日記
これなんてネタゲーム日記?
当ブログはリンクフリーです。コメントは遅れ気味ですごめんなさい。
201706 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201708
スポンサーサイト (--/--/--(--) --:--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲームの初期設定

FM003543.jpg

使用データーベース

デフォルト+9.10パッチ

登録リーグ

アルゼンチン・ブラジル・イタリア・イングランド・オランダ・スペイン・ドイツ・フランス・ポルトガルは二部リーグまで。
ウクライナ・ギリシャ・スイス・スコットランド・チェコ・トルコ・ベルギー・メキシコ・ルーマニア・ロシアは1部リーグのみ登録。

ディティールレベル

イタリア・イングランド・オランダ・スペイン・ドイツ・フランス・ポルトガルの一部リーグを「全て」に設定。
チャンピオンズリーグ・UEFACUPを「本戦」に設定。

PCスペック

Core2Duo E6600 (2.4Ghz) メモリ4GB

新しいCPUホシイヨ!
でも今新型買うのは賢くないと思うのであきらめます。というか金がない。




舞台 

32.png

今度の舞台はカルチョの国、イタリアだ!

概要

試合方式

20クラブによるホームアンドアウェー方式2回戦総当たりのリーグ戦形式で行われる。 従って1クラブあたりの1シーズンの試合数は38試合、計380試合が行われる。 勝利クラブに勝ち点3、引き分けの場合には両クラブに勝ち点1が与えられ、負けは0になる。

順位決定方式

順位は勝ち点の多い順に決められ勝ち点がもっとも多いクラブが優勝となる。 複数のクラブの勝ち点が同一の場合には得失点差などに関係なく同順位となる。 但し、優勝、降格、カップ戦の出場権などで必要が生じた場合はプレーオフで順位を決定する。

カップ出場権/残留/降格

カップ出場枠は、毎シーズン、UEFAランキングで変動するが、セリエAは1997-1998シーズンのUEFA主催のカップ戦のシステム変更後、ずっと3位以内を保っているため、UEFAチャンピオンズリーグ4枠、UEFAカップ3枠を得ている。

上位2クラブにUEFAチャンピオンズリーグ本選、3位、4位に予選戦3回戦、5位、6位クラブにはUEFAカップの出場権が与えられる。なお、UEFAカップのもう1枠はコッパ・イタリアの優勝チームに与えられる。コッパ・イタリアの優勝チームが順位で出場権を確保している場合は、準優勝チームに出場権が与えられる。準優勝チームも順位で出場権を確保している場合は、7位のチームにUEFAカップ出場権が与えられる。

また下位の3クラブがセリエBに自動的に降格する。

出場停止規定

警告処分は初め4回で1試合の出場停止処分となる。その後3,2,1回と減り再び4回に戻る。1試合に2回の警告処分及び退場処分を受けた場合は翌試合1試合の出場停止処分となる。ただし1試合に2回の警告処分を受けても悪質とみなされなかった場合は出場停止処分を受けない場合がある。

外国人登録

EU内国籍およびEU加盟申請中の国の選手に関しては無制限に登録が可能。EU外国籍選手に関しては、2002年7月18日以前に契約した選手には適用されず、毎年8月31日までに新たに契約してセリエAに参戦する選手は、各クラブに1人のみ追加で登録することが許される。

スクデット

セリエAのリーグ優勝をすることをしばしば「スクデットを取る」という。 「スクデット」(scudetto)とはイタリア語で「小さな盾」を意味し、優勝クラブは翌年1年間、ユニフォームの胸にイタリア国旗のトリコローレを示した盾型のエンブレムを縫い付け戦うことができる。

また、優勝10回のクラブのユニフォームには「ラ・ステッラ」(la stella、イタリア語で「星」)と呼ばれる金色の星の刺繍が付いている。27回優勝のユヴェントスは2個、17回のミランと16回のインテルは1個の星を付けている(優勝回数は2007年-2008年シーズン終了現在)。なお9回優勝のジェノアはあと1回の優勝で付けることが可能だが、優勝は全て第二次世界大戦前のもので、近年は優勝争いはおろかセリエAに定着さえしておらず、今後もつけることは当分なさそうである。

(wikipedia引用)



とまぁ相変わらずwikipediaからの引用ですが、リーグの概要は大体こんな感じです。




プレー方針 打倒イタリア北部のクラブ&スクデット!


これです!


え?スクデットはともかく、何故イタリア北部のクラブを敵対視してるのかって?
それはこの画像を見れば分かります。↓

italy_08-09clubs_07-08attendances_only_c_s.jpg

これは08-09シーズンセリエAに所属するチームの分布図です。
これを見れば分かるように…ミラン・インテル・ユベントスなどのセリエAの強豪チームはイタリアの北部に集中しています。
フィオレンティーナ・ジェノア・ボローニャ・トリノなど、所謂「古豪」と言われているこの3チームも北部です。
後はパルマ・ウディネーゼ・サンプドリアなんかも北部がホームのチームです。
逆に南部はレッチェ・レッジーナ・カターニャ・カリアリ等々、毎年降格争いしているような中堅以下のクラブばかり…。

何故ここまで極端に北と南のチームで戦力差が現れているかと言うと…単純に経済格差です。


イタリアにおける南北問題

イタリアにおいては早期に王国領へと併合されたミラノ・ジェノヴァ・トリノを中心とする北部が重工業地域(北イタリア)として発展しているのに対し、南部(南イタリア)は一次産業を中心としているが故に生じている経済格差が問題となっている。1960年代のバノーニ計画によってターラント製鉄所やアウトストラーダが建設されるなど、南部での重工業発展と社会基盤の整備が図られある程度の改善は見られたが、根本的な解決に至ってはおらず、南部の失業率は北部の4倍とも言われている。その為、古くから農民層を中心にドイツなど他国へ出稼ぎや移民に向かう者が多く、一種のコロニーを形成している(イタリア語の章を参照)。一方、本来南部が収めるべき分の税金を負担する格好になっている北部では、不況に伴い南部に税金を吸い上げられているとの批判が強まり、北部同盟のような南北の分離を唱える勢力(こうした民族的問題でなく、経済的問題から分離を主張する政党は過去にあまり例は無い)を生み出している。ただし、北部同盟を支持する人々が必ずしも国家の分離を望んでいる訳ではなく、南部への批判票としての意味合いが強いことに留意する必要がある。

しかし近年ではマフィアの衰退や電子・情報産業などの先進工業の成長(半導体メーカーのSTMicroelectronics社や鉄道関連企業のメリディオリ・メッカニカ社など)により南部経済は好転に向かっているとの声もある。事実、南部の失業率も改善傾向にあり、北部との失業率も3倍程度(中部と比べた場合は2倍程度)に低下し、批判の多かった大規模投資による南部開発計画もプロディ政権下で改められ、現在は「第三のイタリア」を参考にした新たな経済作りが進められている。前述の北部同盟も攻撃対象を南部から不法移民へと切り替え、先の総選挙ではイタリア南部で党勢を伸ばすという逆転現象が起きるなど、イタリアの南北格差は新たな局面に入りつつある。

(wikipedia引用)



まぁ要するに…

イタリアの北部は都会で滅茶裕福!逆に南部は田舎で貧乏!
そして今の時代、強いチームを作るには何より「お金」が絶対必要。
だから北のチームは強くて、南のチームは弱い

ただそれだけ。
なんでもイタリア南部に住んでる人たちは、それだけで北部の人たちに「劣等種」だと差別されるそうです。

まぁ元々イタリア人は地元愛が物凄いんですけどね。
というか凄すぎてもう「地元愛」なんて言葉で片付けて良いものかどうか…ってレベルなんですけどw

ミラノで生まれればミラノ人…
フィレンツェで生まれればフィレンツェ人…
ローマで生まれればローマ人…

誰も自分が「イタリア人」だとは思っていません。
自分が育った場所こそが国であり、その他の都市は他国でしかありません。
で、自分の育った都市があまりに大好き過ぎて、他の都市をバカにすることにつながる…と。

だからこそカルチョではサポーターの応援が熱いってのもあります。
彼らにとってはカルチョは自国と他国の代理戦争でもあるわけですから。

しかしだからといって暴力は決して許されるものではない。
応援を暴力を行使するための隠れ蓑にする輩に一番迷惑するのはクラブと純粋なサポーターです。
フーリガン問題は一刻も早く解決しなければなりませんが…これはカルチョだけでなくイタリア全体の問題でもあるので、解決するには相当の覚悟と苦労と時間が必要なのかもしれません。
まぁ今のイタリアはまだ「覚悟」すらしていないようにも見えるんですよね…どうしたものやら。

…話が思いっきり逸れました。

イタリア南部に所属するクラブチームのスクデット獲得数を見てみましょう。

ナポリ…二回
カリアリ…一回
カサーレ(現在セリエC2)…一回

合計4つ!そう、たったこれだけ。
いくら南部が貧乏だからってこれは酷すぎる…

そして位置的に南部なのかどうか微妙なのであえて外した、ローマとラツィオを含めたとしても…。

ローマ…三回
ラツィオ…二回

合計「9」て…二桁行ってませんよ…これは予想以上にひどい…。
ちなみに古豪ジェノアのスクデット獲得数も9です。
南部のチーム全部で合計して、やっとジェノアに並ぶって…なんという格差。

ここ最近になってセリエAに南部のチームが増えてきたとは言え、このままじゃ北部と南部で差が開く一方だ!これはいかん!いかんぞ!
一刻も早く北部の金持ちクラブと対等に渡り合える南部のクラブを生み出さなければ…
出来るだけ南に…そしてそこそこ財務力があって、伸びしろのある(都合の良い)チームはないのか!?

いや、ある。



就任クラブ決定

2194.png

チッタ・ディ・パレルモ


パレルモ(Unione Sportiva Città di Palermo)は、イタリア・パレルモ(シチリア島)を本拠地とするサッカークラブチーム。

長らくセリエCやセリエBに所属していたが、2004-2005シーズンにセリエAに昇格を果たす。

名物オーナー

2002年にクラブを買収した会長のマウリツィオ・ザンパリーニは、イタリア最大のスーパーマーケットチェーン、エンメゼータのオーナーであった(2005年所有する全株を多国籍企業に売却) 同氏はセリエC2やC1の複数のチーム、セリエAのヴェネチアのオーナー経験(1987年~2002年)もある。本業であるエンメゼータを重点出店したい地域のチームを買収し、「あなたの買い物がチームを強くする」と看板広告に記載し、サポーターのチームに対しての忠誠を巧みにスーパーの売り上げに利用すると言うユニークな手法で本業を大きくした。「スクデットを獲得するまで財布の紐を締めない」と発言してはいるが同時に「もう広告としてのチームは必要では無くなった」と売却を示唆する発言もしている

パレルモとグイドリン

パレルモの監督と言えば、フランチェスコ・グイドリンである。2004-05シーズン、セリエAに昇格したパレルモの監督に就任すると、柔軟な戦術と鋭利なカウンター戦術を用いて6位という望外な結果を得たものの、マウリツィオ・ザンパリーニ会長がその戦術を守備的であると批判し解任されるも、05-06シーズンルイジ・デル・ネーリを招聘したものの結果を残せず、途中解任し、ジュゼッペ・パパドプーロを招聘して建て直しを図るも失敗し、前年の6位を下回る8位に終わったため、06-07シーズン初めにパレルモに再招聘される。シーズン序盤こそ好調だったものの、徐々に失速。シーズン終盤、UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内(4位)を目指していたザンパリーニ会長は、失速したチームを見かねてグイドリンを再び解任し、アシスタント・コーチを務めていたレンツォ・ゴッボを監督に据えるが、チーム状態をさらに悪化。焦ったザンパリーニはグイドリンを復任させるも、シーズン終了と同時に三度解任。07-08シーズンはステファノ・コラントゥオーノが監督を務めていたが、11月、ユベントス戦で5-0で大敗したことに腹を立て、解任し、四度グイドリンを招聘するも、3月には成績不振とフロント、サポーターとの対立を理由に四度解任された(後任にはステファノ・コラントゥオーノが復任)。 ちなみに、4度目の就任会見でグイドリンは「ユベントスに5-0で負けた時点で、会長から電話(監督就任を要請する)がかかってくるなと思っていた。」と発言している。

2008-09シーズン、コラントゥオーノもわずか1節で解任され、カリアリ前監督ダヴィデ・バッラルディーニを招聘している。

(wikipedia引用)



…概要はこんな感じ。
殆ど超ワンマンオーナー、ザンパリーニさんの説明で埋まっていますw
だけどその代わり資金力は一流!ここならポテンシャルも十分!
それにいくらワンマンだと言っても、シチリアマフィアの怖さに比べたら全然大したことないよ!脅されたりしないかしら…。

最大のライバルは森本が所属するカターニャ。
彼らとの試合はシチリアダービーと言われ、毎回熱い戦いが繰り広げられます。
…が、06-07シーズンのダービーでは暴動で一人の警察官が亡くなっています。
頼むから戦いはピッチの上だけにして欲しいものですが…
「産業の全てに(シチリア)マフィアが絡んでいる」と言われるシチリア島では、こういうことがより起こりやすいのかもしれません。



クラブ情報

FM003544.jpg


チケット代 4010円

シーズンチケット代 5万6000円
シーズンチケット販売数 2万4000枚
クラブ評価額 99億円

メディア予想順位 9位


FM003547.jpg

セリエA最年長プレイヤー、アルベルト・フォンタナが在籍。

チームの最高給取りはファブリッツィオ・ミッコリで、年俸1億9000万円。
セリエAの最高給取りはインテルのイブラヒモビッチで、17億7000万円…。

チームの平均年俸は6000万円。セリエA全体の平均は7250万円。
セリエAの最高代表キャップはフィーゴの「127」。これは正直意外。


FM003548.jpg

ホームスタジアム名 スタディオ・レンツォ・バルベラ
所有権 パレルモ「市」
レンタル料 年間6500万円
天然芝



とまぁこんな感じです。
FM2009からクラブ情報画面がやたら詳しくなったので便利になりました。
というかぶっちゃけこの画面眺めているだけでも十分楽しいですね。
特に海外のクラブのチケット代が分かるのは嬉しかったり…w



まとめ

なんか真剣に書きすぎました…疲れたよorz
久しぶりに書いてみたもんだからはりきっちゃって。
で、久しぶりだから全然文章が書けないのね。所詮は素人か!

まぁそういう訳で次回からFM2009プレー日記、パレルモ編スタートです!




スポンサーサイト
7/15

祝!パレルモ就任!~今季の目標~

FM003557.jpg

監督経験は自動
第一国籍 ドイツ
第二国籍 日本

で、プレー開始。

FM003555.jpg

目標は「中位より上の順位でシーズンを終える」に設定。
メディア予想順位が9位なので、大体それぐらいを狙えばいいかな。
そして目標に合わせて今季の予算が通達される。

移籍予算:875M
給与予算:2.9B



…安っ!

南部のクラブの中ではかなり裕福なパレルモでもこれだけしか予算貰えないのか!セリエA恐るべし…。
この頃ずっと金満プレミアでプレーしてきたからなぁ…
慣れるまでは辛いぞこれはorz


FM003556.jpg

そして開始時点で既に給与予算オーバー…

いきなり人員整理に取りかからないといけないっぽい…


パレルモの歴史

FM003552.jpg

英語な得意な方は目を通しておいてください。中途半端に日本語化されてるのは仕様です。

主なライバルは、カターニャ・レッジーナ・カリアリの3チームみたいです。

現時点のチームメンバー

名前ポジションコメント
フォンターナGKITAセリエA最年長の超ベテランGK。が、恐らく引退までアメリアの控えという立場は変わらない。
アメリアGKITA最近はちょっと伸び悩み気味ですが、パレルモでは文句なしの守護神!ビッククラブに移籍したい病さえ発病しなければ、しばらくはGKの補強は必要なし。
ウイカニGKALBアルバニアの若手GK。ポテンシャルは別にそこまで無い模様。
ボーヴォSW, D CITACBだけでなく、両サイドバックもこなせる器用なディフェンダー。
ラッジD RCITAローテション要員か移籍リスト入りの可能性。ちょっと微妙。
デッラフィオーレD RCITA右サイドバックが出来るのはいいけど、運動量が16でスタミナが8ってどうなんだろう…まだ若いのに…
シェアーD CDENデンマークの若手CB。そこそこ期待されてるっぽい。
カロッツィエーリD CITAスピードは遅いけど192cmという高身長を生かした空中戦の強さは一級品。一応スタメン候補。
バルザレッティD/WB RLITA攻守にバランスのとれたサイドバック。期待しています。
カッサーニD/WB RL, M RITAバルザレッティと同じく攻守にバランスのとれたサイドバックです。クロス精度が高いので、上手く使えば活躍してくれそう。
テデスコDM, M CITA36歳の超ベテランながら、豊富な運動量と献身的な守備で中盤を走り回る。得点力も高めで個人的に好きなタイプの選手。
リヴェラーニDM, M CITAパレルモのキャプテン。高精度なパスで攻撃を組み立てるスーパーレジスタ。が守備がすこし…というかかなり不安。トップ下で使ってみてもいいかもしれない。
ミッリャッチョDM, M CITAパレルモの副キャプテン。1チームに一人は欲しいタイプのアンカー。攻撃的なリヴェラーニとの相性はかなり良さそうです。
ノチェリーノDM, M CITAFM2008ではメチャクチャ能力高かったんですが…一気に評価を落としましたね。ミッリャチョの控え。
シンプリシオDM, AM CBRA一時期、バレンシアやユーベが狙っているとかいうニュースを見たことがあるようなある気がする選手。が、FM2009ではそこまで評価は高くない。
ディ・マッテオM RLITAひらめき20でテクニック16。スーパーサブとしての活躍を期待。
ブレッシアーノAM RLCAUSパレルモでは数少ないサイドの駒。セントラルもできるけど、タックルが4しかないので、サイド以外で使うのはちょっと怖い。
ランツァファーメAM RL, STITAユベントスとの共同保有。スピードのあるアタッカー。昨季セリエBのバリでブレイクしました。
ミッコリF CITA二年ぶりにセリエAに帰還。セカンドトップとして使うか、ウィングで使うか悩む…。
ブダンSTCRO空中戦に強く足下も上手い。リアルでは地味にゴールを重ねるタイプ…という印象。
スッチSTITA両足が使える以外に長所のないストライカーな気がする。
カヴァーニSTURU2007U-20WC南米予選得点王。一時期レアルやユナイテッド、ミランなどが狙っていた。間違いなくパレルモの若手選手の中では一番の超逸材です。
    



アシマネのチームレポート

FM003554.jpg

デフォルトで設定されていたシステムは、リアルのパレルモと同じく4-3-3。
確かにこのメンツだと4-3-3がベストのような気がする。
全体的にバランス良く選手が揃ってるけど、CBだけはちょっと不安。
安いベテランのCBか、伸びしろのある若手CBをどこからか引き抜いてきてもいいかもししれない。

スタッフ一覧

FM003558.jpg

アシマネ×1
ゼネラルコーチ×1
キーパーコーチ×3
ユースコーチ×6
フィジカルコーチ×5
スカウト×2

いやいやいやいやいや…

いくらなんでも偏りすぎだろ

特にキーパーコーチ!3人もいらないだろ!トップからユースまで合わせてキーパー6人しかいないんだぞ!殆どマンツーマンじゃねーか!
あーもう!たった875Mしか移籍金ないのにっ!スタッフまで入れ替えなきゃならんのか!
最初から給与予算オーバーしてるってのに!
こりゃかなり大規模な人員整理を行わなきゃならないな…




7/16

記者会見

―このクラブに来たのが夢だったの?

もちろん!北部の金持ち連中にシチリア島の凄さを見せつけてやるのが夢さ!

―イタリア語も喋れないのに大丈夫?

2chのおかげで日本語化出来たから大丈夫!

―戦術についてはどうするつもり?

まぁ、バランス良くやるよ。

―監督という立場から、どのように選手達に接していくつもり?

これもバランス良く。
ベテラン優遇とか若手優遇みたいなことは今のところ考えてない。

―どれぐらいここ(パレルモ)に居るつもりですか?

そりゃ勿論…出来るだけ長くさ。

―選手やスタッフの入れ替えはあるのでしょうか?

有能な人材は残すよ。
ただし、役立たずにはさっさと出て行って貰う。当たり前のことだ。
実際、今日早速5人のコーチの契約解除を行った。

―移籍市場ではどのようなタイプの選手を獲得するつもりですか?

将来性のある若手を獲得するつもりだよ。

―EUROでも活躍した、ロシアのゼニトに所属するアルシャビンを獲得するとの噂がありますが本当ですか?

そんな金ねーよ!
どこから出てきたんだその噂…


以上、記者会見終わり

あー!しんどい!
翻訳サイトや辞書を駆使してなんとか記者会見終了。
これからの記者会見は全部アシマネに任せようかな…



7/24

いきなりアメリアが指の骨折で二ヶ月の離脱

ふはは!やりよったでぇーあいつぅ!
41歳のフォンターナさん…開幕戦はよろしくお願いします…



8/1

補強が全く進まない…まずいよまずいよ
逆に不要な選手の売却は上手く行ってるんですけどね。

安価で良質なCBも全然市場に出回ってないし…
唯一良さそうだったインテルのリバスはメディカルチェックで見事に落ちたし。
まぁ無理して補強しなくてもいいんですけどね。駒が不足してる訳でもないし。
最悪、冬の移籍市場でそれなりのを獲れればそれでいいかな…



8/2

ciaramitaro08.jpg

マウリツィオ・チャラミターロをリザーブからトップチームに昇格。
バランスの良い能力値を持ってるので、シンプリシオの控えとして頑張って貰います。



8/9

セリエA 今季のタイトルオッズ

FM003559.jpg

パレルモは81倍
まぁ、こんなもんでしょ。



8/12

ブダンが首の怪我で2~3週の離脱。
えーと…カヴァーニ君、出番ですよ!



8/13

ブラジルのクルゼイロから18歳のMF、ベルナンドを240Mで獲得!

bernardo08.jpg

将来への投資。リヴェラーニの後釜。
多分、一年目からそれなりには出場機会を与えてあげられるはず!
なんとか良い選手に育ってくれ!



8/147/15

祝!パレルモ就任!~今季の目標~

FM003557.jpg

監督経験は自動
第一国籍 ドイツ
第二国籍 日本

で、プレー開始。

FM003555.jpg

目標は「中位より上の順位でシーズンを終える」に設定。
メディア予想順位が9位なので、大体それぐらいを狙えばいいかな。
そして目標に合わせて今季の予算が通達される。

移籍予算:875M
給与予算:2.9B



…安っ!

南部のクラブの中ではかなり裕福なパレルモでもこれだけしか予算貰えないのか!セリエA恐るべし…。
この頃ずっと金満プレミアでプレーしてきたからなぁ…
慣れるまでは辛いぞこれはorz


FM003556.jpg

そして開始時点で既に給与予算オーバー…

いきなり人員整理に取りかからないといけないっぽい…


パレルモの歴史

FM003552.jpg

英語な得意な方は目を通しておいてください。中途半端に日本語化されてるのは仕様です。

主なライバルは、カターニャ・レッジーナ・カリアリの3チームみたいです。

現時点のチームメンバー

名前ポジションコメント
フォンターナGKITAセリエA最年長の超ベテランGK。が、恐らく引退までアメリアの控えという立場は変わらない。
アメリアGKITA最近はちょっと伸び悩み気味ですが、パレルモでは文句なしの守護神!ビッククラブに移籍したい病さえ発病しなければ、しばらくはGKの補強は必要なし。
ウイカニGKALBアルバニアの若手GK。ポテンシャルは別にそこまで無い模様。
ボーヴォSW, D CITACBだけでなく、両サイドバックもこなせる器用なディフェンダー。
ラッジD RCITAローテション要員か移籍リスト入りの可能性。ちょっと微妙。
デッラフィオーレD RCITA右サイドバックが出来るのはいいけど、運動量が16でスタミナが8ってどうなんだろう…まだ若いのに…
シェアーD CDENデンマークの若手CB。そこそこ期待されてるっぽい。
カロッツィエーリD CITAスピードは遅いけど192cmという高身長を生かした空中戦の強さは一級品。一応スタメン候補。
バルザレッティD/WB RLITA攻守にバランスのとれたサイドバック。期待しています。
カッサーニD/WB RL, M RITAバルザレッティと同じく攻守にバランスのとれたサイドバックです。クロス精度が高いので、上手く使えば活躍してくれそう。
テデスコDM, M CITA36歳の超ベテランながら、豊富な運動量と献身的な守備で中盤を走り回る。得点力も高めで個人的に好きなタイプの選手。
リヴェラーニDM, M CITAパレルモのキャプテン。高精度なパスで攻撃を組み立てるスーパーレジスタ。が守備がすこし…というかかなり不安。トップ下で使ってみてもいいかもしれない。
ミッリャッチョDM, M CITAパレルモの副キャプテン。1チームに一人は欲しいタイプのアンカー。攻撃的なリヴェラーニとの相性はかなり良さそうです。
ノチェリーノDM, M CITAFM2008ではメチャクチャ能力高かったんですが…一気に評価を落としましたね。ミッリャチョの控え。
シンプリシオDM, AM CBRA一時期、バレンシアやユーベが狙っているとかいうニュースを見たことがあるようなある気がする選手。が、FM2009ではそこまで評価は高くない。
ディ・マッテオM RLITAひらめき20でテクニック16。スーパーサブとしての活躍を期待。
ブレッシアーノAM RLCAUSパレルモでは数少ないサイドの駒。セントラルもできるけど、タックルが4しかないので、サイド以外で使うのはちょっと怖い。
ランツァファーメAM RL, STITAユベントスとの共同保有。スピードのあるアタッカー。昨季セリエBのバリでブレイクしました。
ミッコリF CITA二年ぶりにセリエAに帰還。セカンドトップとして使うか、ウィングで使うか悩む…。
ブダンSTCRO空中戦に強く足下も上手い。リアルでは地味にゴールを重ねるタイプ…という印象。
スッチSTITA両足が使える以外に長所のないストライカーな気がする。
カヴァーニSTURU2007U-20WC南米予選得点王。一時期レアルやユナイテッド、ミランなどが狙っていた。間違いなくパレルモの若手選手の中では一番の超逸材です。
    



アシマネのチームレポート

FM003554.jpg

デフォルトで設定されていたシステムは、リアルのパレルモと同じく4-3-3。
確かにこのメンツだと4-3-3がベストのような気がする。
全体的にバランス良く選手が揃ってるけど、CBだけはちょっと不安。
安いベテランのCBか、伸びしろのある若手CBをどこからか引き抜いてきてもいいかもししれない。

スタッフ一覧

FM003558.jpg

アシマネ×1
ゼネラルコーチ×1
キーパーコーチ×3
ユースコーチ×6
フィジカルコーチ×5
スカウト×2

いやいやいやいやいや…

いくらなんでも偏りすぎだろ

特にキーパーコーチ!3人もいらないだろ!トップからユースまで合わせてキーパー6人しかいないんだぞ!殆どマンツーマンじゃねーか!
あーもう!たった875Mしか移籍金ないのにっ!スタッフまで入れ替えなきゃならんのか!
最初から給与予算オーバーしてるってのに!
こりゃかなり大規模な人員整理を行わなきゃならないな…




7/16

記者会見

―このクラブに来るのが夢だったんですか?

もちろん!北部の金持ち連中にシチリアの凄さを見せつけてやるよ。

―イタリア語も喋れないのに大丈夫ですか?

2chのおかげで日本語化出来たからきっと大丈夫!

―戦術についてはどうするつもり?

まぁ、攻守にバランス良くやるよ。

―監督という立場から、どのように選手達に接していくつもり?

これもバランス良く。
ベテラン優遇とか若手優遇みたいなことは今のところ考えてない。

―どれぐらいここ(パレルモ)に居るつもりですか?

そりゃ勿論…出来るだけ長くさ。

―選手やスタッフの入れ替えはあるのでしょうか?

有能な人材は残すよ。
ただし、役立たずにはさっさと出て行って貰う。当たり前のことだ。

―移籍市場ではどのようなタイプの選手を獲得するつもりですか?

将来性のある若手を一人獲得するつもりだ。

―EUROでも活躍した、ロシアのゼニトに所属するアルシャビンを獲得するとの噂がありますが本当ですか?

そんな金ないよ!
どっから出てきたんだその噂…


以上、記者会見終わり

あー!しんどい!
翻訳サイトや電子辞書を駆使してなんとか記者会見終了。
英語力は無いに等しいので、間違いだらけかもしれませんがそこらへんは勘弁してください。
以降の記者会見は全部アシマネに任せよう…



7/24

いきなりアメリアが指の骨折で二ヶ月の離脱

フゥハハー!やりよったでぇーあいつぅ!
41歳のフォンターナさん…開幕戦はよろしくお願いします…



8/1

補強が全く進まない…まずいよまずいよ
逆に不要な選手の売却は上手く行ってるんですけどね。

安価で良質なCBも全然市場に出回ってないし…
唯一良さそうだったインテルのリバスはメディカルチェックで見事に落ちたし。
まぁ無理して補強しなくてもいいんですけどね。駒が不足してる訳でもないし。
最悪、冬の移籍市場でそれなりのを獲れればそれでいいかな…



8/2

ciaramitaro08.jpg

マウリツィオ・チャラミターロをリザーブからトップチームに昇格。
バランスの良い能力値を持ってるので、シンプリシオの控えとして頑張って貰います。



8/9

セリエA 今季のタイトルオッズ

FM003559.jpg

パレルモは81倍
まぁ、こんなもんでしょ。



8/12

ブダンが首の怪我で2~3週の離脱。
えーと…カヴァーニ君、出番ですよ!



8/13

ブラジルのクルゼイロから18歳のMF、ベルナンドを240Mで獲得!

bernardo08.jpg

将来への投資。リヴェラーニの後釜。
多分、一年目からそれなりには出場機会を与えてあげられるはず!
なんとか良い選手に育ってくれ!



8/14

スカウトの知識レベルが…

FM003562.jpg


貧弱貧弱ぅ!
どうりで全然選手が検索で引っかからないわけだ…
スカウトと提携クラブを増やして、少しずつでもレベルを上げないと。



8/16

親善試合消化完了

FM003563.jpg

負けはしなかったけど、全部格下相手なので全く参考にならない…



8/23

Copa de Italia 第三予選ラウンド
(H) vs Avellino(Serie B)


FM003564.jpg

一応パレルモ就任後初めての公式戦。
ただ、カップ戦&格下なので試合は結果だけお伝えします。

試合結果

FM003565.jpg

そして楽勝、と。
だけど試合中3人も軽傷を負わせられました…
幸い長期離脱者は0でしたけど、セリエ開幕直前に負傷者続出!ってのは勘弁してほしい。



8/31

ブラジル・フルミネンセのCB、チアゴ・シルバを675Mで獲得!

thiagosilva08.jpg

リアルではミランやインテル、チェルシーが獲得競争を繰り広げている超逸材。
なんかマスコミが勝手に「パレルモ、チアゴ・シルバ獲得か!?」とか盛り上がっていたので、一応スカウトを飛ばしてみたらなんと…って感じです。噂が真実になっちゃいました。
いやはや…まさかこんなギリギリでこんな良い選手を獲れるとは思わなかった。
が、年俸320Mというパレルモにとっては超高額な給料のおかげで、給与予算を200Mもオーバーしてしまった…。
どう考えてもこのままじゃまずいので、余った移籍予算190Mのうち180Mを給与予算に回して、不足分を補うことにします。

Lega Calcio SerieA TIM 開幕戦
(H) vs Sampdoria


FM003567.jpg

試合前のオッズではホームのサンプドリア有利の予想。
アウェーで迎える開幕戦の相手はサンプドリア!丁度良いレベルの相手です。
そのサンプドリアのシステムは3-5-2。
4-3-3を採用するパレルモにとってはやりやすいシステムのはず。
大事な大事なSerieAの開幕戦。出来れば勝利して勢いに乗りたい。

要注意選手

カッサーノ

FM003568.jpg

彼を抑えればサンプドリアの攻撃は一気に機能不全に陥る!はず。
自由にプレーさせないよう、厳しいマークを指示。
…イライラさせて暴力行為で一発退場!なんてなれば最高だけど、期待はしないでおく。

パロンボ

FM003569.jpg

パレルモが誇るワールドクラスのバランサーでキャプテン。
ボール奪取能力が物凄いだけじゃなく、展開力も素晴らしいので要注意。
出来るだけ苦手な左足を使わせるように指示しておく。

試合開始

前半11分
ブレッシアーノがハーフウェイライン付近でボールを奪い、すぐにカヴァーニにボールを繋げる。
カヴァーニ、ボールを足下に納めて少し溜めて…ミッコリに完璧なスルーパス!
ミッコリ、スピードでサンプドリアディフェンスを置き去りにしてキーパーと一対一!!決定的なチャンス!
が、しかし肝心のシュートがキーパーの正面に飛んで弾かれクリアされる。

綺麗なショートカウンターだったのに…勿体ない…

前半21分
パロンボの強烈なミドルシュートはポストを叩いて大きく跳ね返る…
あぶNEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

前半32分
右サイドからのリヴェラーニによるコーナーキック。
リヴェラーニ、ゴール前に高く曲げたボールを蹴り込んだ!

このボールをキーパー正面で待ち構えていた、192cmのカロッツィエーリヘッドで叩きこむ!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!

パレルモ、先制!初ゴールはCBのカロッツィエーリ!

よしよくやった!これで大分有利に試合を進められるぞ…!

…が、後半43分

カッサーノがドリブルでカロッツィエーリをかわしてゴール右45度の位置からミドルシュート!
これをフォンターナ、何とか弾き出す。
…が、弾き出したボールにカッサーノが再び詰めてハーフボレー!
低い弾道のシュートはゴール右隅に飛んでいく…が、威力は無い!

そしてその威力の無いシュートに反応出来ないフォンターナ!さすが41歳!

ゴオオオオオオオル…orz

あんだけカッサーノ警戒してたのに…こうもあっさりやられるとは…

ハーフタイム

さすがはセリエ、決定機のなんと少ない試合展開か…プレミアとは全然違うな。
とりあえずキレキレなカッサーノには厳しいマークだけじゃなく、強いタックルも指示。
こうなったら徹底的に潰してやる…!

…後半49分

パロンボのスルーパスからカッサーノがラインの裏を取ってフォンターナと一対一。
そしてこれをあっさり決められあっさり逆転されるorz

そして逆転された後はお得意の守備固め!
これをパレルモが全く崩せない!チクショー…パレルモにもカッサーノがいればなぁ…

後半65分

完全に攻め手を失っている…このままじゃまずいなぁ…。

リヴェラーニに代えてテデスコ、カヴァーニに代えてスッチを投入。

が、それでも戦況は変わらない。

後半77分

ミッコリを下げて若手のランツァファーメ投入!

後半86分

サンプドリア陣側、左サイド奥からのバルザレッティによるスローイン。
バルザレッティ、近くに受けに来ていたブレッシアーノにシンプルにボールを渡した。
ブレッシアーノ、ボールを投げると同時に前に走っていたバルザレッティにやや長いパス。
綺麗なワンツーで左サイドコーナーフラッグ付近まで抜け出したバルザレッティ!そのままクロスを上げた!

低い弾道のクロスボールは、ニアでワンバウンドして難しいボールに!
そしてニアで待ち構えていたAccardi、思い切り空振りしてクリアミス!
ボールはそのままファーに流れてパロンボの足に当たった。
そしてそのボールにランツァファーメが詰めてシューーーーーート!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!


キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!

劇的な同点弾!!!
ランツァファーメ、マジでGJ!!!試合終了間際に追いついた!

そして同点にされた直後、サンプドリアはシステムを3-4-3に変更。
しかしこのシステム変更は大失敗。
残りの試合時間、延々とパレルモにカウンターを食らい続け試合終了!

試合結果

FM003570.jpg

2-2 DRAW!

よしよし!アウェーで勝ち点1をゲット!
本当は勝ちたかったけど、逆転されてあのまま負けるよりはマシなので良し。

開幕戦終了後 8位


夏の移籍市場まとめ

世界全体の移籍

FM003571.jpg
FM003572.jpg

最初の移籍市場なので全体の動きは少なめ。
ただ、シティの金満っぷりと、トレゼゲのチェルシー移籍だけは目立っています。

イタリアのクラブが関わった移籍

FM003573.jpg

トレゼゲとパレルモがやたら目立っています。
というかイタリア関係の移籍少なすぎ…

パレルモの移籍まとめ

FM003574.jpg

FM003575.jpg

将来有望なベルナンドとチアゴ・シルバの獲得は大きい。
そしてスタッフは自由契約となっている人を中心に獲得しました。



夏の移籍市場を終えてのパレルモのメンバー表

名前ポジション
フォンターナGKITA
アメリアGKITA
ウイカニGKALB
ボーヴォSW, D CITA
ラッジD RCITA
デッラフィオーレD RCITA
シェアーD CDEN
カロッツィエーリD CITA
チアゴ・シルバD CITA
バルザレッティD/WB RLITA
カッサーニD/WB RL, M RITA
テデスコDM, M CITA
チャラミターロDM, MRCITA
リヴェラーニDM, M CITA
ベルナンドDM, M CBRA
ミッリャッチョDM, M CITA
ノチェリーノDM, M CITA
シンプリシオDM, AM CBRA
ディ・マッテオM RLITA
ブレッシアーノAM RLCAUS
ランツァファーメAM RL, STITA
ミッコリF CITA
ブダンSTCRO
スッチSTITA
カヴァーニSTURU
   




まとめのリーグ表

FM003576.jpg
FM003577.jpg

まだ一試合しか消化してないけど一応紹介。
とりあえず中位をこのまま最後まで維持して行きたいところ。


ふぅ…とりあえずこんなもんかな。
久しぶりにプレー日記書いたからメチャクチャ時間かかりました。
まぁ、また書いてるうちに慣れてくるよね。


というわけで今回はここまで!
また次回をお楽しみに!
08-09 パレルモ (2008/12/02(火) 06:00:00)
9/10

クラブ買収ラッシュ?

FM003578.jpg

実は夏の移籍市場の間にレッジーナ・カリアリ・アタランタの3クラブの買収交渉が進んでいたんですが、今度はインテルのモラッティ会長まで退任するとか言い出しました。
一体イタリアで何が起きているんでしょう?



9/11

長身のCB、カロッツィエーリが負傷で2週間の離脱…



9/13

Lega Calcio SerieA TIM 第二節
(A) vs Lazio(1位)


FM003579.jpg

アメリアとブダンがこの試合で復帰。
ブレッシアーノはコンディションが悪すぎたので、代わりに前の試合で同点ゴールを挙げたランツァファーメを起用します。

要注意選手

クリスティアン・レデスマ

FM003580.jpg

セリエA屈指のレジスタ。
両足が使えて視野が広い上に守備まで出来る。
簡単にパスを出させないように、彼には常にプレスをかけるように指示しておく。

マウロ・サラテ

FM003581.jpg

今年セリエAで大ブレイクしたサラテ。
両足が使えるタイプなのでぱっと見の能力値は低いですが、注意が必要です。

パンデフ

FM003582.jpg

マケドニアが生んだ天才。
スピード・テクニック・シュート・パスなんでもありあり…本当に彼にはよくやられます。
…が、この試合ラツィオはサラテとパンデフの2トップ!
両者とも空中戦には強くないタイプなので、上手くすれば守り抜ける…かも。

試合開始

相変わらずシュート数というかチャンス数の少NEEEE!な展開。
ハイライトシーンがなかなか流れず、試合は30分を経過…。

と思ったら前半33分
左サイドからリヴェラーニが蹴ったコーナーキックに、ニアに走り込んでいたブダンがヘッドでファーサイドネットに流し込んでゴオオオオオル!
パレルモ、開幕戦と同じくコーナーキックで先制点を挙げる。

前半39分
アメリアがフリーキックをミス!ボールはパンデフにカットされる。
パンデフ、ボールをトラップすると同時にチアゴ・シルバをかわした!
そしてあっという間にアメリアと一対一!
パンデフ、ボールを蹴り出してアメリアを抜きにかかって…シューーーート!!




しかしこのシュートはアメリアが何とか弾いた!ファインセーブ!

危ないいいいいいいい!
つまらないミスからの失点だけは勘弁してください、ホント。

前半44分
右サイドに流れてポストプレーをしようとしたブダンが倒されてフリーキック。
このフリーキックを近くにいたカッサーニが素早く蹴ってシンプリシオに繋げる。
シンプリシオ、これをワンタッチでブダンにパス。
ブダン、このパスをトラップして…すぐに右足を振り抜きロングシューーーーーーート!


強烈なシュートは右からゴール左上隅に一直線!
キーパーのカリーソ、何とか反応して飛ぶ!


しかし届かない!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

なんか凄いのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ブダン、30mのロングシュートを決めてドッピエッタを達成!
なんだよブダン…親善試合の時はシュート外しまくってた癖に…普通に決めまくるじゃないか…。

そしてパレルモ二点リードのまま前半戦終了。
まさか二点差で後半戦を迎えられるとは思ってなかったので、チームトークでは素直に喜んでいると選手達に伝えて後半戦へ。

後半54分
ブダンがLCBのシヴィーリアに削られてコンディションが38まで悪化。
幸い負傷マークは出ていないものの、このままプレーさせていると本当に怪我しかねないのでカヴァーニと交代。

後半64分
左サイドをマツザレムが単独突破してマイナス方向にクロス!
これにレデスマがフリーで飛び込んできてダイレクトで合わせてシューーート!
しかしシュートはアメリアの正面に飛んで冷静に弾いた!
が、この弾いたボールにさらにパンデフが飛び込んできて左足でシューーート!!


アメリア、倒れ込んでシュートを弾いた!ナイスセーブ!!

良くやった!最初のミスはもう忘れよう!

後半65分

今度はミッコリが軽傷を負ったので、ディ・マッテオと交代…

そして後半79分
レデスマがランツァファーメをスライディングで倒してファール!
そしてレデスマ、本日二枚目のイエローを食らって退場!
これで11対10!試合はこれで決まりかな。

そしてパレルモ、レデスマの退場と同時にリヴェラーニを下げてベルナンドを投入。

で、そのまま試合終了!

試合終了

FM003583.jpg

0-2 WIN!

ブダン様大活躍の試合でした。
正直、アウェーでラツィオに勝てるとは思ってなかっただけに嬉しい結果です!

第二節終了後 6位


9/17

Copa de Italia TIM 第4予選ラウンド
(A) vs Frosinone(2部3位)


FM003584.jpg

カップ戦で格下相手との試合なので控え&若手中心メンバーで試合に臨みます。
そして同時にカヴァーニのウィング起用も試行…。

試合結果

FM003585.jpg

0-2 WIN!

テデスコの1ゴール1アシストの活躍で勝利。



9/21

Lega Calcio SerieA TIM 第三節
(H) vs Genoa(16位)


FM003586.jpg

第三節にしてようやくホーム開幕戦を迎えます。
ブダンが前節のコンディション超悪化から回復しきれなかったので、この試合はカヴァーニがスタメンで出場。
ジェノアはエースのミリートが負傷で未出場です。

要注意選手

ガスバッローニ

FM003587.jpg

個人的に好きな選手ってだけで要注意。
彼の突破力はやっぱり脅威であり魅力的。
…が、シリーズを重ねる毎にどんどん評価が落ちて行ってるのは悲しい。

試合開始

前半7分
バイタルエリアでゴールを背にしてミッコリがボールをトラップ。
そしてミッコリ、ヒールでカヴァーニに美しいキラーパス!!

カヴァーニ、キーパーと一対一!これは外せない!

そしてカヴァーニ、思い切り右足を振り抜きシューーート!!!



しかしボールはキーパーの正面に飛び弾かれた!
勿体無い…決まれば最高のゴールだったというのに…。


前半13分
右サイドからのリヴェラーニによるコーナーキック。
リヴェラーニ、低く曲がるボールをニアに蹴り込んだ!

ミッコリ、マークを外してこれに走り込んで頭で合わせようと試みる!


しかし間に合わない!ボールはそのまま後ろへ…


と思ったらキーパーの正面に待ち構えていたボーヴォ、立ったままボールに頭を合わせてシューーーート!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

ボーヴォ、決めた!
パレルモ、これで3試合連続コーナーキックでの先制点!

うん、セットプレーで点が獲れるって良いことだよね!

前半16分
コーナーキックからSculliにフリーでシュートを撃たれるも、これは運良く枠を越える。

前半24分

右サイドからのミッコリのクロスボールは、ファーに居たフェラーリがヘッドでクリアー。
オーバーラップしてきていたバルザレッティ、これをカットして…ファーに低い弾道のアーリクロスを上げた!
カヴァーニ、これをゴール右至近距離、完全フリーでトラップ!これは大チャンス!


そしてカヴァーニ、ゴール右隅に流し込むようにシューーーーート!


で、キーパーキャアアアアッチ!

…いやいや、今のは決めてよカヴァーニ…ちょっといくら何でも酷すぎる。

前半30分
ゴール左からのガスバッローニのフリーキックはミッリャッチョがヘッドでクリア。
しかしこれをエリア内外でフェラーリにカットされ、ヘッドでエリア内にボールをもう一度押し込まれる!
そしてSculli、これをハーフボレーで合わせてシューーーーート!

ゴオオオオオオオオル…

ゴール右から放ったシュートは、ゴール左サイドネットに一瞬で突き刺さった!

ああああもう!カヴァーニが決めるとこで決めないからああああ!

そして前半44分
ミッコリ、ボールをオーバーラップしてきたチアゴ・シルバに下げる。
チアゴ・シルバ、これをトラップして…
エリア内左45度にフリーで走り込んでいるリヴェラーニに、浮かせた見事なミドルパスを放った!


リヴェラーニ、角度は厳しいがそのまま左足でボレー!!!

キーパーのRubinho、ギリギリで反応して横っ飛び!


しかし届かない!!

しかしシュートはニアポストを直撃!ボールはペナルティースポット側に大きく跳ね返った!


工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工


と思ったら、この跳ね返ったボールにシンプリシオがしっかり詰めていた!
シンプリシオ、無人のゴールにボールを押し込んでゴーーール!
パレルモ、再び勝ち越し!これで2-1!

ハーフタイム
あまりにシュートを外しすぎなカヴァーニをスッチと交代しようか悩みましたが、前半終了間際に勝ち越したので様子を見ることに。
チームトークでは無難に「ファンのために勝つんだ!」と伝え、後半戦へ。

で、後半60分
やっぱカヴァーニ ダメポ
ってことで、スッチと交代。

後半65分
シンプリシオが右サイドハーフウェイラインを越えたところでSculliにボールを奪われジェノアのショートカウンター!
Sculliは素早くRuben Oliveraにスルーパス!
Olivera、一気にトップスピードに乗りドリブルでボーヴォとチアゴ・シルバを抜き去り、エリア内ゴール左50度の位置でアメリアと一対一!
そしてOlivera、さらにアメリアまで縦に抜いてシュート!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

Oliveraの素晴らしい個人技で、ジェノア、再び同点に追いついた!

/(^o^)\ナンテコッタイ

後半69分
この試合空気なブレッシアーノに代えてランツァファーメを投入。
サンプドリア戦の奇跡をもう一度…!

さらに後半88分
リヴェラーニに代えてチャラミターロを投入。

…が、結局さらなる勝ち越し弾は生まれず、試合終了。

試合終了

FM003588.jpg

2-2 DRAW

残念ながらホーム開幕戦を勝利で飾れず…
勝てる試合だったと思うんだけどなぁ…どうも失点が多すぎる気がする。

第三節終了後 8位


9/24

Lega Calcio SerieA 第四節
(H) vsJuventus(6位)


FM003589.jpg

FM09になってベテランの衰えが遅くなったのは嬉しいんだけど…ユーベみたいなチームと戦うときは困りますねw
出来ればまだ当たりたくなかった相手でしたけど、こればっかりは仕方ないかなと。
ブダンとカロッツィエーリが戻ってきましたし、頑張って引き分けには持ち込みたいな、と。

要注意選手

ジャンルイジ・ブッフォン

FM003590.jpg

相変わらずファーストタッチとフリーキックは「1」のまま…。

レグロッターリエ

FM003591.jpg

キエッリーニ

FM003592.jpg

カモラネージ

FM003593.jpg

中三日での試合のせいか、コンディションが87%とイマイチです。

シソッコ

FM003594.jpg

マルキージオ

FM003595.jpg

ネドヴェド

FM003598.jpg

アマウリ

FM003596.jpg

デル・ピエーロ

FM003597.jpg

ここ5試合で5ゴールを挙げています。要注意。
と言ってもどうにかなるような選手じゃないので…この試合限定で調子を落としてくれていることを期待します。

試合開始

前半戦…何故かパレルモのペース。
シュートまではなかなか行けないものの、結構いいところまで押している。

と思ったら前半15分
カウンターからデルピーエロ30mのロングシュート!
これが僅かボール一個分、ゴールギリギリ左に外れる。

…やっぱり油断できそうもない。

前半34分
マルキージオのパスからネドベドが左サイドを突破してクロス!
これをファーで待ち構えていたカモラネージがヘディングでシューーーート!


しかしシュートは大きく枠を外れてゴールキック。

前半41分
右サイド奥からのスローインを投げて、リターンを受けたメルベリが右足でクロスを上げる!
アマウリ、ファーでチアゴ・シルバに競り勝ちヘディングシュート!


しかしシュートは惜しくも枠を越える!危なかった!

ハーフタイム
なんとか0-0で前半を終えることが出来たものの、正直危なかった。
押してるように見えたのは最初の十数分だけで、後は殆どユベントスのチャンスシーン・・・。
何か対策しないとまずいかもしれないけど、下手に動いて失点するのも怖いし・・・
とりあえずハーフタイムでは特に戦術は弄らず、そのまま後半戦へ。
ただしすぐに動けるようにはしておく。

後半49分
左サイドからのデルピエーロのコーナーキック!
デルピエーロ、ニアに低くて速い真っ直ぐなボールを蹴りこんだ!


そしてカモラネージ、マークを外してフリーでヘディングシュート!



しかしまたしてもシュートは枠の上!
パレルモ、今日は大分運に助けられています。

後半61分
シンプリシオに代えてノチェリーノ、
リヴェラーニに代えてチャラミターロを投入。

後半76分
マルキージオのミドルシュートは、アメリアがあっさり叩き出す。

後半80分
なんだかんだで上手く守れてるので、このままスコアレスドローを狙う。
カウンターアタックにチェックを入れてチームメンタリティを守備的に変更。

後半82分
イアクインタのミドルシュートをアメリアがキャッチ。

後半84分
この試合いいところまったく無しなブダンを下げてカヴァーニ投入。

後半91分
カウンターからイアクインタがラインの裏に抜け出してシュートを放つも、アメリアの正面に飛んでキャッチされる。

試合終了

FM003599.jpg

0-0 DRAW!

地味~~~~な試合でしたが、ユベントス相手に勝ち点1を得ることに成功!
これは地味に大きい…というか守備が安定してるんだかしてないんだか、よくわからなくなってきました。

第四節終了後 8位


9/27

チアゴ・シルバが手首を負傷して二週間の離脱・・・。



9/28

Lega Calcio SerieA 第五節
(A) vsTorino(13位)


FM003600.jpg

二戦連続でトリノ勢と対決。
引き分けばかりじゃなく、そろそろ勝ち点「3」を手にしておきたいのでこの試合は勝ちに行きます。

要注意選手

ロジーナ

FM003601.jpg

ビアンキ

FM003602.jpg

試合開始

前半1分
Dianaのグラウンダーのアーリクロスにビアンキが抜け出してシュート!
そしてあっさりゴオオオオルorz

いきなりの失点…


そしてその後、両者ともに全く訪れないチャンスシーン!

ハイライトシーンが一度も流れないままハーフタイム
どうも3トップにボールが入っていないようなので、両ウィングのメンタリティを守備的に変更。
そしてチームトーク「もっとやれるはずだ!」を選択して後半戦へ。

後半50分
Amorusoのスルーパスに飛び出すロジーナ!
飛び出すアメリアの位置をよく見て、ゴール左隅に流し込むようなシューーート!


ゴオオオオオオル…これでトリノ二点リード…。

このままじゃヤバイということで、一か八かビルドアップのテンポを一気に上げてみる。

そして後半52分
ミッコリからの鋭いグラウンダーのパスを受けたカヴァーニ。
エリア外ゴール左45度25mの位置で…思い切って右足でシューーーート!!


シュートはバーに当たった!!



そして跳ね返ったボールは…


ラインを割った!!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!


(゚∀゚)キタコレ!!

いきなり采配的中か!?
というか最初からこうしておけば良かったな…

後半70分

ミッコリが軽傷を負わされたので、ランツァファーメと交代。
ベルナンドをリヴェラーニと交代。
ノチェリーノをシンプリシオと交代。

一気に3枚の交代枠を使って攻勢に出る!

…つもりだったのですが、全く効果なし。
あっという間に逃げ切られ試合終了。

試合終了

FM003603.jpg

2-1 LOSE!

今季初の敗北&最悪の内容&ミッコリが1~2週間の負傷離脱。
唯一の収穫はカヴァーニの今季のリーグ戦初ゴールぐらいでした…。

第五節終了後 9位


まとめのリーグ表

FM003604.jpg
FM003605.jpg

リアルと違ってローマが強いですね。
パレルモは今のところメディア予想順位付近をうろうろしていますが、正直今の調子が続くとそれも危ないかなと…。
戦術の微調整が必要かもしれません。

得点王争いはムトゥが今のところダントツトップ。
アシストランキングのトップには我がチームの司令塔、リヴェラーニが君臨しています。

ということで、今回はここまで!
また次回をお楽しみに!













(C)Copyright 2003-2007. Powered By FC2. VALID HTML? VALID CSS?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。