチョをコッセンティーノと交代。
ポジション適正は無いけど…この試合展開で守備力の低いエクダルを置くのは怖すぎるので仕方無い。

そして後半68分
右サイドからのヘスス・ナバスによるコーナーキック。
…あー、既に嫌な予感が…

ナバス、ゴール前にシンプルなボールを上げた!





ガブリロ、これでヘディングで大きく前線にクリア!(゚д゚)!
ボールはそのままフォレスティエリに繋がった!


フォレスティエリ、一旦ボールを左サイドのマルキーニョスに下げます。
マルキーニョス、ボールをトラップして中を向き…

利き足で一気に、高く上げたセビージャディフェンスラインの裏を突く、ロンググラウンダーパスを出した!


フォレスティエリ、これに合わせてオフサイドを破る飛び出し!
そのままドリブルでゴールまで一直線!(゚∀゚)キタコレ!!






しかしルシオ、これに追いつき回り込んで完璧なスライディングタックル!
工エエェェ(´д`)ェェエエ工


足速すぎるだろ…可笑しいって!



と、思ったらこぼれたボールが再びマルキーニョスに渡った。

マルキーニョス、得意の右足を生かすため、ドリブルでコンコとファシオをかわし、力強くゴール正面25mの位置までボールを運んで…





右足を振り抜きミドルシュートを放った!!!

ボールはゴール右上隅に一直線!



ゴードン、これにしっかり反応して跳んだ!



しかし全く届かない!




GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!





パレルモ、先、制!

ファンタジスタ、マルキーニョスが25mのシュートをゴールネットに叩き込んだ!(;´Д`)スッ、スバラスィ ...
( ゚Д゚)ウヒョー!セビージャには悪いけど、パレルモはこの一点を守り逃げ切らせてもらうぜ!多分!

後半71分
デ・ヨングに代わってフェライニが投入される…出たよ巨人…

後半73分
ファシオが軽傷を負う…パレルモ、削りすぎ。

後半80分
パロスキに代えて長身で運動量豊富なポグレブニャク投入。

で、この当たりから、後半に入って攻撃が全く上手く行っていないセビージャが、AIお得意の4-2-4戦術に変更。
そしてガンガンロングボールを放り込んでゴールを狙って来るも、ことごとくオフサイドに引っかかり…何も出来ず、パレルモの狙い通り逃げ切られ、試合終了。

試合結果

FM004508.jpg

0-1 WIN!

スペイン王者相手にまさかの勝利キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

この試合は(特に後半戦)、パレルモらしくもない完璧な守備を見せることが出来ました!
逆に攻撃は全然駄目でしたが…それでも勝てたから良しとするべきでしょう!
…それにしてもセビージャは本当に難敵でした…ファシオ、ルシオ、デ・ヨング、サパテルの守備ブロックが堅すぎる…。

あとこの試合、両者共に負傷者が続出しましたが、幸いパレルモはミッリャッチョの全治3週間の怪我だけで済みました。
逆にセビージャは…

ファシオ 全治一ヶ月
ヘスス・ナバス 全治一ヶ月
カヌーテ 全治一ヶ月
アルナ・コネ 全治2週間



ご、ごめんなさいっ!


その他の試合結果

FM004509.jpg

FM004510.jpg

今戦はパレルモがセビージャにアウェーで勝利したのが一番のサプライズでした。
その他は完全に順当な結果。イタリア勢も全勝。



10/9

Lega Calcio SerieA TIM 第七節
(H) vsTorino(17位)


FM004511.jpg

3シーズンぶりにSerieA復帰したトリノと対戦。
…実はパレルモと提携を結んでいるクラブだったりします…
夏の移籍市場の間に優秀な若手を貸し出すの忘れていた…
というわけで、来年の1月には何人か将来有望株を貸し出してあげるつもりです。
ほっとくとすぐにまたセリエBに降格しそうなので…。

試合結果

FM004512.jpg

3-0 WIN!

ポグレブニャクのゴールと、セットプレーからのガブリロの2ゴールで圧勝!
これでガブリロ今季4ゴール目…得点王争い2位タイ…w

そしてこの勝利でパレルモがついに首位浮上!(゚∀゚)キタコレ!!
今季は最高に調子が良い!これならスクデットも十分に狙えるぞ!

第七節終了後 1位


10/15

パロスキとレマが代表戦で負傷し、それぞれ2週間、一ヶ月の離脱…アイタタ。



10/22

Lega Calcio SerieA TIM 第八節
(A) vsSampdoria(15位)


FM004513.jpg

王様カッサーノをレアルに放出してから、完全に低迷してしまっているサンプドリアと対戦。
次戦はチャンピオンズリーグ、フェイエノールト戦ですが、そのさらに次戦には昨季SerieA王者フィオレンティーナ戦が控えているので…
この試合は主力を休ませず、次戦のフェイエノールト戦で休ませ、本命のフィオレンティーナ戦でベストコンディションの主力を揃える…というローテーションで行こうと思います。ややこしいですね。

要注意選手

フォーティ

FM004514.jpg

カッサーノ退団後は彼がサンプドリア王に即位。
昨季は15ゴール、今季は2ゴールを記録中。

試合結果

FM004515.jpg

1-3 WIN!

ポグレブニャクがエリア内でキーパーと1対1の場面で、ルッソットに横パスしゴールを決めさせるというチームプレーでパレルモ先制。
しかし前半戦終了間際に王様フォーティに鮮やかなループシュートを決められ同点にされる。
が、後半戦、フォレスティエリがペナルティーエリア内左角というとんでも無い位置から強烈なシュートを決め逆転!
さらに試合終了間際、ルッソットが右サイドからドリブルで3人抜き去り、エリア内のポグレブニャクにパス!これをポグレブニャクがきっちりゴールに押し込んで3点目!と、結局は圧勝!

これでポグレブニャクは6ゴール1アシスト…とんでもないペースで得点を量産しています。

第八節終了後 1位


10/26

UEFAChampionsLeague GroupC 第三節
(A) vsFeyenoord(オランダ二位)


FM004516.jpg

一応チャンピオンズリーグとはいえ、フェイエノールトははっきり言って格下なので、この試合は控え&若手中心メンバーで臨みます。
…次戦にフィオレンティーナが控えてさえいなければ、この試合はベストメンバーで戦うつもりだったんですが…こればかりは仕方無い。

要注意選手

ジョナサン・デ・グズマン

FM004517.jpg

前作と比べるとかなり能力が落ちましたが一応紹介。

ジョルジニオ・ワイナルドゥム

FM004518.jpg

フェイエノールトの唯一にして最大の危険。
リアルで低迷する名門フェイエノールトを救う新星!とか騒がれている逸材です。
パレルモも数年前から獲得を狙っていましたが…サイドの人材が充実した今ではそれほど興味なし。

ダンコ・ラゾビッチ

FM004519.jpg

サンダーランド編では、ボルトンに所属。
能力値の割りにとんでもないゴールを決めるので、非常に鬱陶しかった覚えがあります。

試合結果

FM004520.jpg

1-2 WIN!

相手を舐めすぎていたか…予想外の大苦戦。
この試合MoMであるファビアンスキのスーパーセーブ連打と、イアクインタのキーパーを冷静にかわして決めた決勝ゴールのおかげでなんとか勝利。

その他の試合結果

FM004521.jpg
FM004522.jpg

フィオレンティーナがリヴァプールを、インテルがマンチェスターシティを下しイタリア勢全勝。

リーグ表

FM004523.jpg

FM004524.jpg

FM004525.jpg

3戦全勝はパレルモ、レアル・マドリード、リヨンの3チームのみ。
パレルモは次節ホームで行われるフェイエノールト戦で勝つことが出来れば、ほぼ100%GL突破が決まります。



10/30

Lega Calcio SerieA TIM 第九節
(A) vsFiorentina(4位)


FM004526.jpg

昨季まさかのスクデット獲得を果たしたフィオレンティーナと対戦。
通算対戦成績1勝4分2敗…と、いつも互角の戦いを演じてくれる好敵手です。
現在パレルモはSerieA6連勝、フィオレンティーナは11戦無敗…と、成績面でも互角!良いゲームを期待しています!

要注意選手

フレイ

FM004527.jpg

モントリーボ

FM004528.jpg

…何度目の紹介でしょう?好きなんだからしょうがない。
クズマノビッチと並ぶフィオレンティーナの二大司令塔。
攻撃だけでなく守備もしっかりこなせるので敵にすると邪魔…だけど自チームには滅茶苦茶欲しい…そんな選手。

ヨベティッチ

FM004529.jpg

パレルモが昨シーズン密かに狙っていた選手。
昨季末にようやく才能が開花!両利きでテクニカルなアタッカー。
モントリーボと同じく、攻撃だけじゃなく守備も出来る。
ただし、戦術理解度だけはイマイチ…。

試合開始

ヨベティッチとサンターナに厳しいマーク&常にプレスを指示。
アンカーのドナデルはフォレスティエリが潰してくれるはずなので、あえて個別に指示は出さず試合開始!


前半戦は…またしても中盤のつぶし合いに…
フィオレンティーナのほうがポゼッションは上回っていますが、押し込まれている感じはしないのでこのままで大丈夫そう。
逆に攻撃は…まだ上手く行っていない、それはお互い様でもあるんですが…。

で、あっという間に前半26分
エンリケ・アドリアーノが軽傷を負わされる…しかもかなりコンディション悪化。
仕方無く前半29分にチアゴ・シルバと交代。
…こんなに早い時間に交代枠を使うことになるとは予想外だ…。

前半30分
カッサーニ、相手のクリアボールをカット!
そしてドリブルで少しボールを運んで…フォレスティエリの足下へパス。
フォレスティエリ、これをトラップしてから…相手の間と間を通す見事なボールでポグレブニャクにボールを送った!


ポグレブニャク、オフサイドを破りフレイと1対1!
一旦フェイントをいれてから…シューーーーーート!







しかしフレイ、フェイントにひっかかる事無くこれを冷静にセーブ!(・д・)チッ
これがこの試合最初の決定機!ようやく試合が動くか?

と思ったらそんなことは全然無く、時間が一気に流れて…

前半44分
右サイドコーナーフラッグ付近でスローインを受けたサンターナ、バルザレッティのタックルをかわしてすぐにクロス!






パッツィーニ、ゴール至近距離でデフールに競り勝ちヘディングシューーーート!!





GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!
( ゚д゚)ポカーン


あっさり失点…
マークについていたのが、空中戦に弱いデフールだったから仕方無いっいちゃ仕方無いけど…納得いかない失点だ…。

ハーフタイム
動きが少なかったにも関わらず、終了間際で失点したのは大きな痛手!
フィルター役のボルゾーニも削られてコンディション悪化してるし…現状はかなりよろしくない。
とりあえず後半戦は機を見てスピードのあるパロスキを投入するつもりで…ハーフタイム終了。

そして後半49分
フォレスティエリのスルーパスからポグレブニャクが完璧なタイミングで飛び出してシュート!


そしてGOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!



でもこれはオフサイドの判定…
まぁ、分かってはいたんだけど、一応…ね。

後半55分
左サイド、デフールによるコーナーキック。
デフール、ニアポストを狙って速いボールを蹴り込んだ!



そしてガブリロ、これを立ったままバックヘッドでゴールを狙った!








しかしボールは僅か数インチ枠を外れた!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!



後半67分
このまま行くとフィオレンティーナの狙い通りに逃げ切られそうなので、ポグレブニャクを下げてパロスキ投入。

後半77分
フォレスティエリをマルキーニョスと交代…チームメンタリティもより攻撃的に変更。

後半78分
右サイドからのデフールによるコーナーキック。
デフール、もう一度ガブリロを狙ってボールを蹴った!



ガブリロ、マークを外してフリーで強烈なヘディングシューーーート!!







フレイ、これをあっさりキャッチ!!!



ガッデム!!!


後半84分
デフールがミドルシュートを放つも惜しくもサイドネット…









結局、パレルモは殆ど10人で守っているフィオレンティーナを最後まで崩すことが出来ず!試合終了!

試合結果

FM004530.jpg

1-0 LOSE!

たった一本の枠内シュートにやられて、これが今月初の敗戦…orz
MoMはフィオレンティーナのキャプテンであるダイネッリ(7.5)。
いやでも確かにフィオレンティーナの守備は堅かった!素直に敗北を認めましょう。
ただし、次はないぞ!ヽ(`Д´)ノ



まとめのリーグ表

FM004531.jpg
FM004532.jpg

フィオレンティーナに敗戦し、一気に4位まで順位を下げた物の、1位から4位まで勝ち点は同じという熱い展開。
今季のパレルモは格下には負け無しですが、格が同等以上のチームには惜しい展開で負けています…これは今後の課題。
ユーベとローマは…近年ですっかりEuropeLeague出場権争いの常連になってしまいましたね…。

そして得点王争いではポグレブニャクが、アシスト王争いではジョビンコが、平均評価点争いではガブリロがそれぞれ1位を独占!
このパレルモによる独占状態をいつまで維持出来るかが、スクデット争いに大きく影響してくる…はず。

というわけで、今回はここまで!
また次回をお楽しみに!
(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。